コピーの対価が原作者に還流するようなしくみをつくることがいま求められていると思いますか?多摩大学教授の樋口裕一氏の「小論文これだけ!」(東洋経済新報社・2004年)という本に、
「デジタルデータはコピーが簡単にできる。インターネットでは音楽ソフトのコピーが出まわり、CDの売り上げに影響が出て、問題になっている。しかし、こうした著作権の侵害をすべて取り締まることは現実問題としてむずかしい。著作権侵害を完全に防ごうとすると、かえってインターネットのよさを殺してしまうことにもなりかねない。
コンピュータ上の情報は基本的にコピーされて利用されても仕方がないということを前提にしたうえで、コピーの対価が原作者に還流するようなしくみをつくることがいま求められている。「1曲聞くと10円」というように個々には微々たる金額を手軽に支払えるようなシステムを確立する必要がある。」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

法で定められているため、権利者の意思とは関係なく禁止されているわけです。



著作権者の許可なく複製したり、

上演したり、口述したり、引用する行為を禁止したものです。

後で補償をすれば良いと言う話ではなく、

「他人が作った著作物を勝手に複製したりしてはいけない」

という観念を国民に定着させるためにあるようです。


外国から生じた理念であり、

日本が他国に信用され、安心してお付き合いしていただくためにあると思えます。

「『後でお金を払えば、やっても良いんだよね? ウズウズ』

 と言う国民は、うちにはいませんよ?」

と見栄を張るためにあるようですから、

そもそもそんな提唱をしている時点で、宜しくないと思えます。

ウズウズしていますよね。

手癖が悪いと思われると、国家的に信用をなくしますから、

国民全体で気をつけていこう! というのが趣旨でしょう。



そのため、

違法コピーを見つけたら通報したり、その通報を一大事として大げさに受けて、

大げさに罰するパフォーマンスが求められています。



これに関しては、国家がリンチを率先してやっているようにも思えます。

例えば、

違法コピーのための技術を開発しただけで、国にイチャモンをつけられた事例があります。

裁判で疲弊させることが目的ですよ。例え無罪でも、偉い迷惑でしょう。


なので、

「著作物を違法にコピーをしても良いのじゃないか?」

的な発言があったら、(例え本音では違っても)激しく怒ることをお勧めします。

あとで無実と許されても、見せしめとして、苦しめられることがありえます。



違法行為をしていないと言うだけでは安心ではなく、

甘く見ているという状態で危険だと思います。

昨今では、著作権侵害を甘く見ている人を探し、積極的にイチャモンをつけて、

意識を目覚めさせるような風潮になっています。


企業でも凄い大変ですよ。

身の安全を図るためにも、積極的に通報をしましょう。

一蓮托生と思われると、思わぬ貰い事故を起こします。

一味だと思われてしまえば、大きな損失を招きかねません。


特に、海外の企業に著作権があるようなものは、慎重に取り扱いましょう。

賠償金など、個人が一生を棒にふってしまうような額になりえます。




絶対に踏み抜いてはいけないですよ。

そして、絶対に疑われてもいけないのです。


以上、ご参考に成れば。
    • good
    • 0

イヤ、コピー、つまり違法アップロード、ダウンロードは犯罪でステマではないですよ。


これだけ政府関連で「犯罪ですよ」ってCM打っても、政府無視する人が居るんですね。
アウトロー過ぎます。無政府主義者かな?

音楽業界はアプリ等と連動させ、音楽販売の新しい市場ができて来ました。
何とかミュージックとかそんなやつですね。

映画、一部アニメなどは、GYAO等で広告料プラス続きを見たい人の課金でごく僅かながらも制作者に資金を返せるようになりました。

ゲームは据え置きからネット課金ゲームに移行していますね。
買い切りソフトはもはや出した瞬間に違法アップロードされるので、特殊なゲーム専用フォーマットでの販売か、pcで割られるのを覚悟で自転車操業している状態。このまま推移すれば、pcの方は近く絶滅するでしょうね。

アニメ、ゲームは音楽の様にコンパクトかつ「繰り返し繰り返し」と言うコンテンツでは無いので、「広告」「小さな課金」での還元は本当に難しいのです。

犯罪を犯罪としてキッチリ処理していかないと、日本の国益を害し、クールジャパンとやらも失敗に終わっていくでしょうね。
    • good
    • 0

2004年の話でしょ?



今は、コピーもステマの一部ですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコピー 著作権侵害

今回相談したいことは、ネット上に溢れかえる情報についてなんですが、自分の勉強のために、あるサイトの情報を一部ではなく、必要があればそのほとんどをコピーして勉強したいんですが、それって、著作権の侵害に当たりますか?
複製して売ったり、誰かに見せたりするものでなくて、自分の勉強のためなんですが。かなり心配なので、相談させてください。
どうか、解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に個人的な利用であれば問題ありません。
ただ、何らかの形で人の目に触れる可能性がある場合は許可を取った方がいいでしょう。
レポートや論文など提出の際も含みます。

Qネットでの著作権侵害について。

当方、法律については素人で専門知識はありません。
考えてて「あれっ?」と思ったので、質問します。

TV放送されたアニメなどを録画し、ネットの動画サイトにアップすることが問題になっていますよね。
放送局に許可無く勝手にアップロードして、誰もか視聴できるようにするのが法律に違反しているからだろうと思うのですが、ひとつには動画サイトに上げた時に、CMをカットするのがいけないと思うんですよ。
じゃあCMをカットせずにまるまる上げた場合、問題ないのか?と言えば、やっぱり放送局に許可無く上げたということで、著作権侵害の罪に問われると思うんですよ。

OK。じゃあ作成者に許可無くネットに上げたら著作権侵害になるのね、と理解したのですが、たとえばTwitterなどで気に入ったツイートを拡散する行為は著作権侵害に当たるのか?といえば、そうはならないと思うんですよ。
よく言われる根拠が、もともと本人がネットで発表していたから。不特定多数の人が閲覧可能なネット上に発表しているのを、別の人がさらにそれを広めたからといって著作権侵害にはあたらないということですね。
見られたくなければ、読まれたくなければ、そもそも最初からネットに出すな、という考えらしいです。

OK。じゃあTVの地上波はもともとネットに流れてないのを録画してネットに勝手に上げたから著作権侵害になるんだ。と理解しても、じゃあGyaOでの動画はどうなんだ?と思うんですよ。
GyaOもネットで動画を不特定多数の人に公開しているのですが、あれをダウンロードしてGyaOに許可無く勝手にアップロードしたら、やっぱり著作権侵害に当たると思うんですよ。

TV局が作成した物は勝手にネットに公開すると著作権侵害にあたるが、個人が作成したものは勝手にネットに公開しても著作権侵害にはあたらない・・・?

あ、あれ?そう・・・なの・・・?

どなたかこの違い、わかりやすく解説していただけますか?

当方、法律については素人で専門知識はありません。
考えてて「あれっ?」と思ったので、質問します。

TV放送されたアニメなどを録画し、ネットの動画サイトにアップすることが問題になっていますよね。
放送局に許可無く勝手にアップロードして、誰もか視聴できるようにするのが法律に違反しているからだろうと思うのですが、ひとつには動画サイトに上げた時に、CMをカットするのがいけないと思うんですよ。
じゃあCMをカットせずにまるまる上げた場合、問題ないのか?と言えば、やっぱり放送局に許可無く...続きを読む

Aベストアンサー

>ちょっと難し目な文章なのでいまいち理解しきれませんでしたが、要は、
「TwitterでのつぶやきはTwitterの会社に著作権の権利がある。なのでリツイートしても著作権侵害にはあたらない。
GyaOでの放送はTV局や映画会社に権利がある。なので著作権侵害にあたる。」と、
こういうことでしょうか?

大枠で言えばそうなる
ケースバイケースであり、権利者次第の話として理解するのが一番正しいし、適確

Q著作権侵害について

僕は、以前You Tubeとニコニコ動画にパソコン関係の動画を20個ほど投稿しました。しかし、今になって著作権に違反しているので削除しました。(一応、Microsoft社様などには、著作権侵害の動画を投稿してすみません、とは言いましたが・・・。)
Windows等に入っていた音楽も結構使いました。

上記のような動画は著作権違反なのは当然と思えば当然ですが、
実際投稿した自分はよく分からず(又は、このくらい問題ないだろうと思っていた。)だった場合で、もし権利者に訴えられたとき、どのような罰則になるのでしょうか?

また、日本と海外では法律が違うはずですので、海外はどうなのでしょうか?


このような動画を投稿し、反省をしていますが、心配になった物で質問をさせて頂きました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

著作権法119条により、10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金です。侵害の程度によっては、併科されます。

また、日本人が作成した著作物であれば、作成者が海外にいたとしても日本の著作権法が適用されます(同法6条1号)。
ですから、日本国籍を持つ在外日本人の著作権を侵害した場合は、日本の法律に従います。

同条を反対解釈すると、日本国籍を有しない者の著作権は保護しないということになるので、その場合には当該国の著作権法(アメリカであればデジタルミレニアム著作権法)で処罰されます。

ただ、同条3号により、外国人の著作権を日本の著作権法で保護することもあります。
ベルヌ条約加盟国の国民の著作権を、日本人が侵害した場合には、日本の著作権法で処罰されることもあります。

Q著作権の侵害について

メッセンジャーで音楽ファイルを送受信することは違法ですか?
また、普通に友達にCDなどを貸したりするのは違法でしょうか?

Aベストアンサー

●メッセンジャーで音楽ファイルを送受信すること。
 著作権者に無断で行った場合には、複製権(著作権法21条)の侵害に当たる可能性が高いです。
 送受信する音楽ファイルは、自分で使用するためにコピーしたものではなく、他人に送るためにコピーすることになるためです。

●友達にCDを貸すこと。
 特定少数の人にCDを貸すことについては、著作権は及びません(著作権法26条の3,2条6項など)。したがって、ある特定の友達にCDを貸す行為が違法となることは、ほとんどないでしょう。

Q商標と著作権を侵害

商標と著作権を侵害している個人の業者があるのですが、直接被害者でないわたしが訴えるとか、対処することはできないでしょうか?

あまりにもあくどい業者なのでどうにかしたいのですが。
侵害された大手企業にはメールをだしたことは何度かあります。
企業側はメールで業者に忠告しているようですが、そのまま営業しています。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・商標権
 商標法で、差止請求ができるのは、商標権者又は専用使用権者となっていますから、第三者は請求ができません。
---------------------------------------------------------------
○商標法
(差止請求権)
第36条 商標権者又は専用使用権者は、自己の商標権又は専用使用権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
2 商標権者又は専用使用権者は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の予防に必要な行為を請求することができる。
---------------------------------------------------------------

・著作権
 皆さんのとおり、著作権法違反は親告罪ですから、著作権者が訴えない限り、犯罪にならないんです。

(結論)
・侵害された企業が腰を上げないとどうしようもないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報