(1) lim((x,y)→0) tan(x^5 + y^6) / (x^4 + y^4)

変形して行くと
1/(cos(x^5+y^6)) * (sin(x^5+y^6))/(x^5+y^6) * (x^5+y^6)/(x^4 + y^4)
と3つの部分に分ける事が出来て、1つ目と2つ目は1に収束する事は分かるのですが、
3つ目の部分は分子の方が高次だから早く0になりそうだと予想はつくのですが
数学的な説明方が分かりません。

(2) lim((x,y)→0) (1 + x^2 y^2)^(1/(x^2+y^2))

べき乗の数(右肩の数)が0に向かうので、べき乗される数が発散しなければ1になりそうで、
しかもべき乗される数も1に向かってるので答えは1かなと言う予想はしているのですが、
それをどう数学的に説明すればいいのか分かりません。

以上2問、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

siegmund です.


(1)の方,数字を見間違えていて,ちょっと間違えました.
問題の因子の分子は x^5 + y^6 でしたね.
なんとなくべきが同じような気がしていました.
copy & paste やったので,回答のべきはちゃんとなっていますが.

ついでに
(c)  |y/x| → a (ゼロでない正定数) としながら x,y → 0
と訂正してください(後述)

(a)の場合
分母分子を x^4 で割って
分子 = x + (y/x)^6 x^2 → 0
分母 = 1 + (y/x)^4 → 1
結局 → 0

(b)の場合
分母分子を y^4 で割って
分子 = (x/y)^4 x + y^2 → 0
分母 = 1 + (x/y)^4 → 1
結局 → 0

(c)の場合
分子 ~ x^5
分母 = (1+a^4)x^4
で,結局 → 0

-----------------

> x = t(t+1)、y = t, t→0

これは,x と y が同じ速さでゼロに近づくから問題はありません.
t→0 のとき x~t とみてよいわけです.

> x = 1/θ cosθ, y = 1/θ sinθ, θ→∞

これは,同じ速さでゼロに近づくけれど,y の方は振動しながらゼロに近づくところが
ポイントですね.
私の(a)(b)(c)の分類は絶対値をつけてやるべきでしたかね.
絶対値をつけておけば,x,y のゼロへの近づき方は明らかにこの3パターンで
全部尽くされます.
問題の式の形によっては,分類の仕方が異なることは当然あります.
そういうときも,全部尽くすような分類にすればOKですね.

-----------------

rabbie さんのように
x=r cosθ, y=r sinθ,
としてしまうと,y/x = tanθ ですから,
x と y を同じ速さでゼロに近づける場合に話が限られてしまいます.
例えば,x と y^2 を同じ速さでゼロに近づけるような場合は含まれないことに
なります.

この回答への補足

> 絶対値をつけておけば,x,y のゼロへの近づき方は明らかにこの3パターンで
> 全部尽くされます.

そうですか?

> x = 1/θ cosθ, y = 1/θ sinθ, θ→∞

の時はy/x = tanθ, y/x = 1/tanθで、

(a)  |y/x| → 0 としながら,x,y → 0
(b)  |x/y| → 0 としながら,x,y → 0
(c)  |y/x| → a (ゼロでない正定数) としながら x,y → 0

に当たらないと思うんですけど。というか当たらないものを考えてみたのがあの2つだったんですが、

> x = t(t+1)、y = t, t→0

はx/y→1で(c)に該当でしたね。甘いな、taropoo。

> 問題の式の形によっては,分類の仕方が異なることは当然あります.
> そういうときも,全部尽くすような分類にすればOKですね.

これはどうやったら分かるんですか?勉強ですかね。

補足日時:2001/06/20 01:05
    • good
    • 0

siegmund です.



rabbie さん:
> x=r cosθ, y=r sinθ, として、 θ は任意、r -> +0 とすると...

は,θも r -> +0 と同時に変化させるという意味ですか.
それなら了解しました.
私が文意を誤解したようです.失礼しました.

この回答への補足

あの~

>> 問題の式の形によっては,分類の仕方が異なることは当然あります.
>> そういうときも,全部尽くすような分類にすればOKですね.
>
> これはどうやったら分かるんですか?勉強ですかね。

この話はどうなったんですかねー?期待大でお待ちしておるんですが。

補足日時:2001/06/21 16:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長くなりましたのと、興味の的が始めより深くなりましたので、
q=93778として別質問の形を取らさせていただきました。

ここまでお付き合い下さりありがとうございました。

引き続きq=93778でお付き合い願える事を心より期待しております。

お礼日時:2001/06/21 23:42

rabbie です。

一応自分でやってみました。

途中 sin^5θ 等は (sinθ)^5 のことです。
(1)
x=r cosθ, y=r sinθ, r>0, 0<=θ<2πとすると x, y -> 0 のとき r -> 0 で、
|(x^5+y^6)/(x^4 + y^4)|
= r^5|cos^5θ + r sin^6θ|/r^4(cos^4θ+sin^4θ)
<= r(|cosθ|^5+r|sinθ|^6)/(cos^4θ+sin^4θ)
<= r(cos^4θ+sin^4θ)/(cos^4θ+sin^4θ)
= r -> 0
途中 r, |sinθ|, |cosθ| <= 1, |a+b| <= |a| + |b| を利用。

(2)
まず、
(1+x^2y^2)^(1/x^2+y^2) >= 1 は自明。
上と同様に x=r cosθ, y=r sinθ,とすると、
(1+x^2y^2)^(1/(x^2+y^2))
= (1+r^4 cos^2θ sin^2θ)^(1/r^2)
<= (1+r^4)^(1/r^2)
= {(1+r^4)^(1/r^4)}^(r^2)
最後の式で、{} 内 -> e, r^2 -> 0 なので 全体 -> 1. (必要なら対数をとれば示せます。)
    • good
    • 0

rabbie です。



>rabbie さんのように
>x=r cosθ, y=r sinθ,
>としてしまうと,y/x = tanθ ですから,
>x と y を同じ速さでゼロに近づける場合に話が限られてしまいます.
>例えば,x と y^2 を同じ速さでゼロに近づけるような場合は含まれないことに
>なります.

そうではありません。θは定数ではなくて、変数なので、どんな動きかたをすることも出来ます。
x と y^2 を同じ速さでゼロに近づけるような場合はそのようにrとθを変化させればいいまでです。
    • good
    • 0

(1)の3つ目の部分


x=r cosθ, y=r sinθ, として、 θ は任意、r -> +0 とすると、割と簡単に解けると思いますよ。ヒントは、絶対値->0 を示すのと、r, |cosθ|, |sinθ| <= 1 を利用する事です。

自分では実際に解いてないので間違っていたらすいません。
    • good
    • 0

x,y → 0 のときの,x,y の関係が指定されていませんので,


それに関係なく共通の極限値を持つときにのみ極限値が存在します.

つまり,
(a)  y/x → 0 としながら,x,y → 0
(b)  x/y → 0 としながら,x,y → 0
(c)  y/x → a (ゼロでない定数) としながら x,y → 0
の3つの場合があります.

(1)の3番目の因子は,
(a)なら (x^5)/(x^4) とみなせて → 0
(b)なら (y^6)/(y^4) とみなせて → 0
(c)なら (ax^)6/{(1+a^4)x^4} とみなせて → 0
結局,極限値は存在して,予想どおりゼロです.

(2)は対数をとれば,
{1/(x^2 + y^2)} log(1 + x^2 y^2)
= {1/(x^2 + y^2)} {x^2 y^2 + (x^2 y^2 の高次項)}
です.
(a)なら最初の{}は 1/x^2 と同じことですから,→ 0
(b)は(a)と x,y を入れ換えただけで,→ 0
(c)なら,{1/(1 + a^2) x^2} a^2 x^4 と同じことで,→ 0
になります.
対数がゼロになるから,もとは → 1 ですね.

本当はもっときちんとやらないといけないのかも知れませんが...

なお,
x^2 / (x^2 + y^2)
などですと,(a)(b)(c)によって極限値が異なります.
(a)なら → 1
(b)なら → 0
(c)なら → 1/(1 + a^2)
です.

この回答への補足

この2問については(a)(b)(c)でのやり方で極限が一致していますが、
x,y→0の近付き方ってこの3種類だけじゃないですよね。
例えばx = 1/θ cosθ, y = 1/θ sinθ, θ→∞ってのもx,y→0の方法の1種ですし、x = t(t+1)、y = t、t→0だってそうですよね。
考えれば無限にあると思うんです。
とすると
> x,y → 0 のときの,x,y の関係が指定されていませんので,
> それに関係なく共通の極限値を持つときにのみ極限値が存在します.
の極限値が存在するかどうかを判定する方法ってあるんですか?
仮に(a)(b)(c)の極限値が一致すればいかなる方法で近付いても極限が存在するとかでしたら、その証明を載せていただけると。。。

いつもお世話になります。m(-_-)m

補足日時:2001/06/18 09:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcel VBAで、セルに入ってるデータ型を調べる方法は?

現在、Excel VBAでプログラムを作成しています。

Do Until ~ Loop の終了条件を
アクティブセルに入っているデータの型が文字列型の時
としたいのですが、そのようなことは可能なのでしょうか?

可能だとしたら、どのように記述したらいいのでしょうか?

当方のPCは
Win XP、Excel2003
です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

VarType 関数を使うとか。

Sub SampleProc()

  Dim i As Long
  
  i = 1
  Do While Len(Cells(i, "A").Value) > 0
    If VarType(Cells(i, "A")) = vbString Then
      Exit Do
    Else
      ' // 処理
    End If
    i = i + 1
  Loop
  MsgBox CStr(i) & "行目で停止"

End Sub

Qx^2-y^2+x+3y-2=0 ⇔(x+y-1)(x-y+2)=0にする方法

教えてください!!いま二次曲線を学んでるのですけど、x^2-y^2+x+3y-2=0 
⇔(x+y-1)(x-y+2)=0にする方法を
教えてください!!
なぜかというと、私は
(x+1/2)^2-(y-3/2)=4としかできません!

Aベストアンサー

(⇒)
xの次数でそろえます。

x^2-y^2+x+3y-2=0

x^2+x-(y^2-3y+2)=0

()の中を因数分解します。

x^2+x-(y-1)(y-2)=0

全体を因数分解します。

(x+y-1)(x-y+2)=0

※yの次数でそろえてもできます。
※因数分解の仕方は教科書がわかりやすいと思うので、
教科書を参照してください。


(←)
一つずつ掛け合わせて展開していきましょう。

(x+y-1)(x-y+2)=0

x^2-y^2+x+3y-2=0

QVBAでオブジェクト変数にsetしたシートがactiveかどうかを調べるには?

標準モジュールの冒頭でワークシート用のオブジェクト変数を確保し、
あるタイミングで、あるシートをそのオブジェクト変数にSetしています。

で、そのシートに値をセットするときに、そのシートがActiveだった場合だけやりたい処理があるのですが、Setしてあるオブジェクト変数だけを見てそのシートがActiveか否かを判断する方法って、あるのでしょうか。

コード例)
Private oSheetA as Worksheet

Sub SetSheet(sName as String)
  Set oSheetA = worksheets(sName)
End Sub

Sub SetValue(nValue as integer)
  xxxxxx ←ここでoSheetAがActiveならやりたいことがある。
  oSheetA.Cells(nRow, nCol) = cValue
End Sub

具体的には、複数のBookを開いている状態で、Activeシートが何であるかはオペレータの操作次第なので固定化できない状態で、SetValueが呼び出されたとき、oSheetAがActiveだったら、値をセットするセルが見えるようにセルをActivateかスクロールさせたいんです。

標準モジュールの冒頭でワークシート用のオブジェクト変数を確保し、
あるタイミングで、あるシートをそのオブジェクト変数にSetしています。

で、そのシートに値をセットするときに、そのシートがActiveだった場合だけやりたい処理があるのですが、Setしてあるオブジェクト変数だけを見てそのシートがActiveか否かを判断する方法って、あるのでしょうか。

コード例)
Private oSheetA as Worksheet

Sub SetSheet(sName as String)
  Set oSheetA = worksheets(sName)
End Sub

Sub SetValue(nVa...続きを読む

Aベストアンサー

Option Explicit

Private oSheetA As Worksheet

Sub SetSheet(sName As String)
Set oSheetA = Worksheets(sName)
End Sub

Sub SetValue(nValue As Integer)
If oSheetA Is ActiveSheet Then
MsgBox ("hoge")
End If
oSheetA.Cells(1, 1) = nValue
End Sub

Sub Main()
SetSheet ("Sheet1")
SetValue (5)
End Sub

'実行できるようにソースは変更していますが,
'こんな感じでIs演算子で同じオブジェクトか比較してみるってのはどうでしょう?

Q3x^2+7xy+2y^2-5x-5y+2=(x+2y-1)(3x+y-2)について

3x^2+7xy+2y^2-5x-5y+2を因数分解せよという問題で、xについて整理し、3x^2+(7y-5)x+(y-2)(2y-1)という方針で解いていくやり方と、
yについて整理し、2y^2+(7x-5)y+(x-1)(3x-2)という方針で解いていくとき方の2通りありますが、どちらで解く習慣を身につけておいた方がよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

xやyのどちらの文字で整理するかで決めるのでなく、
次数の低い方、
その文字の現れる項数が少ない方
両方とも同じなら最高次の係数が小さい方
の文字に着目して整理して解くのが基本かと思います。

例題の場合はx,yについて共に2次、項数も共に3項で同じ、最高次の係数も3と2で素数の小さな数ですから、あまり差はありません。後は好みだけの問題でしょう。同じならxと決めて置いても

他の方法としてxとyの両方に着目し2次の項の因数分解
3x^2+7xy+2y^2=(x+2y)(3x+y)
をしてから、一時項を含めた因数分解に進めます。
左辺=(x+2y+a)(3x+y+b)
定数項ab=2に着目してa,bの候補を絞れば良いですね。

QVoidポインタで受け取った変数の型を調べる方法

あるライブラリの関数を利用しようとしたのですが、その関数の引数にVoidポインタがあり、どういう型のデータを格納したのかわかりません。このポインタのアドレスに格納されたデータの型を調べる関数なり方法なりというのはあるのでしょうか。

Voidポインタというのは型を問わずに受け取れるというのは利点ですが、受け取ったものがあらかじめなんだかわからない場合はどうするのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★基本的に調べようがありません。
・『void』ポインタはアドレス情報のみを受け渡しますので、型のサイズまでは分かりません。
 逆に言えば、型のサイズが分からないから『汎用ポインタ』と呼べるのです。
・あるライブラリの関数とは何?→どんな関数か分かりませんので、これ以上はアドバイス無理!
 ただ、C言語の qsort などでは比較用の関数で『void』ポインタを受け取りますが、その関数内で
 渡されたデータの『型』を指定します。→ポインタの形でキャストします。
 この比較用の関数は自前で用意する関数ですので、ソートするデータの型が分かっています。
 でも、ソートするデータ型が複数ある場合は、比較用の関数を複数作って切り替えます。
・あと関数に型を表す引数があれば、それを見て判断できますが、そうでない場合は『void』ポインタで
 渡される前の『型』の調べることは不可能です。→言語仕様より。
・以上。参考に。→一応、あるライブラリの関数とは何?

Qlim_[x→∞](1+1/x)^x=e ですが、lim_[x→∞](1+1/(x+1))^(x+1)は?

lim_[x→∞](1+1/x)^x=e ですが、x の代わりに(x+1)にした場合:
lim_[x→∞](1+1/(x+1))^(x+1) どうなりますか?
たぶん e だとは思うのですが。解き方も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>y^(n+1)/y^n や (n+1)y/ny なんかだと+1が生きてきますよね。
そのとおり、+1を無視するわけにいきません。また、先の回答が+1を無視しているわけでもありません。
この問題を少し変えて、
lim_[x→∞](1+1/x)^(x+1)
とすれば、
lim_[x→∞](1+1/x)^(x+1)=lim_[x→∞](1+1/x)^x *(1+1/x)=e
(∵ x→∞ のとき(1+1/x)^x→e ,(1+1/x)→1)

lim_[x→∞](1+1/(x+1))^x
とすれば、y=x+1 とおいて
lim_[x→∞](1+1/(x+1))^x=lim_[y→∞](1+1/y)^(y-1)=lim_[y→∞](1+1/y)^y /(1+1/y)=e
(∵ y→∞ のとき(1+1/y)^y→e ,(1+1/y)→1)

結果は同じeですが、途中で+1を無視せずに解答する必要があるでしょう。

QVBAでテキストファイルの件数を調べる方法

Access2000のVBAで関数を使用して
ファイルのパス名、ファイル名を指定すれば、
テキストファイルの件数を検索し変数に返す
関数はありませんか?
   
通常テキストファイルを開き1件1件カウントを
取っていけば件数を知ることは可能ですが、
数千レコードのテキストファイルが複数個存在
する場合処理スピードが遅くなるため何か
最適な関数はありませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

No.2の方のFileSystemObjectを利用する方法です。

行数 = CreateObject("Scripting.FileSystemObject").OpenTextFile(ファイルのフルパス, 8).Line

複数のファイルをカウントするなら、ファイルでループを回せばいいでしょう。

あと、FileSystemObjectの参考ページを紹介しておきます。

http://www.bcap.co.jp/hanafusa/VBHLP/FSOme.htm

http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp?url=/japan/msdn/library/ja/script56/html/jsobjFileSystem.asp

参考URL:http://www.bcap.co.jp/hanafusa/VBHLP/FSOme.htm,http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp?url=/japan/msdn/l

こんにちは。maruru01です。

No.2の方のFileSystemObjectを利用する方法です。

行数 = CreateObject("Scripting.FileSystemObject").OpenTextFile(ファイルのフルパス, 8).Line

複数のファイルをカウントするなら、ファイルでループを回せばいいでしょう。

あと、FileSystemObjectの参考ページを紹介しておきます。

http://www.bcap.co.jp/hanafusa/VBHLP/FSOme.htm

http://www.microsoft.com/japan/msdn/library/default.asp?url=/japan/msdn/library/ja/script56/html/jsobjFileSystem.asp

...続きを読む

Q線形です (1)を x+3y-2z=0 x-2y+4z=0 x^2+y^2+z^2=1をもちいて 答

線形です
(1)を
x+3y-2z=0
x-2y+4z=0
x^2+y^2+z^2=1をもちいて
答えが+-の答えになりました
(2)では外せきが8,-6,-5となり
おおきさの5ルート5で割ると
+-の答えにはなりませんでした
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

外積からでてきた単位べクトルは、外積の定義から、ベクトルa、bに垂直ですよね。
だからそれと正反対のベクトルも、ベクトルa、bに垂直な単位ベクトルだから、これも答えに入れれば
よいのです。つまり外積から出した単位ベクトルの各成分に(-1)をかけた成分のベクトルも答えに
なります。そしてこうして出した2つのベクトルは、先に内積で出した2つのベクトルと一致します。

QVBAで他のプログラムが起動しているか調べる方法

VBAで
D:\test\test.exe
が起動中か調べたいのですが
どのようにすれば良いですか?

http://www.vbalab.net/vbaqa/data/access/log/tree_532.htm

このページの方法を使えば、
exe以外のファイルが使用中かは調べることができたのですが
exeファイルの場合にはうまくいきません。

良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

残念ながら・・・出来ません。
一応、プロパティの中に Handle ってのがあるのですが
取得できるのは ProcessID の値です。
以前、調べていて Handle を見つけた時は、
『やったー \(^o^)/』と思いましたが
ぬか喜びでした。。。orz

なお、当方の環境は、Windows7 Pro & Office2010 です。

Qx+y+z=0,2x^2+2y^2-z^2=0のとき,x=yであることを証明せよ。

クリックありがとうございます(∩´∀`)∩

 ★x+y+z=0,2x^2+2y^2-z^2=0のとき,x=yであることを証明せよ。

この問題について説明をお願いします。

Aベストアンサー

おおざっぱな説明になりますが、左の式を
z=-x-y
として、それを右の式のzに代入します。
それを展開してまとめると
x^2-2xy+y^2=0
という式になります。
あとはこれを因数分解すれば
(x-y)^2=0
となるので、x=yという答えがでます。
与えられた条件がほかになければこれでいいはずです。


人気Q&Aランキング