賃貸物件のオーナーです。2014年12月にアパートの建設が完了し,2015年1月から賃貸料収入が発生しています。2016年1/4に不動産取得税の納税通知書が来ましたが,対象年度は平成27年度です。

国税庁HPで調べると年内に賦課決定がされたものはその年中で計上してもいい。と記載がありますが、通知書が来たのは年明けです。納税は一括納付が求められていて分割納付不可です。

この分を考慮しない場合の所得は149,872円 前年の純損失の繰り越し控除があるので今期の税額は0円です。不動産取得税(37万円)は今期でなくても問題ありませんが正しい計上時期はいつですか。

事業的規模ではありませんが、青色申告の届け出をしており、複式簿記で処理しています。2014年の申告では収入0円で経費だけ出たので損失申告は出していますが繰越控除はできますよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>国税庁HPで調べると年内に賦課決定がされたものはその年中で計上してもいい。

と記載がありますが…

「・・・してもいい」ではなく、「賦課決定等により納付すべきことが具体的に確定した」日の属する年でしょう。
これが原則。

しかし、これには但し書きがあり、

「各納期の税額をそれぞれの納期の開始の日の属する年分又は実際に納付した日の属する年分の必要経費とすることもできます」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2215.htm

とのことですから、賦課決定日が去年の御用納め近辺だったとしても、納期が大晦日ということは考えられず、今年になってから納めれば良いのでしょう。
すると、今年分として計上すれば良いことになります。

>損失申告は出していますが繰越控除はできますよね…

損失申告書を出したあとしばらくのうちに何も言ってこなかったのなら、受理されていますから、繰越控除は問題ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「今期の費用に計上」とはどういう意味なのでしょうか?

個人でデザインの仕事をしています。
取引先の会社から、その会社のカタログのデザインを依頼されました。

見積もりを出した後、正式に仕事を依頼する内容のメールが届いたのですが、文中に
「場合により今期の費用に計上する可能性もあります」とありました。

これはどういう意味なのでしょうか?
わかる方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

おそらくその会社は3月決算ということですね。

相手先がそのデザイン料を費用で計上できるのはその仕事が完了した
時となりますので、3月中に仕事を完成させてもらう、もしくは
仮に4月に完成した場合でも3月中に完成した形の請求を起こしてもらう
かもしれないという意味かと思われます。

あきらかに3月中の完成が不可能な案件でしたら後者の意味あいかと
思われます。

その場合はもちろん税務上正しくはありませんので御質問者さんが最終的にどうするか判断することになりますが、よくある話ではあります。
御質問者さんは個人事業ですので3月に請求するか4月に請求するかで損をするということは特にないかとは思います。

Q今期だけ社長への地代家賃を計上しないのは問題ですか

来季になったら、銀行から借入を行おうかと思っています。
そこで、銀行からお金を借りられるように、当期の決算は営業利益を出したいのですが、
あまり当期は営業利益が出そうにありません。

そこで、営業利益を出すための方法を考えてみました。

社長が所有している土地と建物を、会社で倉庫として借りています。
毎年、5月に1年分まとめて120万円を社長に支払い、地代家賃を120万円計上しているのですが、この支払いを当期はやめてしまおうかと思います。
もちろん、来期以降は再び地代家賃を計上するつもりです。

これは税務上問題があるのでしょうか?
実際、当期も社長から土地と建物を倉庫として借りている事実は変わりませんし、
毎年、行っている支払いを当期だけしないというのは、税務調査で問題とされるのでしょうか?

私は、地代家賃を計上しなければ、法人税が増えますので、法人の調査の際には問題とならないような気がします。もちろん社長の収入は減りますから、所得税は減少してしまいますが。

このようなことにお詳しい方がおられましたらご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

営業利益を出すための方策ということは、当期に限り費用(損金)を計上しない、ということだよな。

当期については、賃貸借から使用貸借への契約変更の手続きをきちんとしておくなどすれば、特に問題はない。問題になるとすれば来期だ。来季に費用(損金)計上を復活させた場合に、合理的理由の有無などをチェックされる可能性がある。その分だけ納税額が減少するからだ。

Q前期計上漏れの駐車料金を今期の経費にできるか。

小さな法人です。
今期の決算をする際に駐車場料金を2年分払っていないことに気がつきました。
今期の分については未払いで経費計上して間違いないと思うのですが、前期の分の処理はどうすれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

No1さんの回答が、対税務署において良いと見ます。
なぜなら、駐車料金を受け取る相手は、不動産所得または事業所得(個人の場合)で申告しているはずです。(売掛金あるいは未収入金勘定で)
支払調書、合計表等にも関係しますし、相手に対する反面調査等えお回避するためにも、No1さんの回答での処理をしたほうが良いでしょう。
当期利益とは、別の問題だと思います。

Q今期の源泉徴収税を前期の決算で計上してしまった場合、何をどうしたら良いでしょうか?

支払が期をまたぐ案件で、勘違いをしてしまい翌年支払で翌年に源泉税を引かれるものを、前期分に入れてしまっていました。
28年分に差し引かれる源泉徴収税を、27年度分に差し引いてしまった(計上して申告してしまった)状況です。

還付された金額も変わってくると思いますので、修正申告をしなければならないと思うのですが、仕訳や手続きなど他にやることはあるでしょうか?

そのため、27年度に含めてしまった源泉徴収税額の金額分、売掛金が少ない状態で繰り越してしまっていました。アドバイスお願いします。
税務署にまだ行けないため質問させていただいております。

青色申告/個人事業主のため、企業会計や会計理念、簿記などではなく、実務からみてご教示いただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

平成27年分の納税額が約6,000円少なくなっている状態ですので、生真面目に行動しようとするなら、今からでも「納税額が6,000円少なくなっていました」と言って平成27年分所得税の修正申告することになります。
 しかし、6,000円でそこまで’真面目’にする必要はないと考えますので’、27年の不足分を28年分(つまり29年3月15日までの申告分)に含めてしまいます(「実務からみた」策です)。

 27年期末で売掛金が6,000円少なく、仮払税金が6,000円多い状態のはずですので、期中の源泉徴収税額を「仮払税金」で処理している貴方は

 28年期首で
  売掛金 6,000 仮払税金 6,000(メモ:前年間違い修正)
の仕訳を行います。

 こうすることで、[28年分本来の所得税+27年不分6,000円]を今回、収めることができます。

Q貸倒確定後の損失計上

2年ほど前に裁判所から最終通知を受け貸倒が確定した債権をその2期後に貸倒損失として損金計上した場合、法人税法上損金として認められるでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
更正の請求です。
裁判所からの最終通知であれば、法律的基準によって2年前に確定したものです。よって、税務申告がまちがっていました。
貸倒損失に関しては、損金経理が要件とされていない為、仮に申告書で2年前に確定していれば別表で減算処理が必要でした。
なお、これは選択できるものではありませんので、税務上確定した決算期の損金で、会計上どのように処理しようが関係ありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報