グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

一眼レフのカメラの購入を考えています。
天体の撮影を主にやりたいのですが、予算があまり無く、どのサイトを見ていても困っています。
予算は30000-40000程度
天の川や星がくっきりと見えるのが理想です。
長時間露光の撮影にも挑戦したく、しっかりと映るもの。
また、勧めて下さるカメラの特徴や他にも使える機能など紹介して頂けるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その予算だと、中古機になりますので、キャノンのデジタル一眼レフカメラの中古機を予算に合わせて、その時に買える最新機種(高感度撮影に強いから)を購入してください


http://kakaku.com/used/camera/ca=0053/ma=50/

x7i
http://kakaku.com/used/camera/ca=0053/shop/18003 …

特徴はこちら
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx7i/

あと、リモートレリーズコードが必要です
http://cweb.canon.jp/camera/eos/accessary/detail …

予備のバッテリーも必要、メモリーカード(SDカード)も必要
それらも購入して予算内の納めるのでしたら、その分カメラは安い物(性能が劣る)をお買い求めください

あと、普段も使うのであれば、レンズが付属した物を買いましょう
先のURLはボディのみです。
天体望遠鏡に接続するのであれば、接続アダプタも必要です。
    • good
    • 1

>天の川や星がくっきりと見えるのが理想です。



露出の目安は、ISO3200・f2.8・30秒。
シャッタースピードは30秒を超えると星が流れるのでこれ以上に長く出来ず、レンズが暗いとその分ISO感度でカバーするか赤道儀を使用するかです。
次に、レンズの選定ですが、星だけ写しても妙味に欠ける。風景写真の一部として捉えると出来るだけ画角の広い明るいレンズが望ましい。
また、赤雲撮影でHa光線域の透過率を上げる為、天体撮影用に特化したカメラ(EOS60Da)や改造カメラを使う撮影者も居ます。

以上、纏めると、
・高感度ノイズ耐性に優れたカメラ
・F2.8クラスの超広角ズームレンズ
・丈夫な三脚
この3つは理想条件。予算的には30~40万円。
後は、妥協でどこまで落とすかですが、それは望むものから遠ざかると言う事です。

機材の話し以外では、街明かりの影響を受けない撮影場所探しとか、撮影前のカメラ設定・結露対策等ありますが、その辺りは検索で調べてください。

以上、全般で補足が必要なら書き込んで下さい。
    • good
    • 0

天体写真は長時間露出に対応しなければいけないため、


カメラ以外の三脚やレリーズ等備品もかなりかかります。レンズも標準域と望遠域をカバーするものが欲しいですね。
また、天体は日周運動をするため、30秒程度の露出でも星が線上に写ってしまいます。
なので、ガイドをする赤道儀のようなものも必要となってきます。
レンズもフードが欲しいですね。

カメラ自体の性能は一眼レフやミラーレス一眼で機種を吟味をすると、お望みの価格帯で天体写真を撮影できるカメラは入手できると思います。
その他の備品、特に三脚は安定性の良いものが必須なので、すぐにとは言いませんがもう少し予算を大目に取らないといけないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング