お世話になります。自営業の青色申告者です。

ある業者から商品(\10,000)を仕入れた際、
業者より発行されていたポイント\7,000分と
現金\3,000にて支払いました。


下記【1】の様に記帳していましたが
【2】の様に記帳すべきでしたでしょうか?


【1】
仕入れ 10,000 / 現金 3,000
        / 雑収入 7,000

【2】
仕入れ 10,000 / 現金 3,000
        / 仕入値引き 7,000



レベルの低い話にお付き合いいただき
大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。

※勝手ながらポイント分自体の記帳が不要とのご意見は、今回はお見送りください。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    ご回答ありがとうございます。

    ポイント関連については、調べても意見はバラバラのな上
    最近【2】の記帳を紹介をしているサイトも見てしまい、判断出来かねていた次第です。

    が、困りました。ここでもみなさん見解が別れてしまいました。。

    ちなみに前期まで【1】を採用しており、
    これまでの分を、今期首で修正仕訳で対応する場合は

    雑収入 7,000 / 仕入割戻(仕入れ) 7,000

    で問題なさそうでしょうか?

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/02/19 17:52
  • うーん・・・

    ご返信ありがとうございます。

    それでは今期分から、ご提案の仕訳へ変更する方向で行きたいと思います。

    〔借方〕仕入高 10,000/〔貸方〕現  金 3,000
    〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕仕入割戻 7,000


    最後に、下記につきましてもご意見を伺えますと幸いです。
    ・「仕入割戻」の替わりに「仕入高」での記帳でも問題ないでしょうか?
     (会計ソフトに仕入割戻が無い事と、出来るだけ新たな科目増は避けたいと考えております)
    ・今回は仕入れの際の利用でしたが、消耗品購入の際は、「雑収入」記帳で問題ないでしょうか?

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/02/19 20:11

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

商品を仕入れる時にポイントを行使して仕入代金を引き下げるのは、簿記の上では、営業取引に該当します。

「雑収入」は営業外収益の科目ですから、ここで「雑収入」を使うのは不適切です。

「仕入値引」でもありません。No.1の方が言うように、負けてもらったわけでないからです。


正解は、
〔借方〕仕入高 10,000/〔貸方〕現  金 3,000
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕仕入割戻 7,000
です。

「仕入割戻」とは、一定期間内に一定金額を超えて購入した場合に、仕入先から支払われるバック・リベートをいいます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

今回のポイントは業務でしか貯まらない物であることを踏まえ、
現実的な回答を複数お寄せ頂きましたhinode22さんをベストアンサーと致します。


案の定、ポイントに関しては多数のご意見があり、
個人的には、もう記帳必須でも良いのでお上には
結局どう処理して欲しいのか決めてほしいところです。


他のご回答の皆さまの本当にありがとうございました。
また機会が御座いましたら、どうぞよろしくお願い致します!

お礼日時:2016/02/20 15:05

借り方に「仕入高」入れて、貸方に「仕入高」入れるなら、初めからポイントの存在を無視するのが良いのでは。



しかし「ポイント分自体の記帳が不要とのご意見は、今回はお見送りください。」とのことですから、無理矢理にポイントが記帳されるようする必要があるのですね。
「目をつぶる」回答がありますが、私もそうですね。

1万円のものをポイント7千円使ったので3千円現金を支払ったって考えるから「う~~~ん」になるのでは。

3千円が無くなった。
原因は仕入れをしたから。
と考えれば

仕入 3、000円 / 現金 3,000円

以上でおしまいです。
できるだけ新たな勘定科目を設定したくない=シンプルに行きたいというならこれで良いと思います。

だいたいポイントってのが課税対象なのかはっきりしてなくて、政府は「エコポイントだけは一時所得だ」としてるだけですから、何億円分のポイントを得ても「非課税だわね」と処理してて良いと思います。

「そうは行かないんだな。気持ちが収まらない」っていうなら、NO.5さんの意見に一票入れておきます。



もう一つ
「ちなみに前期まで【1】を採用しておりこれまでの分を、今期首で修正仕訳で対応する場合は
雑収入 7,000 / 仕入割戻(仕入れ) 7,000
で問題なさそうでしょうか?」
上記の仕訳を進行期に起こすと決算期に残高が赤字になってしまって「????」になりますよ。
だいたい「雑収入のマイナス」っての、それだけ見て説明できないですよ。なんだこれ?って。

仕訳なんていじる必要がありません。
「ポイントを雑収入として計上してしまった」として、売上額を減額させる「更正の請求書」を税務署に提出しましょう。
「あ~~らら、ポイントを所得にしちゃったのね」と更正してくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!また機会が御座いましたら、どうぞよろしくお願い致します!

お礼日時:2016/02/20 15:06

2で問題ないと思います。

消耗品購入も、ポイント利用分だけ消耗品費計上額を減額する処理で差し支えありません。

問題ないといえる根拠は、重要性の原則です。会計上、重要性に乏しいものは原則どおりの処理をしなくても構わない、とする原則で、税務上もこれを採用しています。ポイント利用分の減額は一般に重要性に乏しいので、仕入値引で問題ないですし、消耗品費減額で問題ありません。


なお、原則は営業外収益(一般には「雑収入」)の計上です。

ポイント利用による減額は、決済取引における代金減額です。言い換えれば、商品仕入や消耗品それ自体の値引ではなく、たまたま商品仕入や消耗品購入をするときに利用したための減額です。そのため、営業取引ではなく、営業外取引に分類されます。そのうえで、減額分だけ金銭的メリットを受けていますから、営業外収益(雑収入)に計上するのが原則です。あだし、重要性に乏しいので、仕入値引でも問題ありません。

最後に、商品仕入取引でのみポイントが加算されるのでしたら、仕入割戻である可能性があります。そうでなければ、仕入に係るリベートとはいえませんから、仕入割戻にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!また機会が御座いましたら、どうぞよろしくお願い致します!

お礼日時:2016/02/20 15:05

No.4です。



>・「仕入割戻」の替わりに「仕入高」での記帳でも問題ないでしょうか?
 (会計ソフトに仕入割戻が無い事と、出来るだけ新たな科目増は避けたいと考えております)

会計としては変則的ですが、目をつむりましょう。OKです。

>・今回は仕入れの際の利用でしたが、消耗品購入の際は、「雑収入」記帳で問題ないでしょうか?

これも目をつむりましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目をつむってばかりで、これで回答になるのかなあ??
    • good
    • 0

No.3です。



>今期首で修正仕訳で対応する・・

先期、収益でないものを収益に計上したのであれば、今期において修正仕訳を起さなければなりませんが、収益の勘定科目が間違っていただけのことですから、今期に修正仕訳を起こすと、かえって変なことになりますよ。
ですから修正仕訳を起こさないでそのままにしておく方がいいです。

仮に、同じ期中に修正仕訳を起こすのであれば、
雑収入 7,000/仕入割戻(仕入れ) 7,000
で正解ですが、

翌期期首に、
雑収入 7,000/仕入割戻(仕入れ) 7,000
と修正仕訳すると、

雑収入の元帳の残高も、仕入割戻の元帳の残高もマイナス表示されます。これは異常です。つまり、期首に修正仕訳を起こすことは間違いであることを意味します。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

収入でも値引きでもいいです。

収入の場合は[1]ですが値引きの場合には純額表示になるので、見送れと言われているポイントなしの仕訳になるので[2]にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!また機会が御座いましたら、どうぞよろしくお願い致します!

お礼日時:2016/02/20 15:05

ポイントも現金と同等の価値があるのですから、【1】で良いんじゃないですか。



【2】の値引きとするのは、1万円のものを 3,000円に負けてくれたわけではないのですから、ちょっと違うでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!また機会が御座いましたら、どうぞよろしくお願い致します!

お礼日時:2016/02/20 15:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポイント値引きにおける勘定科目の仕訳について

簿記についての初歩的な質問で恐縮です。

先日、ビッ○カメラにてUSBメモリを備品として購入しました。
支払いにはポイント値引きを用いて、ポイントだけで購入することができました。なので、クレジットカードも使用せず現金も一銭も出していません。
この場合、借方の科目は「備品費」ですが、貸方の科目には何を記述すればよろしいのでしょうか。
ご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

UBSメモリのような消耗性資産をポイントだけで(無償で)購入する場合、一年間の購入資産の評価額が
◇多いときは、
〔借方〕備品費OOO/〔貸方〕購入割戻益OOO
◇少ないときは、
〔借方〕備品費OOO/〔貸方〕雑収入OOO
「購入割戻益」という科目は初耳でしょうが私の発案です。
※購入割戻益と雑収入は、どちらも営業外収益の区分の科目です。

販売用に仕入れる商品が、一定の基準以上に多くなると、仕入先は代金を値引きしたりキャッシュバックしたりすることがあります。このときの仕訳は、
〔借方〕現金or買掛金ΔΔΔΔ/〔貸方〕仕入割戻ΔΔΔΔ

質問者がUBSメモリをポイントだけで(無償で)購入する場合も考え方は同じです。その店で沢山買ったからポイントだけで(無償で)購入出来るようになったのです。

しかし質問者のUBSメモリの場合は、貸方に「仕入割戻」は使えません。なぜなら「仕入割戻」は売上原価の控除項目だからです。結局、営業外収益に計上するほかありません。営業外収益に計上する場合、年間の金額が少額なら「雑収入」で構わないのですが、多額になると「雑収入」から独立させる必要があります。なので私は、「購入割戻益」という科目を提案します。

※もしUBSメモリを販売用に購入したのであれば、貸方は「仕入割戻」です。

UBSメモリのような消耗性資産をポイントだけで(無償で)購入する場合、一年間の購入資産の評価額が
◇多いときは、
〔借方〕備品費OOO/〔貸方〕購入割戻益OOO
◇少ないときは、
〔借方〕備品費OOO/〔貸方〕雑収入OOO
「購入割戻益」という科目は初耳でしょうが私の発案です。
※購入割戻益と雑収入は、どちらも営業外収益の区分の科目です。

販売用に仕入れる商品が、一定の基準以上に多くなると、仕入先は代金を値引きしたりキャッシュバックしたりすることがあります。このときの仕訳は...続きを読む

Q仕入れの際の送料と振り込み手数料

仕入れの際に払う、送料と振り込み手数料についてです。
1000円の商品を仕入れたとき。(送料500円、振り込み手数料120円)
送料は仕入高に計上して、振り込み手数料は経費扱いにするであっていますでしょうか?
こんな感じです
仕入高 1500円 / 現金 1500円
送金手数料 120円 / 現金 120円

買掛とか前払い金とかは考えないものとします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この場合は厳密には下記の仕訳が正しいです。

仕 入  1,500円 / 現 金 1,620円
送金手数料 120円 

詳しくは下記リンク先の法人税基本通達5-1-1(購入した棚卸資産の取得価額)を御覧下さい。

また、5-1-1に反していますが私も記帳代行ではdog195809さんと同様に送料は運賃で処理しています。
送料はすべからく運賃で処理したほうが美しいですよね。そう思いません?

因みに、振込料は仕入に直接関係するものでなく支払い方法に関係するものなので、仕入とせず送金手数料で処理すべきです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_01_01.htm

Qポイントカードの仕訳け処理について

ポイントカードの仕訳けについてお伺いします。
現在、個人で美容室を経営し、お客様にはポイントカードを発行しています。貯まったポイントはポイントに応じた商品と交換しています。例えばポイントを販売価格¥1050(税込)の商品と交換した場合の仕訳けはどのようになるのでしょうか?この商品の仕入れ価格は¥735(税込)です。
いろいろ調べていると販売促進費になるらしいのですがこの場合販売価格でしょうか?仕入れ値でしょうか?消費税はどうなるのでしょうか?当方、税込み経理でおこなっています。

Aベストアンサー

#2です。

>売上割戻・売上値引・販売促進費といろいろな意見がありますがどれでもとくに
問題ないということなのでしょうか・・・。

会計理論上は売上割戻が正解であり、売上値引も販売促進費も誤りです。

売上割戻:買い手(顧客)が商品を一定以上の金額、または数量を購入した場合に売り手が買い手に付与するインセンティブ。

しかし税法上は、売上割戻・売上値引・販売促進費のどれもが損金ですから、販売促進費で経理処理したとしても税務当局から問題視されることはないでしょう。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q配送料、代引き手数料について

通販で消耗品を購入した時、勘定科目は何になりますか?運送費でいいのか、消耗品費に含めていいのでしょうか?今まで消耗品費に含めて処理していましたが、ふと疑問に思いました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、購入代金に含めて「消耗品」で処理をします。

特に、固定資産を購入して固定資産に計上する場合は、引取運賃も含めて固定資産に計上し、減価償却をすることとなり、引取運賃だけを経費処理することは出来ません。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q事故の保険金が入金された際の仕訳?

経理のことで、質問いたします。
勘定科目は、この場合どうなりますでしょうか?

今年社内で事故があり、社員の方が入院しました。
それに伴って、かけていた保険から先日見舞金が入金されたのですが、この場合の仕訳は・・

当座預金 △△△   受取保険料 △△△

となると思うのですが、会計ソフトに「受取保険料」の項目がない場合、
貸方は「保険料」と「雑収入」のどちらが適切でしょうか。
もしくは、何か他の勘定で処理するのでしょうか・・
よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

 ソフトにある科目「保険料」はご存知のように「(支払)保険料」のことを指します。「保険料」を貸し方にもってくると以前の支払保険料を取り消す仕訳になってしまいます。
 保険会社であれば、お客さんから受け取る場合は「保険料収入」(売上)となりますが、その他一般企業では、受け取る場合は保険料でなくて「保険金」ですね。
 しかし、「保険金」の科目はないでしょうから、「雑収入」でいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報