「名こそ惜しけれ」

「恥ずかしいことをしてはいけない」という意味の、司馬遼太郎氏が好んで使った武士の精神を表す言葉だそうです。
「名」や「惜しい」というキーワードを残したまま、わかりやすい現代語に置き換えるとどうなりますか?
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

「こそ」は、文末の「けれ」と呼応する係り結びです。

高校のとき「ぞ、なむ、や、か、連体、こそ、已然」と習いました。
これは、文意を強める役割です。ですので、「こそ」は、現代語の限定的強意という意味合いとは少し違います。
(恥ずかしいことをすれば)「名前が惜しいぞ!」という意味でしょう。
そして、この場合「名前」とは家名のことです。家名を汚すことになる。家名を傷つけるような行為は非常に残念である。してはいけない。ということになるのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
高校の古文の授業で習った係り結び、思い出しました。

No.1~4のみなさんもどうもありがとうございました(この場をお借りして)
「キリスト教社会には神の教えという倫理観があるが、日本には『名こそ惜しけれ』がある」というのが司馬遼太郎氏の持論だそうです。
日本と世界との関係を考える上で重要な考え方のように思えたので、詳しく知りたいと思いました。

お礼日時:2016/02/16 09:24

「名誉をこそ守れ!」「誇りこそ一番大切だ!」って感じでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/15 21:14

有名人だったのに、あんな恥曝しなことで失脚してしまって、惜しい。


ニュアンスがかなりちがってきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/15 21:13

名はまあ浮名とか評判とか噂…または体面とか、名誉ですね


惜しいというのは悔しいということです。口惜しいというやつです。

汚名が残るのは口惜しい、とかそういう感じでわかりますかね。
名前に傷がつくのは惜しいことだ、とか。

武士は死しても名誉、名前を残したいものです

現代でも、たとえばネットで悪評が立てばずっとそのことは残りますし
消すこともできません。

「名前を堕とすのはとても口惜しい」
という感じですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/15 21:13

> 「名」や「惜しい」というキーワードを残したまま



無茶いいますね。「名を惜しむ」しかなくなっちゃいますので。

「名誉を傷つける行動をしてはならない」
ではだめですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/15 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第3代国連事務総長 ウ・タントさんは、姓・名? 名・姓?

■ 主質問
第3代国連事務総長 ウ・タントさんのなまえは、
ウ = 姓、タント = 名
なのでしょうか。
それとも、
ウ = 名、タント = 姓
なのでしょうか。
民族によっては名だけで姓をもたないこともあるとききましたが、もしかして「ウ・タント」全体が名なのでしょうか。
なにか資料があればおしえてください。

■ 関連質問
ヨーロッパはハンガリーだけが、姓・名の順だそうですが、アジアはどうでしょうか。極東は姓・名の順ですが、インドから西は名・姓のような気がします。ほかのアジア諸国はどうでしょうか。
なにか資料があればおしえてください。

Aベストアンサー

関連質問については、このページが恐ろしく参考になりますので、読み込んでください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%93%E5%90%8D

Q「まづは諸願の 叶はずば 身より仏の 名こそ惜しけれ」の意味を教えて

次のような伝説があるそうです。

小野小町は晩年各地を流浪していたが、瘡病をわずらった。
里人に「薬師を参拝すると、瘡病が治る」と聞かされ、
千日詣(あるいは百日詣)した。
満願の日、小町は次のような歌を詠んだ。

(1)南無薬師 まづは諸願の 叶はずば 身より仏の 名こそ惜しけれ

すると薬師が、

(2)むらさめは 唯一時の ものぞかし おのが身のかさ ここにぬぎおけ
と返した。

この(1)と(2)の歌を自分なりに訳してみたのですが

(1)南無薬師→薬師様に帰依します。
 まづは諸願の 叶はずば→いろいろな願いが叶うのならば?
 身より仏の 名こそ惜しけれ →私の身より御仏の名前がもったいない?(全く意味がわかりません)

(2)むらさめは→にわか雨は
 唯一時の ものぞかし→たった一時のものです。 
 おのが身のかさ ここにぬぎおけ →あなたの身につけている笠をここに脱いでおきなさい。
※笠に瘡(かさ)を掛けている。

と訳してみたのですが、間違いがありましたらご指摘いただきたいです。

また、「まづは諸願の 叶はずば 身より仏の 名こそ惜しけれ 」は
さっぱり何のことかわかりません。
意味を教えていただけると嬉しいです。

次のような伝説があるそうです。

小野小町は晩年各地を流浪していたが、瘡病をわずらった。
里人に「薬師を参拝すると、瘡病が治る」と聞かされ、
千日詣(あるいは百日詣)した。
満願の日、小町は次のような歌を詠んだ。

(1)南無薬師 まづは諸願の 叶はずば 身より仏の 名こそ惜しけれ

すると薬師が、

(2)むらさめは 唯一時の ものぞかし おのが身のかさ ここにぬぎおけ
と返した。

この(1)と(2)の歌を自分なりに訳してみたのですが

(1)南無薬師→薬師様に帰依します。
 まづ...続きを読む

Aベストアンサー

この歌は小野小町となっておりますが、日本各地の薬師さまに残っている話で、場所によっては和泉式部の歌となっております。

先ずは、和泉式部から:
彼女が癩病を患い、京都清水の観音に参籠したら、越後の米山、三河の鳳来山、日向の法華嶽寺の三薬師に祈れとの夢告を受けた。そこで米山鳳来寺に参籠したが、その験なし。そこで,わざわざ九州の日向の法華嶽寺まで来たが、またその験なし。そこで、「願を掛けたのに叶わなかった私の身はどうなっても大したことはないが、仏様の名に傷がつきますよ」と恨み節で詠ったのが、
 南無薬師諸病悉除の願立てて 身より仏の名こそ惜しけれ
そして合掌閉目して千尋の崖より飛び降りたら、薬師様に助けられ、また薬師様から返歌を賜ったのが、
 村雨はただひと時のものぞかし おのが蓑笠そこにぬぎおけ

次はの3つは小野小町の恨み節:
備中都窪郡清音村大字黒田の昼間薬師、
 南無薬師諸病悉除の願立てて 身より仏の名こそ惜しけれ
それに対する薬師様の返歌、
 村雨はただ一ときのものぞかし そこに脱ぎおけおのがみのかさ

美濃山県郡厳美村大字岩井の薬師堂、
 南無薬師諸病悉除の願しめて 仏を祈る身こそつらけれ
それに対する薬師様の返歌、
 村雨はしばしばかりのものなるに おのがみのかさそこに脱ぎおけ

上州甘楽郡小野村大字後賀の鹽薬師堂、
 南無薬師先づは諸願の叶わずば 身より仏の名こそ惜しけれ
それに対する薬師様の返歌、
 むらさめは只一時のものぞかし おのがみのかさここにぬぎおけ

また、記録に残る最も古い出典は、江戸前期の安楽庵策伝の笑話集『醒睡笑』巻六(岩波文庫):比叡山根本中堂へ山門北谷の児(ちご)、七日参籠すれども効無し。うち恨みて
 南無薬師諸病悉除の願ならば 身より仏の名こそ惜しけれ
と短冊に書いて内陣に投げ入れると、内より御声ありて、
 村雨の降るとは見えて晴れにけり そのみのかわをそこにぬぎおけ
本坊に還れば瘡みな痕無し。

柳田國男に言わせると、この歌は皆、「可なり近代式は俳諧であったが、其代わり之を聴いた人には、心持ちはよく解ったらう」とのことです。要するに、和泉式部の歌でもなく、小野小町の歌でもないそうです。

参照:定本柳田國男第八巻、『和泉式部の足袋』pp275-282、筑摩書房

この歌は小野小町となっておりますが、日本各地の薬師さまに残っている話で、場所によっては和泉式部の歌となっております。

先ずは、和泉式部から:
彼女が癩病を患い、京都清水の観音に参籠したら、越後の米山、三河の鳳来山、日向の法華嶽寺の三薬師に祈れとの夢告を受けた。そこで米山鳳来寺に参籠したが、その験なし。そこで,わざわざ九州の日向の法華嶽寺まで来たが、またその験なし。そこで、「願を掛けたのに叶わなかった私の身はどうなっても大したことはないが、仏様の名に傷がつきますよ」と恨み...続きを読む

Q姓と名が外国で逆になる理由

日本人の名前が海外でだと、姓と名が逆になる理由について教えてください。
中国や韓国も日本と同じように、名前は姓・名の順だと思いますが、外国ででも自国と同じ姓・名の順で表記されていると思います。

なぜ日本人だけ、名前の順が逆になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ日本人だけ、名前の順が逆になるのでしょうか?

明治維新により日本は近代国家として急速にヨーロッパ諸国に追いつこうと懸命の努力をしました。着物から洋服へ、ぞうりを革靴へ、ちょんまげを切る、帯刀禁止、肉食を始める、など等あらゆることをヨーロッパ風に改めたのです。名前の名乗り方もそのひとつで
ヨーロッパ風でなければ通用しないと考えたのでしょう。当時、アジアの風習を参考にしても日本の
近代化に役立たないと考えられていました。なぜならアジアの多くの国がヨーロッパに侵略され植民地にされていたからです。

現在は名前を逆にする風習を国辱的と考える人々が増えて反省期に入っていると思われますが、百年に及ぶ
使用実績があるため、一部の人々の意見で急に習慣を変えれば国際的にも混乱が起こる可能性があり、時間をかけて世論の動向を見ているところでしょう。

日本人でエスペラントを学ぶ人々の間では相当前から姓名の順で名乗る習慣が定着しています。その場合、苗字を大文字で書きます。NIPPON Taro と書くことにより姓名を間違えられることはありません。この習慣はヨーロッパ人も受け入れているようです(エスペラントに関係なく)

サムライの国から欧州列強と肩を並べる近代国家へ短期間に脱皮しようとしたとき、今から思えばいろいろと犠牲にされた日本のよい風習があったのです。

>なぜ日本人だけ、名前の順が逆になるのでしょうか?

明治維新により日本は近代国家として急速にヨーロッパ諸国に追いつこうと懸命の努力をしました。着物から洋服へ、ぞうりを革靴へ、ちょんまげを切る、帯刀禁止、肉食を始める、など等あらゆることをヨーロッパ風に改めたのです。名前の名乗り方もそのひとつで
ヨーロッパ風でなければ通用しないと考えたのでしょう。当時、アジアの風習を参考にしても日本の
近代化に役立たないと考えられていました。なぜならアジアの多くの国がヨーロッパに侵略され植民...続きを読む

Q「今こそ別れめ」の『め』ってどんな意味?

ちょっと気になったので質問します。

卒業式なんかで歌われる『仰げば尊し』の中に、
「今こそ別れめ・・・」っていう歌詞があります。
そこで質問です。「別れめ」の「め」ってどんな意味ですか?
『こそ』があるので、係り結びになっているらしいので、
どうも助動詞の『む』だと思うのですが、『む』って推量の意味でしたよね。
でも「今こそ別れるだろう」っていう意味ではないと思います。

本当の意味を誰か教えてください。
文法的なスタンスで教えてくださるとありがたいです。

Aベストアンサー

 皆さんの回答の通りだと思うのですが、更に次のことを付け加えてもいいかなと思いました。「こそ」の意味として現代語の「は」に似たものが見られる場合があります。「君は頭〈が〉いい」と言われればそのまま受け取れますけど、「君は頭〈は〉いい」と言われたら、「じゃあどこが悪いんだ」といいたくなりますよね。そのような、背後に並行する事態を持つような語感です。「春の夜の闇はあやなし(春の夜の闇は不思議だ)梅の花色こそ見えね 香やはかくるる」も、「梅の花の色は見えない 香りは隠れない」という二つの事態が、文に明示されている例です。(ここから逆接の接続用法が生まれるようです。)
 従って「今こそ分かれめ」も、「今〈は〉別れましょう」のように理解する余地があります。だからboo00さんの「将来会える機会があれば、立派な姿になって会いたいものだと言った意味合いが含まれている」という解釈も、ここからも来ているのでしょうか、その通りだと思います。

Qパスポート署名は「姓⇒名」と「名⇒姓」のどちら派?

【1】
あなたはどちらでパスポートに署名していますか?

【2】
日本人として「より誇りを持った書き方」は、
「姓⇒名」と「名⇒姓」のどちらだと
あなたは思いますか?

当方、先ほど他の方の質問にも回答しました。
同じ東アジアの日本周辺国の人達は、
英語でも原語通り「姓⇒名」の順で名乗るのに、
なぜ日本人だけ「名⇒姓」になるのかという質問でした。
(GHQのせいに決まってるじゃないか。)

※オイラは昔は「名⇒姓」派で、
最近はメッキリ「姓⇒名」派。
西洋でも署名は漢字表記。
面倒くさくなった。ww

ちなみに、中国語→英語の通訳者の中で、
日本語を解しない方が一番嫌がる固有名詞は、
どうやら日本人の名前みたいです。

これはきっと、例えばですが、
日本人の Ling mu  Er lang (鈴木二郎)さんが、
なんでエーゴだと Jiro Suzuki サンになるのか、
サッパリ分からなくて混乱するという事だろうと。

このように、中・英で日本人の姓・名が逆になる上で、
音声的に互いに全く脈絡がないため、
台湾人なんかも英語で日本人の名前を聞くと、
一瞬「あんた誰?!」ってなるみたいです。w

【1】
あなたはどちらでパスポートに署名していますか?

【2】
日本人として「より誇りを持った書き方」は、
「姓⇒名」と「名⇒姓」のどちらだと
あなたは思いますか?

当方、先ほど他の方の質問にも回答しました。
同じ東アジアの日本周辺国の人達は、
英語でも原語通り「姓⇒名」の順で名乗るのに、
なぜ日本人だけ「名⇒姓」になるのかという質問でした。
(GHQのせいに決まってるじゃないか。)

※オイラは昔は「名⇒姓」派で、
最近はメッキリ「姓⇒名」派。
西洋でも署名は漢字表記。
面倒...続きを読む

Aベストアンサー

(1)姓⇒名
(2)姓⇒名

Q中原中也「時こそ今は花は香炉に打薫じ」の意味は?

中原中也の詩で、
「時こそ今は花は香炉に打薫じ、そこはかとないけいはいです。」
で始るものがあります。
この文の意味がよくわからないので、解説してください。

「時こそ今は」=今がそのときorたった今
「花」=さくら?
「香炉に打薫じ」=香炉に入れて薫らせた

花びらを香炉に入れて燃やしているのでしょうか?
それとも香炉に活けてある花が香っているのでしょうか。
どうして「時こそ今は」なのでしょうか?
特別なことが起こっている場面ではないのですが。
また「しほだる花や水の音や」の「しほだる」の意味が不明です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

時こそ今は花は香炉に打薫じ ボードレール

原文は
Voici venir les temps où vibrant sur sa tige
Chaque fleur s'évapore ainsi qu'un encensoir;
訳せば
いまこそ、花という花が、その茎の上で震えて、香炉のようにその香りを振りまく時 かな。

全体の文から、しほだる は、潮垂れる(元気がない)ということかもと思います。 想像です。

Q中国人や韓国人の姓名の英語表記が姓→名の順なのは何故?

中国人や韓国人の姓名の英語表記が姓→名の順なのは何故でしょうか?
ハンガリー人は日本人と同様に英語表記の時は名→姓の順に書くそうですが…。
欧米人はどちらが姓でどちらが名前か混乱しないのでしょうか?
できるだけ詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私のこの件については何回か書きましたが、各国の文化は尊重すべきであり違いを素直に受け取る事は大切なことだと思っています。

中国人が、特に、英語環境の中でその文化そのものを持ってきて、英語文化というものを尊重しないことは私としては残念に思います。 そしてそれが英語環境では、知識人(頭がいい、ということではなく雑学でもこの逆の順序のことを知っている人という意味です)を除いて、どちらが姓なのか名なのかわからなくしてしまっています。

しかし、来月も中国に行きますが、私の知っている人たち「すべて」が英語環境のことを知っており姓と名を英語環境に合わせています。 しかし「漢字」で名前を書くときには中国環境のままでしていますし私もそれはそれでいいと思っています。

ですから、私としては、日本は昔「正しい」事をしたのです。 英語の環境だからこそ「英語表現」をしたのです。 英語文化を尊重したのであって必ずしも外国文化に「負けた」ということでは決してないはずです。

一貫性を持たせる、ということは「和」につながるのです。 今日本名は英語環境でまったく問題ないですね。 これを、中国がやっているからという理由でか、日本もやるべし、なんて「いまさら」変える事で、英語環境に混乱を起こさない確信はどこにあるというのでしょう。

私の知っているハンガリー人はすべて英語式です。 英語環境だということを生活が管理しているのでしょうね、ちょうど在米日本人のように。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私のこの件については何回か書きましたが、各国の文化は尊重すべきであり違いを素直に受け取る事は大切なことだと思っています。

中国人が、特に、英語環境の中でその文化そのものを持ってきて、英語文化というものを尊重しないことは私としては残念に思います。 そしてそれが英語環境では、知識人(頭がいい、ということではなく雑学でもこの逆の順序のことを知っている人という意味です)を除いて、どちらが姓なのか名なのかわからなく...続きを読む

Q「以上以下」と「以外」の「以」の意味の違い

たとえば
「5以上」「5以下」の場合、5を含みますが
「5以外」の場合、5は含まれませんよね。

この場合、「以」の意味合いはどうなのでしょうか。
「外」に意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場所・地位・順序・時間・年齢・価値・等級などの高いこと・早いこと・前方にあるもの。また、そのもの。】として用いられています。「範囲」ではありません。「ある起点よりの方向」を示し、その限界はありませんから、範囲ではないのです。「5以上」と書いて、【5より上のもの】【5から上のもの】です。5を起点としてそれから上のものですから、5を含むことになります。
「下」についても同じです。

以上のような説明で、「以」の意味は同じであることが、お分かりいただけたでしょうか。

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場...続きを読む

Q英語で自己紹介する時、名・姓 姓・名のどっち?

英語で自己紹介する時や日本人の名前を言う時、名・姓 姓・名のどちらにするか迷います。どちらを使いますか?教えてください。

Aベストアンサー

ちょっとぶっきらぼうな回答の仕方しますが、回答としては"どっちでもいい"です
なぜかというと、相手がその名前を使用する場合、どちらで呼べばいいか知りたいはずですから、再度名前について詳しく話す機会があるはずですから

相手は英語があちこちで使われている現状は知っていても、firstが先か、familyが先かは、知識がないとわからないわけです
日本のことをほとんど知らない人もいますから

ですから、相手にどっちが姓か名かを"先に"教えてあげるのは礼儀の一つかとは思います
そして、そういう場合は、自分の名前を少なくとも2回は言うのではないかと思います

もし、1回で済ませたいのであれば、相手の文化を知っていれば、その文化に合わせた言い方が必要かとは思います(英語が第2言語で、欧米の文化と違う国の人の場合もありますよね)
でも相手の文化なんか知らない、ということになれば、自分の言いたいように言った後に、どっちが姓か名か、どっちで呼んでほしいか、を伝えないといけないことになります
伝えなくとも、相手からどっちがどっちという質問はあることが多いですし、「なんて呼べばいいか」という質問もあるでしょう

再度会うことはない通りすがり同士の会話というのもありますので、その場合は姓と名と間違われてもそれっきりなわけです
名前を伝えても呼んでもらう機会がない場合だと、どっちがどっちだろうとたぶん相手も忘れてしまってそれっきりなわけなので、何の問題もないわけです
つまり、"自己紹介"という形式的なものさえあれば、何の問題もないということです

"どうしなくてはいけない"ということではなくて、相手とどう接するのか、接したいのかにかかってきます
配慮すべきは、相手に"どう受け取ってもらいたい"かです
その意味で"どちらでもいい"と回答しています
相手が「名・姓」の順の文化の人だとわかっているのだったら、あえて「姓・名」で言うのは配慮がないと思われても仕方ないでしょう

ちょっとぶっきらぼうな回答の仕方しますが、回答としては"どっちでもいい"です
なぜかというと、相手がその名前を使用する場合、どちらで呼べばいいか知りたいはずですから、再度名前について詳しく話す機会があるはずですから

相手は英語があちこちで使われている現状は知っていても、firstが先か、familyが先かは、知識がないとわからないわけです
日本のことをほとんど知らない人もいますから

ですから、相手にどっちが姓か名かを"先に"教えてあげるのは礼儀の一つかとは思います
そして、そういう場合は、...続きを読む

Q「――」と「……」の使い分け

 小説書きなのですが、リーダー、つまり「――」と「……」の使い分けがわかりません。ご存知の方教えてくださいm(_ _)m。

Aベストアンサー

リーダーとダッシュ
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/7112/howto/text02-04-02.html


人気Q&Aランキング