飼い犬のマルチーズが、近所のドーベルマンに噛まれてしまい、重症の状態になってしまいました。この場合、相手方に責任を取らせるにはどうしたらいいでしょうか。ちなみに、うちの犬の散歩中に相手方の犬に噛まれたのですが、そのドーベルマンはつけていた鎖を振りほどいて、突進してきたそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 すでに回答が出ているようですが、まだ書いてらっしゃらないこともあるので補足を。


 図書館にあると思いますが、「ペットの法律」というタイトルの本があります。文字通りペットにまつわる法律の話で、ご質問にあるように「よその犬にじぶんの犬が噛まれた」事例も載っていたように思いますが・・。うーん。うろ覚えなのです。ごめんなさい、深刻な事態の時に・・。
 まず、どのぐらいまで「責任」を取らせたいかということになると思います。治療費のみならず慰謝料もということになると裁判です。通常の裁判と同じ手続きになるかと思います。
 治療費を払ってほしいということならまず相手に直談判、交渉決裂後に裁判といいうことになるかと思います。
 
 噛んだドーベルマンは普段どのような飼育のされ方をしていたのでしょうか?また噛んだ状況はどんなもの(なぜいきなり突進してきて噛んだのか?)なのでしょうか?ドーベルマンを飼う人間というと、犬の攻撃性をあおるような飼い方をする人間もいるのが事実です。そういう飼われ方をしていた可能性はあるのでしょうか。
 私の知るドーベルマンはすべてよく訓練された良い家庭犬で、私が彼らを噛むことはあっても向こうが本気で噛んでくることは間違ってもなかったので、とても残念です。最悪の事態になりませんように!
    • good
    • 0

動物の占有者(通常は飼い主)は、その動物が他人に加えた損害を賠償しなければなりません(民法718条)。

通常の不法行為による損害賠償責任と異なり、飼い主(加害者)の側が相当の注意をもって動物を保管したことを立証しない限り賠償責任を免れることはできません。少なくとも治療費、場合によってはペットロスによる精神的苦痛に対する慰謝料も請求できるかもしれません。獣医の領収証は保管しておきましょう。
口頭で請求してよい返事が得られない場合は、内容証明付きの郵便で訴訟も辞さず、という強い態度を示すことになるでしょう。30万円以下の請求であれば手続きが簡単で、原則として1日で判決が出る少額訴訟が便利です。訴訟に抵抗があれば民事調停という手もあります。
    • good
    • 0

飼い主の注意義務に落ち度がありますから、治療費などを請求できるはずです。



一度、話し合われたら宜しいでしょう。

話し合いに応じなかったら、消費者センターなどに相談されたら宜しいと思います。

参考URLは、消費者センターの所在地です。

参考URL:http://www.ddart.co.jp/shouhisha/shouhisha.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鎖につないでいた飼い犬が・・・・

5月ごろ、うちの犬(柴犬)が、鎖につながって
いましたが、うちのうえの娘(中一)の友達
が犬と遊んでいた時、なぜははわかりませんが、
犬が友達の一人の顔に噛み付き、目の上
のところを、きずつけてしまいました。
血が出ていたので、先方の親に連絡して、
病院につれていきました。
2針ぬって、その後3回通院して、
病院の先生より、終わりましたと言われました。

しかし、相手の親が、娘の顔のことなので、
直るまで、責任をとってもらうと言われたので、
まー、子供の友達なので、いいですよといい、
今までの、病院代、送り迎えすべてやりました。
うちの誠意はみせたつもりです。


明日、整形外科に連れて行き、見てもらって、
返事をもらうのですが、相手の母親が、
常識のはずれた変わった人で、
きずが消えないと終わりにしそうもない
親のようです。

そこで、対応のしかたなんですが、
1.どこまでで終わりにすればいいのか。
2.先生が大丈夫といえばいいのか。
3.きずを消さなければいけないのか。
4.うちの過失はあるのか。
5.犬はつながれていた。遊んでいたのは、
 子供のほうで、他にも友達はいた。
6.示談にするよい方法は。
7.弁護士に相談したほうがよいか。
8.費用はどうか。

うちのかみさんが、もう親の顔を見たくもない。
と、言うています・・。
宜しくお願いします。

5月ごろ、うちの犬(柴犬)が、鎖につながって
いましたが、うちのうえの娘(中一)の友達
が犬と遊んでいた時、なぜははわかりませんが、
犬が友達の一人の顔に噛み付き、目の上
のところを、きずつけてしまいました。
血が出ていたので、先方の親に連絡して、
病院につれていきました。
2針ぬって、その後3回通院して、
病院の先生より、終わりましたと言われました。

しかし、相手の親が、娘の顔のことなので、
直るまで、責任をとってもらうと言われたので、
まー、子供の友達なので、いいです...続きを読む

Aベストアンサー

 自信はありませんが、参考程度にされてください。

1・2・3について、例えば交通事故で怪我をして「傷」が残った場合には、医師の症状固定と言う判断後に、傷が度の程度残るのかという見込の説明を受けて、その程度によって慰謝料に加算をしたり、自賠責の後遺症診断を受けて後遺症の認定を受け、後遺障害の給付を受ける制度があります。今回の場合も、医師の判断で今後治療の必要がなくて自然と傷が薄くなるのを待つだけです、という診断であればその段階で将来の残る傷に対しての慰謝料を考慮すれば良いと思います。

4・5について、鎖に繋いでいたのですから通常の管理義務は果たしていたと思いますが、噛み付く事が予想されたり、過去にも噛み付くような事があった場合には、子供たちに対して注意の声をかけたり、近づかないようにするなどの対応が必要だったかもしれません。

6・7・8について、娘さんの顔の傷ということで相手の親も心配をしている気持ちは、理解をされていると思いますが、文中の経緯から推測すると双方の話し合いではまとまらないような気がします。法律の専門家である弁護士の方に入っていただき、法的な見地から示談の内容や相手方への保障についてアドバイスをいただくのが賢明かと思います。

 自信はありませんが、参考程度にされてください。

1・2・3について、例えば交通事故で怪我をして「傷」が残った場合には、医師の症状固定と言う判断後に、傷が度の程度残るのかという見込の説明を受けて、その程度によって慰謝料に加算をしたり、自賠責の後遺症診断を受けて後遺症の認定を受け、後遺障害の給付を受ける制度があります。今回の場合も、医師の判断で今後治療の必要がなくて自然と傷が薄くなるのを待つだけです、という診断であればその段階で将来の残る傷に対しての慰謝料を考慮すれば良い...続きを読む

Q犬が犬に噛まれた!

先日、息子(12歳)が友達と一緒に犬(我が犬)の散歩に出かけました。
近所で、やたら吠える柴犬が居てそこで息子の友達がその犬にちょっかい(言葉)を出してからかっていました。
その場から去ろうとすると、その柴犬が我が犬に噛みつきました。後ろ足の皮膚と筋肉が剥がれてしまって、高熱で倒れています。
その柴犬はリードをしていましたが、フリーリールみたいに道路まで出てこれる状態でした。
息子は一切からかう行為には参加しておらず、逆に「やめとけよ」の立場にいました。
柴犬の飼い主に、素直に謝っていただけたら不愉快にならずに済むのですが、なかなか納得できる謝罪を受けることが出来ません。この場合、どこまでの権利を主張できるのでしょうか?一応、治療費は頂いております。

Aベストアンサー

リードつけた場合は「その長さは道路に出ないこと」と規定されているはずです。「動物の愛護と管理に関する法律」に抵触する可能性が高いので弁護士さんの名前で謝罪を要求する文書を出してみるのも手ですが・・・。

ご近所さんであるなら今後の付き合いもあるので、治療費をいただいているならあまり強く言わないほうがいいかも、・・・。

Q自分の犬が他の犬を噛んだら

柴犬を飼っていて、散歩時は必ずリードをつけています。
私の犬は見知らぬ犬が嫌いですが、私が頭を撫でたりおやつをあげたりしている犬には攻撃しませんが、それ以外の犬に対してはすごく攻撃的になり、何回か相手の犬を負傷させたことがあります。(軽症でしたが)

私が見ている時には気をつけることができるのですが、私の後ろからこっそり犬を近づけたり(自分の犬を私の犬に挨拶させようとするらしい)、ノーリードの犬が突然私の犬に向かって走って来てケンカになったり・・・。
相手はたいてい小型犬です。

私が怖いのは、私の犬が相手の犬を噛み殺したりした時のことです。
こちらがリードをつけていたにもかかわらず、上記のように突然相手の犬が近づいてケンカになり、相手の犬が大怪我、あるいは死んだ場合、こちらにも非があるのでしょうか?
もし訴えられたら、賠償しなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。
お礼&補足を拝見しました。

>とにかく、たとえ相手が戦意むき出しの犬を近づけてケンカになったとしても、こちらも責任が問われることに間違いはないということですね。

これは、そうではないと思います(私の書き方が悪かったでしょうか。評価が分かれるとした点です)。
ご存じのとおり、不法行為に基づく損害賠償請求が認められるためには『故意』または『過失』が必要ですが、『故意』や『過失』があるか否かは、具体的事実によって判断されます。
相手が、敵意むき出しの犬を近づけてくることは(そして、その犬を制御しないあるいはできないことは)相手に『過失』(または故意)があることを根拠づける具体的事実です。
ただ、もちろん、相手に過失があること=こちらに過失がないことにはなりません(具体的事実によれば、過失なしということもあり得ます。そうなれば、責任を問われることはありません)。

ただし、リードをつけていたか否かは、過失があるないを認定する際、重要な要素ではあるが決定的な要素であるとまでは言えないということです。
すなわち、個々の事実関係によってはリードをつけていたからと言って必ずしも過失なしとはならないでしょう(たとえば過去に咬傷事件を起こしている等の事実)し、ノーリードであるからと言って過失ありと絶対的には言えないということです(ただし、条例や法律による規制がされている現状においてノーリードであることは過失ありとする方向に大きく働くと思います)。

また、
>たとえ相手が戦意むき出しの犬を近づけてケンカになったとしても
との点についてですが、相手方があなたや愛犬を傷つけることを目的として、はじめから犬をけしかけるなどし、結果、あなたや愛犬がけがをすることになれば『故意』責任が問われることもあり得ます。
刑事的には、傷害罪・器物損壊もあるということです。

最後に、
私も犬を飼っており、夜間の散歩道で突然ノーリードの犬が飛び出してきたこともあります。
大事には至りませんでしたが、お互い牙を剥きだしてからみ合っていましたので、家の犬を守るためにもう少しで相手の犬を蹴り飛ばすところでした(@_@;)
ノーリード推奨については、異論がありますが、質問者さんが望んでいらっしゃらないようなので、この辺で。

#3です。
お礼&補足を拝見しました。

>とにかく、たとえ相手が戦意むき出しの犬を近づけてケンカになったとしても、こちらも責任が問われることに間違いはないということですね。

これは、そうではないと思います(私の書き方が悪かったでしょうか。評価が分かれるとした点です)。
ご存じのとおり、不法行為に基づく損害賠償請求が認められるためには『故意』または『過失』が必要ですが、『故意』や『過失』があるか否かは、具体的事実によって判断されます。
相手が、敵意むき出しの犬を近づけて...続きを読む

Q当家の犬が、他の犬を噛んだと言われました。

当家の犬が、他の犬を噛んだと言われました。
公園で犬同士が挨拶していた際に、吠えあったのですぐ引き離しました。その際には出血等特別変わったところは無かったのです。
20日以上たってから、そのとき当家の犬が噛んだ背中に深さ1cmの傷がきっかけで、以前より治療中であった持病の重篤な肝臓病が悪化し、いまだに生死の境をさまよっている。治療費を噛まれた日から現在までの27万円と、これから完治するまでを請求したいと言ってきました。
動物病院の診療記録、領収書もあり、当方では「ゆすりたかり」の類だとは思えませんが、この場合どこまで治療費を払う義務があるのか、教えてください。

出来る限りの事はしてあげたいのですが、もともと重篤な肝臓病があったとのこと、噛んだ事の客観的な事実はないこと、万が一噛んだとしてもそれがきっかけにはなったでしょうが、従来より治療中の肝臓病の治療費までも、すべてを払う事には抵抗があります。

Aベストアンサー

法律の専門家ではないのですが、大学院で専攻していました。

質問者さまの犬が相手の犬を噛んだという客観的な事実が証明できない以上、法律上は質問者さまに支払いの義務はないと思います(裁判したら相手が負けるという意味です)。 あと、もし噛んでいたとしても、元々あった肝臓病の分は過失相殺されますから、全額質問者さま持ちなんてありえないです(ほとんど肝臓病が原因で今の状態になってるのだからほとんど支払う必要がないのでは?噛んだ事との因果関係もあやしいと思います。具体的な金額については専門家でないので分かりませんが。)。

この事を前提に、こちらもできる限りはしようと思いますが、そんな金額はとてもじゃないけど無理ですっていうスタンスでもう一度話し合われてはどうでしょうか?
それでも相手が引かないようであれば一度専門家に相談された方がいいかもしれません。ともかく言われるままにそんな大金を支払うのは、やめた方がいいです。

私も犬を飼う身でして、いつそのようなトラブルに巻き込まれるか分からず、人事と思えず回答してしまいました。

Q飼い犬が他人を噛んでしまった。

飼い犬が他人を噛んでしまいました。場所は足のふくらはぎです。治療は終わり治療費は払ったのですが、けがのせいでパートをやめることになったということで自分の働くつもりだった3年分のパート代を請求されました(約300万)ちょっと不安になり知り合いの弁護士に相談したところ相手側も弁護士を依頼して話会うことになりました。その結果弁護士を通して請求してきた金額が傷跡の整形代及び慰謝料などで約2000万を請求してきました。なんか金額が増えてしまいどうしたらいいのかわからなくなってしまいました。ほんとに整形代なども払わなくてはいけないのですか?

Aベストアンサー

請求するだけなら何億円でも自由に請求できるから安心して下さい。
認められるのは実損害と20~30万円程度の慰謝料でしょう。整形だって法律上必要と判断される範囲内でのみ治療費負担の義務を負います。
パートを辞めるのは相手の自由。解雇されたのなら、不当解雇として相手と雇用主が争うべき。

全治3年の怪我でなければ問題ない。弁護士を選任しているのならば、そのうち裁判して決着がつくでしょう。
裁判官もそんなに頭悪くない。司法試験合格者の数%しかなれないからね。

2000万円の請求なら落とし所はせいぜい50万円くらいじゃないのかな。
弁護士は雇われだから、依頼主が1億請求しろと言ったらその通り請求しなきゃいけない。
あなたも請求するだけならば弁護士経由で相手に1億円の請求書送れるし、1億円の訴状も作れる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報