アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

大学1年(19歳)の娘(大阪在住)が目標であったフランスへの留学の試験にパスしました。
試験直前にパリでのテロ事件が勃発し、困惑しながらも、とりあえず試験を受けさせた流れでしたが、
やはりリアリティーのある情報が少ないこともあり行かせるべきかどうか悩んでいます。
娘は中学高校時代に1ヶ月の短期留学を4回経験していて、ほとんど単独渡航、現地でも日本語を話す人がいないところで生活してきたので、海外経験は問題なく英語は堪能、フランス語は日常会話は問題ありません。
ただ治安が良くない所となると話は違います。
予定としては9月から1年間リヨン大学に寮から通います。
パリのドゴール空港を経由だとテロリスクも高くなるので、スイスなどから電車でリヨンに行くような考えもありますが、なにより、リヨンそのものの治安状況とリスクが問題かと思います。

例えば、大阪に住んでいて、もし東京で今回のパリのようなテロが起きたと考えたら、恐らく大阪でも相当な恐怖感と警戒感を感じると思うのですが。。

実際にリヨンに在住の方や、リヨンに詳しい方がいらっしゃいましたら、日常生活から見たテロに対する意識や注意すべきことなど、なんでも情報をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2015年12月上旬にパリのバタクラン劇場(テロで多くの犠牲者が出たあの劇場)から


徒歩10分位の同じ11区に5泊してきました。理由はパリに縁がありよく行くので黙とうしたかったこと、
風評被害で苦しんでいるので助けたかったこと、たまたま行けたこと、価格が安かったことです。

個人的な見解としては、普通に留学していいのではないでしょうか。
リヨンでは郊外でテロ容疑者が逮捕された記憶ですが、特に何も起きていません。
(そもそもパリ市内でも、あれ以降犠牲者を伴うような事故は殆ど起きていません)

パリのシャルルドゴール空港も、パリ市内も、いつもより警官や軍関係者らしき人が多く
かえっていつもより安全なのでは?と思うほどでした。
パリ在住の友人も、テロの1か月近く経っていたというのもあり「普通に生活して」いました。

私だったら予定通り留学していいのではないかと思います。
テロ問題、難民問題、そもそもの治安(リヨンはパリよりずっと治安は良いですが
日本の大都市よりは悪いです)、どれを考えても特に止める理由を思い当たりません。

来月また行けそうなので、パリ以外のフランスのどこかに行ってみたいと思っています。

在日フランス大使館の説明も昨年末以来更新されていないようですし。
パリ同時多発テロ事件後のフランス滞在に関するQ&A
http://www.ambafrance-jp.org/article9482
    • good
    • 0

リオンの在住者ではないですが。

。。
子供を留学させようと思えば、異文化の国へ行くのですから、何時でも何処でも、リスクは付きまといます。
でも、事件に遭遇する確率と言えばそう高くはないのではないでしょうか。

在パリのアメリカ大使館のサイト「Tips for Traveling Safely Abroad」の「Know before you go! 」で、
「リオンは、凶悪犯罪のレベルは低いですが、軽犯罪や公共物の破壊行為はかなりあります。市の中心部やナイトクラブのある地域では、共通しています。市内の公共交通システムは安全です。
。。。。。車の飲酒運転やスピード違反に付いての文章を省略。。。。。
この地域でパスポートや個人所有の物が盗まれた数は少ないです。警察は、まれに起こる武装強盗や暴力には、即時対応しています。リオンは街中で、ますます自転車フレンドリーになっていますが、自転車泥棒が重大な問題です。」
という趣旨の事が載っています。

君子危うきに近寄らなければ、良いのではないのでしょうか。
息子達も留学しましたが、心配したら切りがありませんし、これまでの経験では、無事ですし、イギリスに居る息子も、テロ事件の情報に心配になって、スカイプしたら、「地元の人はそんなに大騒ぎしていないよ。」と言われて仕舞いました。

心配は尽きないと思いますが、笑顔で送り出してあげたら如何ですか。
親に心配されると、子は、すくんでしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせて頂きます

お礼日時:2016/02/16 17:06

危険ですよ


http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/lyon.html

日本国内の重犯罪件数が年1万以下、リヨンだけで10万件

テロに関しては、どこでおきるか判りません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます

お礼日時:2016/02/16 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャルルドゴール空港→リヨンの移動方法

自分でも調べてみたのですが、いまいちわからなかったので教えて下さい。(一度質問投稿しましたが、誤字訂正のため再投稿しています)

シャルルドゴール空港からリヨンまでTGVを利用して移動する予定です。
その場合、
(1)直通のTGVはあるのでしょうか?(ない、ある、あるけど本数が少ないなど)

(2) (1)で、ない場合、どういったルートの可能性があるのでしょう?

(3)TGVチケット購入に時間がかかる、と聞きましたが、目安としてどの位かかるのでしょうか?
(フランス語は読み書き、会話も出来ません。指差し会話集やあらかじめ書いたメモを利用して窓口で購入予定です)

フランスは初訪問です。初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ありますよ。フランス語か英語できますか?検索できます。

フランス語ができる場合
今年の12月8日までのPDF時刻表
http://www.tgv.com/pdf/fiches_horaires/505.pdf
予約
http://www.voyages-sncf.com/
英語ができる場合
http://www.sncf.com/en/passengers
日本語しかできない場合
http://www.raileurope-japan.com/

2.シャルルドゴール空港まではどこから移動ですか?
日本発で発券前なら、シャルルドゴール~リヨン線があるので、
リヨン行きの航空券に変更できる可能性ありです

3.自販機利用が良いのでは?英語切り替え可能です。
ユニオンジャックかEnglishをタッチすると英語に変ります。
添付写真の黄色い自販機がTGVを含めたSNCF用です。
クレジットカード(ICチップ対応VISAかMASTER)で支払い可能です。

窓口が空いているのをあまり見たことはありません。
並んだことが無く時間帯や曜日で違うでしょうから、所要時間については割愛します。

1.ありますよ。フランス語か英語できますか?検索できます。

フランス語ができる場合
今年の12月8日までのPDF時刻表
http://www.tgv.com/pdf/fiches_horaires/505.pdf
予約
http://www.voyages-sncf.com/
英語ができる場合
http://www.sncf.com/en/passengers
日本語しかできない場合
http://www.raileurope-japan.com/

2.シャルルドゴール空港まではどこから移動ですか?
日本発で発券前なら、シャルルドゴール~リヨン線があるので、
リヨン行きの航空券に変更できる可能性ありです

3.自販機利用が良いのでは...続きを読む

Qパリ CDG 空港での TGV 乗り換えについて

パリのシャルル・ド・ゴール空港で
国際線で到着した場合、TGVへの
乗り換え時間はどれ位かかるでしょうか?
また、スムーズに乗り換え出来ますでしょうか?

また、預けた荷物の取り扱いは、
どうなるのでしょう?

経験した方、ご教授お願いします。

ちなみに成田発、CDGでTGV乗り換え、
ブリュッセル南駅に向かう行程です。
また、帰りも上記の逆コースです。

Aベストアンサー

エールフランス航空利用で、ブリュッセルまで鉄路でいらっしゃるのでしょうか。

日本からの飛行機は、シャルルドゴール空港の、ターミナル2Eに到着すると思います。空港内のTGV駅へ移動し、駅のホームで再度チェックインします。

ドゴールのターミナル2Eと、TGV空港駅とは徒歩で移動できる距離です。駅のチェックインですが、ホームに案内が出ていますので、ホームまで降りればわかるようになっています。

利用したのは随分前ですが、いまも基本的な仕組みは変わっていないようです。
http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/local/resainfovol/avion_train/avion_train_tgvair.htm

乗換時間ですが、スムーズに行けば、30分だと思います。荷物の出てくる時間とか、パスポートの予備審査などで所要時間が変わります。パスポートの予備審査とは、日本からの学生旅行の多い時期になると、まともに答えられない学生が増えるからか、ちゃんとした審査場の前に、係員が2人くらいで立っていて、あらかじめパスポートをチェックします。これにやたら時間がかかることがあります。まぁ長く見ても1時間あればいいのではないでしょうか。

荷物は、再度、預け直します。

乗換自体は、まったく難しくなく、誰でもスムーズに乗換できると思います。ドゴール空港内部は、わかりやすい表示がたくさんあります。Paris by TrainとかTGVとか、そんな記載がありますので、従って歩いていけば大丈夫です。

エールフランス航空利用で、ブリュッセルまで鉄路でいらっしゃるのでしょうか。

日本からの飛行機は、シャルルドゴール空港の、ターミナル2Eに到着すると思います。空港内のTGV駅へ移動し、駅のホームで再度チェックインします。

ドゴールのターミナル2Eと、TGV空港駅とは徒歩で移動できる距離です。駅のチェックインですが、ホームに案内が出ていますので、ホームまで降りればわかるようになっています。

利用したのは随分前ですが、いまも基本的な仕組みは変わっていないようです。
http://www.air...続きを読む

Qフランスのリヨンってどんなところ

フランスのリヨンってどんなところ

フランスはドイツやイタリアと違って 首都であるパリに観光スポットが集中していますよね。フランスにはこれまで2回ほど行ったことがありますが、今度はフランスのパリ以外の町にも足を伸ばしてみようということで、TGVでも気軽に行けるリヨンを考えています。
そこで質問です。リヨンはパリよりも小さいですよね。パリを東京に喩えるなら、リヨンは
さしずめ 大阪か京都か名古屋に当たると思うんですが、ちょっとつまらない比較かもしれませんが、町の規模とか賑やかさで言えば、パリがほぼ大阪程度なので リヨンは京都や名古屋くらい大きいのか、仙台や広島くらいなのか、それとももう少し下の 新潟や静岡くらいなのか、意外に小さく盛岡や甲府程度なのか どうなんでしょう?

また、リヨンではフルビエールの丘とかサンジャン大聖堂を見物する予定ですが、他にもお勧めのスポットがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

昨年リヨン郊外の☆付のレストランに行く目的でリヨンに行きました。

街の印象は繁華街は岡山程度の大きさと感じました

 大阪・名古屋・京都のような賑わいは繁華街ではありませんでした。
新潟・静岡・盛岡・甲府に行ったことがないから、岡山としか例えられません。
つまり 広島>岡山です。

 案外こじんまりとして、落ち着いたいい街でした。

Qフランス語でCoucouってどんなニュアンスで使われるの?

ヨーロッパのオフィスからSeason's Greetingsのカードが届いたんですが、

Coucou「私の名前」et「名前」,
Joyeux noël et une bonne année 2005!! .....

と書かれていました。文頭はわかるのですが、名前のところのCoucouを調べたものの、Jokeなのかバカにしてるのか、ニュアンスがわからず戸惑っています。

どんな時にどんな感覚でCoucouって使うのでしょうか?今フランス系の方が休暇でいないので聞けない状態です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私がフランスに滞在していた時、
フランスでは子どもたちがよく
「coucou ○○!」と挨拶をしてくれました。
「ククー」と発音します。

手紙やメールの書き出しにもよく使われています。
日本人が「こんにちは」というかわりに
「やっほー!」とか、「はろー!」と言うようなくだけた言い方です。とても親しみを込めている表現ですよ。

Qフランス語で日本の住所を表記したいのですが

こんばんは。
〒239-0807
かながわけん よこすかし ねぎしちょう
です。
教えて下さい。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
下記でいかがでしょうか。

(番地) Negishi-cho, Yokosuka-shi, Kanagawa-ken, Japon (code postal: 239-0807)

番地が最初にくること、郵便番号も最後にくることが多いです。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qフランス語とドイツ語どっちがいいですか?

今年から大学で第二外国語勉強するのですが、
わけあって、後に英語とともに、フランス語かドイツ語の試験(卒業など学業には関係ない)を受ける必要があります。
試験に受かる事だけを考えて勉強しやすい(簡単)なのはどちらでしょうか?

それぞれについて長所・短所など些細な事でも構いませんので、なんでも教えてください。
失敗談や苦労する点なども教えていただけると非常にありがたいです。

Aベストアンサー

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、それはほとんどの場合文法の間違いと認識されるだけで、意味は通ることが多い。ドイツ語でやっかいなのは文法が意味の伝達で非常に重要だということ。たとえば「私に猫がおもちゃの好きです。」と言われたら、真意を探るのにかなりの推理力がいります。ドイツ語では名詞の性や格を間違えるだけでこのような間違いが頻発します。

口頭や論文試験ならどちらでもいいと思います。文法の些細な間違いがその答えをまるごとばつにされる設問が多いような試験なら、↑のようなことを緻密にこつこつ覚えれる性格の人じゃないと苦労すると思います。私はそういう性格じゃなかったので、新聞くらいなら読めますが、この間センター試験を遊びでやってみたら、読解以外は全滅でした。フランス語に接した時間も同じくらいかと思いますが、そちらの試験はまあ大体できました。

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、そ...続きを読む

Qフランスへの語学留学について

私は今大学生で、フランスへの語学留学(一ヶ月程度の短期)を考えています。

留学する時期としては来年の夏休みが理想なのですが、フランス人は夏は南仏などにバカンスに出かけてしまい、お店なども閉まってしまうと聞きます。また私はホームステイを希望していますが、やはりバカンスで出かけてしまい、ホームステイ先も少なくなってしまうとも聞きます。

それらを考慮すると留学する時期としては冬休みの方が適しているのでしょうか?

また、オススメの大学付属語学学校か私立語学学校があれば教えてください。パリなどより、のどかな中世の趣を残した地方都市を希望しています。
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。大学4年生の頃1ヶ月Avignonに留学し、その後も1ヶ月留学をあちこち試してみました。

時期的には、夏は大学の夏期集中コースが良いかもしれませんが、私立は各国から夏休みを利用して学生(企業から大学から)が来るので、逆に混んでいました。

最初は南仏ばかりでしたが、南仏のアクセントがしっかり付いてしまい、「今後ビジネスに仏語を使うなら標準語にしないと」と仏人、日人に言われ、標準語である、Toursの近くにしました。

学校で仲良くなった人々は口をそろえて、パリは良くないと言っていました。日本人が多い、ホームステイ先の質が良くないことがとても多い(Pension経営)、遊んでしまうなどなどです。またパリのアクセントも標準語ではないので、学ぶなら標準語がよいといわれました。

今までで一番良かったのは、Amboiseです。小さいながらお城も美しく、ダヴィンチが生涯を終えた屋形もあり、またロワールのお城巡りもできます。学校も校長先生を始め、熱心な先生ばかりで、ステイ先もクラスメートもみんな不満を聞くことはありませんでした。比較的裕福な地域ですので、自然、家も大きいですし。もちろん標準語です。
スイスにある非営利団体の経営で金額も良心的です。来年はまたいきたいなと思っています。
www.eurocentres.com (日本語有り)から
日本語オフィスで手続き可能です。
Bon voyage!

こんにちは。大学4年生の頃1ヶ月Avignonに留学し、その後も1ヶ月留学をあちこち試してみました。

時期的には、夏は大学の夏期集中コースが良いかもしれませんが、私立は各国から夏休みを利用して学生(企業から大学から)が来るので、逆に混んでいました。

最初は南仏ばかりでしたが、南仏のアクセントがしっかり付いてしまい、「今後ビジネスに仏語を使うなら標準語にしないと」と仏人、日人に言われ、標準語である、Toursの近くにしました。

学校で仲良くなった人々は口をそろえて、パリは良くないと言...続きを読む

Q英仏旅行してきました。両国民の性格の違いにビックリしてます

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と聞くと「why not?」とニッコリしてくれました。朝食は泊まった翌日からと思ってたので、嬉しかったです。雨でびしょぬれで空腹でしたし。部屋で濡れた服を着替えて、朝食を頂き、それからロンドン観光出来ました。
あと、ロンドン在住の日本人の方とかに「道お困りですか?」とか教えてもらったり、外国(多分どこかヨーロッパ)の観光の人に道を聞かれて、余ってたマップを上げて道も教えて上げたらとても喜ばれたり。ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。

<フランス編>
エッフェル塔や凱旋門、モンマルトル・・・書ききれないくらい、すばらしい観光地があるのに、チケット売り場の人はどこでもチケット投げるし、目も合わさない。プレゼント用の簡単なプラスティック製の箱に入ったマカロン詰め合わせを買ったのですが、紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま(環境の為に包装を節約してるという風でもなさげでした)。エッフェル塔で記念写真を撮ろうとしてると、カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人。北駅からドゴール空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・・。駅でたらいまわしにされてチケットがなかなか買えませんでした。チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。あと、いろいろと、フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。(一応、どこでも「ボンジュール、メルシー、オルヴォワー」は行ってましたが)

でも、フランス旅行が楽しくなかったという意味ではありません。旅行イコール勉強だと思ってます。ロンドン、フランスとも最高に楽しかったのにはかわりありません!

ただ、「どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?」て、逆に面白く感じたからです。同じように感じた方や、両方の国民性に詳しい方のお話が聞きたいです。

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など、いろいろな要因がその違いを作り出しているように感じます。


ご質問2:
<ロンドン編>~ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。>

1.観光客には優しいです。

2.旅行、短期滞在、長期滞在、仕事での駐在などによっても、イギリス人に対する印象はいろいろ変わってくると思います。

3.大学院留学経験では、成績を争う学生同士、ライバル意識から情報を提供しない、抜けがけする、間違った情報を与えるなど、策略的な小賢しい頭の働かせ方をするイギリス人が結構いました。利益を争う職場の同僚同士も同様です。

4.長期留学の前、学生時代に英国へ短期留学もしたことがありますが、ホームステイ先の家庭は、英国では低所得家庭がお小遣い稼ぎにする仕事なので、暖かい歓待、といった印象ではありませんでした。

6.また、イギリス人は薀蓄たれで視野が狭いなと感じることもありました。つまり、自分の関心のあること以外、上も下も右も左も見ない、狭視覚的なものの見方をすると感じていました。
例:
某有名大学の英人学生の弁「日本?興味ないから行くこともないな」

7.そういった点では、フランス人は、イギリス人に比べると単純で素直だと感じます。


ご質問3:
<フランス編~紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま~>

1.フランスパンも、そのまま手渡しが、小さな巻き紙を添える程度です。フランスパンが剥き出しの、パリらしい紙袋の風情も実を言えば不潔なだけなのです。日本のフランスパン用の長い紙袋が懐かしいです。食事だけに限らず、フランス人の衛生観念は、日本人の半分ぐらいだと思います。むしろ日本人が過剰といって笑います。

2.食べ物に限らず、余程の老舗でなければ、プレゼントの包装なんてものもクリスマスシーズンしかありません。それも包装の訓練も受けていないから、包み方が下手です。自分で包装した方がまだましです。

3.スーパーではレジは入れてくれません。自分で入れます。環境対策から、ビニール袋のないスーパーも増えています。よく行くカルフールには、予め大き目の袋を2~3枚用意しておきます。

4.フランス人は無駄な包装に、日本人が抱くような美意識を感じていないようです。ですから、クリスマスプレゼントなどを開ける際でも、日本人のように丁寧に包みを開けるのではなく、ビリビリ破きまくります。


ご質問4:
<カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人>

1.日本人にちょっかい出すのが好きな、不良少年達は多いです。住めばいやな目にあうことも沢山あります。

2.仏人の夫が初めて東京に来た時、ミニスカートをはく少女達など、渋谷のファッションに驚いていました。と同時にそんな自由なファッションが楽しめる東京を絶賛していました。パリでは、そんな格好の女の人はすぐに不良少年達にからかわれ、不快な思いをするからです。


ご質問5:
<空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・>

1.こちらは客は神様ではありません。客のために「働いてやっている」と思っていますから。

1.労働者は客より「上」なのです。例えば、売り子に落ち度があって、客が売り子などに文句を言おうものなら、責任者がとんできて、売り子をかばいます。決して店の責任にはしませんし、もちろん謝罪もしません。「言い訳」が際限なく続きます。


ご質問6:
<チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。>

こんな風景は日常茶飯事です。フランスに住む日本人の苦労がわかってもらえるでしょうか(笑)?

要領は悪いし、手際もよくありません。これはスーパーなどのレジでもよく見かける光景です。彼らは、限られた労働時間をできるだけ労働量を消費しないよう、給料に合わせてマイペースに仕事しているのです。余計なエネルギーを労働に使うのは、彼らにとってもったいないのです。


ご質問7:
<フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。>

おっしゃる通りです。最初にフランスに来られた旅行者は、一様に同じような感想を抱くようですね。私も初めてパリ旅行した時は、同じような印象を抱きました。でも、それは印象ではなくて、今でも実感する事実なのですから、どうしようもありません。汚いものには蓋、真似をしなくていいものです。

先の質問でも答えましたが、フランスで体験された不快な、信じられない出来事は、フランスでは日常茶飯事なのです。そのギャップから精神的に参る日本人も多く、「パリ症候群」といわれる心の病もあるほどなのです。

ちなみに、「なぜフランス人の働きぶりはこうなのか」という点について、理由の一部は以下の通りです。
1.安い月給。20年前からあまりupしていません。
2.それなのに物価は上がる一方。ユーロの以上高値も、フランス人の生活を直撃。
3.なんといっても高い税金。所得の半分以上は税金に消えます。高所得者は税金対策に必死です。
4.どの職種も給与などの労働条件の改善を求めてストするので、労働サイクルが悪く、経済効率もよくありません。こちらでは、警察、医者、看護婦、教師、生徒、公共交通、などがストで営業ストップもしばしば。

などなど悪いことを挙げればきりがありません。


長々と、英国・仏国のマイナス面を強調しましたが、勿論いい面もありますので、うまく適応してそれなりに楽しいフランス生活を送っております。結論としては、イギリスもフランスも、また日本や他の国も、旅行だけではその国の一部しか覗き見ることができず、全てを語ることはできないということです。

でも、最初の印象は大事ですから、その意味ではフランスはイギリスより損していますね(笑)。フランスは、観光客にサービス・笑顔を振舞わなくても、世界一の観光大国の座は揺るぎありませんから、努力もしなくていいのでしょう。歴史=過去にあぐらをかくフランス人、その姿勢が現在のフランス社会の不安の種となっているのです。

長々と失礼しました。以上ご参考までに。

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など...続きを読む

Q教授に対する敬称(フランス語)

教授に対し、メールや手紙の書き出しに使うのは

Monsieur ~~

Professeur~~
かどちらでしたでしょうか?

あと、書き出しには
Cherはつけてよいのでしょうか?
ここ数年フランス語に全く接していなかったので
忘れてしまいました。教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして。

フランスでは、教授と助手・研究生・生徒との間の関係は、日本以上にプライベートに感じます。口頭でもMonsieur X、Madame Xと呼び、手紙でもそう表記します。

仕事仲間になると、肩書の序列、年齢に関係なくファーストネームで呼び合うこともあります。

Cherは互いに信頼関係のある親しい間柄で使われます。不用意に使うとかえって失礼にあたります。

ご参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報