資料組織論を勉強していて、図書館にある本を見て、目録を自分で書いていたのですが、いくつかわからないことがあります。
『火器の誕生とヨーロッパの戦争』(バード・S・ホール著、市場康男訳)という本について調べてみたのですが、この本の裏の情報(著者名や出版年などが書いてあるところ(何と呼ぶのか忘れたんですが・・・)に、NDC分類番号391.2とあるのですが、Nacsis Webcatの目録を見ても、NDL opacのそれを見ても、559.1となっています。この391.2というのは、出版社側が決めたものなのでしょうか。また、559.1はそれぞれ国立情報学研究所やNDLが作っているのでしょうか。また、普通の大学図書館は主に、この国立情報学研究所から情報をもらっているのでしょうか。
もう一つは件名です。件名がNacsisや某大学図書館では、銃砲 -- 歴史と戦争 -- 歴史というようになっているのですが、銃砲 -- 歴史とルネッサンスというようになっています。おそらく、ルネッサンスというのは、元のタイトル、”Weapons and warfare in renaissance Europe”からとっていると思うのですが、、、。
細かいですが、分かる方がいらっしゃったら教えていただきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。

大学で司書課程を教えています。
本題に入る前に,t1m1さんは,司書課程をとっていらっしゃるのですか? でしたら,
>著者名や出版年などが書いてあるところ(何と呼ぶのか忘れたんですが・・・
おーい。
忘れないで下さいよ! 「奥付」です。NCRでは,情報源の優先順位の第2位です。

さて,奥付に分類が書かれていたとしたら,日本では,まず出版者側の判断と考えてよいと思います。
出版者側がみんな資料分類法やNDCの細々したルールに通じているとは限りませんし,また実際に作業を行う場合はそれぞれの図書館のローカルルールに従う場合もありますので,一般的には,奥付の表記に必ずしもとらわれる必要はありません。

(ただし,洋書で,標題紙の裏面下部などに書かれている場合は,その国の国立中央図書館とか議会図書館などが,ゲラ刷りの段階で内容を読んで判断している場合が多いので,かなり信頼できます。)

NACSIS Webcatのデータは,国立情報学研究所が作っているわけではありません。
実際に分類番号や件名を付与したり,書誌データを作成しているのは,この総合目録に参加している全国の図書館(主として大学図書館)の職員です。
国情研は主としてそれらのデータのとりまとめや調整にかかわっています。

>普通の大学図書館は主に、この国立情報学研究所から情報をもらっているのでしょうか。
ちょっと意味がよく分かりませんが,「国情研が,権威ある書誌データを責任もって全部作成して,それを全国の大学図書館に提供しているのか」という質問であれば,ノーです。
「全国の図書館員が入力したデータを,お互いに利用できるようにしてくれているのか」という質問なら,イェスです。

一方,NDL-OPACに入っている分類や件名のデータは,すべて国立国会図書館の職員が作成しています。

本書の件名については,その本の内容を見てみないと何とも言えません。

ただ,

>おそらく、ルネッサンスというのは、元のタイトル、”Weapons and warfare in renaissance Europe”からとっていると思うのですが、、、。

という点については,国会ならそんないい加減なことはしないと思うのですが,どうなんでしょう。
(いい加減,というのは「原タイトルにあるから,というだけの安直な理由で」という意味です。)
内容を見た上で,主題を表す語としてルネッサンスが(も)適切だと判断したからではないでしょうか。

分類も件名も,「主題に対して行う」ものであって,「タイトルに対して行う」ものではありません。
結果的に,タイトルに主題が現れているケースが多い,というだけのことです。

それと,目録に記されたデータを比較する際,件名の付与に用いている件名標目表が何であるかによっても違いが生じることに注意が必要です。
国会図書館はNDLSHを,また多くの公共図書館ではBSHを使用しています。
NACSISのデータの件名が何に基づくものかは,詳しいデータを見ないと分かりませんが,残念ながらいま自宅からなのでちょっと見られません(職場からなら可能)。
しかし,「銃砲-歴史」「戦争-歴史」という書き方からすると,BSHかな?という気もします。

それと,
>Nacsisや某大学図書館では、銃砲 -- 歴史と戦争 -- 歴史というようになっているのですが、
と書かれていますが,もし「NACSIS(現在はNIIですが)の判断と某大学図書館員の判断が一致した」と思われたのだとしたら,それはたぶん違います。
おそらく,某大学の図書館員は,NACSISのデータをもらってきて自館の目録に加えた(コピーカタロギングという)だけではないでしょうか。

図書の実物を見ていませんので,「自信なし」にしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答、読ませていただきました。ありがとうございます。
はい、私は司書課程をとらせて頂いています。初歩的なこともわかっていない上にうるおぼえですみません。
また、この場で質問させていただくかもしれませんが、もし答えていただくようなことがありましたら、よろしくお願い致します。

お礼日時:2004/07/07 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNDCを調べられるサイトを教えてください。

NDC(日本十進分類法)を調べたい本がありますが、NDL-OPACなどで見つけることができませんでした。
この本の主題に即したキーワードを入力することで、適切なNDCを探すことのできるサイトがあれば教えてください。
書籍の日本十進分類法を買えばいいのだとはわかっているのですが……諸般の事情で。

Aベストアンサー

本のタイトルや著者名などからNDCを知りたい場合は、国会図書館の蔵書検索を使われると良いかと思いますが(これは既にご存知みたいですね)、
http://opac.ndl.go.jp/

そうではなくてキーワードからNDCを探したいということであれば、例えば獨協大学図書館の蔵書検索の「相関索引」などはいかがでしょうか。
http://wwwlib.dokkyo.ac.jp/

参考URL:http://opac.ndl.go.jp/,http://wwwlib.dokkyo.ac.jp/

Q国立国会図書館の資料を地方の図書館が取り寄せる場合、最低でどれくらいか

国立国会図書館の資料を地方の図書館が取り寄せる場合、最低でどれくらいかかりますか?
地元の図書館で前から読みたかった本を取り寄せてもらうことにしました。
ただ、上記の質問をしたところ、わからないと図書館の方に言われました。
どなたか、わかる方は、いませんか?

Aベストアンサー

日数のことですよね?

確かに、「分からない」というのが、正直なところだと思います。
国立国会図書館には、法律により、国内で発行されている全ての出版物が納本されている……はずなのですが、それが「図書館内にある」とは限らないのです。

たとえば、質問者さんと同じように、他の方が地元図書館を通して、同じ本を国立国会図書館から取り寄せているかもしれません。大学生が、大学図書館を通して、借りているかもしれません。
また、修理中だとか、合本作業中とかで、閲覧・他館貸出が不可になっていることも、稀にあります。

大学生の時、「大学図書館を通して、国立国会図書館の本を借りるのって、どうやるの?」って友達に聞かれたことがあるんですが、その1週間後には、その友達は、国立国会図書館のラベルが貼られた本を持ち歩いてました。

Q新刊情報を1ヶ月くらい前から知りたい

新刊情報を1ヶ月くらい前から知りたい

最近図書館を利用しています。
新刊をリクエストしたいんですが、雑誌を読まないので、いつ新刊が出るのか分かりません。
新聞とかで当日に出ることが分かるだけです。
できるだけ早くリクエストしたいので、1ヶ月、2ヶ月前から前もって知りたいです。
皆様はどうやって新刊を前もって調べていますか?

Aベストアンサー

一般的に直近1ヶ月先の出版予定しか分からないと思います。
文庫なら各リマインダサービスなどで各出版社の発売予定が分かるんですが、
単行本まで網羅しているとなるとこの辺ぐらいでしょうか。

本やタウン - 書籍近刊情報
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTNewpub?week=0&genre=1
取次の日販の一般通販用サイトです。

各出版社のHPでも1ヶ月先までの情報がほとんどだと思います。
メルマガを発行していれば、そちらには2ヶ月先の予定も載っていることがあります。

Q大阪市立図書館について。もしくは図書館の利用について。

このカテゴリーでいいのかどうかわかりませんが…
大阪市民です。住んでいるのは市立図書館のある区ではありませんが。普段区の図書館を利用していますが、蔵書が少なく、不満を感じています。なので一度市立図書館を利用してみたいのですが、あまりにも立派で近寄りがたく、一度も行ったことがありません。ここって調べ物などの勉強するのが中心のイメージがあるのですが、貸し出しもOKなのでしょうか?また、区の図書館ではたまによその区のシールの本を見かけることがあるのですが、たとえば、返すのは区の図書館などでもできるんでしょうか?区の図書館などで、ほとんど予約で本を借りてる方をみかけますが、予約はどこまで可能なんでしょうか?と、いうのも雑誌コーナーなどではほとんどが半年以上前のものばかりで、こんなのも最新版を予約することはできるのかな、と。

Aベストアンサー

大阪に住んでいる者ではありませんが、下記URLが、ご参考になると思います。

大阪市立図書館というのは、中央図書館(西区にある)と、各区にある地域図書館とで構成されていて、ご質問にある立派な図書館というのは、中央図書館のことと思われます。

返却は、どの図書館でしても良いみたいです。
友人が図書館で働いていますが、そういう返却本の仕分けもしていると言っていました。

予約は、一人8冊までという規制があるようです。
ネットからも予約できるので、人気のある本で、ハードカバーのものなどは、買うと高いですし、すぐに大量の予約が入るそうです。

参考URL:http://www.oml.city.osaka.jp/riyou/index.html

Q新刊書店が図書館を敵視しない理由。

だいぶ前から、新刊書店が新古書店を敵視しているという話を聞きます。
然し、新刊書店が図書館のことを敵視しているという話は聞きません。

読者の立場にしてみれば、図書館で借りて読める本は購入しないでしまう訳なので、
新刊書店と図書館は明らかに競合していると思うのですが、
なぜ新刊書店は図書館を敵視しないのでしょうか。

Aベストアンサー

安定かつ絶対に貸し倒れない
大口顧客を

どうして敵視するの?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????「「

田舎では、新刊書売り上げの金額の数割が
図書館殻の注文というところも、あるよ。
(公共図書館は地元市町村の書店から購入するのが不文律)
好事家か学者か図書館しか買わない高価な本も、住民からリクエストあれば購入するし。


・読者の立場にしてみれば、図書館で借りて読める本は購入しないでしまう訳なので、



東販のアンケートでは「図書館で読んで面白かったので購入」という読者カードが
けっこうライトノベル文芸書実用書では、あるそうな。
 公共図書館が新設されると、その地域の書店売り上げが(地域住民に読書家増えて)
伸びることが多い。


 税金で、買い上げてくれて、ショールーム作って、営業支援してくれるから書店から見ると
図書館ほど、ありがたいものはない\(^^;)...マァマァ






Qwebcatで所蔵図書が見つからなかったら・・・

欲しい文献があり、掲載雑誌を所蔵している機関を探しています。webcatで検索しても見つかりません。イタリアの英文誌なのですが、webcatで見つからなければ、国内に所蔵している機関はないということなのでしょうか?
その場合、pubMedなどでorderを出すか、JICSTなどの機関に複写を依頼するしか方法はないのでしょうか? 出来れば早く入手したいので一番早い方法を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

Webcatは国立情報学研究所のサービスで、大学間の図書館ネットワークに提携している大学の図書館蔵書を調べるものです。ですから、Webcatで見当たらなければ大学に蔵書はないと思います。

JICSTでしたら、申し込みさえすれば所蔵の有無に関わらず取り寄せをしてくれるそうです。所蔵外の資料については外部手配をするので高くなりますが、それでも探す手間を考えれば、我慢できる・・・かもしれません。PDF形式でメールに文献複写を送ってくれるドキュメントデリバリーも始ったそうです。(ただし、ドキュメントデリバリーはFIZ-Kの提携図書館が所蔵するものだけだそうです。日本の論文は無理かと思います)

あとは国会図書館に蔵書があるか否か・・・。国会図書館のWebOPACを調べることをお薦めします。

QNDCを使ったスティッカムの配信について

スティッカムでNDC使ってお絵かき配信をしたいのですが、
カメラが無いと設定は出来ないんですか?
また、カメラが無くても設定可能な方法があれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

詳しくは解りませんが、
NDSってニコニコ生放送専用ではないのでしょうか?

カメラ指定でNDSが選択できないのであれば、無理でしょう。
スティッカムを見てても、

ニコ生用設定 → ニコ生 → スティッカム対応(FLASHカメラ対応)デスクトップキャプチャ → スティッカム

という形みたいなので、
「スティッカム対応デスクトップキャプチャ」を用意する必要があるかと。
デスクトップキャプチャならフリーソフト等あるので、それらを利用すれば良いと思います。

Q国立国会図書館(関西館)の高校生の利用について

僕は18歳の高校生です。

授業でレポートを書く課題が出ました。しかし、最寄の図書館には、欲しい資料がありませんでした。
そこで、家から自転車で行ける距離にある、国立国会図書館関西館に行って資料を閲覧したい、と考えています。

ここで質問なのですが、国立国会図書館は、18歳の「高校生」は利用できるのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、国立国会図書館の利用規約です。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/index.html

 年齢制限は特にないかと思います。ただ、持ち込み不可なのは次通りです。
●B5以上の不透明なカバン
●ヘッドフォン・ラジオ・録音機など音が出るもの
●コピー機・カメラ・ビデオ録画機・スキャーナーなど(ただし、携帯は可)
●刃物類
●傘
●動植物
●その他、資料の保全・管内の安全に支障の出るもの

 そのため、図書館のロッカーに荷物を預け、透明なカバンやノート類や筆記道具を入れましょう。

 それ以外の規約は、資料を丁寧に扱う・資料を破損させない・資料を持ち帰らないなど常識的なものなので細部は書きません。

 複写は、コピー代は自分持ちです。それと、個人には原則として貸し出しはしません。それと、カラーコピーは事前申請して下さい。でないとモノクロになります。

 登録利用者制度の話をします。登録利用者になる事で、国会図書館がより快適に利用できます。その登録が18歳以上なんです。前の人の誤りは、登録利用者でないと入館できないという考えです。正しい知識を持ちましょう。
 登録利用者になるメリット(特典)
●郵送複写サービスが利用できる
●東京本館の資料を関西館で取り寄せ・閲覧できるなど、別の国会図書館の資料を自分の近くの国会図書館で閲覧できるようになる
●閲覧を来館前にインターネットで予約できる
●入館手続きで、図書館利用カードと読み込みとパスワード入力だけで入館できる(未登録の場合、館内利用カードの発行には氏名と住所の入力が必要)

 登録利用者への登録は無料で、利用期限は2年間です。

 つまり、年齢制限はないので(もちろん、職員の判断で破損させると判断した場合は除く)、高校生以上なら問題ないと思います。

 まず、国立国会図書館の利用規約です。
http://www.ndl.go.jp/jp/service/index.html

 年齢制限は特にないかと思います。ただ、持ち込み不可なのは次通りです。
●B5以上の不透明なカバン
●ヘッドフォン・ラジオ・録音機など音が出るもの
●コピー機・カメラ・ビデオ録画機・スキャーナーなど(ただし、携帯は可)
●刃物類
●傘
●動植物
●その他、資料の保全・管内の安全に支障の出るもの

 そのため、図書館のロッカーに荷物を預け、透明なカバンやノート類や筆記道具を入れましょう。

 それ以...続きを読む

Q新刊コミック刷部数とは?

コミックの紹介で、例えば「新刊コミック刷部数 5万部」のシリーズといったら、新刊がでるたびに初刷で5万部刷るということですか?

Aベストアンサー

そういう言い方って聞いたことないのでなんとも言えませんけど…。
新刊が出るたびに5万部刷るか、紹介されたときの最新刊の刷部数が5万部だった、両方考えられます。
「新刊コミック刷部数 5万部」だけなら問題なく後者ですが、「シリーズ」がつくと意味不明になりますね。

No1の方のおっしゃる通り、刷部数は基本的には前巻の売れ行きを見て決めますので、「このシリーズはずっと5万部刷る!」と最初に決めてしまうことはまずありません。
結果としてずーっと5万部で現状維持になっちゃった、ということはありえますけど。

Q十年前の子供生活情報誌がある図書館がありますか?

 資料収集のため、十年くらい前の子供生活情報の雑誌を探しています。
 こう言うものは図書館なら置いてますか?どこの図書館に置いてるかなー
 教えていただければ、大変助かるわ。宜しくお願いします.

Aベストアンサー

何と言う雑誌をお探しなのかタイトルがわからないので
お探しはできませんが、東京近辺にお住まいの方でしたら
東京都立図書館も雑誌の所蔵が多いようです。
こちらも閲覧及びコピーのみですが。

今は大抵どこの図書館でもHPを持っているようですので
そこにアクセスして検索画面(これも大抵あります)で
検索すると所蔵しているかどうかが分かります。

ただ○○図書館で探すよりも、お住まいの地域の
○○市立図書館、○○区立図書館のように検索した方が
出やすいですよ。(そこで検索すると具体的に何図書館に
所蔵があります、という風に出ますので。)

上記の都立図書館もネット上で検索できます。

参考URL:http://www.library.metro.tokyo.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報