売掛金及び売上高は46083に源泉が3267円が含まれていて現金で回収しましたが今まで引かれての仕訳はわかるのですが含まれている場合の仕訳がわかりません。こんな場合は今までなら引かれた源泉は増えていくけれど今回はこれから支払うことになるので今までの源泉が減ることになるのではないでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 初心者ですみません。「公租公課」という科目はどういったないようのものですか?うちではそういう科目は作っていないのですが?
    徴収された源泉は「仮払源泉」として処理してますが?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/02/08 23:18

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>「所得税」は「仮払源泉」のことですよね?



はい。源泉徴収される所得税は、法人事業では「仮払金」、「仮払税金」などという科目に計上されることもあります。個人事業では、「事業主貸」に計上することが多いですね。「仮払源泉」でも構いません。


>初めに徴収されずに報酬を回収したら還付される源泉がないだけ、ということなんでしょうか?

そういうことです。報酬の支払をした会社(?)が所得税を源泉徴収するのを忘れた。だから、質問者に還付されることはない、ということです。
    • good
    • 0

>売掛金及び売上高は46083に源泉が3267円が含まれていて現金で回収しました



◇報酬を売上高に計上する時

〔借方〕売掛金 46,083/〔貸方〕売上高 46,083


◇報酬を現金で回収する時

・所得税を源泉徴収された場合:

〔借方〕現 金 42,816/〔貸方〕売掛金 46,083
〔借方〕事業主貸 3,267/

・所得税を源泉徴収されなかった場合:

〔借方〕現 金 46,083/〔貸方〕売掛金 46,083
この場合、所得税(事業主貸)は増えませんが、今までの所得税が減るようなことはありません。

以上、税込経理方式
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。「所得税」は「仮払源泉」のことですよね?質問がわかりにくい文章ですみません。
結局うちの場合、報酬より経費が多くて情けないことに大概徴収された源泉が還付されているのですが初めに徴収されずに報酬を回収したら還付される源泉がないだけ、ということなんでしょうか?その辺りのことがよくわかってないのでへんな質問になったようですが?

お礼日時:2016/02/08 23:14

>売上高は46083に源泉が3267円が含まれていて現金で回収…



「源泉が含まれてい」って、どういう意味ですか。
46,083円を請求したら、そのまま46,083円を現金で払ってくれたということですか。

それならごく普通に
【現金 46,083円/売掛金 46,083円】
ですけど、何が疑問なのでしょうか。

というより、そもそもどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
載ってなければ、請求額どおりに払ってもらって当たり前ですよ。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>今までなら引かれた源泉は増えていくけれど今回はこれから支払うことになるので今までの源泉が減る…

日本語が理解できません。

いずれにしても、源泉徴収とは何かお分かりになっていますか。
源泉徴収とは、あくまでも所得税の分割前払い、取らぬ狸の皮算用に過ぎないのですよ。

皮算用を狩りの成果に照らし合わせるのが確定申告です。

前払いしたからといって利息分だけ負けてくれるわけでは決してありませんから、前払いなどしなくて済むならしない方がよっぽど良いのです。

また、払ってもいない税金を「公租公課」などに仕分けるのは間違っていますし、しかも所得税は経費でありませんから、そもそも「公租公課」ではありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

借方            貸方


 売上   42816   現金 46083
 公租公課  3267               

 ですね。

 公租公課を預かり金にする方法もありますが、公租公課でも大丈夫です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社決算。消費税計算方法を教えてください。

会社決算のときの、消費税計算方法を教えてください。
たとえば、売り上げ2000万円とします。
そのときの消費税の納税額の計算方法を教えてください。
(主にわからないのは 課税標準額の出し方です。)
業種は第一種です。有限会社です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

課税標準額の計算
売上金額 20,000,000×(100÷105)=19,047,000円
税額の計算
国税 19,047,000×4%=761,880円         (1)
控除対象仕入税額 761,880×90%=685,692円    (2)
(1)-(2)=76,100円(百円未満切り捨て)
地方消費税の計算
地方消費税の課税標準となる消費税額 76,100円   (3)
(3)×25%=19,000円
合計の消費税は 95,100円になります。

Q売掛/売上高の仕訳前の入金について

度々の質問で申し訳ありません。

小規模の学習塾をやっており、弥生会計で処理しております。

月初に売掛金/売上高の仕訳をし、その月の生徒からの入金を現金/売掛金で仕訳していますが、

例えば6月の末に6月分の授業料と7月分の授業料を合わせて持ってくるというケースがあり、その場合は6月分は月初に売掛金/売上高の仕訳しておりますので、現金/売掛金で消しこむ?という感じになるのですが、7月分はまだ売掛金/売上高の仕訳作業前で消しこむ内容がありません。

この場合、仮に6月29日に7月分の授業料の入金があった場合、6月29日の日付で売掛金/売上高の仕訳をし、29日で7月分の授業料として現金/売掛金仕訳をするというやり方でいいのでしょうか?

経理の知識がほとんどないため、稚拙な質問であれば申し訳ありませんが、アドバイスのほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例えば6月の末に6月分の授業料と7月分の授業料を合わせて持ってくるというケースでは、売掛計上より入金の方が先になり売掛金残高が一時的にマイナスになりますがそのままで問題ありません。

年の途中の処理は税務に関係ないので、自分で管理しやすい方法で処理すればよいのです。簿記教科書的に前受金などにこだわっても実益はなく、処理がややこしくなるだけです。売掛金のマイナスは前受だと割り切ってください。

ただし、年末には、翌年分が年内に入金したものについては、前受金として処理しなければなりません。また、12月の授業分で未入金のものについては、売掛金として残さなければなりません。

個人事業の場合は、年の中途の会計処理はできるだけ簡素にして年末だけきっちり押さえればそれで十分です。

Qたばこ税の計算方法

たばこ税の計算方法を調べていますが、思うように見つかりません。
具体的な計算方法をご存じの方、教えてください。
よろしくお願いしますm(_ _m

Aベストアンサー

#1です。
先ほどの市町村税だけでなく、国、都道府県、市長村、その他消費税がかかっていました。

A たばこ1箱(20本入り)当たり、
 国たばこ税が約54円、都道府県たばこ税が約17円、たばこ特別税が約16円、市町村たばこ税が約53円、消費税・地方消費税が約12円で、総額では約153円の税金が含まれています。


なお、たばこ税の種類と税率は次のとおりです。
 ・旧3級品を除くたばこ…たばこ1,000本につき、
国たばこ税が2,716円 、都道府県たばこ税868円 たばこ特別税820円 市町村たばこ税 2,668円(輸入たばこも同額です。)
 ・旧3級品の紙巻たばこ…たばこ1,000本につき、
国たばこ税1,289円 都道府県たばこ税413円 たばこ特別税389円 市町村たばこ税 1,266円
(旧3級品の紙巻たばこ…わかば、エコー、ゴールデンバット、ウルマ、バイオレット、しんせい)

Q自己破産した取引先(個人及び法人)から売掛金の回収は?

こんにちは
自己破産した取引先(個人及び法人)からは、売掛金の回収は、
できないんでしょうか?
免責になってる場合となってない場合について教えて下さい。
泣き寝入りするしかないんでしょうか?

Aベストアンサー

相手が貴方の債権を含めて免責になった場合は泣くだけです。
払う義務を免責されてしまったんですから。

自己破産だけだとしても全額回収することはほぼ困難です。
払えるなら自己破産なんてしませんもん。
債務額を確定し、破産者の財産を公平に分配するくらいです。
払えるぐらいの財産有ればいいんですけどねえ・・・

含んでいない場合は別の対応になるようですが。

Q所得税の計算方法

過去の質問をいろいろ検索させてもらい、なんとなく所得税の計算方法(表の見方?)がわかったのですが、いまいち確信がもてません。たしか平成18年1月より地方税に移行だとかなんとかで、所得税・住民税の計算方法が変わったのですよね?
このHPは平成18年1月よりとのことなのですが、今月の給与と比べるとあまりにも私の明細と違うのですが・・
詳しい計算方法を教えてください。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4117/01.htm

Aベストアンサー

国から地方への税源移譲に伴う改正は、所得税は平成19年分(平成19年1月以降天引き分)から、住民税は平成19年度分(平成19年6月以降天引き分)からとなっています。

掲げられているURLは、平成18年1月以降(平成18年12月まで分)のもので、これは、平成17年まで定率減税が20%だったのが、平成18年には10%となった事に伴うもので、平成19年以降は定率減税は廃止されていますし、最初に書いた改正により、平成19年分以降は、ほとんどの方は所得税は減税になって、住民税は増税になっているものと思います。
平成19年1月以降の税額表は次の通りです。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm
こちらをご覧になれば、今月の給与明細と合うものと思います。

税源移譲に伴う改正に関しては下記サイトをご参考にされて下さい。
http://www.nta.go.jp/category/topics/data/h18/5383/01.htm
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/tetsuzuki/zeikin/09.html

国から地方への税源移譲に伴う改正は、所得税は平成19年分(平成19年1月以降天引き分)から、住民税は平成19年度分(平成19年6月以降天引き分)からとなっています。

掲げられているURLは、平成18年1月以降(平成18年12月まで分)のもので、これは、平成17年まで定率減税が20%だったのが、平成18年には10%となった事に伴うもので、平成19年以降は定率減税は廃止されていますし、最初に書いた改正により、平成19年分以降は、ほとんどの方は所得税は減税になって、住民税は増...続きを読む

Q相手が倒産し、売掛金が回収できない場合の仕訳等について。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円分ずつ売掛金として残っているのかが分かりません。
今年度分の決算は事情があり税理士さんに頼めず自分自身で決算をしている状況です。


(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、
「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

質問が3つになってしまい申し訳ありませんが、1つでもわかれば教えていただけると助かります。宜しくお願いいたします。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円...続きを読む

Aベストアンサー

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違っても実害はありません。

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

→【1000円】は備忘価額です。これは、法人税法基本通達9-6-3によるもので、「一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れ」の規定を適用されたものと思われます。この規定は、備忘価額を残すことを要件に損金算入が認められており、税理士さんはこの規定を適用されたのでしょう。
なお、備忘価額は1,000円に限られず例えば1円でも構いません。

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違って...続きを読む

Q住民税の計算方法が??

住民税の計算方法が??
住民税の計算方法は自治体によって違うと思うのですが、二年前は前年に8ヶ月仕事をして23000円、今年は前年に3ヶ月しか働いてないのに18000円でした。
単純に年収から考えると今年はかなり上がっているように思いました。
扶養状況などは全く変わっていません。。

やはり今年は急激に上がっているのでしょうか?
よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

住民税額の計算のうち、「所得割」と呼ばれる部分は、課税総所得金額×10% で求められます。
 (課税総所得=総所得金額-所得控除合計額)

ですから、2年前のほうが去年よりも年収が高くとも、2年前のほうが「所得控除額」が多いと「課税総所得」が低くなり、住民税額が2年前のほうが少ないこともあります。

>去年は毎月収入よりも高めに設定された社会保険や厚生年金料を払っていました。
これが本当だとすると、控除額が多くなり、やはり今回のほうが住民税が少なくなる可能性が高くなります。

住民税の納付書のほかに、「住民税額の決定通知書」という書類があるはずです。
先回と今回の2つを見比べてみて、「所得控除」の欄で、例えば先回は医療費を多く支払っていたというようなことはありませんか。あるいは今回はなにかのミスで社会保険料の控除が0になっていたなど。

年収だけでなく、年ごとの「所得控除」という欄の数字の違い、そして「課税総所得」という数字の違いに注意してください。

Q売掛金回収時の仕訳

例えば、売掛金100,000の回収に当たり、手数料420を差し引かれ顧客から99,580が入金されたとします。
このときの仕訳について教えていただきたく。

Aベストアンサー

> NO1に、あなたの、お礼の中に質問があった手数料はP/Lのどこに計上されますか?に対して、どなた、も回答してくれませんね?資産・負債・損益とその区分や原価要素。中分類。内容から回答します。

> NO1の回答はP/Lの営業外費用へ計上されます。

> さて今回の件。御社がお得意先と支払方法について十分連絡を取り話合いをしていたら今回のような事態にならなかったはずです。

> 最初の仕訳は・・・・売掛金100.000/商品100.000で計上されているはずです。

 99.580円入金されました。420円の手数料と言う事も分かっています。NO1の時の質問の内容に対して営業外費用としました。

> ところで御社の納めた商品に対して得意先から、不良品や数量不足と言ったクレームがきましたか?なければ売上値引きにはなりません。

> 今回の場合銀行振り込み料と思いますが、こっち持ちと決めてあるのですか?得意先持ちですか?質問の内容から相手が勝手に99.580円を振り込んできたように思いますが?

> そうであれば、支払手数料もちょっと疑問?私ならこうします。

(1) 現預金   99.580 / 売掛金100.000
   雑費(入金手数料)420 

(2) 現預金   99.580   売掛金100.000
   雑費(銀行振込料)420

 (2)の場合は御社が銀行へ支払ったと云う事になって私は嫌です。

* 最後に注釈。流動資産で現金=(現金・当座小切手・郵便為替等々があります。)
  預金=銀行(当座・普通・定期等々)郵便貯金・金銭信託等々を考慮して、現預金と書いています。

 私も100点ではありませんが、仕訳会計処理は合って当たり前ですから慎重に経理を行ってください。応援します。

> NO1に、あなたの、お礼の中に質問があった手数料はP/Lのどこに計上されますか?に対して、どなた、も回答してくれませんね?資産・負債・損益とその区分や原価要素。中分類。内容から回答します。

> NO1の回答はP/Lの営業外費用へ計上されます。

> さて今回の件。御社がお得意先と支払方法について十分連絡を取り話合いをしていたら今回のような事態にならなかったはずです。

> 最初の仕訳は・・・・売掛金100.000/商品100.000で計上されているはずです。

 9...続きを読む

Q福岡市における独身の場合の住民税の計算方法は?

現在、福岡市内で勤務しておりますが
去年の税率変更の時期から住民税を毎月約14,000円ほど
給料から天引きされています。

2年ほど前に引越し、去年住民票を移しましたが、
住民税の計算方法は福岡市に変わっているのかよくわかりません。
とても高くなったので違和感があるのですが、自分の住民税を
確かめる方法はあるのでしょうか?
(勤務は転勤前2年、転勤後現在3年目になります)

北海道や福島県のサイトでシミュレーションしようと試みましたが、
基礎控除や所得割額など、専門用語ばかりでよく理解できません。

年間総所得が400万程度で独身なら大体このくらい、という
計算方法はないのでしょうか?
そもそも源泉徴収の額や基礎控除など、すべて調べないと計算できないものですか?

市役所に行くほどでもないと思っていますが、ずっと気になっています。
どなたか目安となる計算方法でも良いので、教えていただけませんか?
よろしくお願いします。><

Aベストアンサー

・住民税は現在、全国どこでも計算方法は一緒です
 一部、均等割(市町村3000円+都道府県1000円)が割増されて高くなっている地方もありますが、基本的には同じです
・1.前年の総収入-給与所得控除=給与所得(所得)
 2..給与所得-所得控除(基礎・配偶者・扶養・社会保険料・生命保険等の控除)=課税所得
 3.課税所得×税率(一律10%)-調整額=住民税の所得割
 4.住民税の均等割=市町村3000円+都道府県1000円=4000円
 5.(所得割+均等割=住民税)
・下記、一応福岡市のHPより・・2.の所に計算方法があります
http://www.city.fukuoka.lg.jp/zaisei/zeisei/life/kojinshiminkenminzei/Index.html

参考:源泉徴収票(平成19年度)がありましたら
 1.給与所得控除後の金額が「所得:給与所得」です
 2.所得控除の額の合計額が、所得税の各種控除の合計額です
  独身の場合なら、基礎控除が住民税だと33万ですから(所得税は38万)合計額から5万を引いて下さい・・その金額が住民税の所得控除額にになります
 3.「給与所得:所得」-「所得控除・・上記の修正額」=課税所得(住民税の)
 4.以下、計算すると、今年の6月以降の住民税の金額が出ます(年額)
以上、独身で配偶者・扶養控除等が無い場合です

・住民税は現在、全国どこでも計算方法は一緒です
 一部、均等割(市町村3000円+都道府県1000円)が割増されて高くなっている地方もありますが、基本的には同じです
・1.前年の総収入-給与所得控除=給与所得(所得)
 2..給与所得-所得控除(基礎・配偶者・扶養・社会保険料・生命保険等の控除)=課税所得
 3.課税所得×税率(一律10%)-調整額=住民税の所得割
 4.住民税の均等割=市町村3000円+都道府県1000円=4000円
 5.(所得割+均等割=住民税)
・下記、一応福岡市のHPより・・2.の所...続きを読む

Q回収不能の小額売掛金の仕訳

回収不能の売掛金の仕訳で質問です。

前期に商品を顧客に販売する際、
売掛金1000/売上高1000
立替金80/現金80(商品送料の立替え)
と仕訳をしていました。

その後、売掛金が回収できなくなったので
今期に処理をしようと思うのですが、
以下のような仕訳で大丈夫でしょうか?
小額なので貸倒損金などを使わない方法を
ネット上で探したのですがなかなか見当たらず
想像で記載してみたのですが。

事業主貸1080/売掛金1000
      /立替金80

もしくは、「事業主貸」の部分を
「雑損失」にした方がよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

売上代金に関する「貸倒損失」は、非経常的かつ多額のものは特別損失に属し、経常的あるいは少額なものは販売費に属します。

ご質問の件は少額の貸倒損失ということですから、販売費の区分に計上すべきですが、目立ちたくないのであれば「雑費」で処理してはどうですか。
「雑損失」は営業外費用に属する科目ですから。

「事業主貸」に計上すると貸倒損失を必要経費に算入できないので所得税と住民税を損しますよ。


人気Q&Aランキング