今私が住んでいる土地の名義のことです。
50年ぐらい前、祖父が購入したのですが当時権利書がなかったためか、所有権の移転登記ができていません。
既に代が変わっていますが、相手方も移転登記されていないのを知らなかったようです。
でも当時の売買契約書もないし、相続の手続きもむつかしいということで移転登記ができていません。
固定資産税の通知書がずっと来ていましたので市役所に聞きますと資料が残っている昭和45年から平成元年まで固定資産税を払っていますとのことです。平成元年以降は免税店未満で税額は0円です。

この場合の所有権移転登記はどうすればいいのですか。
取得時効による訴訟しか方法はないのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

祖父は健在なのですか? また、そのが相手、つまり売主は健在なのですか? 売主が健在なら権利書がなくても「保証書」できます。


売主が亡くなっていても相続人らが承諾するなら当時の売主からあなた名義に直接できます。これは本来なら当時の売主(現在の登記名義人)から現在の相続人に相続登記をしそれからあなた名義にしますが「中間省略登記」ができます。勿論、相続を証明するための戸籍謄本と印鑑証明等必要です。何人いても全員の印鑑証明が必要です。更に相続が発生していても考え方は同じです。法定相続人を調べ、その者の承諾と印鑑証明が必要です。
その相続人が大勢いて印鑑証明がとれなく、または「契約書を見せろ」など云って所有権移転登記に応じないなら訴訟となるでしょう。
その場合の主張原因は「取得時効」ではなく「売買」となります。立証できなければに二次的請求原因にその「取得時効」を主張してもかまいません。

この回答への補足

ありがとうございました。
祖父も売り主も亡くなっており、相手方の後継者は既に3代目で相続人全員の印鑑証明書をとることが非常に困難なようです。

補足日時:2001/06/17 19:42
    • good
    • 0

時効取得でも、登記請求権による移転登記でも、相手は現名義人です。

結局相続人全員を相手にすることになります。しかし、もし、その中で同意しない人がいる場合には、裁判に勝ったときには、その人達は裁判費用を負担することになりますので「案ずるより産むが易い」と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/19 21:02

shoyosiさん売主は亡くなっているようですヨ


もし、誰かが、その亡くなった人になりすまして、「認諾」すれば、まちがいなく「訴訟詐欺」に問われます。
    • good
    • 0

 相手は所有権移転に異議がないようですので、相手に対して売買に基く所有権移転登記請求の訴えを起こし、相手から、請求に異議がない旨、陳述(書類で可)されますと、認諾調書が作られ、即、結審になり、認諾調書は判決と同じ効力をも持ちます。

その調書を原因証として、登記したほうが、すっきりすると思います。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/ga2/den/sagi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/06/18 09:04

>相手方の後継者は既に3代目で相続人全員の印鑑証明書をとることが非常に困難なようです。



そうですか、 3代も前からなら実際大変です。
しかし、訴訟するにしても死亡している売主を被告にできませんし、任意であっても相続人を全員確定しないと進まないです。
やろうと思えばできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お互い訴訟は避けたく、相手方も非常に頭を痛めています。権利書も当初から紛失しています。
別の疑問ですが、市役所の課税方法です。登記簿上はまだ相手の土地なのに何十年と私の祖父と父が納税義務者として固定資産税を払っていました。

お礼日時:2001/06/18 08:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所有権移転請求権仮登記の本登記

(1)所有権移転請求権仮登記に(2)付記でその移転請求権が仮登記されている場合、(1)の仮登記に基づく本登記をする時は(2)の登記名義人は利害関係人となり、承諾を証する情報が必要とされますが、これは何故でしょうか?

Aベストアンサー

甲土地
1 所有権移転 年月日相続 所有者 A
2 所有権移転請求権仮登記 年月日売買予約 権利者B

2付記1号 2番所有権移転請求権の移転請求権仮登記 年月日売買予約 権利者C

 CがBに対して売買予約の完結権を行使した場合、Cが取得する権利は何ですか。

Q所有権仮登記に重ねて移転請求権仮登記は可能?

B名義の所有権仮登記について移転請求権仮登記がされている時、重ねてB名義の所有権仮登記に移転請求権仮登記をすることはできるでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 可能と思われます。

1番 所有権移転    所有者A
2番 所有権移転仮登記 権利者B
   余白
3番 2番仮登記所有権移転請求権の仮登記 権利者 C
   余白
4番 2番仮登記所有権移転請求権の仮登記 権利者 D
   余白

Q条件付き所有権仮登記の抹消でご教示ください。1番 所有権移転 A 2番

条件付き所有権仮登記の抹消でご教示ください。1番 所有権移転 A 2番 農地法5条許可を条件とする仮登記(贈与) B 3番 移転(相続)C 4番 移転(相続)D と登記されています
Bは40年あまり許可申請しなかった。今回当該農地を贈与者の相続人に返還する手続きをしたいですが、仮登記の権利書を紛失している場合、どうしたらいいか悩みます。利害人からBの承諾書を添付して抹消の登記ができることが、本に書いてあります。相続人Dは利害人として申請できるでしょうか?
Dは当事者だと思うのですが。

Aベストアンサー

当事者であるが「利害関係人」としてよい。
登記研究461

Q固定資産の所有権移転の基準日はいつ?

12月27日売買契約、
1月10日登記日(法務局受付日)
の物件があります。
固定資産税の課税基準日は1月1日ですが、
この場合、前所有者・現所有者のどちらが
課税上の「所有者」になりますか?
なお、両者とも相手が支払うべきだと主張しています。

Aベストアンサー

固定資産税は、登記簿や課税台帳などに登記または登録されている人が納税義務者になります。
したがって、売買などで実際の所有者がすでに変更されていても、登記簿などの名義変更手続が1月1日現在完了していなければ、そのまま旧所有者が納税義務者になります。

通常は、このために売買契約書で、所有期間によって按分するような条項を入れます。

約定がなくても、慣習に従えば引渡日を基準として按分するのが妥当ではないでしょうか。

Q不動産の所有権移転登記(所有者の住所が証明できない場合)

いつもお世話になっております。
先日亡くなった父の不動産の所有権を母に移転する手続をしています。
うち一つ(R市)に登記された所有者の住所(N市)は20年以上前のものです。
N市に住民票があった頃、本籍地は別の場所(Z市)にありました。
N市からS市に引っ越すと同時に本籍地をZ市からS市に移しました。
その後、S市内で再び転居・転籍しています。

R市の法務局に問い合わせたところ、Z市から戸籍の附表をとるように言われました。
Z市からは、除籍されて5年以上経過した戸籍の附表はとれないと言われました。
N市もS市も、転出・転入後5年以上経過しているので、
N市に父の住民票があった事実が記載された証明書は出せないそうです。

このような場合、どのようにして父が不動産の所有者であることを証明すればよいのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご指導のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

この事例は、たくさんあります。
栃木県で悪用されたこともある、同姓同名の別人が相続登記した。
厳格になりました。
公開の場で回答すると、差し障りがありますので、法務局に相談を、
父の権利書を添付します。  後は省略


人気Q&Aランキング

おすすめ情報