1. すでに考えられた結果を暗記しそのままをおこなうことしか望めないか?

2. われら考える日本人は 少数であるゆえに 悪貨は良貨を駆逐するの慣わしの前に望み
は薄いとあきらめねばならないか?

3. 哲学以前あるいはさらにへたをすると人間以前という実際を目の前にして どうすれば
よいか?

4. 足の引っ張り合いなるたたかいに まだしばらくは 対処していかねばならない情況で
あろうか?

5. (1)の見方によれば 外国人をまづ説得しその外国の人間が考えた結果であるという
のなら 日本人は受け容れるのだろうか?

6. なぜこれほどまでに日本人は あほばか状態が好きなのか? 心の奥底でそうなのでは
ないだろうに。

7. なぞの隠れた愚民化政策が どこかその筋から ほどこされているのだろうか?
(特に 神・絶対ということについての理解が あの聖徳なるぼんくら太子の水準でありつづ
けている。《世間虚仮 唯仏是真》なるおのれのみの観念の繭の世界の中にくすぶりつづける
・しかも高ぶりの状態。自分だけはしゃべりつづけるタコツボ地獄)。

8. あるいは あほばかヰルスが ひょっとしたら ばら撒かれているのだろうか?

9. ・・・

どうなんでしょう?

質問者からの補足コメント

  • 教科書のタブレット化については 判断材料がまだやはりわたしには欠けます。ので保留とせざ
    るを得ません。

    いじめは かんたんに述べることはむつかしい。別に言うと―― 一般理論は提示しましたので
    ―― むしろ個別の問題についてその当事者とともに対処していくかたちを思います。

    もうひとつには 生徒会で生徒たちが自主的に――外部の大人の協力をも得て――考え方も対処
    の仕方も形成しあって行く。ことを提案します。

    大相撲問題は しょうじき分からないのですが プロレスとは違って 国技で神事であるので
    扱い方がむつかしいのでしょうか? そういう方面からも考え合って行く必要はないのですか?

    イジメとクウキの問題については ガミガミ役やイジメ役に相い対する《アース役はつらいよ。
    結構毛だらけ猫灰だらけ》といったマジナイを国民が大合唱するとよいと考えます。

    No.16の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/01/28 08:40
  • ★ (①『尊厳』) ~~~~~~~~~
    人の、『 "個"の 未 成 熟 』が、原因であり、、、それ故に、自己の 『 尊 厳 』
    に、価値を 置 け ず 、『 自 己 思 考 』を せ ず 、 『 同調圧力 』に、
    簡単に、 負 け 、容易に 『 洗 脳 (=認識の同化) 』 さ れ る
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ☆ 資本主義経済は 勤勉志向とそしてそれが自己目的となったガリ勉志向(さらにはこれの
    《本格化》したガリ勉資本主義)とによって形成されていると見ます。

    ガリ勉が 引っ張っていて 裾野の広い勤勉がそれを支えている。

    世界のあらゆるものまでを商品にしなくてはおかないガリ勉資本主義の価値増殖運動は もう
    すでに独りの人間の意志や考えだけでどうにかするには大き過ぎ強すぎるチカラで回って行っ
    ています。不可抗力の一面があります。その点をあたたかく見守ってやってください。

    No.17の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/01/28 13:11
  • うーん・・・

    ★ ③ 『悪循環』 / 内藤朝雄氏:いじめ防止対策推進法・・・ ~~~
    学校では、たとえ赤の他人であっても、「友だちみんな」と一日中顔をつきあわせてベタベタ
    共生しなければならない。誰と生々しいつきあいをし、だれと冷淡なつきあいをするかを自己
    決定できない場合、「いやなやつ」の存在は耐えがたい苦痛になる。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~
    ☆ こんなによそよそしい人間関係の場になっているのですか いまの学校は?

    ちょっと――ふるい人間には―― 考えられない。

    《いやな奴》どうしは ふつうに離れていた。暗黙の了解のもとに。

    《冷淡なつきあい》などという関係があるんですか? つきあわなければいいのに。

    赤の他人なら そのままにしておけばよいのに。

    《顔をつきあわせることが嫌》なら 優雅に事務的に話をするだけにしておけばよいのに。

    すべてむつかしく扱おうとしている。のでは?

    No.18の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/01/28 22:18
  • HAPPY

    ③ 『悪循環』 / 宮本政於マトメ↓ ~~~~
    ★「独立心」は内的なコントロールである。
    ★「恥」は外的なコントロールである。
    ★「独立心」が育っている人は、衝動を抑制でき、「イエス・ノー」もはっきり言える。
    ★「恥」の意識が強い人は、衝動は抑制できるが、「イエス・ノー」をはっきり言うことができ
    ない。
    ★管理的集団主義下では人々から「独立心」の芽が摘まれ、「恥」が植え付けられる。
    ~~~~~~~~
    ☆ 天の邪鬼コメント:
    独立心は コントロールや衝動抑制なんか糞くらえと思う自由である。
    恥ぢと連動している。
    恥ぢは わたしがわたしであることのほこりである。
    恥ぢることにより ノーをはっきり言う場合がある。
    独立心による自省かつ自制は しばしば自分が順境にいるあいだのみである。
    恥ぢは 管理的集団主義の中におのれの身を安定して置いたとするならば ただちに作動するは
    ずである。

    No.19の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/01/28 22:53
  • ★  ⑥『ぬえ』(エートス)
    ☆ エートスは 《くせ・ならはし または おきてのような倫理規範》だと思います。

    ▲ ( OnlineEtymologyDictionary: ethos )
    http://www.etymonline.com/index.php?term=ethos&a …

    ☆ 《自分の場・ものとする》――《カスタマイズ》という用法に似ています――という
    原義だそうで 或る人のクセが みんなに普及したら ムラのナラハシにもなります。

    そこから みんなが妥当だとみとめ規範となしうる内容のものを取り出すこともある。エ
    チカ。

    日本人のクセ・ナラハシは クウキに従うというものがありますから・そしてクウキはそ
    の正体が分かりづらいので 《ぬえ》と言えるとは思いますが ただちにその意味で使う
    のは ちょっと行き過ぎではないでしょうか。

    No.20の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/01/29 11:15

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

no19に、対しての返信ありがとうございました。



成る程、トテモ解る処があります。

 トレイントレイン ですね。
この回答への補足あり
    • good
    • 4
この回答へのお礼

歌は 必ずしも分からなかったですが 受け取ってもらえて
よかったです。


ご回答をありがとう。

お礼日時:2016/01/28 20:59

≫《アース役はつらいよ。

結構毛だらけ猫灰だらけ》といったマジナイ

 具体的には?
この回答への補足あり
    • good
    • 3
この回答へのお礼

それが 具体的な文句です。

上司からガミガミ電波をもらうときに そのように言います。
部下全員が そう合唱します。アースは接地のことですが。

ですから イジメに遭った者も イジメ役に向かって そう言います。
まわりのみんなもそろって 合唱します。

あっ そうだ。曲をつけるといいですね。いろんなバージョンで。



ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2016/01/28 11:21

連続投稿になります。



 大相撲なのですが、十年日本人の、優勝者が居ない中での、今場所の日本人関取の優勝でした。

 其処にあった空気、、、を、自分は問題視しているのですが、明らかにオカシかった。

 不気味とも思えるくらい、明らかな八百長を、様々な力士たちが繰り返していた。

 しかも、ソレに口を閉ざすテレビ陣の方々。

 なんというか?

 国ぐるみで、八百長を、促すような空気が間違いなくあった。

 そう感じさせられました。



 質問と、無関係では、無い。

 そう感じるので、投稿したまでです。

 そう  く う き の、問題。

 あの、空気は恐ろしく感じた。

 最終日を前にした取り組みで、琴奨菊に日本人力士が勝ったのですが、其処でブーイングが起こる。

 まるで、八百長をしろ!と、までの く う き が、其処にありました。




 朝青龍を、なんくせつけて?同調圧力で追い出した。

 其処は、記憶に新しい。

 ソレと同様の、同調圧力からくる、なにか?が、その場にあった。

 そして、それに染まる国民。

 この問題は、非常に哲学的な議題だと感じたのです。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

①『尊厳』からつづくご主張については こう言ってはなんですが ぼちぼち
まいります。

大相撲ですが これは 興行であり商品ですよね。

商品についてクレームをつけるには しっかりと証拠をしめして物言いをつけ
る。
あるいは ひょっとすると そのような証拠というのは 相撲協会のほうで人
びとに用意せよという裁きがあるかも知れませんが プロレスとの違いを捉え
た上で なお大相撲にはクレームがつくという主張をしっかりとこちらも用意
してかかる必要があると思います。

この質疑応答の場で考えを聞くのももちろんよいでしょうし ただしわたし自
身としては この問題に時間を割きたいとは思いません。同等に重要だと思う
問題を いまは扱って行きたい。とは考えています。

八百長問題を 折々に出して来る。マスコミも―― 一部でしょうか――それを
取り上げ そこそこの実態を明らかにしようとし 人びとの妥当な考えをかた
ちづくろうとする。

この現象は 考えてみれば そのようにして八百長問題による不満のガス抜き
をやっているに過ぎない。のかも分からないわけです。

ちょっと手を出し口を出したからと言って 事態はどうなるか分かりません。
かえって そのガス抜きに利用されているかも分かりません。

ひどいのになると このように問題を取り上げているあなたが その筋からの
回し者ではないかとすら見られかねません。

そういった全体観に立って それこそふんどしを締め直してかからねばならな
い問題であると思われるのです。

お礼日時:2016/01/28 09:39

no16です。



ご紹介の質問観てみます。

そして、解る範囲で、答える事が出来る範囲で答えてみたいと思います。

と、張り付けたグーグル+のウラルが、観れなかったという事ですが、、、

以下の文面の、ウラルも無効でしょうか?
(投稿者の自分からは、観れるのですが、、、)


 << 群 生 秩 序 の 、 打 破 (仮名)>> 
 << 末 期 の 中 2 病 患 者 の 戯 れ 言 (仮名)>>

 >0 『目次』
 
 
 『』<<内藤朝雄氏:いじめ防止対策推進法は「いじめ隠ぺい促進法」だ
 
 ↑こちらの動画より、議題を、発生させた、文面ですが、この国のありとあらゆる事に結び付いている問題が故に、何故此方へコメントを張り付けたのか?等、は、文面を最後まで読み、理解して頂ければ、解って頂けると思います。
 


   目次
①『尊厳』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
②『弊害』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
③『悪循環』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
④『公平』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
⑤『IT』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
⑥『ぬえ』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
⑦『隙間』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
⑧『幻想』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
⑨『調和』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
⑩『主権』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …
⑪『覚悟』<<https://plus.google.com/102592967688884823261/po …  
 補足。
 之等自分の主張の全てが、自分の個人的なバイアス、8年ほどの海外生活を経て帰国後に大和的管理姿勢に反抗せざるをえなかった自分のバイアスに寄る処が大きいです。
この回答への補足あり
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ ①『尊厳』
☆ の途中まで読んで いちどこちらからも応答したいと感じました。

イジメなり広い意味で戦争状態の中での仕事なりに降りかかる《同調圧力や奴隷化圧力》
について いろいろ実際の事例に沿って考えをめぐらせておられる。

そうですね。哲学は けっこう現実的なのです。一点突破を提示します。

インタムライズム(ムラ=市長村 のことです)

それのインタナショナル版です。

お二階さんないし国家は 放っておける限りで放っておいて 世界中のムラムラが主体と
なって 経済・政治・社会文化的な提携・連携・協力・交流をおしすすめて行く。

名古屋市は 南京市やロサンジェルス市等と姉妹都市ですが たとえばそのムラ議会の議
員を互選する。

そのためには 互いの市民たちの交通をあらゆる分野や範囲において活発にする。

企業との連携も 必要であり重要でしょう。

【Q:国連に代わる村際連合(インタムライズム)によって世界を主導するシステムを!】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9113048.html

逆立ちした二階建てのあり方を 元に戻す方向です。

⑪『覚悟』までのほんの初めにおいてチャチャを入れてしまいましたが まづは やり取り
ですから 少しづつです。

お礼日時:2016/01/28 09:22

聖徳太子(実在は不明)を、例に出されておられまが、確かに、、、



 和 を 持 っ て 尊 し と す

が、この国のエートス、或いは集合体無意識です。

 カエサルも、一神教も、コモンセンスも、無く成立した、、、群生する秩序の集合体として始まった大和ゆえと、言えます。

中江チョウミンの言葉になります。
 我が日本、イニシエから今に至るまで、哲学無し。


 僕も、今は、少し違いますが、個人的な事情と合わさり、ソレがトテモ許せなかった?攻撃せざるをえなかった時があり、その時に作成した文面です。

 ↓大和への悪口。↓
https://plus.google.com/102592967688884823261/po …

 しかし、今は、なんというか?その状況から抜けて?追い出されて?一年が経過し、少しずつですが、受け入れれるようになってきました。

 愚民化され、其処から抜け出せない烏合の衆と言えば、その通りでしょう。
 そして、ソレが時折、、、 凡庸な悪 を、発生させている。(イジメの問題など、まさにソレです。)

 そして、自浄作用は、無いと言っていい。

例えばなのですが、、、

つい先日の、琴奨菊の優勝について、幾つかの問いをたてました。

是非回答を願いたいのですが、、、

先ずは、哲学のジャンルから。

琴奨菊の八百長優勝って、(カテゴリーは哲学)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9161905.html

そして、イジメの問題に繋げ、質問したのですが、no,1の方の回答が、示唆に富み色々と考えさせられる回答です。

イジメの問題と、琴奨菊の優勝。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9161919.html
 ↓↓↓↓抜粋させていただきます。↓↓↓↓

難しい問題ですよね。
国民性の負の一面だけを除去できるものなのかという問題ですから。

統一民族で国家を形成できている日本は、様々な面で恩恵にも預かっていますので、
がん細胞だけ除去するように、綺麗にメスをいれることが出来るか?
  ≪中略≫
ですが、欧米を参考にできないことだけは間違いないと考えております。
全く異なる民族、国家のあり方の中での理論を単純にコンバートできないからです。

私は、根本的な問題は、忙しすぎることだと思います。
誰もが忙しく、他人に構っていられない。
忙しくしなければならないためのシステムを構築し、疲労感に満足する。
そうした不毛で、理念や理想を脇に追いやるような社会構造こそ、
『勝つことだけが目的』という集団ヒステリーを引き起こしている要だと思います。

 ↑↑↑ココまで。↑↑↑

 この回答は、前半部分と後半部分に分かれているのですが、共に考察に値することです。

 そして、この回答の後半部分、、、
 
『忙しくしなければならないためのシステムを構築し、疲労感に満足する。』

 この事に、ヒントを受けて、次の質問をしてみました。
 ↓↓↓↓↓    ↓↓↓↓↓
不正問題とも関わる事ですが、全ての教科書を、タブレット化する事は、出来ないのでしょうか?
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9162433.html

 そして、此方の教育現場の先生とのやりとりは、トテモ考察に値します。
 この先生のように、 一 所 懸 命 な方が、寧ろ逆に、 イ ジ メ を 肯 定 させ、また 蔓 延 さ せ る 思 考 形 態 に、染まってしまっている事に、質問者さんならば解る筈です。

 つまり、イジメが蔓延する事の背景にある、同調圧力の所以である、 一所(現場)の、保持の、思考形態に、捕らわれている事に気が付けるはずです。

 そして、こう言った問題。
 我々が抱えやすく、また改善が難しい問題に対して、この国のマスコミは、水を差すと言う事をしない。

琴奨菊の優勝に口を濁す?マスコミの方々。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9162105.html

質問者さんの、意見を、全ての問いで、聞きたいと考えるのですが、取りあえず、まだ回答の付かない(消える可能性のある?この質問を張り付けてみます。)

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

琴奨菊の優勝に口を濁す?マスコミの方々。

まさに、、、
  く う き
の、中での、優勝ですね。

山本七平著「水=通常性の研究」の解釈:空気支配に至る日本文化の素地について
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n285234

 八百長 は、八百長だけど、選手同士の、星の売り買いではない。

   く う き

の、中に染まることによって、の、、、

 相撲協会公認。

 マスコミ公認。

 或いは、内閣府公認。

 国民公認。

の、八百長。

 でも、八百長は、八百長。

と、言う事を、言い過ぎると、、、

 KY と、か?
 チュウニビョウ と、か?

言われちゃうわけ何ですですが、

 本来は、こういう く う き に、、、

      み ず

を、ザブザブ掛ける事こそが、マスコミの役割の筈なんですけど、、、

 本当、日本のマスコミには、存在の意味がない。

 今回の、相撲解説やら、コメントなんかで、明らかにコメントに口を濁しておられる方、御用コメントをされている方、なんというか?滑稽で、誰をどう信用できるかの、良い羅針盤には、成りますね。

 さて、みなさん?

 そんな、空気の中の、日本人優勝。

 どうおもいますか?
この回答への補足あり
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

《クウキ》の問題なら ちょうどいま次をやっています。:
【Q:観念の運河をクウキなるゴンドラは今日もゆく】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9158287.html


★ 大和への悪口。
☆ このURLは 次のようなエラーが出てしまいました。
▼ この投稿は見つかりませんでした。


【Q:論文: 聖徳太子は ただのくそったれ】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9111007.html


大相撲の八百長あるいはそれをも含めた全体的な運営方針の問題。
これは 確かに関係者かあるいはマスコミがしっかりと実情を取り上げていく必要
があるのではないかと考えます。

たいていは分かっていて 現状のままを進んでいるのだとは思いますが 事実に基
づいたおおやけの議論が肝心だと言わざるを得ないように思います。

プロレスは 八百長についての暗黙の了解が広く社会にあるのですよね。それとの
兼ね合いもあるのか無いのか。・・・



イジメの問題は わたしの立ち場(哲学の持ち場)からは 次のように考えます。
【Q:ローマ教会の欺瞞は 信者の共犯。人類の連帯責任。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8486683.html



教科書のタブレット化については これから考えてみます。

お礼日時:2016/01/28 00:08

考えることのできる国民のいる国の例をを教えてください。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

これは 《日本人は》という言い方で言っていますが 別に民族や国の問題と
して扱おうというわけではありません。

かんたんに言えば どこにでも考える人とあまり考えない人とがいるでしょう。
考える人は 少ないでしょう。

と見た上で 何かそういう政策の結果として 日本ではそうなのか? といっ
たふうにも問うています。

ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2016/01/27 16:56

>そうだ。

わたしの特権だ。
こ、これは、タコツボ地獄の住人ならではの特権とか、あほばかヰルスの症状などではなく、もはや、非経験の神の領域。
もしや、あなた様は、あの有名な疫病神ではござりませぬか。
ノーボータリツ ハラボリツ シャキンメイ シャキンメイタラサンダン カエンビイ ソワカ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

高梨沙羅の次のジャンプは いつ・どこで?



いや でも あほばかヰルスは あるかも知れないな。
すでに蒔かれているかも。

お礼日時:2016/01/26 23:27

まず、小咄をひとつ


あるところにイケメン数学教師がいました。
その教師が、2人の生徒から告白されました
Aさん「私はBさんの100倍先生を愛してます」
Bさん「私はAさんの1000倍先生を愛してます」
そこで教師が、言います2人の話が本当なら
A=B❌100とB=A❌1000が成り立つ事になって、
それは、A=B=0の時だけ成り立つ、つまり
二人とも私を愛して無い事になる

長くなりましたが、
>神とは普遍神ひとつだけ
これは、先の小咄と一緒の事
全ての宗教で共通する1つの神が居ると仮定した場合
数学的な論証で仮定すると、それは、単なる「神」と言う
中味のない文字列と言うことに結論づけられます

そう、あなたの神は、ただの戯れ言と言う結論ですね
    • good
    • 2
この回答へのお礼

神については しっかりと〔想定としての〕定義をおこなっています。


それと A さんと B さんとの話は どうして《愛している》が 定量性と
して捉えられるのか?



ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2016/01/26 19:42

逆説的疑問ですかね。

自虐史観から一貫した勢力滅びる考えですかね。なら、パラレルワールドで暮らせば互いに生存の目標に暮らせるでしょう。方向が同じなのに同一方向を目指さ無い反作用で滅ぶ者と生存する者に別れる現象ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ん? 

ちょっと分からなかったんですが。

★ 逆説的疑問
☆ ではなく そうではなく 《考える》ことをしてくれ! という叫びです。


ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2016/01/26 19:38

>日本人に《考える》を望むのは無理か?



いいえ、無理ではありません。

どうやって金を儲けるか?
どうやって人に好かれるか?
今晩の夕ご飯は何にするか?
どうやってマイホームのローンを早く返すか?
どうやって世のため人のために生きていけるか?
どうすることが真に正しい生き方か?

私のまわりの日本人は毎日精一杯知恵をしぼって考えながら暮らしています。
私のまわりのアメリカ人や中国人やオーストラリア人やエジプト人と比べても引けをとらないくらい一生懸命考えて暮らしています。
考えていなければ、家も建たず、新聞も発行されず、ネットはつながらず、今晩の夕ご飯も食べれないでしょう。

>すでに考えられた結果を暗記しそのままをおこなうことしか望めないか?

いいえ、それ以上を望めます。

そうでなければ、明治維新は成立しなかったでしょう。
そうでなければ、ゼロ戦は飛ばなかったでしょう。
そうでなければ、真言宗も浄土真宗も、原始仏教のままだったでしょう。
そうでなければ、すきやきもてんぷらもかつ丼もところてんも無かったでしょう。
そうでなければ、「はやぶさ」は帰ってこなかったでしょう。

私のまわりの日本人は、「前進前進また前進」を合言葉に、常に現状の破壊を目指しています。

>われら考える日本人は 少数であるゆえに 悪貨は良貨を駆逐するの慣わしの前に望みは薄いとあきらめねばならないか?

いいえ、あなたが少数派である可能性は高そうですが、それはあなたが「考える」からではありません。
回りの人たちの考えていることが理解できないからでは無いでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

★ 私のまわりの日本人は毎日精一杯知恵をしぼって考えながら暮らしています。
☆ そうですか。ぢゃあ その成果がなかなか上がらない。といったことが 現状
なのでしょうか。

ご回答をありがとうございます。

もし
★ 考えていなければ、家も建たず、新聞も発行されず、ネットはつながらず、今
晩の夕ご飯も食べれないでしょう。
☆ つまり 成果も上がっている。としたら どういう捉え方になりましょう?

世界の中でーー緊急事態のときに 整然とした生活態度を保ち続けるといったよい
評判のほかはーー まだ知られていない。といった現状分析になるでしょうか。

単に 控え目でへりくだっているから 世界の目が集まって来ないだけなのでしょ
うか。

★ 私のまわりの日本人は、「前進前進また前進」を合言葉に、常に現状の破壊を
目指しています。
☆ そうなんですか。明治維新などとして挙げられた事例は 少々昔のお話です。
ですが いまも活躍なさっているということでしょうか?

★ 回りの人たちの考えていることが理解できないからでは無いでしょうか。
☆ それは ありません。なぜなら この質問で 具体的に実際に問うているのは
ほかでもなくこのカテでのやり取りについてだからです。

あなたの周りにおられる草莽の志士が この質疑応答の場では なかなか見られな
い。見られたとしても ほかに目につくひどい思考の状態が目立って 何も目に入
らないほどです。

わたしがなお あなたの立言が信じられないのは
★ どうやって世のため人のために生きていけるか?
★ どうすることが真に正しい生き方か?
☆ といった形而上学の議論を持ち出しておられるところからです。こういう議論
をポーンとーー無造作にとわたしには見えるのですが――投げ込むかたちを採ると
いうのは 実際の活動があまりよい成果を上げておられない。そのシルシであるよ
うに 思われるのです。感覚によるものですが その思いは 偽らざる気持ちです。

お礼日時:2016/01/26 17:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学かてとは何か? その使命と役割

この哲学カテとは何ぞ?
という質問です。

わたしが哲学カテに始めてきた頃には、
カントの○○は、ロールズの△△は、という有名哲学者の思想、
あるいは、
独我論とは、自然主義、懐疑主義とはなにか?
といった質問が多く寄せられていました。

しかし、今の哲学カテは、何でもありのカオス状態!!
カマキリ踏んじゃった話───この哲学カテに長く巣食う魑魅魍魎どもには、これだけで分かるはず───にはじまり、果てはペット供養の相談などなど何でもありの状態。
混沌に満ち溢れています。
これは、既に哲学カテがその本来の使命を終えたと考えるべきなのか、
人間の生にまつわることはすべて哲学であるという新たな進化発展の段階に達したと考えるべきなのか?

眠り猫から、哲学カテの皆さんにお尋ねします

名にし負はば
いざこと問わむ
哲学カテ!!
わが思ふ人(哲学)は
ありやなしやと?

現在の哲学カテに哲学はあるのか?
次々と寄せられる質問は哲学的質問なのか?
皆さんは、哲学カテの現状をどのように思われているのか?
そして、この哲学カテは、どこに向かおうとしているのか?

皆さんの思いを教えてください。
回答をしたら、こんなお礼がきました、という自慢話でも構いません。
この哲学カテゴリーに関するものなら何でもOKです。
皆さんの熱い思いを吐露しちゃってください。

この哲学カテとは何ぞ?
という質問です。

わたしが哲学カテに始めてきた頃には、
カントの○○は、ロールズの△△は、という有名哲学者の思想、
あるいは、
独我論とは、自然主義、懐疑主義とはなにか?
といった質問が多く寄せられていました。

しかし、今の哲学カテは、何でもありのカオス状態!!
カマキリ踏んじゃった話───この哲学カテに長く巣食う魑魅魍魎どもには、これだけで分かるはず───にはじまり、果てはペット供養の相談などなど何でもありの状態。
混沌に満ち溢れています。
これは、既に哲学カテが...続きを読む

Aベストアンサー

私がここに来るようになって数年ですが、随分変化してると思います。

疑問を深く堀だげてみたい人が、表面的なカテゴリは置いといて的な感じの方々が
多く集まって来ているように見受けられます。

哲学の枠を「これこそが哲学」のように決めてしまうと
質問も回答も哲学用語を駆使し、哲学に興味がない人が
イメージ的に持ちやすい哲学になりそうだと感じました。

それの表面的な形を良し悪しと振り分けるのではなく、深く思考する姿勢が
哲学の本来の良さではないのだろうかと、個人的には思っています。

古典は古いとか、流行らないという風潮もあるようですが
その人が何を考え何を目にし、そこにたどり着いたのかを
知ることもあながち無駄ではないように思えます。

私は思考することが好きな割りに、古典は分からないと
スルーしてきた経緯があり、今あるものから長い時間をかけて
導き出したものが、老師の一説だったりカントだったりしたからです。

単に読み取れない未熟さと言ってしまえばそうなのですが
哲学畑では無い人間が、新説や古典を考える場として
あるいは、現実に置き換えた時に根底を流れるものは何かを
多様的に思考できる意見が出る場として、変化して行ってるのは
ある意味貴重な場であり、個人的には面白いと捉えています。

人が考えを深めるということに興味が湧くのは、自然でもあり
人生が変わる(変える)チャンスでもあり、色々な可能性を秘めてて
いいことじゃないかと思います。


唯一危惧するのは、自分の代わりに人に考えてもらって
気に入った答えをその人が鵜呑みにすることです。

他者の答えを答えだけ採用しても、自らで深く思考しなければ
自己矛盾の罠から抜け出せないだけでなく、より多くの
矛盾を抱え込むようになるからです。

自らの力で咀嚼していくことに、いかにして達して行くか。
与えられることが日常の人に、どうやったら気がついてもらうことができるか。

そんな自分の課題も含め、自らが思考して行く場として
ここにまだまだ来続けるだろうと思う次第です。

共通の目的の方向性が無い集合体は、どこに向かうかは予測がつきませんが
専門枠のカテゴリにされているのに、時間の流れでここまで変化が起きるのも
哲学の中心はやはり人だと実感しますね。

随分長文になり、失礼しました。

私がここに来るようになって数年ですが、随分変化してると思います。

疑問を深く堀だげてみたい人が、表面的なカテゴリは置いといて的な感じの方々が
多く集まって来ているように見受けられます。

哲学の枠を「これこそが哲学」のように決めてしまうと
質問も回答も哲学用語を駆使し、哲学に興味がない人が
イメージ的に持ちやすい哲学になりそうだと感じました。

それの表面的な形を良し悪しと振り分けるのではなく、深く思考する姿勢が
哲学の本来の良さではないのだろうかと、個人的には思っています。

古...続きを読む

Q日本人に《考える》を望むのは無理か?

 (あ) すでに考えられた結果をおこなうことしか望めないか?

 (い) われら考える日本人は 少数であるゆえに 悪貨は良貨を駆逐するの慣わしの前に望みは薄いとあきらめねばならないか?

 (う) 哲学以前あるいはさらにへたをすると人間以前という実際を目の前にして どうすればよいか?

 (え) 足の引っ張り合いなるたたかいに まだしばらくは 対処していかねばならない情況であろうか?

 (お) (あ)の見方によれば 外国人をまづ説得しその外国の人間が考えた結果であるというのなら 日本人は受け容れるのだろうか?

 (か) なぜこれほどまでに日本人は あほばか状態が好きなのか? 心の奥底でそうなのではないだろうに。

 (き) なぞの隠れた愚民化政策が どこかその筋から ほどこされているのだろうか?
  (特に 神・絶対ということについての理解が あの聖徳なるぼんくら太子の水準でありつづけている。《世間虚仮 唯仏是真》なるおのれのみの観念の世界の中にくすぶりつづけるしかも高ぶり状態。タコツボ地獄)。

 (く) あるいは あほばかヰルスが ひょっとしたら ばら撒かれているのだろうか?

 (け) ・・・

 どうでしょう?

 (あ) すでに考えられた結果をおこなうことしか望めないか?

 (い) われら考える日本人は 少数であるゆえに 悪貨は良貨を駆逐するの慣わしの前に望みは薄いとあきらめねばならないか?

 (う) 哲学以前あるいはさらにへたをすると人間以前という実際を目の前にして どうすればよいか?

 (え) 足の引っ張り合いなるたたかいに まだしばらくは 対処していかねばならない情況であろうか?

 (お) (あ)の見方によれば 外国人をまづ説得しその外国の人間が考えた結果であるというのなら...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは、ご返答いただきまして、どうもありがとうございました。ヒドッチでございます。

> ☆ この三つの道筋が 或る意味で全体をまとめてくれているのではないかとも思います。
 ( b )が 恒久の方程式です。
 ( a )が 現状です。
 ( c )が 最悪の選択です。不作為の選択になるかと考えられます。
 きわめておろかにもたかぶって言うならば ( a )の現状は この哲学カテのいまの状態ではないか。【Q:天皇に野心は・・・】でわたくしもやってしまいましたが それは《自己防衛のための戦争などの行為》という回答が多かったので そういう自己弁護は現実の直視を避けているのではないかとおそれたからです。

 愚生も全面的に“自己防衛”のための戦争というのには抵抗がございました。理由は以下の通りでございます。

・日本自体も侵略行為をしていたこと(アメリカが油の輸出を止めたのも、日本軍が南部仏印にも進駐したことに起因しております)。
・もはや1930年代になりますと、帝国主義史観は、時代錯誤の時代になっていたこと(国連脱退時に、日本を非難したのは、アイルランド、ノルウェー等の小国でありました。列強国であった英仏は表でも裏でも日本を弁護していたのですが、これら小国に押されてしまい非難決議をせざるをえなかったこと等でございます)。

 先の大戦のときもそうでございましたが、現実を直視していれば、あのような無茶なことはしなかったと考えられます。

> ★ ~~~~~
  > (あ) すでに考えられた結果をおこなうことしか望めないか?
 ”短絡的な”思考・考え、ならば、望めるかもしれませんが、意外とこれが厄介だったりもするかと察せられます。
 ~~~~~~~
 ☆ この内容は 見過ごすと分かりにくいですが そうとうきびしいことを言っているはずです。《集団主義》を吟味しましたが これが当たっているところがある場合と 細かい部分をきちんと見て むしろ違っているところを大事にすべき場合とがあると思います。

 はい、実を申しますと、愚生も皮肉を込めて、あえてかなり厳しく表現致しました。“当たっているところがある場合”と“違っているところ”があった場合、後者がその時折の都合から望ましいとはみなされなくなった場合、“臭いものには蓋をする”といったかたちで、まるでそれがなかったかのように振舞ってしまう傾向があるからでございます。

> 集団の力がうまくはたらくのは 一人ひとりが集団志向において力を合わせるからであって 前へならえで大合唱をするときではないと考えられます。稲作を取って考えてみても それは家族ないし世帯別に田んぼを所有してはたらくのであって ソホーズやコルホーズといった集団農場をおこなうのではないと考えられます。

 はい、仰る通りかと存じます。単純に“前ならえ”といったものも多少はあるかもしれませんが、良好な結果をもたらすのは、明らかに、“一人ひとりが(集団に対する前向きな帰属意識を持ちながら)集団志向において力を合わせる”方かと考えられます。たとえ、“前ならえ”で成功したとしましても、それは、後述しております定説・通説から外れたアイデアがあったときかと考えております。

> 定説だからと言って 《すでに考えられた結果をおこなう》ことにも 厄介な結果が絡む場合があろうかと考えます。

 定説を知る・学ぶ、ということ自体は問題ないかと思われますが、思考停止したまま、それに盲従するのは、危険性を孕むものかと察せられます。そもそも、定説・通説といえども、時代・場所が異なれば、変化する可能性もございます。また、「成功は復讐する」といった言葉自体も存在しないはずでございます。

> ★ バブル崩壊時の様子を記述したものがございましたため、ご紹介させていただきます。つまり、“バブル退治”は民意を反映されたものであったことが伺い知ることができます。
 ☆ なお往生際の悪さをほこりますならば バブルでない部分は 退治されることはないか または一たん退治されてもまた需要は起きあがって来ると思うのですが その点は くどすぎますか?

 いえいえ、そんなことは全くございません。
 あのバブルのとき、“本当に住居を購入したかった人たち”と、土地の転がし屋等の“投機筋”との比率は分からないので、何とも申し上げられないのですが、不動産バブルの崩壊で、“投機筋”の数は明らかに減少したものと推察しております。
 “投機筋”が実需に沿ったものかどうかは断じかねますが、居住用の部屋を数室買い入れ、そこには住まず空き部屋にしておき、値上がりした際に売り払おうともくろんでいたことを鑑みますと、実需というものとは少し異なったものだったかと推察されます。

> ★ この震災復興により、顕著に結果が出てくるものと予想してございます。
 ☆ にわたしも見解が落ち着くものとしてですから これからの政治経済を見てみればよいでしょうか。

 愚生は、この震災の復興(政策)を見守り続けたいと思ってございます。

> しばらくのちに閉めることとします。

 愚生のような経済のど素人に粘り強くお付き合いいただきまして、どうもありがとうございました。この場をお借りし、厚くお礼申し上げます。

 最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

 こんばんは、ご返答いただきまして、どうもありがとうございました。ヒドッチでございます。

> ☆ この三つの道筋が 或る意味で全体をまとめてくれているのではないかとも思います。
 ( b )が 恒久の方程式です。
 ( a )が 現状です。
 ( c )が 最悪の選択です。不作為の選択になるかと考えられます。
 きわめておろかにもたかぶって言うならば ( a )の現状は この哲学カテのいまの状態ではないか。【Q:天皇に野心は・・・】でわたくしもやってしまいましたが それは《自己防衛のための戦争...続きを読む

Q運命はあるんでしょうか。

ある哲学人間に運命はないと否定されました。

でも、流されて行き着いた未来も、自由に自分の行動で得た未来も、運命じゃないかと思うんです。

"運命が変わった"といった実感ができない以上、どうであれ運命はあるんじゃないでしょうか。もしくは、運命があると断定はできないから、運命はない、もしくは分からないとしかいえないのでしょうか。

この世の物がすべて物質で、きまった物理的化学的法則でうごめいているならば、決まった結果になるのは当然だと思います。

まぁ、私は霊的な何かを信じたい性質(たち)ですが…

感覚的でも哲学的でもいいので、
回答お願いします。

ここで、あなたの回答をもらうのも、
また、運命のような気がしてならないの…。
(なんちゃって

Aベストアンサー

バタフライ効果の話が、前に出てきましたね。バタフライ効果(初期値過敏性)によると、決定論的な法則でも,初期条件がほんの僅かに変わるだけでも、その後の挙動に大きな差が生じ、そのため長期の予測が困難になります。これはカオス理論の考えから導かれたものです。
これは、要するに、短期の天気はある程度の高い確率で予測できるが、長期の予測はほとんど当たらないことを、数学的に解き明かしたものです。

運命も、この天気予報と同じようなものではないでしょうか。今日とか明日の運命はほとんど決まっているのかも知れないし、そんなに変えることも出来ない。しかし、一年先や十年先のことなんて誰も分からないし、毎日の行動によって未来がどうなるか、絶えず揺らいでいるのかもしれない。

人間に自由意志というものがあるならば、未来の運命は変えることが出来る。全ての運命が決まっていれば、人間の生きる意味がない。それでは、神が創った単なるロボットでしかない。そんな神のように全知全能なる存在は、物理学用語でラプラスの悪魔と呼ばれる。全知全能なるラプラスの悪魔は、ミクロな物理法則を確率論的に取り扱う量子力学の登場によって、ひとまず退散した。
しかし、アインシュタインは、神はサイコロを振らない、と言う。科学は常に新しいパラダイムに置き換わる可能性を秘めている。また、いつ、このアインシュタインの考えが復活するかもしれない。あの宇宙項、ラムダのように。

一ついえるのは、人間は絶対に死ぬ運命にある。しかし、その日がいつ訪れるのかまでは分からない。

敬天愛人という西郷隆盛の言葉があります。西郷さんは、天を敬い、人を愛することで、自分の悲劇的な運命でさえも、天命として受け入れることができたのかもしれない。

私は余り不変の運命を信じたくはないが、ゆる~い宿命みたいなものを感じて生きていたい。

バタフライ効果の話が、前に出てきましたね。バタフライ効果(初期値過敏性)によると、決定論的な法則でも,初期条件がほんの僅かに変わるだけでも、その後の挙動に大きな差が生じ、そのため長期の予測が困難になります。これはカオス理論の考えから導かれたものです。
これは、要するに、短期の天気はある程度の高い確率で予測できるが、長期の予測はほとんど当たらないことを、数学的に解き明かしたものです。

運命も、この天気予報と同じようなものではないでしょうか。今日とか明日の運命はほとんど決ま...続きを読む

Q日本人に《考える》を望むのは無理なのか?

 (あ) すでに考えられた結果を暗記しおこなうことしか望めないか?

 (い) われら考える日本人は 少数であるゆえに 悪貨は良貨を駆逐するの慣わしの前に望みは薄いとあきらめねばならないか?

 (う) 哲学以前あるいはさらにへたをすると人間以前という実際を目の前にして どうすればよいか?

 (え) 足の引っ張り合いなるたたかいに まだしばらくは 対処していかねばならない情況であろうか?

 (お) (あ)の見方によれば 外国人をまづ説得しその外国の人間が考えた《日本人よ 考えることをせよ》なる結論であるなら 日本人は受け容れるのだろうか?

 (か) なぜこれほどまでに日本人は あほばか状態が好きなのか? 心の奥底でそうなのではないだろうに。

 (き) なぞの隠れた愚民化政策が どこかその筋から ほどこされているのだろうか?
  (特に 神・絶対ということについての理解が あの聖徳なるぼんくら太子の水準でありつづけている。《世間虚仮 唯仏是真》なるおのれのみの観念の世界の中にくすぶりつづけるしかも高ぶり状態。タコツボ地獄)。

 (く) あるいは あほばかヰルスが ひょっとしたら ばら撒かれているのだろうか?

 (け) ・・・

 どうでしょう?

 (あ) すでに考えられた結果を暗記しおこなうことしか望めないか?

 (い) われら考える日本人は 少数であるゆえに 悪貨は良貨を駆逐するの慣わしの前に望みは薄いとあきらめねばならないか?

 (う) 哲学以前あるいはさらにへたをすると人間以前という実際を目の前にして どうすればよいか?

 (え) 足の引っ張り合いなるたたかいに まだしばらくは 対処していかねばならない情況であろうか?

 (お) (あ)の見方によれば 外国人をまづ説得しその外国の人間が考えた《日本人よ 考え...続きを読む

Aベストアンサー

ええと。
コロニーを作らない遊牧民であるノマドの語が出たのは、「旅人」を自称した人への返事だから、と明確にしてあげないと。
また、リゾームつながりで面白いやなんて言っていると、地下組織を本気で疑っている人を混乱させてしまうのね。
地下の組織という語が出たのは、どのように闇に葬ったのかと尋ねる人への返事の途中で、お二階さんが事を闇から闇に葬るのは地下の組織を使ってであるというもの。
政財界や有力企業が、献金を間接的な名目を立てて遂行したり、ロビー活動をする人々に仲を取り持たせり、福島の現場の情報を握りつぶしたり、新薬の治験や評価の情報を歪めたりと、とかく情報を不透明にし独占し、見せたい情報だけ見せるということに心血を注ぐ結果、真相の事の運びや文脈や因果関係が、汚れ仕事専門の人々の手に委ねられるのでしょ。

ところで。そうだなあ。。。東京オリンピック誘致の公式HPの英語のひどさ。

あとは、ウィキペディア英語版、フランス語版での日韓係争関係の記事。
韓国の方々の熱い奮闘を目の当たりにすることができる場所なのだけれど、小論文やエッセイを熱烈に書き込んでいらっしゃるのがいかにアホらしく見えるとはいえ、塵も積もれば浮世の通念などどうにかなってしまうのではという気がしないでもない。
見識を突き合わせた合意形成のないまま通念が作られるということがありうるのか。

日本人は合意形成を大事にするから、合意形成なき通念なんてみくびってしまいがちかもしれない。
あ、日韓係争に関しては外務省のHPの英語の説明も下手くそきわまりない。
なんだか、言葉は通念であり通念は言葉であるというような、ゴリゴリした感覚が、
世界の標準にくらべて欠落しているのかもしれない。

とはいえ、素早く深く理解に届くという、日本人に共通するあの聡い子供めいた清澄さは、
外からみればたいへん繊細な神秘的なもので、
どことなく可愛らしい、という形容が、結局ふさわしいように思う。
ゴリ押しに長けた列強に混じって背伸びしても滑稽になるばかりで。
生き残れるのかなあ、日本は。。。

追伸 ななさんの文はいつもチャーミングですね。うきよさんご贔屓だと思っていたけど。でぃーくべくさんはあんまりここに居ないほうが精神衛生にいいんじゃないかなと思われます。のびたくんはドラえもんではなく薬を。

ええと。
コロニーを作らない遊牧民であるノマドの語が出たのは、「旅人」を自称した人への返事だから、と明確にしてあげないと。
また、リゾームつながりで面白いやなんて言っていると、地下組織を本気で疑っている人を混乱させてしまうのね。
地下の組織という語が出たのは、どのように闇に葬ったのかと尋ねる人への返事の途中で、お二階さんが事を闇から闇に葬るのは地下の組織を使ってであるというもの。
政財界や有力企業が、献金を間接的な名目を立てて遂行したり、ロビー活動をする人々に仲を取り持たせり...続きを読む

Qどんな運命が・・?

>荒井由実 翳りゆく部屋
どんな運命を感じてきましたか?、感じていますか?
私の生まれた世代には有名人が多いですね
まあ、私は出世には縁遠く、さっぱりでしたが・・
教えて下さい、お願いします
運命でも使命でも達成感でも良いですよ

Aベストアンサー

どんな運命が・・?
>荒井由実 翳りゆく部屋
どんな運命を感じてきましたか?、感じていますか?

       ↓
生かされている自分、生かしているか自分

何を為して来たのか私、何を為すのか私は

限り有る身の生涯・力・可能性を試さんと思う。

Q《人の色》と言い《人それぞれの色》と言うのなら 《言葉そのものに色は むしろ無い》。

ひとには その考えや振る舞いに独自のクセ(エートス)があり その意味で
あたかもみづからの《顔》に《色》が付いて回っている。

とするならば その《人の色》は 《人それぞれの色》ということであり
《人によって 色は違う》ことになる。

人が思惟や行動につける《色》は 一般にその言動の道具としての《言葉》に
つけられる。と考えられる。

と言うのであれば 人がそれを用いるときにおのれの色をつけるという《言葉》
には むしろもともと色は無い。

色の無い言葉に 人がそれぞれのクセとして色をつける。

――という一つのまとめが得られるはずだ。





《ことば》は 包丁や野球のバットと同じようにその使いようによって 凶器
に成り得るが 初めから《剣》であったり《武器》であったりするのではない。
むしろ 無色の状態において持たれ 大いに――人それぞれにおいて色づけさ
れつつ――用いられて行く。

ということではないか。




展開をこの趣旨説明では広げないが 言葉について言葉は諸刃の剣だというの
は 精確ではない。ということ。

そして それが人を斬りつけると見られそう言われている《言動におけるクセ
としての人の色》は だったら 互いに自由にその思想の中身を取り上げ 万
機公論に決すべしというほどに批判しあって行けばよい。

そのつとめは 哲学よりほかにない。はずでは? ほかの分野では ゆるキャ
ラであってよい。

したがって 言葉を 凶器だと言いあたかも魔女狩りの対象とするのは じん
るいの痴呆化を策略するアクマであり 権力の犬である。いかに?

ひとには その考えや振る舞いに独自のクセ(エートス)があり その意味で
あたかもみづからの《顔》に《色》が付いて回っている。

とするならば その《人の色》は 《人それぞれの色》ということであり
《人によって 色は違う》ことになる。

人が思惟や行動につける《色》は 一般にその言動の道具としての《言葉》に
つけられる。と考えられる。

と言うのであれば 人がそれを用いるときにおのれの色をつけるという《言葉》
には むしろもともと色は無い。

色の無い言葉に 人がそれぞれの...続きを読む

Aベストアンサー

「色の無い言葉に 人がそれぞれのクセとして色をつける」
→そうだと思います。
つまり、言葉は人間の便利で優れたツールであるが、それにも増して人間そのものがコミュニケーションの原点でしょう。

Qポストモダン(次世代)の哲学は存在するのか?

私の好きな哲学者はキルケゴール、ショーペンハウアー、ニーチェ、サルトルです。
彼らにはある繋がりがあり、キルケゴール→ショーペンハウアー→ニーチェ→サルトルという流れがあります。

・キルケゴール
厳格なキリスト教徒の家庭に生まれますが、自分の出自に酷い衝撃を受け(両親の火遊びにより生まれる)、更には恋人との間での宗教上の問題に苦しみ酷く絶望します。
皆さん御存知、聖書より見出される「死に至る病(絶望)」に対するキルケゴールの見解は非常に有名かと思います。
これに対するキルケゴールの解決方法は信仰でした(その為、最後まで信仰を貫き、未婚のまま終わる)。

・ショーペンハウアー
やがてショーペンハウアーの時代になると、学問が発達し対して代わりにキリスト教の権威が没落します。
この結果、現実に目を向けるようになり、ショーペンハウアーはここで人間の「意志」に着目します。
この意思こそが全ての原因であり、ショーペンハウアーはこの意思をコントロールすることを説きます。
彼は原始仏教(東洋)に影響を強く受けてましたから、修行による禁欲を薦めます。

・ニーチェ
キルケゴール同様、厳格なキリスト教徒の元に生まれたニーチェでしたが、既にキリスト教の権威は地に落ち、学問により科学が台頭を始めます。
産業革命が起こり、資本主義が生まれ、まさに人類の夜明けの始まりです。
ここでショーペンハウアーの書物に出会い、ニーチェは衝撃を受けます。
彼もショーペンハウアー同様、インド仏教に強い影響を受け、さらに人間の「意志」を推し進めます。
やがて「ツゥラトゥストラは語りて」にあるように、神は死にニヒリズム(虚無思想)の台頭を予見します。
これに対するニーチェの回答は超人になることで、運命を受け入れることでした(しかし、これは非常に狂気的でニーチェ自身は発狂)

・サルトル
元作家であり、科学・文学と様々な見識を持ち、多趣味であったサルトルは哲学を様々な分野と結びつけ、やがて人間そのものに目を向けます。
実存主義が生まれ、「自由の刑」にあるように、人間とはそもそも「何でもない存在」であり、自分の定義によって決まる自由な存在である(ニーチェ同様、「ものごとに対する解釈」と言えなくもないが、「運命」によって決まるとしたニーチェに対して、サルトルは「より人間は自由である」とした)。

さて、ここまで追ってきて(文字数制限がある為、かなり省きました)、ある意味サルトルで哲学は死(または最高)を迎えたと言えなくもありません(というより、「哲学」という定義そのものが瓦解し自由な存在となった)。
一時期はポストモダンを求めて色々議論が交わされましたが、結局サルトルで止まってます(正確には再考なので、ちょっと違うかもしれません)。
フーコやヴィトゲンシュタインなど、哲学というより言語や、あるいはマルクスなど経済や社会といった、わき道というか「道具」としての側面が強くなってる気がします。
そもそも、もう哲学というより心理学や科学(工学?…遺伝子工学、金融工学、宇宙工学など…etc)の時代なのかなと…。
でも相変わらず現実は悲惨極まりないし、自殺者だって止まりません(むしろ年々増えてる)。
次の哲学(ポストモダン)ってあるんですかね?
そもそも、今の時代って「哲学」って存在するのかと…。

私の好きな哲学者はキルケゴール、ショーペンハウアー、ニーチェ、サルトルです。
彼らにはある繋がりがあり、キルケゴール→ショーペンハウアー→ニーチェ→サルトルという流れがあります。

・キルケゴール
厳格なキリスト教徒の家庭に生まれますが、自分の出自に酷い衝撃を受け(両親の火遊びにより生まれる)、更には恋人との間での宗教上の問題に苦しみ酷く絶望します。
皆さん御存知、聖書より見出される「死に至る病(絶望)」に対するキルケゴールの見解は非常に有名かと思います。
これに対するキルケ...続きを読む

Aベストアンサー

サルトル以後の世界がどうなったのか。結局のところ哲学の無い
社会は存在しえず人間は新たな拠り所を求めることになりました。
宗教観念や社会的常識・あるいは無意識が科学技術に説明・否定
することが可能となると人々は「科学」を信奉するようになります。
結果的に新たな「哲学」が生まれたのです。


まず、サルトルと同時期に移民を積極的に受け入れ文化的な蓄積の
少ない国家・アメリカにおいて、その潮流は明確な形を示すことになります。
つまり『実用主義』(プラグマティズム)の誕生です。これは
「人間の経験を最も重視すべきで、科学的思考は実践的結果(実験)
によって証明されなければならない」とする考え方です。

そして、実用主義の誕生により我々人類は、真の意味で宗教・社会を分析する
ことが可能となりました。まず人間の無意識について初めて科学的アプローチ
が行われます。結果生まれたのがフロイトの「精神分析学」です。
そのほかにも集団となった人類が取りうる行動の分析から「大衆社会論」などが
誕生しています。

これらの分析は1960~1970年代に「構造主義」という冷静で、かつ苛烈な哲学を
生み出すことになります。つまり「人間主体は世界の中心でも能動的な形成者でも
無い。構造が生み出す結節点に過ぎず、構造の一要素に過ぎない」という理論です。








質問者さんはこういった考え方を哲学では無いと認識されておられる
ようですが、これは人類が発明したあらゆる学問の集大成とも言える
「哲学」なのです。それどころか、質問者さんが毛嫌いされる「哲学」
の政治利用、つまり政治学や社会学すら明確な「哲学」であると言えます。
近代哲学は内省的・宗教的であった社会や自己認識の否定から
スタートしましたが多くの人間に伝わる過程で結果的に近代哲学そのものが
宗教化してしまったという側面は否定できません。ですが現代哲学は
別種の学問からの還流を受けたことで、近代哲学の盲を開くことに成功したのです。

たとえば、先のプラグマティズムは質問者さんの言うところの
哲学を道具として使った政治学(イギリス経験主義)から還流された
思想でもあります。つまり、実在面から思想というものは影響されうるのです。
こうした実在・実存を重視した思考・分析こそが、現代の世界を明確に象徴している
と言うことができます。



「神殺し」を行うまでに成長した哲学にとって、神性は必要が無いのです。
神性を介在させることで、高尚であるとか難解であるとか錯覚するのは哲学者の
自己満足に過ぎないのです。結果として多くの人に哲学が受け入れられないことが
あるとすれば、それは人類全体にとって、最も不幸なことであると言えます。

哲学者が行うべきは冷静な思考、つまり原因の究明と結果の分析。
ただこれだけでは無いでしょうか。

サルトル以後の世界がどうなったのか。結局のところ哲学の無い
社会は存在しえず人間は新たな拠り所を求めることになりました。
宗教観念や社会的常識・あるいは無意識が科学技術に説明・否定
することが可能となると人々は「科学」を信奉するようになります。
結果的に新たな「哲学」が生まれたのです。


まず、サルトルと同時期に移民を積極的に受け入れ文化的な蓄積の
少ない国家・アメリカにおいて、その潮流は明確な形を示すことになります。
つまり『実用主義』(プラグマティズム)の誕生です。...続きを読む

Q《怠け者》と《モチベーション》・・・

●人間は基本的には、《怠け者》なのになぜ、スポーツ選手や、一流と言われている人達は、《モチベーション》を高く維持することが、出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>人間は基本的には、《怠け者》なのに

○こういう考えの方は「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな方でしょうね。決して悪いことではありませんが人間には大きく分けて2種類の人間あるように思います。釈迦・孔子型のように向上を目指すタイプと老子・荘子型のように怠けタイプですね。世界を見渡せば、どちらが多いんでしょうかね。日本は受験などがありますから向上を目指すタイプが多いように見えますが、「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな人もいますから怠け型も比較的多いのでしょうね。
要は基本的に向上を目指すタイプと、基本的に怠けるタイプの2種類の人がいるということなんです。全員が怠けがたではないんですね。向上タイプから観れば落ちこぼれに見えるのでしょうが、怠けタイプから見れば何故、そこまでして続けるのかが理解できないということですね。イチロウや葛西は40過ぎているのに諦めずにやっていますね。すごいなと思う一方、ある意味、哀れを感じることさえありますね。
この複雑な感情が本当の人間ですね。怠け続けてもいけないし頑張り続けても良くないということだと思いますね。その狭間で格闘するのが人生で良いのではないですか。

>人間は基本的には、《怠け者》なのに

○こういう考えの方は「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな方でしょうね。決して悪いことではありませんが人間には大きく分けて2種類の人間あるように思います。釈迦・孔子型のように向上を目指すタイプと老子・荘子型のように怠けタイプですね。世界を見渡せば、どちらが多いんでしょうかね。日本は受験などがありますから向上を目指すタイプが多いように見えますが、「つりばか日誌」とか「とらさん」が好きな人もいますから怠け型も比較的多いのでしょうね。
要は...続きを読む

Qやはり運命は決まっているのか?

やはり運命は決まっているのか?
(運命は決まっているならば葛藤は心から消えるなぁ。だって抗らえないものなら、選択肢はあってなかったようなものであり、自己責任ではなくなるから。)

意志と行動。何かをしようと思い、何かをする。

例えば:
ケーキが食べたくなる→ケーキを買いにいこう(意志)→ケーキを買いにいく(行動)
この、意志と行動の部分は自己の選択であり、日々、この自己選択の連続により、運命は切り開いてい行くもの、変えられるものと思っている。(私もそう思っていた)
だが、ケーキが食べたくなるは自己の意思ではない、数日前・数時間前・直前にTV等その他で画像を見た、甘い香りを嗅いだ等の潜在意識に働いたものやサブリミナル効果はなかったとしたら・・いや、仮にあったとしても、それに出くわすこと自体、本人の意思ではない。
となると、
ケーキが食べたくなるのはすでに決まっていたこと=運命は決まっている のかもしれない。
最近読んだ哲学者の著書の中にもそのようなことが書いてあったので、考えてみた結果、そうかもしれないと思った。
どうですか??

Aベストアンサー

私が十台のときにマーク・トウェインの「人間とは何か」という本を読んだときにそういう気持ちになりました。

決断に迷うのも運命ですし、間違った決断をした場合の結果が自分に降りかかってくることも運命ですし、行動に対して責任を取らされることも運命です。

自分の運命を変えることができないのかもしれないが、前もって自分の運命を知ることはできない。 迷うことを避けることはできないし、決断を行うことを避けることもできない。 

ならば、自分が一番納得できる選択をするという運命を選んだ(つもりになる)ほうが、その後の迷いが少なくてよいのではないかと言う結論に達しました。

それが私の運命だったみたいです。

Q《断食》と《健康》・・・

《断食》は、健康に良いことなのでしょうか?食べ物の有り難みを知るためにも、《断食》をした方が良いのでしょうか、あなたは《断食》または《プチ断食》をした経験はありますか?そして《断食修行》があれば、参加してみたいですか?

Aベストアンサー

プチ断食しました。

体重が20~25キロぐらい落ちて適正体重になったのと
子供の時からの低血糖が良くなりました。
今は、空腹でも手は震えません(笑)

断食修行とかは、勘弁願いたいですね。


食べ過ぎは体の抵抗力が下がります。
体って、若干飢えてる方が調子は上がるようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報