「経営分析」という言葉がありますが
 具体的には、何をどうすることを言うのでしょうか?
 どなたか分かる方、ご教授ください。お願いします。

A 回答 (2件)

経営分析とは、企業の経営状況を財務諸表(貸借対照表・損益計算書・営業報告書他)などの数値を元「数字」を基に「分析」し、その企業の問題点を見つけ出し、今後の対策を立てるために行うことです。



企業の経営状況や今後の活動方針を「数字」を元にした経営分析をもとに、より効率の良い安全な経営判断を行うために必要なことなのです。
収益力の向上・会社の成長力を高める・経営の安定をはかる・財務体質の強化・効率良い生産などのために、どの様に改善すれば良いのかという問題の解決に役立てるのが、経営分析という手法です。

また、銀行が貸付先の企業の経営状況を把握するために行ったり、投資家が投資先の企業の分析をすることも有ります。

下記のページを参考にしてください。
http://www.zeirisi.com/keiei/bunseki.htm
    • good
    • 0

経営分析の最終的な目的は、当該企業の経営状態の良し悪しを判断し、何か問題点がないかを見つけることです。



具体的には、企業の経営成績いわゆる業績を測定して、それが充分なものであるかどうかを評価します。経営成績の測定には、財務諸表から算出した財務比率を使います。経営成績とは、極論すれば収益性のことですから、経営分析の一番の目的は収益性の測定と評価ということになります。

つぎに、企業が継続的に活動を続けるためには、流動性を維持しなければなりません。したがって、経営分析では、第二番目に流動性が維持できているかどうか、今後も維持できそうであるかという点を測定して、分析し、そして評価します。

経営分析によってみるべき物はたくさんあるように言われることがありますが、経営分析で見るべき点は、収益性と流動性の二点のみで十分です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング