3年前に、借用書を交わし、毎月分割で返済する約束で金銭を友達に貸しました。
私への返済したのは2ヶ月だけでしたが、銀行への返済は行っていたようです。
その後、債権回収の訴訟を提起し、毎月分割で返済することで和解しましたが、訴訟後も一度も返済してくれず、現在、破産申立ての準備をしている、と債務者の弁護士から連絡がありました。

2年前に、債務者はクレジットカード支払い延滞で、車のローンが組めないので母親の名義でローンを組み、ローン返済しています。任意保険は母親名義ではなく、債務者本人の名義です。

3年前から銀行には返済を続けていた。
2年前に、母親名義で車を購入、任意保険は3年前から加入し保険料を支払ていた。

破産債権者の利益に反する行為(免責不許可理由)にあたると思うのですが、その行為は、3年前にさかのぼり対象となるのですか? それとも債権回収訴訟後からの行為が対象となるのですか?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

3年前に遡り、破産法252条1項の規定により破産免責不許可になると思われます。



■破産法252条1項1号(財産の隠匿等)
財産があるのに、意図的に財産目録から除外したような場合、免責不許可事由となります。自分名義の不動産を親族の名義に変更するような行為も、これに該当します。
■破産法252条1項3号(偏頗弁済)
特定の債権者に対してだけ偏った弁済を行った場合には、免責不許可事由に当たります。たとえば、世話になった親戚に対しては返済したいから先に返済してから自己破産する、などというようなことです。
■破産法252条1項6~11号(その他)
上記以外にも、虚偽の債権者一覧表を提出したり、破産手続きにおいて裁判所が行う調査で虚偽の説明をしたりというような行為があった場合にも、免責不許可事由に該当します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/01/28 15:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財産相続の争い エピソード2

先日祖父が亡くなり、財産相続の問題が発生したのですが、複雑なので質問させていただきます。祖父の遺産の相続権がある人間が4人いるのですが、そのうちの一人が祖父の遺産を現時点で管理しています。祖父が亡くなったため、他の三人はその相続人の一人でもある管理者に対して遺産の開示を現在求めています。
しかし、管理者は遺産の開示を拒んでいます。この管理者がこのまま遺産を開示せずに、遺産をうやむやにして自分のふところに入れることを他の三人は危惧しています。このままこの管理者が、開示を拒みつつ”けることは法律的に問題はないのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

開示を拒み続けても、遺産は相続できませんから、現在管理している相続人は、なんらかのアクションを起こすと思います。たとえば実印の捺印と、印鑑証明を用意しろとか。
開示を拒んでも法的には罰則は、ないんじゃないかなぁ。
それと、固定資産(不動産)と償却資産なら亡くなられた方の納税地、たとえば土地や建物なら、その所在地の役所の税務課に行って、「名寄帳(なよせちょう」を取得できると思います。
基本的に名寄帳は本人しかとれないんですが、相続で使うからと言えば、取得できるはずです。その際に相続人であることを客観的に証明しなければならないので、戸籍謄本などの提示を求められると思います。
名寄帳には土地や建物などが記載されてきますから、どれくらい遺産があるか、参考になると思います。

Q自己破産 6~7ねん前くらいに自己破産をしました 今は携帯分割支払いやクレジットカードの契約は出来て

自己破産


6~7ねん前くらいに自己破産をしました
今は携帯分割支払いやクレジットカードの契約は出来てますが
580万の中古家のローンを組むのは難しいでしょうか?

Aベストアンサー

私の知り合いも自己破産後6年で
クレジットカードはつくれました。
家のローンは銀行系は10年無理のようです
フラット35は可能性あるようです
確認しましょう。

Q財産分割協議後の争い 長文です

私の母とその兄弟で相続争いがおきています。どうしたら良いか知恵を貸してください。
兄弟の内訳は、母(長女)、長男、次男(元やくざ)、三男です。
祖父があまりに性格悪くて、母が出戻って以降は長男・次男・三男は実家に帰らず。母(以降長女とします)が面倒を見ていました。
次男は以前より兄弟のものを勝手に質にいれる、盗む、金がほしいと祖父をさすといったひとでした。
祖父が長期入院にはいり、先が見えた時点で長女が青年後見人になりました。祖父死亡直後に普段から弁護士に相談して、家裁で分割協議調停の申立をしました。
色々ありましたが、長女が土地家屋、売却価値のある一部の土地と現金預金は男性3人で3分割で調停成立し審判がでて2週間以上たちました。
昨日、次男がすべての預金通帳と土地の権利書が入った貸金庫を「男性3人だけで」開けようと長男に打診して来ました。長女の立会いおよび長女の代理人の弁護士立会い拒否だそうです。
現金化できるだけのお金を3人でわけて、残りの分配は自分でやるから書類類はすべて次男に渡せと主張されております
現在、次男長男がこれを拒否、長女は弁護士立会いと権利書の引渡しを要求しています。そして必要なら3人名義で強制執行の申請もするそうです。次男はこれを拒否しています。
皆様にお聞きしたいのですが、これから何が問題になりそうか。強制執行と是非と期間、費用などを教えていただけないでしょうか

私の母とその兄弟で相続争いがおきています。どうしたら良いか知恵を貸してください。
兄弟の内訳は、母(長女)、長男、次男(元やくざ)、三男です。
祖父があまりに性格悪くて、母が出戻って以降は長男・次男・三男は実家に帰らず。母(以降長女とします)が面倒を見ていました。
次男は以前より兄弟のものを勝手に質にいれる、盗む、金がほしいと祖父をさすといったひとでした。
祖父が長期入院にはいり、先が見えた時点で長女が青年後見人になりました。祖父死亡直後に普段から弁護士に相談して、家裁で...続きを読む

Aベストアンサー

>今までの経過でいくと、その権利書を持っていかれそうなのです
何か勘違いされていませんか。権利書というのは正式には「登記済証」といいますが、これは相続登記された後は無効ですよ。

それに数年前にこの登記済証の制度も廃止になったので今回相続登記しても登記済証は発行されません。つまり権利書というのは過去の遺物です。

権利済証が相続登記前に次男に渡ると面倒なので、さっさと調停調書で相続登記してしまってください。

>それなら印鑑押してやらないと
次男の印鑑も不要です。調停調書というのは国家がそのようにすることを認めた証ですから、強力なんですよ。

>男性3人で共有するはずの土地の権利書も渡せといっている始末です
こちらも調停調書に明記されているのであれば即座に登記できます。権利書は不要だし、相続登記後はその権利書は無効です。
制度改正により新規に作られることもありません。

登記関係は調停調書を持参して司法書士に依頼してください。

だから後は貸金庫の金銭関係の問題のみです。
多分これは金庫の中にあるということで調書には具体的に指定しての分配を明記していないのでしょうから面倒な話ですけど。

>今までの経過でいくと、その権利書を持っていかれそうなのです
何か勘違いされていませんか。権利書というのは正式には「登記済証」といいますが、これは相続登記された後は無効ですよ。

それに数年前にこの登記済証の制度も廃止になったので今回相続登記しても登記済証は発行されません。つまり権利書というのは過去の遺物です。

権利済証が相続登記前に次男に渡ると面倒なので、さっさと調停調書で相続登記してしまってください。

>それなら印鑑押してやらないと
次男の印鑑も不要です。調停調書と...続きを読む

Q国民生活金融公庫(日本政策金融公庫) 無担保無保証融資返済不能な場合、自己破産、自己再生、債権者破産

国民生活金融公庫(日本政策金融公庫)
無担保無保証融資返済不能な場合、自己破産、自己再生、債権者破産、とのような方法がとられるのでしょうか?
返済意識ありで返済能力なしの状況です。

Aベストアンサー

とられませんよ。

普通に給与などの差押えです。

Q親子間の不動産財産争い

父が所有している都市に、息子夫婦が既に20年以上住んでいます。二人の間に正式に借地契約は交わしていません、つまり、その息子は、ただでその土地に住んできた訳です。ところが、最近父と息子と人間のもめ事から、父親間、その土地を第三者に売却を考えている様です。もし、父親が他人に売却に売却したとした、息子夫婦は法律的に退去しなければいけないのでしょうか。建物は半分は、その息子名義です。できれば、専門家の方に、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

ご説明の内容であれば、
親子間では土地の【使用貸借契約】が結ばれています。
よって、貸主(父)から解除をすることが認められています。
また、基本的にはいかなる場合も第三者に対抗できません。
売却され、要求があれば退去する必要があります。

借地借家法などで
借地上に建物を建てて住んでいる人が保護されるのは有名な話ですが、
あくまで【土地の賃貸借契約】においてです。
よって、無償である使用貸借には適用されません。

Q免責許可はおりるでしょうか。

友達は、個人で建築業を営んでいますが、財産はありません。事業の売上は、年間1000万円ほどで、手元に残る金銭は、月15万円ほどしかありません。完全の自転車創業です。

債務額は1,200万円で、債権者は銀行(保証協会)と個人(知り合い)です。銀行(保証協会)からは、6年前ぐらいから借り入れ、嘘の申告書を作成し追加融資を受けたようです。知り合いには銀行で借り入れていることを伝えずに、600万円ほど借金し、一度も返済していないようです。

先日、知り合いから提訴されましたが、返済する気もないのに和解を申出、分割で返済することで和解したようですが、その後一度も返済しなかったため、通帳を差し押さえられました。

そして、自己破産を弁護士に依頼したそうです。

銀行には、数年前から金利だけ払い、知り合いには一度も返済ていないのに、高級外車をローンで購入。
友達本人名義では、ローンが組めなかったようで、兄弟の名義でローンを組み、車のローンだけは支払っています。

友達は、数年前から確定申告もしていません。
このような状況で、自己破産すると、管財人が付くのでしょうか?
管財人は、どのようなことをするのでしょうか?
破産した友達の預金通帳などを調べたりするのでしょうか?

免責許可はおりるでしょうか?
教えてください。

友達は、個人で建築業を営んでいますが、財産はありません。事業の売上は、年間1000万円ほどで、手元に残る金銭は、月15万円ほどしかありません。完全の自転車創業です。

債務額は1,200万円で、債権者は銀行(保証協会)と個人(知り合い)です。銀行(保証協会)からは、6年前ぐらいから借り入れ、嘘の申告書を作成し追加融資を受けたようです。知り合いには銀行で借り入れていることを伝えずに、600万円ほど借金し、一度も返済していないようです。

先日、知り合いから提訴されましたが、返済する気もな...続きを読む

Aベストアンサー

事業の売上は、年間1000万円ほどで、手元に残る金銭は、
月15万円ほどしかありません。完全の自転車創業です。
債務額は1,200万円で、債権者は銀行(保証協会)と個人(知り合い)です。銀行(保証協会)からは、6年前ぐらいから借り入れ、嘘の申告書を作成し追加融資を受けたようです。知り合いには銀行で借り入れていることを伝えずに、600万円ほど借金し、一度も返済していないようです。


自転車創業+6年前から借金

略100%免責下りると思います。
理由は 手元に残る金銭は、月15万円 返済が略不可能です。
申告すら出来ない状態

ただし

高級外車や何かしら嘘がバレたら全ては無理だろうけど

Q非財産的訴えが重なったときの訴額は?

 民事訴訟で、訴額(およびそれと連動する印紙額)を計算するときに、「財産上の争いでないものは一律95万円とみなす」と聞きましたが、「債務不存在確認訴訟」でも、同じ扱いでしょうか。
 また、1人の原告が1人の被告に対し1つの訴状で「財産上の争いでない訴え」を複数起こしたときは、どう計算するのでしょうか。「95万円+95万円+95万円+……」と考えるのか、「同時に複数であっても、全体として、95万円ぽっきり」と考えるのでしょうか。

Aベストアンサー

離婚と養子離縁

会社のA決議取り消しとB決議不存在

は、加算します。2件分

婚姻無効・予備的に離婚

決議不存在・予備的に決議無効

は、1件のまま。吸収される。両立しない。

債務不存在で、金額が不明なら、該当します。
普通は、判明します。

Q破産免責を受けて10年ちょい手前なんですが

十年ほど前に破産免責を受けました。免責手続きを完了したのが1月か2月か曖昧でした。
そこで昔の口座通帳記録から、弁護士からの免責後の振り込みがあったのがH19.2にあるのを確認しました。
そこで、官報に掲載された日時を確認するため先月12月全銀協に開示をしました。
ところがいただいた開示の内容が、取引情報なし、不渡り情報なし、官報情報なし、本人申告情報なし、紹介記録情報なしとなっていました。
これは消えたということなのでしょうか?
10年経過しなくても消えることってあるのですか?

Aベストアンサー

> これは消えたということなのでしょうか?
そうなりますね。

> 10年経過しなくても消えることってあるのですか?
10年経過しているのでしょう。

破産者の官報掲載は、破産手続きの開始決定が出た時と、免責決定が出たあとの計2回です。
開始決定時に「全銀協」が情報登録すれば、その数ヵ月後の免責決定時には登録を省略しても、10年という期間で見れば誤差の範囲だから問題ないという見方も出来ますので、そういう事でしょう。

Q助けて下さい骨肉の争い

私の家は、財産争いになってしまいこれからもっとひどくなりそうです。(私から見た状況)
財産
心当たりは土地、保険金、他親の使用物です。
争い
自営業ですので職場での名誉毀損・侮辱・嫌味
職場に居にくくして追い出すかストレスでの何らかの障害
を狙っているかだと思います。

家庭は複雑で親は対処する様子は無く気づいてないおそれがあります。
兄からは嫌がらせを受け一応証拠を取っています。(嫌がらせの動機は財産の事との証拠は不十分ですが私は財産の事だと思います。)
親との会話は嫌がらせを強める可能性があり会話ができません
もともとの始まりは親との会話がきっかけで財産狙いの勘違いでが嫌がらせのはじまりだと思います。
父の腹違いの子も居ます、父が無くなる前からギクシャクし始め
これかもし父が亡くなったとき兄弟からの攻撃を回避する対処法をどなたかアドバイスもらえませんでしょうか?
私は20ですので非常に知識に乏しいです。
(1)投稿するジャンル
(2)行政書士以外の相談場所
(3)それ以外で何でもかまいません対処法

今私の考えている対処法は

(1)実印を作り隠して勝手な契約から回避する(○)
(2)兄からの嫌がらせを内容証明による警告、次からつかかってこないようにする。
以上です。

より沢山の意見を聞きたい為何回か書き込む予定ですが、見かけたかたが『しつこい』など気分を害してしまったら申し訳ありませんが宜しくお願いします。

※昨日カテゴリー行政へ投稿しアドバイスを貰い説明を追加しました。
対処法の(1)実印を作り隠して勝手な契約から回避する
は説明を貰い本当にありがとうございました。
また他のアドバイス宜しくお願いします。

私の家は、財産争いになってしまいこれからもっとひどくなりそうです。(私から見た状況)
財産
心当たりは土地、保険金、他親の使用物です。
争い
自営業ですので職場での名誉毀損・侮辱・嫌味
職場に居にくくして追い出すかストレスでの何らかの障害
を狙っているかだと思います。

家庭は複雑で親は対処する様子は無く気づいてないおそれがあります。
兄からは嫌がらせを受け一応証拠を取っています。(嫌がらせの動機は財産の事との証拠は不十分ですが私は財産の事だと思います。)
親との会話は嫌...続きを読む

Aベストアンサー

もう少し話をまとめてくれると助かります。ここの質問から自分は次のように関係を考えました。

父:健在、その父には腹違いの子がいる。また父には財産(土地、保険金、他親の使用物等)がある。自営業で代表取締役である。
母:健在、あなたや兄はその母の子ではない。

兄:その父の子。財産問題であなたと不仲な関係にある。父の会社で働いている。
あなた:その父の子。財産問題で兄と不仲な関係にある。父の会社で働いている。
子:その父とその母の間にできた子供。

これでよろしいでしょうか?

いわゆる相続問題ですね。まあ、父が死ぬ前から激論しあうのも変な話ですが…。

あなたはこの状況をどう思っていますか?財産相続の関係について「父が死ぬ前にはっきりさせたい」とおもっていますか?そうでなく父の死後でにこの問題は話し合ってもいいのではとお思いでしょうか?
前者の場合、どこに相談持ち込んでも父が死んでいないので、最低相談程度しかのってくれないかもしれません。相談するなら相続問題に強い弁護士に相談すると良いでしょう。現在の対抗措置から相続時の適正な判断まで乗ってくれるでしょう。これで弁護士のほうも事情が分かったので、ことが起きたときには動きやすいとおもいます。
後者の場合は、死後争えばよいとおもいますが、不安なら独自の対抗措置もあるにはあると思います。ここで事情もよく分からずはっきりした対抗策をいうことはできませんが、父になんとなく遺言を書くように、そして兄弟ができるだけ満足のいく形で均等に配分されるようお願いしてもらっても良いと思います。まあ、自分は財産放棄しても良いというのであればそれでも結構でしょう。

まあ、実印を作り直して隠すのも手かもしれませんが、財産の状況や冬季状況をはっきりしておくのが良いのではないでしょうか。勝手に兄に移らないように、抜けている部分はすぐに父により所定の手続をしてもらうようにするなどですかね。
次に嫌がらせの内容証明による警告ですが、この段階でそんな項公開をしてもそれほど効果はないと思います(継続した日記による記述などは非常に有効でしょう。また録音テープとうあれば有効性は極めて明確となります)。これはあなたが実害を受けて、本当に損害を被ったときに出すべきです。言い方は変ですが、あなたがストレスや嫌味、侮辱からうつ病になったとしましょう。それで、診断書を発行してもらいます。それが直った後に弁護士、司法書士等を立てて治療費の要求と慰謝料の請求を行います。そのためにそれらの証拠がまずは重要となってくるでしょう。

このくらいの説明しかできませんですみません。なお相続に関する入門書も結構あるので、それらを読み参考にするのもひとつの案だと思います。もちろん、弁護士に相談しても効果は大きいでしょう。

もう少し話をまとめてくれると助かります。ここの質問から自分は次のように関係を考えました。

父:健在、その父には腹違いの子がいる。また父には財産(土地、保険金、他親の使用物等)がある。自営業で代表取締役である。
母:健在、あなたや兄はその母の子ではない。

兄:その父の子。財産問題であなたと不仲な関係にある。父の会社で働いている。
あなた:その父の子。財産問題で兄と不仲な関係にある。父の会社で働いている。
子:その父とその母の間にできた子供。

これでよろしいでしょうか?

...続きを読む

Q破産免責後 6年が過ぎ CICとJICCもホワイトに なりましたが、kscは、開示してませんが、あと

破産免責後 6年が過ぎ CICとJICCもホワイトに
なりましたが、kscは、開示してませんが、あと4年
あると思います。
ネットで見ていると 賛否了々なので 様子みますが
ドコモの割賦払いは、遅れなく 2件載ってます
質問ですが、この状態で 妻のカードで 家族カードを
申し込みしてみるかと いちを妻のカードは、
債権者では、ないですが 万が一 自分の破産が
わかられたら 妻に影響は、あるのでしょうか

Aベストアンサー

まず、奥さんに収入があるかどうかです。
無い場合は、配偶者の情報を書類に書かなければなりません。
1)氏名
2)生年月日
3)職業と職場
4)年収
この時点で、そのカード会社が破産免責で損害が有るカード会社なら審査で落とされる可能性は十分にあります。


人気Q&Aランキング