当方スキー初心者です。大昔何度か滑ったくらいで、スノボーが優勢になってやめておりました。
が、最近子供とスキーに年2回程度ですが行くようになっております。
中級コースを我流でやっと転ばずに降れる程度です。今後も頑張りはしますが、回数は年2回くらいで、特に(今のところ)極めることもないと思っております。

本題ですが、この程度なのでレンタルスキー(電車で行く)にしていますが、私はくるぶしの下の骨が少し出ておりレンタルのブーツでは合わないことがわかりました。(泊で行くと2日目は涙がでるほど痛いです)

特に道具にこだわっておらず、痛みがなく、リーズナブルに解決するにはどのようにしたらいいでしょうか?漠然としており申し訳ありませんが、少し調べたところブーツ(インナー?)を加工できるようですが、どのようなショップに行けばいいか悩んでおります。

ブーツを買って加工した場合、板も買ったほうがいいのでしょうか?
できたら、スキー場は電車で行きたいので、これまた悩んでいます。

おすすめのショップなどありましたら、これも教えてください。当方都内です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

厚手のソックスとかサポーターで対処出来ないレベルと言うのであれば


自分のブーツを買って、インナーの該当する部分にパッドを当てるとかする方が良いでしょうね

毎回レンタルブーツを借りる都度、インナー外してパッドを当てて返却時に外すなんてのも面倒だし、インナー出したり入れたいで破損させたら厄介ですし

インナーを外して、当たる部分にショップで手に入る追加用のパッドを貼り付ければ良いのですが、それでも対応出来ない様なレベルの場合はDIYではなくカスタムショップに持ち込む事になるでしょう
貴方の足の具合次第なので、実際にやってみないと・・・・

自分用のブーツを購入した場合でも、板まで購入する必要はありません

レンタルの窓口で自分のブーツを渡してビンディングを調整して貰うだけで済みます
特別大きな足でも無い限り、ビンディングの微調整で済みます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速ブーツ買いに行って加工をお願いしてきました。

お礼日時:2016/01/26 07:07

くるぶしの下の骨の出っ張り、インナーでは解消しません。


フォーミング剤を入れてその人にぴったりしても、その部分はシェルに直付けのような感じなので、痛いです。
シェルを広げてもらうしかないです。
一発では上手くいかないので、数回でだんだんあたりを合わせていく。
となると、合わせたらスキー、滑ってみて痛いならまた合わせての繰り返しなので、一シーズンかかります。

シーズンに2回程度のスキーなら、サイズを2サイズくらい大きいのにする、足の固定はあまり考えずに、脛の固定を中心にバックルをきちんと締めて対応できないか、貸しスキー屋さんにそうだんかな。
あるいは、貸しスキー屋さんなら、リアエントリーのブーツがまだあるかと思いますので、そちらを利用するとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
レンタルでサイズ大きいのを試したことはありますが、効果なしでした。
ブーツの中で足が動いて余計に痛い気がしました。(;_;)

早速ブーツ買いに行って加工をお願いしてきました。

お礼日時:2016/01/26 07:07

足の大きさは左右で違うことが多いです。


スキーのブーツどちらかの足のサイズ(多分、大きい方)で妥協することになると思います。

インナーは真面目にやろうとしたら自分でやるしかないですね。
私は、スキーをしていた頃は靴の中敷のようなモノをインナーの外側のあちこちに貼り付けて自分で調整しました。
雪国に住んでいたので、シーズン中にスキーに何度も行けたので、靴の微調整ができたのと、
滑っている時の足の感覚でここが緩い等を感じて試行錯誤した記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速ブーツ買いに行って加工をお願いしてきました。

お礼日時:2016/01/26 07:07

インナーを変えるだけで1万円以上しますし、レンタルのブーツで毎回それはできませんから


ブーツは買ったほうがいいですよ

ブーツの外側を加工するわけではありませんから、板はレンタルでも構いません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速ブーツ買いに行って加工をお願いしてきました。

お礼日時:2016/01/26 07:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキーブーツのレンタル

今度スキーに行くんですが困った問題が…
私凄く足が太いんです。。。。ふくらはぎで多分40センチ以上はあると思います。
今までは人から借りたりしてたんですが、今回はスキー場でレンタル予定です。
入るブーツがあるのか不安です・・・・
どなたか経験のあるかたとか情報お持ちのかたいらっしゃいますか?
ちなみにスキー場はNASPAです

Aベストアンサー

私もふくらはぎが太いです。
さらに、足も29cmと大きいんです。

私の場合は苗場プリンスでしたが、30cmのブーツをレンタルしました。
どのホテルも、概ね30cmまではレンタルしているようですよ。
最近のブーツはふくらはぎ部分の調整範囲が広いとも聞いた事があります。

もし大きなブーツしか入らずつま先が余る場合は、なにか詰め物で調整されてはいかがでしょうか?

Qスキー 脛高の低いスキーブーツ。

画像を添付させて頂きます。サロモン フォーカスというモデルとアトミック 12-13 MDLというモデルらしいのですが、偶然見つけてしまいました。脛の高さの低いスキーブーツを探していましたが、まったく見つからず、以前、履いていたノルディカGPというモデルが、少し高かったのか、当時でもラングや他のメーカーのスキーブーツの高さが低く見えたのですが(そう思うだけかも知れませんが)、画像のブーツは、足の甲側もバックルが一つですが、脛のほうも一つです。実際低いかどうかはわかりませんが、最近のモデルなのか?以前から、このようなブーツがあったのか?は知りませんが、もし、以前からあるようでしたら、どういった名前のモデルかを教えて頂けませんでしょうか? 

Aベストアンサー

いずれも2011年に登場したモデルです。

アトミックは「ライブフィット」と呼びます。
「Bシリーズ」というベーシックな4バックルのレジャー用ブーツからのモデルチェンジです。
サロモンは先に2バックルのフリースタイル系ブーツがあり、それをレジャー用にアレンジした形になります。

2バックルですが、1つのバックルの守備範囲が広い「メガバックル」と言います。
ガバガバでなければ、レジャー用とバカにできないほど意外と普通に滑れます。そしてフレックス120の上級用モデル(モデル名は「オーバーロード」)まであります。
アッパーシェルの高さはさほど低くなく、意外と普通ですよ。

Q最新モデルのスキー板をレンタルできるスキー場

サロモン2006年モデル Demo9 Pilot with S912 TIの購入を検討しているのですが、なにぶん10万近い高価な買い物なのでできれば試してから買えないかと考えています。

去年のうちであればいろいろ試乗会などあったと思うのですが、いまからでもレンタルでこの板を借りれるスキー場はどこかないでしょうか?

最新式の板を昔ザウスであったエキスパートレンタルのような形でレンタルできるところを探しています。
できれば、関東から1泊2日程度でいける範囲内にあると助かります。

実際にレンタルを利用された方がいればその感想などお聞かせいただければと思います。あるにはあるが、本数が少なくなかなか借りれないというような話だとせっかく行っても無駄足を踏むことになりかねないので。。

Aベストアンサー

サロモンテストセンターのあるゲレンデではどうでしょうか?
テストセンターではその年のニューモデルがレンタルできます。ご希望のモデルがあるかまでは分かりませんが・・・。パルコール嬬恋が一番近いのかな?

参考URL:http://www.salomon.co.jp/salomonstation/testcenter/index.html

Qスキーが上手な人と一緒にスキーに行く場合

特にスキー上級者のご意見を聞かせてください。
雪が降る地域に住んでいるせいか稀に友人にスキーに誘われます。
が、技量の差がありすぎるので一緒には滑れません。
過去に教えてもらった事もありますが毎回というわけにもいかないし、友人が自由に滑れないのも申し訳ないし。

そこで、お互い気を使うのもなんだし友人にはガンガン楽しんでもらって、私はスノーシュートレッキングなどに参加しようかと思うんですがどう思いますか?
行き帰りやお昼を一緒にして、スキーの間は別行動っていうのはアリでしょうか?
一緒に行った時点で、やっぱり一緒にスキーをすべき?
そもそも上級者は初級者を連れて行って楽しめるんでしょうか?

スキーがヘタなのに誘われるのはスタッドレス履いた私の車が目当てだったりもするんでしょうが、それはかまわないんです。
だけど、技量に合わない上級コースに連れて行かれ、周囲のジャマになってる事と恐怖だけを感じつつコブだらけの斜面を下るのは苦痛です。
冬山は嫌いじゃないので、違った楽しみ方をしたいと思ったのですが…。

Aベストアンサー

こんにちは。

私が嫁と行く場合は…
・レイアウトがシンプルで、別行動でも見つけやすいスキー場を選ぶ。
例えばクルージングコースの途中で急斜面があっても、迂回コースがあるところなら合流地点まで待ってます。迂回コースがないところには行きません。
ベースが分散しているスキー場だとはぐれますが、ベースが1箇所なら先に滑っても、リフト1本くらい乗って戻るとちょうど合流できます。

・嫁の板が140cmの「MIDスキー」
スピードに弱い反面、急斜面でも怖くないようです。

・上級コースにチャレンジする時は、レストハウスで待ってもらうか、初級コースを滑っていてもらう。

こんな感じでやってます。
まるっきり別行動ってのも寂しいものです。
私は下のレベルの人を誘う以上、そのレベルに合わせます。無理して上級コースに連れて行って、コントロールできずに怪我したら責任問題になりますし。

子供が出来たら、もう子供に合わせるしかないです。急斜面とかコブの滑り方など忘れそうです。
それと比べれば、大人同士で行った方が気楽なくらいです。

Q「スキー場に行くけどスキーはしない」ことを何と言いますか?

スキー場に行きつつもスキーをしないことを意味する
「○○スキー」というような言葉を聞いたことがあるのですが思い出せません。
どなたかご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

はい、それは「ノン・スキーヤー」といいます。

日本では少ないですが、海外では風光明媚なスキー場でリゾートホテルにゆっくり滞在したり、美しい風景を眺めに来たり、スノートレックをしたりと、スキー以外の目的でリゾート地に来るお客様がたくさんいらっしゃいます。

ちなみに私は「見栄スキー講座」の見栄スキーです。年がバレますね。


おすすめ情報