【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

中国電力の従量電灯Aでは単相三線100Vについて60AのBEまで取り付けることが出来るようです。
最近新しく工事するとこちらのブレーカーが付いていました。
しかし、この場合、三線ですので計算すると、赤、黒合計すると、最大で120A(12kVA)まで利用できることになります。
しかし、従量電灯Aでは6kVA以下しか認められていないようです。
http://www.energia.co.jp/elec/h_menu/list.html
色々コンセントにさせば一般家庭でも6kVAは超過する気がします。
これはどのように解釈すればいいのでしょうか?

また、冬はエアコンも使うため¥38,000(1月)、夏は涼しいところですので¥19,000(9月)程度でした。
現状、オール電化にする予定は現状ありませんが、従量電灯Aで適切か否かにも疑問があります。
良いプランなどありますでしょうか?

なお、ペーパーですが二種電工は持っています。基本的な説明であれば理解できると思います。
因みに、東電とは全く異なった料金体系らしくネットでは東電を基本にした説明が多く今一よくわからず困っています。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中国電力(株)の電気供給約款には使用する最大容量が6kVA未満であること。


最大容量が6kVA未満であることの決定は、負荷の実情に応じてお客様と当社の協議によって行いますと記載されています。

一般的な従量電灯A契約は単相三線式(200V-100V)ですのでMCCB60A設置の場合は、 200V×60A=12kVAの使用が理論上可能です。
容量につきましては一般家庭については、6kVA未満と中国電力(株)においては判断します。
従量電灯A契約については、主開閉器契約(ブレーカー契約)が現在も中国電力(株)にはありません。
参考ですが10年ぐらい前に主開閉器契約が従量電灯B、低圧電力に導入されました。設備数、設備容量は大きいが負荷率、需要率が小さい所では契約電力(基本料金)を小さくして電気料金を下げます。中国電力(株)管内ではあまり主開閉器契約は普及していません。インチキ省エネ業者がインチキブレーカー販売を行っているのが少数見かけます。

電気料金、冬¥38,000(1月)、夏¥19,000(9月)は一般家庭にしては多いと思います。
電力量料金(使用量に比例した料金)は、従量電灯Aより従量電灯Bが安いのですが、従量電灯Bは基本料金が必要となりますのでお勧め出来ません。
現状では、従量電灯A契約がベストです。

4月から一般家庭の電力自由化が始まるため電気料金制度が変更します。
・電力会社は、今まで持っていたエコノミーナイト(時間帯別電灯)、ファミリータイム契約(季節別時間帯別電灯)を廃止します。
※ 近年、太陽光発電設備設備の導入なので夜間帯に以前ほど電気が余らない状態となっていますので、この制度に新規契約をH28.4から廃止します。

3月末までは入ることが出来るお宝契約です。(電力自由化の出版物や大型電気店のチラシの隅に記載。)
・正直のところ電力会社としては早く新規加入を止めたいとは思います。
IHクッキングヒーターと電気温水器又はエコキュート設置により新規加入電力供給会社より有利です。

電気料金システムや特別高圧、高圧電気設備の出版物は東京電力(株)管内が中心で作成されています。
関西や地方にとっては、的外れも多々あります。その地方の有識者に問い合わせが必要でしょう。
    • good
    • 1

>実は、中国電力にはリミッターという物が存在していません…



あっ、失礼しました。
関西、中国、四国、沖縄管内はそうでしたね。

とにかく中電の HP に 6kVA 以下と書いてあるのですから、
・全部 200V で使うなら30A × 200V = 6kVA
・全部 100V で使うなら30A × 100V × 2回路 = 6kVA
ですね。

>そこへ従量電灯Aで契約しましたが、完成時から60AのBEが付いていますが中電の検査を問題無く…

それは「主開閉器契約」ではなく「負荷契約」です。
全部の負荷を同時稼働させたと仮定したときの総消費電力に、一定の需要率と負荷率をかけ算した数字を契約容量とするものです。

平たくいうと、ブレーカーは大きくてもそんなに使うはずはないだろうという契約方法なのです。

電気使用申込書
http://www.energia.co.jp/elec/free/s-meter_sv/pd …
の 2ページ一番上に「主開閉器契約を希望される場合は記入してください」という欄があります。
ここを記入すれば主開閉器容量×2倍が契約容量となり、記入しなければ全部の負荷設備から契約容量を算出するというわけです。

正直言って、負荷契約なら 6kVA の契約でも 6kVA 以上使うことができないわけではありませんが、それは人としての信義に反することとなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度、回答いただきありがとうございます。

例えば一般的な家庭で、
エアコン2台 22A
炊飯器 13A
ポット 10A
ドライヤー 6A
ハロゲンヒーター12A
これだけで、6kVAはオーバーします。更に、冷蔵庫や洗濯機、電気カーペットなど追加するとあっさりと超過する気がします。

信義に反するとのことですが、まともにこの規約を適用すると従量電灯Aプランでは多くの家庭で契約が出来なくなるのではないでしょうか?また、中電も電力を使って貰えば収益は上がりますし、何より今の時代30ABEではなく60ABEを付けるのが一般的なようです。信義に反するというよりも事実上12kVAを容認しているように見えるのですがどうなのでしょうか?

なお、新電力になりますと、この解釈がどのようになるのか分かりませんが、auなど使えば使うほどお得なプランですし企業収益も上がりますし今一分からなくなっています。

お礼日時:2016/02/21 14:27

>単相三線100Vについて60AのBEまで取り付けることが出来るようです…



そんな規定じゃないですよ。

・電力会社のブレーカー (リミッター) をつける場合は 60A まで。
・需要家持ちのブレーカーで契約する場合は 6kVA以下なので 30A が最大。
のどちらか選択です。

40A以上の需要家持ちのブレーカーで契約する場合は「従量電灯 B」になります。

>最近新しく工事するとこちらのブレーカーが付いていました…

検針票で契約種別と契約容量をご確認ください。

>色々コンセントにさせば一般家庭でも6kVAは超過する気がします…

「従量電灯 B」の契約になっているのです。

>東電とは全く異なった料金体系らしく…

確かに中国電力では 6kVA を境に従量単価が違うようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

>・電力会社のブレーカー (リミッター) をつける場合は 60A まで。
>・需要家持ちのブレーカーで契約する場合は 6kVA以下なので30A が最大。
>のどちらか選択です

中電(中国電力)の区域外の方でしょうか?ネットで調べてもこの辺りかなり特殊なようで、他の地域とは全く異なるようです。実は、中国電力にはリミッターという物が存在していません。また、この話とは別件なのですが小屋を造りそこへ従量電灯Aで契約しましたが、完成時から60AのBEが付いていますが中電の検査を問題無くパスしているようです。

お礼日時:2016/02/20 12:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅内電源ケーブルの太さと許容電流値について

はじめまして、教えてください。

現在、一軒家にて電気メーターの前後(引込線⇔電気メーター間と電気メータ⇔アンペアブレーカ間)の幹線ケーブルにおいて、VV 3C 8Sqを使用してブレーカーは単相三線50Aを使用しています。

これを60Aに契約変更して問題ないでしょうか?
それとも、幹線ケーブルの張替が必要になりますでしょうか?

ちなみに、幹線ケーブルは屋根裏を通っています。

Aベストアンサー

>ブレーカーは単相三線50Aを…

主開閉器ですか、電流制限器ですか。

電力会社は全国一社ではありませんから、この種のお話は電力会社名を明記しないと的を射た回答にはならないことがあります。

関西、中国、四国、沖縄電力管内の方なら、8mm2 で 50A のブレーカー (主開閉器) 自体が誤り。

その他の電力管内の方で、電力会社のマークが付いたブレーカー (電流制限器) が 50A なら、ごくふつうにある話。
その他の電力管内の方でも、電力会社のマークが付いたブレーカーはない契約なら、やはり 8mm2 で 50A は誤り。

>これを60Aに契約変更して問題ないでしょうか…

その他の電力管内の方で、電力会社のマークが付いたブレーカー (電流制限器) が 50A の場合のみ、そのまま 60A にして特に問題はないでしょう。
ただ、電線の長さが極端に長いのなら電圧降下を起こしますので、1段太いものへ張り替えが必要になることもあり得ます。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Qブレーカの極数、素子数とは

ブレーカの表記で2P2Eとか2P1Eとかの
PとEについて教えてください。

カタログで
P・・・極数
E・・・素子数
とあるのですが、その意味を教えてください。

Aベストアンサー

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても、大地間と同電位の為、電流は、ほぼ流れません。よってN線には、L1線又は、L2線より大電流が流れる事はありません。
その為、N線をつなぐ電極=Pには、素子=Eは、必要ありません。

単相100Vの場合は、L1線又は、L2線とN線の本を使用するため、2P1Eのブレーカーを、使用します。
単相200Vの場合は、L1線とL2線を使用するため、2P2Eのブレーカーを使用します。
単相200V3線は、L1線とN線とL2線の三本を使用します。3P2Eのブレーカーです。
※よく勘違いされますのは、アース線は、この3本には、含まれておりません。アースが必要なときは、L1,N、L2+アースと思ってください。

又一般家庭の場合単相3線は、分電盤の主幹(大元)のみです。200V回路もほとんどありません。

単相2線、単相3線、動力回路などの説明は、省かせてもらいます。
又、L1,N、L2の後に(線)とつけたのは、電線という意味です。(普通は、つけません。)

まとまりが悪くてすいません。

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても...続きを読む

Q一般家庭 100V と 200V の電気使用量は?

一般家庭で(単相?)200V が来ています。

数年前にエアコンを買った時に電気店の人に「200Vの方が得ですよ」とか言われてあまり考えずに 200V のものにしたんですが、数年経ってから???と思うようになりました。

分電盤を見るとメインのブレーカから3本出てて、上と真ん中、あるいは真ん中と下をつなぐと 100V、上と下をつなぐと 200V になることは理解できています。

例えば、上(あるいは下)の100Vだけ電気を使った場合、上下に振り分けた場合、とで同じ電力を消費した場合、電気使用量は変わってくるのでしょうか?電力積算計はどこの電流を測っているのでしょうか?消費電力が同じと仮定した場合、100V より 200V の方が得だったりするんでしょうか?それともエアコンに限った話だったのか、あるいは電気店にだまされた(?)のでしょうか?

大学では一応電気をやってましたし、アマチュア無線の免許も持ってますので、専門的かつ具体的な回答を是非お願いします。

Aベストアンサー

>40A の契約だとすると 200[V]x40[A] で 8KVA まで使えることになるんでしょうか?

私も以前調べたのですが、最大で200V40A取れるようです。

以下、ググったリンク先から引用(質問したのは回答者ではありません)
http://www.fnf.jp/sakana136.htm
>関東電気保安協会に聞いてみることにする。
>私 :60Aのブレーカで三相単線200Vなのですが
>   、この場合は12KVAまで使えると言うこと
>   でしょうか?
>協会:その通りです。

200V化は、オール電化以前に、電力会社が「電化住宅」でしきりに宣伝していたヤツですかね。電力会社にとっては上と下を均等に使って欲しいから大電力を使う機器は200Vの方が柱状トランスの能力を最大限生かせるので都合がいい。でもユーザーに取っては料金は一緒だからあまり関係ない(電圧降下は無視しての話)。

・配線用遮断機が15Aの回路の場合、1.5kVA以上の機械は200Vじゃないと作れない。

これは絶対的な差。

200V機器の方が得、という電力会社のPRの根拠は、
・電流が減るので配線の電圧降下が半分で損失が減る(I^2R)
 この損失分はユーザー負担なので、(積算電力計は消費電流しかはかってないと思う) 電圧降下が大きいほどユーザーは損をします。
・高圧の方が効率が良く高出力のモーターを作りやすいので、一般には機器の効率がよくなるハズ。当時は多少差があったのかもしれません。
 たしかに高出力なのはホント。電源を入れてからの冷えるまでの瞬発力が違います。ただし、高効率よりも、取れる電力が大きいことによる方が効いているような気がします。

効率に関しては同じ技術で作れば高電圧の方が高効率に作りやすいけど、企業努力で100Vでも充分高効率のエアコンとか出て来ちゃったので、たいして差はないってのが現状でしょう。100V機器の方が売れているのでスケールメリットで安くなってしまったし。広い部屋を一台のエアコンで冷やすよりも、狭い部屋ごとにエアコンをつけてこまめに調節する方が快適で安いというのも広まったし。高断熱住宅の普及でエアコンへの要求能力も減ってきたし。なお効率は機器ごとにちがうのでカタログで比較してみてください。

で、消費電力が同じなら、電気料金は同じハズです。(電力積算計は電力会社の物なので細かい仕様は不明。) スケールメリットで安くなった100V機器と200V機器の差額が電気代で埋まるかどうかはどのくらい使うかによってくるでしょう。
電力会社が電化住宅を推進する際に200V電力の割引でもすれば普及したんでしょうけどね。オール電化は割引制度で一気に普及したのはご存じの通り。

>40A の契約だとすると 200[V]x40[A] で 8KVA まで使えることになるんでしょうか?

私も以前調べたのですが、最大で200V40A取れるようです。

以下、ググったリンク先から引用(質問したのは回答者ではありません)
http://www.fnf.jp/sakana136.htm
>関東電気保安協会に聞いてみることにする。
>私 :60Aのブレーカで三相単線200Vなのですが
>   、この場合は12KVAまで使えると言うこと
>   でしょうか?
>協会:その通りです。

200V化は、オール電化以前に、電力会社が「電化住宅」でしき...続きを読む


人気Q&Aランキング