38歳の男性です。
再就職するにあたって10年以内に独立できる職種に就きたいと思い質問させていただきました。
飲食業は独立する方が多いのはまわりをみてもわかります。
建設業や物流なども若くして独立開業する方が多いイメージがありますがなぜでしょうか?
そもそもスタートが早いからでしょうか?
中学卒業で鳶になったり高校中退して土方や配管工になったりと・・
歌手の清木場俊介さんがデビューまえに地元で建設関係の会社経営をなさってたと知って、
へえ~と思ったことがあります。歌手としてデビューしたのも20代前半なのに・・建設業界ってそんな早く独立できるんかいと・・

私は独立志向が強く・・というか同世代に負けたくない気持ちが強くそれを達成するには起業しかないのでこのような質問をさせていただきました。
回答のほう宜しくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

建設業はある意味で変な(ふつうの業種とは違う)世界です。

大手の建設業もありますが、従業員が10人程度の中小建設業が全国いたるところに(どんなに田舎でも)あります。道路補修など公共工事の仕事(土木が多い)が税金を使って市町村などのお役所から常に出てくるので、仕事があるからです。ですが、入札で仕事の取り合いになったり、割に合わない仕事でもやらないと仕事がもらえなくなるので、それで会社が潰れたり、3Kみたいな仕事になって従業員が辞めたりする(辞めて自分で建設業を始める)ことも多いんです。

中小建設業では会社が潰れると建設業者は増えると言われています。それは潰れたり辞めたりすると自分で簡単に建設業を始められるからです。なぜ自分で出来るのかというと、建設業は元請ー下請けー孫請け…のような階層構造で仕事が上から下りてくるのがふつうで、どんな大きな建設工事でも実際に現場で汗を流して作業をしているのは、孫請けの建設作業員や個人事業者になっているのです。元請や下請けは現場で汗を流す仕事はせず、現場監督をやります。なので、汗を流す作業員が必要なわけ。
こうした現場作業者は、働ける体とちょっとした現場作業経験(できれば多少の資格)があれば出来て、建設のための重機や測量機などお金のかかる設備は何もなくて済み、そうしたものは元請や下請けが提供してくれます。何をどう作業するかも単純で、元請や下請けの作業所長(現場代理人)が指揮指導してくれますから。

そういうことで建設業はしばらく務めて仕事の経験を積むと、個人事業者になってもそれまで働いていた会社や知り合いの建設会社のコネを活かし、汗を流す仕事はもらえます。いまは建設業も人手不足なので、たぶん回してもらえる仕事はあると思いますが、ただし賃金は安いし、3Kみたいなところもありますから、あまり進んでやる人は少ないかもね。独立して個人事業者になり建設業を始めるのも、これしか出来ないから、という消極的な事情だと思いますよ。

かくして以前から建設業は「雇用の受け皿」などと呼ばれてきました。ですが、決してよい仕事じゃぁないと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。
よい仕事ではありませんか・・私も正直そう思います。
現実は厳しいです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/21 17:56

研修後にお店を任される、ハクジュプラザのプラザマネージャー


というお仕事があります。健康に関心はありますか?
白寿生科学研究所を検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか見た事ありますね。
年寄り集めてマッサージチェアに座らせて・・

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/20 14:40

トータルリペア


車事業で独立・起業・フランチャイズ加盟
http://www.totalrepair.jp/

なんかどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせていただきます。
ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/19 18:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車整備業で独立?

そろそろ出来れば、独立をと考えています。
やはりこの仕事は、いずれはと思っている方が、大半だと思うのですが?
実際一人だちするには?どうゆう事に、注意しなければならないか、
どうゆう準備が必要か、など
出来れば具体的に、教えて頂ければ嬉しいです。
また、経験者の方のお話も、聞かせて頂ければ大変有り難いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 工場(店舗)の土地の確保。お客様の獲得。
損保の代理店とのつながりをつくる。
工場建設費の確保。
 どの整備店さんでも、工場以外に土地を確保していますね
目的は、代車などの車両置き場。廃材置き場。そして融資の歳の担保でしょうか。

初期の運営費(蓄え)は、(別の業種では)半年間売上が0でも
運営できる分という話も聞きます。


 高校時代からの友人で自動車整備士の人がいます。
専門学校卒業後、2~3年ディーラーで勤務のして
現在は、彼の実家に戻り、二代目としての修行中です。
 機会があったら、チラッと聞いてみます。

Q独立、自営業に向く人って?

私が思うに、一番の要素は、友達が多い、なぜか憎めない、そして先輩からかわいがられるキャラの人だと思うのですがどうなんでしょう?実際独立すれば自分の魅力が一番の武器だと思うのですが。
他にどのような要素がありますか?

Aベストアンサー

簡単に自営業といいますが、業種業界によっても、求められる要素が異なるでしょうし、経営学的に考えれば、考える人によってもそのような要素は異なると思います。

最低限の法律・最低限の税務や会計などのノウハウがなく、税理士などの専門家を有効に活用できない人は、散財する可能性も多いですね。以前税理士事務所で勤務経験がありますが、ど素人ほど、税金は平等で、誰が計算しても同じ、0か1のように正しいことは一つという意識があります。また、事前に計画的に行っても、行き当たりばったりでも、これらに影響がないと勘違いしている方もいますね。
顧客や労使間のトラブルも最低限の法律知識や法律関係職(弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士)などを活用できず、経営者自身が疎い場合には、トラブルも多くなりますし、リスクも高く高額にもなりますね。

あなたの質問では、人脈を指摘していますが、人脈で必要なのは、ご自身と同列や下の立場の人だけでなく、先輩などではないもっと上の立場の人との人脈も重要だと思います。

どんなに人間的な魅力があっても、技術力・知識力・ノウハウ・経験などから得る信用がなければ、いい人で終わることでしょう。事業を起こせば、人間同士だけでなく、ビジネスパートナーなどとして事業者同士の立場で付き合う必要がありますからね。

簡単に自営業といいますが、業種業界によっても、求められる要素が異なるでしょうし、経営学的に考えれば、考える人によってもそのような要素は異なると思います。

最低限の法律・最低限の税務や会計などのノウハウがなく、税理士などの専門家を有効に活用できない人は、散財する可能性も多いですね。以前税理士事務所で勤務経験がありますが、ど素人ほど、税金は平等で、誰が計算しても同じ、0か1のように正しいことは一つという意識があります。また、事前に計画的に行っても、行き当たりばったりでも、これ...続きを読む

Q建設業(エクステリア)をしています。元請けが先に金額提示をしてきて図面

建設業(エクステリア)をしています。元請けが先に金額提示をしてきて図面が手元に届いたのが着工1日前でした。その日のうちに担当者に連絡し単価が合わないから出来ないことを伝えたが引き受けてくれずとりあえず金額の話は後からしましょう。っと言われたので着工したところ507万円の赤字になりました。

このままでは職人に支払いもできません。

自己破産し倒産しか道はないのでしょうか?

どなたか力を貸して下さい。


ちなみに、現場は分譲で17棟ありそのうちの13棟を手掛けました。

元請けからの注文書の単価は1棟当たり36万円で図面通りに行うと75万円かかってしまいます。
もう最悪です。

Aベストアンサー

建設工事の下請けでは下請け法は適用されないと
記憶しています。ですが、明確な下請け苛めと思われるので
公正取引委員会に相談してみればどうでしょうか?

場合によっては金額の正式な話をさせずに
工事を着工させているので、下請法以外にも
違反しているとも考えられます。

>>金額の話は後からにしましょう

この辺りの下りは、下請け法の違反事例と類似しています。


ですが、支払いの期限までに不足分を納めてくれるかは
わかりません。倒産も起こりえるのは否定できません。

Q建設業許可について

先々、建設業許可の申請をしたいと家族が考えています。
そのためには、経験または資格が必要との事でした(自分なりに調べてみましたが、素人ですので解釈違いの部分があるかもしれません)

建設業許可をとるために必要な資格として
・施工管理技士
・建築士
・技術士
・電気工事士
・消防設備士
・技能士
などが挙げられました。それぞれに必要な経費と期間を今調べているところですが、こういった事に詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスいただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

追記です。

建設業の許可の必要の無い規模の建設業で経験を積むという方法もあると思います。経営の経験や技術的な経験にもなるかもしれません。

場合によっては、責任者を従業員とすることで、回避も出来るかもしれませんね。ただ、名義貸しの問題や従業員にある程度のポストを与える必要があるかもしれませんね。

知人は、建設業を行ううえで、友人を共同経営者兼作業員として、役員兼務使用人として雇用していました。これは、資格者などが不足していたためです。現在はその友人は転職し、その後の責任者などは経営者である知人がゆっくりと資格を取得し、経験を積んだことにより、友人でなくても良い状況にしていますね。

Q建設業許可の取得について

私は軽微な工事しか請け負っていないのですが、建設業の許可を取ったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

法律上は軽微な工事でしたら建設業許可はいらないのですが、対外的な面などでメリットがあります。
・建設業許可取得のメリット
http://www.super-kaisha.com/kensetsu/kyoka/

参考URL:http://www.super-kaisha.com/kensetsu/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報