こんにちは。
夫が死亡し、一緒に住んでいた家と土地を売りました。
その金額1500万円を妻が全て貰いました。
その場合、税金は幾ら取られるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

家と土地を売った場合、「譲渡所得」といい所得税の対象です。


しかし、居住していた家と土地の場合、3000万円の特別控除があるので所得税かかりません。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …

また、その前に相続していますので、相続税の対象にもなります。
ただし、それは売った1500万円ではありません。
家は固定資産税評価額、土地は「倍率方式」もしくは「路線価方式」により計算された額です。
固定資産税評価額は税金の通知書(4月に役所から送られてきます)に書かれています。
相続税の控除額は 3000万円+600万円×相続人の人数 です。
遺産総額がこれ以下なら相続税かかりません。

なお、これを超えても、貴方は「配偶者控除」を受けられるので、1億6千万までなら、相続税かかりません。
ただその控除を受けるためには、相続税の申告が必要です。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても解りやすく参考になりました。

お礼日時:2016/02/03 13:18

【相続税】


その土地建物以外の遺産はどのくらいありましたか。
また、もともと土地も建物も 100% 夫名義だったのですか。

相続税というのは、一つ一つの遺産ごとに判断するのではありません。
土地建物のほか現金や預金、宝石金属書画骨董そのほかあらゆる遺産を合計して、

3,000万 + ( 600万 × [法定相続人数] ) = [基礎控除]

を上回る部分に付き、10% から 55% の間です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm

あらゆる遺産を合計しても基礎控除額に達しなければ、相続税はかかりません。

また、土地建物を相続後にいくらで売ろうと、相続税の判断には関係ありません。
相続税の判断は、土地は「路線価」が優先、路線価の定められていない土地なら「固定資産税評価額」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm


【(譲渡) 所得税】
元は 100% 夫のものだったとして、その土地建物はいくらで買いましたか。
簡単に言うと

[買った値段] - [売った値段] = [譲渡所得]
[譲渡所得] × 20% = (譲渡) 所得税

です。

まあ実際の税額計算は、建物は減価償却後の未償却残高が計算のスタートラインですし、振るためにかかった諸費用は引くことができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3202.htm

また、5年以上保有していたのか 5年未満だったのかで計算方法も違います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3208.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3211.htm

さらに、買ったのははるかはるか昔の話で、いくらで買ったなど覚えていないというのなら、売値の 5% を取得費と見なして計算します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3258.htm

ということで、いくらの税金ですと簡単にいうことはできませんので、税務署で相談されることをお勧めします。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/02/03 13:18

それは相続税の話ではありません。



夫から相続されたのは家と土地です。
評価額は売値と同程度でしょうから、
相続税の基礎控除
3000万+600万×法定相続人1人?
=3600万の中にはおさまっている
ので、非課税です。

かつ、配偶者には税額軽減措置が
あり、1億6000万までは非課税です。

しかしそれを相続した後、
売るのは相続ではありません。

譲渡所得となり、
課税長期譲渡所得金額
=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除
に対して、所得税15%、住民税5%が
かかってきます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3208.htm

取得費はご主人が購入した時の価格
その他に売却のためにかかった費用
などを1500万から控除できますが、
特別控除で自分の住んでいた家を
売る時、3000万の特別控除があり
その条件にはあてはまりそうなので、
こちらも非課税となりそうです。

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3302.htm

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/02/03 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何十年も自分の土地であると信じていた土地の一部が他人名義でした。隣接する隣の土地もその人の名義でした

何十年も自分の土地であると信じていた土地の一部が他人名義でした。隣接する隣の土地もその人の名義でした。隣の土地は家が建っているのですが、家の持ち主が今回取り壊すことになりました。
名義人にお願いして、隣の土地も一緒に購入する話しになったのですが、家の持ち主が時効取得手続きをしたら、どうなるでしょうか?先に購入して、名義変更した後から、時効取得だから返して欲しい何てことになったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

時効取得とは、他人名義のものを自分のものとし、一定期間占有を続けることにより実現できるものです。

これはあなたには当てはまりますが、家の持ち主は自分名義のものを自分のものとして占有していたのですから、時効取得の概念には当てはまりません。

実際に売買契約を済ませ、登記手続を完了したら、家の持ち主が異論を挟む余地はなくなると思います。

Q土地を売った後にその土地からゴミが出てきたらしく、その処理費用の請求処理について。

土地を仲介屋に売ったのですが、半年たったころ、その売った土地からゴミが出てきたらしく、買った方が業者を雇い処理したそうなのですが、処理費用が高かったらしく、直接処理業者から請求が来たのですが、どうすれば良いのでしょうか?ちなみに、ゴミがあったこともしらなかったのですが、その場合費用を全額払わなければいけないのでしょうか?すみません教えてください。

Aベストアンサー

質問文では『ゴミ』となってますが、量からして『ガラ』と呼ばれる建物取壊し後に出るコンクリート残骸のようなものでなく、産業廃棄物(有害、という意味では無いです)に類するモノでしょうね。

結論からすれば、売主である質問者様が、地中にそのような埋設物があることを知らず、知らないことに過失が無い場合には、責任を問われることは無いでしょう。

地下数センチのトコロに埋まっていて『知らない』は済まされませんが、地下数メートルに埋まっていれば掘り返してみなければ判りませんし、地下室でも作らない限り、一戸建てではそこまで掘り返しませんからね。

特にこの場合、買主が不動産業者と言うこともあり、地下数メートルまで掘る必要のある建築物を建てる予定があって、当該土地を購入したのであれば、『この地下には何か埋設していませんか?』と契約前に尋ねれば良かったワケです。『多分、大丈夫だろう』と見込みで購入して、その見込みが外れたのを売主のせいにするとは不動産のプロとしては情けないハナシですね、

…ここまで書いて、質問文の冒頭の
>直接処理業者から請求が来たのですが
に気付きました。
請求があった、という事は、何らかの契約行為が質問者様と処理業者間にあったのでしょうか?

契約もしてないのに請求だけ来たのなら突っぱねれば良いワケで、処理業者と仲介屋で処理してもらい、仲介屋が質問者様に費用負担を求める(まぁ、勝ち目はないでしょうけど)というのが筋でしょう。
自分が行っても勝ち目が無いので、処理業者にお鉢を回した、というのが今回のケースだと思います。

質問文では『ゴミ』となってますが、量からして『ガラ』と呼ばれる建物取壊し後に出るコンクリート残骸のようなものでなく、産業廃棄物(有害、という意味では無いです)に類するモノでしょうね。

結論からすれば、売主である質問者様が、地中にそのような埋設物があることを知らず、知らないことに過失が無い場合には、責任を問われることは無いでしょう。

地下数センチのトコロに埋まっていて『知らない』は済まされませんが、地下数メートルに埋まっていれば掘り返してみなければ判りませんし、地下室でも作...続きを読む

Q鳥取の土地を売りたいのですが、実際大阪に住んでいる為、土地の不動産屋に行く機会がなかなかすすめません

鳥取の土地を売りたいのですが、実際大阪に住んでいる為、土地の不動産屋に行く機会がなかなかすすめません。大阪と鳥取のチェーン店みたいな不動産屋はあるのでしょうか? 
 やはり、鳥取までいかないとダメでしょうか?

Aベストアンサー

どうしても行きたくない場合。

まずは自宅と鳥取の周辺にそれぞれ支店を持つ大手不動産会社を探す。
仲介大手では住友・三井のリハウス・東急リバブルあたりは鳥取にもあるはず。
仲介会社であればもちろんその他の会社でも構わない。
目安は有名どころ。

何社かピックアップしたら、まず、質問者の自宅の近くの行きやすい支店へ最初に相談に行く。
会社や支店ごとにも取り扱いが違うけれど、自宅近くの支店が担当になり、物件の調査など現地対応は鳥取支店で行う場合がある。
鳥取支店を紹介するから直接行ってーーなどと言われたら体よく断られているということ。
出張費等がかかると言われたら、何かあるたびに実費がかかることになるので、まだ自分で鳥取へ行って現地の業者へ直接依頼した方が費用が少ないのでこれは断ってもいい。

なお、遠隔地の不動産を売却する場合は、事前に現地の業者と電話連絡や打ち合わせ等を行った上で一度訪問することをお勧めする。
業者側の感覚として、顔を見ていない売主の物件は優先順位が下がったり軽く扱うこともあるし中には忘れてしまうこともあり、なかなか売れない場合もある。
一度訪問して顔合わせしておけば、あとは郵送やメールでやりとりができる。
次に鳥取へ行くのは売買契約の席ということになるので2回で済む。
もちろん、最初の顔合わせを省略すれば、契約時の最低1回。

司法書士に売却代理人を委託すれば費用はかかるけど、現地へ1度も行かなくても全て処理できるけどね。
高齢者や富裕層で遠隔地の土地処分の時にはこれをやるひともいる。

どうしても行きたくない場合。

まずは自宅と鳥取の周辺にそれぞれ支店を持つ大手不動産会社を探す。
仲介大手では住友・三井のリハウス・東急リバブルあたりは鳥取にもあるはず。
仲介会社であればもちろんその他の会社でも構わない。
目安は有名どころ。

何社かピックアップしたら、まず、質問者の自宅の近くの行きやすい支店へ最初に相談に行く。
会社や支店ごとにも取り扱いが違うけれど、自宅近くの支店が担当になり、物件の調査など現地対応は鳥取支店で行う場合がある。
鳥取支店を紹介するから直接行って...続きを読む

Q高齢者の土地売買における税金

私の80歳以上の母の土地を仲介してもらい売りに出してるのですが、
ずばり、譲渡売価が1000万だとしたら税金を特別に控除出来る名目、金額を教えてください。

土地は何十年も昔に相続されたもので母名義です。
父は数年前他界していません。(寡婦?)
要介護認定を受けており、身体障害者手帳を持っています。
住所は私(息子)が世帯主で同一世帯ですが、母は介護施設で生活してます。
収入はなく、公的年金が70万以下だったと思います。

なにか不備があれば付け足します。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

国税庁のHP 譲渡所得
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/05_2.htm

土地の所有が5年を超えていますので「長期譲渡所得」となります。

土地のみであれば特別控除は適用外です。
控除は取得費及び譲渡費用。

計算式と税率も載っております。


以上、ご参考までに。

Q妻死亡した時の遺産相続について。 私 〔妻 〕の死亡した時の遺産相続についてお尋ねします。 私の

妻死亡した時の遺産相続について。

私 〔妻 〕の死亡した時の遺産相続についてお尋ねします。

私の財産
①私名義の土地建物
②生命保険 死亡→700万円
③夫名義の土地建物

私は自分の実家を現在住んでる母子家庭の娘に渡したいと思っております。
子供は3人います。
いろいろ事情があり自分名義の土地と建物は夫に渡したくありません。
その他の事は夫と子供で話し合えばいいと思ってます。

公正証書に遺言書頼むのは費用が発生するので自筆の遺言書で大丈夫でしょうか。
名前 日付 印鑑を記載します。
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

>②生命保険 死亡→700万円…

証書に受取人は誰と記載してありますか。
保険金は受取人のものであって、故人自身が受取人になっている場合を除き、相続財産ではありません。

>③夫名義の土地建物…

これは“私の財産”ではなく、あなたが旅立ったとしても何の関係もありません。

>自筆の遺言書で大丈夫でしょうか…

本文が誤読・誤解釈・別解釈のおそれが全くないように的確に、かつ全文自筆で書かれ、署名、捺印、日付があれば有効です。
http://minami-s.jp/page013.html

>私は自分の実家を現在住んでる母子家庭の娘に渡したいと…

結局、“私の財産”は実家の土地建物しかないみたいですが、残り 2人の子供と夫もそれをほしいと言い出したら、法定分の少なくとも 1/2 は渡さないといけませんよ。

遺言書で排除された相続人には、「遺留分減殺請求権」というものがあるのです。
http://minami-s.jp/page010.html

相続に関しては某司法書士さんのサイトが分かりやすいです。
(関係者ではありません)
http://minami-s.jp/page008.html

>②生命保険 死亡→700万円…

証書に受取人は誰と記載してありますか。
保険金は受取人のものであって、故人自身が受取人になっている場合を除き、相続財産ではありません。

>③夫名義の土地建物…

これは“私の財産”ではなく、あなたが旅立ったとしても何の関係もありません。

>自筆の遺言書で大丈夫でしょうか…

本文が誤読・誤解釈・別解釈のおそれが全くないように的確に、かつ全文自筆で書かれ、署名、捺印、日付があれば有効です。
http://minami-s.jp/page013.html

>私は自分の実家を現在住んでる母子家...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報