AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

友達の保険の勧誘について

友達が離婚後、保険の仕事を始めました。
最近、友達間での勧誘等が多々あり「勧誘されるから気をつけて!」とメールが出回る始末…。。。
よく遊んでいた子からも、しばらく会いたくないと友達間で亀裂が生じ始めています。本人はメールの件も会いたくないと言われてることも知りません。
私も誰か紹介してと常々言われてますが、うまくかわしている状態です。
ずっと仲良くしてきたのに、こんな状態で皆で会うこともなくなってきてしまって正直寂しいですが、本人に言う事もできず…。。。
他の子と、このまま様子見にするしかないのか本人に伝えるか迷っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「本人に伝えるか迷う」って、何を???



営業きつくて避けられてるってコトは別に伝えなくていいよ。
時間が解決するから。
伝えるべきは保険に入らないということ、紹介できる友達はいないということ、この2点をごく普通に言えばいいよ。
この2点を質問者の友達全員がごく普通に伝えれば、その友達も勧誘してこなくなるから、今まで通りの付き合いができるようになる。

保険等もそうだけど、そういう仕事に就くと、まずは親族・友人・知人を勧誘するように会社から言われる。
当たり前だけど、素人が就職したら初対面の相手からいきなり契約を取れるほど甘くはない。
だから、初対面ではなく一定の人間関係のある周囲の人から契約を取れと言われる。
それで契約を取れることで本人の勉強にも自信にもなる、もちろん給料にもなる。
これはその友人がどうこうというよりも会社の仕組みだから、しばらくすれば一般客から契約を取れるようになるので、その友達も前のようになるよ。
これが冒頭述べた「時間が解決する」というしくみ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。時間が解決するのを待とうと思います。

お礼日時:2016/02/21 17:25

友達であることを理由に、このような勧誘はよくありますね。

私も親しい子から勧誘があり、主人と相談しました。その結果、「私といつまでも親しい友達でいたいなら勧誘するのは迷惑だからやめてくれない」と言ったら、しつっこい勧誘がなくなりました。あなたもこの手が通用するか分かりませんが、試しに言ってみたらどうでしょう。
    • good
    • 0

断れない理由でもあるの?一番仲良くしてきたからって、貴女には関係ないでしょう。

友達だから知人を紹介して、なんてのは向こうの言い分だから自分で探して、って何故言えないの?もしかして友達付き合いやめる、って言われるのが怖い?段々と疎遠になっていくと思うよ。
    • good
    • 0

一番勧誘しやすいのが友達であって、それがどう受け取られているかと言うのは少しは本人も解ってはいるでしょう。


それでも友達だからと言う淡い期待で勧誘し続ける。
友達であってもそれとこれとは別で有る事をハッキリ伝えた方が良いでしょう。
それによって亀裂が生じて疎遠となろうが、それは致し方ない事だと自己納得させるしか有りません。
実績を作り売り上げを確保したいのかも知れませんが、断る時はハッキリ断った方がセールスの厳しさを知り勉強させる意味でも
相手の為になる事でもありますし。
    • good
    • 0

きっぱり断りましょう。

あやふやは双方にとって良くありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生保レディのアンケートを書かない人

昨日も質問しましたが少し主旨がずれてました。

私はまだ新人です。オフィス街なので全員職域をもらっていて昼休みに毎日訪問します。

とにかく1日3件アンケートを書いてもらってくるようにと言われます。

書いてくれる人もいますが断る人も結構います。

上司が時々言うのですが下記の事に気をつければ書いてもらえるといいます。
それで本当に書こうと思いますか?
しかしそこまでして書いてもらったとしても見込みにつながらないと思うのですが。

(1)毎日訪問していれば信頼されて書いてもらえる

(2)毎日お菓子を配っていれば書いてもらえる

(3)元気よく笑顔で言えば書いてもらえる

(4)セールスブックを使って保険の必要性を説明したら
 書いてもらえる

(5)断られても日を改めて何回も頼めば書いてもらえる

Aベストアンサー

以前勤めていた会社で大人気だった生保レディがいます。
年齢はおそらく50代だと思います。
その方はお昼も定時後も、毎日と言っていいほどいらっしゃってました。
私は大きな会社に勤めていたのですが、多分みなさんその女性のことは知っていたと思います。
その方は契約もとりまくってらっしゃったので、以下、参考になりましたらと思います。


>(1)毎日訪問していれば信頼されて書いてもらえる

その方は毎日訪問してらしたので、みなさんから頼れるオバチャン!って感じで世間話などもよくされてました。
その女性が話しかけなくても、みんなから話かけられているくらいカリスマでした。

>(2)毎日お菓子を配っていれば書いてもらえる

小さいやつでしたけど、お菓子毎日配ってらっしゃいましたよ。
私は保険の勧誘はなぜかされませんでしたが、お菓子だけはいつも人の2,3倍くれてました。
残業中におなかへった~とぶつくさいいながらやってたから「お嬢さん、おなかすいてはるでしょ、これどうぞ」って。
で、必ず「いっつも残業たいへんやね~」と労ってくださいました。だから私も出会ったらいつも挨拶してました。
ただ、お菓子いらん!て人もいらっしゃいましたので、どの人がお菓子お好きか、また迷惑がっているかを察するのも必要だと思います。

>(3)元気よく笑顔で言えば書いてもらえる

笑顔はとても大切ですね!!でもその方からアンケート書いてね、みたいなことは一度だけしか言われませんでした。
これ書いたら抽選で○○もらえるよ、って言われて、え?そう?(笑)って感じでモノにつられて書きました。
でもまずは、突然書いてください!じゃなくて、何度もお顔を合わせて世間話が気軽にできる間柄になってからさりげなくアンケートのお願いされてはいかがですか?

>(4)セールスブックを使って保険の必要性を説明したら
 書いてもらえる

その女性からではありませんが、私社会人になりたてのころ、保険に入ろうと考えていたので、別の保険会社の若い女性に真剣に相談に乗ってもらえましたのでとても嬉しかったです。
結局は親の勧めで別のに入りましたが、親身になって相談にのってくださる方は好印象ですね!

>(5)断られても日を改めて何回も頼めば書いてもらえる

これはちと自信がないですが、例に出しております生保レディはしつこくなかったです。

私としては年配の方はすでに入っている保険会社があるので難しいかもしれませんが、結婚されたばかりの方とか、そろそろ保険に入ろうかしらという若い方、なんかだと相談にのってもらえると嬉しいと思います。

あと、この生保レディはいやだなぁ。。というのは、とても若い方でものすごーーくキャピキャピしていて、男性にしか話しかけなくて、しかもタメ口のうるさい人がいらっしゃったのですが、とても悪い印象を受けました。キャピキャピしていて元気いっぱいなのはいいと思いますが、タメ口とかは問答無用です。
でもあまりうるさすぎる人とかは信頼できないので、私は真面目で挨拶をきちんと出来る、また人を選ばずみなさんに笑顔の生保レディさんが好きです。

がんばってくださいね!

以前勤めていた会社で大人気だった生保レディがいます。
年齢はおそらく50代だと思います。
その方はお昼も定時後も、毎日と言っていいほどいらっしゃってました。
私は大きな会社に勤めていたのですが、多分みなさんその女性のことは知っていたと思います。
その方は契約もとりまくってらっしゃったので、以下、参考になりましたらと思います。


>(1)毎日訪問していれば信頼されて書いてもらえる

その方は毎日訪問してらしたので、みなさんから頼れるオバチャン!って感じで世間話などもよくされ...続きを読む

Q友達からの保険の勧誘で

どうしても引っかかってることがあるので、私の感覚が正しくないのか、教えて下さい。

先日友達から電話で、保険会社に転職したこと、会社案内を15分させてほしいので自宅に伺いたい、決して無理に勧誘などしないので軽い気持ちで聞いてほしい、などと言われました。私としては、友人から営業されることに残念な気持ちにはなりましたが、断りづらく、まぁ少しでも役に立てるならと思い、話を聞くだけならいいよと承諾しました。

しかし当日、友達はいきなり上司を連れてやってきました。私はその事に強い怒りを感じました。上司を連れてくるなんて、一言も聞いてなかったので。
その後、30分程話を聞きましたが、ハッキリお断りして帰っていただきました。

確かに新人だから上司同伴なのは当然でしょうが、普通は事前に相手に伝えませんか?保険業界ではこれが普通なのでしょうか?私にとっては、友達が家に来る約束をしたけど、当日いきなり知らない人を連れてきた、に近い感覚です。非常識すぎませんか?それとも私が厳しすぎなのでしょうか?
また、私の常識では、契約にはいたらなくても、伺ったその日中にお礼のメールをするものと思うのですが、それもなく・・・。
なんだかずっとモヤモヤしてて、気分が悪いです。

どうしても引っかかってることがあるので、私の感覚が正しくないのか、教えて下さい。

先日友達から電話で、保険会社に転職したこと、会社案内を15分させてほしいので自宅に伺いたい、決して無理に勧誘などしないので軽い気持ちで聞いてほしい、などと言われました。私としては、友人から営業されることに残念な気持ちにはなりましたが、断りづらく、まぁ少しでも役に立てるならと思い、話を聞くだけならいいよと承諾しました。

しかし当日、友達はいきなり上司を連れてやってきました。私はその事に強い怒...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのお気持ち 理解できますね…。
確かに ご友人には配慮が足りないと思います。
あなたとしては 親しいからこそ 本音で話をしておられた…が、ご友人はそうではなかったことが悔しく思われるのではないでしょうか?
ただ…反対にあなたがご友人の立場でも 同じ気持ちで動いたのか???
どう思われますか?(配慮不足は 前にもなかったですか?)

自分の思いが正しいと 誰もが思っております。
そうでないと 安心した生活は送れませんよね…。
だから あなたが自分を正当化するのは 当然の行動です。
これは あなたにとっての常識…となるものなので。
それに対して 相手も相手独自の考え(常識)を持っておられます。
二つは全く異なったものであるのは お分かりいただけると思います。

常識…と一般に私たちが呼んでいるものが そもそも不確かな存在なのですよ。立場によっても変わってきますから…当てにできません。
この言葉が 人との溝を生む…違いますでしょうか?

ただ、私も 事前に ほかに社内の人間を連れて行かないといけないなどの情報を知らせてほしいとは思います。訪問への快諾・仕事への協力など当然の義務でもあると思うからです。アポを取る…部外者へなら当然の行動ですね…親しき中にも礼儀あり あなたへも同じことをする 当たり前の行動に思いますよね。そこを省いては 社会人としていかがなものでしょうか???このような方だから お礼のメール一つまともに遅れないようにも思えます。(詰めの甘い人…なんでしょう。)

このまま お付き合いを続ける気持ちがあるのであれば…ですが、直接 「これって あんまりな扱いじゃないの? 私ってあなたにとっては友人でもなんでもないって言う事かしら???」くらい言ってもいいのかな…って思いますね。多少のケンカは覚悟で…わたしなら 言ってしまいそうな案件です。その後の彼女の出方次第で しばらく 連絡も断つくらいしてますよ。

人としての尊厳をもって 仕事に臨む姿勢でなければ 営業マンとしては落第点と思います。(一般的な感想ですが…。)
他人の私なら 信用しませんもの。この行動で この保険会社との契約はしないですね。(営業は人となりと思っておりますので)
私のような こういう考え方もあります。
人それぞれですから…。
許してあげるもよし、しばらく 連絡を絶つのもよし。

どの様な関係に持って行きたいのか 悩ましいかもしれないですね。
馬鹿にして…と 怒る気持ちは できるだけ 早く手放してくださいね。
冷静な判断の邪魔になりますから…。あなた自身も 疲れますしね。

あなたのお気持ち 理解できますね…。
確かに ご友人には配慮が足りないと思います。
あなたとしては 親しいからこそ 本音で話をしておられた…が、ご友人はそうではなかったことが悔しく思われるのではないでしょうか?
ただ…反対にあなたがご友人の立場でも 同じ気持ちで動いたのか???
どう思われますか?(配慮不足は 前にもなかったですか?)

自分の思いが正しいと 誰もが思っております。
そうでないと 安心した生活は送れませんよね…。
だから あなたが自分を正当化するのは 当然の行動です。
...続きを読む

Q生命保険会社の営業職や法人営業職って?

生命保険会社の営業職や法人営業職って何のお仕事ですか?

経費が出なくてノルマがあって達成しなくてはいけないっていう生保レディ(外務員?)のことではないのですか?

女性だけですか?
詳しいこと教えてください!宜しくお願いします!

Aベストアンサー

生保レディ
 いわゆる外交のおばさん
 生命保険を個人向けに販売する
 勧誘の電話を掛けまくったり、1軒1軒ドアノックしたり、親戚・友人に泣きを入れて契約を取る
 契約とってナンボの世界、当然、離職率は極めて高い
 雇用形態としては、パート・契約社員・嘱託など
 新卒の場合も、折込広告、求人誌などを見て応募するのが一般的
 現状としてはほとんど女性
 ※損保の場合、個人向け営業は代理店方式が主流で男性が多い

生保が新卒採用で謳っている法人営業職
 一般的に法人営業職は法人向けの営業を指す
 生保が新卒採用で謳っている法人営業職の場合、企業・団体で働く個人を相手に保険を売る仕事
 新卒はネーミングに弱いのでこのような紛らわしい名前を付けているのだと思われる
 具体的には、
 ・休憩・昼休みの時間を狙って職場・社員食堂などに押しかける
 ・チラシ・飴などを配ったりしながら、その会社の社員と雑談して仲良くなり、アンケートを回収する
 ・アンケート情報をもとに営業戦略を練り、契約を取って取りまくる
 ・場合によっては、出退勤の時間帯に会社の正門前で挨拶をしながらチラシを配ったり、社員食堂にのぼりと簡易テーブルを広げて相談会を開催したりもする
 契約とってナンボの世界、当然、離職率は極めて高い
 現状としてはほとんど女性

生保が新卒採用で謳っている総合職に採用された場合の営業
 上の二者が所属する営業組織で彼女達を指揮・監督する仕事を個人営業などと呼んでいる
 (彼女達をなだめすかしたり、ご機嫌を取ったり、はっぱを掛けたりなどして営業成績を1円でも上げることに血眼となる)
 法人向け生保商品を企業の担当者に販売する仕事を法人営業などと呼んでいる
 総合職の場合、営業以外にも運用、商品開発、契約審査、総務、人事、経理などの仕事がある
 現状としてはほとんど男性

生保が新卒採用で謳っている一般職に採用された場合
 上の三者を事務面でサポートする

生保レディ
 いわゆる外交のおばさん
 生命保険を個人向けに販売する
 勧誘の電話を掛けまくったり、1軒1軒ドアノックしたり、親戚・友人に泣きを入れて契約を取る
 契約とってナンボの世界、当然、離職率は極めて高い
 雇用形態としては、パート・契約社員・嘱託など
 新卒の場合も、折込広告、求人誌などを見て応募するのが一般的
 現状としてはほとんど女性
 ※損保の場合、個人向け営業は代理店方式が主流で男性が多い

生保が新卒採用で謳っている法人営業職
 一般的に法人営業職は法人...続きを読む

Q生保レディの活動

生保レディで営業に出始めて2ヶ月目になります。

まずはどんどんアンケートをとってくるようにと上司に言われます。

2社職域をもらいましたが1社はカウンター募集といって社員の席まで行って

はいけない事になっています。もう1社は夕訪用にともらいました。

カウンター募集の企業は300人ぐらいいて社員の休憩場所までは行ってもいい

のですが、アンケート書いてもらえたのは数人だし限られています。上司は

歩いている人にも声をかけて書いてもらうようにと言います。お菓子を渡し

たりして数人には書いてもらいました。夕訪用の企業は80人ぐらいしかいな

いし夕方は忙しそうな人が多くて頼みにくいです。

それでもなんとか2社合わせて30人ぐらいに書いてもらいました。

見込み客になるかもしれない人は1人か2人ぐらいですが。

そのうち1人は他社から転換してもらえそうだったのですが、そこに来てい

るベテランのおばさんが担当だったのでガードされてしまいました。

他社の生保レディも4,5人来ていますがみんな5分ぐらいですぐ帰っていま

す。特にベテランのおばさんは既契約者の人とだけ話してさっさと帰ってい

ます。この前また違う他社の若い女の子と少し話したけどアンケートとれた

か聞いたらゼロでしたってあっさりと言ってました。そもそもアンケートの

用紙は持ってたけど頼んでいる様子は見ませんでした。

なんだか自分だけ必死でやっているのが恥ずかしい気がするし、見込み客

もなかなか見つからないしそれでも月2件とるようにって上司にしつこく言

われるし(無理だったら友人や親戚に頼むように言われる)憂鬱になってき

ます。

みなさん実際具体的にはどんな活動をされているのでしょうか?

生保レディで営業に出始めて2ヶ月目になります。

まずはどんどんアンケートをとってくるようにと上司に言われます。

2社職域をもらいましたが1社はカウンター募集といって社員の席まで行って

はいけない事になっています。もう1社は夕訪用にともらいました。

カウンター募集の企業は300人ぐらいいて社員の休憩場所までは行ってもいい

のですが、アンケート書いてもらえたのは数人だし限られています。上司は

歩いている人にも声をかけて書いてもらうようにと言います。お菓子を渡し

たりし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
peterrabbitさんは第一の方でしたよね。
職域以外の白地訪問はしないのですか?

生保文化は第二次世界大戦後、戦争で一家の働き手を亡くした夫人の働き口として急速に発展しました。今でも国内生保=「レディー」という一般の認識が強いのもそのせいですし、失礼な言い方かもしれませんが、結構簡単に就職できて、保険契約を成立させれば、コミッションがすぐ反映するという仕組みでしょうから、給料も上がります。一方で、「保険屋」というイメージがあり、新聞拡販と同じように、各家庭でもマンション等の玄関では「嫌われ者」扱いですね。
しかし、そんなことにめげてはいけません。

アンケートもひとつのツールであるように、例えばポスティングをするとか、メールマガジンをつくるとかをなされては如何でしょう。
「終身保険」って当然、peterrabbitさんは御存知ですね。でも貴方の周りで何人がきちんと答えられますか。10人いたら、せいぜい1人か2人ではないでしょうか?

この業界ではGNP(義理・人情・プレゼント)といいますね。殆どのレディーは会社から飴とか、テレビガイドとかを買って、渡していますよね。それがイメージとして固定された生保の販売や保全活動です。
だからといって、それに固執する必要もありません。

他の人がしないことをやったらどうでしょう。メアドを聞いてメルマガをつくるとか、ポスティングは地域を決めて毎週ひとつのテーマで短いものを配るとか、そういう積み重ねしかありません。

優績者に共通していることは、その最初の努力と、「情」に訴えるパワーです。新入社員に「やだぁ~何か息子みたい~」とか言っているおばちゃんは知識が無いに等しくても(失礼な言い方で恐縮です)、社長相手にキーマン契約してしまい、更にその会社社員全員のがん保険まで取ってしまいます。

それから、#1の補足に対しては、入れ替わりが激しいからです。最初に下積みで苦労と工夫をしないと、見込み客が減る一方です。まず、必ず紹介を貰うこと。これは所謂エフピー活動をしているコンサルティング営業の人たちとも一緒です。
この世界で一番得をするのは、生保会社です。担当者がいなくなれば、基本的にコミッションに充当する額は会社に反映するのみです。自分の契約でなければ、成績に関係ない保全なんてしませんよね。

それからもうひとつ、ポスティングは構いませんが、メルマガは、「保険色」を前面に出さないほうが人には読まれます。

又、商品は第一であれば「旬」の商品(「堂々人生」でしょう)が、多分、他の商品よりも、コミッションが割増されるのではないでしょうか?だからそれを契約することを推奨されているでしょう?
それよりも、人に合わせて商品を紹介したらどうですか。
これから新入社員の時期ですが、社会人一年生にやれ、3000万だ、5000万だの保障なんていったって、三大成人病の定期特約なんて、正直だれもピンときませんよ。
それよりも「月10000円で貯金しませんか」って500~600万の単体終身を薦めたらどうですか?

他社のレディーはやれ、LAだ、ライブワンだ、チカラだって売りつけるかもしれませんが、その中にあって絶対新鮮ですよ。
月10000円貯金できて、イザというとき保障にもなるのよって言ったほうがいいんじゃないですか? そして、その人が結婚するときに、その保険を元に転換すれば、保全が契約になるじゃないですか?

ご参考になれば幸いです。

こんにちは。
peterrabbitさんは第一の方でしたよね。
職域以外の白地訪問はしないのですか?

生保文化は第二次世界大戦後、戦争で一家の働き手を亡くした夫人の働き口として急速に発展しました。今でも国内生保=「レディー」という一般の認識が強いのもそのせいですし、失礼な言い方かもしれませんが、結構簡単に就職できて、保険契約を成立させれば、コミッションがすぐ反映するという仕組みでしょうから、給料も上がります。一方で、「保険屋」というイメージがあり、新聞拡販と同じように、各家庭でもマ...続きを読む

Q生保レディで長続きする人って・・・?

簡単に雇ってもらえるのでなんとなく生保レディになってしまいました。

実際営業に出始めてから5ヵ月経ちました。
やりだすとまあまあ面白いとも思えるようになってきました。

オフィス街なので職域を2社もらっていて毎日担当の会社に行っています。

上司が手助けしてくれたのや自分の身内などを入れて毎月1件か2件とれています。

今は実践室なのですが9ヶ月経つと卒業でそれぞれ支部に戻ります。

支部に戻って1人でやっていけるか不安になってきました。
生保レディは身内だけ入れたらもう終わりですぐ辞めていく人が多いとは聞いていましたがそうなりたくはありません。

でも誰でも同じ職域ばかり回っていても断られた人はもう終わりだし入ってもらえたらもう終わりだしすぐ尽きると思うのですが10年以上も同じ職域に行っている人もいますよね。
そういう人はどうしているのでしょうか?

Aベストアンサー

私の母71歳は今年の3月で退職しましたが、いわゆる保険屋のおばちゃんで勤続36年でした。昔の事なので女性が社員として雇ってもらえるのが生保会社位だったそうですが、私と兄の2人を生保で育ててくれました。初めはpeterrabbitさんと同じ様に不安だらけだったそうですが母のモットーは「人と人のつながりを大切にする」で、断られても断られても通い続ける事が大事だと話していました。そうすると顔も覚えてもらい話しもして貰えるらしく他の人を紹介して貰えたりもするそうです。そのおかげか母の顧客は何百人とありました。新入社員で加入頂いた方が結婚し、子供が生まれ、その子供が結婚し、と言う具合にお客様とのつながりは退職した今も続いています。

若い頃の母は毎年何かの資格試験にチャレンジしていました。言葉では言えないような苦労をして来たと思いますが、退職した日に「みんないい人ばっかりやった。辞めんと続けてて良かったわ」と話していました。

36年続いたのは病気の父に代わって子供を養って行くと言う使命感があったからかも知れませんね。
長くなってすみません。
peterrabbitさんにこんな保険屋のおばちゃんがいる事を知って欲しかったので…

私も少しは母を見習おうと全く違う職種ですが、パートでやっと勤続11年になりました。

あまり気負わずにやる事が良いのではと思いますがどうでしょうか?

私の母71歳は今年の3月で退職しましたが、いわゆる保険屋のおばちゃんで勤続36年でした。昔の事なので女性が社員として雇ってもらえるのが生保会社位だったそうですが、私と兄の2人を生保で育ててくれました。初めはpeterrabbitさんと同じ様に不安だらけだったそうですが母のモットーは「人と人のつながりを大切にする」で、断られても断られても通い続ける事が大事だと話していました。そうすると顔も覚えてもらい話しもして貰えるらしく他の人を紹介して貰えたりもするそうです。そのおかげか母の顧客は何...続きを読む

Q保険会社の営業している女性って・・・

私の友人に保険会社で営業をしている女性がいます。こういった仕事は友人に保険を加入する事を勧めていくので、友達が減っていくそうです。そこで彼女は売上を伸ばすためにも、色気を使って男性に保険の加入をさせています。食事に行ったり、性行為の約束をしたり・・・ 保険会社で働く女性ってやはり、こういう手段を使っているのでしょうか?僕の友人は異常でしょうか?

Aベストアンサー

仲のよい先輩、また友人で保険営業をしてた人がいたので話を聞きましたが、そんな話聞きません。合コンを頼まれたり、食事に誘われて困ってる人はいましたが。

営業がくる社内でもそんな話聞きませんよ。社内を回る保険営業さんはいろんな社員から顔が知れているし、ある意味、地味な部署にいる社員より顔は知られているでしょう。そんなことで営業先から仕事をしたら噂になって仕事が出来なくなるのでは?

友人や先輩から愚痴を聞いてきました。
例え契約取っても自分にその成立料が戻ってくるのは保険契約が成立後数年経ってから、ということらしいです。成立後もお客さんには気を遣わなければいけないし、成立の御礼の品や成立後の気遣い(顔を出したり、雑誌渡したり)電話代も足代もお礼もすべて自腹だから結局成立料はそれらのお金で消えてるんだけど、お客さんは会社が出してると思ってるし儲かってると思われるらしいんだよねと言ってました。

ご友人ですか?
そんな仕事の仕方をしていたら実力はつかないし、何よりすぐ保険契約が成立しても解約されてしまうのではないですか?

私は友人がわがままなお客さんからイヤな思いをさせられたりして(もちろんいいお客さんも沢山いるそうで、冷たい仕打ちを受けることが多いから余計身にしみるようです)悩みながらも頑張っていたのを知っているので、ハードな仕事なのに世間のイメージが悪いのが気の毒で書きました。
ちゃんと仕事している人います。

多分、質問者様はご友人を思って心痛まれてると思います。質問者様の一般人の立場、男心からの見地からも(性行為の約束で成立させた契約を長続きするのかどうか)お話されて諭された方がいいのでは?と思います。(←ちょっとおせっかいでスミマセン)
でもお友達のお体がもったいないです!

仲のよい先輩、また友人で保険営業をしてた人がいたので話を聞きましたが、そんな話聞きません。合コンを頼まれたり、食事に誘われて困ってる人はいましたが。

営業がくる社内でもそんな話聞きませんよ。社内を回る保険営業さんはいろんな社員から顔が知れているし、ある意味、地味な部署にいる社員より顔は知られているでしょう。そんなことで営業先から仕事をしたら噂になって仕事が出来なくなるのでは?

友人や先輩から愚痴を聞いてきました。
例え契約取っても自分にその成立料が戻ってくるのは保険契...続きを読む

Q保険営業経験者の方 教えてーー!

生命保険の営業職に転職したいと思っています。
保険営業経験のある方に是非教えて欲しいことがあります。離職率が9割とか、在籍期間が1年~3年がほどんどとかいろいろ怖いことを聞きますが、実際保険営業ってどうですか。自分はマンション営業しています。周囲の社員は、成績を全く出せなくても、自分はどんなにきびしい物件でもひたすら電話営業、飛び込み、チラシ配りと努力を続けて成約を出し続けています。
そこで聞きたいのですが、
知人親戚などに営業する事が保険業界では当たり前らしいのですが、それをしないことをカバーするために
(1)営業方法は週5日 毎日飛び込み200件もしくは電話営業200件、チラシ配り毎日1000件を継続、(もちろんトーク内容とかは練り直しを続ける)。たまに道路許可を取り、駅の近くでチラシ配りなどをする。
上記を継続して続けても駄目なのでしょうか?知人親戚に頼る営業はしたくないため私が保険営業をやるなら先述のようにしたいと思います。不動産営業をしていますが、断られて当たり前というのはよく分かっています。ただ、それ以上に保険業界は厳しく飛込みなどで数字を挙げるのが難易度が高いのでしょうか?
保険の営業に対しての拒否はそこまですごいのですか?
ちなみに努力は怠らないほうです。
どうしても聞きたいことは2~3年で業界を去らざるを得なくなる人はやはり皆さんしっかりと営業活動をした上でののことなのでしょうか。まじめに活動を続けても、飛び込み1日100件~200件しても、チラシ配りとかもひたすらやってきてもそれでも数字を出すことが出来なかった人たちなのでしょうか。
離職率8割とか9割とかその方達はそんなに努力してもだめなのかが知りたいのです。それなら私にも無理でしょうし。
妻子がいるため試しに挑戦なんてことが絶対に出来ないから失敗が許されないのです。私は圧倒的な才能を持っている事はないです。ただ努力を続けた結果、現職では周りの営業マンに全く負けない不動産営業マンにはなっています。知人にはごく親しい人5~6人ぐらいしか売れる自信がありません。親しい人には自信を持って薦められないのに、他人にはそれを平気で売るのかという点については、今回は置いておいてください。
どうか保険営業現職の方、保険営業経験者の方教えて下さい。
仕事としては本当にしたい仕事です。

生命保険の営業職に転職したいと思っています。
保険営業経験のある方に是非教えて欲しいことがあります。離職率が9割とか、在籍期間が1年~3年がほどんどとかいろいろ怖いことを聞きますが、実際保険営業ってどうですか。自分はマンション営業しています。周囲の社員は、成績を全く出せなくても、自分はどんなにきびしい物件でもひたすら電話営業、飛び込み、チラシ配りと努力を続けて成約を出し続けています。
そこで聞きたいのですが、
知人親戚などに営業する事が保険業界では当たり前らしいのですが、それ...続きを読む

Aベストアンサー

私の弟が先月生保営業に転職しましたし、妻が過去に生保の営業をしていました。

皆さん書かれていますが、生保の営業と言っても個人相手(飛び込み)や企業周りが有りますし、営業所や代理店だったり、エリアの割り当てもあったりします。

エリアが決められれば、質問者さんが書かれている「飛び込みもしくは電話営業200件」もそのうち底をつきます。
チラシ配り毎日1000件と言いましても、その費用を自分持ちでいつまで続くか?と思います。


家電や自動車等の生活必需品や今必要な物と違い、保険は万が一の将来の為に月々ローンを払うようなものです。
住宅や自動車など、保険加入対象者のうち多くの人はすでに何かしらのローンを組んでいると思います。
それらは支払う対価をすぐに手に入れられるローンであり、購入価格の多少の差はあれ、同じ物を買った人は同じ金額を払います。

保険は違います。
手にするのは契約者の死亡時(生保なら)に指定した受取人ですし、同じ保証でも支払う金額が全然違う場合もあります。(5年後だったり20年後だったりしますからね)
そういう商品のために更に月々ローンを追加するというのは、今の世の中では簡単な事ではありません。

15年前くらいまでは予定利率も高く終身保険に入る人も結構いましたし、外交員も良い仕事だったと思います。
しかし、預金金利も低く株安不景気格差貧困など、今の社会情勢では当時のような保険商品はありえませんし、気軽に入ると言うものではありません。
新規契約が難しくなったと思います。

転職後の新規契約がいかに早い時期に多く取れるか?で続けるか続けられないかが決まると思います。
1年でそれなりに契約が取れ収入があれば、数年続けながらも地道に契約を増やす事も可能でしょうが、それまでに撃沈される人が多く「離職率9割」と言われるのだと思います。
契約が1件も無ければ、下手すると最低賃金さえ下回ってしまい、他業種でバイトなり派遣していた方が断然収入が多かったりします。
ですから、まず身内に頼るのは当たり前だとさえ言えます。


妻の場合は、自分の会社ではなく業務提携先の生保が破綻し、その煽りを受けて得意先の企業や商店街から出入り禁止とされたり、相次いで解約され収入が激減してしまい辞めました。
外交員としての能力はあり、地道なチラシやプラン作りなどで顧客を増やしていた時期にこういう経験をして保険業界から去りました。
(個人の努力能力でも、どうにもならない場合もあるという一例です)


私の個人意見としては。
今入っている保険と同じ保証内容で月々の支払い金額が安くなるなら話も聞きますし、変更や新規も考えます。
弟が先月営業員に転職しましたが、出来る事なら身内や知り合いには勧めたくない業種No1です。

私の弟が先月生保営業に転職しましたし、妻が過去に生保の営業をしていました。

皆さん書かれていますが、生保の営業と言っても個人相手(飛び込み)や企業周りが有りますし、営業所や代理店だったり、エリアの割り当てもあったりします。

エリアが決められれば、質問者さんが書かれている「飛び込みもしくは電話営業200件」もそのうち底をつきます。
チラシ配り毎日1000件と言いましても、その費用を自分持ちでいつまで続くか?と思います。


家電や自動車等の生活必需品や今必要な物と違い、保険は万...続きを読む


人気Q&Aランキング