痔になりやすい生活習慣とは?

私はもうすぐアメリカから日本へ帰国するのですが,アメリカで作った銀行口座をどうすべきか迷っています.
現在使用しているのはBank of America(BOA)です.
クレジットカードも持っています.
帰国前に車を売るためある程度の残高がある予定です.

知人に相談したところ,口座はそのままにしておき,帰国後に日本の銀行などのATMからBOAのクレジットカードを使って引き出し,残高が0になれば自動で口座はなくなるとのことでした.
カードにCirrusの記載があれば可能とのことで,私のカードのも記載があり可能ではないかと思っています.
ただ,実際に試すのは帰国後であるため,実際に可能かどうかは分かりませんので,上記のことが可能であるか,ご経験のある方のお話を聞かせて頂きたいです.

また,BOAでは送金(Transfer)ができるようで,日本の自分の銀行口座も指定できそうです.
ミスが怖くて試していないため,実際に日本の銀行のAccountを追加して,送金の経験をお持ちの方のお話を聞かせて頂きたいです.
具体的な手続きや送金にかかる費用などについて教えてください.

その他に良い案などあれば是非教えてください.

よろしくお願い致します.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私の経験からアドバイスします。



1)今回アメリカから帰国したらもう全くアメリカに行く機会は全くないのですか?もしあればアメリカに口座があれば何かと都合が良いと思います。その機会はないとしても、そのお金が当面どうしても必要でなければそのまま口座を保持し続けることも悪くはないと思います。事実私はそうしていますが、最近アメリカの金利は少し上がったようで今もって殆ど金利0の日本に預金しているよりはましですし、円安にでもなれば為替差益もあったりで日々の暮らしに彩りが増えます。

2)アメリカの銀行発行のクレジットカードで日本のATMから現金を引き出すことは、恐らくかなり割高な手数料がかかるだろうと思って私は一度もしたことはありません。 インターネットで日本の口座へ送金することは私もやりますが、これはそれぞれの銀行によってセキュリティ手続づきに違いがあるので私の場合の方法を書いてもBOAに当てはまるかどうか分かりませんし、ことお金のことですから不確かなことを書くのは控えます。これらの点については貴方の口座のあるBOAの支店で聞くか、日本にも幸いBOAがあるのでそこで聞くかれたら良いと思います。

3)昔からある方法で先進国の銀行ならどこでもやっている銀行窓口でやる外国への送金(international money transfer)なら確実です。前もってアメリカ国内のBOAからその用紙を貰っておいて、日本帰国後そのお金が必要になった時その用紙に記入してBOAへ送り返したら、ちゃんと送金してくれます。

4)最後に、最近はインターネットバンキング犯罪が増え各銀行ともセキュリティ向上にやっきとなってます。そんな訳で取り敢えずBOAの口座を日本帰国時点では閉めないのであれば、できるだけ帰国前にアメリカの住所から日本の住所への変更届をBOAに出しておいたほうがいいです。あとあと事がスムースに運びます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました.
お礼が遅くなってすみません.

1)アメリカにはまた来たいのですが難しいと思います.
自分の頑張り次第ですね.
少し円高が始まったようなのでこれも憂鬱です.

2)BOAもそうですが,契約するときはとても親切だったのですが,そのあとはちょっと適当で,口頭で説明されても若干不信を抱いてしまいます.
日本のBOAは法人向けのようですので,アメリカの支店に聞いてみようかと思います.
ただ,以前に自分の口座間の送金方法を聞いたらオンラインでできるからと冷たくあしらわれました.

3)外国への送金(international money transfer)も聞いてみます.

4)住所の変更はサイトを確認したところオンラインでできそうです.

お礼日時:2016/01/07 05:37

十数年前に留学したものです。

今後も長期間米国に滞在する予定がなければアカウントは閉じたほうがいいとおもいます。口座を維持する最低預金も、状況によってかわりますし、口座を動かさないと、没収されるとの警告も来ます(年1?)。7日程度の旅行で行くことはあっても、銀行業務に一日費やすのはもったいなく、なかなか口座を閉じる機会がありません。BOAは個人を対象とした日本での業務はやってないとおもいます。日本にBOAに一度問い合わせてみるといろいろ認識できるとおもいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました.
お礼が遅くなってすみません.

口座維持費のかかる最低預金額も段々高くなっているようで,ある程度残しておいて維持するか,綺麗さっぱり閉じた方が良さそうですね.
将来戻ってくるか永住したい場合はヒストリーの観点から維持した方が有利だったような気もしますが,私には該当しません.

口座を閉じるのには一日費やすほど時間がかかるのでしょうか?
時間が確保できたらBOAに相談にいってみたいと思います.

お礼日時:2016/01/07 11:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカから帰国 銀行口座やクレジットを維持する方法ありますか?

アメリカから完全に帰国するのですが、
今までの銀行の口座やクレジットカードを引き続き利用したいです。(ネットや株のため)
この場合の最良の方法や、皆さんのアイデアを教えてください。

友人に住所を借りることは可能ですが、ジャンクメールが多いので郵便局の転出届けを友人宅にするかどうかでもなやんでいます。

必要書類のメールだけ届くように、銀行、クレジット、DMVなどだけに限定しようか、やはり郵便局に全部友人宅へフォワードしてもらう方がいいのかでもなやんでいます。

Aベストアンサー

できます。実際に持ったままです。

アメリカで駐在員をしていて帰国する際、チェックやクレジットカードの決済のため口座は残さざるをえませんでした。銀行はシティバンクです。

現在の住所は日本の住所で、ちゃんと毎月statementを送ってきてくれています。インターネットで手続きができますし、電話で問い合わせもできます。日本からのトールフリーナンバーがあります。電話は英語でやっていますが、フィッシングのメールが来たときはさすがに日本語の話せる人を頼みました。しかし、時差があり向こうは夜で探してもらうのに時間がかかるので、結局英語で済ませました。

チェックの住所は帰国前の住所が印刷されたままですが、運転免許の更新などでそのまま使用しました。全く支障ありません。

シティバンクのカードですので日本で引き出すこともできます。

あなたの口座のある銀行にご相談下さい。

Qアメリカで発行した小切手を日本で換金できるか?

アメリカから日本にお金を送金してもらいたいのですが、アメリカの銀行の小切手を送る事くらいしかやってもらえそうにありません。

アメリカの銀行の発行の小切手を、日本の銀行で換金することは可能でしょうか?

もし駄目であれば何かいい方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 一般的には、外貨建て小切手を日本国内の銀行でただちに日本円に換金することはできません。(トラベラーズチェックは別ですが)
 まずは、外国為替業務を取り扱っている最寄の銀行の本店もしくは支店に持ち込んでみることです。そうすれば、その小切手の支払銀行(つまりアメリカの銀行)宛に送ってくれて、やがて円に換金されてあなたの口座(その最寄の銀行で受け皿となる口座をあらかじめ開設しておく必要があります)に入金されます。これを「外貨小切手の取立」と言います。
 それにかかる費用(手数料)や所要時間は、その銀行によって異なりますので必ずお確かめください。費用は送金されてくる資金から通常差し引きされます。
(アメリカの銀行が発行した小切手ならば、手数料は2~3千円、換金の所要期間は2週間程度でしょうか)
 しかし、ここで注意する点が2つあります。
 ひとつは、その小切手の額面金額が少額ならば手数料の方が多くかかってしまい、逆にアメリカの銀行から差額を請求されてしまうことです。この場合は、換金はあきらめるか、もしくは小切手を振出人へ郵送し、あらためて海外からあなたの日本の受け皿口座へ直接振り込んでもらうよう、振出人と交渉してみるのが得策でしょう。
 もうひとつの注意点は、その小切手が振り出されてからどれくらいの時間が経過しているか、です。銀行によって違いますが、一定期間経過していれば取立てができなくなる場合があります。(通常は6ヶ月程度です)
 スムーズに換金できればよろしいですね。

 一般的には、外貨建て小切手を日本国内の銀行でただちに日本円に換金することはできません。(トラベラーズチェックは別ですが)
 まずは、外国為替業務を取り扱っている最寄の銀行の本店もしくは支店に持ち込んでみることです。そうすれば、その小切手の支払銀行(つまりアメリカの銀行)宛に送ってくれて、やがて円に換金されてあなたの口座(その最寄の銀行で受け皿となる口座をあらかじめ開設しておく必要があります)に入金されます。これを「外貨小切手の取立」と言います。
 それにかかる費用(手数...続きを読む

Qアメリカから日本への送金

アメリカに在住です。
日本の家族にお金を送金したいのですが何か方法はありますでしょうか。
お金は米ドルです。

Aベストアンサー

送金される金額が分からないのですが、1回 $700 までなら郵便局(USPS) で International Money Order($3.45)を購入して、日本に郵送すれば安上がりかと思います。例えば$2,100を送金するなら3枚の Money Orderを一つの封筒に入れて EMSなどで郵送すれば銀行送金より安いと思います。

Money Orderには受け取り人が記入されていて、日本の家族が身分証明証をもって行けば日本の郵便局で日本円で受け取れます。

これを知る前にはトラベラーズ・チェック(AAAのメンバーだと手数料なし)に相手の名前を記して送り、日本の外貨を扱う銀行で入金してもらったことも有ります。 日本ではT/Cの為替手数料が一番低いと思います。

銀行送金は手数料が高いです。 他に Western Union も海外送金を取り扱っていますが、状況は分かりません。

参考URL:http://www.usps.com/money/sendingmoney/sendmoneyinternationally.htm

Qアメリカから電化製品を購入し日本で使えますか?

該当製品は
Vivitek Qumi Q2
http://www.amazon.com/Vivitek-Q2-3D-Ready-Projector-Black/dp/B004FP3RYM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348929978&sr=8-1&keywords=Qumi+Q2
です。

その他、アメリカのアマゾンでよく欲しい物がみつかります。
今後のためにも家電(ボルト、アンペア、ワット、hzなど)の知識が無い私に
アメリカから電化製品を買う際に理解しておかなければいけないアドバイスを頂けると幸いです。

追記
ボルト、アンペア、ワット、hzなどの解説サイト等説明を見たのですが、
各、用語の説明や計算方法などは載っていますが、で結局どこがどう違えば使えなくて
どうであれば使えるの?と言うことが解らないのです。

例えば、ボルトは電気を押し出す力などと説明されていますが、
電気を押し出す力と日本のコンセントに指して使えるかどうかとの
関係については理解できませんでした。

学術的なことよりも、海外には欲しい家電がたくさんあるので、それに強くなりたいのですが・・・。
(ここでは、書ける情報量では無いと言うことであれば、どの辺りから勉強を始めればよいでしょうか?)

該当製品は
Vivitek Qumi Q2
http://www.amazon.com/Vivitek-Q2-3D-Ready-Projector-Black/dp/B004FP3RYM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348929978&sr=8-1&keywords=Qumi+Q2
です。

その他、アメリカのアマゾンでよく欲しい物がみつかります。
今後のためにも家電(ボルト、アンペア、ワット、hzなど)の知識が無い私に
アメリカから電化製品を買う際に理解しておかなければいけないアドバイスを頂けると幸いです。

追記
ボルト、アンペア、ワット、hzなどの解説サイト等説明を見たのですが、
各、用語の説明や計算方法...続きを読む

Aベストアンサー

まず、大前提として、ピッタリ何ボルト、何ヘルツでないと動かない、という機械は(専門的なものを除いて)ほとんどありません。

例えば、日本国内のことで言いますと、日本国内で各電力会社から供給されている電気は西日本で60ヘルツ、東日本で50ヘルツです。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品はそのほとんどが50ヘルツでも60ヘルツでも使用できるようになっています(一部の照明器具など、一度取り付けたら滅多に移動することがないものについては、稀にどちらかのヘルツ数でしか使えない、というものがありますが、その場合は必ず注意書きが書いてあります)。
このあたりは、参考URLをご参照下さい。

また、日本国内であれば地域問わず、各家庭のコンセントには105~115ボルト程度の電圧がかかっているのが普通です。便宜上「100ボルト」と言っていますが、送電線の長さや、同じ線から電気をもらっている他の家庭での使用状況によって数ボルト程度の変動があるのが普通です。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品は、やはりそのほとんどが100ボルト~120ボルト程度の幅のなかで使えるように作られています。

さらに、カメラや携帯電話(の充電器)、電動シェーバーなど旅行に持ち歩く可能性の高い商品の場合は、(特に最近のものは)世界各国どこの国でも使えるように100~240ボルトの電圧で使えるように作られています。


さて、前置きが長くなりましたが、以上を踏まえてご質問の本題「海外の家電製品が日本でも使えるか」、ですが。

まず、ヘルツで言いますと、ほとんどの国は50ヘルツ/60ヘルツ併用または60ヘルツの電気が供給されていますので、お住まいが西日本であればほぼ気にする必要はないでしょう。東日本の場合、50ヘルツでも使用可能か確かめた方が良いでしょう。
電圧については、その製品が受け入れることのできる電圧の幅の中に、100ボルト近辺が含まれているかどうか。
最後に、以外と盲点なのですが、コンセントの形状は日本と同じ国のものかどうか。日本はA型(縦長2本)またはB型(縦長2本+真ん中にアース)です。北米/カナダはほとんど同じA型またはB型ですが、それ以外の国では全く違う形のコンセントを使っています。これは、変換プラグ(海外旅行用品を扱うお店などで手に入ります)を使えば解決する問題ではありますが、結構不便です。

※余談
最近はエアコンや食器洗浄機など200ボルトの電源を使うものが増えていますので、家庭のコンセントにも200ボルトの電源が来ている場合があります。この場合はコンセントのところに「200V」と書かれていますし、コンセントの形が違いますのですぐわかると思いますが、このコンセントは日本独自の規格ですので海外のものには合いません。改造が必要ですので電気工事店にご相談下さい。

もし、カタログ等を読んでもそのあたりの情報がわからない場合には、メーカーに「この製品は日本国内でも使用できますか?」と問い合わせるのが一番確実です。
メーカーによっては、「北米/日本向け仕様」「ヨーロッパ向け仕様」「日本以外のアジア/オセアニア向け仕様」など、複数のラインナップを作っている場合もありますので。

問い合わせ先がわからない場合は、ネット上でその国の電源規格を調べたり、使用体験談などを探されるのも参考にはなるのでは、と思います。

電圧(ボルト)も、ヘルツも違うけど、どうしてもこれが使いたいんだ!!ということであれば、間に変圧器やインバーターなどをかますことで使う事は可能です。気軽にコンセントに抜き差ししただけでは使えない、というだけのことですので、上級編としてチャレンジしてみられるのも良いのではないでしょうか。


なお、最後の最後になって恐縮ですが、例として挙げられたプロジェクターは日本アマゾンでも売っています。日本アマゾンから購入すれば、値段は違うかも知れませんが確実に日本国内向け仕様のものが手に入ると思いますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E7%94%A8%E9%9B%BB%E6%BA%90%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0

まず、大前提として、ピッタリ何ボルト、何ヘルツでないと動かない、という機械は(専門的なものを除いて)ほとんどありません。

例えば、日本国内のことで言いますと、日本国内で各電力会社から供給されている電気は西日本で60ヘルツ、東日本で50ヘルツです。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品はそのほとんどが50ヘルツでも60ヘルツでも使用できるようになっています(一部の照明器具など、一度取り付けたら滅多に移動することがないものについては、稀にどちらかのヘルツ数でしか...続きを読む


人気Q&Aランキング