夫は保険会社と自らを被保険者とし妻を保険金受取人とし、保険金額1000万円の生命保険契約を締結した。夫は事業に失敗し借金を抱え、妻に財産を残したいと思い詰め自殺した。保険法51条は1号は被保険者の自殺を一律に保険者免責事由と定めているが、この保険契約では、保険者の責任開始日から3年以内に生じた自殺のみを免責とする約款規定が存在した。夫が自殺したのは保険会社の責任開始日から3年以上が経過した時点であった場合、妻は保険金を支払ってもらうことができるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>夫が自殺したのは保険会社の責任開始日から3年以上が経過した時点であった場合、妻は保険金を支払ってもらうことができるでしょうか?


はい、できます。
ただし保険金の受け取りを目的とした自殺だったり、犯罪行為の一端としての自殺であった場合は保険金はおりません。

また、免責期間であっても、心神喪失状態や精神障害などによって意志能力のない状態での死亡は自殺とされません。
しかしこれは立証が困難なケースになりますので、よく保険会社との間で裁判になる内容です。
    • good
    • 0

こういった質問で保険と関連があると判断すれば保険は降りない可能性があるよ。


黙って請求して見ることでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松本幸四郎さんの太陽生命のCM

松本幸四郎さんのCM「希望編」で「苦しみを勇気に、悲しみを希望に変えてさしあげるのが我々俳優だと思うんですね。」の台詞があります。

細かいことを言うようですが、「さしあげる」の言い回しが気になっています。「さしあげる」は「やる」の謙譲語です。謙譲表現を用いても「(与えて)やる」の意味は変わりませんので、視聴者を見下した言い回しになってしまっています(気になりすぎて辞書で調べました。目上の人には使ってはいけない表現と書かれていました)。

幸四郎さんに全く悪気はないのは理解できますが、私は舞台を見に行くほど幸四郎さんのファンなので、とても残念に思っています。観客は演者にとって目上かどうかはわかりませんが、少なくとも見下す対象ではありません。ましてや大勢の人に好感を与えることが目的のCMでこの表現はダメなんじゃないかと私は思っています。

太陽生命の広報担当者宛てにメールを出しましたが、今のところ回答はありません(検討中かもしれませんが)。こんな事に引っかかる私はおかしいでしょうか?ちょっと細かすぎるかと思い、人に話したことはありません。みなさまはどう思われますか?

松本幸四郎さんのCM「希望編」で「苦しみを勇気に、悲しみを希望に変えてさしあげるのが我々俳優だと思うんですね。」の台詞があります。

細かいことを言うようですが、「さしあげる」の言い回しが気になっています。「さしあげる」は「やる」の謙譲語です。謙譲表現を用いても「(与えて)やる」の意味は変わりませんので、視聴者を見下した言い回しになってしまっています(気になりすぎて辞書で調べました。目上の人には使ってはいけない表現と書かれていました)。

幸四郎さんに全く悪気はないのは理解で...続きを読む

Aベストアンサー

 「苦しみを勇気に、悲しみを希望に…」の出典を探してみたのですが、どうもご本人の文化功労者決定時の会見での言葉のようです。記者会見では、『まぁ、苦しいこともだいぶありましたんですけども、その苦しいことを苦しいことのみにしないで、悲しみを悲しみのままに終わらせないで、苦しみを勇気に、悲しみを希望に変えるのが俳優という職業じゃないかと、そういう想いの一心できょうまでやってきたような感じがします』と言っておられます。
 この「苦しみを勇気に、悲しみを希望に」というフレーズがあまりにも綺麗で、当時のマスコミの見出しになっていたようです。また、生命保険にピッタリな言葉でもありますね。よく見てみると、最初は自分の半生を振り返って、苦しいこと悲しいこと色んな事があったけど…と言っておられます。CMに焼き直した時に、「変えるのが俳優という職業」が「誰に対して」かを整合させるために、「差し上げる」を付けてしまったように推測します。元々は自分の事を言っていたようです。
 よく「日本語には主語がない」と言われます。誰が主語か、誰に対してか、というのをハッキリいわなくても日本語は成立するのです。それを整合性を考えてしまったがゆえに変な日本語にしてしまったのではないかと思います。

 広告担当者宛にメールを出すことについて、クレーマーっぽいと思う方もあると思います。それはメールを送ることの煩雑度によると思います。電子メールだったら手間はかかりませんし、手紙を書き慣れてる方ならリアルメールも造作ないとでしょう。また、苦情ではなく、興味本位で担当者の意図や気付いていたかどうかを確かめたいという欲求からメールするなら、理解を示すギャラリーもおられるでしょう。多少、「わたしは知識がありますよ」というのをひけらかす為に誤りを指摘する心理が潜んでいるのではないか、と疑われる行為でもあります。それをじゅうぶん承知なら普通の感覚で、僕と同じくとても暇人です。意識せずに引っかかってしょうがないなら、それは神経質です。自己重要感をプライドと呼んで切って捨てるのは簡単です。でも、「自分の人生には意味があってほしいという願い」と言い換えればどうでしょう。隣のプライドの高い人は、実は人一倍人生を真剣に生きている人かもしれないと思うのですが、どうでしょう。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~musimusi/coach18.html

 「苦しみを勇気に、悲しみを希望に…」の出典を探してみたのですが、どうもご本人の文化功労者決定時の会見での言葉のようです。記者会見では、『まぁ、苦しいこともだいぶありましたんですけども、その苦しいことを苦しいことのみにしないで、悲しみを悲しみのままに終わらせないで、苦しみを勇気に、悲しみを希望に変えるのが俳優という職業じゃないかと、そういう想いの一心できょうまでやってきたような感じがします』と言っておられます。
 この「苦しみを勇気に、悲しみを希望に」というフレーズがあまり...続きを読む

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q太陽生命の解約について困ってます。

太陽生命の解約について。
妻は太陽生命の生命保険、組曲bestに加入してますが、この度解約して新しい医療保険に入り直しますが、太陽はなかなか解約してくれないという噂をけっこう耳にします。
実際、電話サービスに問い合わせたところ、担当者と直接お願いしますと言われてしまいます。
太陽生命には電話でも解約手続きが進められるようちゃんと明記してあるのにです。
解約するに何が得策かご教授お願いします。

※妻は叔母の進めで加入しました。どうやら叔母は太陽生命のセールスレディのようです。
普段は滅多に会わないらしいですが、やれ結婚した、子供が生まれた等の際には必ず加入の連絡があるそうです。

Aベストアンサー

太陽生命のサイトにある案内にしたがって進めればよいだけです。
電話で解約を申し込む場合は相手が慰留しても「Webサイトにある解約の案内を見てお電話しています。電話で解約が出来るとありますので、この電話で解約の手続きをしたいです」とキッパリおっしゃればよろしいかと思います。

https://www.taiyo-seimei.co.jp/customer/procedure/release.html

親戚付き合いとして叔母様を介した方が無難なのかどうかまでは周囲の者にはわかりませんので、そこはご夫婦でご判断下さい。

参考まで。

Q日本生命が、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)を1000万以下へ契約変更させない事への対応方法は

現在ニッセイの終身保険(主契約)に入っています。

この契約には無駄な掛け捨ての特約が多いので、それらを外して主契約だけ、または主契約と医療保障だけにしようとニッセイに話しをしたのですが、担当者が上司に相談したのでしょう。何日も経ってから、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)が1000万以下への契約変更は出来ないと言われ、更新時なら出来るとの事でした。

そこで約款に書いてあるのかと尋ねた所、確かにそれらしい事は書いてありました。ですが1000万という数字は明記されていません。

しかし、そのように会社で決められているからと言って、掛け捨ての無駄な特約の保険料を支払い続けたくはありません。

全てを解約しようかとも考えていますが、このような場合どうしたらよいでしょうか。特約を解約する手立てはないものでしょうか。

Aベストアンサー

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します。
(払い済み保険に変更したあとの終身保険・保障額(保険金額)が、100万円以上(?)あるいは300万円以上(?)となれば、変更可能だとおもいます。保険会社にご確認を。)

各保険会社とも、これ以上保険金額を下げられない、という最低限度額はあるようです。
ただ、大手生保のほうが最低限度額が高いように思います。
rokutaro36さんがご紹介してくれたサイト http://www.nissay.co.jp/okofficial/keiyaku/gengaku/gengaku.pdf によれば、日本生命の定期保険(商品名:ニッセイ定期保険 EX)は、保険金・減額限度額は1000万円までのようです。

一方、契約時の最低保険金額ではありますが、オリックス生命の定期保険(商品名:ファインセーブ)http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/fs/index.htm であれば、最低保険金額は"100万円"のようです。

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します...続きを読む

Q太陽生命の終身保険「保険組曲」について

いま、太陽生命に勤めている知り合いの方から、生命保険の加入を勧められています。
商品は「保険組曲」というもので、終身保険と定期特約がセットになっているタイプのものらしいです。
私はとりあえず終身だけで良いと考えているので、定期特約を外してほしいと言ったのですが、「終身と定期で合せて最低1千万以上じゃないと契約できない」と言われました。
ただ、太陽生命のサイトを見てみると、「終身保険」と称して説明されています。
皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

#2さんのおっしゃるように「保険組曲」商品の最低取り扱い基準が一千万以上かと。
太陽生命のホムペを見ましたが、「保険組曲」は確かに「終身保険」です。「終身保険」に定期保険特約や生存給付定期特約や終身医療特約など等、組み合わせしたいわゆる「パック商品」のようです。

「パック商品」は一揃えセットになっている分取りあえず加入しておけば安心というお手軽なもの(会社にとっても収益性が良い)なので、特に国内生保では主力商品となっており営業もまずはお勧めするのが常道です。「パック商品」では制約があるので必ずしもお客さんの希望どうりになるわけでもありません。融通が利かないのです。

ですから「保険組曲」では終身のみでの契約が出来ないと言われたのだと思います。
「保険組曲でなく終身保険のみの商品はないのか?」と聞いてみてはいかがでしょう。普通はあると思いますが。
単体終身保険はお勧めでない(担当者や会社にとって)商品であれば、こちらから尋ねないと教えてくれないことも珍しくないかも・・・

Q自分の生命保険金の受取人は配偶者ですが遺言で子供に保険金を受け取るようにできないでしょうか?

私の生命保険の契約者と死亡保険金の受取人は配偶者となっておりますが、夫は金銭にだらしなく、私としてはせめて子供に保険金を受け取らせたいのですが、契約者を変えることを夫が承諾しません。遺言で私がなくなったときの保険金受取人を子供に遺すことは可能でしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのですが・・・

Aベストアンサー

>契約者を変えることを夫が承諾しません。
 この場合契約者は関係ありません。あくまでも「保険金受取人」が誰であるかというのが問題になります。

>自分の生命保険金の受取人は配偶者ですが遺言で子供に保険金を受け取るようにできないでしょうか?
 無理です。死亡保険金は被相続人の財産ではなく、受取人の財産です。つまり相続財産ではないので、相続問題とは関係ありません。

Q太陽生命さんてどうですか?

はじめまして
生命保険に入ろうと考えているのですが太陽生命サンに知り合いがいて話にのって頂いてるのですがTV知名度的には低いですよね。でも格付も低くないですし病気になったとき外資等は支払いが悪いと利きますが太陽生命はいいと聞きます備えとはいえ実際の支払い時に支払われないのでは意味ないですし。
知っている方おしえてください

Aベストアンサー

>TV知名度的には低いですよね
知名度より内容を良く確認してみることと、何が必用か良く考えて下さい。
会社員なら遺族厚生年金とか健康保険の高額療養費制度および無利子の貸付制度・傷病手当金などがあります。

死亡保障(葬儀代・残された家族の保障・住宅費・教育費)
入院時の保障(健康保険が使える場合・使えない場合)
介護保障(必用なら終身で別加入・80歳で保障が無くなるか確認)
更新型(更新時に保険料が通常はあがります)

>支払い時に支払われないのでは意味ないですし。
通常はきちんと告知等をしてあれば大丈夫ですが、無選択型(誰でも入ることができるもの)は既存の病気等は支払い等に制限があります。

参考URL:http://www.taiyo-seimei.co.jp/products/index_17.html?t=kojin02

Q生命保険の契約者、被保険者、受取人

死亡時に3000万の終身共済に、夫も妻の私も加入しています。
まず、一つ目の質問は、契約者というのは、保険金を支払う人のことですか?
夫の保険料も、妻の私の保険料も夫の口座から引き落としになっています。
 妻の私が支払っていることにするためには、妻の私の口座から引き落とさないといけないのでしょうか?
それとも、便宜上、夫の口座から引き落とししているが、支払っているのは私(妻)です。ということはいえるのでしょうか?
契約者が誰かによって、保険金が下りたときの税金が違ってくると思うのですが、所得税と、相続税はどちらがお得なのでしょうか?ちなみに子供は一人です。

Aベストアンサー

契約者が妻であっても、夫の引き落とし口座を使用した場合、
万が一の際税務署の調査が入ってそのことが判明したら
実際の保険料負担者は夫である=実質的な契約者であると
判断された判例があります。
契約者と保険料負担者が同一であると主張するためには
契約者名義の口座を使用することに勝るものはありません。

契約者と受取人が同一(契約者、受取人=妻、被保険者=夫)の場合
万が一の際の保険金は贈与税ではなく所得税に該当します。

生命保険料控除は保険料口座名義人(実質的支払者)に関わらず
契約者宛に発行されます。
現在契約者となっている妻の確定申告に使用すること自体は
問題ありません。

しかし前述したように、イザという時の税務署の調査で
保険形態と実質保険料負担者が明らかに異なる場合
実際は形態と異なるかけ方をしているとみなされる恐れがあります。
そのような事態を防ぐためにも、
契約者=保険料負担者となるようにされることをお勧めします。
確定申告を優先させるのであれば引き落とし口座を妻名義に、
万が一の保険金の税金を優先させるのであれば保険契約者を夫に、
いずれかを選択されて変更するのがよろしいでしょう。

契約者が妻であっても、夫の引き落とし口座を使用した場合、
万が一の際税務署の調査が入ってそのことが判明したら
実際の保険料負担者は夫である=実質的な契約者であると
判断された判例があります。
契約者と保険料負担者が同一であると主張するためには
契約者名義の口座を使用することに勝るものはありません。

契約者と受取人が同一(契約者、受取人=妻、被保険者=夫)の場合
万が一の際の保険金は贈与税ではなく所得税に該当します。

生命保険料控除は保険料口座名義人(実質的支払者)に関...続きを読む

Q太陽生命の株について

太陽生命さんの株式会社化にて1株を
現在持っています。旧太陽さんの生命保険に加入していた関係です。
これは、どこかの証券会社へ持参して
電子化すれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

株式会社化の際に、証券会社で預かってもらうか株券でもらうかを選べたと思いますが、株券でもらったのでしょうか?

おっしゃるように証券会社へ持参しても良いですが、証券口座を作らないと口座に入れることができないので、あらかじめ電話などで問い合わせられたほうが無駄足がなくて良いでしょう。

なお、大手証券(野村証券、日興コーディアル証券、あたり)は、株券を預かると口座管理料(年間1000~3000円ほど)を取るとこともあり、これを無料にするための優遇条件なども各社違いますので、事前に確認されたほうが良いでしょう。ほかはほとんど無料です。

ただ、ほとんどの証券会社は郵送でも受け付けています。この場合も証券口座を作る必要がありますので、ネット等で口座開設の申込書を請求して、口座を開設してから、その後、証券会社の指示にしたがって郵送することになります。

Q生命保険で契約者・被保険者・受取人のベストは?

以下のような場合、生命保険の加入の仕方で
それぞれ契約者(=保険料負担者)・被保険者・保険金受取人を誰にしたら一番オトクというか損しないでしょうか?
夫の年末調整や、贈与・相続などが絡み合ってくるので、どれがベストなのかがよくわかりません。

家族構成
夫(会社員)
妻(専業主婦)
子供(2歳)

(1)夫の生命保険
(2)妻の生命保険
(3)子の生命保険

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

どこの保険会社でも、保険料引落口座は原則契約者名義にすることになっていますが、

家族名義の口座から引き落とすことは可能です。

下記はアフラックの代理店のホームページです。

http://www.sbs-promotion.co.jp/hoken/contractor/alter/bank.htm



ただし、控除証明書は契約者名義で発行されます。

年末調整等で生命保険料控除の申請をする場合は総務担当者、

ご自身で確定申告なさる場合は税務署職員に説明すれば問題ないはずです。

(その場合は、証明できる書類:例えば預金通帳とか、手続きをしたときの

口座引落依頼書のコピー等があれば万全です。)

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/03/35.htm



ここで前回の回答と矛盾するようですが、注意点があります。

例えば 契約者・被保険者 妻 受取人 夫 実質保険料負担者 夫 の場合、

妻が死亡すると、契約者が妻であっても実質保険料負担者が夫であるため、

本来は死亡保険金は相続税ではなく、所得税の課税対象となります。

ただし、相続税の対象となるような資産をお持ちでない限り実際には・・・・



なお、生命保険料控除は上限が決まっているので、ご主人の保険の保険料だけで

上限を超えていれば、気にする必要はありません。

上限は以下の通りです。

平成23年12月31日以前の契約

一般生命保険料控除・個人年金保険料控除:それぞれ年間10万円まで

平成24年1月1日以降の契約

一般生命保険料控除・個人年金保険料控除・介護医療保険料控除:それぞれ8万円まで

どこの保険会社でも、保険料引落口座は原則契約者名義にすることになっていますが、

家族名義の口座から引き落とすことは可能です。

下記はアフラックの代理店のホームページです。

http://www.sbs-promotion.co.jp/hoken/contractor/alter/bank.htm



ただし、控除証明書は契約者名義で発行されます。

年末調整等で生命保険料控除の申請をする場合は総務担当者、

ご自身で確定申告なさる場合は税務署職員に説明すれば問題ないはずです。

(その場合は、証明できる書類:例えば預金通帳とか、手続きをした...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報