フェリーニの映画で「サテリコン」的な内容を持つ映画(カーニバル的、頽廃的等々)が他にありましたら教えてください。

またフェリーニでなくても「サテリコン」的映画がありまたしたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

アレハンドロ・ホドロフスキー監督はご存じですか?



「ホーリー・マウンテン」や「エル・トポ」を最初に観たときの衝撃は今でも忘れられません。

数あるFellini作品の中でも、「8 1/2」等を挙げずに、敢えて「サテリコン」的なものを求めているのでしたら、是非ご覧いただきたいと思います。

「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」「サンタ・サングレ」は、探せば大手のレンタルビデオ屋さんでしたら置いているところがありますよ。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/weird~/jodorowsky1.htm
    • good
    • 0

「ラ・パロマ」ダニエル・シュミット監督



「フェリーニの道化師」

「予告された殺人の記録」フランチェスコ・ロージ監督

カーニバル的、頽廃的などのとらえ方が、もしもイメージに合わなかったらごめんなさい。
    • good
    • 0

現代劇なので絢爛豪華とまではいきませんが、『地獄の貴婦人』をご紹介します。


ロミー・シュナイダーの圧倒されるような美しさと、やっていることのグロテスクさが対をなしていて、とてもインパクトがありました。
エンニオ・モリコーネの音楽がちょっとコミカルで、重たいストーリーに比べて難解な印象はありません。
古いヨーロッパ映画を置いてあるビデオ屋さんなら置いてあると思います。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD12588/index …
    • good
    • 0

●『カリギュラ』


が近いものがあるような気がします。
酒池肉林の具現。退廃極まる世界。わたしは苦手ですが…

●『コックと泥棒、その妻と愛人』
ちょっとネタバレになってしまうかも。
ラストシーンの凄さに絶句。

●『豚小屋』
下の方も書いておられますが、パゾリーニ作品は見逃せません。
すごいことしてるのに、描写は乾ききっていて。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …

参考URL:http://www.fundoshi-bikini.net/capture-Caligula3 …
    • good
    • 0

マイ・プライベート・アイダホ(91米)


バウンド(96米)
ダメージ(92仏・英)
    • good
    • 0

「ソドムの市」


1975年のイタリア映画です。原作が、あの、マルキ・ド・サドの「ソドムの120日」です。監督はピエル・パオロ・パゾリーニ。「20世紀の最低の映画!」のグランプリに輝いた迷作です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000083 …
http://www5b.biglobe.ne.jp/~satonaka/sodom.htm
http://jtnews.pobox.ne.jp/movie/database/treview …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000083 …

この回答への補足

「ソドムの市」は確かに「サテリコン」に通じるものがありますね。
そのような映画をもっとご紹介いただけましたら幸いです。

補足日時:2004/07/05 00:14
    • good
    • 0

フェリーニだったら「フェリーニのローマ」ですかねえ。


ほかの監督さんの作品でそういう系統のは、
セルゲイ・パラジャーノフの作品などどうでしょう。
「スラム砦の伝説」、「アシク・ケリブ」など。
ヤフオクなどで手に入ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q映画「エド・ウッド」と、実際のエド・ウッド監督とその作品について

ティム・バートン監督の「エド・ウッド」は
Z級映画監督ことエド・ウッドの半生を描いた作品ですが、
実際のエドもデップが演じたみたいな、いつも躁気味の人だったんでしょうか?

また映画でエドが撮影していた
「グレンとグレンダ」、「怪物の花嫁」、「プラン9・フロム・アウタースペース」の
本当の作品をご覧になった方、感想聞かせてください。

そして映画「エド・ウッド」の制作裏話をご存知の方、教えてください。

映画「エド・ウッド」をみただけで、何も知りません。

Aベストアンサー

パンフに載っていたエピソードなのでご存知かもしれませんが、制作裏話を一つ。

「エド・ウッド」の撮影中、ウッド夫人が別件で、たまたま撮影所を訪れたことがあったそうです。
折りしも現場は、エド扮するジョニーディップが、ピンクのセーターを着て女装して踊り狂う場面の真っ最中。
それを見たウッド夫人、

「まぁ! ウチの人そっくり!!」

エド・ウッドは映画の才能はともかく、奥様運には恵まれていたのだなぁとしみじみしましたです。

Q光ファイバーでの映画はどのていど鮮明でしょうか

インターネットでの映画をときどき見ています
光ファイバーにするとより鮮明になるそうなので、乗換えを視野に入れています。

光ファイバーでのインターネット映画の映りは実際のところはどのていどのものなんでしょうか 

現在はヤフーADSL50M です インターネットでの映画は見られなくはないがいまいちなのです

速度測定では
 下り 3.66Mbps
 上り 0.8Mbps
 伝送損失39dB
 線路距離2980m
と出ました(価格.com)

PC WinXPHomeSp2  Pen4 3.06GHzメモリ512×2

Q1光ファイバーでは期待できる速度やインターネットでの鮮明さはどのていどになるでしょうか
電器店とかでデモっているのを見れば判るでしょうか

Q2現在ブロードバンドルータを介してデスクトップ2台をLANケーブルで、ノート1台を無線でつないでいますが、光にしてもこれはそのまま使えますか(BUFFALO Air Station WYR G54 )

Aベストアンサー

 画像の鮮明さは回線速度ではなく、データ提供元の会社が決定します。
 現在、多くの会社から提供されているデータは、最大でも秒間2Mbps程度で、これはあなたのおうちなら充分視聴できるサイズです。(会社によっては、もっと画質のいいデータを提供しているところがあるかもしれませんが)
 よって、光ファイバーに乗り換えても、画質の向上はまったく見込めないでしょう。

 ちなみに、光ファイバーに乗り換えた場合、現在お使いのルーターは使えなくなります。
 ノートで今と同じように通信するには、専用のルーターを用意する必要があります。(光回線の提供元に聞けば用意してくれるかもしれませんが)

Q洋画の監督で、「走る」ことに拘っている映画監督がいたと思うのですが、名

洋画の監督で、「走る」ことに拘っている映画監督がいたと思うのですが、名前を教えて下さい。
OPとかが走っている疾走感で始まることが多いと聞いた気がするのですが・・・・。

Aベストアンサー

ダニー・ボイルの映画はそう言うシーンが多い気がします。
「トレイン・スポッティング」や「スラムドッグ・ミリオネア」など・・・
「28日後」ではゾンビも全力疾走してました。

Qジャッキー・チェンの上映映画館の少なさ

ジャッキー・チェンの上映映画館の少なさ
ハリウッド進出30周年記念で現役最後かもとも言われた今回の作品。
どうして、こんなに上映する映画館が少ないのでしょうか?
TOHO系を主にするだけで、上映しない県も多く四国ではゼロです。
ジャッキー氏も日本に宣伝に来ないですし、
いったいどうなったのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんが書かれておられるのは、No.4さんの回答にもある現在公開中の映画『ダブル・ミッション』The Spy Next Door (2010) ですね。子供がたくさん出てくるようなので、子供向け・家族向け映画だと思います。ジャッキー映画でこのパターンだと、大ヒットは無理なのでは。全米でも2924館で封切られ、週末興行成績で初登場6位です。と書きつつ私は前売券を購入済みですが。

ちなみに、『ベスト・キッド』The Karate Kid (2010) は全米で3663館で封切られ、週末興行成績で初登場1位となりましあ。しかも、2位の2倍以上の収入でです。有名な作品のリメイクということもあるでしょうけど。日本では8月14日公開ですね。

また、日本での劇場公開は未定ですが、他にも出演作はたくさんあり、現役最後ということはないのではないでしょうか?
http://www.imdb.com/name/nm0000329/

Q映画監督が作った作品を「買う」?

こんばんは。

ある監督が映画を製作した場合、とても大まかに言うと、
映画が完成する。→20世紀フォックスなどの大きな会社が買いに来る。→買う会社が決まったら、上映される。
という流れでいいのでしょうか?

また、映画会社がその監督の映画を「買う」という表現は正しいのでしょうか?それとも、その行動は、何か映画業界特有の言葉で表現されるのでしょうか。「入札」とか…?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>映画が完成する。→20世紀フォックスなどの大きな会社が買いに来る。→買う会社が決まったら、上映される。

皆無ではありませんが稀でしょう。

映画を作るには、かなりのお金が要ります。したがって、「買って」もらっていないうちから「大きな会社」が扱うようなハリウッド大作を一本とれるほどの大金持ちは少ないですし、そもそも作るにはリスクが多すぎます。つまり上映のめども立っていない映画を作るのは、下手をすると、文字通り金をどぶに捨てていることになるわけで、関わるスタッフや俳優も、みすみす上映の予定がないものに参加するのはむなしいでしょう。下手すると予算倒れで完成にこぎつけないことすらあります。

したがって、たいていは、
映画を企画する。→企画した人が20世紀フォックスなどの大きな会社に売り込む。→買う会社が決まったら、契約書が交わされ、製作に入る。→完成し、宣伝し、上映される。
という流れが一般的です。

そもそも、宣伝には膨大なお金と資料が必要ですし、宣伝がないとなかなかお客さんは入りませんし、お客さんが入る保障がないと、劇場が上映をしてくれません。この宣伝費や資料作成も「20世紀フォックスなどの大きな会社」がたいていやってくれます。ついでに言うと、予告編を作るのは、殆どの場合、本編の監督とは違う人です。

>また、映画会社がその監督の映画を「買う」という表現は正しいのでしょうか?

企画を「買う」という表現は正しいです。ただし、「20世紀フォックスなどの大きな会社」はそもそも映画製作会社ですから、どこかから買うというよりも、自分のところで企画製作を進める場合もあります。例えば、プロデューサー(製作者という意味の英語です)がいて、この人が「こんな映画を作りたいなあ。監督はAさんにお願いして、脚本はBさん、撮影監督はCさん、主演はDさんにしよう」などと考えて、AさんやBさんに交渉し、場合によっては断られて別の人に頼んだりする、ということもわりと一般的です。

逆に言えば、20世紀フォックス“ほどの”大きな会社は、「うちでやる以上は売れるものを作らなきゃ」と考えますから、初めから予算をたっぷり付けて、有名な監督や、優秀な俳優を起用するのが一般的です。一方で、監督が20世紀フォックスなどの大きな会社を通さずに自主製作のような形で映画を撮ることもありますが、この場合は、大会社を通さない素朴さや純粋さを目指している場合が少なくないので、インディーズ系の映画祭を通じて知名度を上げるなど、20世紀云々とは違う路線でもとを取ることが多いです。

>「入札」とか…?

質問者さんがおっしゃっているような件に関しては「入札」はないんじゃないかな。

ちなみに、以下のようなケースは極めて多いです。
脚本が完成する。→20世紀フォックスなどの大きな会社に売り込んで買ってもらう。→買う会社が決まったら、脚本が手直しされ、その手直しされた脚本が、監督候補や俳優候補に配られる。→スタッフとキャストが決まったら製作に入る。→完成したら宣伝してもらう。→劇場が受け入れて上映される。
という流れです。あくまでもハリウッド映画の場合ですが。

>映画が完成する。→20世紀フォックスなどの大きな会社が買いに来る。→買う会社が決まったら、上映される。

皆無ではありませんが稀でしょう。

映画を作るには、かなりのお金が要ります。したがって、「買って」もらっていないうちから「大きな会社」が扱うようなハリウッド大作を一本とれるほどの大金持ちは少ないですし、そもそも作るにはリスクが多すぎます。つまり上映のめども立っていない映画を作るのは、下手をすると、文字通り金をどぶに捨てていることになるわけで、関わるスタッフや俳優も、みすみ...続きを読む

Q映画 X-MEN

ウルヴァリンが見たいので、映画を見ようと思うのですが、
X-MEN
X-MEN2
X-MEN:ファイナル ディシジョン
ウルヴァリン: X-MEN ZERO
の順で良いでしょうか。

Aベストアンサー

その順番でいいですよ
なお、「X-MEN:ファイナル ディシジョン」は、ウルヴァリンの謎解はありません

Q「原作」 vs 「リメイク作品」 でお薦め映画

以下の原作・リメイク以外で、これは是非見比べて(又は、原作の方が圧倒的に良い、いや、リメイクも相当の出来)お薦め映画教えて下さい。
(*)は未見

===原作========= =======リメイク==========
「ジャッカルの日」 - 「ジャッカル」
「12人の怒れる男」 - 「12人の優しい男」
「情婦」 - 「検索側の証人」
「飛べ!フェニックス」 - 「フライトオブフェニックス」(*)
「めぐり逢い」1957 - 「めぐり逢い」(*)
「無法松の一生」板妻(*)-「無法松の一生」三船敏郎(*)

Aベストアンサー

或る夜の出来事 (1934/米)→ローマの休日 (1953/米)

「或る夜の出来事」を焼直し=リメイクされた映画NO.1として推薦いたします。

http://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=851

Q楽天オク出品者です。メッセージと評価について。

もう何年も出品をやっていて時々評価について悩みます。
楽オクはメッセージ機能があり、出品者は大体の人が利用してると思います。
でも落札者、特に評価が少ない人はメッセージを一度もよこさず取引終了する人いますよね?
この人達にイラついて、最近また「普通の落札者」と評価するようになりました。
自己紹介にも「メッセージが一度もない場合「普通」と評価させていただきます。」と書いてるのに読まないんでしょうね。
商品説明でも「自己紹介を必ずお読み下さい。」とお願いしているのに。

メッセージなしでも取引は出来るし、それが楽オクの魅力なのかもしれませんがイラつきます。
「普通」と評価する私は心が狭いですか?おかしいですか?
出品者のみなさんどうしてますか?
落札者のみなさん、どう思いますか?

Aベストアンサー

>出品者のみなさんどうしてますか?

私は出品での参加が99%です。
で、落札された時に自動的にメッセージを送るようにしているので
落札のお礼とあいさつはそれで済ませています。
改めてメッセージ送ったりはしていません。
で、出荷完了後に改めて入金手続きのお礼と
出荷したよーというメッセージを送っています。
でも、それも定型文保存できるから、それを事務的に送ってるだけだけども・・・。
取引自体は長くても1~2日で終わってしまうし
取引相手も多いのでいちいち返事が来なくても気にしてませんね。
取引相手が何も返事をしてこなくても、まったく気にならないよ。

質問者さんも仰ってますが
メッセージのやり取りをすることなく取引ができる、というのは
ある意味楽オクのメリットぼ部分でもあると思ってる。

楽オクの出品の方が私は多いんですが、
こっちに慣れ過ぎてると「便利すぎ」て、ヤフオクに久々に出品すると
ほんとにめんどくさく感じます(笑)
こっちがいくら連絡しても、相手が返事よこさないと進まないもんね、取引。
そこいくと楽オクのシステムは楽だな~と。
キャンセルとかされたことはないけど、
されたらされたでムカつくとは思うけど(笑)、でも
全部に期限があるわけだから、期限切れになったら
とっとと再出品しちゃえばいいし。
それをヤフオクだと「どーーすんだ?もう要らないのか?」と、この期限も
自分で決めるしかなく、どのくらい待てば・・というのがまた悩む人もいる。

ヤフオクのかんたん取引のシステムが今後どんなふうになってくかわかりませんが
(同梱もできるようにされるでしょうしね、今のままじゃちょっと不便)
現状では楽オクよりもさらにメッセージのリターン率は低いような気がします。

あぁ関係ない話になっちゃった。

>「普通」と評価する私は心が狭いですか?おかしいですか?

ん~~~・・正直少し狭いかも。「おかしい」とまでは思わないよ。
あなたの考えがそうなのだから、守ってほしいんだよね、書いてる事を。
わかるんだけど、

ただ、「書いてるでしょ」とそこにばかり気持ちが行ってしまうと
結局のところ、せっかく落札されても
「こいつはちゃんと読んでんだろうか」ってそこだけになっちゃって
自分までしんどくなるだけで
「そんないらつくならやめりゃいいのに」となりません??
でもその「ルール」を決めてるのは自分なんですよね。
返事するのが嫌な人もいるだろうから(理由はわからん(´・ω・`))、
「色んな人が居る」と余裕を持たないと、
オークション関係無くてもイライラするのが普通になってしまいますよ。
「ま、いっか」とたまに思って見たらどうかなー、と。

ところで、メッセージの返事なしよりも
個人的には配送の評価を低くしてくる人の方がいらつきますよ(笑)
入金の通知が来た当日(深夜とかは翌朝一番で)には出荷してるのに
遅い、って★減らされちゃうとね。
「だったらゆうパック選べよ」って思っちゃう。
定形外選んどいてなんなんだ?と。
でも、これも気にし過ぎてても仕方ないから
基本的には見ないようにしています。

質問者さんも余裕を持って楽しく取引できますように。

>出品者のみなさんどうしてますか?

私は出品での参加が99%です。
で、落札された時に自動的にメッセージを送るようにしているので
落札のお礼とあいさつはそれで済ませています。
改めてメッセージ送ったりはしていません。
で、出荷完了後に改めて入金手続きのお礼と
出荷したよーというメッセージを送っています。
でも、それも定型文保存できるから、それを事務的に送ってるだけだけども・・・。
取引自体は長くても1~2日で終わってしまうし
取引相手も多いのでいちいち返事が来なくても気にし...続きを読む

Q「雪原・狼」関連の映画で「THE GREY 凍える太陽」以外の作品はありませんか。

以前字幕で見た映画で「雪原でハンターと狼が命がけの戦いする」という作品があったのですが、タイトルを忘れてしまいました。

今、「雪原、狼、洋画」で検索をかけると、おそらく「THE GREY 凍える太陽」が引っかかると思います。
内容を確認してみたのですが
 ・男が6人くらい居た。→質問の映画はメインで出る人間は一人か二人くらいだった。
 ・ライフルが出ない →質問の映画はライフルが出てたと思う。
というふうに異なる内容でした。

他の情報としては、ハンターは白人です。
あと、極端に昔の作品ではないと思います。

「雪原でハンターと狼が命がけの戦いする」という映画の心当たりのある方教えて下さい。

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

雪原、狼、洋画、となると

「ネバー・クライ・ウルフ」1983年 ウオルト・ディズニー 
カナダ北部で家畜を襲う害獣のオオカミを駆除するため、その習性を探る調査に送り込まれた学者の主人公の話
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=6882


人気Q&Aランキング

おすすめ情報