(α) 《ゆづる》は 《受け身のチカラ》である。

(α‐1)  ユヅリアヒは 人間力である。

これを検証したい。というのが この問いです。


神崎繁によると ヨーロッパでは――ヨーロッパでも―― チカラを能動・受動のふたつの側面
に分けて捉えたと言います。

○ 神崎繁:アリストテレスの子供たち――ヘーゲル・マルクス・ハイデガー―― in 神崎繁・
熊野純彦・鈴木泉編著:『西洋哲学史 III 《ポスト・モダン》のまえに』 2012  
によりますと:

次のように 《ちから》の内容・分析が捉えられています。かんたんに引いておきます。

(β) プラトン『ソフィスト』:
  《働きかける力( dynamis tou poiein ; dynamis energetike, potentia activa )》
 と
 《働きかけられる力( dynamis tou paschein ; dynamis pathetike, potentia passiva )》

 
このうち後者を承けての系譜:
 
(γ) アリストテレス『形而上学』第九巻:
   《働きを受ける力( dynamis tou pathein )》
     ( pathein = paschein )

ただちに時間を飛びますが:
 
(δ) コナトゥス という概念をめぐる主題の取り方もあるようです。

(ε) ハイデガー:《矯(た)めを持つさま( Ertragsamkeit )》
        =邦訳:《担いの実り豊かさ》

ちなみにこのとき 神につなげる見方も出されているとか。

(ζ) レヰナス:《絶対的な受動性》をさらに想定しつつ:
     《受容性( réceptivité )ならざる純粋な受動性( passivité )》
     《いかなる受動性よりも受動的な受動性》

 


このとき:
(α‐2) ユヅルは どういう人間の持つチカラでありその発揮であるか?

を解明したい。
そのための事例をひとつ提出します。

(α‐3) ▲(ヰキぺ:葦原中国平定(あしはらのなかつくにへいてい)) ~~~~
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%A6%E5%8E%9F% …

§ 1  あらすじ
§ 1.1 古事記

天照大御神(アマテラスオホミカミ)ら高天原(タカマノハラ)にいた神々(天津神:アマツ
カミ)は、「葦原中国を統治するべきなのは、天津神、とりわけ天照大御神の子孫だ」とした。
そのため、何人かの神を出雲に使わした。
大國主神(オホクニヌシノカミ)の子である事代主神(ことしろぬし)・建御名方神(たけみ
なかた)のもとに天津神である建御雷神(タケミカヅチノカミ)が降る(*)と、大国主神も自
身の宮殿建設と引き換えに国を譲る。

(* いくらか編集しました)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ オホクニヌシは スサノヲの子孫です。そのイヅモの国を アマテラスの国にゆづりまし
た。このユヅルちからは:

(δ) ハイデガー:《矯(た)めを持つさま( Ertragsamkeit )》
       =邦訳:《担いの実り豊かさ》

というチカラではないのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「同じ人間同士として協調したいという基本的な気持ちが


 まずは譲り合いという表出になる。

 それがうまくいかないときに力比べの必要性から
 力への意志が生まれる。

 さらにその力比べの過程を経る中で
 仲間内の協調を優先しようとするところに
 対外的に排他的な侵略的ベクトルが生じる。

 そして協調性を発揮するための懐の深さは
 ‘豊かさ‘によって左右される。

 つまり豊かであれば協調性の表出として
 譲り合いの精神を発揮しやすくなる。
 それは争いとは逆の平和な世の中の実現へとつながる。

 豊かさとは限界の越えにくさ。」

こんな風に考えてみました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ 豊かさとは限界の越えにくさ。
☆ あぁ この限界を超えたかったんですけれどねぇ。

むろん そのような限界は 一般的に見られる問題だとは承知しています。
批判のためでも何でもありません。

あと 初めての人間どうしの出会いについてですけれど:
★ 同じ人間同士として協調したいという基本的な気持ちが
まずは譲り合いという表出になる。
☆ となれば いいんですけれど 別のかたちもあるかなとは思っていた
んです。

すなわち 初めての出会いにあたって・初めてだからこそ 警戒心を持つ
ことがある。という場合。

つまり 欧米人やお隣のアジアの国々でも 最初に《ゆづり》を見せたら
完全に相手からバカにされ食い物にされかねない。といった事態の場合で


おそらく初めから 《チカラへの意志》を持ってみなぎらせている。

もっとも《強調性や 友情や 相手へのうやまい》などが乏しいというわ
けでもないのでしょう。じっくり時間をかけて 仲間となる場合もあると
か。

★ 対外的に排他的な侵略的ベクトルが生じる。
☆ これは 初めにゆづりあひをおこなっていても 生じる場合があるの
で 問題は複雑なようです。

それに あたかも人はみな人に対してオオカミだという場合でも 初めに
は警戒心こそ持ったとしても その初めから《侵略的ベクトル》を剥き出
しにしているわけではない。



こう考えてくるというと どうやら質問の切り口が 通り一遍になってい
て 答えづらいものになったようですね。

ゆづりあひと協調性とを 質問者がすでに前面に推し出してしまっていて
それとのマの取り方が むつかしかった。かも知れません。

よきユヅリアヒの場合を考察してみたら その場合から逸脱する事例を出
されてしまった。・・・といったようなやり取りしか出来なかったですね。

これは しくじった。かも知れません。

《ゆづる》とは いったいどういうことか?
これを追究したいとは思ったのでしたが。

ちょっと考え直してみます。
いづれにしましても 述べられた方向・志向性において捉えようとはして
いた問題です。

とりあえず こんなお応えにてです。

お礼日時:2016/01/25 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q《人の色》と言い《人それぞれの色》と言うのなら 《言葉そのものに色は むしろ無い》。

ひとには その考えや振る舞いに独自のクセ(エートス)があり その意味で
あたかもみづからの《顔》に《色》が付いて回っている。

とするならば その《人の色》は 《人それぞれの色》ということであり
《人によって 色は違う》ことになる。

人が思惟や行動につける《色》は 一般にその言動の道具としての《言葉》に
つけられる。と考えられる。

と言うのであれば 人がそれを用いるときにおのれの色をつけるという《言葉》
には むしろもともと色は無い。

色の無い言葉に 人がそれぞれのクセとして色をつける。

――という一つのまとめが得られるはずだ。





《ことば》は 包丁や野球のバットと同じようにその使いようによって 凶器
に成り得るが 初めから《剣》であったり《武器》であったりするのではない。
むしろ 無色の状態において持たれ 大いに――人それぞれにおいて色づけさ
れつつ――用いられて行く。

ということではないか。




展開をこの趣旨説明では広げないが 言葉について言葉は諸刃の剣だというの
は 精確ではない。ということ。

そして それが人を斬りつけると見られそう言われている《言動におけるクセ
としての人の色》は だったら 互いに自由にその思想の中身を取り上げ 万
機公論に決すべしというほどに批判しあって行けばよい。

そのつとめは 哲学よりほかにない。はずでは? ほかの分野では ゆるキャ
ラであってよい。

したがって 言葉を 凶器だと言いあたかも魔女狩りの対象とするのは じん
るいの痴呆化を策略するアクマであり 権力の犬である。いかに?

ひとには その考えや振る舞いに独自のクセ(エートス)があり その意味で
あたかもみづからの《顔》に《色》が付いて回っている。

とするならば その《人の色》は 《人それぞれの色》ということであり
《人によって 色は違う》ことになる。

人が思惟や行動につける《色》は 一般にその言動の道具としての《言葉》に
つけられる。と考えられる。

と言うのであれば 人がそれを用いるときにおのれの色をつけるという《言葉》
には むしろもともと色は無い。

色の無い言葉に 人がそれぞれの...続きを読む

Aベストアンサー

「色の無い言葉に 人がそれぞれのクセとして色をつける」
→そうだと思います。
つまり、言葉は人間の便利で優れたツールであるが、それにも増して人間そのものがコミュニケーションの原点でしょう。

Q《怠け者》と《モチベーション》・・・

●人間は基本的には、《怠け者》なのになぜ、スポーツ選手や、一流と言われている人達は、《モチベーション》を高く維持することが、出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>人間は基本的には、《怠け者》なのに

○こういう考えの方は「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな方でしょうね。決して悪いことではありませんが人間には大きく分けて2種類の人間あるように思います。釈迦・孔子型のように向上を目指すタイプと老子・荘子型のように怠けタイプですね。世界を見渡せば、どちらが多いんでしょうかね。日本は受験などがありますから向上を目指すタイプが多いように見えますが、「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな人もいますから怠け型も比較的多いのでしょうね。
要は基本的に向上を目指すタイプと、基本的に怠けるタイプの2種類の人がいるということなんです。全員が怠けがたではないんですね。向上タイプから観れば落ちこぼれに見えるのでしょうが、怠けタイプから見れば何故、そこまでして続けるのかが理解できないということですね。イチロウや葛西は40過ぎているのに諦めずにやっていますね。すごいなと思う一方、ある意味、哀れを感じることさえありますね。
この複雑な感情が本当の人間ですね。怠け続けてもいけないし頑張り続けても良くないということだと思いますね。その狭間で格闘するのが人生で良いのではないですか。

>人間は基本的には、《怠け者》なのに

○こういう考えの方は「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな方でしょうね。決して悪いことではありませんが人間には大きく分けて2種類の人間あるように思います。釈迦・孔子型のように向上を目指すタイプと老子・荘子型のように怠けタイプですね。世界を見渡せば、どちらが多いんでしょうかね。日本は受験などがありますから向上を目指すタイプが多いように見えますが、「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな人もいますから怠け型も比較的多いのでしょうね。
要は...続きを読む

Q《断食》と《健康》・・・

《断食》は、健康に良いことなのでしょうか?食べ物の有り難みを知るためにも、《断食》をした方が良いのでしょうか、あなたは《断食》または《プチ断食》をした経験はありますか?そして《断食修行》があれば、参加してみたいですか?

Aベストアンサー

プチ断食しました。

体重が20~25キロぐらい落ちて適正体重になったのと
子供の時からの低血糖が良くなりました。
今は、空腹でも手は震えません(笑)

断食修行とかは、勘弁願いたいですね。


食べ過ぎは体の抵抗力が下がります。
体って、若干飢えてる方が調子は上がるようです。

Q《才能》と《錯覚》・・・

●一般の人は、才能がある人はどんなジャンルでも短期間で上達するものだと錯覚するのでしょうか?逆に上達が遅い人を見ると『あの人にはセンスがない』と判断されるのでしょうか?ちなみに、*あなたが挫折したジャンルは、何ですか?

Aベストアンサー

こんばんは。


☆一般の人は、才能がある人はどんなジャンルでも短期間で上達するものだと錯覚するのでしょうか?
◇「頭のいい人は、勉強とかは何でもできる」
とか
「どんなものもすぐにわかる」
といったような漠然とした期待を頭のいい人に寄せたりするよね。
ですが、
そんな都合のよい《頭のいい》人はまずいない。
数学は得意だけれど、国語は大の苦手とか、
物理学については天才的だけれど、暗記物の歴史や社会はまったく駄目ということはよくあることですよ。

ddt^3さんのおっしゃるとおり、人間には得手・不得手があるのですよ。
ごくごく限られた分野においても、たとえそれらが互いに関連しあうとしても、「これは得意だけれど、あれは苦手」なんてことはある。



☆逆に上達が遅い人を見ると『あの人にはセンスがない』と判断されるのでしょうか?
◇例外はあるでしょうけれど、
この判断はおおむね正しいでしょうね。

できる奴は、大して努力をしないでも、普通の人がなかなかできないこと簡単にやってのける。
そして、こうした人を一般的に才能のある人や天才と呼ぶ。



☆ちなみに、*あなたが挫折したジャンルは、何ですか?
◇わたしは熱しやすく冷めやすい性格―――要は飽きっぽい性格ということ―――だから、もう、挫折の連続(^^ゞ

大人になってから「ピアノがうまく弾けたらカッコウいいな~♪」などと思い、一念発起、ピアノの練習を開始。
毎日、指がつるまで熱心にピアノの練習をしたのだ。
一向に上達しない自身の不甲斐なさに涙しながらも、それでも、毎日、練習を続けた。
こういうことをしばらく続けたとき、ふと、ある事実に気がつく。
「俺の手は小さく、しかも指が短い。こんな手でピアノをうまく弾こうと思ったことが、そもそも、間違いだったのだ。」
そして、
ピアノ断念♪
だって、
手が小さく、しかも指が短いから、親指と小指の間がオクターブ以上広がらないんだもの(T_T)

あと、私は移り気で浮気性の性格をしているから、一つのことに興味や情熱を維持することができない。
今やっていることよりも面白そうなものを見つけると、すぐにそっちに乗り換えてしまう。
だから、
そこそこできるけれど、得意というほどのものではない、というものがたくさんある。
これは、挫折とは違うのでしょうけれど、結果的に「途中で挫折した」ことと同じ結果ですよね。

こんばんは。


☆一般の人は、才能がある人はどんなジャンルでも短期間で上達するものだと錯覚するのでしょうか?
◇「頭のいい人は、勉強とかは何でもできる」
とか
「どんなものもすぐにわかる」
といったような漠然とした期待を頭のいい人に寄せたりするよね。
ですが、
そんな都合のよい《頭のいい》人はまずいない。
数学は得意だけれど、国語は大の苦手とか、
物理学については天才的だけれど、暗記物の歴史や社会はまったく駄目ということはよくあることですよ。

ddt^3さんのおっしゃるとおり、人間には得...続きを読む

Q《才能》と《英語》・・・

●たとえば、これから英語の勉強を始めた人がいるとします、その人が1年後にほとんど英語が喋れないと周りの人は、『あの人は1年も勉強しているのに、いまだに英語が話せないなんて才能がないんじゃないか?』と判断され、逆に1年後に喋れるようになると『たったの1年で英語が出来るなんて凄い才能だ』と、判断されるのでしょうか?ちなみに、*あなたが好きなパンは何ですか?(あんパン食べたい・・・)

Aベストアンサー

 #1さんの仰る通りだと思います。

 日本の英語(外国語)教育の良くないところを揚げます。現在は少し違うかも知れませんが。

(1)文法中心である
 ヒアリングの訓練が圧倒的に足りない。そこで出来あがるのは、聞けない・話せない,話せないからほとんど書けない,何となく読める・・・。

 自分は専門書の洋書を年季で何となく読めますが、これだって会社では時々、驚異の目で見られたりする(^^;)。

(2)訳本が完璧すぎる
 先人の努力の賜物ですが、どんなにマニアックな専門書の洋書でも、一回は訳本が市井の量販店に並ぶのが日本です。一般書は、もっとそうです。

 良い国に生まれたなぁ~と思う反面、「俺は世界を相手にするのだ」という気概でもない限り(←自分は当然ない(^^;))、「この本が読めないと仕事できない~!」などのプレッシャーもないので(日本語訳がある)、普通の会社で普通に仕事をする限り、英語を覚えようなどという気持ちは、さらさら起きない。

(3)人見知りする(?)
 学生時代の研究室に、2年間オーストラリアに留学していた帰国子女(?)の助手がおりました。その人の英語力は(1)のままだった(^^;)。

 たぶん(1)と(2)の相乗効果で、そこには日本各地から来た留学生からなる日本人コミュニティーが既にあり、留学中はそこでしか活動していなかったという始末。

 自分にも似た経験がありまして、国際会議で発表した時、「This is my first presentation. Please help me!.」(国際会議での初めての発表だから、助けて下さい!)と外国人の座長(司会者)に根回ししました(←指導教官に、そうしろと言われた)。

 結果は案の定、日本での国際会議だったので、日本人が英語で日本人の自分に質問し、外国人の座長が日本語に訳して日本人の自分に伝え、日本人の自分が日本語がで答えて、それを外国人の座長が英語に訳して日本人の質問者に返答するという、怪談ものになりました。終了後は、初めて緊張で吐きそうになった・・・(^^;)。


 ・・・という訳で、スピードラーニングなんかは正解だと思う。

 CMでは3か月で話せるようになるらしい。CMでは築地辺りのソバ屋のおじちゃんやおばちゃんが、外人相手に流暢に英語を話しているが、きっと同業者からは驚異の目で見られているのだろう。この人達は仕事上のプレッシャーと、世界を相手にする気概があるのだと思う。

 隣の蕎麦屋のおじちゃんやおばちゃんを見てると、そう思う。

 ・・・パン(?)。・・・オコワでなく白米の海苔茶漬けがいいなぁ~・・・(^^;)。

 #1さんの仰る通りだと思います。

 日本の英語(外国語)教育の良くないところを揚げます。現在は少し違うかも知れませんが。

(1)文法中心である
 ヒアリングの訓練が圧倒的に足りない。そこで出来あがるのは、聞けない・話せない,話せないからほとんど書けない,何となく読める・・・。

 自分は専門書の洋書を年季で何となく読めますが、これだって会社では時々、驚異の目で見られたりする(^^;)。

(2)訳本が完璧すぎる
 先人の努力の賜物ですが、どんなにマニアックな専門書の洋書でも、一回は訳本が市...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報