純文学からミステリーまで、乱読してきましたが、
スリルとサスペンスではスェーデンの作家が書いた
「ドラゴンタツゥーの女」で始まる3部作が最高だったと思っています。
この本を読むと、現在の日本のミステリー作家など子供の様に思えます。
 あなたにとって最高に面白い作品は何でしょうか?
 ご紹介ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ドラゴンタトゥーの女ですか。

読んでみようー!

私はラノベ卒業、純文学たぶん卒業で、読むものがなくなりあえいでいましたが、児童書という突破口がありました。
やさしくワクワクし謎もあり文章もそれなり以上が基本。
これという本でのお気に入りとなると一冊は選べないので、児童書カテゴリーが最高に面白い作品群だと思っております。
まぁあえて選ぶなら 竜が呼んだ娘 が、王道?で好きです(笑)

さすがに低学年向けの児童書は、言葉が幼くてつらいので
高学年向けの児童書が最高ですわ。
ファンタジー好きだからかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/01/22 18:06

先ずお断り・・!!


当方、小説の類は殆ど読まない・・!

--あなたにとって最高に面白い作品は何?--
回答者側の主観で答えて良いと解釈出来たので参加・・!

#「数と図形」H.ラーデマッヘル&O.テープリッツ著(山崎三郎+鹿野健訳) 日本評論社
(現在は(ちくま学芸文庫)から文庫版で再版されている・・・!)

当方にとって(付合いの長い!)愛読書である・・!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2016/01/22 18:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q完璧に本を検索できるサイト

yahooやアマゾンで検索してみたのですが、既に出版されているはずの本が(普通に本屋においてあるような本でも)出てこなかったりして、完璧には検索できないようです。
完璧に出版されている本が検索できるサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

「普通に本屋に置いてある本」である場合は、紀伊国屋書店のサイトを一番最初に使います。
それでもない場合は他のサイトも使います。

ただ、どのサイトでも「書名検索」する上で、注意することがあります。
書名中に、「」や《》、・(中黒)など、記号が含まれている場合がある時、ヒットしない場合があるからです。
解決策としては、AND検索機能が利用できる場合は、助詞をはずした単語の複数検索することです。
また、耳で聞いた書名だと、書名中のどの言葉が漢字なのか、カタカナなのか、ひらがななのか、わからない場合があります。
たとえば↓のように、書名の表記方法は様々な例がありえます。

「楽園」の子どもたち
楽園(パラダイス)の子供たち
楽園の子供達


また、数字の問題もあります。
「21世紀」なのか「二十一世紀」なのかでも検索結果に変化が出ます。
なかなか検索がうまくいかない場合は、「楽園」と「子供」or「子ども」or「こども」としてみたり。
紀伊国屋書店のサイトでは、カタカナ読み検索が可能ですので、「ラクエン」「コドモ」というふうに、カタカナ形でのAND検索でも試してみます。(カタカナ読み検索が可能でないサイトもありますので、ご注意ください)


↓は、本の検索のコツについて、説明しているサイトです。

「本の探検倶楽部」
http://homepage1.nifty.com/gekka/kagi.html
便利なサイト&参考図書情報
http://homepage1.nifty.com/gekka/joho.html


以上、ご参考までに。

「普通に本屋に置いてある本」である場合は、紀伊国屋書店のサイトを一番最初に使います。
それでもない場合は他のサイトも使います。

ただ、どのサイトでも「書名検索」する上で、注意することがあります。
書名中に、「」や《》、・(中黒)など、記号が含まれている場合がある時、ヒットしない場合があるからです。
解決策としては、AND検索機能が利用できる場合は、助詞をはずした単語の複数検索することです。
また、耳で聞いた書名だと、書名中のどの言葉が漢字なのか、カタカナなのか、ひらがななの...続きを読む

Q純文学と大衆小説の違いについて教えてください! 純文学 →読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思う

純文学と大衆小説の違いについて教えてください!
純文学
→読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思うことを作者のセンスで書いたもの。
大衆小説
→読者を意識し、読者が読みやすく親しみやすいよう書かれたもの。

自分なりに説明してみるとこんな感じなんですけど、こういう認識でいいんでしょうか…。よくわからないのでお願いします。

Aベストアンサー

大衆小説は、おもに筋や展開の面白さで読ませるもので、読者は基本的に、主人公や周囲の人物に感情移入して、ハラハラドキドキできればそれでいい、というものです。

純文学は、ストーリーはそこまで重要ではなく、言葉や表現そのものの奇抜さや面白さを味わわせたり、普通なら思いもしないような感覚や感情を描いたりするものですね。

Q本だけを検索したい・・・

こんにちわ。

自分の読みたいジャンルや求めている内容の
本を探せる、本だけを検索できる、
検索エンジンやサイトがほしいです。

ご返答お待ちしております

Aベストアンサー

質問の意味がイマイチ読み取りにくいのですが、amazonや楽天と違ってDVDやCDが検索に引っかからないサイト、ということですか?

それでしたら
http://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top
http://www.honya-town.co.jp/hst/HT/index.html
ジャンルで検索というのは難しいのですがそれぞれのページ内のジャンル別フロアが良いのでは。もしくは具体的に読みたいジャンルを挙げてくれれば答えやすいですが。

もしくは
http://www.osakaya.co.jp/
上記サイト内の「本の検索」か「ごんた堂」を使ってみてください。

いずれも取次(本の問屋)が運営しているサイトですので、CDやDVDより本が優先して検索される、と思います。

内容で検索できるページは覚えがないです。googleをうまく使うのが一番だとは思いますが。

これで質問の答えになりますか?
求めている回答と違うのでしたら補足してください。

Q純文学・大衆文学

最近気になって仕方がないのですが、純文学と大衆文学の違いとは
何だと思われますか?

学術的な定義はよくわかりませんが、自分自身は

・純文学→人間や生き方を追求。人の内面世界を重視。固め暗め。
・大衆文学→ストーリー自体の面白さを追求。エンターテイメント性重視。軽め。

という風なイメージを持っています(個人的には大衆文学の方が好みです)。

でも、最近、「純文学はエンターテイメント性は低いのか?」「大衆文学
だって、人間を深く描いているものもあるじゃないか」、という疑問を
持つようになり、「純文学・大衆文学の違いってなんだろう」と思うように
なりました。特に、純文学って何?、と。

知人とそのことについて話したところ、「自分は純文学と言われる本は
嫌い」とのこと。理由は、「作者も登場人物も自分(の世界)に酔ってる
感じがする」「内面がドロドロ書いてあって、書いた本人はスッキリ、
読んでる方はどんより。わざわざ暗い気分になるために本を読みたくない」
からだそうです。これは、その場のノリで話した内容なので、極端な言い方
だとは思いますが、私自身が「読後感がスッキリ爽やかな明るい純文学」に
出会ったことが無かったので、少し納得したりも(笑)

線引きや言葉の定義について深く考えることもないかな、とも思うのですが、
何となく気になるので、純文学と大衆文学の違いやそれぞれの魅力について
皆さんの意見をお聞かせ願えればと思います。また、それぞれのお薦めの一冊、
というものがありましたら教えていただけると嬉しいです。範囲が広すぎる
とは思いますが、あえて!特に、明るい純文学を知りたいです。

内容の薄い質問の割に、うまくまとめられず長くなってしまい、失礼しました。
お時間のある方、よろしくお願いします。

最近気になって仕方がないのですが、純文学と大衆文学の違いとは
何だと思われますか?

学術的な定義はよくわかりませんが、自分自身は

・純文学→人間や生き方を追求。人の内面世界を重視。固め暗め。
・大衆文学→ストーリー自体の面白さを追求。エンターテイメント性重視。軽め。

という風なイメージを持っています(個人的には大衆文学の方が好みです)。

でも、最近、「純文学はエンターテイメント性は低いのか?」「大衆文学
だって、人間を深く描いているものもあるじゃないか」、という疑問...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
お礼読ませていただきました。すぐに補足を書いたのですがgoo側に
削除されてしまったようで、kaigaisenさんの補足要求の再回答が
結果として遅れてしまい、失礼しました。

<<宮本輝について>>
純文学より大衆文学にカテゴライズされる作品がはるかに多いです。
ダ・ヴィンチ誌上インタビューで「希代のエンターテインメント小説作家」
というタイトルが振られるくらいです。
『道頓堀川』から読書を始められるのはお薦めしません。純文学→大衆文学への
変遷作なので、
(1)作品として洗練されていない(私個人は大変好きな話ですが)
(2)もし純文学と大衆文学の違いを理解されたいなら川三部作を初めから読むほうが
  よい(『泥の河』『蛍川』『道頓堀川』の順)
という要素があるからです。
kaigaisenさんが質問の「純文学・大衆文学」にこだわって理解を深められたいなら(2)の方法で作品を読むとよいかもしれません。
単に宮本作品を読んでみよう!と思われたのでしたら、『ここに地終わり海始まる』『錦繍』がよいかも。
また全集が出ていますので、それを順に読まれてもよいかもしれませんし、
映画化された作品が多々ありますので、それらをご覧になってもよいかもしれません。江角マキコ主演の『幻の光』、岸谷ゴロウ(漢字分かりません)出演の『わたしたちのすきだったこと』などあります。

<<漱石・鴎外について>>
鴎外は『舞姫』かな?
漱石はわたしも『こころ』がよいかと思います。

<<純文学の暗さについて>>
生と死はどうしてもエンターテインメントなしに語ると自然と暗くなりませんか?
だから意識して暗くかいてるわけじゃないと思います。
ただ海外の純文学は日本のものより明るいイメージを抱くことが。
芸術作品を作り上げる際に影響するだろう、国民性の違いでしょうか?

こんにちは。
お礼読ませていただきました。すぐに補足を書いたのですがgoo側に
削除されてしまったようで、kaigaisenさんの補足要求の再回答が
結果として遅れてしまい、失礼しました。

<<宮本輝について>>
純文学より大衆文学にカテゴライズされる作品がはるかに多いです。
ダ・ヴィンチ誌上インタビューで「希代のエンターテインメント小説作家」
というタイトルが振られるくらいです。
『道頓堀川』から読書を始められるのはお薦めしません。純文学→大衆文学への
変遷作なので、
(1)作品として洗...続きを読む

Qネットの検索と同じように、本のよい探し方ってないでしょうか?

ネットの検索と同じように、本のよい探し方ってないでしょうか?
アマゾンでレビューを見たり、知りたいキーワードで書籍を検索しますけど、沢山ありすぎたりしてよく分かりません。
例えば、”民主主義”などのキーワードで検索すると、wikiなどに出てくる解説だけではなく、民主主義の歴史的背景や民主主義が政治的に何に分類さるか、また、民主主義と全体主義の関係など。
自分の求める多くの情報を得られるような本の選び方をしたいのです。
今回は民主主義が知りたいわけではありません。

普段、本を選ぶときに選ぶ基準にしているものは、
(1)レビュー
(2)評価の高さ
(3)中古本の価格の高さ(高いほど良い)
(4)レビューの少なさ(これはレビューが政治的、何らかの意図的理由で反映させたくないなど、売りたくないのが見えるので余計に興味が湧くためである)

ざっと考えるとこんなもんです。
他にも理由はありますが思いつきません。

しかしながら、中古本の高さなどは、検索のしようもありません。偶然、あれ?なんで高いのかな?と思い取り寄せてみる次第です。非常に興味深く良い本もあれば、詰まらないものしばしば。
希少価値というのは、切手収集と同じですね。

質問を総括すると、よい図書とめぐり合う方法は?です。
よろしくお願いします。

ネットの検索と同じように、本のよい探し方ってないでしょうか?
アマゾンでレビューを見たり、知りたいキーワードで書籍を検索しますけど、沢山ありすぎたりしてよく分かりません。
例えば、”民主主義”などのキーワードで検索すると、wikiなどに出てくる解説だけではなく、民主主義の歴史的背景や民主主義が政治的に何に分類さるか、また、民主主義と全体主義の関係など。
自分の求める多くの情報を得られるような本の選び方をしたいのです。
今回は民主主義が知りたいわけではありません。

普段、本を選ぶとき...続きを読む

Aベストアンサー

具体的に探したい本があるのであれば、教えてgooなどのQ&Aサイトで質問してみるのが一番手っ取り早いのではないでしょうか?


私の場合、本の管理は Amazon に登録された本、CD、DVD に読書管理の情報を付加できる
「MediaMarker」 というサイトを利用しています。

MediaMarker
http://mediamarker.net/

このサイトが便利なのは、Amazon で検索した本を MediaMarker に読みたい本として登録しておくことができ、また近くの図書館を登録しておくと、それらの図書館のサイトに登録した読みたい本が蔵書にあるかの蔵書検索をワンクリックでできることです。

最近の市立あるいは県立の図書館はインターネットから予約ができ、近くの図書館に届けてくれるので、「MediaMarker で図書館の蔵書検索 → 図書館サイトで予約」という2ステップで読みたい本が予約できます。
興味のある古本を探して図書館で読んでから、購入できる本屋を探せばよいのでは。


Amazon での古本にはプレミア価格が付いて異常に高額な値段になっている本があるので、安く入手したいのであれば、オークションを利用するのが良いと思います。
Yahoo!オークションで言えば、その本の題名をウォッチリストに登録しておけば、出品された時にメールが届きます。


また、下記のインターネットで検索、購入できる古本屋サイトを利用するのも手です。
購入したい本が在庫になくても、登録しておけば、在庫が入り次第、メールで連絡してくれる機能を持っています。

イーブックオフ
http://www.ebookoff.co.jp/index.jsp

古本市場オンライン
http://www.furu1online.net/shop/goods/goods.asp?country=SYS99

参考URL:http://mediamarker.net/

具体的に探したい本があるのであれば、教えてgooなどのQ&Aサイトで質問してみるのが一番手っ取り早いのではないでしょうか?


私の場合、本の管理は Amazon に登録された本、CD、DVD に読書管理の情報を付加できる
「MediaMarker」 というサイトを利用しています。

MediaMarker
http://mediamarker.net/

このサイトが便利なのは、Amazon で検索した本を MediaMarker に読みたい本として登録しておくことができ、また近くの図書館を登録しておくと、それらの図書館のサイトに登録した読みたい本が蔵書にあるかの...続きを読む

Q新人文学賞の傾向(純文学系)

新人文学賞に応募したいと考えています。
文學界新人賞、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、のどれかに応募したいと思ってます。
過去の入選作などを読んだりしているのですが、傾向があるようなないような。
例えば、主人公の視点がひねくれている(笑)とか、性を主題にしているものが多いとか、今時の世間で流行っている気分が出ているとか、主人公の年齢層とか、受賞者の年齢層とか、結末がハッピーエンドかアンハッピーかとか、etc。
何か感じることがあったら教えて頂きたいのですが。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

純文学系のことはよくわからないので単なるイメージですが、カラーはやはりあると思いますよ。読者層が若いとか、保守的とか、とんがってるとか。

どの程度研究すべきかは何とも言えないでしょう。
付け焼き刃でも入賞することもあれば、研究し尽くしたって何ともならない場合だってあるでしょう。
結局は作品が全てということです。
ただ、新築の家にリフォームのセールスに行くような真似はしたくないですから、アバウトに流れを把握しておくくらいのことは必要でしょう。
それがどこまでプラスになるかはわかりませんが、少なくともマイナスではないはずです。

Q検索エンジンを使いこなす本を紹介してください

検索エンジンを活用しても、
なかなか思ったとおりの検索が出来ません。

googleやヤフーの検索エンジンで、
ズバリ思ったような検索が出来る力をつけたいです。

検索エンジンを使いこなすための検索テクニック本で、
何かよいものがあったら紹介してもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/support/bin/static.py?page=searchguides.html&ctx=basics&hl=ja

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/

Qラノベと純文学の扱いの差(一般文学作品)

学生の頃、友達が読書感想文の題材でライトノベルを使っていました。
作文は高評価だったのですが、ラノベが題材ということで先生に苦い顔をされたらしいです。
それを思い出して疑問に思ったのですが、読書感想文=純文学(一般文学作品)ってイメージが強いですよね。ラノベで書く子もいますがそれって少数だと思いますし。

この扱いの差って何だろう?と疑問に思いました。
ラノベと一般文学の違いを比べたら、表紙のイラスト(萌え絵かどうか)・文体・題材がファンタジーが多い等色々出てくると思います。
でも表紙がイラストに関して言えば「仏果を得ず」「夜は短し歩けよ乙女 」「十二国記」なんかもイラストですよね。でもこれらの作品はラノベじゃなくて一般文学作品に括られてます。表紙の「イラスト」が問題ではなく「萌え絵」(アニメや漫画をあまり見ない人が見てオタクぽいと感じる絵?)かどうかなのでしょうか。
最近だと桜庭一樹の作品がハードカバーになりましたが、文庫版にあった可愛いイラストはなくなっていましたし。

あとちょっと話がずれますが、乙一・桜庭一樹・小野不由美等もラノベを書いていましたが、最近では文学作家に分類されてる気がします。これは賞をとったから?

私の母はアニメや漫画は手塚治やジブリくらいしか詠まない人ですが、小説は沢山読んでいます。ですがラノベに関しては読みたいと思ってはいるけど手はでない、と言っています。
ラノベを読まない人はどうして読まないのでしょう?
読書感想文でラノベを題材にすると顔を顰める人は多いと思いますが、何故でしょう?
疑問符が多くてすみません。
うまい質問文が思いつかないのですが、ようは上記のような扱いの違いって何故なんだろう?ということです。

私はラノベも読みますし好きですが一般文学で育っているので、どうしても贔屓目で考えちゃいます。
なのでラノベ愛読家(そうでない人でも!)の皆さんの意見が聞きたいです。
よろしくお願い致します。
ちなみに「ラノベだって面白い作品あるよ!馬鹿にするな!」という回答ではなく、ラノベと文学の扱いの差(?)についてでお願いします。

学生の頃、友達が読書感想文の題材でライトノベルを使っていました。
作文は高評価だったのですが、ラノベが題材ということで先生に苦い顔をされたらしいです。
それを思い出して疑問に思ったのですが、読書感想文=純文学(一般文学作品)ってイメージが強いですよね。ラノベで書く子もいますがそれって少数だと思いますし。

この扱いの差って何だろう?と疑問に思いました。
ラノベと一般文学の違いを比べたら、表紙のイラスト(萌え絵かどうか)・文体・題材がファンタジーが多い等色々出てくると思いま...続きを読む

Aベストアンサー

この問題を論じるにあたって、必ず踏まえなければならないと思われる、古典的な文章があります。

横光利一「純粋小説論」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/files/2152_6546.html


ここで「通俗小説」とされているものと、現在のライトノベルは、時代の変遷による違いはあるにせよ、位置づけとしては似た物として考えて差し支えないと思います。

僕は、ライトノベルと呼ばれるものはほとんど読みません。
一番の理由は、「知的刺激」が僕にとってあまり感じられないということが挙げられます。
語彙、漢字の使い方、前提となる知識、そういうものが「薄い」のが現在のライトノベルの特色だと考えています。
酷いいい方をすれば、何も知らない無教養な人間にも理解可能な文章。
これは、一定水準以上の教養のある人間にとっては、つまらなくて当たり前です。

とはいえ、ストーリーがわかりやすく、読みやすいと言うのも、モノ書きの腕の見せ所ではあります。
しかし、例えばトルストイがアンナ=カレーニナで見せつける、あの圧倒的に精緻な人物表現力、洞察力を目の当たりにしてしまうと、いかにも「偽もの」「薄っぺらい」と感じないわけにはゆきません。

■ラノベと文学の扱いの差(?)について…

敢えて、強引に分類すれば

●読むために前提とされる教養の差
●人物・状況の描写の精緻さ、洞察の差

むしろ、伝統的に言われてきた「偶然性」と「感傷」という問題は、あまり重要ではないように思えます。
そして、横光氏もかって論じた通り、通俗性、わかり易さもない文学は、本当の意味で優れたものとは言えません。
この技術的な二律背反性を、その作家なりに以下に克服するか?そして、問題意識を文章に織り込むか?
この
●「志の有無」
こそが、本来の純文学とライトノベルを区別するポイントであると、僕は思いたいです。

この問題を論じるにあたって、必ず踏まえなければならないと思われる、古典的な文章があります。

横光利一「純粋小説論」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/files/2152_6546.html


ここで「通俗小説」とされているものと、現在のライトノベルは、時代の変遷による違いはあるにせよ、位置づけとしては似た物として考えて差し支えないと思います。

僕は、ライトノベルと呼ばれるものはほとんど読みません。
一番の理由は、「知的刺激」が僕にとってあまり感じられないということが挙げられます。
...続きを読む

Q図書検索サイトについての本をさがしています

アマゾンなどの、いろいろな図書検索サイトの特徴について書かれている本があったら知りたいです。そういう本があるかもわからないのですが、もし知っている方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

インターネットブックマップ : オンライン書店・図書館徹底活動ガイド / アイブックコミュニケーションズ著(↓)

という本が出ています。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4883991644.html

Qサスペンス・ミステリーのお勧め教えて!

「結婚」をテーマかモチーフに使った
サスペンス・ミステリー系の小説ってありませんか?

新旧・国内外、問いませんが
今すぐ普通の本屋さんで手に入る本がいいです。
あと、文庫だったら、なお嬉しいです。

もう一つワガママ言わせていただければ
「セブン」みたいに怖いのは苦手です。
幽霊とかホラー系もダメだなあ。

読み終わった後で
「いろいろあったけど結婚できたね、良かったね」
って眠れるようなのがいいです。

赤川次郎さんとか好きなんですが
ほとんど読んじゃったので、それはパスで。

いろいろ注文が多くてごめんなさい。
ご存知の方、よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

「結婚」をモチーフにした、サスペンス・ミステリーと言われて思いついたのが、
山本文緒・著
「紙婚式」です。

参考URLで、読んだ方のレビューが見られますので、みてみてください。

でも、読後に「よかったね」っていうのとはちょっと違うかも…?
読む人次第のようですが。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30781844


人気Q&Aランキング

おすすめ情報