会社で法人税、事業税、消費税の領収書を用意しないといけないのですが納税証明書とは別ですか?
取得方法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

納税証明書と納税の領収証は、全くの別物です。


領収証はその名の通り、納税時に領収証として受け取っているものであり、基本的に再発行は受けられないものと思います。

どちらに提示・提出の為なのかわかりませんが、その提示・提出先が求めるものが、納税が済んでいること、納税額の確認という点であれば、納税証明書や申告書で代替えも可能かもしれません。提示・提出先に確認されるしかないと思いますよ。

あくまでも私の経験からの推測ですが、金融機関(政府系の公庫などを含む)の融資審査で求められることがあります。このような場合には、法定期日を守って納税しているかどうかの確認により、返済なども期日を守るかどうかの評価につながるものです。納付されていればよいというのではなく、期日を守る意識が高いかどうかの確認という点ですので、納税証明書では認めていないかと思います。
ただ、納税証明書や申告書により納税すべき金額が把握でき、さらに預金通帳などにより納税日が確認できればということもあるかもしれません。

ただ一点としては、会社の重要な書類を紛失してしまうような会社と評価されるかもしれないということです。

電子納付や振替納税など特殊な納付方法による納税である場合には、領収証が手元に残らないかもしれません。そのような場合にも、提示提出先に確認すべきことだと思います。たぶん通帳に税務署名や税目名が記載されていることでしょうから、それで確認をすることになるかもしれませんね。
    • good
    • 2

法人税、事業税、消費税の領収書は、郵便局や銀行などで税金を払えば、その時に発行してくれますよ。



>納税証明書とは別ですか?

税金の領収書と納税証明書は、別の物です。
    • good
    • 0

領収書は「何年何月何日いくら、何税の納税額を受領しました」というものです。


納税証明書は「税目と、いくら納税すべきで、いくら納税がされていて、いくら残額があるか」を税務機関が発行するものです。
従って「いつ納付したか」は証明書に記載されません。
また期限遅延で延滞税、延滞金が賦課された場合には同額も証明書に記載されます。
法人税、消費税は税務署、事業税は県税事務所で発行されます。
法人の代表者であることを証明できるものと、代表者印が申請に必要です。
手数料を印紙で支払います(県は県の収入証紙)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福祉事業の法人税・消費税

社会福祉事業の法人税、消費税について教えて下さい。

社会福祉法人、医療法人、株式会社が、それぞれ下記の事業を行った場合、
法人税、消費税の課税・非課税はどうなるのでしょうか?

1.グループホームの運営
2.ケアハウスの運営

自分なりに調べたところ、私が勘違いしているのかもしれませんが、運営主体によって
課税区分が違ってくるように思ったのですが・・・。
運営主体が社会福祉法人の場合は非課税で、それ以外の場合は課税になるという事でしょうか?

Aベストアンサー

また非営利団体の中で完全非課税は公益社団法人、公益財団法人だけですから、株式会社は利益の追求が第一理念ですから、非営利団体にはなれません。
社会福祉法人も完全非課税ではありません、収益事業に関しては課税されます。
財務省のHPに記載されています。
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/corporation/251.htm

Q法人成りについて 現在親戚が個人事業で建築会社を経営していて経理を手伝っているものです。領収書の整

法人成りについて

現在親戚が個人事業で建築会社を経営していて経理を手伝っているものです。領収書の整理や請求書の作成などを手伝っているのですが、4月中旬に法人(株式会社)にすることになりました。取引先から法人じゃないと取引できないということで仕方なくなのですが
資本金は0円らしいです。
最初の帳簿の書き方なのですが、買掛や売掛金の引き継ぎ、4月15日以前に個人事業主として働いた分請求は4月30日頃にだすのですが15日以降は法人になっているのでどのように入力したらいいか(継続して現場がはいっているので)、また仕入れ等も同様に請求書がきていますが支払う頃には法人化しています。これをどう処理したらいいのでしょうか?また、資本金0円ということは会社の通帳にはお金が入ってないと思うので最初の経費は個人事業で売り上げた利益から出していくつもりなんでしょうけどこの場合の記帳はどうなりますか?準備のための法人化してから創業費として計上するお金(お金を払ったのは個人事業の現在)の書き方も教えていただきたいです(>_<)従業員の給料も個人事業の15日までは個人事業から15日以降は法人からになるのですか?ですが取引先からの入金は法人のほうに入ってくると思うのですが。。
できれば全ての引き継ぎ?の流れもお願いします(>_<)法人化に合わせ弥生会計を使用する予定です。個人事業の今は特別に帳簿はつけていません(>_<)領収書の整理ぐらいです。簿記2級は昔とりましたがよく覚えておらず必死にネットなどで調べていますが私は経理未経験でよく分かっていない状態なので詳しく教えて下さる方よろしくお願いします!!

法人成りについて

現在親戚が個人事業で建築会社を経営していて経理を手伝っているものです。領収書の整理や請求書の作成などを手伝っているのですが、4月中旬に法人(株式会社)にすることになりました。取引先から法人じゃないと取引できないということで仕方なくなのですが
資本金は0円らしいです。
最初の帳簿の書き方なのですが、買掛や売掛金の引き継ぎ、4月15日以前に個人事業主として働いた分請求は4月30日頃にだすのですが15日以降は法人になっているのでどのように入力したらいいか(継続して現場がは...続きを読む

Aベストアンサー

まず、4月15日を会社の設立の日とすると、1月1日から3月14日までが個人事業、4月15日以降が会社の経理となります。
1月1日から3月14日までの会計処理については来年3月15日までに最後の確定申告として提出することになりますので来年度も確定申告が必要となります。併せて忘れずに廃業届も出しておきましょう。

売掛金や買掛金は、売買契約、あるいは現物出資のどちらの場合も引き継ぎができますが、手続きについてはやや複雑になるので、専門家などに手続きをお願いするケースを除き、「個人事業として」回収や支払いをするほうが無難だと思います。
例えば、4月14日以前のお仕事は一度個人のお仕事として清算して請求書を出し、(売掛金)は元の個人の口座に入金してもらい、個人事業で使用した買掛金などは個人口座からお支払をします。
4月15日以降発生分は、会社名で請求・支払いをすることになりますが、間違って個人口座に入る分が入金されてきた場合は、預り金や仮受金勘定で処理します。
会社で購入したのに、請求書が個人宛になっている買掛金は会社で振り込めばよいのですが、振込む前に、先方に連絡だけはしておいたほうが良いと思います。できれば、請求書の再発行もしてもらえるといいですね。
個人事業に関してはしては、あくまで売掛金や買掛金の精算だけで、法人設立日以降、発生する売上や費用はありません。間違えないようにしてくださいね。

従業員がいれば退職処理をします。(引き続き会社で雇う場合も)
個人と会社を区別して、最後の給料を支払います。
会社のお給料は設立後の分を支払うことになります。

創業費などの個人事業主が支払ったものは確定申告の経費には含めずに、法人の会社の帳簿で処理することになりますが、あくまでも個人の商売からでなく、社長本人から出した金額なので社長からの借入金として、処理をしておいて会社として払える金額が出来た時点で払い戻しをすることになります。

他にする必要があれば
個人事業で借りている借入金をすべて支払う。
個人で事務所を借りていた場合は、解約するか名義を会社に変更する。
また、併せて会社を設立するにあたり、税務署、県税事務所、市役所に届け出が必要になります。

弥生会計にして法人設立後は会計ソフトを導入するそうですが、預金や現金出納帳はなんとかなりますが、
振替伝票の処理の場合、簿記が必要になると思います。
簿記2級があれば大丈夫です。がんばってください。

まず、4月15日を会社の設立の日とすると、1月1日から3月14日までが個人事業、4月15日以降が会社の経理となります。
1月1日から3月14日までの会計処理については来年3月15日までに最後の確定申告として提出することになりますので来年度も確定申告が必要となります。併せて忘れずに廃業届も出しておきましょう。

売掛金や買掛金は、売買契約、あるいは現物出資のどちらの場合も引き継ぎができますが、手続きについてはやや複雑になるので、専門家などに手続きをお願いするケースを除き、「個人事業として」回収や...続きを読む

Q受取手形の領収書の消費税について

受取手形の領収書の消費税についての質問です。
相手側に送ってる個別請求書の支払を合算して手形で受け取った場合の領収書について教えていただけますでしょうか。

個別請求書の合算計が以下の場合
税抜 5606421円 消費税 448506円

領収書(節税の為2枚)の記入はこちらで宜しいでしょうか?
5400000円 (但し消費税400000円含む)
654927円 (但し消費税48506円含む)

合計額6054927円で計算すると税額は448513円になりますが請求書の消費税と誤差が出てしまいます。

Aベストアンサー

印紙税の節約の問題だけですから、
654,927円の領収証には消費税の記載は不要です
とくに質問のケースのように端数処理の都合で誤差がでる場合は合計額だけを書いておきましょう。
(消費税の記載ありなしにかかわらず印紙代は200円で済みます)
あえて記載する場合は請求書どおりでも手形金額から計算した税額どちらでも問題ありません。

540万円の領収証は印紙税1,000円で済ますためには、本体と消費税額が区別できる記載が必要ですから
質問文のように「内消費税400,000円」とでも書いておきましょう。

Q別表4の損金経理した納税充当金と法人税から控除される所得税について

別表4についての質問です。

私が参考にしている本には、『損金経理した納税充当金』には損益計算書の法人税等を記入するよう指示があります。またさらに、『法人税額から控除される所得税額及び復興特別 法人税額から控除される復興特別所得税額』には別表6(1)の金額を記入するよう指示があります。

預金利息に対する税を法人税等で処理しているため、損益計算書の法人税などには預金利息に対する所得税が含まれています。

また、別表6(1)の所得税額には預金利息に対する所得税が含まれています。

別表4の総額では預金利息に対する所得税が2回足されるのですが、上記の処理では帳簿の付け方か別表4の記載どちらかが間違っているのでしょうか。それとも2回足される処理で合っているのでしょうか。

Aベストアンサー

再度のご質問に対して回答したいのですが、勘違いがあるといけないので・・・出来ましたら御社の行っている仕訳を開示頂けませんでしょうか??

> 下記のサイト等には預金利息を法人税等に勘定しています。
> http://www.mezase-bokizeirishi.jp/keiri/keiri2.h …
当社で行っている仕訳

1 預金利息を計上する仕訳
 当社もそのサイトに書かれているのと同じ仕訳です。
 そのため当社では、『法人税等』に計上している金額が全て「納税充当金」とはなりません。

2 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充当金の計上
 当社は預金利息に対する所得税(復興税なども含む)相当額を「納税充当金」に計上しておりません。
 なお、計上することに問題はないと考えます。

3 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充当金の取り崩し
 2に書きましたように当社では計上していないので、取り崩しも発生いたしません。


◆因みに当社の「法人税等」勘定を分解すると次のようになっており、其々の内容に応じて別表4~別表6を作成しております
 ・当期に損金処理した「納税充当金」(利息に対する税は含まない)
 ・当期に取り崩した「納税充当金」(利息に対する税は含まない)
 ・預金利息に対する所得税など
 ・配当金に対する所得税など

再度のご質問に対して回答したいのですが、勘違いがあるといけないので・・・出来ましたら御社の行っている仕訳を開示頂けませんでしょうか??

> 下記のサイト等には預金利息を法人税等に勘定しています。
> http://www.mezase-bokizeirishi.jp/keiri/keiri2.h …
当社で行っている仕訳

1 預金利息を計上する仕訳
 当社もそのサイトに書かれているのと同じ仕訳です。
 そのため当社では、『法人税等』に計上している金額が全て「納税充当金」とはなりません。

2 「預金利息に対する所得税等」に対する納税充...続きを読む

Q領収証について。会社が経費に使った領収書がないと何にどれだけ使ったかが証明できないた

領収証について。会社が経費に使った領収書がないと何にどれだけ使ったかが証明できないため、その分の税金を払い直すと書いてあるのを見たのですが、領収書があればないのと比べ税金の支払額が下がるということですか?そもそも会社は何かで使った経費に対して税務署?に支払う税金が支払う義務があるんですか?よくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

ざっくりと
売上-経費=利益
利益に対して税金がかかる
領収書があると経費を増やせて、利益が少なくなる。結果税金が安くなる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報