10月からの106万の壁について
ネットでいろいろ調べてみましたが
どれも、4つの条件を満たしていれば適用…と書いてあり
満たしていないものが1つでもあれば、あてはまりませんとなっています

今回教えていただきたいのは
その満たしていない場合のことです。

年収125万
勤務年数3年
正社員数100名以下

今までは130万未満に収入を抑え
主人の社会保険の扶養となっておりました。

今回130未満が、106未満となるのは
4つの条件を満たしている場合なので
満たしていない場合はどうなるのでしょうか?
あてはならないということが
今まで通りと考えてよろしいのでしょうか?

●パート先で社会保険には加入できず、夫の社会保険の扶養のままでいられるのか?
●4つの条件を満たしていなくとも、年収106万以上という1つの条件を満たしているから
主人の社会保険の扶養からは外れてしまうのか?
(つまり、国民健康保険+国民年金加入)

そこを教えていただきたいのですが・・・

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>正社員数100名以下


 ・この時点で適用はありません
 ・今までと、何も変わらないと言うことです
 (ただ、3年以内に見直し有りなので、将来に関しては不確定ですが)
>夫の社会保険の扶養のままでいられるのか?
 ・現状のままです
>年収106万以上という1つの条件を満たしているから主人の社会保険の扶養からは外れてしまうのか?
 ・現状の130万は変わりませんから、そのままです
 (将来、会社の規模に関係なく、適用になった場合は、130万の金額が変わることもあるかもしれませんが、現状では未定です)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ございません

正社員数が条件に満たない場合
今までと変わらない=130万未満なら夫の社会保険の扶養でいられる

これが一番知りたかったことでした。

ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/15 21:14

誤字とか言葉足らずが多くすみません。

m(_ _)m

>パート先では、社会保険加入とならないと考えてよいのですね
これはまず、間違いないです。

>夫の社会保険に私が扶養となれるかどうかということですよね
こちらも、
扶養条件を月額8万8000円(年間106万円)未満に
下げますなんて決めると会社によって社会保険の
加入条件が違うのにそれはないだろう!
って混乱してしまいますから、
あくまで、
扶養家族が社会保険に加入した場合は
脱退手続きを速やかにしてください。
といったアナウンスになるだろうな。
と想定されます。

いずれにしろ、健保組合などに
質問された方がよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度にわたり、ありがとうございました。

今現在のままで
当分の間働けそうなので
ほっとしました。

お礼日時:2016/01/15 21:13

130万を意識して中小規模の勤務先で


働いている方は多いでしょうね。

この106万の条件は働いている方が
社会保険に加入する条件です。

月額8万8000円(年間106万円)以上、
週20時間以上勤務
社会保険加入者が501名以上の会社に
勤務年数1年以上
ですから、

あなたの条件では社会保険への加入
とはならないと思います。

それとは別にご主人の社会保険への
扶養条件が変わるかとどうかになります。

ここは断定はできませんが、
●扶養家族が社会保険の加入した場合は
扶養からはずれてください。
ということになるのだと思います。

ここで、ご主人の会社の健保組合で
扶養条件を明確に
月額8万8000円(年間106万円)以上
と決めてしまうと、
混乱してしまいます。
(条件がそろっていないのですから)

断定はできませんが、
当面は今まで通りと考えて差し支えない
と思います。

こればかりは健保組合の見解による所が
多いので、ご主人の会社の健保組合に
念を押しで訊いていただいた方が
よいと思います。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

正直、パート先でも
同僚たちが、ざわついています

とりあえず正社員の数が少ないので
パート先では、社会保険加入とならないと考えてよいのですね

そこで、
主人の会社ですが
夫の社会保険に私が扶養となれるかどうかということですよね

それは、
健保組合によって違うということなのでしょうか

とりあえず
主人から
会社の担当者に聞いてもらうことにします

ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/11 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険の扶養家族である場合年収130万円以上なら自分で社会保険に入らなければならないと耳にしたんで

社会保険の扶養家族である場合年収130万円以上なら自分で社会保険に入らなければならないと耳にしたんですが 自分で国民健康保険に加入している場合にはそのような規則などはないんですか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

>社会保険の扶養家族である場合年収130万円以上なら自分で社会保険に入らなければならない
「自分で社会保険に入らなければならない」のではなく、「社会保険の扶養からはずれ、自分で社会保険もしくは国民健康保険に入らなければならない」です。

>自分で国民健康保険に加入している場合にはそのような規則などはないんですか?
ありません。
国保は社会保険と違い、もともと扶養という概念はありません。

Q社会保険の扶養資格条件についてお伺いします 夫が年金受給者なので、私の健康保険(社会保険)の扶養にな

社会保険の扶養資格条件についてお伺いします
夫が年金受給者なので、私の健康保険(社会保険)の扶養になっていましたが今日、職場から扶養資格条件が158万円になったから対象外との連絡がありました。
いつ改正になったのでしょうか?

Aベストアンサー

>いつ改正になったのでしょうか?
いいえ。
改正になってはいません。
年金収入が180万円未満なら、健康保険の扶養でいられます。

158万円というのは、税金上の扶養の所得限度額です。
担当者もしくは貴方がそれと勘違いしていると思われます。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養があり別物です。
ただ、その場合でも、196万円未満なら「配偶者特別控除」を受けられます。
年末調整に間に合うなら、「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除申告書」に必要事項を記入して出し直しすればいいですし、間に合わないようなら、来年確定申告すればいいです。

来年になったら、源泉徴収票、マイナンバーの通知カード、印鑑、通帳を持って税務署に行けばいいです。
2月16日からは申告の期間で税務署めちゃ込みなので、その前に行ったほうがいいです。
貴方は還付の申告なのでいつでもできます

Q妻が扶養の社会保険と他の会社の社会保険2重加入

どなたかわかる方教えて下さい。
妻が私(夫)の社会保険の扶養に入っていました。
妻がバイトを始めてそのバイト先で社会保険に加入してしまいました。
私(夫)はそれを知らずに私の会社で妻の社会保険の扶養を抹消しませんでした。
また、妻が社会保険に加入したバイト先以外にも掛け持ちして他のバイトも始めました。
他のバイトのほうは社会保険には加入しませんでした。
そして妻が社会保険に加入したバイト先は5ヶ月くらい働いて(月給料10万くらいです)、社会保険加入歴は2か月くらいです。(バイトし始めて3か月後くらいに加入)
他のバイトのほうは1ヶ月くらい働き(給料5万くらいです)
このバイト先2箇所を同時に辞めました。
私は妻が社会保険に加入していた事に気づき、私の会社の担当の人にこの事情を説明しました。
妻はバイトを辞めたため再度私の社会保険の扶養となるため、会社の担当からはそのまま継続されているかどうか確認して、継続されているならそのまま、私の社会保険の扶養になっても大丈夫と言っていました。
私と妻はこの後、社会保険料(2号、3号)、年金料、税金等はどうなるでしょうか?
現在色々調べているのですがはっきりわかりません
どなたか申し訳ございませんが教えて頂けませんでしょうか?

どなたかわかる方教えて下さい。
妻が私(夫)の社会保険の扶養に入っていました。
妻がバイトを始めてそのバイト先で社会保険に加入してしまいました。
私(夫)はそれを知らずに私の会社で妻の社会保険の扶養を抹消しませんでした。
また、妻が社会保険に加入したバイト先以外にも掛け持ちして他のバイトも始めました。
他のバイトのほうは社会保険には加入しませんでした。
そして妻が社会保険に加入したバイト先は5ヶ月くらい働いて(月給料10万くらいです)、社会保険加入歴は2か月くらいです。(バイトし始...続きを読む

Aベストアンサー

・健康保険に関しては、扶養から外す手続きをしていなければ・・そのままの状態です・・会社から回答があるでしょうが
・国民年金の第3号被保険者に関しては、奥さんが会社で社会保険に加入した時に、第3号→第2号に変更になっています(年金事務で処置)
 会社退職後は自動的に第3号には戻らず、第1号の状態(普通に国民年金に加入して保険料を支払う必要あり)になっていると思われます
 年金事務所に連絡して、奥さんの現在の状態を確認して下さい・・第1号なら第3号にする手続きが必要なので、その辺を確認して下さい

>社会保険料(2号、3号)、年金料
 ・貴方の支払う、健康保険料・厚生年金保険料は変わらない・・・奥さんの分は0円ですから
  (奥さんが、第1号なら国民年金保険料が発生するが、退職日の翌日から第3号になれば0円)
>税金
 ・奥さんの、1/1~12/31の給与が(非課税の通勤交通費を抜いて)、103万までなら、貴方は奥さんを配偶者控除に出来る(昨年と同じ?)
 ・奥さんは、勤務先から貰った、源泉徴収票で(2カ所なら2通)来年の年明けに確定申告(還付申告)をします
  支払った所得税分は全額戻ります・・同時に住民税の申告もされます(住民税はかかりません)
  (記載内容から、10万×5ヶ月+5万×1ヶ月、60万未満のようなので、所得税・住民税は0円です)

・健康保険に関しては、扶養から外す手続きをしていなければ・・そのままの状態です・・会社から回答があるでしょうが
・国民年金の第3号被保険者に関しては、奥さんが会社で社会保険に加入した時に、第3号→第2号に変更になっています(年金事務で処置)
 会社退職後は自動的に第3号には戻らず、第1号の状態(普通に国民年金に加入して保険料を支払う必要あり)になっていると思われます
 年金事務所に連絡して、奥さんの現在の状態を確認して下さい・・第1号なら第3号にする手続きが必要なので、その辺を確認し...続きを読む

Q社会保険の扶養条件について

社会保険の扶養家族と認めてもらえるのか?

詳しい方教えて頂けますか?現在無職の娘が妊娠しました。
結婚予定ですが、婚約者が遠方の方で出産・出産後数ヶ月までは
母と暮らす予定でいます。
婚約者は事情が有り無職の為、出産後には就職予定です。
他にも病院の関係等色々ありますが、この様な流れで予定しております。

産まれる子供の戸籍等の問題もあるので出産前には入籍する予定です。
遠方在住の婚約者と入籍はするが、出産後引越しするまでは
現住所も実家のままで母の扶養のままでいれるのでしょうか?
実際娘は無職で、母の収入で生計が立てられています。

現在は下記のような状況です。

母 被保険者 (全国健康保険協会Y支部)本籍S県 現住所S県
娘 被扶養者 無職 本籍S県 現住所S県
婚約者 国民健康保険 無職 本籍O県 現住所O県


入籍後以下の様な形で可能なのか?

母 被保険者 (全国健康保険協会Y支部)本籍S県 現住所S県
娘 被扶養者 無職 本籍?県 現住所S県
婚約者 国民健康保険 無職 本籍O県 現住所O県


知り合いの労務士にも相談したのですが『里帰り出産の形になるので扶養は無理ですね』
と言われたのですが、
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3160/sbb3163/1959-230
こちらを見ると、可能の様な気がして納得できないような・・・・

詳しい方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

社会保険の扶養家族と認めてもらえるのか?

詳しい方教えて頂けますか?現在無職の娘が妊娠しました。
結婚予定ですが、婚約者が遠方の方で出産・出産後数ヶ月までは
母と暮らす予定でいます。
婚約者は事情が有り無職の為、出産後には就職予定です。
他にも病院の関係等色々ありますが、この様な流れで予定しております。

産まれる子供の戸籍等の問題もあるので出産前には入籍する予定です。
遠方在住の婚約者と入籍はするが、出産後引越しするまでは
現住所も実家のままで母の扶養のままでいれるの...続きを読む

Aベストアンサー

健康保険の被扶養者の条件
①被保険者の収入により生計が維持されている
②3親等内の親族であること
③3親等内の親族であっても、同一世帯が条件に入る親族もいる

ちなみに本籍地は、扶養に関係はありませんよ。

娘さんの場合、①及び②の条件に当てはまるので、被扶養者になれます。直系尊属にあたるので、③の同一世帯であることは条件に入りません。

極端な話、娘さんがどこに住んでいようが、結婚していようが、母親が生活費を元に生計を立てているなら、扶養できます。
結婚後も婚約者に養ってもらえるまで、あなたが生活の面倒をみるなら、娘さんは扶養できます。

場合によっては、協会けんぽから、問い合わせがくるかもしれませんが、その都度必要な書類等を提出したり返答すればいいだけです。

Q社会保険の扶養条件について教えてください

主人の全国健康保険協会の扶養になっています。
社会保険の扶養範囲内でパート勤務したい場合、以下の解釈で間違いないでしょうか?
(年収130万円未満・月々108,333円以内・交通費含む)
※パート先の正社員は、実働8時間・週休2日です。時給900円です。
※26年10月に改正があるのは分かってます。現状が知りたいです。
※もし扶養から外れた場合、パート先での社会保険には入れず、自分で国保に加入になります。
※パート先には、自分で気を付けてシフト調整する様に言われています。


【 OK 】
・1日6時間未満 or 月15日未満
・6時間 × 14日/月
・5時間半 × 週5日(20日/月)

【 NG 】
・1日6時間以上で月15日以上勤務
・6時間 × 週5日(20日/月)
・7時間 × 週4日(17日/月)

【その他】
・月〜木までは6時間、金曜日だけ5時間半でも大丈夫なのですか?
・毎月毎週ではなく、月や週によって、1日6時間以上で月15日以上勤務するのもダメなのでしょうか?
・別件ですが、1年以上勤務すればパートでも失業保険が受けられますか?(自己都合の場合)



上記で、間違った解釈をしていたら教えてくださいm(_ _)m

主人の全国健康保険協会の扶養になっています。
社会保険の扶養範囲内でパート勤務したい場合、以下の解釈で間違いないでしょうか?
(年収130万円未満・月々108,333円以内・交通費含む)
※パート先の正社員は、実働8時間・週休2日です。時給900円です。
※26年10月に改正があるのは分かってます。現状が知りたいです。
※もし扶養から外れた場合、パート先での社会保険には入れず、自分で国保に加入になります。
※パート先には、自分で気を付けてシフト調整する様に言われています。


【 OK 】
・1日6...続きを読む

Aベストアンサー

勤務時間の話しは、あなたの
●『社会保険の加入の目安』であり、
その判断はパート先の会社に
任されているのです。

その会社がその『目安』をどれほど厳格に
考えているかだけです。

ご主人の会社の『扶養の条件』とは
別の話しです。
扶養の条件
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html


【あなたの】社会保険加入条件
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20150422.html
引用~
5.留意事項
(4)パートタイマー・アルバイト等を
雇用した場合

<判断基準>
次の(ア)及び(イ)のそれぞれに該当
する場合は原則として被保険者とされます。
(ア)労働日数
1か月の所定労働日数が一般社員の
概ね4分の3以上である場合
(イ)労働時間
1日又は1週の所定労働時間が一般社員の
概ね4分の3以上である場合

ただし、この4分の3以上の判断基準は、
あくまでも一つの目安であって、
これに該当しない人であっても、
就労の形態や内容等を総合的に判断した結果、
常用的使用関係が認められた場合は被保険者となります。
以上引用

●一般社員の4分の3が目安です。
例えば、
一般社員が月20日なら15日未満
一般社員が週40時間なら30時間未満
といったところです。

>月〜木までは6時間、
>金曜日だけ5時間半でも
>大丈夫なのですか?
24時間+5.5時間=29.5時間
ですが、
一般社員が7.5時間×5日
=37.5時間/週
という会社もありえます。
4分の3ですと約28時間ですので
範囲を超えている場合もあります。

>月や週によって、1日6時間以上で
>月15日以上勤務するのもダメ
>なのでしょうか?
会社の判断しだいです。
中には『勤務時間を超えているのに、
社会保険に加入させてくれない!』
と不満を持っている人がいる職場も
あります。
逆に社会保険には加入したくないと
あなたのように考える人が多数の
職場もあります。
そのあたりの雰囲気で、その厳密さは
変わると思います。

>1年以上勤務すればパートでも
>失業保険が受けられますか?
雇用保険に加入すれば、1年で受給資格は
得られます。
雇用契約時に雇用保険に加入するのか
どうかはご確認ください。

いかがでしょう?

勤務時間の話しは、あなたの
●『社会保険の加入の目安』であり、
その判断はパート先の会社に
任されているのです。

その会社がその『目安』をどれほど厳格に
考えているかだけです。

ご主人の会社の『扶養の条件』とは
別の話しです。
扶養の条件
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html


【あなたの】社会保険加入条件
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20150422.html
引用~
5.留意事項
(4)パートタイマー・アルバイト等...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報