検診のレントゲンで左中肺野 浸潤影と診断されたのですが、過去に結核になったのですが、その跡が影として写ることもありますか?

質問者からの補足コメント

  • 前にもレントゲンで同じような事がありました。

      補足日時:2016/02/13 11:00

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あります。


私の場合は小学生の頃の肺炎の名残が肺の上部の濁りに残っていると言われてます。
前にもあったんなら、「いつものですね」くらいで終わってしまいますが、不安でしたら再検査受けるのもいいと思います。

別のエピソードでは、肺にちょっと暗いところが出たので再検査受けたら「ここ乳首ですね」ってのがありました(^^;;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。再検査で異常無しでした。

お礼日時:2016/02/23 15:07

免疫力の低下や風邪をひいた時 ストレスによって


おとなしくしていた結核菌が暴れ出す事があるそうです。
もしかしたらそれが影として写ったのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再検査行きたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/15 21:15

その可能性もあるかもしれませんが、これまでになかったことですか?


今までの検査の結果と、いつ頃、結核になったのかを、お医者様に伝えて、ご判断を仰ぐのが良いと思います。
これまでに指摘がなく、新たにできたものであれば、再検査や精密検査の必要があるのかもしれませんから。
ともかく、検査をして下さった病院のお医者様にお話しなさるのが良いと思います。お大事に
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/13 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 肺結核のまとめページ

    結核の歴史的背景  日本の死亡率第1位は1950(昭和25)年までは結核であり、国民病といわれ、全国に蔓延(まんえん)していました。第二次世界大戦後、肺結核は順調に減少し続けてきましたが、1997年に43年ぶりに患者数が前年より増加しました。  2007年の結核死亡率は人口10万人当たり1・7人、罹患率は19・8人です。「結核は過去の病気」という認識は誤りであり、注意しなければいけない病気といえます。日本...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレントゲン検査での浸潤影とは?

43歳の男子です。健康診断の肺のレントゲン検査で「浸潤影」と診断され、再度精検する予定でいますが、浸潤影とは、具体的にはどういった病気の可能性があるのでしょうか?場所は左肺の下です。
インターネットで調べてみると、結核、肺炎、気管支肺炎等の病名があげられていますが、一番怖い癌の可能性は低いと考えても良いのでしょうか。癌の場合、結節影、腫瘍影などの言葉が使われているように思えますが、いかがなものでしょうか。よろしくお願いします。
ちなみに、タバコは吸いません。

Aベストアンサー

浸潤影というのは、肺の基本的構造である肺胞の中で、空気が残っている部分と肺胞が水のような成分で置換されている部分が混在している時に出来る陰影です。

頻度的には肺炎の時によく見られますが、その他にも浸潤影を呈する疾患はあります。
肺癌がご心配かと思いますが、肺癌の中でも肺胞上皮癌という特殊なタイプの癌は浸潤影を呈して、レントゲン写真だけでは肺炎と区別がつきません。

肺癌の中で、浸潤影を呈するものの頻度が低いのは事実ですが、だからといって浸潤影だから肺癌ではないとは断定できないのです。

レントゲンの経過で、陰影が消失傾向に向かうことが確認されて、初めて安心できるのです。

Q限局性浸潤影について

この間、健康診断の胸部X線の結果で限局性浸潤影で、精密検査するように。
となりました。
これは、いったいどういうものなのでしょうか?
胸部X線の結果でこのような判定が出てきたのは初めてなのでとまどって
います。
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これは、いったいどういうものなのでしょうか?
X線写真で、肺に白いものが一部にうつっているように見えるということです。
最近の肺炎かもしれないし、以前の肺炎の痕跡かもしれないし、肺癌かもしれないし、たまたまそう見えただけかもしれません。
いずれにせよ、再検査あるいはCT検査が勧められる状況でしょう。

Q胸部CTで右肺下に5ミリの塊

うちの母なんですが、職場の健康診断(9月上旬に受けた)の胸部レントゲンの結果が、右肺下に浸潤影がありとの事で、先週近くの病院にてもう一度レントゲンを受け、やはり影があるのでCT検査を今週受けました。
本日その結果が出まして、右肺下に5ミリ位の塊が見えるが、そのお医者さんは呼吸器が専門ではないそうで、良くわからない、今はなんとも言えないとおっしゃっていて、結局、腫瘍マーカーの検査をし、2週間後にもう一度レントゲンを撮りにきて下さいとのことでした。
母は健康診断前に、結構ひどい風邪をひいており、肺炎であった可能性もあるそうですが、本人はCTの結果を受けて、がんではないかと疑い、かなり落ち込んでいます。
そこで質問なのですが、こういう結果が出た場合、これからどういう検査を受けたら、はっきりと診断がつくのでしょうか?呼吸器の専門がある大病院へ行って、もう一度検査をした方が良いのでしょうか?
すみませんが、回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

5mmでは診断しがたいというのは、呼吸器専門医でも同じではないかと思います。
他院にかかるより、同じ病院でしばらく(3ヶ月程度)後に、再度CTを撮って大きさの変化を確認するほうがよいと思います。
PETをすれば・・・と思われるかもしれませんが、炎症病変でもPET陽性となりますので、絶対視も出来ませんし、お金がかかりますから、メリットは少ないように思います。


人気Q&Aランキング