えとー
義務教育以外事で
子供っていうのは親のいいなりにならなきゃ駄目なんでしょうか?
いいなりっていうのはよくないですけど
まー色々ですよ
ある程度、自分でお金が稼げる以外
子供ってのは意見を出しても、結果的には親が裁判官のように判決をくだして終りなのでしょうか?
よく分りませんが、良い御良答まってます

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あう!


はじめの行から勘違いらしき発言が(^^;;;

義務教育というのは「子供の義務」ではないのですよ。
子供にとっては「教育を受ける権利」なのです。

これは子供に教育を与えず働かせるのが当然の時代があったため(まあ、貧乏な時代のころですから子供を働かせないと食べていけないという現状はあったのですが)、「親は子供が受けたいと言うならば教育を受けさせる機会を与えねばなるまい」という思想の下に「親は教育を受けさせる義務がある」という条例が出されたわけです。

と閑話休題

質問内容だけでは現状が良く見えないので一般論を述べさせていただきます。

子供から見ると親ってのは金を稼いでいるだけに見えるのかなぁ(^^;
実際のところ、親というのは子供に対してかなり心を砕いているものです。
親が自分にたいしていかに接してくれているか、どんなに悩んで自分に心を砕いてくれているか考えるのも良いかもしれませんね(^^)

そんな親が口出す事柄というのは「昔、私が苦労したんだよな」という失敗やいやな気分になったことを元に「~~をすると子供が苦労する、もしくはきつい思いをする」などといった心配から来るものです。決して自己顕示欲から来るものではないのです。(親にもよるかもしれませんが……。ダメダメな親というのも実際いるようですし)

それに何が正しい、何が間違っていると子供をしつけるのは親の義務です(これは法律うんぬんではなく常識の問題)。親が子供に良いこと悪い子とを教えなくなったら、それこそとんでもない社会になるでしょう。

とはいえ、子供も親が言うことがおかしい、間違っていると思ったなら「~~って言ったけど、おかしくない?」と聞き返したり、尋ねたりすることは必要でしょう。親だって間違うことはありますからね(^^)

ま、親の言うことは「助言」として聞くのが良いと思います。
それを実行するのも反論するのも子供の自由だと思います。
ただ、年配の人間の助言というのはありがたいものです。
良く聞いてその助言の根拠を良く考えて自分のものにすると良いでしょうな。

いじょ
    • good
    • 0

akane_cookieさんは、


「親のいいなりにならなきゃ駄目です」って言われたら、従えますか?
100%従えるのでしたら、それは恐ろしいことです。

赤ちゃんは、腹が減ったら、泣きますよね。
幾らあやしても、空腹が充たされなければ、気力・体力の限り泣くでしょう。
でも100%従える赤ちゃんだったら、どうでしょう。

親が「泣くな」って言ったら、泣かないでしょうね。
これって恐いことと思いませんか? 私は恐いです。
従えてしまうのは、意志が無いからだと思うので…。

あなたがどういう方か…お若いことは分かるんですが…
他はよく分からないのですが、とにかく、
>結果的には親が裁判官のように判決をくだして終りなのでしょうか?
あなたの親御さんは「裁判官」のように、
「相手の話に多少は…耳を傾けてくれる人」であると推測し、
あなたは良い環境にいると思いました。
自分の意志を上手く伝えられる様に、頑張ってみてください。
また、間違ったことは改める素直さを忘れずにね。

ここからは余談です。
世の中には、上記のような恐ろしい事を強要する、
「裁判官」ではなく「独裁者」のような親がいるそうです。
色々な暴力を行い、意志があっても無理矢理100%従わせる人が…。
(あなたの近くに迫害を受けている人が居ないことを望みます)
    • good
    • 0

親のいいなりになる必要はないと思います。


でも、その分、責任を取らなくてはいけません。

責任が自分でとれる問題なら、子どもでも本人の判断で行動してもいいと思います。
でも、結局、親に責任がいく問題ならば、親が最終決断をするのは仕方がないと思いませんか?

すべての親が、いい裁判官だとはかぎりませんよね。
いい裁判官の家に生まれてしまったらソンだなって思いますよね。
その場合はどうするか。
早く大人になることです。
そして、その裁判官の家から出て行くことです。

大人になると、自分の行動は自分で責任を取らなくてはいけません。
住むところにもお金がかかる。食べるにもお金がかかる。
洗濯も掃除も料理も自分でしなければいけない。。

裁判官の家にいるしかない間は、大人になるための修業をしてはいかがですか。
そのためには裁判官に甘えていてはいけませんよね。
寝る場所がただで手に入る。
食事をするのにお金がいらない。
高校も義務教育ではないのだから、もし親が行かせてくれるならありがたいことだとは思いませんか?
もしこれらのことが当然だと思う間は「子ども」なのです。
がんばって「大人」になって下さい。
    • good
    • 0

家庭というのは一つの社会です。


そこでは団体が作られています。
この団体が団体として機能するためには一つの規律が必要です。
その規律のもとが扶養者たる人で、父親であったり母親であったりします。
構成員である家族は当然扶養者の傘下にはいるわけで、これは法的にも保護されています。
こういった家族の成り立ちを考えてみますと、言いなりと言うより有る程度の服従(言葉が適当でないのは勿論承知ですが)が必要だとは考えられます。
勿論意見を全然出せないと言うわけではありません。
ただ、優先させるべき人が誰であるかと言うことは受け入れなければなりません。
これが理不尽であるという場合は、児童福祉法もあり児童憲章もあることですから、しかるべき所にもの申すのも一つの方法かと思います。
あなたの場合でしたら学校の先生に聞いてみるのも一つの方法でしょうね。
家庭では、色々不満もあるでしょうが、お父さんもお母さんも愛情を持って一生懸命あなたを育てているのだと思って、ご両親の言うことはちゃんと聞くようにしてください。
    • good
    • 0

義務教育中の子供に対してもそうですが、親の「権利」というよりも「義務」に基づいて親に責任があります。


つまり他人に怪我などをさせた場合、慰謝料や治療費を求められてもアルバイトで稼いだ金額ではどうにも謝罪出来ませんよね。
その子の親の義務として、親が負担するのは当然の事ですから、親は義務と愛情を基に子供を教育しなければなりません。
とはいえ親の発言する全てが正しい訳ではないので、家族の中で「僕はこう思う、私はお父さんと反対の意見です」と話し合うことも必要ですね。
どんな親でも自分の子供がかわいいのですから、悪い方向へ進まぬように心配しての意見だと思います。
その時の気分で口調が悪く、しかりつけるような時もあるでしょうが、ちゃんと話し合いを家族で持てば、良い親子関係になると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数3の積分について質問です 6番について、自分なりにやってみたのですが、恐らく最初から違う気がします

数3の積分について質問です
6番について、自分なりにやってみたのですが、恐らく最初から違う気がします。
画像の上の方に問題があります。
よろしくお願いします

途中でつまずきました...

Aベストアンサー

√x
の微分計算を
根本的に間違ってる気がする。

Q神戸大について勉強計画を自分なりに立てました。

神戸大学合格に向けて自分なりの勉強計画を立てました。意見や訂正お願いしますm(._.)m
浪人で神戸大学経済学部を目指している者です。河合塾へ行く予定です。
自分は現役時にセンターでこけて(63%)
さらに関大を2回受け、どちらも落ちてしまい、
大阪府立大学にも届きませんでした。
そこでこのような結果になったのも基礎が全く固まっていなかったからだ!と考えました。
もうこのような悔しい思いを2度としたくないのでこの1年間は必死に頑張ります!
そこで神戸大学合格に向けて自分なりに大まかに勉強計画を立てました。
まず8月までは基礎を固め(河合塾基礎シリーズ)、夏休みは基礎を徹底的に身につけて(基礎シリーズのテキスト[多分無印のほうになると思います]を何度もくりかえし習得します)そして標準レベルへ
9月からは基礎力を利用し応用力への発展(河合塾完成シリーズ)さらにセンター対策(目指せ8割越え)

といった感じです。

そこで神戸大学は基礎力を徹底的に身につけることが大事というのは本当なのでしょうか?
夏休みにまだ基礎を復習していて遅くないでしょうか?
この計画で大丈夫でしょうか?

アドバイスお願いしますm(._.)m

神戸大学合格に向けて自分なりの勉強計画を立てました。意見や訂正お願いしますm(._.)m
浪人で神戸大学経済学部を目指している者です。河合塾へ行く予定です。
自分は現役時にセンターでこけて(63%)
さらに関大を2回受け、どちらも落ちてしまい、
大阪府立大学にも届きませんでした。
そこでこのような結果になったのも基礎が全く固まっていなかったからだ!と考えました。
もうこのような悔しい思いを2度としたくないのでこの1年間は必死に頑張ります!
そこで神戸大学合格に向けて自分なりに大まかに...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

そこでこのような結果になったのも基礎が全く固まっていなかったからだ!と考えました。

そうですね。
センターでどの教科も7割を超えるまでは基礎を重視するといいと思います

まず8月までは基礎を固め(河合塾基礎シリーズ)、夏休みは基礎を徹底的に身につけて(基礎シリーズのテキスト[多分無印のほうになると思います]を何度もくりかえし習得します)そして標準レベルへ

最初は説明の詳しい参考書でこまめに調べながら進めていくといいと思います。
覚えられるものは徹底的に覚えてください

9月からは基礎力を利用し応用力への発展(河合塾完成シリーズ)さらにセンター対策(目指せ8割越え)

二次試験にある教科で満点近くを確保できればそれほど難しくはないと思います。
がんばってください

そこで神戸大学は基礎力を徹底的に身につけることが大事というのは本当なのでしょうか?

基礎力をどうとらえるのかにもよるでしょうか。
常に、もっと正確に早くということと、少し上のレベルの問題が解きやすくなっているか、を意識すれば、非効率な勉強にはならないとは思います

夏休みにまだ基礎を復習していて遅くないでしょうか?
この計画で大丈夫でしょうか?

こんにちは

そこでこのような結果になったのも基礎が全く固まっていなかったからだ!と考えました。

そうですね。
センターでどの教科も7割を超えるまでは基礎を重視するといいと思います

まず8月までは基礎を固め(河合塾基礎シリーズ)、夏休みは基礎を徹底的に身につけて(基礎シリーズのテキスト[多分無印のほうになると思います]を何度もくりかえし習得します)そして標準レベルへ

最初は説明の詳しい参考書でこまめに調べながら進めていくといいと思います。
覚えられるものは徹底的に覚えてく...続きを読む

Q答え気になりますっ! 自分なりに答えは出してみたのですが… 【1分以内に解けたらIQ246?】 沙羅

答え気になりますっ!
自分なりに答えは出してみたのですが…

【1分以内に解けたらIQ246?】

沙羅駆と奏子と9人の刑事が部屋に集まっている。
そこに賢正が赤の帽子10個、白の帽子5個を持ってやってきてこう言った。

「これから皆様に赤か白の帽子をかぶせますが、自分の帽子の色を見てはいけません。しゃべったり他の手段で、周りの人に何かを伝えてもいけません。さて、自分が何色をかぶっているかわかった方は手をあげてください。」

少々の時間がたち沙羅駆が、「わかった」と答えた。奏子はきょとんとしています。沙羅駆はなぜ帽子の色がわかったのでしょうか。

誰か答えお願いします!

Aベストアンサー

>自分なりに答えは出してみたのですが…

だったら、まずそれを書くべきでしょう。
書いていないということは、解けていないのでしょう?

全部で11人ということですよね。

(1)沙羅駆から見える10人の中に、白の帽子5個が見える場合。沙羅駆は「自分は赤!」と判断できる。

(2)沙羅駆から見える10人の中に、白の帽子4個が見える場合。自分も白だったらたら、赤の帽子をかぶった人から「白の帽子5個が見えるので、自分は赤だ」と名乗り出るはず。それがないので沙羅駆は「自分は赤!」と判断できる。

(3)沙羅駆から見える10人の中に、白の帽子3個が見える場合。自分も白だったらたら、赤の帽子をかぶった人には「白の帽子4個が見える」ので、(2)の理由で「自分は赤だ」と名乗り出るはず。それがないので沙羅駆は「自分は赤!」と判断できる。

(4)沙羅駆から見える10人の中に、白の帽子2個が見える場合には、残り8人は赤。自分も赤だったらたら、白の帽子をかぶった人には「赤の帽子9個が見える」ので、(2)の理由で「自分は白だ」と名乗り出るはず。それがないので沙羅駆は「自分は白!」と判断できる。

(5)沙羅駆から見える10人の中に、白の帽子1個が見える場合には、残り9人は赤。自分も赤だったらたら、白の帽子をかぶった人から「赤の帽子10個が見えるので、自分は白だ」と名乗り出るはず。それがないので沙羅駆は「自分は白!」と判断できる。

 以上で、すべてのケースで沙羅駆は「自分の色」を判断できる。

>自分なりに答えは出してみたのですが…

だったら、まずそれを書くべきでしょう。
書いていないということは、解けていないのでしょう?

全部で11人ということですよね。

(1)沙羅駆から見える10人の中に、白の帽子5個が見える場合。沙羅駆は「自分は赤!」と判断できる。

(2)沙羅駆から見える10人の中に、白の帽子4個が見える場合。自分も白だったらたら、赤の帽子をかぶった人から「白の帽子5個が見えるので、自分は赤だ」と名乗り出るはず。それがないので沙羅駆は「自分は赤!」と判断できる。

...続きを読む

Q親の影響について、一流大の人間は親のおかげでは?

一流大学に入るような人間はやはり親が高学歴だったり、教育熱心だったりすると聞きます。

私は地方国立大の人間です。(偏差値たぶん国立大の中でいちばん低いです)

うちの親は、あんまり活動的でも積極的でも野心的でもなく、仕事から帰ったらテレビ見るくらいしか趣味がない人間です。

なので、私を塾に行かせるのも中学生のときからで、子供のころにこれといった教育を受けた覚えはないです。
大学受験の時も、いい大学に入ることがどれだけ就職や入社後の昇進で有利になるかを説いて聞かせたこともないです。
どう生きるかとか、何を成し遂げたいかとか、ぜんぜん子供に積極的に考えさせようとしないんです。
そういうことを子供のころから言っててくれたら、私ももっと大学受験も頑張っただろうし、今みたいに就職活動に苦労することもないはずです。

一流大の人間は、3歳とか4歳とかのころから、クラシック音楽が家で流れてたり、両親の政治とか哲学とかに関連した話を聞いたり、新聞読んだりする環境が家にあったんでしょうね。

うちなんか幼稚園受験も小学校受験も中学受験もしてないです。
クラシック音楽なんかうちではかかってないし、そもそも音楽が流れるような文化的に豊かな家庭ではないです。

一流大に入るような子は、やはり両親が高学歴だから、いい教育をしていたのでしょう。いろいろな話をし、いろいろな経験をさせていたのでしょう。よって人間的にも知的にも高水準の人間が出来上がるのでしょう。

悔しいです。
うちの親なんか子供を一流大にいかせようとするくらいの教育熱はありません。
なんか子育てに力が入ってないな。と思います。
親自身、たいして自分を成長させたいとか、偉くなりたいとか、一度きりの人生だから大きなことをしたい、などとは思わない性格のようです。そんな向上心のない消極的な親から学ぶことはないです。親の背中から学ぶことって私の場合本当にないんです。

高い知的水準、すばらしい人間性、豊かな経験、しっかりした人生哲学を持つ親がうちに居れば、私も日々学ぶことだらけで、さぞかし成長できるのではないかと思い悔しいです。

教育熱心な親に育てられた一流大の人間がうらやましくて仕方ないです。

皆さんの親はどうですか?
教育熱心ですか?
野心はありますか?
親から学ぶことってありますか?

一流大学に入るような人間はやはり親が高学歴だったり、教育熱心だったりすると聞きます。

私は地方国立大の人間です。(偏差値たぶん国立大の中でいちばん低いです)

うちの親は、あんまり活動的でも積極的でも野心的でもなく、仕事から帰ったらテレビ見るくらいしか趣味がない人間です。

なので、私を塾に行かせるのも中学生のときからで、子供のころにこれといった教育を受けた覚えはないです。
大学受験の時も、いい大学に入ることがどれだけ就職や入社後の昇進で有利になるかを説いて聞かせたこと...続きを読む

Aベストアンサー

一流大学に行くのは やはり自分のやる気次第ではないのでしょうか? 経済面もあると思いますが…

私の親も全然教育熱心ではありませんよ
逆にその環境を生かして自分のやりたい事を見つける事も出来ると思います

親から学ぶことは
無いと言ったら無いかも知れませんが
自分はこうならないようにしようとか色々考えさせられてます。

質問者様も前向きに頑張って下さい

Q親の影響について、一流大の人間は親のおかげでは?

一流大学に入るような人間はやはり親が高学歴だったり、教育熱心だったりすると聞きます。

私は地方国立大の人間です。(偏差値たぶん国立大の中でいちばん低いです)

うちの親は、あんまり活動的でも積極的でも野心的でもなく、仕事から帰ったらテレビ見るくらいしか趣味がない人間です。

なので、私を塾に行かせるのも中学生のときからで、子供のころにこれといった教育を受けた覚えはないです。
大学受験の時も、いい大学に入ることがどれだけ就職や入社後の昇進で有利になるかを説いて聞かせたこともないです。
どう生きるかとか、何を成し遂げたいかとか、ぜんぜん子供に積極的に考えさせようとしないんです。
そういうことを子供のころから言っててくれたら、私ももっと大学受験も頑張っただろうし、今みたいに就職活動に苦労することもないはずです。

一流大の人間は、3歳とか4歳とかのころから、クラシック音楽が家で流れてたり、両親の政治とか哲学とかに関連した話を聞いたり、新聞読んだりする環境が家にあったんでしょうね。

うちなんか幼稚園受験も小学校受験も中学受験もしてないです。
クラシック音楽なんかうちではかかってないし、そもそも音楽が流れるような文化的に豊かな家庭ではないです。

一流大に入るような子は、やはり両親が高学歴だから、いい教育をしていたのでしょう。いろいろな話をし、いろいろな経験をさせていたのでしょう。よって人間的にも知的にも高水準の人間が出来上がるのでしょう。

悔しいです。
うちの親なんか子供を一流大にいかせようとするくらいの教育熱はありません。
なんか子育てに力が入ってないな。と思います。
親自身、たいして自分を成長させたいとか、偉くなりたいとか、一度きりの人生だから大きなことをしたい、などとは思わない性格のようです。そんな向上心のない消極的な親から学ぶことはないです。親の背中から学ぶことって私の場合本当にないんです。

高い知的水準、すばらしい人間性、豊かな経験、しっかりした人生哲学を持つ親がうちに居れば、私も日々学ぶことだらけで、さぞかし成長できるのではないかと思い悔しいです。

教育熱心な親に育てられた一流大の人間がうらやましくて仕方ないです。

皆さんの親はどうですか?
教育熱心ですか?
野心はありますか?
親から学ぶことってありますか?

一流大学に入るような人間はやはり親が高学歴だったり、教育熱心だったりすると聞きます。

私は地方国立大の人間です。(偏差値たぶん国立大の中でいちばん低いです)

うちの親は、あんまり活動的でも積極的でも野心的でもなく、仕事から帰ったらテレビ見るくらいしか趣味がない人間です。

なので、私を塾に行かせるのも中学生のときからで、子供のころにこれといった教育を受けた覚えはないです。
大学受験の時も、いい大学に入ることがどれだけ就職や入社後の昇進で有利になるかを説いて聞かせたこと...続きを読む

Aベストアンサー

人は他人の物が良く見えてしまうものです。
貧乏な子が金持ちの子をうらやましくおもうのと一緒ですね。

うちは完全放任主義です。
私は野心のある教育熱心な親だったらグレてたでしょうね。
完全放任主義で、好きな高校、好きな大学を行かせてもらい、それでもちゃんと正社員として企業に勤めています。
結局は、行った先での個人の努力になると思うので、親にぶつかるのはお門違いかと。
よっぽどひどい親なら別ですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報