最新閲覧日:

昨シーズン末、こちらでSAJ一級受験について質問した者です。有難いアドバイスを頂き、合格はしたのですが、一部自分の中で分からない点があります。

それは、内足はどれだけ、どのように使うのか?という点です。合格した時の主任検定員から、「くの字姿勢を取るためには、内足は折りたたんで使わない、添えるだけでいい」と言われました。その形で傾くことでキレが出るのだ!と。圧も感じやすいですし、感覚的にはよく分かります。
しかし、指導者によっては、足首の捻りや、内足の重要性を話される方も多く、先のアドバイスとは相いれないような気がします。
私の理解(例えば大回りなら)では、
・谷足に乗ってくの字姿勢で斜滑降
・切り上がるところ(ニュートラル)で山足(次の外足)の母指球を押し、上体=胸をフォールラインに落としてターン始動
・ズンっ!ではなく、ズ…ーンというイメージで外足のインエッジに重みをかけていく。くの字姿勢、次の切り替えポイントへ。
というイメージなのですが、やはり内足を意識しているタイミングがありません。
1級合格時の主任検定員的には「それでいい」のだと思うのですが、これだけでは本当に内足無視です。

今後、私は内足とどのように付き合っていけば良いのでしょうか?
専門家の方、アドバイスを頂ければと存じます<m(__)m>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

最近のSAJの教程では、あまりカービングを重視しなくなってきているようですね。

まあ、毎年新しいスキー技術を開発しているのですから、そういう時代もあります。それでも、1級レベルまでは、基本カービングですからね。
指導のレベルになると、カービングよりも、開きだしとか、外向傾とか、いろいろあります。

さて、内足の使い方ですが、
レールターンをきっちりと練習すると、自然と身につきます。
浅周りでも、深回りでも、両方練習しましょう。
内足のエッジが雪面をとらえて、切れていく感覚が分かるようになります。
そうしたら、どのように、どれぐらい、というあいまいな質問はしなくてすむくらい、使い方が、わかると思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内足の内斜角の作り方を教えてください!

スキー1級所持者です。
ターンの前半、バーンの斜度にもよりますが、徐々に体を谷側に移動していき内斜角を作り推進系のターンをする場合、どうしても内足が外足と同調して内斜できず、体の下に残ってしまう場合があります。内足の位置が悪いのでしょうか。

内足も内斜できるバリエーショントレーニング、イメージを教えてください!

Aベストアンサー

谷足1本切換え。前ターンの終了時から山側の足を浮かし、谷回り中は内足1本。しっかり切り替わったらフォールラインまでに外足を着地させます。
通称「グリュニンゲンターン」と言い、古くからあるトレーニングバリエーションの一つです。

それができたら、片足です。片足で親指側エッジ、小指側エッジに切り替えて連続ターンします。親指側から小指側に切り替えるのがちょっと難しいですが、斜め前へのクロスオーバーがしっかりできたら切り替わるはずです。

QスキーのSAJの事について聞きたいのですが 準指導員と指導員はどっちの方がよいのでしょうか? 筆記試

スキーのSAJの事について聞きたいのですが
準指導員と指導員はどっちの方がよいのでしょうか?
筆記試験はあるのですか?資料や教科書があればURLで送ってもらってください

Aベストアンサー

準指導員の資格を所得後2年しないと指導員試験を受けられないのだったと思います。
SAJのサイト等に詳しくあるはずです。

http://www.ski-japan.or.jp/

Wikipediaにもありますね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85

試験内容についてはGoogleで「スキー 準指導員検定 2017」といったキーワードで検索すると来シーズンのバッジテストの日程や内容などの情報が得られるはずです。
各県などのスキー連盟のページがヒットすると思います。

参考まで。

QSAJバッジテスト1級受験に関して

SAJバッジテスト1級を今年から受験しています。
現在3回受験し、
一回目は3種目1点足りず、横滑り2点足りず275点。
二回目、3種目70点、横滑り1点足りず279点。
三回目、小回り、大回り1点足りず、横滑り、コブは70点で278点。

外向傾が作れず内倒。VTRを見ると案山子みたいに左右に倒れている。ターン後半、「外向傾を戻すのが早い」という指摘も。
スキーに重みを乗せられていないという指摘が多い。また小回りでは上に抜けている?との指摘。
確かに自分でVTRを見てもその通りなので直したいのですが…

質問①ですが、外向傾を出すために、外肩を落とす(肩のラインを雪面と並行にする)という意識を持って滑って良いのでしょうか?外足荷重を意識していけば自然と外向傾が出るのが良いのかなと思っているのですが、今のところそうなっていないので、多少強引でもそういう姿勢と言うかシルエット作りをして良いのでしょうか?

質問②重みを乗せられていないということで膝&股関節をまげて重心を落とすよう指導されるのですが、これで滑ると太ももがパンパンになります。以前(5年前)、2級を受ける前は太ももパンパンで普段から滑っていたのですが、当時2級を受ける際「体倒すだけでターンすれば疲れませんよ」ってことで内倒を教えられました。確かにそれ以降疲れなくなっていたので「素晴らしい技術」と思っていたのですが、一級を今年初めて受験してからというもの、指摘された「股関節&膝を曲げる」ととても疲れます。これはどう考えればいいんでしょうか?

ちなみに2級は講習内検定時代で三種目それぞれ67点、一回で受かっています。
以降五年程はスクール、検定一切受けず、今年から1級受験デビューしました。

専門家の方ご回答宜しくお願い致します。

なお、仕事のスケジュールなどで適宜受験しており、特定のスクールを決めて受験しているわけではありませんが、主に南信や北陸で受験しております。ただ、左記スクールは今シーズンの検定を終えているので、3月末に奥美濃で受験しようと思っております。初めてなので、奥美濃の受験についてもアドバイス等情報があればお教えください。

SAJバッジテスト1級を今年から受験しています。
現在3回受験し、
一回目は3種目1点足りず、横滑り2点足りず275点。
二回目、3種目70点、横滑り1点足りず279点。
三回目、小回り、大回り1点足りず、横滑り、コブは70点で278点。

外向傾が作れず内倒。VTRを見ると案山子みたいに左右に倒れている。ターン後半、「外向傾を戻すのが早い」という指摘も。
スキーに重みを乗せられていないという指摘が多い。また小回りでは上に抜けている?との指摘。
確かに自分でVTRを見てもその通りなので直したい...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問にお答えします。
外向傾と外足荷重は別物と思ってください。
斜面を横切るとき、直進方向ではなく、斜め下(谷側)に上体が向いた姿勢を外向傾と言います。
その時、私の場合、両足の荷重配分は9:1で外足のインエッジに乗っています。山足アウトエッジはほぼ接地しているかどうかです。

その後ニュートラル(ターンの終わりと次のターン始まりのつなぎ目部分)で一瞬ですが斜面に垂直に立ち、(ひざが完全にまっすぐになることはありません)次の谷足インエッジで雪面をとらえてターンを開始します。ここから谷足荷重が始まります。

>案山子みたいに左右に倒れている。
とあるので、もしかすると、ターンが頭を中心にストレート内倒の状態で始まっているのかなと感じました。これだと、外足荷重が見られないので減点になるのではと思いました。

「くの字」姿勢はご存知でしょうか。
谷足はインエッジで雪面をとらえているので、脚は山側に倒れます。逆に上体はバランスを取るために谷側に倒れます。これが外向傾の形です。カービングの板になって以前ほどの極端な姿勢は必要ありませんが、この姿勢が安定感につながります。

トレーニング法としては、外足インエッジ1本のみで何度も滑ってください。内足は上げます。切り替えたら次の外足インエッジでターンします。バランスがしっかりとれるポジションを自分で探してください。外足インエッジにしっかり重みをのせて滑れる腰の位置を見つけます。

>小回りで上にぬけている。
とありましたので、切り替えで伸びあがるイメージを、もっと「谷」方向に変えてください。怖いですが、谷に体を投げ出す感じ、斜面に垂直に立つ意識が必要です。これがわかると板が体の後からついてくる感じがわかるようになります。

あと一歩のところまで来てますので、頑張ってぜひ輝くバッチを手にしてください。

ご質問にお答えします。
外向傾と外足荷重は別物と思ってください。
斜面を横切るとき、直進方向ではなく、斜め下(谷側)に上体が向いた姿勢を外向傾と言います。
その時、私の場合、両足の荷重配分は9:1で外足のインエッジに乗っています。山足アウトエッジはほぼ接地しているかどうかです。

その後ニュートラル(ターンの終わりと次のターン始まりのつなぎ目部分)で一瞬ですが斜面に垂直に立ち、(ひざが完全にまっすぐになることはありません)次の谷足インエッジで雪面をとらえてターンを開始しま...続きを読む

Qターンの後半の荷重のイメージを教えて下さい。

1級所持者です。
小回りの時とか特に感じるのですが、どうしてもターン後半で上体が遅れがちになり、
次のターンで前半から捉えられなくなることが多いです。

ターンの後半の過重ポイントとイメージを教えて下さい。
最近の過重ポイントは踵ともいいますが、それでは上体が遅れがちになる気がします。
どちらかというと土踏まずで過重をかけるというイメージなのでしょうか。
上体はスキーの真上に常に保持するイメージについても教えて下さい。

Aベストアンサー

1です。

下から見ていると、母指球加重かと思います。
でも、滑っている本人は、もっと前に加重しているイメージと言います。(ブーツの前傾角度なんかもありますので、あくまでもイメージ)

私のレベルでは理解不能ですし、体現もできません。

私の小回りは、ほぼ踵加重です、踵にかかっている体重を利用して、下にズレらせてターン弧とスピードを調整しているので、いつも後傾です。
(と言うより、小回りの練習の時は逃げます)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報