ゴルフ暦4年、男、40代です。
パター以外のクラブがダウンスイングでシャフトが寝すぎてしまいます。先日、ワンポイントレッスンに行ってきましたが、アドレス、トップの位置は、それでイイとの事でした。問題はダウンスイングで伸び上がり、インパクトでジャンプする癖があるとの事。私自身も気づいていましたが、シャフトが寝るから体が伸びると思っていました。
体が伸びるからシャフトが寝るのか、シャフトが寝るから体が伸び上がってしまうのか、どっちなのでしょうか?。レッスンでは、後はインサイドから入り過ぎるのを治しましょう。と、言われました。遠いので、そんなに通えません。
ネットで調べてみると、切り返しで腰を回しすぎ、アドレス時の手首の角度が維持できてない、色々出てきました。どれも思い当たります。
皆さんのご意見よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

シャフトが寝るのは、ダウンスイングを下半身からほどかず、手でプロの写真のような不自然なタメを作る動きをするからです。

本当は、ダウンの瞬間は手は何もせず、右手を上にして角度を維持しながら、左サイドに踏み込むことで、自然にグリップが落とされ、慣性力でおいてかれたヘッドとの差で、タメが出来るのが正しい動きです。そして、踏み込んで、クラブが降りれば、あとはリリースし、右サイドを押し続けると、レイトヒットのままクラブは自然にプレーンをなぞり、振り切れます。

体が伸びるのは、ダウンの瞬間ではなく、寝たクラブがプレーンを外れてしまい、手では引き戻せないと本能で感じるため、起き上がって、全身の力(背中を伸び上がらせる力)で無理やり引き戻すのが原因です。結果、勢い余ってジャンプもしてしまう。そんな感じでしょうか。

>体が伸びるからシャフトが寝るのか、シャフトが寝るから体が伸び上がってしまうのか

あまり、相関はないと思います。あえて言えば、時間的には先におこるシャフトが寝るのが原因かもしれませんが、シャフトが寝なくても、伸び上がる人は、数多くいて、どちらかと言えば、リリースができず、インパクトを手で作りに行くことが原因かと思います。つまり、どちらも、手で、力ずくでクラブを振っていることが原因かと思います。

レッスンに地道に通う以外、対症療法では直すことは難しい。スイングの根本がわかっていないと感じます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が大変おそくなり、申し訳ありませんでした。
今年に入ってレッスンに通っております。レッスンプロがおっしゃるには、ダウンスイングで下半身が動き過ぎなので、下半身を止めてもっと手でクラブを振ってくださいとの事です。伸び上がるのは癖なので、それで上手くあたればそれでいいらしいです。(治したいのに)

お礼日時:2016/03/27 23:48

>体が伸びるからシャフトが寝るのか、シャフトが寝るから体が伸び上がってしまうのか、どっちなのでしょうか?


どっちもあると思います。仮に今のままで身体が伸びなければドだふりするかもしれないし、逆にシャフトを立てままスイングすれば空振りするかもしれません。
自分も立ちすぎるクセよりは寝てしまうクセが出やすいのですが、自分が寝てしまう原因は単純にクラブの振り遅れです。
トップの位置からヘッドが動かずにグリップが先行すればシャフトは確実に寝ます。
(ここでヘッドが遅れてもインパクトまでに追いつけば問題はないですが、少なくとも自分はここで遅れたらもう手遅れです。)
自分の意識からすれば、「切り返し」は意識せずにトップを作ったら全身で同時にダウンスイングに入っています。(下半身リードを意識したら完全に振り遅れてしまいます。)
とはいえ、それでも動画などで見れば十分に下半身リードになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
ダウンスイングで左足に乗って腰をフル回転してました。
これがシャフトが寝る要因なのでしょか。
全身で同時にダウンスイング‥やってみます!

お礼日時:2016/02/01 10:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワンポイントレッスンの結果

昨日、初めてワンポイントレッスンを受けたのですが、結果シンプルでコンパクトなスイングになりました。
レッスン前とレッスン後の比較
(1)トップは、左肩を顎の下まで→結果、無理に回さず回る所まで
(2)フォローは、右肘が伸ばた状態で左手とクロスし大きく回りクラブは、左肩ぐらいに納まる。→結果、インパクト直後、クラブを首に持ってくる(クラブは小さく回ってる)、物を担ぐ感じ。
何か、スイングがシンプルで簡単過ぎる(芯を捕らえたり球を真っ直ぐ飛ばすのは、まだまだですが)感じがあるのですが、これでいいのでしょうか?
ご意見、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんはんば(^-^)

早速レッスン受けられたんですね。
いつも行かれる練習場で常時おられるプロにレッスン受けられたんですか?
→プロは職業柄、この人ココを変えればこうなるのになぁ…なんてコッソリ見ていたりします。
話しやすそうなプロでしたか?
→貴殿は研究熱心なので、レッスンではない日常会話から得られることもありそうですしね。

あっ、回答欄なのに質問みたいになってすみません^^;
(答えなくていいですよ)

あくまでも憶測ですが…体幹軸を回す基礎のレッスンではないかと思います。
左肩を顎の下に入れることを目的とされていたということは、体軸より腕を優先されたトップの記憶位置があるはずです。

・無理に回さず回すとこまで→の行く先は、これまでのその記憶位置へのもの足りなさから来る
体幹軸の動きが補おうとします。

・クラブを担ぐ感じのフォロー → これも同じで、今までエネルギーを小さく使ってしまっていた
動きを大きくさせることをインプットさせるのが狙いかもしれません。
(腕を伸ばしてフィニッシュをしていた記憶を使えば、このままだと体幹軸を止めてしまうため)

このレッスンで推測できるのは(初歩的な事を書くことをお許しください)、
コンパスで円を書くイメージをしていただければわかりますが…(フルショットにて)
(1)まず、アドレスが円を書くスタート地点ですよね。
(2)ここからトップまでの90度の円を書きます。
(3)次にフィニッシュまでの円を書きます。(360度近くになるはずです)
・線が2重になる部分は90度ですよね(トップ→インパクト)
・残りの約270度がインパクト後の動きになりますよね。
さて、今までこれがどうだったでしょうか?
今回シンプルで簡単過ぎるスイングはどうでしょうか?

もちろん、担ぐ感じのフィニッシュだから…という疑問点が残るでしょう。
では、コンパスの持ち手の部分が長方形と仮定し、コレが「肩」の動きだと思ってもう一度書いてみてください。
当然、肩は360度は回りませんから、フィニッシュでターゲット方向に右肩を向ける角度で止めたたとして、
トップの位置から270度回ることになります。(残りの90度は慣性と言ってもいいでしょう)

何が言いたいかといいますと…
左肩を顎の下まで動かし、右手を伸ばして左肩くらいで納まる…の円運動の運動力は、大きく回っているつもりでも、
実は小さく忙しいエネルギーになってしまう可能性があるのです。
(殆どの方の場合、トップからインパクトまでの90度に意識が行ってしまう)

たぶん、「担ぐ」に関しては…
・ゴルフの動きとしては体が硬い(緊張されていたせいも?)
 → レッスンプロは体に負担のかかる無理な動きをさせようとはしません。
・腕を振ることを覚えさせないための手法
・ハーフスイング+フィニッシュ癖(振りぬき)+左脇の空き矯正
↑このどれかの意図があるかもしれません。

少しレッスンプロ擁護の意見に聞こえるかもしれませんが、何かのきっかけから上達されることを願っています(^人^)

頑張ってくださいね p(^-^)q

こんはんば(^-^)

早速レッスン受けられたんですね。
いつも行かれる練習場で常時おられるプロにレッスン受けられたんですか?
→プロは職業柄、この人ココを変えればこうなるのになぁ…なんてコッソリ見ていたりします。
話しやすそうなプロでしたか?
→貴殿は研究熱心なので、レッスンではない日常会話から得られることもありそうですしね。

あっ、回答欄なのに質問みたいになってすみません^^;
(答えなくていいですよ)

あくまでも憶測ですが…体幹軸を回す基礎のレッスンではないかと思います。
...続きを読む

Qパター選び ロングシャフト

最近またゴルフを再開いたしました。
今日ゴルフショップに行くと、なんとも
シャフトの長いパターに遭遇し早速
試打いたしました。
そしたら、普段のぼくとは異なり、上手にうてました。
おそらく、お腹にシャフトが当たり固定された分
手打ちが無くなった?からだと思いますが
お店の人にロングシャフトの利点など聞いても
よくわからないと返事が返ってきました。
「シニア向け ・ 最近は減ってきた」など
と教えてくれました。
(シニア向けと聞いて、少し購買意欲が落ちました)
どなたかパターのロングシャフトについて
メリット・デメリットをご存知の方教えてください。

メーカー不明(おそらくオデッセイを意識した類似品)・
2ボールタイプのヘッドがでかいパターでした。
シャフトの長さは不明ですがお腹まで当たりました。(身長173cm)
価格は6800円

Aベストアンサー

お腹に当てて打つタイプのパターは
「ベリーパター」と言います。
私は2002年ぐらいからずっと使っていますが、もう、普通のやつには戻れませんね。(現在8本目)
メリットは方向性は言うまでもないですが、ボールの転がりが断然良くなります。
距離感についても、振り子の要領で一定距離を打ち分けやすいです。

シニア向け?減った?そんなことないです。
今年のマスターズに出てたメジャーな選手も結構使ってましたよ。(ガルシア、ビジェイ、カプルス、シンク等々)
みんな、パターが苦手だった人がベリーに変えて成果を出してます。
私もその一人。

デメリット・・・ラウンドでは思い当たりませんが、私の場合、普通の長さのパターを買ってからシャフトをのばすので、グリップ&工賃がかかってしまうというぐらいでしょうか。(のばす場合バランスが狂うのでヘッドにおもりをいっぱい付けないといけないから、デザインを損なわないように工夫するのもちょっと大変かな。)

Qスイングバランスと振って気分がいいシャフト。

ダイナミックゴールドのS200を使用しています。と、言いましても最近プレシジョン5.5から変更しました。アイアンはMTNIII、S200は素人ですが、自分でシャフトを交換しました。S200を選択したのは、こちらで質問させて頂き、一番近いものは何になるのかとの質問に、S200以外有りませんでした。バランスはともにD2です(3番アイアン)。、ところが、若干軽い気がし、振った感じもプレシジョンとはまったく違います。現時点バランスの問題と考えています。プレシジョンでのスイングバランスがD2の場合、ダイナミックゴールドですとバランスはいくつくらいに設定すればいいのでしょうか?同じなんでしょうか?どうも軽い気がします。プレシジョンの素振りは絶好調に気分良く、振れています。慣れの部分でしょうか?

Aベストアンサー

ダイナミックゴールドとプレシジョンFMは 性格の異なるシャフトで

 質問の中にも有るとおり 振った時の感覚は違います。

 また、自分でリシャフトしたとの事ですが

 抜いて 挿し替えただけで 同じバランスにはならないと思いますが
 その辺 どの様に リシャフトしたのでしょうか?


 また 重量も 同じヘッドなら プレシジョンの方が10グラム程度
 総重量が軽くなると思いますが・・・
 DGの方が 軽く感じるのは シャフトの単体のバランスポイントの違いかとも
 思いますが・・・ これも 個人差が有りますからね

 私は DGの方が重く感じますけど・・・。

 スイングバランス 14インチ計測法ですが
 これを 少し変えただけでは 劇的に変化するとも思えません。

 シャフトを1センチ長くしたり・短くしたりするだけで
 相当 スイングバランスは 変わりますからねぇ・・・。

 結論としては シャフトが違うから 慣れるしか無いと言うことです。

 
 

Qバックスイングでシャフトを右手で持ち上げるのは?

バックスイングで右肘のたたみが遅いので
早めにたためるように心がけているのですが
シャフトが地面と平行になったあたりから
シャフトを持ち上げていく時に
現在右腕に力はほとんど入れておらず
どちらかというと左腕でシャフトを支えている感じです。
ただ、左腕でシャフトを持ち上げていくと
右腕の肘がたたみにくく
右腕でシャフトを持ち上げたほうが
右肘のたたみが早めにしやすすく
トップまでその肘の角度をキープしやすいのです。

バックスイングでシャフトを持ち上げる時は
右腕で持ち上げてもいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確かにいつまでも右腕を突っ張った状態は弊害を生みます。
しかし、早すぎると大切な「ふところ」を潰してしまいます。

レッスン書等ではなぜ右肘を曲げる!ではなく「たたむ」と表現するのでしょうか?
#1さんのアドバイスのようなアドレスを作り(一般的には両手で水をすくったようなカタチと言われます)、下半身をシッカリ踏ん張り、体を回転させてスイングプレーン上に腕が動けば、全体として捻れが生じ、同時にクラブの重みで右肘が曲がります。
曲げるのではなく、自然と曲がるのが理想です。

1つの考え方としてリンクサイトを参考にしてみてください。
右で持ち上げた姿に見えるでしょうか?

参考URL:http://golf-garage.com/futokoro.html

Qスイング時の腕とシャフトの角度について

ゴルフを始めておよそ5年がたちます。最近になってすごく疑問に思ってることがあるのですが、構えた時の腕(前腕)とシャフトの角度ってスイングするときも保てるものなんですか?
よく聞く話ではインパクトの時の形は構えたときの形と同じ形になるのが理想?だとすると例えばお腹とグリップの距離が10cm、腕とシャフトの角度が120度だとします。その状態でボールにエッジを合わせて構え、スイング。インパクトの時には構えたときと同じ状態(10cm・120度)でボールに当てるということですよね?軽いクラブならまだしもロングアイアンやウッドの場合遠心力で明らかに手首が伸びます。下手すると180度近くまで腕とシャフトの角度が開いてしまいます。
理論的に遠心力等を考えると肩からボールまでの距離(腕+シャフト)が伸びるのですからダフリか体が伸びないとボールにあたらないと思うんですけど・・
因みに今までは本能?みたいなもので当ててたきがします。
誰か理論的に説明のつく方お願いします。

Aベストアンサー

皆さんのアドバイスを見ていて
誤解するといけない思いましたので...

数ミリのアジャストはしますが
アドレスの角度のままで振れます
断言します

最近、一時影の薄れていたスペインのオラサバルプロが
優勝争いに加わるケースが増えました
オラサバルのアイアンの切れは抜群だと思います

あと、私は前回のアドバイスですでに答えを差し上げています
(気がついていないと思いますが)
それに加え、もう一つヒントを差し上げます
グリップの仕方で色々なアドバイスに変化すると思います

鋭い方なので
すでに本質を捉えたかもしれませんね

追記まで


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報