最新閲覧日:

永久磁石の磁界
のところで、次の積分が現れます。
4πΦ=(C/l^2)∫(ζ/r)dζdσ
ここで、
r^2=(Zーζ)^2+p^2+ρ^2-2pρcos(φ-ψ)
dσ=ρdρdψ
積分範囲は
ζ:-l から +l
ρ:0 から a
ψ:0 から 2π

ρに関しては、r=tーρ として2乗してコツことやれば計算できそうですが、
ψに関しては、どのように厚かったらよいのか分かりません。

ご指導よろしくお願いします。

講談社、ゾンマーフェルト 物理学講座 Ⅲ
電磁気学 95ページ

です。

質問者からの補足コメント

  • すみません。失礼しました。

    図は、写真のようなものです。
    この図は、前の例題のものです。

    積分点の座標をζ、ρ、ψ、着目点の座標をz、p,φとする。
    積分点は円柱の中の点です。
    ψ、φはそれぞれの点のxy平面への正射影と原点を結ぶ線分がx軸の正の向きとなす角。
    ρ、pは原点とそれぞれの正射影を結ぶ線分の長さ。
    z、ζは積分点、着目点のz座標

    です。

    「電磁気学での積分」の補足画像1
      補足日時:2016/02/16 16:47

A 回答 (3件)

当方、ゾンマーフェルトの本は所持しておらず・・、


詳しい人マークには程遠いためご参考程度に・・!

r^2=(Z-ζ)^2+p^2+ρ^2-2pρcos(φ-ψ)
∫(ζ/r)dζdσ = ∫[-l→l]ζdζ∫[0→a]ρdρ∫[0→2π](1/r)dψ
・・で
∫[0→2π](1/r)dψの部分の積分の導出過程が知りたいという理解で良いだろうか・・!?
(若しも理解が違ってたらば、-------以下の記述は見なかった事にしてもらうと言う事で・・!)

------------------------------------------------------------------------------
∫[0→2π](1/r)dψ =∫[0→2π]{1/√((Z-ζ)^2+p^2+ρ^2-2pρcos(φ-ψ))}dψ
で着目点部分の座標を常数と見ればφ=常数なので形式的にdψ = d(φ-ψ)と見做して
φ-ψ = tで置換えるとd(φ-ψ) = dt
与式 =∫[0→2π]{1/√((Z-ζ)^2+p^2+ρ^2-2pρcost}dt
= 2∫[0→π]{1/√((Z-ζ)^2+p^2+ρ^2-2pρcost}dt
(∵∫[0→2π]{f(cost)}dtの積分区間を分けて[π→2π]の積分区間でt = 2π-t'と置くことで得られる)

ここでまたt = π-2θと置き換えると
2・∫[0→π]{1/√((Z-ζ)^2+p^2+ρ^2-2pρcost}dt
= 4・∫[0→π/2]{1/√((Z-ζ)^2+p^2+ρ^2+2pρcos(2θ)}dθ
= 4・∫[0→π/2]{1/√((Z-ζ)^2+p^2+ρ^2+2pρ(1-2sin^2(θ))}dθ
= 4・∫[0→π/2]{1/√((Z-ζ)^2+(p+ρ)^2-4pρsin^2(θ)}dθ

k^2 = 4pρ/((Z-ζ)^2+(p+ρ)^2)と置けば1/√((Z-ζ)^2+(p+ρ)^2) = k/(2√(pρ))
1/√((Z-ζ)^2+(p+ρ)^2-4pρsin^2(θ) = k/(2√(pρ))・1/√(1-k^2・sin^2(θ))
与式 = 4k/(2√(pρ))・∫[0→π/2]{1/√(1-k^2・sin^2(θ))}dθ
= (2k/√(pρ))・∫[0→π/2]{1/√(1-k^2・sin^2(θ))}dθ
= (2k/√(pρ))・K(k)  (K(k):第一種完全楕円積分)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

とても役立ちました。
ノートに書いて、ゆっくり計算してみます。

お礼日時:2016/02/17 07:21

ψの積分は「第一種の楕円積分」になるんでしょう。


教科書の前のほうに載ってないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この本には書いてなかったのですが、
このシリーズには、物理数学の本もあるので
そちらにあるのかもしれません。

なお、
積分が完了してから、r→∞ として考察すると思い込んで
積分をしようとしたのですが、
よく読んだら、逆でした
最初に、r→∞ の時には、積分のときの条件を簡単に出来る
と考えて、簡単にした関数を使って積分を考えるというのが
本に書いてある事柄でした。

お礼日時:2016/02/17 07:19

変数の説明が皆無。

図も無しではきついですね。
本を持っている人限定の質問ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼しました。
図を補足しましたので、よろしくお願いします。

分からないのは、
分母の平方根の中に 2pρcos(φ-ψ) が入っていて
ψでの積分の方法が分かりません。

よろしくお願いします。

お礼日時:2016/02/16 16:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q線形です (1)を x+3y-2z=0 x-2y+4z=0 x^2+y^2+z^2=1をもちいて 答

線形です
(1)を
x+3y-2z=0
x-2y+4z=0
x^2+y^2+z^2=1をもちいて
答えが+-の答えになりました
(2)では外せきが8,-6,-5となり
おおきさの5ルート5で割ると
+-の答えにはなりませんでした
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

外積からでてきた単位べクトルは、外積の定義から、ベクトルa、bに垂直ですよね。
だからそれと正反対のベクトルも、ベクトルa、bに垂直な単位ベクトルだから、これも答えに入れれば
よいのです。つまり外積から出した単位ベクトルの各成分に(-1)をかけた成分のベクトルも答えに
なります。そしてこうして出した2つのベクトルは、先に内積で出した2つのベクトルと一致します。

Q【数学】(a+b)^2=a^2+b^2までは分かる。どこから2abが出現するのか。 (2+2)^2

【数学】(a+b)^2=a^2+b^2までは分かる。どこから2abが出現するのか。

(2+2)^2=4^2=16

a^2+b^2の4+4は確かに8。

2abは2*2*2で8

足すと確かに16になる。

2abの2はどこから来た?出現した?

Aベストアンサー

(a+b)^2=(a+b)×(a+b)=a(a+b)+b(a+b)
暗記力の問題ではなく、理解力の問題だったのでは?

Qx^2+y^2=4{(x-9)^2+y^2}

x^2+y^2=4{(x-9)^2+y^2}
これを整理すると
x^2+y^2-24x+108=0
だそうです。
何回やってもこの整理された答えにならないので、途中の詳しい流れを教えてください。

蛇足かもしれませんが、二点間の距離の比の軌跡を求める問題のとある部分です。

Aベストアンサー

「何回やってもこの整理された答えにならない」というのなら,その自分でやったのを開示してどこが間違っているかを聞くのが,こういうところでの作法です。

Q数学の(+12)+(ー8) =+(12ー8) =+4 とあるんですが2段目の式の+(12ー8)は、な

数学の(+12)+(ー8)
=+(12ー8)
=+4
とあるんですが2段目の式の+(12ー8)は、なんで12と8の間にーが来るんですか?
教えてください

Aベストアンサー

これで分かるかな

Qcos^2(x+(π/3))+cos^2(x+(2π/3))+cos^2(x+π) 。簡単な方法で。

質問文が分かりづらいので書き直しました。

cos^2(x+(π/3))+cos^2(x+(2π/3))+cos^2(x+π)
を出来るだけ簡単な方法で解いてください。
答えは3/2です。

前回読みにくい質問文でしたのにお答えいただきましたspring135さまありがとうございました。前回も大変助かりました。

Aベストアンサー

(cos(a))^2=(1/2)+(1/2)cos(2a)
Σ[k=1~n]cos(x+2πk/n) は単位円の円周を等分割する
点のx座標の和なので 0

(cos(x+π/3)^2+(cos(x+2π/3))^2+(cos(x+π))^2
=(3/2)+(1/2){cos(2x+2π/3)+cos(2x+4π/3)+cos(2x+2π)}=3/2


人気Q&Aランキング

おすすめ情報