3年前に、借用書を交わし、毎月分割で返済する約束で金銭を友達に貸しました。
私への返済したのは2ヶ月だけでしたが、銀行への返済は行っていたようです。
その後、債権回収の訴訟を提起し、毎月分割で返済することで和解しましたが、訴訟後も一度も返済してくれず、現在、破産申立ての準備をしている、と債務者の弁護士から連絡がありました。

2年前に、債務者はクレジットカード支払い延滞で、車のローンが組めないので母親の名義でローンを組み、ローン返済しています。任意保険は母親名義ではなく、債務者本人の名義です。

3年前から銀行には返済を続けていた。
2年前に、母親名義で車を購入、任意保険は3年前から加入し保険料を支払ていた。

破産債権者の利益に反する行為(免責不許可理由)にあたると思うのですが、その行為は、3年前にさかのぼり対象となるのですか? それとも債権回収訴訟後からの行為が対象となるのですか?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

3年前に遡り、破産法252条1項の規定により破産免責不許可になると思われます。



■破産法252条1項1号(財産の隠匿等)
財産があるのに、意図的に財産目録から除外したような場合、免責不許可事由となります。自分名義の不動産を親族の名義に変更するような行為も、これに該当します。
■破産法252条1項3号(偏頗弁済)
特定の債権者に対してだけ偏った弁済を行った場合には、免責不許可事由に当たります。たとえば、世話になった親戚に対しては返済したいから先に返済してから自己破産する、などというようなことです。
■破産法252条1項6~11号(その他)
上記以外にも、虚偽の債権者一覧表を提出したり、破産手続きにおいて裁判所が行う調査で虚偽の説明をしたりというような行為があった場合にも、免責不許可事由に該当します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/01/28 15:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q執行文が届きました。 詳しい方、教えてください。 執行文 債権者は債務者に対し、この債務名義により

執行文が届きました。
詳しい方、教えてください。

執行文
債権者は債務者に対し、この債務名義により強制執行をすることができる。

債務名義に係る請求権の一部について強制執行をすることができる範囲
↑この部分には斜線が引いてあります。

付与の事由
継承などを証する文書を提出
となっており債権者の登記簿のコピーがありました。

これはどういうことなのでしょうか?

かれこれ10年近く借金をいくつか放置してしまい去年弁護士に相談したところ

わざわざそんな前の借金をいまさら掘り起こさなくてもよいのでは?ということを言われましたがやはりこのままでは…と思い自己破産も考えていました。
しかし、現在お金に余裕もなく実家暮らしのため1日も早く引越しをしてからすぐに弁護士のもとへ行くつもりでした。

そして本日このような文章が裁判所から届いたのですがこの文書の意味が正直わかりません。

自分がだらしないのが一番悪いのはわかってます。
このまま放置ではなくしっかりと解決して、今後同じ過ちをおかさない人生を送るつもりです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

取り敢えず分割払い(費用の積立)で対応してくれる弁護士に依頼して
「受任通知」だけを送ってもらいましょう。
これで取り立てや差し押さえは止まります。
弁護士は法テラスか各地の弁護士会に紹介してもらえます。
依頼費用が貯まれば自己破産の手続を弁護士が開始します。

Q消費者金融で8年前に債務整理をしたのですが8年程前に前の旦那が私の名前で借りてくれとお願いをされ

消費者金融で8年前に債務整理をしたのですが

8年程前に前の旦那が私の名前で借りてくれとお願いをされて数社から借り入れをし返済を出来なくなり債務整理をしました。

そこで、質問なんですが、8年前に債務整理をしてからは借り入れはして居ません。

通常は7年〜10年でリストから外れるので
8年経っていれば借りられると言う様な事を聞いたのですが借りれるのでしょうか?

今現在、実家暮らしでパートをやっていて
年収にしたら100万ぐらいです。

アドバイスよろしくお願いします

Aベストアンサー

債務整理をした際、破産宣告等は受けていないのですよね
でしたら、可能だと思いますよ
100万の年収があるのでしたら30万円位まででしたら融資して頂けるんじゃないでしょうか

Q7年前に、500万円ほど多重債務があり任意整理して債務を2年前に完済していますが、半年前ぐらいに各

7年前に、500万円ほど多重債務があり
任意整理して債務を2年前に完済していますが、半年前ぐらいに各種ローンを申し込みましたがすべて通らずでしたが、
先月、国の教育ローンや銀行系キャッシングローンを申し込みした所、どちらも審査が通りました。
ブラックから消えたのでしょうか?
詳しい方いらっしゃればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人情報信用保証協会は三社あります。銀行系、信販系、クレジット系です。任意整理も自己破産の7年です、が、10年後から審査は通リますが、7年の間に審査を申し込ん日から7年と言う事です。
あなたの言う、ブラックというのは、官報に告示してから7年間の事を言う。官報の告示は7年で抹消できるからです。
あなたの個人情報の信用度はブラックからホワイトになるということです。

Q主債務も保証債務も商行為ではない場合

主債務も保証債務も商行為ではない場合、保証債務の持つ附従性を奪って債権者の権利を強化するために保証契約に付された特約によって連帯保証債務が生ずるとの見解に立つと、AC間の連帯の特約は、催告・検索の抗弁に対する再抗弁としてAに立証責任がある。

この文章の言ってることがよく分からないので、もっと分かりやすく説明してもらえませんか?

あと、主債務というのは借金した人のことで、保証債務というのはその借金した人が返せなかったら代わりに払う人のことですよね?

民法です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>この文章の言ってることがよく分からないので、もっと分かりやすく説明してもらえませんか?

 催告・検索の抗弁とは何ですか。立証責任とは何ですか。法律要件分類説は、立証責任の分配についてどのような基準を設けていますか。これらのことをまずテキストを読んでください。文章が理解できないのは、知識不足によるものであって、分かりやすく説明する以前の問題です。分かりやすく説明するというのは、場合によっては不正確な理解を招くことになります。
 ご相談者は回答が付くと、自分なりの理解の仕方を示さずにベストアンサーにして質問を締め切りますが、きちんと理解していますか。たとえば、自働債権が時効になった場合についての質問をされていましたが、回答は間違ってますからね。あれは、条文知識があれば、解ける問題です。


>あと、主債務というのは借金した人のことで、保証債務というのはその借金した人が返せなかったら代わりに払う人のことですよね?

 ご相談者が、法律学を趣味で勉強しているのならば、そういう理解でも構いません。でも、司法試験受験生ならば、そういう不正確な覚え方はやめましょう。「AさんがBさんに甲商品を100万円で売りました。CさんがBの売買代金支払い債務について 、Aさんと連帯保証契約を書面で締結しました。」という事例があった場合、売買代金債務だって主債務と言いますよ。また、Aさんは主債務者であって主債務ではありません。

>この文章の言ってることがよく分からないので、もっと分かりやすく説明してもらえませんか?

 催告・検索の抗弁とは何ですか。立証責任とは何ですか。法律要件分類説は、立証責任の分配についてどのような基準を設けていますか。これらのことをまずテキストを読んでください。文章が理解できないのは、知識不足によるものであって、分かりやすく説明する以前の問題です。分かりやすく説明するというのは、場合によっては不正確な理解を招くことになります。
 ご相談者は回答が付くと、自分なりの理解の仕方を...続きを読む

Q自己破産後、一部債権者への返済は可能?

自己破産後に一部の債権者(例えば親や友達など)への自主返済も禁止されていると思ったのですが、「自己破産後」という条件付きですが、その場合、可能だというページを多く見かけます。
本当はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

自己破産の免責確定後に、一部の債権者(例えば親や友達など)への自主返済は可能です。但し、免責確定前に、将来支払うことを事前に約束しておくのは新たな債務を負担することにもなりますし、また債権者には意見を述べることが許されているところ、その約束をもとに事実上その機会を奪うことにもなり、不正な方法を用いて破産手続きを進めさせたとも言われかねません。最悪免責許可が取り消しされてしまう危険もあります。ですので、免責確定前には、そのような条件付きの約束は絶対に避けるべきです。そのうえで、手続きがすべて終わってから、約束はなかったけれど、あえて自主的に支払うのであれば問題はないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報