自転車をこいでて信号を渡ろうとしたら左から右折してくる車に気づかず(夜で車もくらい色だったので)、はねられてしまいました。
その時はちょっと尻もちついたくらいで特に何もなく、救急車は呼ばず、警察を呼んで話聞かれたり色々説明等してもらい終わりました。
帰って一晩休んだらお尻や肩が痛かったり腕上げると痛かったりし始めました。とりあえず病院には行ってと言われたのでこのあと病院には行こうと思います。

この場合病院に行っても事故での負傷??になるのでしょうか??あと、治療費は払わないと行けないのでしょうか。なにか注意する点などがあれば教えて頂けると嬉しいです……。

初めてなもので何も分からなくて……

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

事故の後遺症は、その場はなんともなくても後々出てくるものなんですよね。



私も事故で損傷した部分は季節の変わり目で痛んだりします。

お医者さんいわく、事故ではレントゲンでも出なく肉眼でも確認できない細かい神経が損傷して痛みが出る事も多々あるので、患者さんが痛いと訴えればそれを信じるしかない部分もあるとおっしゃっていました。
それで、悪い人だとずっと痛い痛いと言って病院へ通い続け保険金をいただくという方もいる訳ですが^^;

人身事故切り替えはもう一度警察に行ったり面倒ですが、
交通事故の後遺症が何年後に形になって現れることもあるので、ちょっとでもおかしいなと思ったら遠慮なく何度でも病院に通ってきっちり治したほうがいいと思いますよ!
    • good
    • 0

人身事故に切り替える場合ですが、


まず、病院に行き診断書を取り、警察に連絡する必要があります。
その場合は、事故を起こした現場を管轄する警察署に、被害者と加害者および事故によって怪我をした全ての人が出向く必要があります。
その時に医者からの診断書、印鑑が必要なのであわせて持参するようにしてください。

支払いに関してですが、
最終的には加害者(あるいはその保険会社)に請求できるとしても、病院としては診察を受けた被害者本人に対して治療費を請求するのが原則になってます。
ただ、病院によっては加害者の保険会社に直接請求してくれる場合もあります。

私が被害者の時は、相手の保険会社に直接請求してくださったので、
最初の初診は保険証を使わず自費で立て替え、その後は私からはお金を払わずに診察治療をしました。
立て替えた分は後から戻ってきました。
これから病院へ行くとのことですが、保険証が使えないのでもしもの時の為にある程度のお金は用意して行ったほうがよろしいと思います。

病院に行かれたらまず「自分は交通事故の被害者なので、支払いについては加害者の保険会社に直接請求して欲しい」と相談してみることをお勧めします。
病院によっては上記のような対応をしてくれないことも考えられますし、事故状況に争いがある場合や、過失の程度によっては保険会社が治療費の支払いに応じてくれない場合もあります。


あと、ほかの方が書かれてますが、事故に遭ってお仕事を休業した場合、被害事故であれば通常相手方の保険会社より事故前の収入に応じた休業損害が毎月支払われます。
ただし、保険会社に対して自らの収入を証明する資料を提出する必要があります。
具体的な事は保険会社に問い合わせれば良いと思います。

お身体お大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

この場合やっぱり人身事故に切り替えるべきなんですかね。^^;

病院には保険会社に請求出来ないか相談してみます

お礼日時:2016/01/28 08:01

補足です。



思わずすぐに回答しましたが、人にぶつかった事は無いので曖昧ですみません。

仕事はされてますか?
もし仕事を休まなきゃいけないなら、その分もお金が出るはずですよ。
    • good
    • 0

警察に連絡して、痛くなって病院に行く事を伝えれば、人身事故扱いになると思います。

相手の方の保険会社に連絡してもらい、保険会社からお金が出ます。
私は、一回だけコツンと車に当ててしまいましたが、相手の方が、また痛くなったら連絡します、と警察に言っていました。警察からも、人身になるかどうかまだ分からないので、ちょっと何日か待ってて下さい、と言われました。結果、何も無かったので良かったですが(^^;;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

病院に行く時は警察に言った方がいいんですね^^;
後からどうのこうのとは言われてたのですが混乱してよく覚えてなくて……

お礼日時:2016/01/28 07:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自賠責で2件の病院へかかっている場合の病院同士のかけひきってあるんでしょうか?

 今、自賠責を使って2件の病院へ通院中です。
そこでふと思ったのですが、自賠責では120万円までが保障されていますが、自由診療の為に必要以上に水増し請求のような事があるように思います。
 1件だけの通院の場合は、通常120万円を超えるような事はありませんが、2件なので十分超えてしまう可能性があります。
 こういった場合、120万円を超えたらどうなるんでしょうか?
 

Aベストアンサー

再登場です。

健康保険は交通事故の場合でも使用することができます。ただ医療機関は積極的にはこの件について案内はしないのかもしれません。また医療機関によっては健康保険を使うことを拒否したり「交通事故は保険が使えない」などと誤った情報を流すところもあります。これは日本の医療システム上自由診療にした場合のほうが保険使用時より数倍の利益があがるということもあり、無理もないですね。

120万円を超えた場合は、加害者が任意保険に入っていればそちらから、そうでなければ加害者負担となります。

今は支払いのほうはどうなってるのでしょうか?既に出ているように自賠責保険と任意保険の一括処理がされていれば問題はないと思いますが、そういった状況ならこの質問は出てこないのではないかと思われます。

この点についての補足があればアドバイスもできるのでは・・・

Q友人が事故にあい通院中です。今の病院の治療方法が合わず病院を変更したい

友人が事故にあい通院中です。今の病院の治療方法が合わず病院を変更したいのですが、
総合病院でMRIなどの検査を再度したいと申し出たら次の病院の検査費は出せないかもしれませんと
保険会社に言われたそうです。

事故当日に1度総合病院でMRIやレントゲンはとって異常なしと診断されているのですが、
腰の痛みがひどく整形外科で毎日のようにリハビリを行い、痛み止めも服用しているのに
全く回復しないどころか薬も合わないようで吐き気を訴えています。
再度、別の大きな総合病院でMRI検査等含め、診察をしなおしたいと言うので
保険会社さんへ病院を変える旨を連絡させましたところ、
相手の保険会社さんが、
「もうすでに総合病院できちんとMRI検査等されてらっしゃいますので
次に大きな病院で検査ということであれば、実費で払って頂きます。」
と言ってこられたそうなのですが、交通事故の場合、大きな検査というのは
1度だけしか保険を使えないのでしょうか。
病院が合わずに変えることなどもあるはずです。
その場合、最初の病院しか保険は認めてもらえないのでしょうか。

ちなみに友人は最初Aという総合病院を受診、その後Bという近所の整形外科で治療中です。
今回Cという総合病院で再度診察を受けたがっており、そのC総合病院で今後近所にある
C総合病院の提携先の整形外科を紹介してもらうつもりです。

もしも病院を変えても検査費等が出る場合、なぜ出るのかを相手の保険会社さんに
説明する際に伝えたいので、保険屋さんに効力のある説明を知っておられる方がおられましたら
是非アドバイスお願い致します。

友人が事故にあい通院中です。今の病院の治療方法が合わず病院を変更したいのですが、
総合病院でMRIなどの検査を再度したいと申し出たら次の病院の検査費は出せないかもしれませんと
保険会社に言われたそうです。

事故当日に1度総合病院でMRIやレントゲンはとって異常なしと診断されているのですが、
腰の痛みがひどく整形外科で毎日のようにリハビリを行い、痛み止めも服用しているのに
全く回復しないどころか薬も合わないようで吐き気を訴えています。
再度、別の大きな総合病院でMRI検査等含め、診察をしな...続きを読む

Aベストアンサー

俺は交通事故で骨折しました。

近所の整形外科でレントゲン撮影。
うちでは手に負えないと大学病院でレントゲン
撮影。ギプス固定して自宅療養。

自宅では不便なので、別の病院に入院。そこで
またレントゲン撮影。

全部加害者加入の保険屋が払ってくれました。

すなわち必要なら何回分でも払ってくれますよ。

「もうすでに総合病院できちんとMRI検査等されてらっしゃいますので
次に大きな病院で検査ということであれば、実費で払って頂きます。」

まさにその通りです。

ですから、今通っている病院の主治医に、「うちでは
原因がわからないので他に行って調べてもらってくれ」
といわれれば保険屋は間違いなくOKしてくれます。
保険屋から主治医に電話させて、そうやって言ってもらったら
どうですか?

Qお互い何も支払わない旨の示談書の文面

自動車事故においてお互いの過失を認め合い
今後一切の請求を行わない事で合意した場合
文面はどのように記載するのが正しいでしょうか?

お互いの損傷は非常に軽微で,
保険屋絡ませてお互い今後の保険料金が上がるのは双方嫌がっている状況です。

何とぞ,ご助力戴けますようお願いします。

Aベストアンサー

書類の作成日、互いの住所氏名、事故の日時や車種(その事故を特定できる内容)などを記載して、「当事者双方は本件に関し何らの債権債務のないことを相互に確認する」などと付け加えておけばいいのではないでしょうか。
もうお互いに合意されてるんですから。内容が分ければ適当でいいと思います。
書類の名前も示談書でも和解書でもなんでもOK。効果は同じです。

Qレンタカーで旅行中事故にあったのですが……。

レンタカーで旅行中、赤信号で停車していたときに、後から車に追突されました。運転席、助手席、後部座席に座っていた3人は病院で検査を受けその後通院、後部座席の同乗の他2名は特に何でもないと思い病院には行きませんでした。その日一日は、予定していた観光地へ行くこともできず、旅程がすっかり変更になってしまいました。
その後相手側の保険会社との間で話があり、検査や通院にかかった金額は賠償されると言うことになりましたが、旅程が変更になったことに対する慰謝料は支払わない、と言われました。楽しみにしていた観光地への訪問ができず、一日が無駄になったのに慰謝料が払われないということに納得がいきません。相手側の損害保険会社の人間は「納得がいかないなら区役所にでも相談しろ」と、支払う姿勢がありません。
こういうケースでは本当に慰謝料は支払われないのでしょうか。また、保険による賠償の対象とならなくても、事故を起こした当人に、慰謝料を請求することは出来ないでしょうか。
今までに遭ったことのない事故で困っています。どなたか回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 相手の保険会社の内規で請求をさせないようにきめているのに過ぎません。実際に、それ以後の旅行をストップしていれば、当然慰謝料や損害賠償は発生します。強硬に主張してください。訴訟も辞せない態度でしたら、相手は支払います。払わないようでしたら、弁護士と相談して小額訴訟をされればいいかと思います。相手は、これに応訴すれば。弁護士費用などで数十万円かかりますので、応訴するとは思えません。

Q交通事故のあと保険会社に丸投げってどうなんでしょう

一週間ほど前、中学生の娘が自転車に乗っていたところ、出会い頭で自動車(中年女性が運転)とぶつかりました。
娘はボンネットに打ち上げられ、フロントガラスも割れるほどの衝撃でしたが、幸い怪我の方は捻挫程度でたいしたことありません。自動車の前方不注意もありますが、ちょうど庭木がせり出していて視界が悪く、娘も停車せずに少し車道にはみ出したという非はあります。

おかげさまで治療や保険会社による手続きも無事進みそうなのですが、、、ちょっと引っかかることがあります。

事故の直後は先方からもわびの電話があったのですが、怪我がたいしたことないと聞くや、あとは保険会社にお任せ状態で、以降一切電話連絡もありません。
そんなもんなんでしょうか。
いくら10:0じゃないにしても、車で人をひいておいて、菓子折りのひとつもなく、事故の夕方以降保険会社に丸投げって、どうなんでしょうか。さっさと示談を交わしてケリをつけるつもりでしたが、、、ちょっと軽く見られているような気がしてなりません。

皆さまであれば、このようなケース、どのようにお考えですか。どのように対処されますか?


*損害保険とはちょっとずれるかもしれませんが、交通事故に関する質問が多かったのでここで質問させていただきました。
*頭や脳、後遺症についてはちゃんと検査を受けています。

一週間ほど前、中学生の娘が自転車に乗っていたところ、出会い頭で自動車(中年女性が運転)とぶつかりました。
娘はボンネットに打ち上げられ、フロントガラスも割れるほどの衝撃でしたが、幸い怪我の方は捻挫程度でたいしたことありません。自動車の前方不注意もありますが、ちょうど庭木がせり出していて視界が悪く、娘も停車せずに少し車道にはみ出したという非はあります。

おかげさまで治療や保険会社による手続きも無事進みそうなのですが、、、ちょっと引っかかることがあります。

事故の直後は先方から...続きを読む

Aベストアンサー

質問主さんの観点とは違う見方でお話しますので、ご了承ください。

まず 中学生の娘さんが自転車事故に遭遇されたこと お見舞い申し上げますとともに、軽症で済んだご幸運をお喜びいたします。(決して不敬ではありません)

まず、道路交通法で自転車は軽車両と定義され、自動車と等しく同法規の適用があります。
ここで親御様として娘様には道路交通法並びに、なぜそのような規制がなされているかを、十分に理解させるよう、教育され、まず我が身の安全確保。及び他人の安全確保の重要性を、この事故をきっかけに、
学ばせてあげてください。

交通安全の基本は互いにルールを守り 信頼の原則の上で、円滑な交通が確保されるのが大前提ですが、
一部でもバランスが崩れると、事故にいたります。

今回の事故は自転車と自動車の出会いがしらということでしたが、まずは、自己防衛意識を叩き込んであげるのが、何よりの親心でしょう。(過失割合(相殺)は過去の判例集から東京弁護士会発行のものがあります)

今回の事故がもし、相手が、幼児、年少、老齢、歩行者など軽車両より交通弱者のケースを想定すれば、背筋に冷たいものがはしります。

相手の反応にいらだつより、繰り返しになりますが、まず2度とこのような命を危険にさらす運転をさせないよう、自己防衛意識を芽生えさせて、育ててあげてください。

後はご家族の保険に弁護士特約がついていて適用できるのであれば、相手との交渉を一任されることを
お勧めします。

質問主さんの観点とは違う見方でお話しますので、ご了承ください。

まず 中学生の娘さんが自転車事故に遭遇されたこと お見舞い申し上げますとともに、軽症で済んだご幸運をお喜びいたします。(決して不敬ではありません)

まず、道路交通法で自転車は軽車両と定義され、自動車と等しく同法規の適用があります。
ここで親御様として娘様には道路交通法並びに、なぜそのような規制がなされているかを、十分に理解させるよう、教育され、まず我が身の安全確保。及び他人の安全確保の重要性を、この事故をきっか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報