「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

天藤真さんの「大誘拐」ですね。


どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2016/02/06 22:22

星新一さんのSS作品に=>食べ残しの貝殻を「通貨」だと言い張り


のちの世の貨幣経済の基礎に仕立て上げたらしき詐欺師の話があって

過去当時だったらめっさ流行りそう~というか事実ぽいから困る~と

子供心に「関心」したのは覚えてます
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q主人公が小説家になるまでの道のりまたは小説家としての苦悩を描いた小説を教えてください

主人公が小説家になるまでの道のりまたは小説家としての苦悩を描いた小説を教えてください。

日本人作家でお願いします。

Aベストアンサー

ジョイス『若い芸術家の肖像』
折原一『倒錯のロンド』
高橋源一郎『日本文学盛衰史』
スティーヴン・キング『ミザリー』
壇一雄『火宅の人』
筒井康隆『大いなる助走』

Q『小説の書き方を教えて下さい』という質問について。

このサイトのような質問サイトや2chなどの電子掲示板において、
『小説の書き方が分からない』『小説の書き方を教えて下さい』
という質問がたびたび単発でなされますが、
実際の作家に「小説の書き方はインターネットで質問して知った」と公言している人はいるのでしょうか。
つまり、ネットで小説の書き方を質問した人が小説家になれた例はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとしなければ、無制限に自作を世界中に公表できます。
 ふつうの仕事をしないで文学だけに取りくむ作家よりも、現実生活の
あいまに書きつづける、アマチュア作家が主流となるでしょう。
 
 むかし書いて売れた人や、これから小説を書きたい人、いま書いても
出版できない人などが、小説家を名乗っても、なんら差支えありません。
 名刺に「writer」の肩書を付けても、どこからも非難されません。
 
 タウンページの「著述業」に載せることも可能です。
http://members.at.infoseek.co.jp/nk5wada/chiteki20000421/00675_00000/00211_00000.html
 職業分類体系 19991210 知的財産権判決速報
 
 よく当る宝くじ売り場について質問した人が高額当選する可能性は、
ゼロではないにしても、聞かなかった人より多くはならないでしょう。
 ただし、パソコンの情報なしに生きる現代人は、絶滅するはずです。
 

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとし...続きを読む

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Qこの小説のタイトルを教えてください。多分日本のミステリー小説です。

この小説のタイトルを教えてください。多分日本のミステリー小説です。
大まかな箇条書きですが、何年も前に読んだものなのでかなり曖昧です。

・学校が舞台
・主人公?は赴任してきて、臨時職員?になる
・人間がオオカミ?のようになる事件が発生(口から涎をたらしたり、水を際限なく欲しがったり、目がぎらぎらと輝いたり)
・狼人間?に咬まれると、↑のような症状が出る
・行者にんにくのニオイが弱点→エキスを作る?
・犯人?は狼の怨念と幽霊が融合していた生徒の女の子

私が覚えているのは大まかにこれくらいです…
もう一度読みたいです。どなたか教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

多分、和田はつ子の「狼神」ではないかと思います。
こちらなど参考にどうぞ。
http://sin15.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_1a09.html
http://www.amazon.co.jp/%E7%8B%BC%E7%A5%9E-%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%92%8C%E7%94%B0-%E3%81%AF%E3%81%A4%E5%AD%90/dp/4894568020/

参考URL:http://sin15.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_1a09.html

Q浮気を繰り返す旦那

浮気を繰り返す旦那が、妻の浮気を知ったらどー思うんですかね?

妻は結婚してから一度も、浮気をしたような気配がなく、いつも喧嘩の原因は旦那の浮気…妻は浮気を繰り返す旦那に愛されていないと思ってしまい…ほかに求めてしまった…という設定で。

Aベストアンサー

まさにそのままの知人を知っています。

その旦那は自分のことは思いっきり棚にあげ、妻の浮気を責め立て妻を悪者にしたてて、離婚裁判に持ち込みました。(ただ、本人としては、離婚裁判はパフォーマンスで、ここで妻に改心してほしかったようです。)

妻の方が離婚に前向きになり始めた頃、離婚を拒否。引き止めに懸命になりましたが、あえなく離婚。

別れた妻は、今、本当に愛してくれる人と一緒になって幸せそうです。

彼のその後の心中はわかりません。

浮気を繰り返していた頃、彼には罪悪感なんてなく、隠す努力すらしなかったというのに、勝手なものです。そういう人だから、浮気を繰り返すのでしょうが…。

Qこんなミステリー小説もしくはホラー小説を探しています。

こんなミステリー小説もしくはホラー小説を探しています。

田舎の町や村が舞台で、その地にまつわる伝説や祟りに関係する
殺人事件が起こり、地元の人間はその事件について語ろうとしない。
地元の人間ぐるみの犯罪か?
それとも本当に祟りなのか?
もしくは第三者が地元住民や祟りの仕業に見せかけた犯行か?
みたいな物語を探しています。

八つ墓村、ひぐらしのなく頃に のような感じの物語を探しています

『黒祠の島』『その携帯はXX(エクスクロス)』以外でお願いします。

Aベストアンサー

田舎の学校に転校して。。。
どっちかというと学校の怪談ですが、
綾辻行人のAnother
は殺人事件が起こる、
周りの人間が口を閉ざす、
語られない秘密がある、
ミステリー要素もある
という点で
嗜好に合うホラー&ミステリー小説だと思います。

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Qホラー・ミステリー小説じゃないけど「怖い」小説を教えてください

例を挙げると、吉田修一の「パレード」のように
普通の現代小説かと思って読み始めたら
どんでん返しがあった、結末が怖かった、という
小説を読みたいのですが、おすすめがありましたら教えてください。

また、村上龍「オーディション」のように、
純文学作家が書いた怖い小説でもかまいません。

Aベストアンサー

河野多惠子さんの「不意の声」(講談社文芸文庫)
「後日の話」(文春文庫)などはどうでしょうか。
純文学の大家ですが、背筋がぞくぞくするような
不穏な気配の作品が多いので、この二作品以外に
もあたってみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報