最新閲覧日:

前年に事業開設の届け出を出した一人親方です。従業員はいません。作業服代や安全靴を購入しましたが勘定科目は何で処理をすればいいでしょうか?
従業員の場合は福利厚生費で処理ができますが、事業主本人分の場合どうすればいいでしょうか?

A 回答 (3件)

消耗品ですが・・従業員の場合も、同じく消耗品です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/03 10:45

去年まで、個人商店で青色申告していました。

消耗品費で処理してました。問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/03 10:45

1着、1足が 10万円もしないでしょうから「消耗品費」。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/03 10:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q従業員に現物支給のお弁当を福利厚生費(非課税、給与にしない)で計上する場合

従業員に現物支給のお弁当を福利厚生費(非課税、給与にしない)で計上したいのですが、従業員の負担をゼロにしたい上の意向があり、以下のような形をとっています。
(一ヶ月のお弁当代が7000円を超えない場合・・・例えば6400円)
 3200円を従業員負担分として控除(天引き)し、同額を食事手当てとして給与支給
(一ヶ月のお弁当代が7000円を超える場合・・・例えば7400円)
 3900円(7400-3500)を従業員負担分として控除(天引き)し、同額を食事手当てとして給与支給
→これで福利厚生費の条件である半分以上従業員負担で3500円の上限をクリアとしているのですが、食事手当てが同額支給されているのに従業員が半額負担していると言えるのでしょうか?
 給与が必要とされる条件に「但し、食事手当て等の給与支給がないこと」みたいな通達はあるのでしょうか?

国税庁の以下の部分は読んでおります。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2594.htm

Aベストアンサー

ご質問の方法で差し支えありませんが、当然「食事手当」は課税所得(源泉税の対象)に該当します。

Q個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。

質問内容はタイトル通りです。

先代より事業継承をした個人事業主です。今までは専従者として従事しておりました。個人のクレジットカードは作ることが出来ました。個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、事業経費用にクレジットカード作ろうと思っています。
そこで質問なのですが、逆に事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、事業主貸として処理することは問題ありませんか?

※以下は気が向きましたらお答えいただければ結構です。
また、個人事業主におすすめのクレジットカードなどがありましたら、お答え頂きたいと思います。

そもそも事業としては長く続けていても(大正元年創業です)、開業したばかりと判断され、クレジットカードを作ることができないかもしれないですけど^^;

Aベストアンサー

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないようなことを書いているものもあるかもしれませんが)

個人事業主向けクレジットカード(の一例)
http://www.orico.co.jp/merchant/exbiz-ls/
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_mmc.jsp
年会費が安い割に利用枠が多いのが特徴です

(質問タイトルの)>個人事業主の事業系費用クレジットカードでの事業外出費は事業主貸として処理できるか。
 そういう処理が必要なときはできます。
 (一例) 事業に関係のないプライベートな費用5,000円を事業用カードで支払い、その代金が事業用口座から引き落とされた
  事業主貸 5,000 普通預金 5,000

>個人用のクレジットカードだと、事業用の経費を支払うことは規約違反になることもあるらしく、
>事業用のクレジットカードで個人的な旅行・食費・その他などの代金を支払い、
>事業主貸として処理することは問題ありませんか?

上のようなことは適切な経理処理がされ、利用代金引き落としが確実に行われてればほとんど問題になりません。(キャシングの利用規約に事業用資金の借り入れはできないようなことを書いてあるのを見るような気がするのと同様、一部カードの利用規約には事業用の支払はできないよう...続きを読む

Q個人事業主です。事業用口座から別の口座へ資金を移動させて引き落としをした場合の経理処理について

質問させていただきます。

当方個人事業主で確定申告の準備真っ最中ですが、
経理処理の仕方がわからない点があり困っています。

事業用のA口座とB口座を持っています。

A口座には事業による売り上げが入ってきます。
しかし事業で使っているクレジットカードの引き落とし口座にA口座が登録できなかったので、仕方なくB口座を登録しています。よって、毎月の引き落としはB口座で行われます。

当方は引き落としの度にA口座からB口座へ引き落とし額ちょうどを移動させていました。
こういった場合どういった経理処理をするのが正しいのでしょうか?

会計素人で独学で勉強しながらやっていますが、わからなくて困っています。

ご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

A口座もB口座も事業用の普通預金なのですね。家事用の普通預金口座は別に持っているのですね。その前提で回答します。


会計ソフトの当座資産の区分に「普通預金」という勘定科目にがあるはずですが、質問者の場合は、その勘定科目を使ってはなりません。

質問者の場合は最初に、当座資産の区分に、「普通預金A」、「普通預金B」という科目を新規に設定して下さい。設定の仕方は会計ソフトのマニュアルに書いてあります。

そして、

A口座に売掛金が入金した日、
〔借方〕普通預金A ☆☆☆☆☆/〔貸方〕売掛金 ☆☆☆☆☆

A口座からB口座へ預金を移動させた日、
〔借方〕普通預金B ◎◎◎◎/〔貸方〕普通預金A ◎◎◎◎

B口座からクレジットの代金が引き落とされた日、
〔借方〕未 払 金 ◎◎◎◎/〔貸方〕普通預金B ◎◎◎◎

というように仕訳して下さい。これでOKです。

Q個人事業 福利厚生費はどこまで?

個人事業で5年ほどやっておりますが、経理面等、節税に関して良く分からない点がございます。

経理面の勉強中です。

嫁を専従者にしています。

最近お話しする機会があった税理士さんにお聞きした話なのですが、例えば、ジュース代等も全てではないがある程度は福利厚生費に入れる事が出来る、という話をお聞きしました。

※専属の税理士さんではなく、私自身は税理士をつけていないです。

時間の都合上、その点に関して詳しく話しを聞く事ができなかったのですが、節税に対して自分の知らない知識だったので驚きました。

自分、専従者の分含め、飲食費はどの程度まで経費に出来るのでしょうか?

とてもざっくりした質問になりますがアドバイスありましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>自分、専従者の分含め、飲食費はどの程度まで経費に…

顧客や仕入れ先担当者あるいは協力関係にある同業者などが来店した折り、茶菓子や時には食事も出すことになったとして、事業主や専従者の口に入る分も経費で問題なし。

事業主や専従者のみの飲み食いは、すべて事業主貸。
だって、飲み食いが売上に直接結びつくことがらではなく、業務上どうしてもなければ仕事ができないものでもないからです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

個人事業とはそういうものです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q従業員持ち株会

中小企業勤務です。
相談ですが、持株会と会社とで双方効率的よく事務処理をする上で
取り決めを交わしたいと思っています。
内容はたいした事ではないのですが、振込の際、インターネットバンクを使用します。等々
そこで、何か文面を作成したいのですが、そもそも何というタイトルにして
よいのか?内容はどのようにしたらよいのか?わかりません。
何かよいフォーム又は、こんなんでよい、というのがあれば教えて下さい。
最後に会社と持ち株会とで押印をし、双方確認したよ。という形を作りたいのです。

Aベストアンサー

以下サンプルですが。

              ○○○○に関する覚書
1 ○○○○の名称  ○○○○○○○○○○○○○○○○
2 履行期間  平成○○年○○月○○日から 平成○○年○○月○○日まで
  上記の○○○○について、AAAA(以下「甲」という。)とBBBB(以下「乙」という。)
 とは、次の条項によって覚書を締結し、信義に従って誠実にこれを履行するものとする。
第1条 ○○○○○○○
   ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○とする。
第2条 ○○○○○○○
   ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○とする。
・・
第n条 協定外の事項
   この覚書に定めない事項又は覚書に疑義が生じた場合は、甲乙協議のうえ定めるものとする。
 本覚書の証として本書2通を作成し、当事者記名押印の上、各自1通を保有する。
     平成○○年○○月○○日
     (甲)  住  所      ○○○○○○○○○○○○○○○○
          氏  名      ○○○○○株式会社  (職名) (氏名)
     (乙)  住  所      ○○○○○○○○○○○○○○○○
          氏  名      ○○○○○株式会社  (職名) (氏名)

以下サンプルですが。

              ○○○○に関する覚書
1 ○○○○の名称  ○○○○○○○○○○○○○○○○
2 履行期間  平成○○年○○月○○日から 平成○○年○○月○○日まで
  上記の○○○○について、AAAA(以下「甲」という。)とBBBB(以下「乙」という。)
 とは、次の条項によって覚書を締結し、信義に従って誠実にこれを履行するものとする。
第1条 ○○○○○○○
   ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○とする。
第2条 ○○○○○○○
   ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○とする。
・・
第n条 協定外の事項
   この覚書に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報