先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下記のようになります。



貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

わかりやすいご説明ありがとうございました。
礼金と敷金は、償却時には「支払手数料」にすればいいですね!
さっそくこれで計上してみます♪

お礼日時:2004/07/21 15:42

借方勘定科目としては


1.敷金:400,000(うち償却200,000)
 →敷金200,000、雑損失200,000 
2.礼金:420,000→雑損失
3.前家賃(7、8月分):315,000→支払家賃
4.前共益費(7、8月分):47,250→支払家賃
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→前払費用
6.仲介料:210,000→支払手数料(又は広告宣伝費)
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→支払手数料

決算整理仕訳については
火災保険料のうち当期分を月割計上
(支払保険料)/(前払費用)

上記の処理でよろしいのではと思いました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

勘定科目について、丁寧に回答していただきありがとうございました。

お礼日時:2004/07/21 15:43

 こんにちわ。

敷金は敷金保証金等で借方(左)へ計上しておき、賃貸借契約が終了するときに戻り金や費用と相殺になると思います。前払家賃等は支出時に費用計上してよろしいのではないかと思います。火災保険料は2年分ですので前払い金等資産勘定から月毎に按分して期末に支払保険料等の費用勘定へ振り替えてはいかかですか。仲介料は費用だと思います。
 最後の保証料が難しそうですが、一切返ってこないということですので基本的には費用ではないかと思います。しかし、一度に計上するとバランスが悪いのでこれも月毎に按分するなどして期間配分すればよいのではないかと思います。
 勘定科目は分野によっても会社によっても違うと思います。もっとも適切と思われるものがどうしても見当たらないときは雑費で処理するのも手かと思いますが、あまり多用しすぎるのはよろしくないみたいです。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧なアドバイス、ありがとうございます。保証料については、月毎に按分するほうが確かにバランスがよさそうですよね!!経理全般で参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/07/21 15:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIFRSの読み方について

IFRSの読み方について教えてください。

アイエフアールエス、アイファス、アイファース、イファースなど読み方があるようですが、日本では標準的な読み方はありますか?また、グローバルで共通した読み方はありますか?

全社で共通した読み方で統一したいと考えております。

Aベストアンサー

IFRSの読み方は、現時点の日本では様々です。
各種セミナーに行きましたが、講師をされる方によってまちまちです。

ひとりの講師の方の説明では、IFRSがすでに導入されているヨーロッパ(EU)では、主にアイエフアールエスと読んでいるようです。

http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

ご参考に。

参考URL:http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

Q会計事務所に支払う記帳代行料 決算事務手数料等をもっと節約したいのですが

こんばんは。
年商3.000万程度の小売店を経営しています。個人営業ではなく
有限会社です。(私と家内の二人で経営)
面倒を見てもらっている会計事務所に以下の報酬を払っています。
(その事務所はTKCです)
・月々の記帳料  20.000×12ヶ月=24万
・決算事務手数料             8万4千
・消費税申告手数料            2万4千
(「通常の消費税申告手数料は8万4千円ですが、6万円
  値引きして2万4千」というのが事務所の説明)
合計すると年間34万8千円、会計事務所に支払っています。
会計事務所が顧問先に請求する額としては低いランクの報酬額
かもしれませんが、もう少し安く出来ないかと常々思います。
と申しますのは、極端に申しますと、その会計事務所と顔を付き合わせて打ち合わせるのは(当方が12月末決算のせいで)1月末から
2月末の一ヶ月弱だけです。本当は半期の決算をして年度途中の経営状態を把握するのがいいのでしょうが、6月末に棚卸をするのが億劫で
まだ半期の決算は一度もやっていません。
2月になってからは会計事務所からは「早く日記帳を出してくれ」「PCをリース購入しましたね。リース契約書のコピーを」「○月×日のレシートに『印紙・切手代1.800円』とありますが。印紙と切手の各々の内訳を」等々、問い合わせの山で、2月20日頃に税務署への申告書類を持ってきて(一応 青色申告)「はい、こことこことここに社長さんの直筆サイン こことここに捺印を」でめでたく決算事務終了。 三月中旬頃に決算書を届けてもらったら、その足で銀行の融資窓口へ!の繰り返しがここ何年か続いています。もちろん、銀行融資を受ける時には、決算事務以外に会計事務所にお世話にはなっていますが。
つまり、税務署への申告と銀行への試算表提出以外では、あまり会計事務所と接点がありません。何年か前にその会計事務所の息子さんが得意先を集めて、「経営セミナー」を何度か開きましたが、それも線香花火でした。
単に税務署提出用と銀行融資用に決算書作製を依頼するだけに年間約35万を支払うのも少しもったいない気がするのですが(形式的な「経営指導」はなくはないのですが、通り一遍です)例えば、仮に会計事務所に今まで依頼していた会計事務の一部でもこちらがするなりして、もう少し支払い額をコストダウン出来るでしょうか。
ちなみに、当方、納品・請求書を帳簿に転記ではなく、ソリマチの販売王8でPCに打ち込んでいます。(ただ、販売王の機能をフル活用しているとは言い難いです)エクセルのスキルはビギナークラスです。
どなたかアドバイスをお願い致します。

こんばんは。
年商3.000万程度の小売店を経営しています。個人営業ではなく
有限会社です。(私と家内の二人で経営)
面倒を見てもらっている会計事務所に以下の報酬を払っています。
(その事務所はTKCです)
・月々の記帳料  20.000×12ヶ月=24万
・決算事務手数料             8万4千
・消費税申告手数料            2万4千
(「通常の消費税申告手数料は8万4千円ですが、6万円
  値引きして2万4千」というのが事務所の説明)
合計すると年...続きを読む

Aベストアンサー

金額的には安いと思いますよ?

《例えば、仮に会計事務所に今まで依頼していた会計事務の一部でもこちらがするなりして、もう少し支払い額をコストダウン出来るでしょうか。》とありますが、元帳まで作成していただいてるのであれば下がったとしても、差ほど変わらないと思います・・
ただ少しでも安くとお考えであるなら仕分けをきちんと勉強された上で月々の記帳料を交渉してみては如何ですか?
基本的な事ですが、
印紙と切手の仕分けの違いはわかっていますか?
銀行からの融資を受けた場合の返済の内訳はご存知ですか?
売掛・買掛はどうですか?
棚卸は?
まず簿記2級程度の知識は必要ですよ。

きちんと理解しているのであれば失礼な回答ですが、私は妥当(安い)だと思いますよ。

Q麗の読み方

「麗」という読み方はレイ、ウララ意外読み方がありますか?
名前付けなので、あて字でもいいです。
役所に認められればどんな読み方でもいいのですが・・・

Aベストアンサー

 http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E3%81%86%E3%82%89%E3%82%89/m0u/
では“うら”ら、うら”らか
 という読みがありますね。
 これは85になる姉の名前が使っています。最初はカナでしたが、成人して漢字に改名したんです。
 小さい時は書くのがたいへんですね。
 私も苗字もちょいと画数が多いし、名前も“藏”って字はとても書き難くかった思い出があります。

Q仲介人に支払う手数料について

仲介人に支払う手数料についての質問です。

ある仲介人を通して、新しく取引を始めることになりました。
新しい取引先とは、仲介人をいれずに直接契約書を交わしました。
その後、仲介人よりいくらかの手数料をもらいたいとの要望があり、協議の結果、弊社から「売上数量 × ●●円」の手数料を払うことになりました。
これは商品の販売に関して仲介人に払う手数料ということで、販売手数料で処理しようと考えています。

質問1
仲介人に支払う手数料は販売手数料という処理で問題ないでしょうか?

質問2
販売手数料にかかる税金は消費税だけでしょうか?

アドバイスを頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>質問1
仲介人に支払う手数料は販売手数料という処理で問題ないでしょうか?

問題ありません。「販売手数料」が正解です。


>質問2
販売手数料にかかる税金は消費税だけでしょうか?

はい。正確に言うと一般消費税(4%)と地方消費税(1%)とが課税されます。

なお、販売手数料を支払う際に所得税を源泉徴収する必要はありません。

Q記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください

記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください
出来れば解析学と論理学とにおける読み方を
一般的な読み方がなければ個人的な読み方でもいいです

Aベストアンサー

大学では数学をかじっていた者である。
一般論はNo.1に詳しいので、ここでは個人的なことを述べさせて頂く。

大学の講義でそう聞いたからだと思うが、私はどのような場合でも大概
「全ての」「或る(ある)」
と読んでいる。
また、Wikipediaの記事にはないが、こんな話をする相手はガンダムの話も嫌がらない人が多いので、
「ターンエー(turn A)」「ターンイー(turn E)」
ということもあろうかと思う。

Q保証金、仲介手数料の処理の仕方(仕訳と償却)

経理初心者です。会社が事務所を借りたので、保証金、仲介手数料が発生しました。保証金が¥500,000、手数料が¥84,000で、来月分家賃が¥105,000でした。この場合、科目はどうすればよいのでしょうか。また償却はするのでしょうか。本当にわからなくて、できるだけ具体的にわかりやすくご説明頂けると助かります。このような質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

仕訳は下記のとおりです。

差入保証金  500.000 現金又は預金 689.000
支払手数料   84.000
賃借料    105.000

なお、保証金が解約時に返還されるのであれば、償却はしません。
返還されないものであれば、賃借期間の年数で均等に償却します。

QFAQの読み方は?

WindowsFAQ-Windows処方箋のページはここでもよく紹介されています。そこで疑問に思ったのがFAQの読み方です。
手元には2種類のPC用語辞典しかないのですが、2種類が違う読み方をしています。「ファーク」と読む場合とあとは恥ずかしい読み方をする場合とです。正しい読み方はどちらなんでしょうか?

後者だとヤだな。

Aベストアンサー

Cid さん、こんばんは~☆♪

ASCIIのデジタル用語辞典では、『ファーク』・『エフ・エー・キュー 』と
なっておりますね。
私は、後者の『エフ・エー・キュー 』と読んでおります。

> とあとは恥ずかしい読み方をする場合とです。

『ファック』とは、読まないですよ。 ご安心を。。。

http://yougo.ascii24.com/gh/49/004900.html


ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://yougo.ascii24.com/gh/49/004900.html

Q土地建物を購入した時、不動産屋さんに支払った仲介手数料の仕分けについて教えて下さい。

ビル1棟の固定資産を購入したのですが、仲介手数料は損金算入せずに、固定資産に計上すべき!ということは、教えて!gooの似た質問を見て理解したのですが、消費税の処理がよくわかりません。

土地 117,170,000円
建物 42,830,000円+消費税3,426,400円=46,256,400円
総額 163,426,400円

仲介手数料4,860,000円+消費税388,800円=5,248,800円

なのですが、土地と建物の比率というのは、(土地:建物)なのでしょうか?
(土地:建物+消費税)なのでしょうか?
また、仲介料は税込の金額を、上記の比率の応じて土地と建物の固定資産に計上するのでしょうか?

具体的に、土地・建物がいくらになるのか教えて下さい。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

土地と建物の取得価額がいくらになるかは貴方が税込・税抜のどちらの経理を採用しているかでも違いますが、仲介手数料の按分については、どちらの経理にせよ税込総額に基づいた比率で行ったほうが分りやすいです。

◇税込経理の場合

・土地にかかる仲介手数料
  5,248,800(税込総額)×117,170,000(土地)/163,426,400(土地建物税込総額)=3,763,173円
・建物にかかる仲介手数料
  5,248,800(仲介手数料税込総額)―3,763,173(土地にかかる仲介手数料)=1,485,627円
したがって
・土地の取得価額
 土地本体+土地仲介手数料=11,717,000+3,763,173=120,933,173円
・建物の取得価額
 建物本体+建物仲介手数料=46,256,400+1,485,627=47,742,027円
  
◇税抜き経理の場合
  この場合も、土地建物それぞれ、消費税を含めた総額は税込経理と同じですが、非課税「取得価額」は消費税分を抜いた金額になります

・土地の取得価額(土地については消費税の課税部分と非課税部分が混在する形になります)
 土地11,717,000(非課税)+土地3,484,419(税別)=120,654,419(取得価額)
・建物の取得価額
 建物(本体)+建物(仲介手数料相当分)=42,830,000(税別)+1,375,581(税別)=44,205,581円(取得価額)

土地と建物の取得価額がいくらになるかは貴方が税込・税抜のどちらの経理を採用しているかでも違いますが、仲介手数料の按分については、どちらの経理にせよ税込総額に基づいた比率で行ったほうが分りやすいです。

◇税込経理の場合

・土地にかかる仲介手数料
  5,248,800(税込総額)×117,170,000(土地)/163,426,400(土地建物税込総額)=3,763,173円
・建物にかかる仲介手数料
  5,248,800(仲介手数料税込総額)―3,763,173(土地にかかる仲介手数料)=1,485,627円
したがって
・土地の取得...続きを読む

Q十の読み方について

十の読み方について学校の授業で以下のような問題が出たのですが、どう答えて良いのか分かりませんでした。。

問題は
「第十中学校」を省略して「十中」となるが、それぞれどのような読み方をするのか。なぜそのような読み方になるのか答えなさい。

読み方は分かるのですが、説明が上手くできません。
分かる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

No.5さんがいう、

『じゅう』は下にカ・サ・ハ・タ行の言葉にかかるとき、『じっ』または『じゅっ』に変わります

というのは、たとえばカ行の音である「こ(個)」に付くときは、「じゅっ・こ」、カ・サ・ハ・タ行以外の行であるマ行の「マ」から始まる「枚」に付くときは、「じゅう・まい」になる、というようなことですよね。

「十中」は「じゅっ・ちゅう」で拗音(ようおん)ではありますが、タ行の「ち」を含む音に続きます。

一方、「第十中学校」は「第十/中学校」と途中で少し切って発音しませんか。つまり「第十」の「十」は、そこで切れていて、タ行の音に付いていないのです。

 「十歳」は「じゅっさい(じっさい)」だけど、「二十三世紀」は「にじゅうさんせいき」というのも、どちらも後にサ行音の「さ」が来るけど、「二十三世紀」の方は、「二十/三世紀」という感じで発音しませんか。「二十三」だけの場合も、意識の上では「二十/三」という感じで「二十」でいったん切れていて、一気には発音しないんじゃないでしょうか。
 

Q建設会社の工事契約保証料、前受金保証料の仕訳について

お世話になっております。
昨日、この内容を含んでいる、投稿をしたのですが、それは長文で焦点がぼやけているので、改めて一番お聞きしたいことを別途投稿いたします。申し訳ございません。
建設会社で、対象工事に契約保証と前受金保証で保証会社に保証料を支払っております。通常は契約締結月の翌月に自動引落され、そのとき(引落とし時)に支払い保証料という科目であげております。決算月(3月)に保証の申込をして契約締結した場合、これは自動引落としされるのは、4月末になるのですが、これは通常の処理とは変えるべきでしょうか?
前任者は期末は支払い保証料で、もうあげて、貸し方を「未払金」で上げているのですが、保証料というのは意味合いとしては対象工事の工期の間全体にかかるような気もするので、前払費用的な気もします。ただそうなると、決算またぐ工事の保証料は全て月で按分するのか?とかややこしくなりそうな気もします。どちらかといえば、3月に契約ということは、そのほとんどが繰越工事となり、むしろ翌期にかかる工期のほうが多いと思いますので、通常どおり4月引き落とし時に費用化(翌期に費用化)したほうが、バランス的にはむしろいいのか?とか、わけわからなくなってきております。
どうするのが、わかりやすく、簡便な方法(仕訳)でしょうか?
アドバイスお願いいたします。

お世話になっております。
昨日、この内容を含んでいる、投稿をしたのですが、それは長文で焦点がぼやけているので、改めて一番お聞きしたいことを別途投稿いたします。申し訳ございません。
建設会社で、対象工事に契約保証と前受金保証で保証会社に保証料を支払っております。通常は契約締結月の翌月に自動引落され、そのとき(引落とし時)に支払い保証料という科目であげております。決算月(3月)に保証の申込をして契約締結した場合、これは自動引落としされるのは、4月末になるのですが、これは通常の...続きを読む

Aベストアンサー

>保証料というのは意味合いとしては対象工事の工期の間全体にかかるような気もする・・

もし保証契約書に、「工期の中途で保証契約が解除された場合、未経過の工期に係る保証料は期間按分して建設会社に返済される」という意味の条項があれば、質問者が言うように、前払費用としての性格を持ちます。しかし、多分そのような条項は無いはずです。

すると、保証契約締結月において、建設会社の「債務が確定」した、保証会社の「債権が確定」したと見るべきです。ゆえに、3月契約の場合は、契約日の日付(又は3月31日)で、
〔借方〕支払保証料OOOO/〔貸方〕未払金OOOO

口座引落日の日付で、
〔借方〕未払金OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

となります。この方法であれば、繰越工事は問題になりません。

以上の方法は、決算月に限らず、通常月においても採用されるべきでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング