転職が初めてなので手続きに迷っております。
退職日が19日と中途半端な日にちになってしまったのですが、任意継続ではなく国保に変更手続きした場合、19日までは今の会社に在職なので社会保険がいつも通り口座引き落としとなり、20日~29日は国民年金、国民保険加入となり、その月は二重で支払いとなってしまうのでしょうか?
区役所で詳しくお話聞いてこようと思うのですが、来週まで行ける機会がなさそうなので、できることは先に調べておきたくて質問させて頂きました。
なにも知識がなくてすみませんが、教えて頂きたいので宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>20日~29日は国民年金、国民保険加入



ということは2月退職と言うことでしょうか?
社会保険(健康保険・厚生年金)は月末まで在職していなければ保険料の支払いはありませんので2月分の社会保険料は給与からは控除されません。
2月分は国民健康保険・国民年金の支払のみとなります。
国民健康保険への切り替えは会社から健康保険喪失証明書を作成してもらって手続きしてください。
年金は自動的に切り替わりますが、納付書が来るまで時間がかかる場合があるので役所に行ったついでに国民年金の窓口で1号被保険者への切り替えをしてしまってもいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもわかりやすい回答ありがとうございます!
加入している健康保険の保険会社に電話で問い合わせたのですが国保に変更する場合、両方のがかかってしまって2月分重複する可能性あるとのことだったので、こちらでお聞きできてよかったです!
月末まで在職しないと社会保険引かれないんですね。
2月19日が退職日なので、1月分までが引き落としになり、2月分からを国民年金、国民健康保険に切り替えて支払いをしていけばいんですね!
証明書作成してもらって、保険も年金もついでなので一緒に手続きしてきます!
ありがとうごさまいます◎

お礼日時:2016/01/28 16:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金・国民保険の手続きがまだです。

同じような方がいらっしゃったのですが、私の場合はどうなのかと思ったので相談します。
今年の1月末、半年前に自己退職しましたが、まだ失業中なので金銭的にも・・(親との同居で生活はしてます。)

以前は雇用年金保険で、2月1日に資格喪失しました。
こういった場合は年金の免除申請はできますか?
退職してからの未払い分は遡っての申請免除は難しいでしょうか?または分割?

また国民保険(退職してからこちらの手続きもまだなんです・・・)についても教えてください。

これらは市役所にいけばすぐできるとは思うのですが、質問させていただきました。

今週中にはハローワークにいって、失業保険の手続きをしたいと思います。

かれこれ時間が経ってしまったので、ちょっと焦っていますがわかる範囲で結構ですので、これからする流れを教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すみません、ちょっと脱線ですが
>回答者の方のアドバイスを他の質問者のかたのところで
>お見かけしていました。
お恥ずかしいです。ごめんなさいね。私のアドバイスや回答で
大変申し訳ないです。分かる範囲で頑張ってお答えしますね。


>→まずはハローワークで雇用保険手続き
>→市役所での年金・国民保険変更手続き
>(免除申請は離職票のコピーも)

ハローワーク→市役所の順番は特にないようですが、私の
住む所のハローワークの職員さんは「会社を辞められたので
あれば、先に市役所で手続きをされた方が、いいかもしれま
せんね」と曖昧に言われました。市役所→ハローワークで、
支障がなかったので、市役所→ハローワークで、いいのかも
しれませんね。


市役所(年金課)に行く時・・・
下記に書いた通りで、離職票のコピー・印鑑・年金手帳を
持参です。国保の件は、ごめんなさい、私は分かりません
ので、お調べ下さいね。これも下記に書いた通り、世帯主
並びにquarterlyさんの所得によるので、免除に該当する
のか半額免除等に該当するのか、年金課の方におおよその
目安など聞かれてみて下さい。


もし免除が通らないようでしたら「若年者納付猶予制度」
と言うのがありますので、そちらをご検討されてみては、
いかがでしょうか。20代後半との事ですので、年齢的に
大丈夫です。   参考まで↓
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/nenkin03.htm#3


>今月中なら、2月からの未納分も免除申請できるので
>しょうか?(国保?年金?)

若年者納付猶予ではなく、申請免除の事・・・
以前は(免除が通った場合)免除の申請を提出した月の
前月分からしか適用されませんでした。例えば今月提出
して通った場合は18年5月~6月までの2ヶ月分しか適用
されませんでした。(2月~4月分は免除に該当しません
でした)しかし、定かではありませんが昨年10月頃から
制度が変わり、何月に提出しても(免除が通った場合)
本年度分7月~翌年6月までの1年間、免除該当になり
ました。なので、必ず今月中に免除の申請を提出すれば
18年2月~6月分まで(免除が通った場合)は該当する
ので免除の申請は行えます。


ハローワーク(雇用保険)の件
こちらは離職票と一緒にパンフレットを貰っています
よね?そちらに必要書類等書かれていると思いますので
持参すれば宜しいです。ちなみに、離職票・写真2枚・
印鑑・預金通帳・免許証が必要だったと思いますが、
確認されて下さいね。


年金の件で詳しくお聞きになりたい場合は、お住いの管轄の
社会保険事務所の国民年金業務課へお電話されたら、とても
親切に教えて下さいます。…って、お見かけして下さった所
にも書いていましたか?(笑)お見かけして下さった所でも
説明不足だったかもしれませんので、是非社会保険事務所へ
お電話されてみて下さいね。

すみません、ちょっと脱線ですが
>回答者の方のアドバイスを他の質問者のかたのところで
>お見かけしていました。
お恥ずかしいです。ごめんなさいね。私のアドバイスや回答で
大変申し訳ないです。分かる範囲で頑張ってお答えしますね。


>→まずはハローワークで雇用保険手続き
>→市役所での年金・国民保険変更手続き
>(免除申請は離職票のコピーも)

ハローワーク→市役所の順番は特にないようですが、私の
住む所のハローワークの職員さんは「会社を辞められたので
あれば、先に市役所で手...続きを読む

Q個人事業廃業時の国民年金、国民健康保険の手続き

今年末(12月末日)で個人事業を廃業し、年明けから会社員(会社はまだ決まっていませんが)として働こうと思っているのですが、国民年金と国民健康保険の手続きについて教えてください。

国民年金はクレジットカードで、国民健康保険は銀行引き落としで、それぞれ毎月支払っています。

この場合、国民年金と国民健康保険はどのように手続きすればよいのでしょうか?
会社員になると両方とも給料から天引きされると思いますが、二重払いになったりしないのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勘違いなどがあるようですね。

国民健康保険は、住所地役所である市町村の運営であり、社会保険の健康保険は会社が加入する健康保険団体が運営し、別な団体ですから連動しません。したがって、社会保険に加入したことがわかる資料(健康保険証)をもって住所地役所で手続きしましょう。国民皆保険の制度として、他の健保に加入したことにより国保の脱退が出来るわけですからね。
脱退手続きのタイミングや計算のタイミングで重複納付させられてしまうかもしれませんので、よく確認されることをおすすめします。また、還付の手続きが必要になった場合を考え、アドバイスを受けるようにしましょう。

国民年金も手続きが必要かもしれませんが、厚生年金を含め国の制度運営ですから、最終的にその加入データは連動することになるでしょう。さらに、厚生年金保険は2階建てとも呼ばれ、国民年金に上澄みされた年金保険です。ただ、厚生年金の保険料は、資格取得月(入社月など)から発生することになり、資格喪失月(退職日の翌日の属する月)の保険料が発生せずに、次の年金保険料が発生することになります。さらに、給与天引きされるタイミングは会社ごとに異なることになります。多くの会社は最初の給料では給与天引きを行わず、2回目の給料からとなります。これは会社側の納付日にあわせて会社側が天引きするタイミングを任意で決めていることになり、単純に重複かどうかはわかりづらい状態になると思います。ですので、国保などの手続きとあわせて、納付しすぎた場合の還付手続きを聞いておくほうが良いことでしょう。それか、クレジットカードでの納付から現金納付に切り替えて、入社後数ヶ月程度経過したころに確認のうえで納付されるのも良いでしょう。期間によっては延滞金なども発生しないでしょうし、余計な重複納付により一時的な負担を強いられたり、還付のための手続きから逃げられますからね。

国民年金の手続きは、国保と一緒に市町村役所でも可能ですが、あくまでも年金事務所の代行的な形のため、職員が年金やその保険料の制度を熟知しているとは限りません。私は何度も誤った情報をつかまされたため、年金は年金事務所に相談したり、手続きをするようにしています。

最後に自治体などによるかもしれませんが、年金は本人しか手続きできなかったと思います。家族であっても委任状などが必要です。しかし、国民健康保険は、同一世帯員であれば手続きが可能だと思います。不安であれば、それぞれの窓口に電話などをして確認しましょう。

勘違いなどがあるようですね。

国民健康保険は、住所地役所である市町村の運営であり、社会保険の健康保険は会社が加入する健康保険団体が運営し、別な団体ですから連動しません。したがって、社会保険に加入したことがわかる資料(健康保険証)をもって住所地役所で手続きしましょう。国民皆保険の制度として、他の健保に加入したことにより国保の脱退が出来るわけですからね。
脱退手続きのタイミングや計算のタイミングで重複納付させられてしまうかもしれませんので、よく確認されることをおすすめします。ま...続きを読む

Q仕事を4月から始めました。職場が個人なので国民年金や国民健康保険に加入

仕事を4月から始めました。職場が個人なので国民年金や国民健康保険に加入をしなくてはいけないと言われました。今は主人の扶養状態なのですが、年間103万を越えた時点で加入したらいのでしょうか?それとも、仕事を始めた今、すぐに加入しないとまずいのでしょうか?
もしも、103万いく前に仕事を辞めてしまった場合だと扶養を抜けてた後だともったいないので、万一103万を越えた時点で国保などに加入したほうが損しないように思っているのですが、正しい方法、そして、損しない方法を教えてください。

Aベストアンサー

慌てなくて宜しいです。年収がいくらになるかはまだ判らないのでしょう?なってからで充分間に合います。貴方がご主人の加入保険の被扶養者になっていられるのは、年収が130万円以下の場合で、103万と言うのは所得税の場合のことです。103万以下の年収の場合は、ご主人の年末調整で配偶者控除の申告が出来、141万円以下ですと配偶者特別控除の申告が出来ます。
税金と、社会保険は仕組みが違います。
今年の年末に、貴方は、勤務先から源泉徴収票が手渡されます。そこに記載された総支給額が130万以上でしたら、国民健康保険に加入の手続きを行ってください。市役所の国民健康保険課へ印鑑をお持ちになれば年金のほうも同時に手続きが行えます。

Q高齢者雇用継続給付と在職老齢年金の手続きについて

自分は今60歳で、今年3月末で定年退職となり、引き続き現在の会社にて再雇用が決まっています。
労働時間は退職前とほぼ同じで、厚生年金にも加入しながら働く予定です。賃金は定年前の半分以下になります。(約45万から20万にダウン)
すでに60歳になっており、年金の手続きは済ませてあり、今は全額支給停止となっています。
そこで質問ですが、定年後再雇用となるので、条件に当てはまれば高齢者雇用継続給付と在職老齢年金を受けたいと思っているのですが、その場合、手続きは会社のほうでしてくれるのでしょうか?
それとも、自分で両方とも手続きするのでしょうか?
基本的なことですみませんが、調べてもいまいちわからないので、どうか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

1、高年齢雇用継続給付の手続は、会社で行い、あなたが行うことはありません。
(念のため、会社には確認を入れておいたほうがいいかもしれません。)
2、在職老齢年金は、年金の請求手続が済ませてあれば、特に必要はありません。3月、定年退職し給与が低下した時点から、一部支給が開始されるでしょう。
*ただし、停止額計算の基準となる給与には、直前1年間の賞与も加味されます。
また、高年齢雇用継続給付から支給される給付も、在労の支給停止額計算に加味されます。
このため残念ながら、まだしばらくは全額停止の状態が続く可能性もあります。

Q国民年金基金の資格喪失の手続き

現在、国民年金基金に加入しているのですが、
今度の会社では厚生年金だそうなので、国民年金基金は資格喪失になると思うのですが、
その時に、「資格を喪失したことを明らかにできる書類」とありますが、どのような書類を用意すればいいのでしょうか?

また、基金の支払いと、厚生年金の支払いがダブってしまった月(厚生年金に切り替わったのに、資格喪失の手続きが遅れてしまった場合など)は 、その二重に払ってしまっている分は、還付金のとして戻ってくるのでしょうか?

基本的には解約金や返金制度はないと伺っていますが、第一号被保険者でなくなった場合は資格喪失になるので、厚生年金が始まってからの支払いは加入資格の対象外になりますよね。なので、ダブってしまった分を年金の受給資格になったときにもらうという事はおかしいですよね?

Aベストアンサー

>>貴方様が加入している国民年金基金の資格喪失証明書を基金に発行してもらうといいでしょう。
>上記用紙と一緒に何か証明する書類を出さなければならないようです。

理解が乏しくてすいません。厚生年金に入ったこと(そのため国民年金第1号被保険者ではなくなったこと)を国民年金基金に知らせるという意味ですね。
厚生年金の資格証明書とか健康保険証でもいいかと思いますが、一度国民年金基金に問い合わせるといいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報