いつもお世話になっております。

私は会社の役員で、財務を担当しています。
会社と言っても、年商1億円に満たない中小企業となります。
今までは社長の人脈や信頼で、ここまでの事業規模とすることができました。
ただ、年商はそこそこまで来ましたが、利益などはまだまだ厳しい状態となっています。

最近より良い条件となる取引先が見つかり、取引準備を進めてまいりましたが、取引予定の会社の審査部門から取引のNGが出てしまいました。取引予定の会社の担当者も詳細を聞くことができない中、帝国データバンクの評点は低すぎたりしていたことが原因でした。

そこで帝国データバンクに確認をし、再度取材をしていただくことができました。
古い情報と少ない情報による評点が低すぎたのが原因のようでした。取り急ぎ、帝国データバンクの担当者に食い下がって、評価につながるであろう情報を可能な限り提出しました。

このような状態なのですが、いまだ半信半疑です。
取材する側も受ける側も人間であり、それぞれの能力によって取材情報やその量も変わってくるように感じます。

当然評点の詳細の基準などは後悔されていませんが、評点のポイントと重点を置いているところなどの目安がわかれば、大変助かります。
虚偽の事実を作り上げるわけではなく、会社の経営方針に合った形で一部の変更やいまだ提示していない情報などがあれば、あらたな経営方針の転換や情報の提示などもしていきたいと考えているので。

いかに正当な評価を受けるのか、そして評価をあげられる要素がどこにどのような形であるのか、このような情報を提供しているようなサイト、専門家がいらっしゃいましたらご紹介いただきたいのです。

重要な情報ですので、出せるわけないだろうという意見があってもおかしくないことは承知していますが、中小零細企業が発展していくためには、重要なことなのです。
経験・知識のある方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

調査会社の特長を考えてみれば判りますよ。



財務は一朝一夕には改善出来ませんから、そもそもそこは考えても余り意味はありませんけど、財務データは経営指標であって、その分析は調査会社であろうが銀行や会計事務所などでも同じ手法です。
また、こと財務分析のみであれば、調査会社より、それを専門的に行う会計事務所やビジネスコンサルなどの方が長じています。

すなわち、企業調査会社の存在価値や存在意義は、財務分析以外にあるのです。
それが何か?と言えば、一般的な興信所(探偵)などと同じで、ある企業の本質や個性を掴んだり、隠し事などを暴くことに長けているワケですよ。

従い調査会社は、「ディスクロージャー(情報開示)」を重視します。
これは調査会社の人間も明言しています。
過去3期分くらいの営業報告書,事業計画書をありのまま提出すると共に、社長自らが面談に応じるだけで、かなりポイントが稼げ、運が良ければそれだけで評価が1ランク上がります。

そう言う観点で言えば、「評価につながるであろう情報を可能な限り提出」なんてのは、これも余り意味が無く、調査員も余り関心を示さないでしょう。
下手すりゃ「少々、作為的な傾向が見られる」などと記載される可能性も否定できないと思いますよ。

むしろ「利益などはまだまだ厳しい状態」を正直に曝し、そう言う状況に対し、今後どのような施策を講じるのか?などに注力した方が良いでしょう。
調査員も、そう言う情報に興味を示し、その施策の妥当性などに対し、評価を下すのです。

また、中小企業においては、社長が核ですから、ポイント稼ぎを目指すなら、社長が対応することは必須です。
実際の調査報告書にも、社長の人物像などに関する記載にページを割いています。

アホ社長なら、出さない方がマシですが、出さないだけでも「社長はアホなのか?」と言う疑義を持たれるので、よほどのアホな社長じゃない限り、せめて顔くらいは出し、少々の会話はした方が良いそうです。
逆に優秀な社長なら、是非、前面に押し出してください。
私も経営に携わっていますが、経営理念や経営方針みたいなモノは必ず聞かれます。

余り露骨に「ポイント稼ぎ?」と感じられるのも宜しくないでしょう。
調査対象の企業とは言え、企業側は基本「調査に応じてやる」「情報を提供してやる」と言う立場ですから。
妙に下手とか卑屈に接したら、企業像や社長像が、誤って伝わってしまう恐れがあります。

あるいは、調査会社の調査のために、必死に資料を作るなんてのも、諸刃の剣かも知れません。
これもやはり作為的と受け止められたり、「そんなヒマがあれば、本業に注力しろよ・・」と思われる可能性があるので。
それよりは「社内資料で恐縮ですが。」の方が、「ありのまま」っぽくて、良いのでは?と思います。

No.1さんが仰る通り、一度、他社の調査をやってみるのも、良い方法とは思いますが・・。
今般の調査に間に合って、即効性が得られるかは疑問です。

まあ貴社のことであり、私は責任は負えませんが、調査会社の特長とか存在意義からは、さほど間違ってはいないとは思いますし、私なりの経験則からのアドバイスなので、ご参考まで。

弊社は財務も悪くはないですが、以前からディスクロージャーだけは意識しており、財務が悪かった頃でも、さほど評価は低くなく、財務が改善しても、さほど評価は上がっていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私の会社では、私自身が税理士事務所などで経験があり、さらに経費節約のために外部の専門家などの利用をしておりません。私自身一時期は税務ばかりを意識した結果、悪い評価になってしまっていた時期もあったかと反省しております。

TDBの調査員との雑談で、会社によっては、評点をあげるために決算書の構成(科目の付け替えなど)を変え、税務用・融資審査用・TDBなどの審査用と複数作っている会社もあると聞きました。

複数帳簿などでごまかす意識はありませんが、評点が変わるのであれば、会計処理の方法や社内基準の見直しも必要かと考えております。そのためにアドバイスももらえるといいなと考えております。

数字だけであれば、決算なんて数字のパズルでしかありませんので、評価方法さえわかれば、対応できるところもあると思います。
しかし、その他の項目は、どのような説明や資料があると、調査員も評価しやすいのか、あえて減点評価されるような情報は出したくないですし、加点評価される情報であればいくらでも出します。

評価の為ばかりに意識が行くと、矛盾なども生じることは理解しているつもりです。バランスと今後という点で考えたいのです。

即効性云々まで話をいただきましたが、調査員次第では早く更新をしていただけるとのことでした。取引上日々審査を受ける立場でもありますので、対策は少しでも早くしたいと考えています。

他の会社の情報は今後参考にしていきたいと考えます。

護憲件段まで含め、参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/01/20 13:59

この質問をされる前に帝国データバンクや東京商工リサーチの下記のページはご覧になりましたか?



帝国:http://www.tdb.co.jp/info/hyoten.html

東商:http://www.tsr-net.co.jp/guide/knowledge/glossar …

これらの内容を自分の会社にあてはめて何ができるのかをまず考えないと。当然ながら、こういうデータを開示できないのであれば評価は下がります。
後は同業のライバルの情報を取り寄せて比較検討してみることですね。自分の会社の強み、弱みをはっきりさせることが改善の第一歩です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

一応TDBのHPなども見させていただいておりますが、調査員の聞き取りの仕方やこちらの解釈で、不必要と思うような情報は出しておらず、不当な評価になるといったことを避けたいと考えております。

他の会社の評価結果なども見る機会を増やし、そのうえでの検討もよいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/20 13:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京商工リサーチの企業情報は変更できないのですか?

私は小さい会社を経営しています。
起業をした当時はまだ自宅で仕事をしていました。そのときに「東京商工リサーチ」から電話がかかってきて、従業員数などを聞かれたことがありました。当時は自宅が会社でしたので。

それから数年経過し、会社も自宅から区別して別の場所に移転していますが、、最近、WEBのSSL証明書更新のために認証会社から「東京商工リサーチ」に登録されている代表電話番号に電話がかかってきたのですが、その電話が「自宅」にかかってきてしまい、わたしが不在のために電話に出ることができません。


「東京商工リサーチ」に登録されている電話番号を現在の会社の代表電話に変更したいのですが、これは「東京商工リサーチ」に依頼するものなのでしょうか?

Aベストアンサー

回答者1の方も述べていますが、
年間売上50億円でも、3年に1回来ればいい方で、

零細はこちらから連絡しないと、項目の修正は先ず
有りません。(多分10~15年前後)

東京商工リサーチ、帝国データバンク両方を一遍に処理します。
(登録されている方だけ)

修正が反映されるのに、3か月弱です。

Qお店の仮面調査(ミステリーリサーチ)ができるサイト

新しいお店、行ったことのないお店に行くのが趣味です。
結構な数を回っているので、流行ってるお店、
「これはここがまずいからはやらないだろうな」という
お店がわかるのですが、お客としてはなかなか面と向かって言えません。
(悪い店には次から行かないだけですから)

これって、お店も損をしていると思います。

お店の評価を委託される会社があって、一般のお客として
覆面調査(海外ではミステリーリサーチというらしいです)
を募集しているサイトがありましたら教えて下さい。

※ アマチュアですので、謝礼はお食事代(モニター)
程度で大満足です。

Googleで検索してみたのですが、検索方法がまずいのか
全然ヒットしないんですよ…

Aベストアンサー

私が登録しているところはココです。
http://www.ms-r.com/

最近なかなかモニターに選ばれません(T_T)
ここ最近モニターの倍率がかなり増えた様子です。

なかなかチェック項目が多かったのでとても緊張して
食事の味もよく分かりませんでした(^_^;)
慣れてきたら大丈夫ですけど。

Q帝国データバンク,東京商工リサーチについて

就職活動で内定をもらった2社の会社情報を帝国データバンクか東京商工リサーチから買いたいと思っています。
皆さんならどういうふうに利用しますか?
1、帝国データバンクが業界ナンバー1なので帝国データバンクのみを利用する。(帝国データバンクの情報のみで十分な情報が手に入る)
2、帝国データバンクの情報のみでは物足りないので東京商工リサーチの情報も購入(どちらも違う角度から企業を調査しているので、両方購入したほうがいろんな情報が手にはいる)

Aベストアンサー

基本情報だけで5千~数万取られたと思いますが、それらは過去にほぼ公開された財務データがほとんどです。
細かい事は確かですが、特に秘密になっているような情報ではありません。会計士ならそれなりに財務内容を解釈して今後の予想なども考えられるでしょうけど、素人だとふ~ん、で終わっちゃうような・・・
自分の足で探しても得られるデータなので、果たしてそれだけの価値があるかどうか。
もう1桁上げると、もう少し裏の情報が入ってくるとか来ないとか。

Q1人集客コストで評価?それとも費用合計で評価?

教えてください、
どっちが得なのかわからないのです。
ある提案書にあるのですが、

       <DM作戦> <チラシ作戦>
費用総額   980,000円  168,000円
来客数 12人 1人
来客者一人  
当たりコスト  82,000円   168,000円 

というとき、
どっちを採用するのが、賢いんでしょうか?
<DM作戦>では、来店者一人当たりのコストは
<チラシ作戦>の半分ですが、
そのかわり、費用総額は、5.83倍も高いです。

この82,000円というのは、集客効率の良さを
アピールするための数字なのでしょうか?
資金繰りに無理がなければ、
<DM作戦>のほうがいいということ?

なんだか馬鹿みたいな質問ですがよろしく
お願いします。

Aベストアンサー

この場合、DMのほうが集客コストが安いのでまずそちらで検討します。
来客者は必ず購入するということにはならないでしょうから、購入確率まで含めて試算してみましょう。
仮に、来店者のうち10%が購入するならば、購入者一人当たり集客コストは82万円!
それで売れる商品の原価率が60%ならば、82/(1-0.6)=205万円となりますね。
つまり、高単価・高粗利益商品。
霊園・住宅・自動車・結婚式というように購入頻度が低いものです。
これらは、購入までの意思決定に時間を要するものであるだけに、1回だけでは反応しない類のものです。そうなると、数次のDMや販促を継続する必要があり、単純に1回だけのコスト比較は無意味になります。
一般的な事例になりますが、通信販売における新規顧客獲得のコストは大体2800円くらい。
これで粗利益40%と仮定しても7000円以上ものを売らねばならないので、結構大変なのです。
それと顧客の維持コストもかかることも考えておいてください。

Q帝国データーバンクや東京商工リサーチの評点

同一会社の企業情報において
東京商工リサーチ企業情報 の評点で「54」
帝国データーバンク の評点で「59」
という点数は、どのような評価なのでしょうか?

Aベストアンサー

仕事でよく帝国データバンクを使ってますが、評点59は、中小企業であれば、かなり良い評価だと思われます。ただし、明らかに過大評価している場合などもありますので、絶対視するのは禁物。フタをあけて見たら絶句なんてこともよくあります。逆に健全経営をしていても、無借金で財務データを開示していなければ評価が低かったりします。長い業歴で評点50を切る様なら、何か問題を抱えていることが多いようです。

Qシンクタンク・リサーチ会社向けに広告を出したいのですが。。

東京で自営業をしています。
そういった中で、シンクタンクやリサーチ会社向けに
ピンポイントで広告をうちたいのですが、いい媒体か、
サイトを知りませんか?
教えてください。

Aベストアンサー

以前リサーチ会社に3年半ほど勤めており、現在は退職しておりますので、経験者として投稿します。

私が勤めていた会社は小規模のリサーチ会社でしたが、とりあえず、リサーチを行う会社であれば、一般メーカーの調査部などでも、データベースは多用すると思います。
たとえば、日本のDBであれば、日経テレコン、Gサーチ、ELネット、東京商工リサーチ、外国のDBであれば、factiva.comやDialogなどです。これらのDB検索は、調査の下準備・端緒として大変役に立ちますので、調査1件とりかかるとき、まずはDB検索から、ということがほとんどでした。

ですから、これらのDBに広告が載っていれば、必ず毎日見ることになると思います。上記に挙げたDBは、現在はすべてweb上で使用できますが、ただ、これら全てのDBで広告できるかどうかというのは、私にはわかりません。

Q東京商工リサーチからの調査について

会社の経理総務の担当になったものですが、先日東京商工リサーチから企業情報調査依頼という書類が送られてきました。

会社の財務情報や決算報告書の提出などを求めていますが、ここは民間企業ですのでどこまで開示していいか迷っています。

皆様の会社ではどのように対応されているのでしょうか。

Aベストアンサー

今回のような信用調査機関に対して自社の決算内容を開示するか否かについては、調査機関から開示依頼を受けた方の考え方によります。会社の決算内容を公開しなければならない上場会社以外では、

(1) 会社の決算内容は一切公表しないので信用調査機関にも当然ながら開示しない。
(2) 開示の程度はいろいろあるが自社の状態を一定程度開示し取引先の新規開拓や既存取引先との信頼関係構築のため一定の範囲で信用調査機関に開示する
(3) 会社の実態を積極的に公開し今後の取引の拡大を目指して信用調査機関には積極的に開示する。

等の方針があると思います。
(1) 一切開示しないと信用調査機関は外部からの調査で御社の状態を推測して評価しますが、評価は当然実態より低くなります。
(2)と(3)は全部公開するか一部公開するかの判断ですが、一般論として中小企業で法人と云っても経営者の個人色が強い会社はあまり公開度合いは高くありません。

私にあった実例として、大手商社との取引に関して当社の財務内容を教えてほしいといわれて取引のある部署に教えましたが、大手商社の管理部は別途当社の信用調査で入手した内容と突き合わせて整合性を確認し当社との取引の判断としていたことがありました。
ですから信用調査機関のデータは未知の取引先に限らず現行の取引先でも利用すると云うことを忘れずに御社の判断で開示の程度や有無をきめたら良いと思います。
東京商工リサーチは調査機関の大手ですが中には中小の信用調査機関もありますので相手によっては公開しないほうが良い場合もあります。

蛇足ながら会社の決算は最低でも官報に記載し工事することが法で定められています(内容は簡単なものです)

今回のような信用調査機関に対して自社の決算内容を開示するか否かについては、調査機関から開示依頼を受けた方の考え方によります。会社の決算内容を公開しなければならない上場会社以外では、

(1) 会社の決算内容は一切公表しないので信用調査機関にも当然ながら開示しない。
(2) 開示の程度はいろいろあるが自社の状態を一定程度開示し取引先の新規開拓や既存取引先との信頼関係構築のため一定の範囲で信用調査機関に開示する
(3) 会社の実態を積極的に公開し今後の取引の拡大を目指して信用調査機関には積極...続きを読む

Qコンサルと商工会の関係について

個人事業主に対するコンサルタントと、地域の商工会や組合との関係ってどんな感じなのでしょうか?
協力できるとか、全く関係ないとか、お互い踏み入れちゃならない領域があるとか、なんでも結構です。現状に詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

コンサルタントというのは、経営に関してアドバイスなどのサービスという商品を提供する事業者です。
ところで商品を提供する事業者としては、そのほかに電話の接続サービスと言う商品を提供するNTTや、散髪と言う商品を提供するとこやさん、従業員や経営者に食事と言う商品を提供するレストランなどもあります。

コンサルタントと言うのが商品を提供する事業者である以上、上記のNTT、とこやさん、レストランなどと同じです。

つまり、コンサルタントと地域の商工会との関係は、いつも通販で事務用品を買っている通販会社と地域の商工会との関係と同じです。商工会のメンバーで、その通販会社から買いたいと思う人は買うでしょうし、買わない人は買いません。また、「ねえみんな、バラバラで買うより、みんなで数をまとめて注文すると安くなるから、みんなで注文しようぜ。」と言って商工会のメンバーでまとめ買いをするかもしれません。それと同じです。

コンサルタントがある企業の経営にアドバイスをする際に、「御社は仕入れ価格が高いですね。商工会や同業者の組合でまとめ買いをすることで仕入れ価格を安くしてみてはいかがですか。」という提案をするかもしれません。
あるいは商工会が、メンバー全体の景気回復のためにコンサルタントと契約をする場合もあります。逆にコンサルタントが商工会に対して、「メンバー全体の経営提案をしましょう」という営業をするかもしれません。
そして、商工会がメンバーの経営改善を行なおうとしているときに、コンサルタントが「商工会よりうちの方が経営改善はうまいから、商工会なんかやめてしまいなさい」といって商工会に敵対する形でメンバー企業に営業を掛けることもあるかもしれません。

要するに、コンサルタントというのは、改善提案と言う商品を販売する事業者なのです。

コンサルタントというのは、経営に関してアドバイスなどのサービスという商品を提供する事業者です。
ところで商品を提供する事業者としては、そのほかに電話の接続サービスと言う商品を提供するNTTや、散髪と言う商品を提供するとこやさん、従業員や経営者に食事と言う商品を提供するレストランなどもあります。

コンサルタントと言うのが商品を提供する事業者である以上、上記のNTT、とこやさん、レストランなどと同じです。

つまり、コンサルタントと地域の商工会との関係は、いつも通販で事務用品を買...続きを読む

Q東京商工リサーチに企業情報を提出するメリット、デメリット

零細企業を営んでいます。
東京商工リサーチから企業情報調査票が送られてきたのですが、これに記入して提出するメリット、デメリットはそれぞれ何でしょうか?

また、送られて来た用紙には既に弊社の情報が印字してある部分があるのですが、どういうわけかその内容が間違っていたりします。ということは、その個所を訂正して提出すべきなのかとも思っています。

ご教授の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

貴方の会社と取引を考えている会社があるとします。
そうすると、売掛金が貸し倒れると困るし、そもそも手形払いを認めるかどうかなど、「審査」をするでしょう。
そのときに、帝国データバンクなど信用調査機関に調査レポートを出させるのですが、経営者の経歴や決算内容などを点数化して、これを、依頼企業は例えば50点なら良かろう、とか、30点だから取引は止めようとか考えるわけです。
そこで、良い点がつくといい訳ですが、無理に良い点をつけてもらうということはできないので、まあ、正直に情報開示するほうがいいのでしょうね。
良い会社なのに、情報開示に熱心でない、と低い点数をつけられることもあるみたいです。向こうはただで情報を集めて金にしているので、「勝手」だとは思いますが・・・。
そういうことで、答えることも答えないことも自由です。間違いがあれば正してやるのも。

Q商工会議所の中小企業診断士の利用

弊社は町工場の親玉みたいな体質です。

売り上げも苦しんでます。

でも、工場の中を見せるのは嫌で秘密にしておきたいです。
個人的には、営業戦略とか他の企業とのネットワークなどはアドバイス受ければいいと考えてます。

というのは、縁のあった商社と古くから世話していただいている年配の人が営業していて、社内に戦略もなく、弊社の製品を扱う卸の業界地図すら知りません。

弊社とバッティングしない企業と営業を共同でしてもいいとも思いますし。
もっといろいろ必要な情報もほしいですし。

こういうことは商工会議所の中小企業診断士に相談してもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

もちろん、相談してOKです。

そのために、商工会議所の中小企業診断士はいます。
中小企業診断士でなくても、商工会議所の方にも経営指導員がおられますので、その方でもOKです。

ということで、中小企業診断士というわけではなく、商工会議所の方に相談することをお勧めします。
そこで、診断士が必要なら、御社にあった方を商工会議所の方に選んでもらったほうがよいのではと思います。

そのほかにも、都道府県・市区町村等にも無料で相談できる制度があると思いますので、そちらも活用していただけ
ればと思います。

結構、アドバイスをもらうにも人と人なので、合う合わないがあります。

無料でいろいろ聞いてみて、一番自分に合うものをお使いになられることをお勧めします。

なお、蛇足かもしれませんが、製造業向けの助成金も今年は多く出ているので、その辺の話も相談してみてはいかがでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報