自動車の中古車の販売、買取事業での起業を考えています。
公認会計士や司法書士の方いらっしゃいましたらお力になって下さい。

手持ちが500万あり、フリーローンで300万借り
資本金300万(ローン分)
資本準備金500万(手持ち)
として、ローンの返済は個人でする場合「見せ金」としての違法になる可能性はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

開業20年の者です



記述の件、違法には該当しませんね
法律事務所に聞いてみるのがもっと確実ですが
ご自身でかき集めた資金ですので何も問題はありません
かくいう私も開業時にはあちこちで資金を集めました


私からのアドバイスは見せ金の問題よりも事業がうまくいくかどうかにつきます
・客は持っておられるのか
・従業員は雇うのか

この2点は「見せ金」の問題よりも優先順位としては上です
客は開業してから集める、従業員も体裁上雇う
これで進めると6ケ月以内に潰れる可能性大です

見せ金のことなどどうでもいいことです
まずは事業を順調に軌道に乗せることが最重要課題です
500万程度のお金は気を抜けばすぐになくなってしまいますので
    • good
    • 1

全く問題はありません。



資本金は出資した時点で貴方のお金ではなく会社のお金です。

出資金をどのような手法で工面しようとも問題はありません。

個人で借りたフリーローンなら、個人の借金ですから個人で返すのは当然ですね。


見せ金の意味がよくわかりませんが、準備金を会社に貸し出すのであれば会社の借金であり、正当な資金です。
    • good
    • 0

銀行で事業用の口座を開き資本金を振り込むと、すぐには大金は下せません(見せ金と見られるため)。

また月々わずかずつ下しローン返済にしようにも、その使途を裏付ける領収書を確保できず、決済・確定申告に困ります。フリーローンの300万円は、会社への貸付金にすれば宜しい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都営大江戸線:全線開業10周年‐当時の思い出は?

東京の地下鉄12号線(都営地下鉄大江戸線)が、
平成12年12月12日に全線開業しました。

全線開業から今日で10周年です。
私は10年前の今日、早速開業したての駅を見物しました。
(残念ながら本日私は東京にいません。)

あなたの当時の思い出を教えてください。

Aベストアンサー

全線開業10年なんですか!
当時は父親が東京女子医大に入院していた関係で、新宿西口から若松河田までよく通ったものです。
その1年半後に亡くなりましたが、まさに闘病の真っ最中でした。
この病院は美人の看護師さんばかりで、“やっぱり東京の都心ともなるとレベルが高いんだなぁー”と思いました。
しばらくは大江戸線でしたが、そのうちバスの方が便利ということが分かってバスに変えました。
大江戸線といえば、昔六本木は「陸の孤島」で、かなり前から終電を気にしないと新宿にたどり着けない不安がありましたが、これができて便利になりましたね。
一番の功績はこれかも知れませんね。

Q起業ではなく起業後の事業拡大なのですが

起業ではなく起業後の事業拡大なのですが
現在、会社に在籍し副業で1年前より貸し教室(ヨガやダンスの教室としての時間貸し)を個人事業で経営しています。
経営といっても売上40万/月ぐらいで経費(家賃、人件費)を引いて手元には3万~10万ぐらいしか残りませんが、反響はよく給水設備等を充実すれば料理や花道にも対応でき貸し教室としての需要も増えることから
公的資金を借入、もう少し規模を大きくしようと考えています。

しかし、会社を辞めるつもりはありません。

このような、小規模(売上が少ない)な事業へ融資を実行してくれる制度はあるでしょうか。
融資希望金額は、どのくらいの融資が可能か見当が付きませんので下記の二つを考えています。
(1)300万位なら既存店舗改修工事
(2)800万から1000万可能なら2号店出店

担保は無く、給与所得は500万/年です。
また、副業での初めてとなる確定申告はしていません。
1号店開店時の公的資金の借入はなく、カードローンやショッピングローン、クレジットなどで行い、現在も返済中。法人成りも検討中です。

どうか皆様
よろしくお願いいたします。

起業ではなく起業後の事業拡大なのですが
現在、会社に在籍し副業で1年前より貸し教室(ヨガやダンスの教室としての時間貸し)を個人事業で経営しています。
経営といっても売上40万/月ぐらいで経費(家賃、人件費)を引いて手元には3万~10万ぐらいしか残りませんが、反響はよく給水設備等を充実すれば料理や花道にも対応でき貸し教室としての需要も増えることから
公的資金を借入、もう少し規模を大きくしようと考えています。

しかし、会社を辞めるつもりはありません。

このような、小規模(売上が少ない)...続きを読む

Aベストアンサー

ご参考までに。

日本政策金融公庫にて、「新創業融資制度」というものがあります。
条件は次の1~3のすべての要件に該当すること。(以下引用)

1 創業の要件
新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
2 雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件
  次のいずれかに該当する方
  (1) 雇用の創出を伴う事業を始める方
  (2) 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
  (3) 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
    (ア) 現在の企業に継続して3年以上お勤めの方
    (イ) 現在の企業と同じ業種に通算して3年以上お勤めの方
  (4) 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
  (5) 既に事業を始めている場合は、事業開始時に(1)~(4)のいずれかに該当した方
3 自己資金の要件
  事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業資金の3分の1以上の自己資金(注)を確認できる方



個人事業主でも適用内とのことですので、資料請求等されてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.k.jfc.go.jp/yuushi/atarasiku/04_shinsogyo_m.html

ご参考までに。

日本政策金融公庫にて、「新創業融資制度」というものがあります。
条件は次の1~3のすべての要件に該当すること。(以下引用)

1 創業の要件
新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
2 雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件
  次のいずれかに該当する方
  (1) 雇用の創出を伴う事業を始める方
  (2) 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
  (3) 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれ...続きを読む

Q再就職手当と就業手当

わからなくて困っています。
どなたか教えてください。

失業保険の基本手当の受給資格がある人が就業した場合にもらえるようですが、「再就職手当」と「就業手当」の定義がわかりません。
安定した職業に就いた場合を「再就職手当」というようですが、安定していても雇用保険に入らない会社はダメなんでしょうか?
私は現在40歳で、4月25日に9年4ヶ月勤めた会社を、会社理由で退職しました。年収は600万でした。
次の就職先はまだ決まっていませんが、
(1)例えば6月1日から就職したとしたら、「再就職手当」または「就業手当」はいくらくらいいただけるのでしょうか?
(2)例えば6月1日から独立開業したとしたら、「再就職手当」または「就業手当」はいくらくらいいただけるのでしょうか?
(3)雇用保険に入っていない会社に就職した場合、金額の多い(?)「再就職手当」をもらうために、自分で雇用保険に入れるのでしょうか?

Aベストアンサー

>安定していても雇用保険に入らない会社はダメなんでしょうか?

1年以上の雇用の見込みがあるものを言います。
なかには安定していても人数で適用事業所となることができず、雇用保険に加入していない場合があるかもしれません。
地域の管轄のハローワークで判断することもありますので、説明会に行かれた時にその点を聞かれると良いかと思います。

>例えば6月1日から就職したとしたら、「再就職手当」または「就業手当」はいくらくらいいただけるのでしょうか?

支給要件は受給期間が残り1/3以上、かつ45日以上残っているうちに就職が決まれば再就職手当が貰えます。

・再就職手当
  支給額=基本手当日額×(支給残日数×0.3)

・就業手当
  支給額=基本手当日額×0.3 を就業日ごとに支給

>例えば6月1日から独立開業したとしたら、「再就職手当」または「就業手当」はいくらくらいいただけるのでしょうか?

雇用保険説明会に行くと説明されますが、独立開業をされると失業給付を受給することができません。
自営の形態などによって、再就職手当などが該当する場合があるようです。
先ほどの支給要件と残日数に応じて同じように支給されます。

>雇用保険に入っていない会社に就職した場合、金額の多い(?)「再就職手当」をもらうために、自分で雇用保険に入れるのでしょうか?

個人で雇用保険に加入することは出来ません。
適用事業所の会社が雇用保険の加入義務があり、雇用保険料の徴収義務や納付義務があります。

参考URL:http://www.geocities.jp/zun_hige/yame2/yameyame_07.html

>安定していても雇用保険に入らない会社はダメなんでしょうか?

1年以上の雇用の見込みがあるものを言います。
なかには安定していても人数で適用事業所となることができず、雇用保険に加入していない場合があるかもしれません。
地域の管轄のハローワークで判断することもありますので、説明会に行かれた時にその点を聞かれると良いかと思います。

>例えば6月1日から就職したとしたら、「再就職手当」または「就業手当」はいくらくらいいただけるのでしょうか?

支給要件は受給期間が残り1/3以上...続きを読む

Q個人事業主申請 起業日以前の、起業準備の費用を経費にできますか。

教えて下さい。

今年、初めて開業しました。収入が見込めたので個人主事業申請を税務署にしてきました。青色にしました。

起業日は申請する日から二ヶ月前にしか遡れないということでしたから、その様にしてきました。

が、その起業日以前に発生した経費を、経費としておとすことは出来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

可能です。

起業の際には通常「創業費」「開業費」の費用の支出があります。

「創業費」とは設立するまでにかかった費用です。
「開業費」とは設立してから営業するまでの準備にかかった費用で、具体的には、業務用の消耗品の購入費、印鑑や名刺の作成費、広告用チラシ等の作成費、調査費や資料代、接待費、準備活動に要した交通費 等です。

税務上は下記の処理を任意に選択できます。
1.繰延資産に計上して、5年間で償却する(5年以内でも未償却残高を一気に計上することもできます)
2.開業年度に一括して経費に計上。

創立費・開発費は5年以内に任意な金額を償却(任意償却)できますので、一括経費にするか、資産として繰越すかは、期末時に決算をして利益が確定してから決めても良いと思います。

具体的な処理としては、例えば開業費であれば、
開業までに支出した金額を「開業費」(繰延資産)としていったん計上して、決算時に「繰延資産償却費(開業費償却)××/開業費××」という仕訳を行います。

Q個人事業主の塀の修繕費の処理について

今年から、青色申告をする初心者個人事業主です。
自宅(戸建て)の一部を事務所として使っています。
で、今年自宅の塀を修理予定です。

質問①
塀は建物とは別ですが、建物付属設備に相当すると思いますがどうでしょう?

質問②
塀の修繕は塗装またはタイル張りを考えています。
修繕費が60万円未満なら、一括修繕費経費でいいいいようですが、
60万円以上なら、固定資産扱いの減価償却になると思っています(価値の評価によるとは思いますが)。
この時耐用年数は、何年にすればいいでしょうか?
建物の耐用年数はブロック製またはコンクリート製で違うようですが、塀はどうでしょうか?

よろしくお願い致します。

以上です。

Aベストアンサー

要は自宅の塀を修理するさいの税務処理ですね。
1 修繕費が60万円以下だったら、減価償却資産としないで、修繕費として経費にできる。
2 修繕費が60万円をこえる場合には、減価償却資産として減価償却をすることになるが、その際耐用年数は「ブロック製」と「コンクリート製」でそれぞれ何年か。

という質問だと思います。
「1」は建物付属設備ではなく構築物で良いと存じます。
 耐用年数は「構築物→コンクリート造あるいはコンクリートブロック造→防壁」→30年

「2」は修繕ではなく新たに塀を作ったのだと判断できれば「新たな減価償却資産の取得」です。
その際、古い塀の残存価格は除却損にします。
ただし古い塀が「ブロック製のものをブロック製で修繕した」「コンクリート製をコンクリート製で修繕した」場合には新たな取得ではなく、修繕金額60万円を超えていても、修繕費で経費計上できます。

そして、修繕費であれ新たな減価償却資産の取得であれ、自宅を事業用に使用してる割合(按分割合といいます)をかけることが必要です。
按分割合が30%だというならば、修繕費60万円の30%である18万円を修繕費に計上するようにします。

http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/info/hyo01_01.pdf

要は自宅の塀を修理するさいの税務処理ですね。
1 修繕費が60万円以下だったら、減価償却資産としないで、修繕費として経費にできる。
2 修繕費が60万円をこえる場合には、減価償却資産として減価償却をすることになるが、その際耐用年数は「ブロック製」と「コンクリート製」でそれぞれ何年か。

という質問だと思います。
「1」は建物付属設備ではなく構築物で良いと存じます。
 耐用年数は「構築物→コンクリート造あるいはコンクリートブロック造→防壁」→30年

「2」は修繕ではなく新たに塀を作っ...続きを読む

Q中古車や中古農機具等の輸出会社を起業したいのですが、資金調達とかはどうすればいいのでしょうか?

こんばんわ。
見ていただき有難う御座います。

早速ですが、海外に向けて中古車等そのた輸出会社を起業したいと
思っております。
海外での人脈はそこそこありますが、資金調達の方法がどうしていいのかが分かりません。

私なりに調べたら国民生活事業等が浮かびました。

その他である程度簡単に資金調達の仕方はあるのでしょうか?

銀行等にも行ってはみたのですが、これから始める資金ではなく
もうすでに起業を起こしている場合の貸付といわれてしまいました。
無知で申し訳ありません。

何かいいアドバイスがあれば教えてください。

必要な資金は300万円前後です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご参考までに・・・。

新しく起業するということであれば、日本政策金融公庫、いわゆる昔の国金から融資を受けるのが可能性のある方法だと思います。

銀行なども新規事業者向けの融資を行っている場合もあるかと思いますが、よっぽどのことが無い限り難しいと思います。

よっぽどとは、すでに取引契約をいくつも結んでおり、一定以上の継続的な利益が見込まれるなどです。
ようするに返済が滞ることがない状況ですね。

ビジネスアイデアに自信があるのであれば、その他に出資を募るという方法もあるかと思います。

Q流行り

次の「流行」はどのように表現できますか?
・洋服の流行り
・病気の流行り

Aベストアンサー

#3です。お礼有難うございます。

 "be going around"という言い方はどちらかというとただ「広がる」ぐらいの感覚で使っていますし、病気の場合ですと「蔓延する」といった感じでしょうから、わざわざファッションの流行といった場合に使うほどの言い方ではないように思います。

 "be in fashion"、こちらはもうファッションだけの言い方ですね。これがたとえば腕時計や自動車なんかでしたら、また別に"be in trend"などとも言いますし。。。

 汎用性のある言い方としては"be trendy now"なんて、わたしは使っています。これ、本当に正しいかどうかは分りませんが、とにかく通じることは通じます。

Q中古車販売店専門の中古車オークションに参加したい

中古車販売店の仕入の部分です。ここに入るには、業者でないと入れないのでしょうか?また、中古車の売買は、なにか資格が必要ですか?

Aベストアンサー

 そのオークションによっても様々ですが、古物商許可業者であることを前提に、実際に営業を行っているかどうか、写真などを添付して入会審査を行います。
 かなり厳しく入りにくいところや、無審査状態のところなど、いろいろですが、いずれにしても、保証人が1名以上必要で、保証人の印鑑証明や不動産登記簿謄本の提出が必要になってきます。保証人の要件として、不動産を所有していることとしているところが大半です。
 中古車の業としての売買には、公安委員会の古物商許可が必要で、これは、所轄警察が窓口として業務を行っています。

Q結婚10周年って結婚何年目?

今年10回目の結婚記念日を迎える知人が宝石店で結婚10周年記念のプレゼントを選ぼうとしていると、店員から「結婚10周年のお祝いは9回目の結婚記念日(結婚した日から9年後)にするものですよ」と言われたそうです。10年目に入る日を結婚10周年として祝うってことでしょうか?これって一般的な考え方ですか?

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

店員さんの説明が誤りです。昨年(2004年)に結婚した場合、今年(2005年)に迎えるのは、『1回目』の結婚記念日です。昨年は結婚した年(敢えて言えば「結婚年」)であって、「記念日」ではありません。

ご質問のケースは、1995年ごろのご結婚と思います。1995年結婚の場合、2004年に9回目の結婚記念日を迎えていることになります。今年迎えるのが、10回目の結婚記念日であり、10周年記念です。

銀婚、金婚式の計算も同様です。1980年に結婚した場合に、2005年に銀婚式を迎えるわけです。

ご結婚関連の書き込みにふさわしくないかもしれませんが、弔事関係は、仏教の場合(その他の宗教が同様か異なるのか知りません)、その店員さんのような考え方をします。2004年に亡くなられた場合、2005年は「一周忌」(1周年の意味)、そして2006年は「二周忌」とは言わず「三回忌」(2004年に1回目の儀式すなわち葬儀、2005年に2回目の儀式すなわち一周忌、そしてその次が3回目の儀式という数え方です)と呼びます。

当然、二回忌という表現もありません。敢えて言えば、二回忌イコール一周忌です。

店員さんは、これを混同しているとしか考えられません。

なお、念のためですが、カレンダー中心の考え方の場合、1995年(仮に12月31日でも)結婚ですと、2004年(1月1日からが)「結婚10年目の年」と表現します。10年『目』と10『周』年は、別です。

「物書き」のひとりです。

店員さんの説明が誤りです。昨年(2004年)に結婚した場合、今年(2005年)に迎えるのは、『1回目』の結婚記念日です。昨年は結婚した年(敢えて言えば「結婚年」)であって、「記念日」ではありません。

ご質問のケースは、1995年ごろのご結婚と思います。1995年結婚の場合、2004年に9回目の結婚記念日を迎えていることになります。今年迎えるのが、10回目の結婚記念日であり、10周年記念です。

銀婚、金婚式の計算も同様です。1980年に結婚した場合に、2005年に銀婚式を迎えるわけ...続きを読む

Qネットの自分のホームペーシで小規模な中古販売゛をしたいのですが、中古商

ネットの自分のホームペーシで小規模な中古販売゛をしたいのですが、中古商の免許や必要な、てつずきなど、有りますか?それと注意すべき点などを教えてください。

Aベストアンサー

古物商許可を申請をなされた方がよいです。

最寄りの警察の防犯課へ行けば手続きしてくれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報