最新閲覧日:

映画は、好きなのですが毎月のようにビデオがレンタルされて、話題の映画でも結局借りれず、新しい作品の方に目が行ったりして、かなりいい映画を見逃しているように思います。
それで、あなたが選ぶ映画のベスト5をおしえて下さい!
順番が決められない人もいると思いますので、5つ作品を上げて頂くか、ジャンル別でも結構です。
ぜひおしえて下さい。
ヨロシクお願いします!

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (25件中11~20件)

ノッティングヒルの恋人


 心が洗われます・・・

リアリティ・バイツ
 私の青春のバイブルです・・・

長崎ぶらぶら節
 泣けます!男と女の関係を超えた愛!

いつか晴れた日に
 今見ると、結構豪華キャストです。 

チャイルド・プレイ
 ホラーではこれが一番心に残ってます。
    • good
    • 0

1)ライフイズビューティフル


2)ネゴシエーター
3)風と共に去りぬ
4)TOP GUN
5)プラトーン
    • good
    • 0

ベスト…というのはむずかしいのですが、「誰でも作品名や監督名は知っている名作」で、「現在の基準」で観ても面白い5本、というのを選んでみました。



やはり技術や演出の進化で、いまみると「刺激」が足りなかったり、「意外なオチ」が有名すぎて、またいろいろな作品に応用されすぎてすでに意外ではなかったりするのは「名作」の宿命ではありますが、そういった、時代の洗礼を受けてもなおオモシロイ映画、ということで。

「七人の侍」
黒澤監督の白黒時代の映画はどれも面白いですが、まずどれか一本!というと、これか、「用心棒」あたりを。映画好きなら絶対観ておくべき一本です。
上映時間は長いんですが、途中休憩もありますし。(ビデオにもちゃんと「休憩時間に劇場で流れた白い画面とBGM」が入ってます。)
開巻すぐの村人のセリフがたいへん聞きづらく、ちょっと先行き不安になるかも知れませんが、音がひどいのはそこだけですので、くじけず進んでください。

「大脱走」
マックイーンのバイクアクションだけがやたら有名な作品ですが、とにかく計画実行のためにあの手この手を尽くすシーンがやたらめったら面白いのです。「七人の侍」やヒッチコック映画や「第三の男」「市民ケーン」「真昼の決闘」などもそうですが、後の様々な映画作家に影響を与えている「映画の教科書的作品」でもあります。

「激突!」
スピルバーグの出世作。なにげなーく観ていても、いつのまにか引き込まれて、最後まで手に汗握りつつ観てしまいます。どんなスピルバーグ嫌いもこの作品にだけは文句がつけられないといういわば最強作品(笑)でもあります。

「裏窓」
ヒッチコックにも代表作は数多くありますが、「サイコ」や「鳥」は今の目で観ると少々物足りなく感じてしまうのでは…。ということで、まずヒトに薦めるならこれを。サスペンスとユーモアとがほどよくブレンドされた(ややユーモア寄り)「ヒッチコック・タッチ」を堪能出来ます。

「カリガリ博士」
いきなりサイレント映画の渋いのですが。もっとも「食わず嫌い」してしまうのが「名作」で「サイレント」かと、敢えて。(レンタル屋さんにあるかどうかちょっと不安…)キャラクターの造形とストーリー展開は、今でも魅力にあふれています。上映時間も短めです。

なにせ記憶で書いてるので、他にいくらでもあると思いますが…(あとで、「あ、しまった、何であの作品を書かなかったんだーーっ!」と自分でショックを受ける可能性も多分にアリ。)
とりあえず「ベスト5」じゃなくて、「いま思いつく5つ」ということで(苦笑)
    • good
    • 0

まず「サウンド・オブ・ミュージック」ですね。


今でもCMで使われるなど、名曲を残した映画です。
何度みてもおもしろいです。

カナダ映画で「CUBE」を上げます。
サスペンスホラーなんですけど、
かなり言い出来でした。
俳優さんはあまり知られていない人が多いのですが
みんな良い演技をしていました。

サスペンス映画でもう一つ
「ゆりかごを揺らす手」です。
この映画でアナベラ・シオラという女優さんを好きに
なり、この人の出ている映画を結構見ました。
4,5回見ていますが、見るたびにどきどきしますね。

イギリス映画から「ブラス!」を上げます。
これは感動しました。
サントラも買いました。
ウィリアム・テル序曲を聞くと、この映画を
思い出して、泣きそうになりますね。

古い作品で「死刑台のエレベーター」なんかお勧め
ですよ。昔のサスペンスなんですけど、
最後までどうなるんだろうと思いながら見ていました。
結構印象に残っている映画ですね。

それなりにジャンルをばらけてみたのですが、
サスペンスに固まってしまいました。
参考になりましたか?
    • good
    • 0

 やはり順番はつけられませんが。


「アマデウス」:中学のとき見て、サリエリの役者の表情の表現にひたすら感極まっていました。コスチューム物では他に「カストラート」「ドラキュラ」「小公女」「グリーンデスティニー」に、最近の公開の「王は踊る」も期待。

「シュリ」:ハングル語でこのシュリだけは書けます!最近、ニュース番組で緊迫したシーンのBGMは必ずといっていいほどこの映画のサントラですよね。最後の「あなたに会いたい、とても会いたい」のところでいつも涙腺が・・・。「グラディエーター」でもそうでしたが、主人公が屈強な精神を持ちながら最愛の対象をむごい殺され方をして立ち直れず「うっうっ」と泣く、というのにとてもヨワイ。そういう展開では全く趣味ではありませんでしたが、「ベント」も見ておくべきかも。ジュード・ロウもちらっと出ているらしいし。鬱状態の人には見せられない一本ですが。自分は圧倒的な暴力になすすべなく・・・というのが一番嫌いなんだと認識した映画です。見ないほうがいい、といいたいのですが、見て!と言いたくもなる変な映画。暗くなります。泣けはしません。カタルシスがないから。

「風の谷のナウシカ」:音響にはいつも意識がいくのですが、この映画の「一瞬音を何もかも消す」ところがすごいと思いました。内容はマンガに負けていると思います。が、「動くメーヴェ」に感動しました。あとサウンドがよかったというと「ピアノレッスン」ですね。私はこれの「サクリファイス」だけはピアノで弾けます。シュリといい「これだけ」ばっかり・・・。音楽のいい映画っていっぱいありますが、好きなのはあと「フランケンシュタイン」と・・あれ?なんだったかなー。

「バウンド」:「マトリックス」をとったウオシャウスキー監督兄弟の出世作。私にとっては何よりも恐ろしい映画です。拷問シーンがダメなんです、幽霊より。ただ、美しい映像(血でさえも)に気の利いた意外な展開、そういう店では「交渉人」なみかも。あと、駆け引きの楽しさというと「U-571」もすばらしい。年代を問わず人をひきつけ、かつ「ビデオはいつも飽きて途中早送りで見てしまうの」という人間2人をしてあれはよかった!!と言わしめていますし。
 映像の美しさでは、ちょっとゲームを遊んでからでないとバックグラウンドがさっぱりでしょうが(マルチ媒体展開のプロジェクトなんだとか)「Blood」も良かった。何度も巻き戻して見ました。CGに興味があるので「ダイナソー」から「インビジブル」まで見ていますが、リアリティの後押しをする点で。アニメを持ってきたらこれも語らないわけにはいかないのがディズニーの「リトルマーメイド」。1です。音楽が良い。ヒロインが隠れ家で地上への憧れを歌うシーンは秀逸です。確か、アカデミー賞で映像部門、何かで歌にも賞をもらったとか。

 ただ、一番心に残っている映画というと、高校生の時親に隠れてみた(TV禁止の家なのです)アジア映画ですね。タイトルがわからないのです。
 シェパードとヒマラヤン?を連れて旅する幼い男の子の話です。なぜか普通に犬とネコがしゃべっているのですが、どうもそれは男のコにしか聞こえないよう。はらはら(そりゃもうジュラシックパークより)どきどきの緊迫シーンからほんわかしたシーン、コントのような犬とネコのぼけとつっこみありとテンポよく進む見所満載で紆余曲折の後、犬は男の子の代わりに爆死してしまうのです。あれにはいろいろ考えさせられました。そのころは私の犬も生きていたのでよけいショックが生々しかったこともあって。
 お役に立てない、自分だけがすっきりの回答ですが・・・。一言。
「JSA」は必見らしいですよ!!忙しくても都合をつけて夜の回とか9時からのところもあったと思います。でも私は「王は踊る」と「クレーヴの奥方」から見ます(笑)。
    • good
    • 0

1.フレンチコネクション


 高架下のカーチェイスがカッコ良い。

2.フレンチコネクション2
 パート2モノでこれ以外に良かった物を私は知らない。ラストシーンからエンドロールに いたる迄が兎に角カッコ良い。

3.THE IDEON(発動篇)
 ガンダムの監督、富野善幸(当時)のアニメです。私は、日本の映画はアニメか、60年 代以前のモノしか世界を相手に出来ないと思ってる。

4.タクシードライバー
 ラストのほんの十数分、十数発の弾丸でこれほど迄にバイオレンスを感じた事は無い。

5.灰とダイヤモンド
 アンジェイ ワイダは最高です。
以上ベスト5ではないですが、今思い付いた物です。
傾向として、変な話ですが、観終わった後にやりきれない気持ちになる映画を好む様です。
    • good
    • 0

こんばんは。



順番がつけられませんので、好きな映画のタイトルを5つ挙げさせていただきます。

「コリーナ・コリーナ」

「ステラ」

「ノッティングヒルの恋人」:主演のジュリア・ロバーツはきれいだなぁと実感しました。 あの本屋さんをロンドンに行ったときに探したのですが、見つけられませんでした。

「シックス・センス」:子役のハーレイ・ジョエル・オスメント君はとってもかわいかったです。

「レオン」:私のHN「matilda」は、ナタリー・ポートマンが演じた役名からいただきました。
    • good
    • 0

はじめまして、こんにちわ。

SBKです。ベスト5といわれると結構難しいものがありましね、、なかなか順番は決められないので、私が良かった、おもしろかった作品を紹介したいと思います。
 
 ● トレイスポッテイング

 ● ファイナルカット

 ● レナードの朝

 ● ミラクルペティント

 ● チューブ テイルズ

 ● スナッチ

 ● グラディエーター
 
 ● シャロウグレイブ

 ● タクシー2

今のところ思い出せるのはこんなところです。
特に、ミラクルペティントはかなりおもしろいです。
    • good
    • 0

マレーナの公開に合わせてジュゼッペ・トルナトーレ作品からまず1つ。

「海の上のピアニスト」も捨てがたいけどやっぱり「ニューシネマパラダイス」。エンニオ・モリコーネのスコアも最高です。後、田中麗奈のデビュー作、「がんばっていきまっしょい」。バカ映画のふりをした青春映画、「天才マックスの世界」。市川昆の映像美に酔いしれたい「石坂浩二の金田一シリーズ」。和製バカホラーで「発狂する唇」なんかいかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マレーナという作品が公開されるんですね!
チェックしておきます!
邦画も気になってましたので、ありがとうございました!

お礼日時:2001/06/17 23:12

「面白い映画」「お勧めの映画」「ベスト5」どれにも回答したくて困ってしまいます。



「燃えよドラゴン」
ブルース リーの出現は衝撃でした。
「遊星からの物体X」
南極の研究所に突然起こった異生物パニック。緊迫感が最高で、特撮も驚異でした。
「死霊のはらわた」
ゾンビ映画の最高傑作でしょう。
「ダイハード」
ブルース ウィリスの首をかしげた拳銃の撃ち方、カッコいいです。
「マッドマックス」
オーストラリアも凄い映画を作るもんだ、と感心しました。「2」はガッカリでしたが。

うーん、なんかベストじゃない気もしますが、とりあえず最初見た時のインパクトの大きかった作品、という事で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか?困ってしまいましたか!
かなりの映画好きみたいですね!
よろしければ、また違うベストで紹介をしてくれませんか?
ありがとうございました!

お礼日時:2001/06/17 23:08

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ