昨シーズン末、こちらでSAJ一級受験について質問した者です。有難いアドバイスを頂き、合格はしたのですが、一部自分の中で分からない点があります。

それは、内足はどれだけ、どのように使うのか?という点です。合格した時の主任検定員から、「くの字姿勢を取るためには、内足は折りたたんで使わない、添えるだけでいい」と言われました。その形で傾くことでキレが出るのだ!と。圧も感じやすいですし、感覚的にはよく分かります。
しかし、指導者によっては、足首の捻りや、内足の重要性を話される方も多く、先のアドバイスとは相いれないような気がします。
私の理解(例えば大回りなら)では、
・谷足に乗ってくの字姿勢で斜滑降
・切り上がるところ(ニュートラル)で山足(次の外足)の母指球を押し、上体=胸をフォールラインに落としてターン始動
・ズンっ!ではなく、ズ…ーンというイメージで外足のインエッジに重みをかけていく。くの字姿勢、次の切り替えポイントへ。
というイメージなのですが、やはり内足を意識しているタイミングがありません。
1級合格時の主任検定員的には「それでいい」のだと思うのですが、これだけでは本当に内足無視です。

今後、私は内足とどのように付き合っていけば良いのでしょうか?
専門家の方、アドバイスを頂ければと存じます<m(__)m>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

最近のSAJの教程では、あまりカービングを重視しなくなってきているようですね。

まあ、毎年新しいスキー技術を開発しているのですから、そういう時代もあります。それでも、1級レベルまでは、基本カービングですからね。
指導のレベルになると、カービングよりも、開きだしとか、外向傾とか、いろいろあります。

さて、内足の使い方ですが、
レールターンをきっちりと練習すると、自然と身につきます。
浅周りでも、深回りでも、両方練習しましょう。
内足のエッジが雪面をとらえて、切れていく感覚が分かるようになります。
そうしたら、どのように、どれぐらい、というあいまいな質問はしなくてすむくらい、使い方が、わかると思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー検定の受かりやすいスキー場、受かりにくいスキー場は?

スキーの検定なのですが、同じ級でも受けるスキー場によってかなりの難易度の差がありますよね。
例えば最難関の八方や浦佐などでしたら、そこで2級受かる人なら受かりやすいと言われるマイナーなスキー場の検定では1級に受かるレベルとまで言いますし。
今は、一級は不整地もあるんでしたっけ?
ですから一概には言えないかもしれませんけど・・・
私が某スキー場のスキー教室で同じクラスだった一級の方は、
「ハァ?本当に一級??」
みたいな感じの方もおられましたし…
どうもそこのスキー教室や合宿に頻繁に参加していると温情(サービス?)で採点が甘くなるようですね。

で、どこのスキー場の検定が易しいでしょうか?
有名どころのスキー場は難しそうですよね。
できれば具体的なスキー場名をお教えください。

情報お願い致します。

Aベストアンサー

苗場で見られたのは、柏木義之選手ではないでしょうか?

八方、戸隠、苗場が難しいと聞きます。
あと北海道ですね。
木島平に戸狩、関西のスキー場が優しいと聞いたことがありますが。

QSAJスキーバッチテスト

私は現在高2です。
先週SAJのスキーのバッチテストの2級を受けてきました。残念なことに落ちてしまいました。
今時代はスノーボードの時代ですね☆でも小さい頃からずっとスキーが大好きなので、だから将来は指導員を取れるくらいになりたいと思っています☆雪国の住まいではないので、なかなか頻繁には足を運べないのですが、頑張っていきたいと思います。
今回、大回りと小回りが点数が低く、総滑が1番点数が良かったです。これからどのような点に気をつけていったら良いか教えてください☆

Aベストアンサー

ampammamさんこんにちは!

2級は残念でしたね。でもampammamさんは前向きな姿勢でがんばっているようですので、必ずいい結果がでますよ!

検定では総滑が良くて大回り小回りがあまり良くなかったと言うことですが、この情報からイメージできたampammamさんの滑りは、若干スピードを制御しきれていない滑りをしているのでは?と思いました。

大回り小回りと総滑で同じ滑りをした場合、同じような点数がつくはずですが、ampammamさんの場合総滑だけ点数が良かったのは、総滑の最大の評価ポイントであるスピードを出して滑るという事ができていたからだと思います。

しかし、総滑で良かったampammamさんの滑りが大回り小回りであまり評価されなかったのは、これらの種目の場合スピードをコントロールできていないと見られたからでしょう。

恐らくampammamさんは後傾になっていてスピードを制御できていないのだと思います。

上記の私の推測が正しいと仮定して、後傾を治す為のアドバイスをしますと、例えば
●緩斜面で全てのバックルをはずして滑る練習とか。
●逆に急斜面を暴走しないように1ターン1ターンしっかりと減速して滑る練習とか。
●両手を膝に置いて滑る練習とか。
が挙げられます。

まあ、これはあくまでも私の推測を元にした練習なので、できればスクールでレッスンを受ける事をお勧めしますよ!

ampammamさんこんにちは!

2級は残念でしたね。でもampammamさんは前向きな姿勢でがんばっているようですので、必ずいい結果がでますよ!

検定では総滑が良くて大回り小回りがあまり良くなかったと言うことですが、この情報からイメージできたampammamさんの滑りは、若干スピードを制御しきれていない滑りをしているのでは?と思いました。

大回り小回りと総滑で同じ滑りをした場合、同じような点数がつくはずですが、ampammamさんの場合総滑だけ点数が良かったのは、総滑の最大の評価ポイントであるスピ...続きを読む

Qスキー検定について

今シーズン(2004年)JASのスキー検定の
1級の受験を考えています。
2級は、2年前にノルン(群馬)で取得しました。
今シーズン(?)からまた検定内容が変わったと
聞いています。
スキー検定1級の内容と以前との違い、難易度、
ポイントを教えてください。
また、受験地の地域差はあるのでしょうか?
お勧めのスキー場などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

検定頑張って欲しいですね。JASってSAJのことですよね?

変わったのは実践種目、規定種目と分かれていたのがなくなりました。不正地種目が増えたのが目新しいかな。詳しくはSAJのホームページを見て下さい。

ずーっと昔の検定に戻ったような気がします。小回りもきちっと練習しないとなかなか難しいと思います。

残念ながらスキー場によってレベルに差はあると思います。群馬エリアまで行かれるのであれば、WW岩鞍がお勧めです。

QスキーのSAJの事について聞きたいのですが 準指導員と指導員はどっちの方がよいのでしょうか? 筆記試

スキーのSAJの事について聞きたいのですが
準指導員と指導員はどっちの方がよいのでしょうか?
筆記試験はあるのですか?資料や教科書があればURLで送ってもらってください

Aベストアンサー

準指導員の資格を所得後2年しないと指導員試験を受けられないのだったと思います。
SAJのサイト等に詳しくあるはずです。

http://www.ski-japan.or.jp/

Wikipediaにもありますね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85

試験内容についてはGoogleで「スキー 準指導員検定 2017」といったキーワードで検索すると来シーズンのバッジテストの日程や内容などの情報が得られるはずです。
各県などのスキー連盟のページがヒットすると思います。

参考まで。

Qスキー合宿

大学のサークルのスキー合宿の幹事をやることになってしまいました。
しかしスキーにあまり詳しくなく、どこがいいのか、
リフトに近い旅館とか、どういう条件がどういいのか、
パンフレットを大量に手に入れましたが見てもよくわからず、
混乱してきました。
東京から1泊2日(移動に深夜バスで前の日に1泊)で、
2万以内で2月上旬に行きたいです。
どこがおすすめですか?
スキー場を選ぶ時のポイントってありますか?
また、合宿の幹事として、やるべきことって何かありますか?
ここでみんなに力を見せておきたいです。
ですがこんな私に力を貸してください お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
サークルの合宿だと、けっこうな人数になりませんか?
30人くらいならバス一台貸しきりという選択肢もでてきます。
どちらにせよ、サークルの男女比によって部屋数もかわります。

学生さんとかであれば平日にいくことが可能でしょうから、人数次第で今ならちょっとマイナー系のペンションとかでも貸しきれる可能性あるかもしれません。

どちらにせよ、人数、参加されるかたのスキーレベル、がわからないことには。。

また、はじめの幹事なら、こういう合宿の場合、どんなにみなにきちんといっておいても、間際になるまで参加の可否のはっきりしない人、またはどたきゃんが必ずあると考えておいたほうがよいです。
そういうこともあらかじめ含んでおかないとキャンセル料や部屋のわりふりなどもめることになります。

そういう意味では、宿泊が絡む場合、人数の増減のキャンセル料の扱いには注意しましょう。
団体さんであれば有る程度考慮してもらえることもあるので、事前に確認しておくことです。その意味で行けば、洋室より和室、もしくは和洋室のほうが人数の融通がつけやすいです。

あと、神立とかならスキー場にかなり広い仮眠施設ありますので、この場合だと人数きにせずいけます。寝るだけならこういうのも手ごろでいいとおもいますが。
スキー場的にはこぶ斜面や急斜面がけっこうあるのでどちらかというと中上級むけですが、初心者向けコースもあります。
http://www.kandatsu.com/spahouse.htm

一泊2日といっても前日深夜着とかで実質すべるのが1日だけとかなら、スキー場の規模はさほど気にしなくても良いと思います。1日とかであれば広いところいってもそんなに滑れませんし、帰りはスキー場で着替えてかえるということになると、むしろスキーセンターの設備のよいところで選んだほうが満足度高いとおもいます。
最近はスキーセンターやスキー場の近辺に温泉はいって帰れるところとかもあるので、私ならそういう設備があるといいなとおもいます。
そういう意味では湯沢、草津、万座、あたりもいいかな。

こんにちは
サークルの合宿だと、けっこうな人数になりませんか?
30人くらいならバス一台貸しきりという選択肢もでてきます。
どちらにせよ、サークルの男女比によって部屋数もかわります。

学生さんとかであれば平日にいくことが可能でしょうから、人数次第で今ならちょっとマイナー系のペンションとかでも貸しきれる可能性あるかもしれません。

どちらにせよ、人数、参加されるかたのスキーレベル、がわからないことには。。

また、はじめの幹事なら、こういう合宿の場合、どんなにみなにきちん...続きを読む

Qスキー SAJバッジテストの点数について

先日、SAJの2級検定に合格しました。
質問ですが、受けた級によって、与えられる点数の上限って決まっているものなのでしょうか?
2級、全て66点で合格でした。が、当日の2級受験者20人中(4人合格)では 各種目66点が最高だったので、2級でエントリーすれば一番上がこの点数と決められているのかな、と感じた次第です。
というのも、同じバーンで行った 1級受験者の方々、転倒とか暴走気味とかの致命的に見える失敗されても、最低点が67点とかだったので(発表は1・2級同時でした)。
続いて1級にもチャレンジしたいと思うのですが、もし検定が絶対評価であれば、66点だとまだまだなのでもっと精進してから、と思うのですが、1級でエントリーしたらもっと高めの点をもともと期待できるのであれば、だめもとで申し込んでみようか、と考えている状況です。

Aベストアンサー

合格おめでとうございます。うらやましい。

かつてインストラクターをやってる人から聞いたのですが
1級は5種目×100ポイント=満点500ポイント
350ポイント以上合格(70%)
2級は4種目×100ポイント=満点が400ポイント
260ポイント以上合格(65%以上)

ってことになってます。
ここで、ぶっちゃけですが、
1級の場合は
・転倒暴走=67
・まだまだ=68
・あとちょい=69
・まあ合格=70
・合格!=71
・うまい!=72
2級の場合は
・転倒暴走=62
・まだまだ=63
・あとちょい=64
・まあ合格=65
・合格!=66
・うまい!=67

と、とどのつまり合格点(1級は70、2級は65)を中心に6段階評価やってるようなものなのですね。
だから1級と2級の間に点数の関係はありません。
1級を受験されたら、70点を基準に、超えてるか、まだかを大体6段階で評価されます。

と、2級を大回り以外64点で落とされた私がえらそうに答えてみました。(笑)

QSAJスキー検定(ジュニア)のスケジュール

子供にジュニア検定を受けさせたいと思っていますが、スケジュールがまともに情報公開されているところが見つからず、探すのに大変苦労しております。SAJや各県連のHPにはスケジュールの記載がなく、スキー場のサイトを手当たり次第見ているのですが、スケジュールが公開されていないか、あっても昨年以前のものが殆どです。

どなたか、今シーズンの検定スケジュールの情報をご存知の方教えていただけませんか?特に年末年始でジュニア検定が行われているスキー場をご存知であれば教えて頂きたくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「年末年始」というのはお子さんの冬休み期間中ということですよね。そうだとすると、「検定のみ」という形でジュニア検定を実施しているスクールは殆ど無いと思います。たぶん年末年始のスクールは検定やるほどヒマじゃないし。第1回目を1月中旬~下旬に設定しているスクールがほとんどだと思います。

年末年始は「2泊3日程度のジュニアスキー合宿+ジュニア検定」というパックの形式でないと、ジュニア検定を受けることは難しいと思います。ざっと見たところ、ばんけい、万座あたりのスクールにはこういうパックがありましたよ(もう満員だったかも)。

参考までに、自分がよく行くスキー場のスクールのHPでは検定日程upされています(ここでは、1月11日が第1回ですね)。11月末ごろまでには検定日程が続々upされるのではないでしょうか。
http://www.maikoski.jp/Examination.htm

あと、地域をある程度限定して頂かないと、良いレスが付かないのではないでしょうか。

QSAJの1・2級に受かるために適したスキー板とは?

自分のスキー経験は、生まれてこの方10回程度です。
またきちんと習ったのも、初心者向けの講習を学校のスキー旅行で行った程度です。

今シーズン、ジブやキッカーなどで遊びたいと思いスキー一式を購入しました。
いざゲレンデで滑ると初・中級者向けの斜面では普通に滑れますが、
中上級者レベル・30度弱の斜面のスピードで板を上手く操れないと強く感じ、危ないと思いました。
そこでスキーの操作を上手くするために、SAJの1・2級を目標に練習やスクールなどに参加しようと考えています。

しかし、購入した板はフリースタイル用パーク向け・ツインチップ板です。
(サイドカット110-80-103・R15)
またビンディングをメーカー指定のセンター寄りに取り付けています。
それと、ブーツは2バックル・フレックス90のものです。

そこで質問なのですが、
SAJ1・2級を目指す上で、この板では練習のはかどりが悪い・支障が出るといったことはありますか?
また向かないようでしたらどのようなタイプ(オールマウンテンスキー・デモ・柔らかめ・硬め・Rの値)を購入したいいでしょうか?
具体的に板の名前を上げて頂きますと助かります。

自分のスキー経験は、生まれてこの方10回程度です。
またきちんと習ったのも、初心者向けの講習を学校のスキー旅行で行った程度です。

今シーズン、ジブやキッカーなどで遊びたいと思いスキー一式を購入しました。
いざゲレンデで滑ると初・中級者向けの斜面では普通に滑れますが、
中上級者レベル・30度弱の斜面のスピードで板を上手く操れないと強く感じ、危ないと思いました。
そこでスキーの操作を上手くするために、SAJの1・2級を目標に練習やスクールなどに参加しようと考えています。

しかし、購入した...続きを読む

Aベストアンサー

2バックルというのは、アトミックのLiveFit系かサロモンのフォーカス系でしょうか?
ビンゴなら、足型に合ってさえいれば1級も充分受かります。
ただし足型に合っていなければ細かい操作で不利になります。これは2バックルだからではなく足型に合っているかいないかです。
このブーツ、バカにできませんよ。

板に関しても、2級までなら充分に使えます。
フリースタイルの中ではサイドカットがきついですから、そう極端な板ではないと思います。
スキー経験10日程度で上級コースで上手く扱えないのは当然です。
そんなに早くどのコースもスイスイ滑れるようになったら、逆に飽きるのも早いですよ。
ツインチップも関係ないです。ノルディカのファイヤーアローなどはツインチップでもバリバリです。
ただし、基礎板に比べれば軽くて不安定な面はあるでしょう。

買い足すなら、普通の中級板で良いです。
基礎用と書いてあってもなくても良いです。基礎板なんて、海外メーカーはそれっぽい板を寄せ集めて「デモ」と書いてあるだけですから。
むしろ「デモ」と書いてないが故に安く処分されている板もあります。
センター76mmくらいまでのオールラウンドでも良いです。

カービングターンを覚えるまではサイドカット15m以下くらいの方が基本技術をマスターするのに都合が良いです。最初から大回り板を買うと遠回りになります。

例:アトミックの中級レジャー用「バリオカーボン」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/1001shopping/at-11-vario-c.html?ccode=ofv&pos=2&model=

日本では基礎板扱いの中級モデル「VF-Light」
http://item.rakuten.co.jp/sports-bazaar/s-sk100159/
海外では「ゲレンデ用スキー」ジャンルで「VF73」という名前になります。

ズッシリ重いのをいとわなければ「VF2」もボチボチ安いのをみかけます。
http://item.rakuten.co.jp/himaraya/0000000212388/
初級から1級の上まで幅広く使えます。
これも海外では「VF75」というモデルになります。

アトミックを例に挙げましたが、安売りメーカーを除けば各社それぞれ良いところがあります。

基本技術を身につけるのは良いのですが、「基礎スキー」はちょっと宗教じみた面があって、最終的にフリースタイル目指すなら客観的な視点を忘れない方が良いです。

2バックルというのは、アトミックのLiveFit系かサロモンのフォーカス系でしょうか?
ビンゴなら、足型に合ってさえいれば1級も充分受かります。
ただし足型に合っていなければ細かい操作で不利になります。これは2バックルだからではなく足型に合っているかいないかです。
このブーツ、バカにできませんよ。

板に関しても、2級までなら充分に使えます。
フリースタイルの中ではサイドカットがきついですから、そう極端な板ではないと思います。
スキー経験10日程度で上級コースで上手く扱えないのは当然です。
そ...続きを読む

Qスキー検定2級を取るには

25歳、男性。

過去2度ほど、スキー検定2級を受験してきましたが、
すべて落ちてしまいました。
1回目は長野県、2回目は小樽の天狗山のそれ専門の
レッスンコースを受講しての挑戦でした。

来年から社会人になり、いよいよスキーにかけられる時間が
なくなるので、今年で何としてもスキー検定2級を取りたい
と考えています。

運動オンチで小回りもスムーズにできないし、パラレルも板をズラした
滑り方で、2級にはまだ練習量が足りないと自分でも感じています。

2級の合格方法や練習方法、検定合格のオススメのレッスンパック
など何かしらアドバイス頂けないでしょうか、お願いします。

Aベストアンサー

専門のレッスンコースと言うのは、検定前に2時間実施される事前講習の事ではなく2級受験のレッスンと2級検定がセットになったツアーに参加しての受験ということですよね?
正直な所2回もレッスンを受けて受験したのに残念ながら落ちたという事はきっと質問者の方は2級に求められる滑りがどういうものなのか頭で理解出来ていないのだと思います。
一度2級検定用のDVDを買って「テールコントロール」とはどういう滑りなのか理解いただきたいと思います。

2級の場合スピードとリズムをしっかりコントロールして「テールコントロール」で滑れれば合格点を出すことは十分可能です。要するズレズレの滑り(スピードコントロール最優先)でもしっかりとしたリズムで滑れれば良いのです。無理にカービング的なすべりを意識する必要はまったくありません。

それを理解した上で検定を受けるスキー場のスクールで一度レッスンを受けた上で受験してみてください。

なお、スクール以外の練習方法としてはビデオで自分のすべりを録画して見てみるのが非常に効果的です。DVDの滑りとどこが違うのかが良くわかるので何を直せばよいのか理解しやすいと思います。

それではがんばってください!

参考URL:http://www.skijournal.co.jp/search/detail.php?ID=882&PAGE=7

専門のレッスンコースと言うのは、検定前に2時間実施される事前講習の事ではなく2級受験のレッスンと2級検定がセットになったツアーに参加しての受験ということですよね?
正直な所2回もレッスンを受けて受験したのに残念ながら落ちたという事はきっと質問者の方は2級に求められる滑りがどういうものなのか頭で理解出来ていないのだと思います。
一度2級検定用のDVDを買って「テールコントロール」とはどういう滑りなのか理解いただきたいと思います。

2級の場合スピードとリズムをしっかりコントロー...続きを読む

QSAJのスキー検定

現在の種目にある「テールコントロール」「トップ&テールコントロール」「トップコントロール」の違いは何でしょうか。一応6年前に級別1級を取得しています。

Aベストアンサー

違いはズバリどれだけずらさないで滑るかです。
「テールコントロール」より「トップ&テールコントロール」、それより「トップコントロール」がずらさない技術となります。

よりずらさない滑りほど、雪面には幅が狭くかつ雪を刻んでいる軌跡を残すことになり、キレのある滑りともいいます。ずらしの多い滑りほど幅が広くボヤっとしたくっきりしない軌跡を残します。

ズラシの多いすべりを“ドリフトしながら滑る”といった方がわかりやすいかもしれません。

ブーツの中では
テールコントロール----つま先中心、かかとを横ズラシ
トップ&テール---------土踏まずが中心
トップコントロール----かかと中心、つま先横ズラシ
のイメージになります。

雪面に接触する板の角度(角付け)については
テールコントロール----真上から踏むため角度は0に近い
トップコントロール----45°など角度は大きい
という状況になります。


テールコントロールなんていうのは特別なことではなく、意識しなくとも初中級者のスキーヤーは皆必然的にやっている動作でズレの多い滑りなわけです。
それに対しトップコントロールとは上級者に要求された特別な滑りなのですが、単にキレる滑りでしょう。
いきなりその特別な滑りの実現が困難でしょうから、中間であるトップ&テールコントロールという用語をつくったんでしょう。

テールコントロールはターンの最中、トップ先端の軌跡よりテール後端の軌跡の方が必ずターンの外側を通るのに対し、トップコントロールはテール後端の軌跡よりトップ先端の軌跡が外側にくる・・・・わけがないのです。(意味わかりますか?)
但し、深雪の急斜面滑走については本当にトップがハッスルします。

結論として「トップコントロール」とはよりキレのある滑り ということです。


テールコントロール、
トップ&テールコントロール、
トップコントロール、
スキッド技術、
スキーブーツを中心とした回旋運動、
ピボット動作、
ターンMax、

いずれもSAJ用語辞典がなければ何のことだかさっぱりわからなく、優秀なスクール、卓越したテキストほどこれらの単語を使用せず、わかりやすく指導、説明しています。

違いはズバリどれだけずらさないで滑るかです。
「テールコントロール」より「トップ&テールコントロール」、それより「トップコントロール」がずらさない技術となります。

よりずらさない滑りほど、雪面には幅が狭くかつ雪を刻んでいる軌跡を残すことになり、キレのある滑りともいいます。ずらしの多い滑りほど幅が広くボヤっとしたくっきりしない軌跡を残します。

ズラシの多いすべりを“ドリフトしながら滑る”といった方がわかりやすいかもしれません。

ブーツの中では
テールコントロール----つま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報