ウエストファリア条約とウィーン会議を背景とした近代国家の成立についてなるべく詳しくご説明下さい。理系の大学生なので、こうしたレポートはさっぱりわからず、図書館で調べてみてもしっくりきません。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

歴史好きの元文系学生今オヤジです。

ここで詳しく説明するのは無理がありますねぇ。理系だからわからない、ってことは、多分時代背景や17世紀に至る歴史観に関する知識が不足しているのでしょう。私見ですが、参考までに概要を紹介しましょう。その上で図書館に行かれると、同じ本でもわかるかも。。。
●ヨーロッパは、ローマが台頭するまでは世界的には後進地方だった(BC2頃まで)。
●ローマの台頭で、世界的な先進地方の仲間入りをした(AD4頃まで)。
●ローマの滅亡によって、その文化、技術、制度の多くは失われ、後進地域に逆戻りした(う~ん・・・いわゆる中世の始まりの頃)。
●帝政ローマの後半から、宗教が人々の共通基盤になった(それ以前は法)。
●後進地帯に戻って、群雄割拠というと聞こえは未だ良いが、ようは単に皆が好きなことをやるだけの蛮族社会になった。特にドイツとイタリアでその傾向が強かった(ドイツやイタリアという国はなく、現在の両国版図の辺りという意味)。
●当時、皇帝と言えばローマ皇帝を意味したが、神聖ローマ皇帝は皇帝にあらず。皇帝とは即ち、国民の第一人者であり、軍隊の総指揮官であり、精神的にユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の後継者でなければならない(皇帝を意味するエンペラーは、総指揮官(インペラトール)が語源、皇帝の別語であるカイザーは、カエサルが語源)。
●北欧やフランス辺りでは、若干状況が良く、いち早く中央集権体制が整った。
●そんなこんなで、年中戦争ばかりしてた。
●ウエストファリア条約は、ドイツを舞台にした30年戦争にカタをつけようとしたもの。フランス、北欧の領土欲、中欧以南の宗教対立(カトリック、プロテスタント(ルター、カルヴァン))などなどがからみあって、泥沼状態だった。
●このような状況で、各国家元首(国王、皇帝、主教、領主、・・・)が集まって、打開策を論じて得たのが、ウエストファリア条約。ま、はじめての国際会議&国際条約ってところ。でも結果は、フランスとスウェーデンの領土がちょっと広がって、信仰の自由が踏みにじられて、宗派間の対立が深まって・・・、客観的には得られたものが少ない。
●意味合いは、条約の中身ではなく、国際間で協議、協定を作る足がかりを作ったってこと。これを以って、近代社会の礎を成したとの評価もある。

これくらいでどうだっ!?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィーン体制で成立したドイツ連邦について

ドイツ連邦について教えてください。

ドイツ連邦は、自由主義を弾圧する一方で、ドイツ統一を抑圧する機関でもあった、
という説明がいくつかの書籍に書かれていました。

しかし、統一をしないのであれば、単にオーストリアもプロイセンも、そのまま独立
国家として存在するのがいちばん手っ取り早いような気がします。

もともとは、大国の勢力均衡を現出するために作ったのが、たまたま後付けで、
ドイツ統一を抑圧する機能をもったということなのでしょうか?

また、後の経緯からもわかるように、プロイセンもオーストリアも一国にまとまった
ほうがドイツ民族としては有利な状況を作れたはずです。他国が反対するのは
わかりますが、なぜこの両国は自ら統一に反対したのでしょうか?

おわかりの方、ご教示ください。

Aベストアンサー

1815年6月8日に成立したドイツ連邦規約では
連邦の権限はドイツ内外における安全保障にかかわる措置のみに限定され
他の全ての権限は各領邦国の主権に委ねられました
フランクフルトに連邦議会、ウィーンに仲裁裁判所は設置されたものの
連邦自体に立法権も行政権もありません
しいていえば連邦規約第13条で各領邦国で議会制を施行するべしとしたところが進歩的であっただけでしょうか
ある歴史家によるとドイツ連邦は「対外的に弱小で対内的に半身不随」と述べています

多民族国家であるオーストリアはネイション的な国民国家の成立を恐れていましたが
19世紀前半のドイツ人が大多数のプロイセンの場合は国民国家成立よりは
ジャコバン的急進的革命国家の成立を王族やユンカーが恐れていたのが実情ではないでしょうか

ただここで間違ってはいけないのはあくまで政治上の話だけです
経済的には
プロイセン中心のプロイセン・ヘッセン関税同盟、ザクセン中心の中部ドイツ関税同盟、バイエルン中心の南ドイツ関税同盟が
オーストリアのメッテルニヒの反対を押し切り
1834年プロイセンが主導しドイツ関税同盟を成立させ域内関税、市場統合、労働力原材料の自由移動という
後のEECを先取ったような共同市場を成立させドイツ産業革命の基礎を作りました
安価な英国製品の入るメクレンブルクなど海岸地帯領邦国、都市や
統一的な中央行政組織による指導を望まないフランス国境のバーデン大公国を除き全ドイツ領邦国がドイツ関税同盟に参加しました
態度を変えこれに参加しようとしたオーストリアを最終的に1854年に排除

つまりこと経済的には既に政治的統一以前の約20年前に小ドイツ主義的統一はなされていたのです
これが統一間もないドイツ帝国の英国を凌ぐ経済的発展をもたらした要因の一つです

長文失礼致しました

1815年6月8日に成立したドイツ連邦規約では
連邦の権限はドイツ内外における安全保障にかかわる措置のみに限定され
他の全ての権限は各領邦国の主権に委ねられました
フランクフルトに連邦議会、ウィーンに仲裁裁判所は設置されたものの
連邦自体に立法権も行政権もありません
しいていえば連邦規約第13条で各領邦国で議会制を施行するべしとしたところが進歩的であっただけでしょうか
ある歴史家によるとドイツ連邦は「対外的に弱小で対内的に半身不随」と述べています

多民族国家であるオーストリアは...続きを読む

Qサンフランシスコ平和条約と講和条約の違い

あの、教科書にはサンフランシスコ平和条約とかいてあるのですが、
プリントにはサンフランシスコ講和条約とかいてあって。

なにが違うのか教えてください。

Aベストアンサー

講和とは交戦国どうしが取り決めを結び、戦争をやめ平和を回復することで、講和条約とは戦争の終結を宣言し、領土・賠償金などの講和に伴う条件について規定する国際法上の合意のことをいいます。
つまり平和を回復するための条約ですので平和条約という言い方もあります。

なので講和条約と平和条約とは一緒です。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/65935/m0u/%E8%AC%9B%E5%92%8C/

Q南京条約と日米修好通商条約についてです。

中学2年です。
社会のテストで、
(1)「清とイギリスに結ばれた不平等な南京条約とはどんなものでしたか?」と聞かれたら、
イギリスの治外法権を認めさせ、清が関税自主権を手放す。でいいですか?
又、
(2)「日米修好通商条約の不平等な内容とはどんなものでしたか?」と聞かれたら
米の治外法権を認めさせ、日本が関税自主権を手放す。で正解ですか?
間違っていたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

(2)の方は辛い採点ですとXです。
教科書をよく読み返してください。

Q日米和親条約と日米修好通商条約の開港した港の違い

私の本に、日米和親条約で下田と函館を開港し、日米修好通商条約で、
函館、神奈川、長崎、新潟、兵庫の5港を開港とあるのですが、
そこで、疑問に思ったことが、日米和親条約で函館を開港したのに、
なぜ、日米修好通商条約でまた、函館を開港する必要があるのか?
また、日米通商条約では函館は開港して、なぜ下田は開港していない。
函館だけ2度も開港している理由が分かりません。

Aベストアンサー

和親条約で開港した函館は 米艦隊の補給・寄港のみの開港
修好通商条約はその名の通り 貿易を可とするための港の開港が必要です
なので函館はそこで完全な開港(寄港のみではなく商業港として開港)となったのです
他の4港は補給と商業港として1度で開港しました

函館はロシアを睨むアメリカにとっては最重要な港です
是が非でも抑える必要がありました

Q日米修好通商条約など安政五ヶ国条約や、日清・日朝修好条規の有効期間

 日米修好通商条約など安政五ヶ国条約や、
日清修好条規、日朝修好条規は、いつまで有効だったのでしょうか?
また、日米和親条約は、日米修好通商条約の批准により失効したのでしょうか?

Aベストアンサー

・日清修好条規
1871年9月13日(明治4年7月29日)調印、によって1873年(明治6年)4月30日に批准書交換
安政五カ国条約
・日英修好通商条約
1894年(明治27年)の日清戦争直前、ロシア帝国の南下に危機感を募らせていた英国と日英通商航海条約の締結に成功し、これに伴い失効。
・日露修好通商条約
この条約は1895年(明治28年)に締結された日露通商航海条約によって総て無効になった。
・日米修好通商条約
日清戦争勝利で、アメリカが日本の国際的地位を見直し、明治32年(1899年)7月17日に日米通商航海条約発効により、失効。
・日仏修交通商条約
1911年(明治44)年、 日仏通商航海条約調印締結に伴い、失効
・日蘭修好通商条約
1912年(明治45年)には、、日蘭通商航海条約が締結されたことに伴い失効

・日清修好条規
1894(明治27)年、日清戦争開戦により破棄・失効。1896年締結の日清通商航海条約に継承される
・日朝修好条規
1876年(明治9年)締結。
大韓帝国に外交権を、日本に委任する日韓協約などにより実質的に改定されたが、
一応、1910年(明治43)の韓国併合まで有効

・日米和親条約は、日米修好通商条約の批准により失効したのでしょうか?

ハイ、日米修交通商条約に継承され、失効しました。
それで、開港場が下田から神奈川(横浜)に移転したので、
継続して使用されている国際港は、函館が最古となります

・日清修好条規
1871年9月13日(明治4年7月29日)調印、によって1873年(明治6年)4月30日に批准書交換
安政五カ国条約
・日英修好通商条約
1894年(明治27年)の日清戦争直前、ロシア帝国の南下に危機感を募らせていた英国と日英通商航海条約の締結に成功し、これに伴い失効。
・日露修好通商条約
この条約は1895年(明治28年)に締結された日露通商航海条約によって総て無効になった。
・日米修好通商条約
日清戦争勝利で、アメリカが日本の国際的地位を見直し、明治32年(1899年)7月17日に日米通商航...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報