妻RH(-)と、夫RH(+)のような場合、血液型の不適合により、第2子の妊娠・出産はかなりリスクを背負うと聞きました。実は私のメル友のお兄さん夫婦の事なのですが、知り合いの産婦人科の人にも同じ事を言われたそうで、かなり不安になっているそうです。私も少し調べてみたのですが、出産後72時間以内に「抗Dヒト免疫グロブリン」という薬を注射して対処すると書かれてあったのですが・・・いずれにしても、早く不安を取り去ってあげたいので、詳しい方、出来れば専門の方、アドバイスをお願いします。(素人に解りやすいように説明いただけると助かります、)
また、広島市内在住の方なのですが、良い産婦人科をご存じでしたらご紹介下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Rh血液型のC、c、D、E、e、の5つの抗原のうち、輸血や妊娠でもっとも重要とされるのが抗原「D」です。

これを持っていない人をRhマイナス(陰性)と区別しています。
Rhプラスの赤血球と抗体「D」が結合すると体に副作用を
及ぼすのです。
Rh型不適合は、母と胎児の血液型が一致しない場合に、胎児の血液中の抗原が母の免疫機能を刺激して抗体を作り、その抗体が胎盤を通して胎児に移行して溶血をおこしてしまいます。
ABO型の場合はお母さんと赤ちゃんの血液型が異なっても、(例えば母がOで胎児がAまたはBのとき)溶血性黄疸は起こりますが、あまりたいしたことではありません。
ところが、Rh式で、お母さんがD(-)で赤ちゃんがD(+)のときはかなり問題が生じます。
RhD-の母とRhD+の父から生まれる赤ちゃんはかなりの割合で父親とおなじRhD+になりますが、このお母さんの体の中に、RhD(+)の赤ちゃんの赤血球が侵入するようなことがあると、抗RhD抗体というものができてしまいます。抗RhD抗体が出来るまでに、通常は4~8週間以上を要しますので、お腹にいる胎児には何の影響もありません。つまり、1人目は大丈夫ということです。
しかも、一度この抗体が形成されて母体の免疫システムに記憶されると、もはやその記憶は消し去ることができません。一度抗RhD抗体が出来てしまうと、第二子以後の妊娠において、この抗体が胎盤を通過して、胎児の血液の中に移動してしまいますので、胎児の血液型がRhD+であれば、この抗体は胎児の赤血球を攻撃して破壊し、胎児貧血・胎児死亡(流産)が生じます。また、妊娠を継続する事ができても、出産後、赤ちゃんが新生児溶血性黄疸という病気になったりします。
では、第二子の妊娠も可能にするにはというと、母体の体の中に抗RhD抗体ができるのを防ぐ必要があります。
その方法として、不特定多数の人の抗RhD抗体を集めた「抗RhD免疫グロブリン」という薬(母体に入った胎児のRh(+)の血球を破壊し除去してしまう)を注射する必要があります。(タイミングや回数は専門的なので省きます。)すると、注射した抗RhD免疫グロブリンが、母体の中に侵入してきた胎児の赤血球を壊してしまいますので、母体の体の中に抗RhD抗体ができるのを防ぐ事ができます。(つまり、第2子目の出産が可能)
母体が既に「抗Rh抗体」を作ってしまっているときには、この抗RhD免疫グロブリン注射は意味が無く無効ということになりますので、血液検査が必要です。
Rh(-)の女性は、Rh(+)の男性の子供を産む限り、毎回、必ず、分娩(死産、流産、中絶でも)直後に直ちに毎回この注射をしなければなりません。でないと、母体が消えない抗Rh抗体を作ってしまい、原則的には、以後の妊娠・分娩は、大変にリスクの高いものになります。(不可能かどうかは、抗体の形成の程度によりますが)。
以上、非常に簡単ではありますが概要です。現実はもっと複雑ですので・・・
長くなりましたが、母体が気が付く前の対処も必要となるので必ず専門医に相談し、事前の検査を済ませるとともに、日常も通院できる体制をとる必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

amida3さん、回答ありがとうございました。詳しい情報で、医療関連に従事されている方とばかり思っていましたが(ある意味では関係者ですか・・・ちょっとブラック?。失礼しました・・・)よく勉強されていることに感動しました。この内容をそのまま利用させていただいてもよろしいでしょうか?もし不都合がありましたら連絡下さい。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/21 21:34

こんにちは! まだ締め切られていないようなので 書いてみます。


RH(-)がどうのこうの・・・ という詳しいことは分かりません。
ただ私に言えるのは 私の親が 母(A-)父(B+)という同じ状況なんですが、
なんと 私は5人兄弟の2番目です。 ちなみに(男、女(私)、女、男、男)の順です。
29歳~15歳までの 元気でうるさい家族です。
勿論!両親ともに元気で健在(いい加減に 落ち着いてよ!って言うくらい・・)

つい最近「不適合妊娠」(?)の事を知ったので初めて母とこのことで話したんですが
母曰く「大変だったかな!? いいんじゃない?皆元気なんだし 困ることって言ったら
元気すぎて 食費がかかりすぎることぐらい!」だそうです。
こんな逞しい 母親が居るということで 少しは元気になれますかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pen26さん、ありがとうございます。専門的な知識や説明は、現実を受け入れる上で、あるいは希望を見いだす上で大変必要ですが、pen26さんのように、実際にその環境に在る方々のご意見や体験・はげましは、何にも代え難いモノです。早速知らせたいと思います。

お礼日時:2001/06/23 02:26

Rh抗体というのは、普通の人の血液には含まれていませんが、Rh(+)の血液をRh(-)の人に輸血すると、抗Rh抗体ができ、その人にもう一度Rh(+)の血液を輸血すると、輸血する血液のRh抗原とRh抗体が反応して、重い症状を起こします。

ABC血液型が適合していても、ときおり輸血反応が起きるのは、このためです。

Rh(+)はRh(-)に対して、単純優性です。したがって、Rh(-)女性がRh(+)の男性と結婚すると、胎児はしばしばRh(+)になります。

もし、この女性が以前Rh(+)の血液を輸血され、体に抗Rh抗体ができていると、この抗体は胎盤を容易に通過しますから、初回の妊娠でも胎児の中に入り胎児の赤血球を破壊します。

輸血を受けていなくても、Rh(+)の胎児を妊娠し、胎児の赤血球が母体に移行すると母体はこれに対して抗体を作ります。しかし、一回の妊娠だけでは抗体の産生量はあまり多くなく、胎児の赤血球が母体に移行するのは主として分娩時なので、初回の妊娠では胎児は異常がないのが普通です。しかし処置をしなければ二回め以降、妊娠を重ねるたびに抗体量が増えますので、胎児に溶血性疾患を起こしてきます。

Rh抗原はD抗原の他、いくつか知られていますが、抗原性の強さはD抗原が最もつよく、胎児の溶血性疾患は大部分、抗D抗体単独の作用によります。
したがって、予防として初回の妊娠時、Rh不適合児を出産した母親に、抗D免疫グロブリンを注射することによって母体に移行したD抗原をもつ胎児赤血球が破壊され、母親は感作を免れることができ、二回目の妊娠時に胎児に溶血性疾患を起こすことを防ぐことができます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

blackleonさん、どうもありがとうございました。やはり医療関連の方でしたね。専門家のご意見も聞けて嬉しいです。差し障りがなければ、この回答をそのままのカタチ(原文のまま)で使用させていただきたいのですが、よろしいですか?。もし不都合がありましたらお知らせ下さい。

お礼日時:2001/06/21 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRhマイナスのことで心配です。

よろしくお願いします。
O型のRH-です。もうすぐ7ヶ月に入ります。
先日、里帰り出産の為(6ヶ月目の検診・分娩の予約の為)実家のある個人病院に行きました。先生にRH-だから万が一のことを考えて総合に行った方がいいと言われて・・・。←遠まわしに拒否されたわけです。
総合病院に行ったのですが、「危険な妊娠&出産です。」って言われました。
出産経験がないので安心してたのですが、おととし12月に極初期の流産をしてます。(胆嚢も何も見えない状態でした。妊娠反応が出て、2日後に流産でした。)もちろん、その時は、RH-なんてしらなかったので、抗体の注射はしてません。
そのことを先生に指摘されました。「危険です。影響するかも。」って。
今月初めの抗体検査では、まだ抗体が出来てませんでした。これから、こまめに検査していきますが・・・。
わたしは、無事に赤ちゃんを産むことができるのでしょうか・・・?前回の流産で注射を打ってないので、覚悟はしておいた方がいいのですか?心配で怖くて仕方ありません。

Aベストアンサー

こんばんは。
Rh-とのことで大変心配しているようですね。私もA型のRh-です。質問者さんと同じく私も妊娠発覚まで、自分が-とのことを知らずにいました。そして昔中絶手術も経験しておりますが、その時-と知らず注射をしていません。
昨年妊娠後そのことを先生に話すと、大丈夫でしょうとの一言でしたので、すごく不安になりパソコンで色々調べたりして、母にも何故今まで娘の血液型も知らないの!と責めたり、もしものことを考えると期待している主人に申し訳なく泣きながら過去の過ちを告白しました。そしてもう一度主人と産婦人科に行き、詳しくRh-の出産のリスクを聞きましたが、問題はないといいきれないけど、毎月血液の検査をしていくから何かあれば早めの出産になるとのことでした。出産後もひどい黄疸が出ないか経過をみます。それから毎月血液検査をして、その度に結果が心配でしたが、正期産に入りとても安心しましたよ。結局予定日を越して出産しました。今は10ヶ月で元気にしてます。
遅くなってからの流産ですと血液が混ざってしまうようですが、質問者さんはごく初期の流産とのことですので、大丈夫ではないかと思います。
私の産んだ病院は個人病院でしたが「危険です」なんて言い方もしませんでしたし、まさか病院を変えるような勧めもありませんでしたよ。そうおっしゃられてるのでは、信頼のおける病院に行かれた方がいいですね。
もう7ヶ月とのことですのであまり気にせず、残りの妊婦生活を楽しんでください!出産頑張ってくださいね。

こんばんは。
Rh-とのことで大変心配しているようですね。私もA型のRh-です。質問者さんと同じく私も妊娠発覚まで、自分が-とのことを知らずにいました。そして昔中絶手術も経験しておりますが、その時-と知らず注射をしていません。
昨年妊娠後そのことを先生に話すと、大丈夫でしょうとの一言でしたので、すごく不安になりパソコンで色々調べたりして、母にも何故今まで娘の血液型も知らないの!と責めたり、もしものことを考えると期待している主人に申し訳なく泣きながら過去の過ちを告白しました...続きを読む

Q妊娠中に免疫グロブリン注射を打ったことのある方

娠25週目です。
過去に2回ほどRHマイナスのことで(1月19日と2月23日に)質問させていただいたのですが・・・。
前回の検診の時に、先生に「28週くらいで免疫グロブリンの注射を打ってみようか?」と言われました。(え?出産時に打つんじゃ・・。)と心配になり、「赤ちゃんに影響はないのですか?」と聞いたところ、「アメリカでは影響があるという報告はないけど、日本は昔ながらのやり方(出産後に打つ)が一般的だから、あまり事例がないんだよねー。「takosuke-myuさんに任せるよ。」って言われました。
インターネットで調べたら、確かに「妊娠28週と出産後で打つ」と書いてはあるのですが・・・。事例がないって言われちゃうと何だか不安で・・・。
実際、妊娠中に免疫グロブリン注射を打った方いませんか?あと、保険が効かないからお金がかかるよ、って言われたのですがいくらしますか?

Aベストアンサー

御存知だと思いますが、坑Dγ-グロブリンを打つのは、胎児がRh(+)だった場合に、胎児の血液によりあなたが感作されることを防ぐことが目的です。

通常、この感作は分娩時に、お互いの血液が接触することにより成立されます。
ですから、分娩後に新生児の血液型を調べてRh(+)だったら、
(もし(-)なら感作は起きませんからグロブリンを打つ必要はありません)、
分娩後72時間以内にグロブリンを打ちます。

ところが、アメリカでの研究で、ごく稀に体内ですでに感作が起こった症例の報告があります。
そこで、妊娠28週頃に、念のために、グロブリンを打っておくのが良い、という研究報告が出た事があります。
その先生はこの文献を元に勧めているのだと思います。
しかし、この考えは、もともと日本では少数派でした。

それに加えて、10年前頃から、グロブリンの製造過程である種のウイルスの混入を完全には防ぐことができていないことが明らかになりました。
このウイルスは胎児に奇型を起こす事があります。

そこで、28週にわざわざ予防のためにグロブリンを打つメリットと、ウイルスが混入していて奇型を起こす危険性と、どちらをとるか、ということが学会誌などでも問題になりました。

という経過があって、
それまで28週で打っていた施設でも、10年目頃に、ほとんどの施設では28週の投与を止めました。
現在、28週でグロブリンを打っている施設は、本当に数えるほどしかないはずです。

あとは、このウイルス混入の危険性と、感作予防と、どちらをあなたが選択するか、です。

当然ですが、28週で打った場合でも、分娩時にはもう一度打つ必要があります。

御存知だと思いますが、坑Dγ-グロブリンを打つのは、胎児がRh(+)だった場合に、胎児の血液によりあなたが感作されることを防ぐことが目的です。

通常、この感作は分娩時に、お互いの血液が接触することにより成立されます。
ですから、分娩後に新生児の血液型を調べてRh(+)だったら、
(もし(-)なら感作は起きませんからグロブリンを打つ必要はありません)、
分娩後72時間以内にグロブリンを打ちます。

ところが、アメリカでの研究で、ごく稀に体内ですでに感作が起こった症例の報告があ...続きを読む

QRh(-)での中絶経験

私はRh(-)です。5年ほど前に中絶をしました。手術の時、血液検査をしたか、抗体ができないよう注射をしてもらったか、おぼえていません(そのころ不適合妊娠の知識がなかったので)。今、妊娠したいと思っているのですが不安です。抗体ができていれば妊娠しない方が良いのでしょうか。また、妊娠前に血液検査をしようと思うのですが、個人病院などで詳しくわかるのでしょうか?

Aベストアンサー

Rh血液型のC、c、D、E、e、の5つの抗原のうち、輸血や妊娠でもっとも重要とされるのが抗原「D」です。これを持っていない人をRhマイナス(陰性)と区別しています。
Rhプラスの赤血球と抗体「D」が結合すると体に副作用を及ぼすのです。
Rh型不適合は、母と胎児の血液型が一致しない場合に、胎児の血液中の抗原が母の免疫機能を刺激して抗体を作り、その抗体が胎盤を通して胎児に移行して溶血をおこしてしまいます。
ABO型の場合はお母さんと赤ちゃんの血液型が異なっても、(例えば母がOで胎児がAまたはBのとき)溶血性黄疸は起こりますが、あまりたいしたことではありません。
ところが、Rh式で、お母さんがD(-)で赤ちゃんがD(+)のときはかなり問題が生じます。
RhD-の母とRhD+の父から生まれる赤ちゃんはかなりの割合で父親とおなじRhD+になりますが、このお母さんの体の中に、RhD(+)の赤ちゃんの赤血球が侵入するようなことがあると、抗RhD抗体というものができてしまいます。抗RhD抗体が出来るまでに、通常は4~8週間以上を要しますので、お腹にいる胎児には何の影響もありません。つまり、1人目は大丈夫ということです。
しかも、一度この抗体が形成されて母体の免疫システムに記憶されると、もはやその記憶は消し去ることができません。一度抗RhD抗体が出来てしまうと、第二子以後の妊娠において、この抗体が胎盤を通過して、胎児の血液の中に移動してしまいますので、胎児の血液型がRhD+であれば、この抗体は胎児の赤血球を攻撃して破壊し、胎児貧血・胎児死亡(流産)が生じます。また、妊娠を継続する事ができても、出産後、赤ちゃんが新生児溶血性黄疸という病気になったりします。
では、第二子の妊娠も可能にするにはというと、母体の体の中に抗RhD抗体ができるのを防ぐ必要があります。
その方法として、不特定多数の人の抗RhD抗体を集めた「抗RhD免疫グロブリン」という薬(母体に入った胎児のRh(+)の血球を破壊し除去してしまう)を注射する必要があります。(タイミングや回数は専門的なので省きます。)すると、注射した抗RhD免疫グロブリンが、母体の中に侵入してきた胎児の赤血球を壊してしまいますので、母体の体の中に抗RhD抗体ができるのを防ぐ事ができます。(つまり、第2子目の出産が可能)
母体が既に「抗Rh抗体」を作ってしまっているときには、この抗RhD免疫グロブリン注射は意味が無く無効ということになりますので、血液検査が必要です。
Rh(-)の女性は、Rh(+)の男性の子供を産む限り、毎回、必ず、分娩(死産、流産、中絶でも)直後に直ちに毎回この注射をしなければなりません。でないと、母体が消えない抗Rh抗体を作ってしまい、原則的には、以後の妊娠・分娩は、大変にリスクの高いものになります。(不可能かどうかは、抗体の形成の程度によりますが)。
以上、非常に簡単ではありますが概要です。現実はもっと複雑ですので・・・
長くなりましたが、本来、母体が気が付く前の対処も必要となるので必ず専門医に相談し、事前の検査を済ませるとともに、日常も通院できる体制をとる必要があります。
なお、現時点の血液検査等は、一般の産婦人科でも十分に可能ですし、上記内容は専門医として十分理解しているはずです。

Rh血液型のC、c、D、E、e、の5つの抗原のうち、輸血や妊娠でもっとも重要とされるのが抗原「D」です。これを持っていない人をRhマイナス(陰性)と区別しています。
Rhプラスの赤血球と抗体「D」が結合すると体に副作用を及ぼすのです。
Rh型不適合は、母と胎児の血液型が一致しない場合に、胎児の血液中の抗原が母の免疫機能を刺激して抗体を作り、その抗体が胎盤を通して胎児に移行して溶血をおこしてしまいます。
ABO型の場合はお母さんと赤ちゃんの血液型が異なっても、(例えば母がOで胎児がAまた...続きを読む

Q赤ちゃんが順調に育っている印ってありますか?

現在、妊娠6週めです。
この前病院へいき、袋らしきものを確認したばかりで、
また1週間後来るように言われてます。

初めての妊娠で、いろいろ本やネットで情報を見聞きしてるのですが、
妊娠初期は流産しやすいのでいろいろ注意するようにとありました。
私は普段仕事にいっています。
血がでたり、ひどい腹痛があったりということもありませんが、
つわりというつわりもありません。(軽く二日酔いくらいの気持ち悪さ程度)

なので、次病院へ行くまで、ちゃんと育っているか心配です。
基礎体温は高温を保ってますが、これは順調という目安になりますか?
何か、赤ちゃんが元気に生きてると確認する方法はありますか?

あと、初期を心配するあまり動きがスローだったり、疲れるほど動かないため
食事は変わらないのに太りました。
初期でも安全なダイエットまたは運動ってありますか?
皆さんは体重が増えすぎないために何かしてることがあったら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おめでとうございます。
お気持ちお察しいたします。
私も始めての妊娠の時は、胎動が感じられるまで「生きている?元気にしてる?」「早く診察の日にならないかな」なんて、毎日毎日祈るような気持ちで日々を過ごしていました。
しかし、妊娠初期の調子がすぐれないは、子供が無事に成長している証。と思うようにして乗り切っていましたよ。なので調子が悪いことを喜んで過ごしていました。
あまり深く考えず、ゆったりした気分で過ごしてください。それが赤ちゃんにとってもいいと思います。

Q4週後の検診まで不安です。無事を知る方法は?

12週の途中で4ヶ月に入ったばかりです。
前回検診が6日前で、1月まで検診がありません。
これまで2週ごとだったのでも不安だったのに、いきなり倍に…。
4週間、不安でたまりません。
もともとつわりもほとんどなく、つわりは目安になりません。
今朝体温を1ヶ月ぶりくらいに測ってみましたが、高温期の時より
0.2度くらい低く、それも不安要因です。

調べてみると、妊娠検査薬でも確実にはわからないし、
体温も10ヶ月初めのように高いままでもなく途中で降下する
みたいだし、胎動もまだまだないし、今聴診器をつけても心音は
聞こえないらしいし…。

5ヶ月の友達がやっと検診に行けてほっとした、と言っていました。
その間、つわりがひどい事だけが胎児の無事を知る手がかりだった
ようです。
他に、何か胎児の無事を知る方法はありますか?
経験者の方、教えてください。

Aベストアンサー

 現在6ヶ月の妊婦です。
お気持ちよく痛いほどよく分かります。
私は特に高齢・体外受精ということもあったので。

少々高いですが、こんなものもあるようです。
本気で買おうかと思ったこともありました。

真ん中より少し下の方にある
「エコーサウンダー」(胎児用)というものです。

参考URL:http://www.kdd1.com/ses/SES-1000SP2.htm

Q子宮口が1~2cm開いている状態から、お産まではどれくらい?

現在、37週4日の妊婦です。

本日、検診で、「子宮口が1~2cm開いています」といわれました。でも、先生は、陣痛しだいなので、まだいつ生まれるかはわからないョとのことでした。でも、いつお産がはじまるかと思うと、どきどきします。

子宮口が1~2cm開いている状態から、お産までどれくらいかかるものなのでしょうか。
経験者の方がいらっしゃいましたら、教えてください。(*'-'*)

Aベストアンサー

私は36週の検診で子宮口が3cm開いていると言われました。
で、37週で3センチのまま、38週で5センチ、39週で5cmで
子宮口も柔らかくなっていると言われました。

結局産まれたのは、39週3日目でした。

子宮口が開いていても柔らかくならないと産まれて
こないみたいで、早く産みたかったので
39週の検診のときに柔らかくする
薬を入れようと言われたのですが、内診ですでに
柔らかくなっているので薬はやめました。

その3日後に破水から出産になりました。

私も3cm開いていると言われてからは、
いつ陣痛がくるかとドキドキしていました。
36週の頃から推定体重も2500グラムを超えていて
いつ産まれてもいいと言われていて
よく歩いてねーと先生に言われて散歩してましたよ。
でもなかなか出てきてくれませんでした(笑)

陣痛がきても子宮口がなかなか開かず苦しい思いを
する方もいるのですでに開いてると少しはラクかもしれ
ませんよー
私は初産でしたが2時間で産まれました。
本当に辛い陣痛からは1時間で産まれてきてくれて
超安産と言われました。

あと少しで赤ちゃんに会えますね。
頑張ってくださいね。

私は36週の検診で子宮口が3cm開いていると言われました。
で、37週で3センチのまま、38週で5センチ、39週で5cmで
子宮口も柔らかくなっていると言われました。

結局産まれたのは、39週3日目でした。

子宮口が開いていても柔らかくならないと産まれて
こないみたいで、早く産みたかったので
39週の検診のときに柔らかくする
薬を入れようと言われたのですが、内診ですでに
柔らかくなっているので薬はやめました。

その3日後に破水から出産になりました。

私も3cm開いていると言われてからは、
...続きを読む

Q夫がRHマイナスなのですが・・・

こんばんは。

夫がRHマイナスO型、私はプラスのAB型です。
昨年流産し、感染かもしれないという結論は出たのですが、医者も突然の急変に予想外のような雰囲気を感じました。

ひょっとして夫のRHマイナスという型に関係あるでしょうか?
そのような話を聞いた方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
それから、また妊娠した際に医者に話した方がいいのでしょうか?

よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちわ。

私の父はRHマイナスA型、母はプラスのA型で
兄、姉、私の3人を産みました。
みんなとても元気です。
最近母に聞いたのですが、兄と姉の間に実はもう一人
妊娠していたそうですが、兄を産んで1年もたたないうちの
出産になりそうだったので、あまりにも年が近すぎる、
と母の母からの言葉で泣く泣く中絶したそうです・・・

流産を経験された方に中絶だなんて言葉は
とても失礼かもしれませんが
父親がRHマイナスでも出産している人は
他にもいる、ということをお伝えしたかったので・・・

私は結婚してもうすぐで3経ちますが
未だ子宝にめぐまれず母親には
「うちの家系ならすぐできるはずなのに・・・」
兄が結婚して3人子供が出来たことに対して
「母親(兄嫁)が健康だからだよ」
と全く悪気もなくあっけらかんとした言い方をされたことがあります。
一度母と姉と飲みに言ったときに
「二度と言わないで」と涙を流して言ったら言わなくなりましたが・・・

話がそれてしまい、すみません。
私は専門的な回答はできないのですが
他の方同様、不安なことがあれば全てお医者さんに聞いてみることが
一番だ思います。
ゆっくりと次の妊娠にのぞんで下さいね。

こんにちわ。

私の父はRHマイナスA型、母はプラスのA型で
兄、姉、私の3人を産みました。
みんなとても元気です。
最近母に聞いたのですが、兄と姉の間に実はもう一人
妊娠していたそうですが、兄を産んで1年もたたないうちの
出産になりそうだったので、あまりにも年が近すぎる、
と母の母からの言葉で泣く泣く中絶したそうです・・・

流産を経験された方に中絶だなんて言葉は
とても失礼かもしれませんが
父親がRHマイナスでも出産している人は
他にもいる、ということをお伝えしたかっ...続きを読む

Qつわりが突然なくなりました

今8週に入ったくらいで、検診は9週になったとき(来週)に、という指示を病院で受けています。
妊娠がわかった5週から7週末まで、食欲がなく、吐き気があり、一日の大半を寝てすごす生活でしたが、
先週末からつわりの症状が突然なくなりました。
本来ならいまからつわりがピークになると思うのですが・・・・

つわりってこんなに気まぐれなものでしょうか?
出血はないですが、下腹部痛は断続的に続きます。

他のカテで質問しているのですが、色々悩みの尽きない妊婦ライフなもので、流産しちゃったのかなぁ、と考えてみたり・・・

Aベストアンサー

ちょっと不安にさせてしまうかもしれませんが・・・
ごめんなさい。

以前、私は5週~7週までつわりが酷かったのですが、その後8週中頃からピタッとつわりが治まり「変だなぁ?」と思っていました。
8週初めの検診では順調だったのですが、10週目の検診へ行った時には、赤ちゃんの心拍が停止している事が分かりました。
その時、つわりが治まったあたり位に赤ちゃんの成長が止まっているのが分かりました。
私の場合なので全員が全員つわりが治まったから流産というわけではないので・・・

あなたの場合は、きっと心配ないとは思いますが、不安なようなら先生に確認してもらった方が安心出来ますよ。

Q妊娠中の股の圧迫感。お腹の重さ?子宮が下がってる?

 妊娠6~7ヶ月頃から、お腹の重さが股にかかってきているような圧迫感を感じています。立っている時や、トイレで小をする時に特に感じます。

 横になったり、手で押さえると改善されるのですが、またしばらくすると感じるようになります。

 ひとり目の出生体重がかなり大きかったこと、今回も人よりお腹が大きめなことなどから、子宮が下がってきているのかな?と思ったりもしています。

 このような症状感じた方いらっしゃいますか?出産したら改善されるものなのでしょうか?

 

 

Aベストアンサー

助産師をしています。やはり、経産婦さんでお腹が大きくなってきた頃に時々聞かれる質問だと思います。
立っていると子宮も重力で下に向かいますので、症状を感じて、横になると重力がかからなくなるために、症状が改善されるのだと思います。かといって、上のお子様もいらっっしゃるようなので、心配だからといってずっと寝ているわけにはいかないですよね。
 私が同じような症状の妊婦さんに会ったときには、お尻の下に枕をおいて、赤ちゃんが下がってこない体勢にします。私たちは骨盤高位といいますが、この姿勢で、骨盤を専用のベルトやさらしで固定します。これで、だいぶ楽になる方が多いです。少しコツがいりますので、骨盤ケアをしてくれる産院や助産師に出会えるといいのですが。
 出産すると、今の症状は改善されることが多いです。ただ、産後に尿漏れを起こす方や、お年を召してから子宮下垂、子宮脱になる方もいるので、少し注意したほうがいいと思います。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~kenbi/03bbs/f01bbs.htm

Q妊娠後期になってから膣が刺さるような痛み

32週の初産婦です。
30週くらいから、膣が刺さるような痛みが出ました。
体勢を変えたりすると長く続く痛みではないのですが、そうゆう方はいましたか?
もうすぐ検診なので、その時にも聞いてみますが
胎動がある時に、膣の痛みを感じるようです。
こうゆう症状がある時は、早産になったりするのでしょうか?
出産日の事も含めて、教えて下さい。

Aベストアンサー

現在、予定日を目前に控えた妊婦です。
たぶん、ほとんど同じ痛みを私も体験しています。
まさに膣が刺さるような痛み。膣とか、子宮口とかの方向に向けて、太めの針でズーンと刺されるような、結構な痛みが、9ヶ月くらいからたまに感じるようになり、臨月になってからはしょっちゅうです。
そして予定日1週間をきってからは毎晩、ものすごく「その痛み」があるんです。妊婦友達が複数いますが、少なくない人が同じ痛みを体験しているので、「きっと赤ちゃんの頭突きだろうね」と笑っています。

先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。まさにお産に向けての準備として、赤ちゃんがメリメリと下降したんだなぁと思わせられました。

診察では特に異常もなかったし、後期特有の症状かな、と思います。
donpatiさんも検診で特に言われなかったのなら、少なくない妊婦が体験する痛みじゃないかしら?

お互い元気な赤ちゃん産みましょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報