プロが教えるわが家の防犯対策術!

大学3年の女です。
私はものすごくあがり症です。

中学生の頃に赤面症になり、一時期治りかけていたのにまた再発しました。
中・高時代は赤面症の自覚はありましたが、
自分は緊張しいだなぁと思う程度で、あがり症だという自覚はありませんでした。

しかし、大学に入り、授業の中で自分のまとめた事を皆の前(10人くらい)で発表する機会があり、
そこで発表した際に声が震え、手足も震え、すごく恥ずかしい思いをしました。
友達にも「大丈夫?泣いてるのかと思った。」と言われました。

そこから人前で発表するのがすごく怖くなりました。
しかし、発表する機会はやってくるので発表します。
でも慣れることなく、声の震えや手足の震え、赤面は相変わらずです。

ゼミも毎回すごく憂鬱で、腹痛も起こります。
ゼミは学生3人+先生なのですが、自分の研究したいことについて調べて(レジュメ1枚分くらい)
発表し、先生がそれについて質問したり、助言をします。
ゼミは何度もやってきたのですが、やはり声は震えるし、
ゼミの前日からゼミが終わるまですごく憂鬱だし、腹痛や吐き気に襲われます。

何がそんなに怖いのか考えてみたのですが、先生から指導をされる事ではなく、
また発表で声が震えるのではないか、こんな小規模な場ですら声が震えるなんて、
おかしいと思われるんじゃないか・・・という事が怖いことに気付きました。

発表の場だけでなく、バイト先に友達を連れて行き、バイト先の人に会うときも
何故か動悸がします。自分ひとりで行くときは普通なのに。

あと、自分が精神的に問題があるのではないかと思う点は他にもいくつかあります。
高校が嫌いで、高校に行くときは毎朝腹痛が起こっていました。
過敏性腸症候群なのではないかと当時から思っています。

あとは卑屈な考えがあります。
高校の時、男子が可愛くない女子に対して「ブス」と言っていて
自分も言われてきたのですが、それから「結局男は顔なんだ。」と思うようになりました。
男性と関わるとき、そっけなくされると「この人が私にそっけないのは私がブスだからだ」
と思ったり、「先生(男)が私を評価しないのは、私がブスだからだ」と思ったり・・・
それについて友達に相談すると「そんな事思われてないと思うよ。そういうのは考えないのが一番」と言われたのですが、気付いたらまたその卑屈な考えが頭の中で巡っています。

家庭環境も良くなく、ずっと抑うつ的な感じがします。

こんな自分が嫌です。社会に出たときにやっていける気がしません。
とりあえず今一番に治したいのはあがり症です。
2週間後にまた発表の機会があるので今からすごく不安です。

私は何かの病気でしょうか。
せっかく大学に通わせてもらってるのに
生きるのがしんどいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

それは大変ですね。



症状を見るかぎり、どもり(吃音)に近いところも見受けられます。言葉が詰まることはありませんか?

一人の時は本を読めたり、歌は歌えても、大勢の前で読もうとすると言葉が詰まるのが吃音の特徴です。

http://kitsuon.onushi.com/

上記サイトで当てはまるようなら、吃音の治療も考えてほうがいいでしょう。

あがり症でも吃音でも、精神的な緊張から来ている気がします。失敗するのではないか・・・と、自分で失敗する環境を作らないようにしてください。

どなたかも書いていますが、人はあなたのことをあなたが思うより気にしていません。自分から積極的に発言したり、失敗を恐れない、好きなことをみつけ、仲間をみつけ、前向きに明るく生きていくようにしてみてはいかがでしょう。月並みなことしか言えませんが、がんばってくださいね。
    • good
    • 3

あがり症以外に社会不安障害も考えられると思います。



私もあがり症でした。社会に出てからその事を意識するようになりました。
私は、社内プレゼンなどでも人前に出ると脈拍が以上に早くなり、息苦しくなり普段の様に呼吸できなくなっていました。
その為あらかじめ準備していたにもかかわらず、思った様に自分の意見も言えず悩んでいました。

どなたかのブログからたどり着いた、こちらのあがり症プログラムに通い、今では人並み以上話せるようになったと自信を持っています。
http://www.mind-artist.com/kotodama/tag/agari.html

家庭環境の事も関係しているかと思いますし、根本的な潜在意識のトラウマを解決しない限り一生同じことを繰り返してしまいます。
私もそうでした。
理性や頭の表面的な努力はジレンマで抑うつ状態が進行してしまいました。
時間が解決しませんでしたし症状が悪化していきました。

社会は大学以上に逃げ場がありませんので今のうちに潜在意識から問題を解決した方が良いと思います。
    • good
    • 1

以前に類似した質問について書かせていただきましたので


載せさせていただきます。よかったら参考にしてください。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9151213.html
    • good
    • 0

私も「あがり症」でした。


ピアノを習っていたのですが、発表会になると文字通り「手が震えて」まともに鍵盤が押せなくなり、
先生や両親から「練習では上手なのに、どうして?」と言われていました。

今は、歳を取ったせいか、そこまで緊張することはないです。
仕事で、人前で発表する機会もありますが、そこそこ、ふつうにこなせています。
多分、自分を「必要以上に立派に見せなくてもいい」とわかったからだと思います。

人はどうしても「最善の状態の自分」を、人前で話をするときなどには、見せたいと思いがちです。
でも、オリンピック選手じゃあるまいし、誰も私に「それほど期待していない」ことがわかりました。
「だったら、あがってもいいし、間違えても死ぬわけじゃない」と考えるようになってから、
あがり症はだんだん直ってきました。いい意味で「どうでもいい」と思えるようになりました。

オリンピック選手を例えにあげましたが、彼らとて「競技に失敗しても死ぬわけじゃない」です。
失敗を叩く人もいるでしょうし、期待を寄せていた人は残念に思うかもしれませんが、所詮、他人事です。
私は「国民の期待を背負う一流選手」でも、失敗してもいいと思っています。
一流のアスリートは、きっとそんなことは、とっくにわかっていて、
「ほどほどの緊張状態で競技に臨める」んだろうと思います。
結果を残せるのは、精神状態のコントロールが上手な人かもしれませんね。
    • good
    • 0

あがり症を抑える薬があります。

インデラルやメンテートなどのβブロッカーです。もとは狭心症の薬ですが、心臓のバクバクを抑えます。発表の30分前に飲むといいでしょう。理解のある内科医からもらえます。
    • good
    • 0

自分であがり「症」って言ってるんだから病気でしょ。


「症」ってのは病気の性質や様子をあらわすんだから、あがり症って「症」が付く時点で立派な病気だよ。
あがり症はもっと医学的な言葉で言うと、SADって言って、社会不安障害とか社交不安障害っていうんよ。
自分であがり症だと思い込んでる場合もあるし、実際にあなたが病気かどうかは病院で医師が診断を下さなきゃなんとも言えない。
ここでなんとなく素人に聞いてあがり症なんだって思ったところでなにも改善されないよ。
最近じゃ薬とか使わないで治す方法もけっこうあるから、これから先のこと考えてなるべくはやく病院行って、もしSADと診断されたならとっと治療した方が良いよ。
    • good
    • 0

私もあがり症で苦労したので、お気持ちよくわかります。


私は吃音もあったので、なおさらです。

歳を取るとずぶとくなるのか、自意識過剰がおさまるのか、
結果的になんとなく人前でも普通にやれるようになりましたが。。。

お若いあなたであれば、緊張してしまうのは仕方のないことなんです。

精神的に問題があるとは思えません。

以前、テレビ番組で芸能人がピアノ演奏を競う番組がありました。
そこで登場した過去最多の優勝者が、手が震えてしまってまともな演奏ができなかったんです。
舞台裏で「震え出すともうどうしようもない」と泣いていました。
もちろんその演奏のプレッシャーは私たちの想像を超えているとは思いますが、
「こんな場慣れした芸能人でも緊張で手が震えてしまうものなのか」と
ビックリするような安心するような不思議な思いを抱きました。

ましてや場慣れしていないあなたが、緊張で手が震えるのは当たり前ではないですか。

あがり症は必ず克服できます。

あがり症は、極端なものですと社交不安障害(SAD)とも言われます。
これは精神的な治療も可能ですが、薬物による治療も可能です。

いきなり薬に頼るのはあまりオススメしたいわけではないのですが、
いざとなったら薬飲めばいいんだし、焦らなくていいや、
くらいに気楽に考えてみましょう。

SADで検索するといろいろな情報も得られますので、ぜひ調べてみてください。

精神科医の小田晋さんが、あがりの克服のひとつとしてこんな提案をしていました。
「緊張しないように努力するのではなくて、
 『どれだけ激しく緊張できるか試してみよう』という感じで、
 たくさん緊張するように自分の心に働きかけてみてください。
 そうすると、緊張している自分が逆に客観視できて、気持ちが落ち着くはずです」と。

私に関してはこの方法は一定の効果がありました。
機会があれば試してみてください。

あとは、お若いあなたには少し難しいかもしれませんが、
あなたのことはあなたが思うほど皆が注目しているわけではないことを知っておくとよいでしょう。
私も人目を気にしなくなるとともに、あがり症も治まっていったように思います。

あがるというのは、理想が高い証拠でもあります。
高い理想を持っているから、その理想にならなかったら怖い、という気持ちが緊張に繋がります。
ですから、その意味ではあがり症は決して悪いことではないのです。

自分のあがり症を肯定しながら、
しかし人はそれほど私に注目しているわけではない、という認識を持ってみてはいかがかと思います。

あとは、場慣れするかどうかも大事ですので、
あまり嫌がらず、どんどん人前に出ていく経験を重ねてください。

まとまりのない回答でゴメンなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q極度のあがり症で困っています

私は極度のあがり症です。
人前にでて何かをしたり、話をすることもできません。
みんなに見られていると思うと、心臓がバクバクして息苦しくなってしまい、全身が震えてしまいます。
仕事にも支障をきたしてしまうほどで、本当にどうしたらよいのか悩んでいます。
同じような経験をされた方、あがり症を克服した方がいたら、ぜひ力になってください。

Aベストアンサー

「自意識過剰」で検索してみて。
あなたがどういう状況なのか、わかると思います。
他人の目が気になるというのは、人のことばかり意識しているように思いがちですが
人から「自分」がどう見られているか・・・常に「自分のことだけ」を意識している状態です。
この状態では、人とうまくコミュニケーションがとりにくいと思います。
常に自分に意識が行っているせいです。自分以外のもの(人とは限りません)に意識がいくようになれば、苦痛が減ります。

あなたが思うほど、人はあなたのことを見てはいません。
あなたの行為や 言動や 存在を それほど観察している人はいません。
あなたは他人から見れば、どこにでもある風景のひとつ、
大勢いる通りすがりのひとりにすぎません。

だから、心配しなくても そのままのあなたで、大丈夫。

そのことがあなたの中で理解できれば、少しラクになると思います。

あと、あまり克服しようと躍起にならないほうがよいです。
自分のこの性格を、この自分のあがり症を、自分、自分・・・
と 余計に自分に気がいってしまって しまいに疲れます(笑)

メールカウンセリング、知っていますか。
東京カウンセル http://tokyocounsel.web.fc2.com/
ボランティアのカウンセラーが無料で相談にのってくれます。
ネットで見つけて、最初は本当に無料なのか、あやしいなーと思っていたんですが
ほんとに、無料です。こちらの素性は明かす必要はなく、匿名で大丈夫です。
何回メールしても、無料なので なんかうまくいかないなぁ と思った時は
返事が来ない間にまたメール送ったりすることもあります
自分の気持ちを文字にして送るだけでも、自分の状態がだんだんわかってきます。
わたしの担当の方は、だいたい数日中にはお返事くれます。
あまりたくさんは書いてくださらないですが、いつも何かヒントをくれます。

わたしはずっと人と関わるのを避けていたんですが、どうしても関わる必要が出てきたので
ここのメールカウンセリングを利用して、自分の状態を理解するうちに
人と会ったり話したりする苦痛が少し緩和されました。
最初に書いたようなことが理解できたのも、カウンセリングを受けたからです
そのあと、人前で話す機会があり、全然うまく話せないながらも必死でしゃべっていたら
ふいに、コツを得ました。あ、こういうことだったのか、って。
それでそれをまた、メールで送ったりして、相談するうちに徐々に整理がついてきました。
やっぱ自分だけの力では、なかなか。堂々めぐりで。
誰かの力を借りることで、自分を客観的に見ることができるようになります。

お仕事、あまり無理されませんように。誰にでも得意・不得意は、ありますから。
苦手なことは、無理せずに なるべく避けて通った方がいいと思いますよ。
それでも避けて通れない場面はあるでしょうし。
ストレスを感じる回数は、なるべく少ない方がいいと思います。

「自意識過剰」で検索してみて。
あなたがどういう状況なのか、わかると思います。
他人の目が気になるというのは、人のことばかり意識しているように思いがちですが
人から「自分」がどう見られているか・・・常に「自分のことだけ」を意識している状態です。
この状態では、人とうまくコミュニケーションがとりにくいと思います。
常に自分に意識が行っているせいです。自分以外のもの(人とは限りません)に意識がいくようになれば、苦痛が減ります。

あなたが思うほど、人はあなたのことを見てはいません。
...続きを読む

Qあがり症で心療内科にいきたいのですが・・・・。

この春で大学の二回生になるものです。昔から大勢人がいるところでの発表やスピーチのときに心臓がドキドキしたり、手に汗をかいたり、上手くしゃべれなかったりして困っています。

大学一回生のときは市販薬のアタラックスPを緊張が予想される場面(といっても普通の英語の授業でも緊張するのですが・・・)の前に服用していたのですがほとんど効果がなく心療内科で薬を処方してもらおうかと考えています。

心療内科に行ったことを家族に知られたくないのですが保険証をつかえば家族にばれてしまうでしょうか?

家族にカミングアウトしたほうがいいという方もいると思いますが、僕の場合症状がそれほど重くなく特定の場面以外では生活にまったく支障が無いので、家族に病院にいった事を言えば僕が考えている以上に心配するでしょうし、家族に必要以上に心配されるとそちらの方が心が重くなります。

どうぞよろしくお願いします。。

Aベストアンサー

こんにちは。「緊張する」のはとてもよくわかります。私もものすごくあがる体質でたった10人の前で自分の意見をいうのも緊張して声が震えて、手も足も震えて赤面して汗かいてさんざんでした。でも今はそれを克服しました。結論をいうと「場数」じゃないでしょうかね~当初質問者様のように心療内科で薬が欲しいといって受診したこともありましたが、認知行動療法をすると言われて、その病院のスタッフの前でプレゼンテーションをやってもらうと言われて思わず逃げ出してしまいました。でも今思うとこの医師は正しいと思います。でも・・・ですよね。緊張しない人は聴衆をかぼちゃと思えとか、相手は自分をしっかりみていないから大丈夫とかそういうことを言われますが、それができたら苦労しませんよね。それで私はひたすら発表原稿をつくり、それを家で読みまくり発表にそなえました。100回は読んでいたと思います。おかげで本番に声がかすれていましたが、アガリは極度に減りました。さすがに10分原稿でも100回も読んでいると、それが場数になったような気がします。あとサブリミナル効果のCD「アガリ解消」というのBGMにして原稿を読んでいました。(CDの効果はビタミン剤みたいで効いているのかはっきりしないものではありますが何もしないよりはいいのかも)嘘と思って一度、一日中原稿読みまくってみてください。

参考URL:http://www.genic-net.com/yakuso/agari-a.html

こんにちは。「緊張する」のはとてもよくわかります。私もものすごくあがる体質でたった10人の前で自分の意見をいうのも緊張して声が震えて、手も足も震えて赤面して汗かいてさんざんでした。でも今はそれを克服しました。結論をいうと「場数」じゃないでしょうかね~当初質問者様のように心療内科で薬が欲しいといって受診したこともありましたが、認知行動療法をすると言われて、その病院のスタッフの前でプレゼンテーションをやってもらうと言われて思わず逃げ出してしまいました。でも今思うとこの医師は正し...続きを読む

Qあがり症にインデラル。効果はいかほど?

私は、極度も極度、病的な程のあがり症に悩んでいます。人前での発表などでは中断した経験もあります。
それでも、「みんな緊張している。」「場慣れだ。」と自分に言い聞かせ、社会人になり10年頑張ってきました。話し方教室や呼吸法もやってます。
しかし、場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。
あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。

今では突然、動悸や汗・震えが出てきしまいます。
人前じゃなかろうが、友達や家族と楽しい話をしていようが関係なくです。


「発表」や「報告」なんていう言葉がどこからか聞こえるだけでも一瞬血の気が引きます。

もともと明るい性格なので、その場はすぐにふざけでごまかしますが、いつか鬱になりそうで怖いです。
(というか、こんなに神経質になってる時点で既に心が病んでる気がします)

でもそれをどうにか食い止めたくて、緊張する場だけ薬に頼るのも仕方ないかと思いました。

そこで、海外であがり症の特効薬としてインデラルが用いられていることを知りました。
でも輸入は怖いので、病院でちゃんと処方されたいです。

内科に行けばもらえますか? また、本当にあがり症に効果がありますか?

最後まで長文を読んで頂き、ありがとうございました。

私は、極度も極度、病的な程のあがり症に悩んでいます。人前での発表などでは中断した経験もあります。
それでも、「みんな緊張している。」「場慣れだ。」と自分に言い聞かせ、社会人になり10年頑張ってきました。話し方教室や呼吸法もやってます。
しかし、場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。
あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。

今では突然、動悸や汗・震えが出てきしまいます。
人前じゃなかろうが...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

>海外であがり症の特効薬としてインデラルが
>用いられていることを知りました。
日本でも社会不安障害(SAD)等の治療に
インデラル等のβ遮断薬が用いられています。
メンヘル系の病院に受診すれば、処方されると思います。
http://www.sad-net.jp/#

β遮断薬の働きを簡単に説明すると
ノルアドレナリンやアドレナリンが自律神経(交換神経優位)に作用して
多汗、動悸、体の震えが起こる事を止める薬です。
言わば対症療法薬に過ぎませんが。
この薬の服用で自信が付いて、根本の拘りや囚われが
解消されればベストです。

逆に拘りやすい傾向の方は、薬自体には依存性が有りませんが
薬を飲んでいないとアガル・震え等の症状がでる
だから薬を飲まなければならないと
精神的依存に繋がる可能性を否定出来ません。
このカテゴリーでもその様な方が散見されます。

参考までに私の処方は
坑うつ剤パキシル
うつ病性障害も有りますし、SADの治療薬としても
処方されています。
坑不安剤エチゾラム(デパスのジェネリック薬)
溶け易く、甘味があるので頓服や舌下服用に適している。
デパス自体に筋弛緩作用もある。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html
遮断薬はアルマール
本態性高血圧症気味なもんでαβ遮断薬を服用しています。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2123014.html

>あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。
>場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。
>失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。
本当は気にしないのが一番なんですけどね。
不必要な事(アガル、震え、人がどう思うか等)に注意を向けない、改善しようとしない。
何故か判っているのに出来ないですよね。

認知療法で言う自動思考状態になっているんでしょうね。
http://profile.allabout.co.jp/pf/ginzataimei/column/detail/19611
根本的に改善するのならば、費用や期間は掛かりますが
偏った認識や認知を修正する「認知行動療法」や
「あるがままで為すべき事を為す」拘りや囚われを解消する「森田療法」等が最良かと
http://www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/morita/index.html

こんにちは

>海外であがり症の特効薬としてインデラルが
>用いられていることを知りました。
日本でも社会不安障害(SAD)等の治療に
インデラル等のβ遮断薬が用いられています。
メンヘル系の病院に受診すれば、処方されると思います。
http://www.sad-net.jp/#

β遮断薬の働きを簡単に説明すると
ノルアドレナリンやアドレナリンが自律神経(交換神経優位)に作用して
多汗、動悸、体の震えが起こる事を止める薬です。
言わば対症療法薬に過ぎませんが。
この薬の服用で自信が付いて、根本の...続きを読む

Q極度の緊張症はどうしたら治る?

私はありえないほど緊張してしまうタチです。
特に緊張する場面では、声が震えそうになり、
小さい声しか出ません。

また、最近では、気にしすぎなのか緊張するような場面で
なくても声が震える、出にくいといった状態に
陥ります。非常に悩んでいます。

原因は一体なんなのでしょう?
よく、次のような事を感じます。
・なにか、お腹に力が入らないような感覚。ぶるぶる震える感覚。
・アゴが開きにくいような感覚。
※以前、片側のアゴばかり使っていたために、アゴがガクガクする
 感覚になった為に口腔外科へ行き、マウスピースなどを作り、
 また、両方で噛む習慣を付けたりしましたが、症状が完全になくなる
 ことはありませんでした。

と、体の症状はこんな感じです。
これも、声が出にくいなどの現象に繋がるのでしょうか?
また、極度の緊張症はどんなことをすれば改善されていくのでしょうか?ご経験者の方の意見をお伺いしたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一つの可能性として聞き流して下さって構いません^^;
自分も子供の頃から質問者さんと同じように酷く緊張症で困り果てていました。
緊張すると動悸やら赤面やら発汗やら腹痛やら吐き気やらで、
体中がお祭り状態になります。笑(←実際は笑えませんが)

「社会不安障害(通称:SAD)」という病気がある事をご存知でしょうか。
これは少し前からテレビCMなどでも取り上げられたりしており、
現代社会では多くの人が抱えている一般的な病気だそうです。
極度のあがり症の人は大抵この病気だったりするそうですよ。
一般的な症例をあげますと、「緊張・赤面・発汗・ふるえ・動悸、
声がでない・息苦しさ・腹痛・尿意頻回・ぎこちない行動」などがあるそうです。
この病気は脳の神経伝達物質のバランスの崩れなどが原因だと考えられています。
よって、薬物療法や精神療法によって改善する事が可能だそうです。
薬物療法などによりそのバランスを整えることができ、
つらい緊張症が改善されるならばそれに越した事は無いですよね。

私は医者じゃないので「確実にSADです」とは勿論断言できませんので、
やはり一度、病院に行かれて診断を受けてみられては如何でしょうか。
緊張症の原因はSAD以外の病気にも勿論ありますが、
病院で診察を受ける事によって、理解不能な緊張の「原因」が分かるだけでも
だいぶ精神的に楽になると思いますよ。実際私自身、そうでしたので。

長文すみません。お力になれれば嬉しく思います。<(_ _)>
↓SAD総合情報サイトのURLを貼っておきますのでご参考までに。

参考URL:http://www.sad-net.jp/

一つの可能性として聞き流して下さって構いません^^;
自分も子供の頃から質問者さんと同じように酷く緊張症で困り果てていました。
緊張すると動悸やら赤面やら発汗やら腹痛やら吐き気やらで、
体中がお祭り状態になります。笑(←実際は笑えませんが)

「社会不安障害(通称:SAD)」という病気がある事をご存知でしょうか。
これは少し前からテレビCMなどでも取り上げられたりしており、
現代社会では多くの人が抱えている一般的な病気だそうです。
極度のあがり症の人は大抵この病気だったりするそうです...続きを読む

Q極度のあがり症

14年営業している44歳です。私は極度のあがり症で、毎朝の朝礼での一言スピーチですら緊張してカミカミで何が言いたいのかよくわからないと思います。お客さんと話するときなんかは、緊張で滝汗です。汗が出だしたらとまらず、商談どころではなくなり、途中で話を切り上げ逃げ出してくることがほとんどです。私と同じような方で、あがり症だったけど、克服できた方いませんか?場数を踏めば慣れるといわれたり、漢方とか試してみましたが全く効果ありません。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

スピーチなどの話術はテクニックを身につければ、克服できると思います。
少し時系列でできることを書いてみます。
①スピーチが決まったら、さっそくテーマと原稿づくりです。
 例えば5分のスピーチなら緊張や噛んだりすることを加味して4分30秒ぐらいで作るのがベストです。
②早速家で(できれば全身、ないしは上半身が映る鏡の前で)録音しながら原稿を読んだり
 可能であれば、自分の目を見れるぐらいの余裕が出てくるとなおよいです。
③録音したスピーチを客観的に聞いて、現行の細かい修正をします。
④ある程度形になったら、家族に協力してもらい、スピーチします。
 ここでも聞き手の意見を聞いて現行の直しや、声の強弱、抑揚、ふるえ・こわばりがないかなど、技術も指摘してもらうといいです。言いたいことが相手に伝わっているかも確認できます。
⑤会場で練習できるようであれば、ぜひともしたほうがいいです。会場の大きさ、人数、原稿から視線を外した時の会場の見え方など確認できます。
⑥いざ本番です。発声練習、深呼吸でのどの調子を整えます。
 たとえつまずいても落ち着いてください。もうばっちり練習済みで、立て直す方法を原稿に書いておくといいと思います。
最後の最終手段は就活ならぬスピ活です。お金はかかりますが、プロがきっと成功に導いてくれます。頑張ってください。

スピーチなどの話術はテクニックを身につければ、克服できると思います。
少し時系列でできることを書いてみます。
①スピーチが決まったら、さっそくテーマと原稿づくりです。
 例えば5分のスピーチなら緊張や噛んだりすることを加味して4分30秒ぐらいで作るのがベストです。
②早速家で(できれば全身、ないしは上半身が映る鏡の前で)録音しながら原稿を読んだり
 可能であれば、自分の目を見れるぐらいの余裕が出てくるとなおよいです。
③録音したスピーチを客観的に聞いて、現行の細かい修正をします。
④ある程...続きを読む

Q対人恐怖症が治った人のおすすめ治療方法

対人恐怖症(医者によっては社会不安障害とも言うと思います)が治った、または改善された人に質問です。

どのような方法で対人恐怖症、社会不安障害を克服できたのですか?
自力でも他力でも治療方法を教えてください。

私は対人恐怖症や社会不安障害と診断されてきました。
安定剤を飲んでも一向に対人恐怖症の症状は良くならず、辛酸を舐めています。なぜ自分だけがこんなに苦しまなければならないのか、産まれてきた意味を見いだせません。
ほんとうにきついです! 同じ対人恐怖症で苦しんだことがある人ならよくわかると思います。
この世から人間がいなくなることはあり得ません。自分の対人恐怖症が治ることがない限り、一生この苦しみは続くと思います。

でも、世の中には対人恐怖症、社会不安障害が良くなって、楽しい人生を送れるようになった人もいると思います。
そういう対人恐怖症克服の先輩たちはどんな方法で、どんな心構えで症状を治していったのが知りたいです。

治った病院や施設、機関や、こういう考えで克服できたなど悩める私に教えてください。

Aベストアンサー

こん**は!
対人恐怖症(社会不安障害)を克服できた人間です。
今は自分で言うのも何ですが、なかなか充実して楽しいですよ。
充実していると、雪だるま式にどんどん楽しいですね。
対人恐怖症で苦しんでいたときは、やっぱり雪だるま式に転落して恐怖だけがふくれあがっていましたが(笑)。
まあ、悪化する方が圧倒的にスピードが速いので、良くなるためには一度自分のおかれた社会不安障害という状況を受け入れてください。昔のまだ悩んでいなかった頃の自分と比較してはいけないです。

社会不安障害と言われたのなら、自力で治そうとするとジレンマに陥って落ち込んでしまうので、専門家の力を借りてください。
自分の問題なので、独力で治そうとする意志と決意は必要ですが、焦ったり不安に陥ったときに、よけい不安や症状を強化してしまう恐れがあるので、ぜひ力を借りてみてください。

安定剤を自分も飲んできましたが、まったく効果が出なかったです。
治すにはもっと根本からやらないといけないです。

自分が対人恐怖症が治ったのは、そういう信頼できる実力が高い心理療法士のお世話になったからです。
無意識レベルに対人恐怖症の原因がへばりついているから、どんなに意識で努力しても、なかなかうまくいかなかったですよね? 無意識(意識下)にどうしようもないマイナスの感情や不安が鬱積して、反射神経回路に対人恐怖症が入り込んでいました。
神経症がどんなに努力をして気合いを入れても、しょせんは表面上をなぞるだけで、意識下には届かないです。だからジレンマに入り込んで、落ち込んでうつ状態になったり、気力が続かなくなります。
理由があって対人恐怖症を発症しているのですが、実は恐怖というのは人間を守るために必要な行為ですよね。
恐怖感、警戒感ゼロの生き物は生きていくことができません。
だから、あってしかるべきなのですが、問題はそれが行き過ぎていることに神経症の問題があります。
恐怖や警戒感、自意識がそこまでなってしまったことには、必ず理由があります。僕にもそのルーツ分析をして、ちゃんと発見しました。
それはイジメだったり、友人に裏切られたとか、からかわれて人間不信になったとか、親や学校の先生に自分の気持ちを踏みにじられたとか、愛情不足だったとか過干渉だったとか、人それぞれ理由があると思います。
そういうことが積み重なって対人的な恐怖が起きるので、そこを処理していかないと難しいです。

それで、自分がやった心理療法で、無意識(意識下)レベルから原因を破壊していくことをしました。トラウマ処理ですね。岩波英知先生という人なんですが、希代のスゴ腕なのですごい深い無意識をのぞける状態に誘導してもらって暗示やルーツ分析をしていきました。
他にも認知療法的なことをやったりしたんですが、つまり無意識にある「原因」を「原因」ではなくすることをして、僕は社会不安障害が治りました。文字数の制限があるので詳しくかけないですが、対人恐怖症が起こる回路をなくしていくという方法でした。
根本から治していく方法がどちらにしてもいいですよ。
可能なことですから、頑張ってください!

参考URL:http://www.mind-artist.com/

こん**は!
対人恐怖症(社会不安障害)を克服できた人間です。
今は自分で言うのも何ですが、なかなか充実して楽しいですよ。
充実していると、雪だるま式にどんどん楽しいですね。
対人恐怖症で苦しんでいたときは、やっぱり雪だるま式に転落して恐怖だけがふくれあがっていましたが(笑)。
まあ、悪化する方が圧倒的にスピードが速いので、良くなるためには一度自分のおかれた社会不安障害という状況を受け入れてください。昔のまだ悩んでいなかった頃の自分と比較してはいけないです。

社会不安障...続きを読む

Q泣きたいくらいのあがり症_会社を辞めたい

極度のあがり症で落ち込んでいます。
社内ミーティングなどで、発言しないけばならない
時があるのですが、頭が真っ白になってしまいます。
本日同様な場面があったのですが、頭が真っ白になり、
「何をどう説明していいのか○×△・・・」的な
ことを言ってしまい。結局何を話したのかは覚えていません。
まわりもなんとか最後にフォローしてくれたのは覚えているのですが。。。
「「緊張している人」を見て、まわりは「がんばれよ」という気持ちになることはあれど、決してその人の人格を否定したり嫌いになったりするわけではないから、思い悩む必要なない」的なことを「あがり症」克服サイトで読んだことがあります。その通りだと思います。
ただ・・・やはり「痛い人だなぁ・・・」とか「頼れない」、「ちょっとバカにしてしまう」ことはあると思います。

とりあえず下記のことを克服できれば、道は開かれると思うのですが、
なかなか難しいことです。

■まわりの目を意識しないようになる。
※話そうとするとき、「まわりからどうみられるか」をすごく意識してしまい、話すべきことに集中できず、頭が真っ白になる。これが一番の緊張の要因だと思います。

■失敗してしまったあと・・・
落ち込まないで済む方法。かなり引きずってしまい、恥ずかしさと恐怖で3日くらいは夜眠れません。仕事にも集中できません。自意識過剰かもしれませんが、自分が緊張した場にいた人たちからは「悲しい人・・痛い人・・」と思われているようで、意識してしまいます。そして次回このような場面に遭遇したとき、同じ失敗を繰り返すのではないかと恐怖に襲われます。

今、仕事を辞めたい、とまで思ってしまいます。(明日も会社に行きたくない)
泣きたい気分です。自己嫌悪でいっぱい。
でもこのままで一生を終えるのは嫌。
「あがり症」の自分とうまく付き合っていける方法が見つかれば、と思っています。

「こうすれば克服できる」的な読み物ひとおおり読みました。色々と試しています。
まず、「まわりからどうみられるか」というのを過剰に意識しないようにするにはどういう方法があるのか、をアドバイスしていただけたらと思います。「緊張する」こととは別に、常に「人から嫌われたくない」「否定されることを言われると異常に傷つく」自分がいて、それがまわりからの評価でしか、自分の価値を決められない部分になっていると思います。つまり、自分に自信がもてないのです。この性格はもしかしたら「あがり症」とリンクしている部分があるのかと。

ずどーんとした文章になってしまいしたが、、、
普段は明るい性格で「かなり気をつかう」タイプだとは思いますが、
対人恐怖ということはなく、初対面の人とでもうまく話せるほうだと思います。
むしろ、仕事がらみでよく知っている人、「この人はかなり頭がよく理路整然とはなしができる」すごい人だな~と思う人と同席したときに緊張します。

支離滅裂な文章になってしまい申し訳ありません。ただ悲痛な思いを聞いてもらいたかっただけのような感じになってしまったかもしれませんが。。。

同じ症状のある方、どのようにうまく「あがり症」とつきあっているか、等教えていただければ、と思います。また「あがり症」でないかた、「あがる人」を見て、どんな印象を受けますか?

何でも良いのでご意見いただけると嬉しく思います。

極度のあがり症で落ち込んでいます。
社内ミーティングなどで、発言しないけばならない
時があるのですが、頭が真っ白になってしまいます。
本日同様な場面があったのですが、頭が真っ白になり、
「何をどう説明していいのか○×△・・・」的な
ことを言ってしまい。結局何を話したのかは覚えていません。
まわりもなんとか最後にフォローしてくれたのは覚えているのですが。。。
「「緊張している人」を見て、まわりは「がんばれよ」という気持ちになることはあれど、決してその人の人格を否定したり嫌いにな...続きを読む

Aベストアンサー

自分も以前は極度のあがり症でした。

一番酷かったのは中学校~大学2年くらいまでで、以下のようなことがありました。

・部活の部長、クラスの代表等に推薦されたが、壇上で話すのがいやで全部辞退した。
・一度だけ代役で全校生徒の前でしゃべったが、最初の一言目が出ずに失笑をかった。続けて出た言葉もわけがわからなかった。
・国語の朗読の時間に、読むのが嫌で順番が近づいてきたらトイレに逃げたことがある。
・大学のサークルの自己紹介でうまくしゃべれず、おもいっきりひかれた(と思う)。

そして今はというと、以前の自分からはびっくりするほど克服できてます。
克服方法は、「場数を踏むこと」でした。

私が大学時代に所属していたゼミでは、卒業時に必ず外部の学会で発表しなければなりません。
そのため、本番まで5~6回の発表と発表練習をしなければなりませんでしたし、
ゼミ生30人くらいの前で毎週、進捗状況を報告しなければなりませんでした。

最初は本当に苦痛で、ゼミを移るか大学を辞めるかまで考えましたが、
耐えて毎週発表をしていたら、だんだん苦痛じゃなくなってきました。
あがらないコツというか、どうしゃべったらどもらずにしゃべれるか、
どのくらいのスピード、音量でしゃべればいいかがだんだんわかってきました。
じぶんは緊張するととにかく早口になってしまうようで、「ちょっと遅すぎるだろ」
と思うくらいゆ~っくりしゃべるようにしたところ、1年後には
あがりに関することを全く意識せずに発表することができるようになってました。
学会発表も、一度も噛むことなく緊張も(あまり)せずに行うことができました。

非常に苦痛でしんどいかもしれませんが、私の経験からいえることは、
苦しくてもとにかく場数を踏んでトレーニングして克服するのがいいのかなと思います。

むしろ、初対面の人とでも気軽に話せる質問者さんのほうがうらやましいですよ。
自分は人見知りなのでなかなかうまくいきません。
そっちのスキルのほうが社会生活では大事だと思うので。

自分も以前は極度のあがり症でした。

一番酷かったのは中学校~大学2年くらいまでで、以下のようなことがありました。

・部活の部長、クラスの代表等に推薦されたが、壇上で話すのがいやで全部辞退した。
・一度だけ代役で全校生徒の前でしゃべったが、最初の一言目が出ずに失笑をかった。続けて出た言葉もわけがわからなかった。
・国語の朗読の時間に、読むのが嫌で順番が近づいてきたらトイレに逃げたことがある。
・大学のサークルの自己紹介でうまくしゃべれず、おもいっきりひかれた(と思う)。
...続きを読む

Q手が震えてこまってます。

手が震えてこまってます。
年とともに落ち着いていくと思ってましたが、いっこうに良くならずますます、人前で字を書くときに手が震えて、ひどいときには、まったく文字になりません。精神安定剤を飲んでも、あまり効き目がありません。四十も中を過ぎ、自分自身、何やっているんだろうと自己嫌悪と羞恥心に消えてしまいたいくらいです・・・

Aベストアンサー

>何やっているんだろうと自己嫌悪と羞恥心に消えてしまいたいくらいです・・・
この考えに拘ると治りません。
「字を書く→手が震える」始めは微かな震えに気付いたのだと思います。
それを意識し始めて、震えがひどくなったと推測します。
気にしなくても良い余計な事を意識を向けた事が原因です。

気づいた時にどうしたのかな?位で済ませば、その後問題になる事はなかったでしょう。
それを「字を書く→手が震えたらどうしよう→やっぱり震えた」を繰り返す事によって
「字を書く→手が震える」と条件反射的にしてしまったんです。

どうすればこの症状を改善できるかですが確かに、社会不安障害の治療法と同じです。
即効性を求めるなら、βブロッカーと言う薬を使います。
不整脈・心不全等の心臓の薬ですが、ノルアドレナリンが自律神経の交感神経に作用する事を遮断して
緊張や筋肉に不自然な力が入るの状態を防ぎます。
社会不安障害の緊張による身体的症状(動悸、呼吸の乱れ、体の振るえ)の改善に使われます。

大体はこの薬で治まります。
それでも駄目なら坑不安剤+βブロッカーとなります。
人間は面白い物で、成功体験を繰り返すと自信を取り戻し、薬なしでも大丈夫になります。
その症状が出た時を負のスパイラルと例えると、正のスパイラルとでもいえるんでしょうか。

その他には、薬なしで改善する方法としては
リラクゼーション法の自律訓練法や心理療法の認知行動療法等が有ります。
自律訓練法は自律神経(交感神経と副交換神経)の同調させ
過度の緊張を取り去るリラクゼーション法です。
独習でも行なえますが、指導者について学んだ方が良いと言われています。

認知行動療法は、認知(字を書く震えに気付く)が誤った考え(字を書く震えてしまう)作り
そのような行動(やっぱり、震えた)を起こす。
その誤った思考を修正する心理療法です。
うつと不安の改善には効果のある心理療法です。

>何やっているんだろうと自己嫌悪と羞恥心に消えてしまいたいくらいです・・・
この考えに拘ると治りません。
「字を書く→手が震える」始めは微かな震えに気付いたのだと思います。
それを意識し始めて、震えがひどくなったと推測します。
気にしなくても良い余計な事を意識を向けた事が原因です。

気づいた時にどうしたのかな?位で済ませば、その後問題になる事はなかったでしょう。
それを「字を書く→手が震えたらどうしよう→やっぱり震えた」を繰り返す事によって
「字を書く→手が震える」と条件反射的にし...続きを読む

Q医師がインデラルを処方してくれない・・・・・・

お世話になります。

元々、小心者で緊張しやすい性格で通院しております。
現在、セパゾンを一日3錠処方されておりますが、あまり効果がなく緊張感が取れません。

ネットで調べてみたのですがベータブロッカーのインデラルが心拍数を下げて
緊張を取る作用があるとわかったので、
早速医師に相談してみたところ、「インデラルは手の震えなどに効果があるだけで、なんとか」と
言われ結局処方されませんでした。

ネット通販でも購入できるみたいですが、
やはり勝手に買って飲むのは危険な感じがします。

セパゾン自体が抗不安薬の中でも強い方で作用時間も長いそうですが、
緊張が強く、あまり効果を実感できません。

何か良策はありませんでしょうか?

助言をお願い致します。

Aベストアンサー

僕(うつ歴9年)はセパゾンから、デパスという不安薬に変わり、しかも1回1ミリ毎食後と頓服で出してもらってます。

普通の内科では、ちょっと寝付きが悪い風邪の時に処方されるような薬です。

眠くなるんですね。

でも僕はいま、それだけ飲んでも眠くならないし、なんとか落ち着いてます。

βブロッカーなんかに作用するのは、ちょっとまた別の病気かもね。

一先ずはデパスにしてもらいたいと。
0、5ミリもありますから、そこから始めてみたらいかがかな?

Qデパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

デパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

たいした精神的不安ではないということですよね?

辛い人は1~2錠では効かないんですよね?

Aベストアンサー

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうしても増える。
そうなると飲む量も多くなる。
長期連用すると依存の副作用が現れる可能性も高くなります。

私はデパスのジェネリック薬を頓服で使っています。
あまりにも精神的不安が強い時だけに使います。
デパスは薬の切れ際がハッキリ判るので
切れた際、不快感や不穏が出てくることが有ります。

精神的不安が長く続く時は、同じ高力価で中時間作用のワイパックスを使います。
作用時間が12~14時間位です。
等価換算表ではデパス1.5g=ワイパックス1mgで同力価(量が少ない方が強い)ですが
眠気や筋弛緩作用の副作用が強くありません。
デパスに比べると効きがマイルドな感じで
効いてるのか切れてるのか、あまり感じませんので重宝しています。

余談ですが、デパスは日本で創薬された坑不安薬(旧吉富製薬)で
確かアメリカ・カナダでは販売未承認のはずです。
海外ではサプリ並みという事はないと思います。

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうして...続きを読む


人気Q&Aランキング