マンガでよめる痔のこと・薬のこと

小林一茶の有名な俳句、「めでたさもちゅうくらいなりおらがはる」について教えて下さい。
1.この句について、漢字混じりだと思いますが、原文を教えて下さい。
2.今までこの句の「ちゅう」とは、私は上中下の「中」だと思ってきましたが、そうでもない、とのことを聞きました。この「ちゅう」について教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

俳諧とは座の文学であり、周りの者が理解出来ない方言は使用しない。


発句から付句と続いて行くので。
発句から単独で俳句としたのは、正岡子規以降。
周りの者が理解出来る故郷での興行なら方言を使う事もあろう。

逆に江戸時代の風俗習慣から派生した詞では、現代人には通じない事も多々有る。

ちう方言説を唱えた者は、この句を俳句として見ているが、俳諧連歌としては見ていない。
江戸を主な俳句の拠点としていた一茶が、江戸の俳人の理解出来ない詞を使用するはずが無い。

中とすべきであろう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
江戸でも活躍していた一茶が、故郷へ戻って来た際、どちら向けに単語を使うのでしょうか?
<江戸を主な俳句の拠点としていた一茶が、江戸の俳人の理解出来ない詞を使用するはずが無い。>
ということですね。
そして、一人での俳句と複数人での俳諧連歌とでは、志向が必ずしも同じではない、のですね。

お礼日時:2016/02/20 13:21

#2の補足



原文が、1も2も違っていましたので、捕捉します。
日本文学ガイドによれば、原文は、

 めでた    くらいなり
『目出度さもちう位也おらが春』 一茶  となっており、漢字の部分にふりがながついております。
 


おらが春|要約・解説・原文(一部) - 日本文学ガイド http://koten.sk46.com/sakuhin/oraga.html#Pd9Ai39 …

尚解釈は、以下の故郷の方言から、後に、白石氏が、中という解釈をしたこともあり、変化していったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございました。
一茶の心情を、引用して頂いた内容のように
<他力信心>
の立場から、見ること(解釈する)ことも必要ですね。

お礼日時:2016/02/20 13:08

以下のサイトの方に似た専門家の評論があります。

ご参考に

目出度さもちゅう位なりおらが春  

『SOGI』133号 青木新門氏によれば、
ちゅう位というのは、信濃地方の方言が元で、あやふやとか、いい加減とか、どっちにもつかず、という意味だそうです。
但しこの作品はそれにとどまらず、そこから派生して、あなた任せという意味が強調されたそうです。ですから、元の方言からの言葉なので、ちゅう位としたという解釈があるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
<ちゅう位というのは、信濃地方の方言が元で、あやふやとか、いい加減とか、どっちにもつかず、という意味だそうです。>
信濃地方の言葉を使用した表現なのですね。今は意識して方言を使っていますが、当時は各言語が全国並列に使われていたのですね。

お礼日時:2016/02/20 12:50

目出度さもちゅう位なりおらが春


他サイト過去ログですが的を得た回答だと思います
http://okwave.jp/qa/q2379504.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
まず、原文は「ちゅう位」なのですこれは、長野地方では「ちう位」なのですね。そして、この「ちう位」は、「いい加減な」という意味なのですね。句全体は、世間一般の「めでたい」に対し「少しすねた言い方で表現した」のですね。

お礼日時:2016/02/15 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有名俳人の有名な俳句を教えてください。

有名な句を調べています。
有名な俳人までは調べて見ましたが、有名な句ってどういうものがあるのでしょうか?よろしくお願致します。


■小林一茶
■高浜虚子
■種田山頭火
■正岡子規
■松尾芭蕉
・古池や蛙飛こむ水のおと
・夏草や兵どもが夢の跡

■与謝蕪村

Aベストアンサー

ざっとですが、

小林一茶

めでたさも中くらいなりおらが春
名月を取ってくれろと泣く子かな
我と来て遊べや親のない雀

高浜虚子

春の浜大いなる輪が画いてある
流れ行く大根の葉の早さかな     
蓑虫の父よと鳴きて母もなし

種田山頭火

分け入っても分け入っても青い山
もりもり盛り上がる雲へ歩む
炎天のレールまっすぐ
うしろすがたのしぐれてゆくか
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る

正岡子規

もののふの河豚にくはるる悲しさよ
いくたびも雪の深さを尋ねけり
鶏頭の十四五本もありぬべし
痰一斗 糸瓜の水も 間にあわず


松尾芭蕉

松島や ああ松島や 松島や
秋深き隣は何をする人ぞ
旅に病で夢は枯野をかけ廻る
山路来て何やらゆかしすみれ草
閑さや岩にしみ入る蝉の声
五月雨をあつめて早し最上川

与謝蕪村

春の海ひねもすのたりのたりかな
菜の花や月は東に日は西に

あたりでしょうか(虚子や山頭火は好きな人でないとちょっと馴染みがないかもしれません)。

ざっとですが、

小林一茶

めでたさも中くらいなりおらが春
名月を取ってくれろと泣く子かな
我と来て遊べや親のない雀

高浜虚子

春の浜大いなる輪が画いてある
流れ行く大根の葉の早さかな     
蓑虫の父よと鳴きて母もなし

種田山頭火

分け入っても分け入っても青い山
もりもり盛り上がる雲へ歩む
炎天のレールまっすぐ
うしろすがたのしぐれてゆくか
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る

正岡子規

もののふの河豚にくはるる悲しさよ
いくたびも雪の深さを尋ねけり
鶏頭の...続きを読む

Q小林一茶の俳句について教えてください

”やせがえる負けるな一茶これにあり”
この句の意味、情景を教えて下さい。
よろしくお願いします。(子供に質問され困っています)

Aベストアンサー

蛙の求愛活動ですね。メスを争ってさながら合戦のようになります。
これを見物に出かけた一茶、つい弱そうな奴の味方をしてしまうんですね。

この背景には、彼の長子である千太郎が病弱だった、という事実も
あります。その命乞いという意味もあったのですが、残念ながら
愛児は生後一ヶ月で亡くなってしまいました。

というわけです。求愛活動ってのをどれほど生物学的に詳しく
お伝えするかは…お任せいたします。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Qホトトギスが「テッペンカケタカ」と鳴くという、その初出は?

ホトトギスが「テッペンカケタカ」と鳴くという、そのなき方のオノマトペの初出はいつなのでしょうか?古くからあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんなすばらしいHPを見つけました。
柴田昭彦氏の「ものがたり通信」です。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tsuushin/index.html

この中の「鳥の聞きなし」には、ただもう驚くほどの
鳴き声のオノマトペが網羅されています。

「テッペンカケタカ」は、『古今要覧稿』に見られるとあります。
なんとありがたいことに『古今要覧稿』は、
この名で検索すれば「近代デジタルライブラリ」で見ることができます。
163ページに
「籠の内に有て天辺かけたかと名のる声の殊に高く・・」
とあります。
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=41016874&VOL_NUM=00006&KOMA=220&ITYPE=0

江戸時代末期には、テッペンカケタカの鳴き声が知られていたということになります。


人気Q&Aランキング