針生検で初期の乳がんと診断されました。ステージ1で、1ミリです。全摘か温存かで悩んでいます。全摘の場合リハビリを含めどのくらいの期間で職場復帰できるものでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 回答して下さった方、申し訳ありません、、ガンは1センチの誤りです。

      補足日時:2016/01/05 08:01

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1cmの大きさだったら、一般的に温存を選択しても問題は無いと思います。

初期の乳がんの場合、温存と全摘で治療成績に差が無いことはデータとして解っていることですし、それとも全摘しないと危険だと医師から言われているのでしょうか。いずれにしても今の医師の指示にしたがうか、もう一人セカンドオピニオンとして別の医師に相談してから判断されてもいいのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。大学病院の検査はこれからになります。その後セカンドオピニオンを含め検討してみたいと思います。

お礼日時:2016/01/05 17:07

1ミリで全摘はあり得ません。


診断の正否も含めて他の医療機関でセカンドオピニオンを受けたほうがいいでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳がん全摘後の病理結果ステージについて

乳がんの全摘出手術後初めての外来診察で病理レポートを頂きましたが、専門用語が多くて良く判りません。主治医にもっと詳しく聞けばよかったと後悔しています。自分のステージが良く判らないのでお判りになる方がいらっしゃれば教えてください。
浸潤の範囲 15×15mm approx、in situを含む全体 40×16×60mm
随伴するDCIS Extensive int~high、comedo、cribriform
センチネルリンパ浸潤 0/1 
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません、そうですね、No.3で書いた見解で変わらないと思います
ステージ1以降ですが、ステージ1で良いと思います、核分裂像スコア1ですし、悪性度も低いですし、
脈管侵襲も軽度で、センチネルリンパ節に転移も無いですし。
浸潤浅いですが、範囲がgfなので、全摘出も正しい判断だと思います、多分女性としては乳房欠損はショックですよね。
まずは、ホルモン療法で再発を抑制し、落ち着いたところで、乳房再建術を考えてはどうでしょうか?

Q五年前に右乳がん全摘手術をした患者です。質問していいですか? タモキシフェンを5年間服用しました

五年前に右乳がん全摘手術をした患者です。質問していいですか? タモキシフェンを5年間服用しました。今は、飲み終えて、なんの薬も飲んでませんが、飲み終えて半年になるのですが、最近、足の甲 また、少し前から右手首も、痛みを感じるようになってきました。薬の副作用が続いてるのでしょうか?
それとも、薬とは、関係ない痛みでしょうか? 意見をお聞かせくださいね〜

Aベストアンサー

丁寧なお礼、恐縮です。
同じ年、偶然ですね!
会ったことが無いあなた様と、ずっと治療で同じ時間を共有していたんですね。
乳がんの発見で命拾いした者同士、これからも頑張って行きましょう~!

Q私は5年前に膀胱がん(3a)で膀胱、前立腺の全摘

を受けました。
それが、先日骨盤に転移しているのが分かり、抗がん剤(GCを3クール)と放射線3ダイン10回
を受けました。その結果、がん組織は半分ほどの大きさ(3.5cm)に縮小し、それなりの結果が得られたとの判断を主治医がしています。
現在は肝機能(GPT;104、GOT値;80)が衰えており、現在自宅で療養(3クール後;2週間)しています。
体調が落ち着いたら治療が再開されると思うのですが、そこで5点ほど質問させてください。
5点全てにご返事をいただけなくともいいのですが、教えていただけないでしょうか。
質問1放射線の治療を受けたわけですが、今後陽子線の治療を受けることは可能でしょうか。
担当医から放射線では痛みを取るだけで癌組織を駆逐する役割はあまりないと施術後言われ、がっかりきました。陽子線・重粒子線では効果があると聞いたのですが?
質問2副作用が落ち着いてきており、自分としては4クール目をしてもらいたいのですが、12月下旬にCTを撮り、それを見てからと考えておられるようです。効果があったと言われるから続けてやってもらいたいのですが、開けたほうがいいのでしょうか。
質問3主治医はGC療法に変わりGDC療法(ゲムシュタビン+ドセタキセル+カルボプラチン)を主治医は考えている(先日学会で発表)ようなのですが、学会で主治医はGCで効果が見られないようになったら、GDC療法がセカンドライン治療として使えると発表(ネットテで発表したものの概要集を入手)しており、まだ3クールしかしていないのにGDCをやりたいような口ぶりに聞こえます。入院当初GCで効果があるときには、GCで治療していくということだったのですが、本当に、早くからGDCをやったほうがいいのでしょうか。
質問4放射線、抗がん剤の治療後GPT値、GOT値が高くなっており、なかなか正常値の戻りません。原因はどのようなことが考えられるでしょうか。
質問5 4の質問に関連してですが、GPT、GOT値を下げる方法(食事等)を教えていただけないでしょうか。
  以上 質問させていただきましたが、一部だけでも結構ですからご教示いただけないでしょうか。

を受けました。
それが、先日骨盤に転移しているのが分かり、抗がん剤(GCを3クール)と放射線3ダイン10回
を受けました。その結果、がん組織は半分ほどの大きさ(3.5cm)に縮小し、それなりの結果が得られたとの判断を主治医がしています。
現在は肝機能(GPT;104、GOT値;80)が衰えており、現在自宅で療養(3クール後;2週間)しています。
体調が落ち着いたら治療が再開されると思うのですが、そこで5点ほど質問させてください。
5点全てにご返事をいただけなくともいいのですが、教えていただけないでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

陽子線の治療を受ける条件があります
残念ですが
病巣が原発であること
また限局であること(転移していない)
となっています

肝臓機能の低下については
原因として
放射線の影響(副作用)により肝臓が損傷していると思われます
肝臓は特に放射線の影響を受けやすいとされています
この場合の治療法については医師にお尋ねに
なるのが一番よろしいです

Q乳がんの針生検について教えて下さい

乳がんの針生検についてお尋ね致します。
「エコーを用いて細胞診をする場合、悪性腫瘍に針を刺して抜く時に、腫瘍を糸状に引っ張ってしまうことがたまに起こる。」と、あるサイトで読みました。引っ張られたがん細胞は、そこから更に増殖するのでしょうか。

Aベストアンサー

下記URLのANo.3を参照下さい。

http://okwave.jp/qa2500154.html

Q乳がん検査 針生検と外科生検どちらがいいのですか??

先日、市の乳がん検診(マンモグラフィー)で、要精密検査という結果が出て、その内容が、カテゴリー3.とカテゴリー4でした。自覚症状もなく、しこりにも触れないので、まさに晴天の霹靂でびっくりしています。

居てもたっても居られず、今日、総合病院でエコー(超音波)検査を受けました。
その結果、左胸に7㎜の腫瘍がみられ、丸い形ではあるがやや形がいびつなため、良性か悪性かはっきりしないといわれ細胞診を勧められ、針生検か外科生検か選択を迫られました。

普通、最初は針生検でやるらしいのですが、細い針を麻酔なしで刺すためかなり痛いと聞き、それならばいっそ局所麻酔で、生検をして、その場できれいにとってもらった方がいいのか??悩んで居ます。

外科生検の場合、その結果何もなければ、それで終わり。
針生検だけで腫瘍を残した場合は、腫瘍は消えることはないのでずっと経過観察。

経過観察をしながら毎回どきどきしたくないので、「いっそ切ってください」と外科生検を希望したのですが、正直怖いです。もしガンであった場合はさらに手術が必要になるのでキズも大きくなるそうです。

どちらがいいのでしょうか??
針生検はかなり痛いのですか??(痛みには弱いです。注射も苦手です)
私としては、悪いものは取って早くすっきりしたいのですが、リスクは伴いますか?

先日、市の乳がん検診(マンモグラフィー)で、要精密検査という結果が出て、その内容が、カテゴリー3.とカテゴリー4でした。自覚症状もなく、しこりにも触れないので、まさに晴天の霹靂でびっくりしています。

居てもたっても居られず、今日、総合病院でエコー(超音波)検査を受けました。
その結果、左胸に7㎜の腫瘍がみられ、丸い形ではあるがやや形がいびつなため、良性か悪性かはっきりしないといわれ細胞診を勧められ、針生検か外科生検か選択を迫られました。

普通、最初は針生検でやるらしいの...続きを読む

Aベストアンサー

banapiさん、こんばんは。
検査結果、ショックですね。

私も10月に受けた乳がん検診(マンモグラフィ検査)で両胸とも「要精密検査」となってしまいました。
まさに、banapiさんと同じく晴天の霹靂です。
一年前の検診の時は「異常なし」だったので、今年も同じ結果が出るものだと思っていました。
先生曰く、「右胸に7mmの腫瘍らしきものがあるけど、何があるのか(良性か悪性か)わからない。でも、何かあるのは間違いないよ」と言われました。

私の場合、すぐにその場で「針生検」をしました。
私の場合、局所麻酔をしてからの検査でした。
局所麻酔の注射も痛みを感じることもありませんでした。(インフルエンザの注射のほうがはるかに痛かったです)

局所麻酔をしたので、検査中は一切痛みを感じることなく終わりました。
「針生検」がどんな検査なのか調べる間もなかったので、針生検に対する「恐怖心」はありませんでした。 逆にそれが良かったのかもしれません。
結果が出るまでの一週間はまさに針のムシロ状態でした。

「経過観察をしながら毎回どきどきしたくないので」とういうbanapiさんの気持ちもわかりますが、もしかしたら良性の可能性もある段階(まだ、悪性と決まったわけではないですよね)で傷跡の残ってしまう外科的生検(手術)を選択するよりは、まず針生検を受けて見られたらどうでしょうか?
まずは、針生検を受けて「白黒」はっきりした段階で次の検査に移られたほうが良いように思います。

先生の「異常ありませんでしたよ」の声を聞けるといいですね。
負けるなぁ~、頑張れ!!

banapiさん、こんばんは。
検査結果、ショックですね。

私も10月に受けた乳がん検診(マンモグラフィ検査)で両胸とも「要精密検査」となってしまいました。
まさに、banapiさんと同じく晴天の霹靂です。
一年前の検診の時は「異常なし」だったので、今年も同じ結果が出るものだと思っていました。
先生曰く、「右胸に7mmの腫瘍らしきものがあるけど、何があるのか(良性か悪性か)わからない。でも、何かあるのは間違いないよ」と言われました。

私の場合、すぐにその場で「針生検」をしました。
私の場合、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報