初めてお世話になります。不動産賃貸業経理初心者です。
不躾な質問お許しください。

毎年7月31日決算日で、毎月10日に前家賃(次月分)を
振り込んでもらっています。
以下のような仕訳をした場合について教えてください。

7/10 (普通預金)1000円(売上)1000円
7/30 (売上)1000円(前受金)1000円
8/1  (前受金)1000円(売上)1000円
8/10 (普通預金)1000円(売上)1000円 →9月分家賃

以上のような仕訳をし、月次推移損益計算書を社長に提出したところ
「8月の売上が2倍に計上されているのはおかしい」
と指摘されました。
納得はしたのですが、どのように直したらよいのか分からず頭をなやませています。

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1、入金=売上としてる


または
2、入金=前受金として処理して「何月分の家賃か」を判断してから売上にしてる
かのどちらかの処理を会社が選択してるはずです。

貴社は「1」を採用してるとします。
すると
7月30日の仕訳がいりません。同時に8月1日の仕訳がいりません。

貴社が「2」を採用してるとします。
すると
7月10日の仕訳が間違ってたとして7月30日に売り上げを減少して、8月1日付で売り上げを上げる仕訳は正です。
直すのは、8月10日の仕訳で、次のようになります。
8/10 (普通預金)1000円(売上)1000円 

8/10 (普通預金)1000円(前受金)1000円 

ところで、現在1月ですので、貴社はすでに7月決算は確定されてると思います。
すると7月30日の仕訳と8月1日の仕分けを不要とする案は実際にはしてはいけません。
決算書の内容が変わってしまうからです。

そうしてみると貴社が「1」か「2」かの確認をしてもしなくても、あなたのする仕訳は「8月10日の仕訳の訂正」しかできないことになります。

実務的に「どうしたら良いか」の答えは
8/10 (普通預金)1000円(売上)1000円 

8/10 (普通預金)1000円(前受金)1000円 
とし、
9月某日 (前受金)1000円 (売上)1000円
の仕訳を立てることになります。

ところで、すると社長が「9月の売上が二重になってる」と言い出す可能性があります。
そうしたら、貴社は「2」を採用してると考えるしかありませんので、進行期における
○月10日  (普通預金)1000円 (売上)1000円
を全部
前受金処理して、翌月に売上に振り替える処理をするしかないです。

ご質問者が質問文で表してる仕訳は「2」の処理を選択してる社の仕訳ですが、
既述のように
8/10 (普通預金)1000円(売上)1000円
はミスです。
売上ではなく前受金が正ですね。

7月決算が確定して、法人税等の申告書を提出してしまってますので、7月の仕訳をいじるのは「禁」ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすい説明、感謝します。やっと納得できました」。ありがとうございます!

お礼日時:2016/01/18 15:22

当期から、毎月10日の仕訳を


(普通預金)1000円(前受金)1000円
とし、各月とも翌月1日に
(前受金)1000円(売上)1000円
の仕訳を切るのがいいと思います。

会計ソフトに通常仕訳と決算仕訳とを分けて入力する機能がついているのでしたら、
別の方法として、毎月10日の仕訳は
(普通預金)1000円(売上)1000円
のままとし、8/1の仕訳を決算仕訳扱いにしたうえで、
月次推移損益計算書は決算仕訳を含まない金額で出すやり方もあります。

前期の仕訳を直すことが出来るのでしたら、
さらに別の方法もあります。
ただ、すでに申告も済ませているのでしょうから、
前期の仕訳を直さない方法として
ふたつ出してみました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2つの方法分かりやすいです。助かりました、
ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/18 15:23

不動産賃貸に関しては、契約で「前月の10日に支払う」ような定めがあるときは受け取ったときの売上にすることになっています。



【原則的な方法】(シンプルで、楽です)
7/10 (普通預金)1000 (売上)1000 (8月分家賃だが7月の売上になる

8/10 (普通預金)1000 (売上)1000 (9月分家賃だが8月の売上になる


ただし、その月分に対応した発生主義的な考えによる計上も認められます。
【例外的な方法】
7/10 (普通預金)1000 (前受金)1000 (8月分の前受
8/1  (前受金)1000 (売上)1000 (8月分の売上

8/10 (普通預金)1000 (前受金)1000(9月分の前受
9/1 (前受金)1000 (売上) 1,000(9月分の売上
・・・・ 以下同様

売上の計上基準を貴方の事業所ではどうしているかは非常に重要です。社長などによく聞いて間違いのないようにしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございます。社長に相談してみる自信がつきました。ありがとうございます。

お礼日時:2016/01/18 15:24

7/10 (普通預金)1000円(前受金)1000円


8/1  (前受金)1000円(売上)1000円
8/10 (普通預金)1000円(前受金)1000円 →9月分家賃

----------------------------------------------

7/30 (売上)1000円(前受金)1000円・・・無用
    • good
    • 1
この回答へのお礼

仕訳ありがとうございます。納得しました!

お礼日時:2016/01/18 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前受金、支払手数料と売上値引絡みの仕訳処理について

以下の状況での会計処理についてご教示いただきたいと思います。
基本的な内容も含まれていると思いますが、ご対応いただけると幸甚です。


【前提条件】
・7~10月はサービス利用無料お試し期間。
・11月以降は有料(\10,000)。
・お客様からは、7~10月の無料お試し期間の申込書を頂いている。(先方押印/サイン済)
・無料申込書の中に「無料期間終了後は、継続利用を希望して翌月分を振り込んで頂いた方のみサービス提供。その際の料金は\10,000。」という記載もあり、無料申込書に押印/サインして頂く段階で確実に説明・合意している。
・通常は\10,000を頂くのですが、無料お試し期間にサービスを利用して頂き、その間の効果を考慮して、現実的にいくらなら払えるかを顧客にヒアリングしている段階。
・会計年度の期末は12月31日とする。

【質問事項】
■以下の仕訳処理は正しいでしょうか?
(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475
(2)11月30日にサービス提供が完了する場合。
 → 前受金 6,475 / 売上 10,000
   売掛金 3,525 (振込手数料\525 + 売上値引\3,000)
(3)会計年度の期末(12/31)の処理。
 →<期末に纏めて処理する場合>
   売上値引 7,050 / 売掛金 7,050 (振込手数料\525+値引\3,000の合計 × 2か月分)
 →<月末に都度処理する場合>
   売上値引 3.525 / 売掛金 3,525 (1ヶ月分)
■売上値引と支払手数料について
・振込手数料を当方負担とする事と、当初契約したサービス利用料金よりも少ない値段で請求する場合、売上値引と支払手数料のどちらで仕訳を作成するのでしょうか。?
・また、それぞれを使用した際は、最終的な結果は異なるのでしょうか?

ご教示、よろしくお願いいたします。

以下の状況での会計処理についてご教示いただきたいと思います。
基本的な内容も含まれていると思いますが、ご対応いただけると幸甚です。


【前提条件】
・7~10月はサービス利用無料お試し期間。
・11月以降は有料(\10,000)。
・お客様からは、7~10月の無料お試し期間の申込書を頂いている。(先方押印/サイン済)
・無料申込書の中に「無料期間終了後は、継続利用を希望して翌月分を振り込んで頂いた方のみサービス提供。その際の料金は\10,000。」という記載もあり、無料申込書に押印/サインして頂く段階で確...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475

前のご質問に対して「売上はその役務の全部を完了した日に計上する」と記しました。それが原則(教科書的)なのですが、実務のテクニックとしては、当月中の入金であれば(特に返金を求められるような見込みがない場合など)、
  11月10日 普通預金 6,475 売上 6,475
で処理してかまいません。教科書的な処理が希望であれば、入金時はやはり「前受金」として、月末に「売上」に振り替えます。
 ただ、11月分の入金が10月中にあった場合は、月次損益の観点から、入金時は「前受金」、翌月になってから「売上」への振替をすべきです。


>(2)11月30日にサービス提供が完了する場合。
 → 前受金 6,475 / 売上 10,000
   売掛金 3,525 (振込手数料\525 + 売上値引\3,000)

上でもいいですが、1の方の回答にもあるように、値引きの3,000円分を売掛金で残さなくても問題ありせん。ただ、「通常は10,000円なのだが、特別に3,000円値引きした」という事実を重視したい場合はやはり「売上値引」で処理したほうがいいでしょう。損益計算書または収支内訳書に記録として残るメリットがあります。
 (どちらでも、所得(利益)金額は同じ、所得税も変わりません)

>振込手数料を当方負担とする事と、当初契約したサービス利用料金よりも少ない値段で請求する場合、売上値引と支払手数料のどちらで仕訳を作成するのでしょうか。

 値引きは「売上値引」、振込み手数料は「支払手数料」として区別したほうが記録としては適切です。
 
〔1回ごとの仕訳例(売掛金で残したりしないで、年末にまとめずその都度処理)〕  
普通預金 6,475 売上 10,000 
売上値引 3,000
支払手数料 525


>また、それぞれを使用した際は、最終的な結果は異なるのでしょうか?

消費税の免税事業者とお見受けしますが、消費税の課税業者であったとしても消費税の納税額は同じ、また「所得金額」も同じ、したがって所得税も同じです。

>(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475

前のご質問に対して「売上はその役務の全部を完了した日に計上する」と記しました。それが原則(教科書的)なのですが、実務のテクニックとしては、当月中の入金であれば(特に返金を求められるような見込みがない場合など)、
  11月10日 普通預金 6,475 売上 6,475
で処理してかまいません。教科書的な処理が希望であれば、入金時はや...続きを読む

Q売上、前受金の仕訳

昨日普通口座に10万円の入金がありました。
入金確認後4万円の商品を売上げ、残りの6万円は次回の商品代金分として先にいただきました。
このときの仕訳はどうなるでしょうか?

普通預金 100,000 / 売上 40,000
          / 前受金60,000
その後6万の商品を売ったときは
前受金 60,000 / 売上 60,000
で良いのでしょうか?

それとも
普通預金 100,000 / 売掛金 100,000
売掛金  100,000 / 売上   40,000
          / 前受金  60,000
その後
前受金   60,000 / 売掛金  60,000
となるのでしょうか?

長くなりましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

昨日(4月26日)の日付で、
〔借方〕普通預金 100,000 / 〔貸方〕売上  40,000
ooooooooo{空欄}oooooooo / 〔貸方〕前受金60,000

その後、商品を出荷した日の日付で、
〔借方〕前受金60,000 / 〔貸方〕売上60,000

です。

発生主義の会計では「売掛金」を頻繁に使いますが、このケースでは「売掛金」を計上する余地がありません。

Q売上時の前受金の仕訳について。

【質問】
 下記、仕訳(1)でなく、仕訳(2)で仕訳しても問題ないでしょうか?

< 例 >
A社から前受金で1万円を受領済みとします。
(請求書締め前に受領)

[売上時の仕訳(1)]
借方 / 貸方 
前受金 1万 / 売上 1万

[売上時の仕訳(2)]
借方 / 貸方 
売掛金 1万 / 売上 1万
前受金 1万 / 売掛金 1万
 =>一旦売掛金であげ、すぐに前受金で消す。

【仕訳(2)とする意図】
 仕訳(2)だと売掛帳に取引が記載されますが、仕訳(1)だと記載されません。
 普段、売上(売掛)と入金の状況を売掛帳で確認している為、
 可能ならば売掛帳に載る方法で仕訳したいと考えての事です。
 通常やらない様な、変な仕訳でしたら止めようと思います。

宜しくお願い致します。(質問者は個人事業主です。)

Aベストアンサー

2)の方法でもいいですよ。まとめると次のとおりです。
・入金時
 現金預金 10,000 前受金 10,000

・売上時
 売掛金 10,000 売上  10,000
 前受金 10,000 売掛金 10,000

しかし、入金時にも売掛帳に反映させるためには次の方法があります

3)
・入金時
 現金預金 10,000 売掛金 10,000
 売掛金 10,000  前受金 10,000

・売上時
 前受金 10,000 売上 10,000

Q1000円の30%上乗せすると、1000円の30%上利益を取る計算

すみません。
計算方法を教えていただきたく、書き込みをいたしました。
1000円の30%上乗せは、
1000X1.33=1330円だと思うのですが、
1000円の30%利益を取る計算はどうすれば良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1000円の30%上乗せは、
1000X1.3=1300円だと思うのですが。

1000円の30%利益を取る計算は

1000円×0.3=300円。

Q普通預金に振込まれた家賃収入の仕訳方

アパートの家賃収入だけの個人事業者です。アパートは家賃を含めて、すべて不動産会社が管理しています。家賃は月に一度、修繕費、清掃費、管理費などが差し引かれて普通預金に振込まれます。これを仕訳る時、振込まれた金額を一括で、普通預金、売上の勘定科目で借方と貸方に仕訳ていいのでしょうか。それとも、家賃総額、修繕費、清掃費などなど、それぞれひとつひとつ仕訳なければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

総勘定元帳の「家賃収入」の貸方に総額(№1の例なら10万)、相手科目「諸口」となります。
会計ソフトをお使いであれば自動転記され、記入の必要はりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報