教えて。信長と家康どっちが上なんですか?幕府とか上様とか大名とか戦国時代の仕組み詳しく解りやすく教えて下さい。また、どういう中でも徳川とか、織田とか、こういった人が出来たのか?選挙とかできまったのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この時代の幕府は室町幕府です。

元々日本の国土はすべて朝廷(天皇)のものでしたが、
平安時代に開拓地は私有地という法律ができて私有地(荘園)が増えました。各地の国有地や
荘園を管理する役人や貴族の家臣はだいたい京都にいて現地にいませんので現地で雇われていた
代理人がいるんですが、こういう人たちが武士になり、戦争をしたり、もめ事を仲裁したり
していて混乱してきたので、武士を統括する将軍という役職の人が誰がどこの国有地/荘園を
管理する武士(地頭)かを決めるようになりました。また朝廷が地方を統治する単位として
国という範囲を決めていましたが、それぞれに治安維持に当たる軍隊=武士を配置したのが
守護です。室町幕府の時代になると地頭はほとんど守護の家来になっていて、守護の力が
経済的にも軍事的にも強くなり、将軍より守護のほうが力が強いような状態になり、
その主導権争いから守護同士が戦う戦国時代に入っていきました。守護は幕府の政治を
動かすので京都にいて、現地には守護の家来が現地で監督責任を負うようになりますが、
これら守護の家臣の武士の中に守護自身よりも強く知力、財力、軍事力を持つような
武士たちが出てきました。織田氏も徳川氏もそのような豪族です。
徳川氏は元々三河の守護が事実上いなくなったので三河を支配していたのですが、
自分ちの内紛で家康のお父さんが殺されたので家康は最初織田信長に人質として捕まります。
その後今川義元の人質になりますが、織田信長が今川義元を倒して徳川家康を自由にし、
家康は三河の支配権を取り戻します。その時の条件として徳川は織田に味方すると
約束したので織田信長が死ぬまでは徳川家康は同盟関係です。名目上は同等です。
    • good
    • 0

信長と家康どっちが上なんですか?


    ↑
同盟関係ですから、建前は同等です。
しかし実力は信長が上です。
つまり、日米関係みたいなものです。
日米は主権国家ですから、建前は同等ですが、実質は米国が格上であり、
米国が信長で、日本が家康です。



幕府とか上様とか大名とか戦国時代の仕組み詳しく解りやすく教えて下さい。
   ↑
幕府とは武家政権のことを意味します。
当時の将軍は足利氏でしたから、幕府は足利幕府です。

上様てのは、古くは天皇に、室町時代には大名に、
江戸時代には将軍に対して使われました。

しかし、将軍の力が衰えて、各地に戦国大名がのし上がって
きました。
その戦国大名の中に、信長や家康がいたわけです。

その戦国大名が天下を狙って喧嘩した時代が戦国時代です。



どういう中でも徳川とか、織田とか、こういった人が出来たのか?
選挙とかできまったのですか?
   ↑
徳川、織田は世襲です。つまり
代々の領主などであり、世襲により引き継がれ
それが戦国大名に発展しました。

秀吉は織田の家臣でしたが、頭角を現し、信長亡きあと
天下を取りました。
つまり、力です。権力で決まりました。

権力てのは人を動かす力です。
人を動かす為には、人々の支持が必要です。
現代では選挙で選びますが、当時は力で選ばれました。

こいつに従っていれば、俺も生き残れる、偉くなれる
ということで力が集まるわけです。

そうやってリーダーが選ばれ、それが領主になり、
更に大名になり、将軍になるのです。
    • good
    • 0

秀吉が上。


百姓からの上り代が大きい。
人を殺した数で評価すると、家康が上。
ことほどさように、評価基準をどうする、というものがないと、上下の論議はできない。
選挙で決まりました・・・多くの群雄の中から、多くの賛同者を得たのが、徳川であり、織田でした。選挙と言ってよいでしょう。
これで満足?
    • good
    • 0

ひとまず、小学館とかの”まんが日本の歴史”とかを図書館ででも読んでみたら?

    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不定詞の意味上の主語

不定詞の意味上の主語で悩んでいます.
名詞的用法の場合、「意味上の主語=文の主語」ですよね?では、
To do good is to be happy.
の不定詞の意味上の主語ってそれぞれなんですか?お願いします.

Aベストアンサー

To do good is to be happy.
これは意味上の主語とは言いません。To do good これはただの主語です。
意味上の主語とは、その文の本当の主語とは別に存在するもののことです。不定詞の意味上の主語のおき方は色々ります。
例を挙げれば、
【タイプ1】
It is necessary for children to go to school.「子供たちが学校に行くことは必要です」
この文章では「for children」が‘不定詞の意味上の主語’といわれるものになります。この文章の主語はItですよね。しかし to go to school(学校に行く)のはchildren(子供たち)ですよね。
もしこの文章に意味上の主語がなかったら、
It is necessary to go to school.「学校に行くことは必要です」
一般的で漠然とした意味になります。つまり不定詞の意味上の主語とは、不定詞の動作・状態を特定する役目を持つのです。
使い方 不定詞の前に「for~(意味上の主語となるもの)」を置く。

【タイプ2】
I advised him to go to school.「私は彼に学校に行くように助言した」
これの him も不定詞の意味上の主語です。助言するのは私(本物の主語)ですが、学校に行くのは私ではないですよね。彼(him)です。
もしこの文に意味上の主語がなかったら、
I advised to go to school.「私は学校に行くように助言した」
誰に助言したのか分かりません。【タイプ1】と同様に、不定詞の意味上の主語は、不定詞の動作・状態を特定するものなのです。
使い方 不定詞の前に「~(意味上の主語となるもの)」を置く

そして【タイプ1】と【タイプ2】、つまりどういう時に「for~」と「~」だけのものになるのかというと
【タイプ1】for ~となる場合:It~to…構文
【タイプ2】~だけの場合:特定の動詞
It ~to……構文は分かるとして省略します。
特定の動詞と書いたのは、特定の動詞しか【タイプ2】のように、forを使わずに意味上の主語だけを書くことはできないのです。たとえば、
I hope to go to school.「私は学校に行くことを望む」
hopeでは【タイプ2】の意味上の主語は使えないのです。それでは例えば、「私は彼が学校に行くことを望む」としたい場合は
I hope that he goes to school.
とします。

【タイプ2】に使える動詞
want advise tell ask beg cause enable force invite repuire forbid expect encourage help などなど
これだけではなくて、もっとたくさんあります。だんだんと見つけて覚えていくしかないですね。参考になったでしょうか?

To do good is to be happy.
これは意味上の主語とは言いません。To do good これはただの主語です。
意味上の主語とは、その文の本当の主語とは別に存在するもののことです。不定詞の意味上の主語のおき方は色々ります。
例を挙げれば、
【タイプ1】
It is necessary for children to go to school.「子供たちが学校に行くことは必要です」
この文章では「for children」が‘不定詞の意味上の主語’といわれるものになります。この文章の主語はItですよね。しかし to go to school(学校に行く)のはchildren...続きを読む

Q中学の歴史について質問です。 戦国時代に織田信長が、1568年にほかの戦国大名よりも早く京都を抑え、

中学の歴史について質問です。
戦国時代に織田信長が、1568年にほかの戦国大名よりも早く京都を抑え、足利義昭を将軍としたのに、1573年に足利義昭を追放して、室町幕府を滅ぼしたのですか?

Aベストアンサー

元々、室町幕府はあまり他の大名を統制できるような力を持っていませんでした。
そして、応仁の乱を抑えられなかったことにより、完全に幕府、将軍の権力はなくなり、その時々の実力者が、自分の意向を世に広めるために、将軍の名前を使って命令をする、というような状態でした。
そのため、都合が悪くなると、将軍を退位させ、別の将軍を立てる、なんていうことも珍しくない状態でした。実際、足利義昭が将軍になる3年前には、義昭の兄である13代将軍・足利義輝が、近畿地方で一大勢力を持っていた三好氏によって殺害され、替わりに義栄が14代将軍として擁立される、ということまで起きています。

信長が義昭を将軍に添えたのも、理由としては同じです。
世の中に色々と命令などを出したいが、自分の名前で出すと周囲の大名たちの反発を生んでしまう。義輝を殺害して、義栄を擁立した三好氏と同じように信長も、義栄を追放して、義昭を擁立することで、義昭の名前を利用しようとしたわけです。
実際、足利義昭を将軍に添えてから数年で近畿地方における勢力を確立しました。
しかし、信長の力が伸びることに反発した義昭は、周囲の大名に対して信長を討って自分を助けよ、というような書状を出すなどしました。
信長としては、近畿地方をほぼ制した上に、自分の敵ばかりを作る義昭、室町幕府はもはや用無し。なので、追放し、幕府を滅ぼした、ということになると思います。

元々、室町幕府はあまり他の大名を統制できるような力を持っていませんでした。
そして、応仁の乱を抑えられなかったことにより、完全に幕府、将軍の権力はなくなり、その時々の実力者が、自分の意向を世に広めるために、将軍の名前を使って命令をする、というような状態でした。
そのため、都合が悪くなると、将軍を退位させ、別の将軍を立てる、なんていうことも珍しくない状態でした。実際、足利義昭が将軍になる3年前には、義昭の兄である13代将軍・足利義輝が、近畿地方で一大勢力を持っていた三好氏によ...続きを読む

Qto不定詞の意味上の主語についての質問です

to不定詞の意味上の主語についての質問です。

I need a friend to help me.

上の英文のto不定詞は形容詞的用法で、意味上の主語は a friend だとは分かります。
しかし、最初にto不定詞の意味上の主語はfor を使って表すと習ったので、ちょっと混乱しているのです。

上の文で、to不定詞の意味上の主語だからといって、a friendにforを付けてしまうと、おかしな文になることはよく分かります。(needの目的語がなくなります。強引にto help meを名詞的用法に取って目的語にすることはできるかどうか分かりませんが・・・)
また、need + O + to Vと解釈し、OがV する、とto V を補語的に扱うことはできるのかどうか調べてみましたが、一般的な使い方としては、needにそういう使い方はないようです。

to不定詞の意味上の主語は上記した英文のように表すこともあるということでしょうか。(つまりforを使わずに意味上の主語を表すこともあるということでしょうか。)また、それはto不定詞でも形容詞的用法だけなのでしょうか。

細かい所の質問で恐縮ですが、お答え願えれば幸いです。

to不定詞の意味上の主語についての質問です。

I need a friend to help me.

上の英文のto不定詞は形容詞的用法で、意味上の主語は a friend だとは分かります。
しかし、最初にto不定詞の意味上の主語はfor を使って表すと習ったので、ちょっと混乱しているのです。

上の文で、to不定詞の意味上の主語だからといって、a friendにforを付けてしまうと、おかしな文になることはよく分かります。(needの目的語がなくなります。強引にto help meを名詞的用法に取って目的語にすることはできるかどうか分かりません...続きを読む

Aベストアンサー

to 不定詞は S, V, O などの理屈で理解するのはやっかいですので、例文で覚えてしまって下さい。似た要法はいくらでもあります:
need a book to read, need a tool to open it with, need food to eat, need a friend to talk to, need a friend to give me a ride

注:to不定詞の主語は文章の主語の場合もあれば to の前の目的語の場合もあります。

Q【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。 戦国時代の

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

士農工商のうち、武士以外が米を食っていたとでも?

Q意味上の目的語について

意味上の目的語について

次の文の意味上の目的語はどこでしょうか?

Selecting a school in America is not easy because there are so many to choose from.

Aベストアンサー

意味上の目的語というのは,意味上の主語と同様,文の述語としての動詞の目的語でなく,述語以外の動詞となる不定詞や動名詞の目的語のことです。

ここでは不定詞 to choose に着目しますが,from という前置詞が残っています。
choose from ...と from の後には(前置詞の)目的語が本来ならあるはずです。
この文では不定詞の形容詞的用法で修飾されることになる前の(代)名詞 many です。

choose from so many (schools)
「とても多くの学校から選ぶ」

Qどうして室町時代や江戸時代の芸人は幕府・大名・寺院などの保護を得ねばならないですか?教えてくれません

どうして室町時代や江戸時代の芸人は幕府・大名・寺院などの保護を得ねばならないですか?教えてくれませんか(´・_・`)

Aベストアンサー

それぞれテリトリーがありますので、
むやみに入り込むことは出来ません。
親分を通す必要があります。

当時、芸人は河原乞食と言われ、
底辺の存在でした。
だから、虐められたり、迫害されたり
しました。

収入も不安定でした。

権力者の庇護が必要だったのです。

Q意味上の主語の定義

文法用語で「意味上の主語」というのがありますが、ふつうは、準動詞の前にある、for S' to V や S's Ving などのことだと思いますが、
The news made me happy.
のような文で happy の意味上の主語は、me だということはできますか? これも、意味上の主語といってもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

I saw him enter the room.の enter the room の意味上の主語は him だということはできますか?

もちろん可能だと思います。英語を含む印欧語ですと形容詞は動詞よりも名詞にちかい品詞なのです。日本語で名詞の意味上の主語というものはないと考えるのならば、英語では形容詞についても同様になります。

Q守護大名・戦国大名の領国支配~一円知行~

鎌倉とかでも見たことありますが、「一円知行」とは、正確にどういう意味なのか知りたいのです。「誰も入れずに、すべて自らの手で管理する」みたいな意味かと解釈しているのですが、いかがでしょう。詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

一円知行ということはまとまった領域のすべての権限を一元的に掌握して支配することです。
中世の支配は、たとえば荘園でもひとつの地域をまとまって支配するのではなく、あちらの田、こちらの畠と分散的に支配権を持っているのが普通でした。これだけなら江戸時代にもありましたが、それだけではなく土地の支配とそこにいる人民の支配が違ったり、収穫物の一部についての支配権を持っていたりと、ひとつの土地でも重層的な支配があるのが普通でした。
そういう重層的、分散的な支配権のすべてを掌握したのが一円知行です。

Q動名詞の意味上の主語が無生物の場合について

動名詞の意味上の主語が無生物の場合は所有格でなくそのままの形を用いますが、仮に意味上の主語(無生物)が文頭に置かれる場合は所有格になるのでしょうか?意味上の主語を文頭に置く場合は所有格にすると習ったので少し混乱してます。または意味上の主語(無生物)が文頭に置かれるような文は存在しないのでしょうか?確かに例文が思いつかずにいます。英語に詳しい方、お知恵を下さい。

Aベストアンサー

おっしゃるような例だと,
The door's と所有格にするしかないです。

's が落ちる感覚とはいいましたが,現実的には
SVO ~ing の形にでないと the door は使えません。

主語になる場合にはこの構造とは同じにならない。

分詞構文としても opened という受身の関係なのでおかしいです。

Q戦国時代、兵農一致大名の農繁期行軍中の領国の農作業

滞陣している軍隊は、現地で略奪や分捕りで兵糧調達できますが、
女子供老人が残された領国では、労働力たる男手無くして、農繁期にどう農作業をしていたのでしょうか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215858527


人気Q&Aランキング