最新閲覧日:

「名こそ惜しけれ」

「恥ずかしいことをしてはいけない」という意味の、司馬遼太郎氏が好んで使った武士の精神を表す言葉だそうです。
「名」や「惜しい」というキーワードを残したまま、わかりやすい現代語に置き換えるとどうなりますか?
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

「こそ」は、文末の「けれ」と呼応する係り結びです。

高校のとき「ぞ、なむ、や、か、連体、こそ、已然」と習いました。
これは、文意を強める役割です。ですので、「こそ」は、現代語の限定的強意という意味合いとは少し違います。
(恥ずかしいことをすれば)「名前が惜しいぞ!」という意味でしょう。
そして、この場合「名前」とは家名のことです。家名を汚すことになる。家名を傷つけるような行為は非常に残念である。してはいけない。ということになるのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
高校の古文の授業で習った係り結び、思い出しました。

No.1~4のみなさんもどうもありがとうございました(この場をお借りして)
「キリスト教社会には神の教えという倫理観があるが、日本には『名こそ惜しけれ』がある」というのが司馬遼太郎氏の持論だそうです。
日本と世界との関係を考える上で重要な考え方のように思えたので、詳しく知りたいと思いました。

お礼日時:2016/02/16 09:24

「名誉をこそ守れ!」「誇りこそ一番大切だ!」って感じでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/15 21:14

有名人だったのに、あんな恥曝しなことで失脚してしまって、惜しい。


ニュアンスがかなりちがってきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/15 21:13

名はまあ浮名とか評判とか噂…または体面とか、名誉ですね


惜しいというのは悔しいということです。口惜しいというやつです。

汚名が残るのは口惜しい、とかそういう感じでわかりますかね。
名前に傷がつくのは惜しいことだ、とか。

武士は死しても名誉、名前を残したいものです

現代でも、たとえばネットで悪評が立てばずっとそのことは残りますし
消すこともできません。

「名前を堕とすのはとても口惜しい」
という感じですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/15 21:13

> 「名」や「惜しい」というキーワードを残したまま



無茶いいますね。「名を惜しむ」しかなくなっちゃいますので。

「名誉を傷つける行動をしてはならない」
ではだめですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/15 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学のレポートテーマが、「現代社会についての本(現代社会について書かれてるのならば小説可)」なのです

大学のレポートテーマが、「現代社会についての本(現代社会について書かれてるのならば小説可)」なのですが、正直意味がわかりません。初めての大学レポートですので何が良いのかわからないのです。
もしこのテーマですと、皆さんなら何を選びますか?参考に教えてもらいたいです!

Aベストアンサー

レポートでは
現代社会について書かれた本を読んで、レポートを作成せよ
とのことであるのならば、講義内容に沿って、現代社会における問題点を取り上げた本を
本屋、もしくは図書館などで探してみはいかがですか。
図書館に行けば、こういったテーマでレポートを書くためにお勧めの本がありますか、と尋ねれば
レファレンスを行ってくれます。(つまり参考になる、推薦できるものを検索・紹介してくれます)

現代社会には様々な視点から考察すべき大量の問題点や事象があります。
例えば近々話題になったISILのテロについて。
歴史的、宗教的、国際政治的、経済的、国際紛争的など様々な観点からこれを見ることができ、
またこれらについて考察する書籍はたくさんあります。
他にもイギリスのEU離脱について、中国経済について、東京都知事の選挙について
年金の問題について、日本を含む移民問題、国際的な経済問題など
『現代社会』と定義するとかなり幅広く議論できるものを見つけることが出来ます。

上記に挙げた中からやりやすいモノを選ぶも良し
自分で何か興味があるものを主題にするも良しです。
ただ、大学に入学したばかりでそういったニュースに今まで目を通してこなかったということであれば
まずは難解な問題に取り組む前に、それらを簡単に解説している本を一冊読んでみると良いかも知れません。
例えば、大変分かりやすい解説といえば池上彰氏の本などは、小学生でもわかるようなものもあります。
その他にも、『分かりやすい』『基礎から』『かんたんな』などの文言を入れて
Amazonなどで本を検索してみると、かなりたくさんの初心者用書籍が出てきます。
その中から、現代社会に関連しているな、と思うものを選んで読んでみても良いでしょう。

『現代社会』って何?
ということであれば、それは今現在、自分が生きている時代から遠くない時間の社会の事です。
社会とは、集団を構成している様々な要素です。
人であり、法律であり、制度であり、経済です。
要は割と何でもあり、という事になります。
何を取り上げて良いかどうしても分からなければ、講義の内容から拾ってみて下さい。
または、講師(教授)に質問してみるのも良いでしょう。

レポートでは
現代社会について書かれた本を読んで、レポートを作成せよ
とのことであるのならば、講義内容に沿って、現代社会における問題点を取り上げた本を
本屋、もしくは図書館などで探してみはいかがですか。
図書館に行けば、こういったテーマでレポートを書くためにお勧めの本がありますか、と尋ねれば
レファレンスを行ってくれます。(つまり参考になる、推薦できるものを検索・紹介してくれます)

現代社会には様々な視点から考察すべき大量の問題点や事象があります。
例えば近々話題になったISI...続きを読む

Q現代文B 短歌と俳句

現代文B 短歌と俳句 【花びらをひろげ疲れしおとろへに牡丹重たく夢をはなるる】について

①「花びら」の質感を的確に表現している一語を歌中から抜き出してください

②この歌の上の句と下の句との関係を
示したものとして最も適当なものを
次の中から選んでください。

ア 原因と理由
イ 原因と結果
ウ 結果と説明
エ 経過と結論

【マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや】

①「祖国」の現状を暗示している語句を
歌中から四字で抜き出してください。

②「身捨つるほどの祖国はありや」について、「や」は反語の係助詞であるが、反語表現であることがよくわかるようにこの部分を口語訳してください。

Aベストアンサー

【花びらをひろげ疲れしおとろへに牡丹重たく夢をはなるる】
①⇒「重たく」でしょうね。椿の花は、落ちるときに「ぼとっ」と音がするほど重いものだそうです。
②⇒咲き頃を過ぎた椿の花が衰えたのが原因で、花が重たそうに枝を離れた(散った)。
枝について咲いているときは椿は夢見ている状態だったわけですが、その夢を離れた。
「おとろへに」の「に」は、大辞泉の【7 動作・作用の原因・理由・きっかけとなるものを示す。】という用法になります。
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/166083/meaning/m1u/%E3%81%AB/
ということで、
イ 原因と結果 
が正解。

【マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや】
①⇒霧ふかし。
②「身捨つるほどの祖国はありや」
・直訳⇒この身を捨てるほどの祖国はあるだろうか、いや無いだろう。
・意訳⇒(私たちの祖国は)この身を捨てるほど価値のある祖国だろうか、いやそうではないだろう。

Q物名

『古今和歌集』巻第十に、「物名」といふのがあります。

これは、いはゆるゲテモノ扱ひなのですか。それとも「春夏秋冬恋」と同格とみなされてゐたのですか。

Aベストアンサー

こんばんはです♪


☆これは、いはゆるゲテモノ扱ひなのですか。
◇だと思います。
歌詠みのテクニックを競う部分があるのではないでしょうか。

と同時に、
古今集に掲載することによって、「物名」をどのように歌に読み込むのか、というお手本を示したとなるのではないでしょうか。



☆それとも「春夏秋冬恋」と同格とみなされてゐたのですか。
◇それはないと思います。
「物名」を隠し題として、これをいかに読み手側に気づかせないように作るか、ということに重点が置かれているだけであって、
そこに掲載されている歌自体は、それほど、大したものでないので。

ただし、非常に実用的な物であったのは事実でしょう。
貴族(貴族は歌人です)が寄り集まったとき、
「ネムリネコを隠し題として、みんなで歌を作って競うぜ」
というようなことはあったでしょうし、
お祝いの宴会などで、その席に列席している歌詠みなどに、
偉い貴族の人が「ネムリネコが隠し題だ。詠め!!」
と命令することもあったでしょうから。
そして、これをうまく行えるかどうかが自身の出世にも関わったでしょうし…。
うまく作れば、ご褒美ももらえたでしょうし…。

家柄のいい名門貴族はともかく、
下級~中級貴族にとって、うまい歌を作れるというのは、自身の出世にとって大切な能力でしたからね、
あの時代は。
そして、これは男だけではなく、女性にも必須の教養であった。


まっ、そういうことで。

こんばんはです♪


☆これは、いはゆるゲテモノ扱ひなのですか。
◇だと思います。
歌詠みのテクニックを競う部分があるのではないでしょうか。

と同時に、
古今集に掲載することによって、「物名」をどのように歌に読み込むのか、というお手本を示したとなるのではないでしょうか。



☆それとも「春夏秋冬恋」と同格とみなされてゐたのですか。
◇それはないと思います。
「物名」を隠し題として、これをいかに読み手側に気づかせないように作るか、ということに重点が置かれているだけであって、
そこに掲載され...続きを読む

Q詩の作者名を教えてください(林芙美子?かも)

生命…
もののいわぬかたち ものいわぬひかり
ただ静かに咲きほこり 枯れはててなをかつ 蒼然とゆく空のはな
机のつぼにさしたる あざみのむらさきなる 今日も美しかりき…

Aベストアンサー

作品タイトルまでは辿り着けず、
また前後関係や漢字・平仮名の問題と一部フレーズの差異も伺えますが、
(※下記GoogleBooks自動抽出時の問題の可能性も十分に考えられます※)

『林芙美子全集 第1巻/林芙美子[著]/文泉堂出版/1977』に含まれる
「林芙美子」氏の作品のようです。

GoogleBooks
http://books.google.co.jp/
先ずは上記にてキーワード「ものいはぬかたち ものいはぬひかり」で検索しましたところ、
約5,470件ヒットのうちの上位二つが近似の結果が得られました。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%AC%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%80%80%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%AC%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8A&btnG=%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%81%AE%E6%A4%9C%E7%B4%A2&tbm=bks&tbo=1&hl=ja

なお、GoogleBooksではプレビューできる以外のものは、
自動抽出の断片情報に過ぎませんので、原本と前後左右が逆であったり、
また文字化けなどもあり得ますので正確さには欠けますが参考にはなります。

2番目「Hayashi Fumiko zenshū-第1巻-209ページ Fumiko Hayashi-1977」の断片情報。
あと「Hayashi Fumiko zenshū-第1巻-209ページ」をクリックしますと、
「Bunsendō Shuppan, 1977」(※文泉堂出版)の情報も得られました。

209 今; ! I はうつくしかりきあざみのむらさきなるつくゑのっぼにさしたる
愴然と逝~空のはなかれはててなほかつ哚きをはりてのちもたにしづかに唉きほこり
ものいはぬひかりものいはぬかたち生命

また、1番目「文芸:-第14巻、第1~4号-252 ページ 1975」の断片情報の後半部。

...ててなほかつ山咲きをはりてのちも:ただしづかに咲きほこり 5
ものいはぬひかり出ものいはぬかたち|生命;の哀しさを語らぬのか。

続きまして、上記1番目&2番目を併せ一部(勝手に)修正

今日はうつくしかりき あざみのむらさきなる つくゑのつぼにさしたる
愴然と逝く空のはなかれはててなほかつ 咲きをはりてのちも ただしづかに咲きほこり
ものいはぬひかり ものいはぬかたち 生命の哀しさを語らぬのか。

上記を御質問内容と比較した場合、
前後関係や漢字・平仮名の問題と一部フレーズの差異も伺えますが、
「林芙美子」氏の作品と同源のように感じられます。

最後に、
・国立国会図書館サーチ
http://iss.ndl.go.jp/
キーワード「林芙美子全集 第1巻 文泉堂出版」で検索しましたところ、

〇『林芙美子全集 第1巻/林芙美子[著]/文泉堂出版/1977』(全547頁)
(日本文学全集・選集叢刊 第7次)
部分タイトル:
蒼馬を見たり 鯛を買ふ いとしのカチューシャ 朱帆は海へ出た
ボクの素描 心境風景 こひうた 輝かしき追憶 遺稿 放浪記

などの情報が得られましたが、全547頁中209頁部分の
タイトルまでは分かりませんでした(><)

以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^

作品タイトルまでは辿り着けず、
また前後関係や漢字・平仮名の問題と一部フレーズの差異も伺えますが、
(※下記GoogleBooks自動抽出時の問題の可能性も十分に考えられます※)

『林芙美子全集 第1巻/林芙美子[著]/文泉堂出版/1977』に含まれる
「林芙美子」氏の作品のようです。

GoogleBooks
http://books.google.co.jp/
先ずは上記にてキーワード「ものいはぬかたち ものいはぬひかり」で検索しましたところ、
約5,470件ヒットのうちの上位二つが近似の結果が得られました。

https://www.google.co.jp/sea...続きを読む

Q以下、箸墓古墳の名の由来についての、日本書紀での一節です。(Wikipediaより)現代語訳をお願い

以下、箸墓古墳の名の由来についての、日本書紀での一節です。(Wikipediaより)現代語訳をお願いします。意訳でけっこうです。2箇所わからないところがあるので、2箇所よろしくお願いします。わかるほうだけでもけっこうです。


⒈ 「汝、忍びずして吾に羞(はじみ)せつ。吾還りて汝に羞せむ」

⒉ 則ち箸に陰(ほと)を憧(つ)きて薨(かむさ)りましぬ。乃ち大市に葬りまつる。

Aベストアンサー

詳しくはわかりませんが、察するに、

「あなたは、私の言ったことを守れず、我慢出来ずに、
私の本当の姿を見て私に恥をかかせた。
それ故に、私は妻であるあなたの下を去り、
あなたに恥をかかせます。」と言うような。

妻は驚いて腰を落とした拍子に「箸」で自分の陰部(ほと)を
突き差してしまい、その姫(妻)は亡くなってしまった。

それが箸墓の由来というけれど、情景の想像できない
なんとも奇妙で解せない話ではあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報