ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

すみません。ダイアフラム式ポンプ(安川製YP-40VC)についてお聞きしたく思います。
カタログにてhttp://www.yasunaga-airpump.co.jp/風量と吐出圧力についての性能曲線が記載されているのですが、圧力が下がる(零に近づく)と風量が上がる意味がわかりません。
ダイアフラムポンプ自体の性能?みたいですが逆のイメージ(圧が上がると風量も上がる)しか思い浮かべず困っています。説明いただけたら非常に助かるのですが。。詳しいサイト等あればご連絡願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

普通の遠心ポンプでは締め切り圧力が最大で、流量が増えると吐出圧力は下がります。


それと変わらない・・・不思議ではないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。。ご連絡いただいたように不思議ではありませんでした。ご連絡ありがとうございました!

お礼日時:2016/01/26 12:27

吐出圧が低いほど流量が多くなる


これはすべてのポンプに言えることです
吐出圧が高いと言うことは大きな抵抗があるからです
この抵抗に打ち勝つために高い圧力が必要
逆に抵抗が大きいと圧力が上がる
抵抗が小さいと良く流れるので吐出圧は下がる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですね。もっとシンプルに考えれば良かったと思っています。ご連絡ありがとうございました!

お礼日時:2016/01/26 12:28

ダイヤフラムポンプは、容積型のポンプです。


単純化すると、一定容積を押し出す事を繰り返す事になります。
この場合に、押し出す容積が最大になるには、押し出し先の圧力が、理想的には0の場合です。(押し出し先の圧力以上でないと、容積を押し出せないわけです)
この時の押し出し先の圧力=吐出圧となります。(押し出し先の圧力と吐出圧がバランスしていると言う事です)
したがって、性能曲線図では、吐出圧が小さい場合が、最も吐出量が大きくなります。
なお、性能曲線で示されている圧力は、ゲージ圧力で表示され、大気圧を0として圧力を表示しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すみません。お礼の返信遅れました。わかりやすいご回答ありがとうございました。イメージつかめました!!失礼致します!

お礼日時:2016/01/26 12:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回転数と流量、揚程、動力の関係について

こんにちは。
ポンプで回転数nと流量Q、回転数nと揚程H、回転数nと軸動力Lの関係について回転数n1、n2としたときQ1/Q2=n1/n2、H1/H2=(n1/n2)^2、L1/L2=(n1/n2)^3とそれぞれ1乗、2乗、3乗の関係がある
解説を見るのですがこの根拠を教えて下さい。

Aベストアンサー

 
根拠は「運動とエネルギーの関係」です。
ポンプを理想化した原理的な表現です。


1.流量。
直径Dの車輪がn回転/秒で回ってる場合の外周の速度は
  V = πD・n  です。
外周に羽根を付けて水を掻くと、水も同じ速度Vで動きますから、

(1) 流量Qは 『 回転数に比例 』 します。
(2) Q = k・n  比例式で表した。kは比例係数。
(3) Q1/Q2 = n1/n2 係数を使わない形の比例式。

 (3)は、(2)の適当な2カ所、Q1=k・n1、Q2=k・n2 を分数にしただけのものです。分数にするとkが消えますよね。kは水車の寸法とか水の抵抗などが絡む現実的なものだから、抽象的な話をするときには出て欲しくない、そこで(3)のように「出てこない形」にするのです。
さらに、分数にすればメートルとかkgとかの次元も約分されて消えてしまうので「ただの数」になります。10rpmと20rpm、1000rpmと2000rpm、分数ならどちらも「2倍」となり、理論的、抽象的に説明をやりやすいのです。



2.揚程
物理の「運動エネルギと位置エネルギの関係」そのものです。物理の教科書にある式、
  1/2・mV^2 = mgH  Hは高さ
これを上記の(3)をマネして、V1のときH1、V2のときH2、の記号を使って分数にすると、gもmも1/2もみんな消えて、
  (V1/V2)^2 = H1/H2
となりますね、見やすいでしょう?
Hは揚程そのものだし、回転数と流速Vは上記1から分かるように比例です(この比例計数も分数で消えてしまうことが理解できますか?)。
  (n1/n2)^2 = H1/H2
となります。



3.動力
動力(ワットとか馬力)は、単位時間のエネルギ量(ジュール)、すなわち ジュール/秒 です。
単位時間に運ばれる流体の質量は
  m =ρQ kg/s
ρは流体の密度kg/m^3、Qはm^3/s
連続して毎秒、位置エネルギmgHを与え続けるから、その動力は
  L = mgH = ρQgH J/s
これもまた分数化すると、
  L1/L2 = (Q1H1)/(Q2H2)
これにQとHの式を入れると、
(以降は自分で。)



(分数にしてただの数にする方法を、無次元化や基準化などとも言います)

 
根拠は「運動とエネルギーの関係」です。
ポンプを理想化した原理的な表現です。


1.流量。
直径Dの車輪がn回転/秒で回ってる場合の外周の速度は
  V = πD・n  です。
外周に羽根を付けて水を掻くと、水も同じ速度Vで動きますから、

(1) 流量Qは 『 回転数に比例 』 します。
(2) Q = k・n  比例式で表した。kは比例係数。
(3) Q1/Q2 = n1/n2 係数を使わない形の比例式。

 (3)は、(2)の適当な2カ所、Q1=k・n1、Q2=k・n2 を分数にしただけのものです。分数にするとkが...続きを読む


人気Q&Aランキング