ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

お墓って、どんな種類があるの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お墓」に関するQ&A: 古いお墓の処理

A 回答 (3件)

日本であれば、納骨堂、合葬墓 合祀墓、合同墓、樹木葬、散骨などあります。


ただ昔と違い、従来の「家墓」のお墓という枠にとらわれず、「個人墓」「両家墓」「永代供養墓」など
さまざまなタイプのお墓が造られるようになっているようですよ。
(おしゃれなガラス墓なもあるみたいです。  http://hikaribo.jp/mem/designgallery.html
他にも「のうこつぼ」という新しいお墓もあるようです。  http://matome.naver.jp/odai/2145256560938203801
お墓について色々、書いてあありますよ↓
http://hakadas.yomiuri.co.jp/hdbase1
    • good
    • 0

世界規模の話なのか、日本のことなのか。


宗教による違いなのか。
形による違いなのか。
お墓の材質による違いなのか。
埋葬する人数による違いなのか。
など。

質問があまりにも漠然としすぎていて、回答不能です。
    • good
    • 0

その貴方の質問は「家はどんな種類があるの?」と



同じですね。

ですから、なんと回答したらいいものか、、、。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本家と分家のお墓

宗派は浄土宗です。
夫が亡くなり、夫の希望で公園墓地にお墓を建てました。
その2年前に義父が亡くなったのですが、本家のお墓の継承者がいない為、以前より義父がお墓を見ていた為、義父は本家のお墓へ入りました。
夫は本家のお墓は嫌だと言い、義父は本家のお墓に入りたいと言っておりましたので、その通りにしたものの、父親と息子が違うお墓に入っているのはあまり良くないのではないかと義母と話をしています。
そこで、
(1)義父を夫のお墓へ一緒に入ってもらい、本家のお墓は永代供養をしてもらう。
(2)本家のお墓にある遺骨を全て夫のお墓へ移す。
どちらかにしようと思っているのですが、知識がないため迷っています。
どなたか、ご助言を頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

なるほど・・・

状況を詳しく理解していないので、ゴク簡単に述べさせていただきます。

はっきりさせておきますが、決まりは何もありません。一番肝心なことはご遺族の皆さんがどうしたいか、どうしてあげたいかを最優先にするということです。

亡夫さまは、なぜ本家の墓を嫌がったのでしょう。察するところ、本家のみんなと一緒の墓に入ることが嫌だったのではないでしょうか。
だとすると、本家のお墓にある遺骨を全て亡夫さまのお墓へ移すのは、亡夫さまを本家の墓に埋葬するのと同じことではないでしょうか。
また、公園墓地の場合、埋葬できる血縁範囲はかなり限られますので、本家の墓にある遺骨全てを改葬するのは現実的に不可能かと思われます。
さらにまた、本家の墓が寺院墓地(菩提寺)で、永代供養を受けてもらえるのならば

(1)義父さまを公園墓地に改葬し、本家の墓は永代供養する。

を、オススメします。

しかしながら、亡夫さまは菩提寺そのものを嫌っていたのかもしれません。ならば、公園墓地でみんな一緒もいいでしょう。
また、永代供養も一様ではなく、お寺さんによっては認めなかったり、無縁墓に合葬して既存の墓は更地にして変換することを永代供養といったり、そのまま墓を使用できたとしても30年とか50年の期限を付けられる場合が多くなってきましたので、永代供養について確認しておかなければなりません。

祭祀の承継については本件と無関係と思われますが、かなり難しい問題をはらんでおり、義父さまが使用権者であったかどうかも疑問がありますし、現在、貴家ご遺族の誰かが承継者であるどうかもかなり疑わしい状況です。墓を見ていたり(管理)、法事の施主になるだけでは承継者以外の者でもできます。法律的には現在承継者なしと考えてよいでしょう。もちろん、無縁ではありませんが、確認しておく必要があります。
(当方、民法の定める“祭祀の承継”については弁護士よりも詳しいです)

離檀料については憲法の保障する信教の自由を妨げるので負担する必要はありません。

余談ですが、亡夫さまが本家の墓を嫌ったのならば、義父さまを改葬した後、本家の墓は無縁にしてもかまわないかもしれません。亡夫さまはそのつもりだったような気がしてなりません。

合 掌

なるほど・・・

状況を詳しく理解していないので、ゴク簡単に述べさせていただきます。

はっきりさせておきますが、決まりは何もありません。一番肝心なことはご遺族の皆さんがどうしたいか、どうしてあげたいかを最優先にするということです。

亡夫さまは、なぜ本家の墓を嫌がったのでしょう。察するところ、本家のみんなと一緒の墓に入ることが嫌だったのではないでしょうか。
だとすると、本家のお墓にある遺骨を全て亡夫さまのお墓へ移すのは、亡夫さまを本家の墓に埋葬するのと同じことではないで...続きを読む

Qお墓の面倒、相続、自分のお墓について教えて下さい。

複雑でわかりづらいのですが、アドバイスお願いします。
未成年の時に両親が離婚し、苗字は父親のままで、母親が親権を持ち、母親と一緒に暮らしていました。成人後、結婚して、自分が筆頭者となって新しい戸籍を作りました。離婚した両親は死んだら、それぞれ代々のお墓に入るようですが、2人ともお墓の面倒を見てくれと言っています。両方にお墓参りには行くつもりですが、面倒をみるというと、管理費を払ったりすることですか?管理費などを払えば、2つのお墓の面倒見る事は可能なのでしょうか。また、将来、自分はどちらの墓に入れば良いのでしょうか?戸籍が別になったので、自分で新たに墓を買った方が良いのでしょうか?(ちなみに、次男です。しかし両親ともに長男より自分に面倒を見てもらいたいと言っています。)
また、父親には借金があり、遺産相続は放棄しようと思っています(負の遺産も相続しなくてはならないと聞いたので)。その場合、墓だけを相続する事は可能なのでしょうか?不可能な場合、墓も含めて放棄することになると思いますが、その場合、父親の墓に入る事はできないのでしょうか。父親の墓はどうなるのでしょうか?

複雑でわかりづらいのですが、アドバイスお願いします。
未成年の時に両親が離婚し、苗字は父親のままで、母親が親権を持ち、母親と一緒に暮らしていました。成人後、結婚して、自分が筆頭者となって新しい戸籍を作りました。離婚した両親は死んだら、それぞれ代々のお墓に入るようですが、2人ともお墓の面倒を見てくれと言っています。両方にお墓参りには行くつもりですが、面倒をみるというと、管理費を払ったりすることですか?管理費などを払えば、2つのお墓の面倒見る事は可能なのでしょうか。また、将来、...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして^^

2つのお墓を面倒見る事は可能です。
年会費や法事(3回忌7回忌17回忌など)に伴う
費用が必要となります。
うちは長男なのでお墓を守ってますが1つのお墓を
守る事も結構大変な事です。
金銭的にも結構かかるものです^^;
お兄様がいらっしゃるとの事で兄弟で守って行く事に
なるのでしょうか。
質問者様世代が守って行ったとしてもそこで終わりに
する訳にはいかないのでお子様達次世代に引き継ぐ事
も考えないといけないですよね。

相続を放棄した場合のお墓についてですが皆様がおっしゃって
る通り相続には関係ありませんのでご心配はいらない
です。

将来ご自身がどのお墓に入るかですが質問者様の
奥様のご意見もあるでしょうが好きな所にお入りに
なるのがよろしいかと^^
お父様のお墓でもお母様のお墓でもご自身でお作りに
なったお墓でも…。
ただお墓の数が多くなると守って行くお子様達が大変
になるかと思います。
無縁墓になるのは一番嫌ですよね。

Qお墓にお供えするお花について

先日父親の納骨式が終わりました。
子供の頃に祖父母のお墓参りをして以来、お墓という所に行っていない為、知識が全く無いのです・・。
お墓に鉢植えのお花をお供えしている方がおられるのですが、よいものなのでしょうか?
トゲがあるもの、ツルを巻くものはダメと聞きました。鉢植えのものは"根をはる"という意味でよくないのでは(私の勝手な想像です)と思うのですがどうなのでしょうか?
その他、お墓についての常識や何でも構いませんので、無知な私に教えて下さい。

Aベストアンサー

追記
 前述した餓鬼(飢えと渇き、それに際限ない欲望に苦しみ、絶えず他者をねたむ死霊)は荒れ果てた祠、汚れた墳墓、腐った水や食べ物のあるところを好むとされます。ですからお墓は絶えず清潔に保つべきです。なぜなら餓鬼はわれわれの自己中心的な貪欲さを象徴する存在でもあるからです(「今さえよければいい」という考えの人は墓や祠をきれいにしようとはおもいませんからね)。そういった餓鬼にもお供え物を施すことで、自分と故人の修行になるのです。
 そして墓地は先祖という今現在生きている私たちの根本・大道を象徴する場所であるため、そこを大切にしないようでは自ずと精神が堕落します。そしてそれはただ知識として頭で理解するのではなく、形式かもしれませんが実践して、体得しなければなりません。
「簡単に」「誰でもできる」「お手軽」なことがまるで「いいこと」であるかのように思いがちですが、そういったものは「分かったような気にさせる」だけです。
 そうではなく「不合理」で「めんどくさく」「何のためにこんなことを」と思うようなことが、逆に「分かるまで繰り返す」という、今の人間にもっとも必要なことではないでしょうか。
 形式ばったことかもしれませんが、繰り返して実行してください。そういう意味ではお盆や正月という定期的な行事のときに普段忘れがちなこの心を思い出せせてくれます。

お正月も近いので一言。初詣でというと有名な寺社にお参りするのもいいですが、まずは地域の氏神や鎮守を祀る神社。先祖をお守りし、縁をいただいた檀那寺、そして先祖を祀るお墓にお参りするのが本来の形ですよ。

追記
 前述した餓鬼(飢えと渇き、それに際限ない欲望に苦しみ、絶えず他者をねたむ死霊)は荒れ果てた祠、汚れた墳墓、腐った水や食べ物のあるところを好むとされます。ですからお墓は絶えず清潔に保つべきです。なぜなら餓鬼はわれわれの自己中心的な貪欲さを象徴する存在でもあるからです(「今さえよければいい」という考えの人は墓や祠をきれいにしようとはおもいませんからね)。そういった餓鬼にもお供え物を施すことで、自分と故人の修行になるのです。
 そして墓地は先祖という今現在生きている私た...続きを読む

Q【仏教・卒塔婆】お盆にお墓参りに行くとボロボロの卒塔婆があるお墓がありますよね?仏教の教えでは、

【仏教・卒塔婆】お盆にお墓参りに行くとボロボロの卒塔婆があるお墓がありますよね?

仏教の教えでは、卒塔婆というのは7体用意して毎週替えることを教えていますよね?

墓地園が1本だけ卒塔婆を売るということは仏教の教えに反しているのであり得ないですよね?

それなのに古い由緒ありそうな墓地園でもボロボロの卒塔婆が刺さったままの木が茶色く変色して木が腐っているのもありました。

これはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

>墓地園が1本だけ卒塔婆を売るということは仏教の教えに反しているのであり得ないですよね?

 普通に通販で専門業者がうってます
 そもそも 死んだ人間は仏教でも 後に残る人が仏教だとは限らないです

Q仏壇やお墓はいつたてるものですか?

嫁の父が亡くなり(3月18日)まだ、仏壇もお墓もない状態で初盆を迎えようとしていますが、、。
これっていいのでしょうか?私個人としては、49日までに、無理でも100日までにとは思ってましたが、、、。
初盆なのにお墓参りができませんですよね?
で、無知ですいませんが、普通はどれぐらいの時期に仏壇、お墓をたてるのでしょうか?

Aベストアンサー

ただの一般人ですが参考までどうぞ

お墓についての決まりは習慣によるところが多いようで、仏典にもお墓に関する教えはありません。

お墓を建てる時期 割合
・1周忌・3回忌(亡くなって2年目) 50%
・生前中(寿陵) 25%
・49日(満中陰)・100ヶ日 10%
・春秋の彼岸・盆 10%
・その他 5%
普通一般には年回(一周忌・三回忌・七回忌など)を選ばれています。
また、お盆や春秋のお彼岸、四十九日家百ケ日、あるいは祥月命日(故人の亡くなった月日と一致する命日)なども
良い日であるといわれます。が、日の良し悪しよりもなるべく早い時期が良いでしょう。
※納骨は??
仏式では、お墓がある場合は、四十九日や一周忌などの法要に合わせます。
またお墓がない場合も一周忌を目安にお墓を用意し納骨するのが一般的。
すぐにではないけれど、いずれお墓を建てようという場合は、一時的にお寺や霊園の納骨堂に遺骨を預ける「仮納骨」が一般的です。

初盆・・・お墓がないのであればそれはそれで仕方のないことでしょう。気持ちが一番大切です。
お寺さんに伺ってみてはどうですか?お墓を建てようとしているのであれば、いろんな事も質問できるのでは・・・

ただの一般人ですが参考までどうぞ

お墓についての決まりは習慣によるところが多いようで、仏典にもお墓に関する教えはありません。

お墓を建てる時期 割合
・1周忌・3回忌(亡くなって2年目) 50%
・生前中(寿陵) 25%
・49日(満中陰)・100ヶ日 10%
・春秋の彼岸・盆 10%
・その他 5%
普通一般には年回(一周忌・三回忌・七回忌など)を選ばれています。
また、お盆や春秋のお彼岸、四十九日家百ケ日、あるいは祥月命日(故人の亡くなった月日と一致する命日)なども
良い日であるといわれま...続きを読む

Q前にお墓のことで相談したいのですが、前の時はお坊さんにも言われて子供のいう通りに親の墓に入る決心をし

前にお墓のことで相談したいのですが、前の時はお坊さんにも言われて子供のいう通りに親の墓に入る決心をしたのですが…
その時お坊さんが他人でも全てやってくれるところがあると言ってました。
いま、そこに頼もうか?と考えています。
子供と言っても養子に出てるし縁も薄いですし
親の墓に入っても墓参りをする訳ではないし…
ただ親族が何というか?子供がいろいろと言われるのでわないか?と心配しましたが、親族と言ったって、私の家のことで文句が言えるほどの付き合いか?と思うと関係ないな…
子供が親の墓に入らないなら何もしない。と言うなら、それでもいいか…と考えています。
遺品整理屋に見積もりもたててもらいました。
後は、そのなんでも屋?それともお寺?
分かりませんが相談したお坊さんに聞いて、そこの人と話をしたいと思っています。
死んでも身内に頼まず他人に頼むのは?
と考えると、これでいいのか?
本当にいいのか?
この事で何か不都合は起きないか?
葬儀の流れから考えて行くと思いますが、まだ遺言書とか必要な書類があると思いますが分からないので役所に聞きに行くとして…
財産的なものは、銀行と証券会社には権利を11月までに現金にかえて欲しい事は話をしてありますが、今年中に売ってしまうともったいない物があり営業マンとの話も続きそうでまだ相談中で…
アー
なんか、頭の中が…
人に頼むと、どんな問題が起きるか?が心配でなりません。
私の希望していた樹木葬ももう見に行っているので電話一本で契約ができます。
私が死んで後残された者は何をするのか?
考えればいいでしょうか?
お墓と遺品整理とお坊さんと…
財産の書類と…あとなんだろう?
今いるマンションのパソコンのルーターと配線を返すのがあって…
電話も携帯もコレ処分していいのかな?
あと、殺処分される犬、猫達の寄付、dtv.、体操クラスも解約…
電気、ガスなどは先に連絡する。
保険関係もあった。入院費の請求書も取り寄せて、電話で解約出来る物と書類かいる物と分けて…
これでいいのか?
本当に悔いないか?
私が親を捨て子供を捨てる形になるが、これでいいのか?
本当にいいのか?
皆さまのお考えをお教え下さいませ

前にお墓のことで相談したいのですが、前の時はお坊さんにも言われて子供のいう通りに親の墓に入る決心をしたのですが…
その時お坊さんが他人でも全てやってくれるところがあると言ってました。
いま、そこに頼もうか?と考えています。
子供と言っても養子に出てるし縁も薄いですし
親の墓に入っても墓参りをする訳ではないし…
ただ親族が何というか?子供がいろいろと言われるのでわないか?と心配しましたが、親族と言ったって、私の家のことで文句が言えるほどの付き合いか?と思うと関係ないな…
子供が親の墓...続きを読む

Aベストアンサー

現代の方は檀家と言う観念ないので代々のはかを守ることなどあまりこだわらないようです。私も父と30年前に死別し母も昨年他界。市営の墓も手離し、合同墓地に骨を納めて年一回の法要に出掛ける程度。死者を弔うと言うよりは生きてる人へ奉仕する方が理屈にあっているのではないでしょうか?生き金を使うようにしています。

Qお墓の建て替えのお布施や流れについての質問です。

この度お墓を建て替えることが決まりました。 そこでいくつかわからないことがあります。 初めに古いお墓のお性根抜きなんですが
1、お坊さんにするお布施の金額は1万円にしようとかんがえています。これぐらいの金額でいいのか? 2、そのさいは白い封筒に表書きはお布施でいいのか?
あと、亡くなった父の一周忌に開眼供養と納骨をかんがえているんですが、 3、全部一緒にしてもよいのか?(開眼供養だけ先にすると、またお坊さんも呼ばないといけないし、日程の調整やお金もかかる。)…お墓買ったりして、正直あまりお金がないので… 4、その際、一周忌の法事のお布施、納骨のお布施、開眼供養のお布施?と分けて渡した方がいいのか? 5、その封筒はどんな封筒で表書きは何と書くか? あと、お骨は瓶というか陶器みたいな入れものに入っているので
6、散骨でも良いのか? 良いとしたら、結構な量のお骨が入っていますが、それを全部まくのか? 7、お骨の入ってあった入れものはどうするのか? 8、お性根抜きの日に、用意するものは?(お供えとお花だけでいい?)
9、お性根抜きの日の服装は?
10、父の一周忌、開眼供養、納骨の日に用意するものは?(お供えとお花だけでいい?)
11、父の一周忌、開眼供養、納骨の日の服装は?
だらだらと長文になってしまってすいません。
結局、何もわからないのでお墓のお性根抜きから開眼供養まで(一周忌や納骨があるが)服装やお金のことをこと細かに教えてもらえればうれしいです。 日も間近なので焦っています。

この度お墓を建て替えることが決まりました。 そこでいくつかわからないことがあります。 初めに古いお墓のお性根抜きなんですが
1、お坊さんにするお布施の金額は1万円にしようとかんがえています。これぐらいの金額でいいのか? 2、そのさいは白い封筒に表書きはお布施でいいのか?
あと、亡くなった父の一周忌に開眼供養と納骨をかんがえているんですが、 3、全部一緒にしてもよいのか?(開眼供養だけ先にすると、またお坊さんも呼ばないといけないし、日程の調整やお金もかかる。)…お...続きを読む

Aベストアンサー

もう少し事の重大性を考えられた方が良いですよ。子供の使いではありま
せんから、ママゴト遊びのような事をするのは止めましょう。

まず御根性抜きですが、最低でも3万円は包む必要があります。基本とし
ては3~5万円が相場とされています。1万円では失礼に当たります。

封筒は全て不祝儀袋を使用します。白い封筒に入れて渡しては駄目です。
表書きは御布施(お布施では駄目です。必ず漢字書きにします。)です。

開眼法要、一周忌法要、御根性抜き、御根性入れ、納骨は全ても別に包ん
で個別に御渡しします。まとめて一括にする事は許されません。
一部を一括するのも常識外れです。
一つの事が終われば御布施を御渡しするのが常識で、全てが終わってから
一括で御渡しする事は出来ないんです。そんな事をしては駄目なんです。
あなたにも色々な都合があるように、御寺側にも都合があるんですよ。
そんな事をしたら、亡くなられた御父様が恥をかく事になりますよ。
それでも良ければ御自由にされて下さい。

一度に複数の御布施を包む時は、どれが何なのか分かるようにします。
御寺さんに、その都度何の御布施なのかを伝えられたらどうでしょう。
御渡しする時の注意ですが、間違っても手渡しは駄目ですよ。
自宅等なら御盆に御布施を乗せて、御盆を両手で持って御渡しします。
御墓等の場合は直に手のひらに乗せないで、不祝儀を包んでいた包みを
手のひらに乗せ、御寺さんに差し出します。

あなたは御骨をどうされるのですか。御墓に納骨するのではないのです
か。御父さんのために建てられた御墓があるのに、どうして散骨される
のですか。もしかして御墓の内部に御骨を散骨使用と考えて居られるの
ではありませんか。納骨は骨壺のまま御墓の内部の収められます。
骨壺から出して入れるのではありません。

服装は全て喪服です。正装、準正装、略式正装がありますが、遺族の場
合は必ず何れかの喪服を着用する事になります。正装か準正装と考えた
方が間違いないでしょうね。普段着に黒い喪章を付けて出席するのは、
主催者側として恥ずかしい事です。

開眼法要の時ですが、御花、御線香、御水、御供物、数珠は必要です。

大盤振る舞いをしろとは言いませんが、ある程度の出費は覚悟しなけれ
ばいけません。御父さんが安心して眠られるようにするための儀式です
から、多少の出費は我慢するしかありません。

とりあえず御寺に出向いて、今後の段取りを話し合われて下さい。
その中で自分が何をすれば良いのか分かります。それぞれの儀式に対し
て、御布施の額を聞かれても失礼にはなりません。ただ指示された額を
値切るのは駄目です。

もう少し事の重大性を考えられた方が良いですよ。子供の使いではありま
せんから、ママゴト遊びのような事をするのは止めましょう。

まず御根性抜きですが、最低でも3万円は包む必要があります。基本とし
ては3~5万円が相場とされています。1万円では失礼に当たります。

封筒は全て不祝儀袋を使用します。白い封筒に入れて渡しては駄目です。
表書きは御布施(お布施では駄目です。必ず漢字書きにします。)です。

開眼法要、一周忌法要、御根性抜き、御根性入れ、納骨は全ても別に包ん
で個別に御渡しし...続きを読む

Q無知で、すみません。 葬儀をする際のお坊さんはうちの場合そのお寺にお墓はありませんが、一応檀家なので

無知で、すみません。
葬儀をする際のお坊さんはうちの場合そのお寺にお墓はありませんが、一応檀家なので頼んで来てもらっております。そのお寺の客殿及び庫裏新築のため、各家庭20万の寄付を頼まれました。これは必ず払わなければいけないものでしょうか?

Aベストアンサー

半分の10万円とか寄付しておけばよいのではないでしょうか。

お寺の檀家であり、でも、お墓は別の場所にある。

それは、”みなし墓地” とかにあるのかもしれませんね。昔から私有地などにお墓が
あり、明治時代とかにこれを”みなし墓地” とみなすという風になりました。

一般的に、遺骨という人を火葬した後の骨は、霊園などの登録した墓地に納骨する。
納骨は、事前に電話などでその日にちや時間を予約し、相手の承認を得ておくと、
その日のその時間に、遺骨を納骨するために作業してくれる人がお墓を動かして
もらえます。

その際に、「お経をあげてもらいたい」と希望しますと、お坊さんを1回あたり¥2,000
の手数料とかで呼んでもらえますので、どこかのお寺の檀家でなくても困りません。

納骨には、1回最低でも1万円くらいのお金を霊園の事務所に支払いますが、火葬許可証
という火葬した時の書類の原本を提出し、コピーを返してもらうしくみです。

人の骨が、あちこちの個人の家の庭とかにあると、それは殺人なども含めると捜査
しにくいという問題があるので、「墓地に火葬許可証の原本を提出する」という風に
決められています。

みなし墓地というのは、昔からとある個人の家の広い敷地の中にその周辺に住む人が
お墓を建てていったという歴史があり、昔から私有地の中に存在する墓地は、墓地と
みなすので、そこに納骨しても良いという風にみなされております。

みなし墓地とかにお墓がある場合、あまりお金も支払うこともないケースがあるかと
思いますが、そこを引き継いだ人のことを”墓守” と呼び、それはその家のずっと昔
からのお墓を守っていたりします。

正直なお話として、他人のお墓はどうでも良いようなところもあり、お金をもらうと
それを守る義務が生じるで、お金をいただかないというケースもあります。これは
お金をいただいていなければ、ある日そのみなし墓地をなくすことも可能だからと
いう考えになります。

そんな感じなので、お墓のある場所に、管理費とかを支払う方が良いので、お寺の
方はどうでも良い気がします。

よくお寺などに寄付でもすれば、その人の人生に良い結果をもたらすかのような
ことを言われる人がいらっしゃいますが、現実問題としては寄付をしてもしなくても
その人の人生に影響を与えることとかないと思います。

お墓がお寺にあれば、それはお金を支払っていかないと、お寺が破たんするとかと
いう結果になり、お墓が消えることもあり得ます。でも、そうでない場合には、
お寺が破たんしても影響はまずないと考えられます。

ただ、何かのご縁があって檀家になっているような気もしますので、1度くらい
少し寄付をして、その後で嫌になった時に檀家をやめれば良いのではないでしょうか。

檀家制度というのは、たぶん、キリスト教などを禁止した時代に、必ずどこかのお寺
の檀家にならないといけないという強制的な制度からそのようになったと考えられます。

よく言うじゃないですか。
「物事は始まりはどうでも良くて、終わり方の方が重要」だと。
何がきっかけでそのことが始まったのか? ということはあまりどうでもよいような
ことであり、その付き合いとかをやめる時に、何か気持ちなどで精算するという
感じでお世話になったお礼などをしてやめれば良いのかと思います。

半分の10万円とか寄付しておけばよいのではないでしょうか。

お寺の檀家であり、でも、お墓は別の場所にある。

それは、”みなし墓地” とかにあるのかもしれませんね。昔から私有地などにお墓が
あり、明治時代とかにこれを”みなし墓地” とみなすという風になりました。

一般的に、遺骨という人を火葬した後の骨は、霊園などの登録した墓地に納骨する。
納骨は、事前に電話などでその日にちや時間を予約し、相手の承認を得ておくと、
その日のその時間に、遺骨を納骨するために作業してくれる人がお墓を動かして...続きを読む

Q個人墓が爆発的に拡大しているそうです。 昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで

個人墓が爆発的に拡大しているそうです。

昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで地元を離れて自分と子供のお墓として家族のお墓を一族の家系のお墓から独立して建てるように一族のお墓から家族のお墓になって家族のお墓にも入らずに家族の親が建てたお墓ではなくまた新たに自分のお墓を建てる高齢者が増えているそうです。

旦那の実家の家族が入っているお墓に一緒に入りたくないという女の人が個人墓を夫のお墓とは別に建てるのが多いそうで、旦那の実家の家族と一緒に入りたくないが自分の実家のお墓に入れてくれと言うのも言いづらいので自分の好きなようにデザインしたお墓に維持管理費を先払いで支払っていく人が多いらしい。

子供はお父さんの実家のお墓参りとお母さんの個人墓の2つに参りしてるけど、お父さんが一族の本家のお墓参りをしなくなったように、子供の子供はおじいちゃんのお墓参りを止めるのか、おばあちゃんの個人墓のお墓参りを止めるのか両方とも行かなくなるのかわからないらしい。

孫が東京でまた自分たちのお墓を作ったら、完全に本家のお墓とお父さんの実家のお墓とお母さんの個人墓のお参りには行かなくなると思われる。

お墓が負債というか無縁化していって墓地だと無縁墓は引っこ抜かれて墓石は供養されて山住みされて、印字面を削って再利用される。

骨壺はどうするのかは分からない。

お墓が分散化されて個人1人に一個のお墓の世界になってきているのは間違いない。

これって個人墓の時代のお墓の概念はいまと変わりそう。

創価学会はお墓を複数持ちましょうって言った責任は感じているのだろうか?

個人墓の普及で無縁墓が増加して墓石がゴミ化しているのだが。

個人墓が爆発的に拡大しているそうです。

昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで地元を離れて自分と子供のお墓として家族のお墓を一族の家系のお墓から独立して建てるように一族のお墓から家族のお墓になって家族のお墓にも入らずに家族の親が建てたお墓ではなくまた新たに自分のお墓を建てる高齢者が増えているそうです。

旦那の実家の家族が入っているお墓に一緒に入りたくないという女の人が個人墓を夫のお墓とは別に建てるのが多いそうで、旦那の実家の家族と一緒に入りたくないが自...続きを読む

Aベストアンサー

うん、本当ですよね。

ゆえに、というか、当然の帰結なんだけど「樹木葬」とか「共同墓」を選択する人も多い。
埋葬に関しては、昔ならば「墓地」はあったけど、そこに樽詰めされた遺体を運んで、穴を掘って埋めるだけでしたからね。
だから墓石なんかも、主な役割は「目印」くらいだったんでしょうね。
それが肥大化し始めた。
墓石が巨大化し、お寺も墓地の「割り振り」を始めて、一族の墓としての役割を持たせるようになった。
それがさらに細分化していったのが昨今で、まるで建売住宅のようです。

個人墓の問題は、そう遠くないうちに転換を余儀なくされるでしょう。
高齢化と少子化は変わることはありませんので、無縁墓は爆発的に増え続け、寺も今までと同じ対応は出来なくなりますから、墓地そのものを減らす方向に傾くと思います。
もしくは、全く「別の場所」に共同墓や樹木墓を集めた「墓地公園」を建設し、読経なども省く方向での経営になると思います。

人間関係が希薄になってきたわけですから、当然、法要の回数などもミニマム化し、寺の存続が窮地に陥るのは目に見えています。
今は過渡期といったところです。

うん、本当ですよね。

ゆえに、というか、当然の帰結なんだけど「樹木葬」とか「共同墓」を選択する人も多い。
埋葬に関しては、昔ならば「墓地」はあったけど、そこに樽詰めされた遺体を運んで、穴を掘って埋めるだけでしたからね。
だから墓石なんかも、主な役割は「目印」くらいだったんでしょうね。
それが肥大化し始めた。
墓石が巨大化し、お寺も墓地の「割り振り」を始めて、一族の墓としての役割を持たせるようになった。
それがさらに細分化していったのが昨今で、まるで建売住宅のようです。

個人墓の...続きを読む

Qお墓について、困っています。代々の墓に今度結婚する兄嫁の先祖お骨を一緒に納める事は出来るのでしょうか

今度 兄が結婚します。
相手の家にお墓がありますが、一人っ子で結婚後お墓を守る人が居なくなってしまうため、こちらの代々の墓と一緒にしたいと相談されています。
父は、いいんじゃないか と暢気に言っていますが、どうなんでしょうか?
全く違う家が一緒の墓に入れるものでしょうか?
同じ区画内に新たに墓を立てるといった方法もあると思うのですが、そんなに広くないし..。
お墓は、市営の墓地にあります。(お寺の境内ではありません)
アドバスがありましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

坊さんです。宗教上、仏教上特に問題はありません。
ただ、墓地使用契約上等の関係で、寺院墓地なら宗派が異なると典礼権の関係で納骨不可。
霊園等納骨後も何の宗派でも良いところや公営墓地等の場合には、墓地使用者から見て納骨できる親族の範囲が使用契約や自治体の条例で定められており(墓地により異なる)、その範囲に入ればOKですが範囲外なら不可。となります。
したがって、ご質問のケースでは、市営の墓地なので、当該自治体の墓地使用条例に拘束されますので、市の墓地管理担当課に問い合わせるしか答えは出ません。今度結婚する兄か兄嫁が墓地使用者なら可能性はありますが、いずれかの両親が使用者の場合には親族間ではないので不可のはずです。


人気Q&Aランキング