ホルモンであるテストステロンとプロゲステロンは
何から生合成されるのですか?

A 回答 (1件)

元はコレステロールです。



テストステロン

http://www.nicol.ac.jp/~honma/env/sh_p450.html

プロゲステロン

http://www.health-net.or.jp/kenkonet/shoziten/me …

また、コレステロールの更に元は、アセチルCoエンザイムAという物質で、この原料はグルコースです。

http://www.ph.tokushima-u.ac.jp/syllabus/400090. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/06/17 16:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホルモン焼のたれの作り方、レシピ

ホルモン焼きのたれの作り方を教えて下さい。
インターネットでホルモンを買っては食べていますが、たれを自分で
作りたいと思っていますが、なかなかいいレシピに出会えません。
一般のお店では、自家製たれだと思うのですが、私は初心者なので…
年内にホルモン焼きのお店をオープンしたいのですが、
いいたれの作り方を知っている方がいらっしゃいましたら是非ご伝授下さい。つけだれ、もみだれ、味噌だれなど色々あるようですね。

Aベストアンサー

一昨年放送の料理番組で紹介されたレシピを参考に調理してみたら、まずまずの味でしたよ。
↓ホルモンだけのタレとしてもいけると思います。まずは試してみてください。
http://www.asahi.co.jp/oshaberi/recipe/20060919.html

お店が無事オープンできるといいですね!
頑張ってください。

Q有機合成の経験があって金属錯体合成の経験がない場合

 有機合成の経験がありますが、金属錯体合成の経験はありません。自分の感覚としては、有機合成の経験があれば、金属錯体合成もできるだろう、と思っているのですが、違うものでしょうか。違うとすれば、どのような点が違うのでしょうか。有機合成の経験があって金属錯体合成の経験のないものが、金属錯体合成に取り組むときに注意すべきことを、ご助言賜りたく、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

日本化学会編、丸善刊、「実験化学講座」第三版の「無機化合物の合成」上、中、下三冊お読み下さい。これで足ります。
私も無機合成の経験が無かったので、米国留学の時この三冊を他の本と一緒に船便で送りました。
米国人の院生どもが「英文版はないのか!」とうらやんでおりました。^o^

Qホルモン(小腸)のレシピ

彼がホルモン(特に小腸)が大好きで大量に買ってきます。

今のところ、
もつ鍋にしたり、キャベツやニラと一緒に炒めたりしています。
以前、煮込んでみたら小腸が小さくなってしまって不評でした。
小腸を使ったレシピを探しているのですが、
なかなか見つかりせん。
昨日大量に買ってきたため、今日も冷蔵庫に入っています。
何かいいレシピがあれば教えて下さい。
あと、炒める時も一度下茹でした方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

名古屋めしの「どて煮」
http://cookpad.com/recipe/4079
http://blog-imgs-13.fc2.com/n/i/a/niagauriko/doteni.html

Q炭素と酸素から二酸化炭素が合成される化学式はC+O2→CO2で、原子量がそれぞれ12、16とあります

炭素と酸素から二酸化炭素が合成される化学式はC+O2→CO2で、原子量がそれぞれ12、16とあります

この式は量を知りたい時、Cが12とOが16×2とが結合して二酸化炭素が40できるという意味ですか?
違うなら量に関してどう読み取ればいいのでしょうか

Aベストアンサー

Cが12、Oが16というのは、それぞれの元素の原子量ですね。
1個の原子の質量を原子量として定義してるのです。

その原子量にアボガドロ定数を集めると、アボガドロ定数分の質量になります。
アボガドロ定数は6×10^23個という数で、物質の量を表す定数です。
アボガドロ定数分の原子の数を1molとも言います

炭素が原子量が12でアボガドロ定数分(1mol)集めると12gになります。
酸素は原子量が16でアボガドロ定数分(1mol)集めると16gになります。

C+O2→CO2 の反応の場合
詳しく見ると
原子量12の炭素1個が、原子量16の酸素が2個結合した酸素分子1個と反応して、
炭素原子1個と酸素原子2個からできている二酸化炭素分子が1個できている、
という反応を表しているのです。

アボガドロ数定数をかけて考えて上の言い方を変えると、
C原子1mol12gとO2分子1mol32gが反応して、二酸化炭素1mol44gが出来る、
ということと同じ意味になります。

C+O2→CO2 のような元素記号で表した場合
ひとつのCはあくまで炭素原子1個に対して
O2が酸素分子1個が反応して
CO2二酸化炭素分子が1個出来る
と考えるのが適切なのですが、
原子1個などでは問題として扱いづらい時に、1molと読み替えることが頻繁にあるので注意が必要です。
またO2と2Oは同じ酸素原子2個ですが、前者は酸素分子(通常我々が呼吸している酸素のこと)を表していて、
Oは酸素原子1個、2Oでは酸素原子2個を表すので注意が必要です。

Cが12、Oが16というのは、それぞれの元素の原子量ですね。
1個の原子の質量を原子量として定義してるのです。

その原子量にアボガドロ定数を集めると、アボガドロ定数分の質量になります。
アボガドロ定数は6×10^23個という数で、物質の量を表す定数です。
アボガドロ定数分の原子の数を1molとも言います

炭素が原子量が12でアボガドロ定数分(1mol)集めると12gになります。
酸素は原子量が16でアボガドロ定数分(1mol)集めると16gになります。

C+O2→CO2 の反応の場合
詳しく見ると
原子量12の炭素1個が、原子量...続きを読む

Q豚ホルモンが1キロあります

私はホルモンというとホルモン煮込みしか
思いつきませんが、
何かホルモンを使ったレシピはありませんか?
調味料などの分量も詳しく教えて欲しいです
(ホルモン煮込みのレシピも)
それから、今あるホルモンは
茶色なので下茹でしてあるって事でしょうか?

Aベストアンサー

ホルモンってモツですよね。どのへんの部位なのかな?
沖縄の中身汁なんてどうでしょう。
内臓だから中身。わかりやす~い。
手間はかかるけど美味しいですよ。

参考URL:http://cooking.goyah.net/ct/30/

Q【分子】「大きい分子は目でも見れる」 肉眼で見れる「大きい分子」って何があるか教えてください。

【分子】「大きい分子は目でも見れる」


肉眼で見れる「大きい分子」って何があるか教えてください。

Aベストアンサー

検索してみたら「巨大分子」っていうのがあるようです。
https://kotobank.jp/word/%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%88%86%E5%AD%90-53418
びっくりですね!

Qホルモンの臭い取り

昨日、家で焼き肉をし、牛肉やホルモンをスーパーで購入しました。
パックからホルモンを出して焼いていましたが途中から鉄板の上でホルモンが臭い出しました。何も処理をせずに焼き始めましたが、簡単で臭いが取れて美味しいレシピを教えてください。

Aベストアンサー

ホルモンについているヌメリが匂いの元です。
たっぷりの塩をまぶして、手でもんでください。
それを水洗いして、よく水気を取ってから
焼肉のタレなどに、しばらく浸けてから焼いてください。

Q脂溶性ホルモンと疎水性ホルモンについて

脂溶性ホルモンと疎水性ホルモンは、全く同じものを示していると考えて大丈夫でしょうか。

また、脂溶性ホルモンはステロイドホルモンと甲状腺ホルモンの二つという理解で合っていますか。

Aベストアンサー

同じです。

>>脂溶性ホルモンはステロイドホルモンと甲状腺ホルモンの二つ
分け方が変。

ステロイドホルモンとは構造で分類したステロイド型ホルモンの総称で、
甲状腺ホルモンはステロイド型ホルモンに属する1ホルモン。

構造から分類すると以下の3種で、各々のホルモンが
脂溶性(疎水性)は水溶性(親水性)のどちらかになる。

○アミン型ホルモン
副腎髄質ホルモン:水溶性
アドレナリン :水溶性
ノルアドレナリン:水溶性
カテコールアミン:水溶性
など

○ステロイド型ホルモン
甲状腺ホルモン:脂溶性
サイロキシン:脂溶性
トリヨードサイロニン:脂溶性
性ホルモン:脂溶性
など

○ポリペプチドホルモン
副腎皮質ホルモン:脂溶性
グルココルチコイド:脂溶性
視床下部ホルモン:水溶性
下垂体ホルモン:水溶性
膵臓ランゲルハンスホルモン:水溶性
消化管ホルモン:水溶性
など

Q~ホルモン焼き~

~ホルモン焼き~
昔はよく親と家でホルモンを焼きながら食べてましたが、もうその親も亡くなり味付けの伝授もしていませんでした。今、家庭で生ホルモンを買ってきてホルモン焼きをしたいのですが、味噌ダレのレシピをご存知の方!教えていただけませんか。

Aベストアンサー

ひとつ見つけました。味を見て
好みに調整してください

http://cookpad.com/recipe/809035

Q化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成について。

化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成についてなのですが、

この分野で社会的ニーズや就職が良いと思われる分野はどれでしょうか?また、伸びると思われるのはどれでしょうか?化学工学がプラント関連で実践的で企業でも求められるというのはよく耳にするのですが、他がいまいち良く分かりません。

どなたか、詳しい方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

機能性プラスチック関連の研究を行うためには、高分子合成・高分子工学が必ず必要になります。ご存知の通り機能性プラスチックは様々なところにたくさん使われてますので、需要がなくなるという事はまずありません。

一方有機化学は機能性プラスチックだけでなく、医農薬の分野でも必要とされる学問です。プラスチックの原料を作るために有機化学の力が必要とされる場面も多数ありますし、医薬品やその原料を探したり作ったりするのにも有機化学が必要です。就職が悪いなんてことはありませんし、需要もあります。

この中で選ぶとするなら、将来自分がやりたいと思うものを選ぶのが一番だと思います。もちろんどれを選んでも勉強は必須ですが。


人気Q&Aランキング