製造業の中小企業です。
私自身は退職するつもりでいるので構わないのですが、
社長が工場長を一方的にパートに格下げすると言ったそうなんです。
社長は俺様キャラで苦手なタイプなのですが、
マメで面倒見のいい工場長にはとてもお世話になりました。
何10年も小さな会社の為にひたむきに働いてきた工場長に対する
社長の冒瀆に、何とかならないものかと憤りを感じています。
お知恵を拝借したいです。
よろしくお願いします<m(__)m>

質問者からの補足コメント

  • 格下げの理由は、業績の悪化です。
    差し迫って「人件費」を削りたいそうです。
    製造は外注に出すし、簡単な作業は知り合いの障害者施設に委託するそうです。
    その「知り合い」とやらが社長の愛人らしいですけど。。。
    解雇にすると、会社が払わなくてはならなくなるので、こちらから「辞める」と
    言わせたいようですね。
    パートも軒並み勤務時間を削られています。
    自社で製造していたからこそ利益があったのだということが分からないみたいですよ。
    パートと違って再就職が大変な工場長が心配です。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/02/21 10:12

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

格下げする理由は何なのでしょう?



理由もなしに、格下げするとは思えないのですが。。。。

そう言っただけなのでは?
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大河ドラマ特攻隊

この国の大河ドラマを見ていると江戸時代前後をずっと放送しています
内容的に優れているので特に不満はないのですが、
なんで他のがないんですかね?
大河ドラマ特攻隊 大河ドラマ福沢諭吉 大河ドラマ聖徳太子 大河ドラマ東條英機 など
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・大河ドラマ特攻隊、東條英機

山河燃ゆ ( 84年)に登場

・大河ドラマ福沢諭吉 

幕末、明治ものの大河ドラマに、ちょくちょく出ているが
特に

春の波涛(85年)では、主人公の父親として登場

・大河ドラマ聖徳太子

大河ドラマではないが、2001年に、NHK大阪制作の
ドラマスペシャル「聖徳太子」放映

Q【もう製造業は終わりなのでしょうか?】製造業は第3次産業で浮かれていたら実は今の時代の製造業は第一次

【もう製造業は終わりなのでしょうか?】製造業は第3次産業で浮かれていたら実は今の時代の製造業は第一次産業になっていたというオチでしょうか?

製造業は第一次産業。第2次産業が通信・サービス。第3次産業がIT・金融ってところでしょうか。

製造業は通信、サービス。IT・金融の下請けに過ぎなくなっている。

Aベストアンサー

「第〇次産業」の話ではなくて、「実体経済」と「資産経済」の話でしょ?

現在は、「資産経済なしに、実体経済が語れない時代」に突入していることは確かですけど。
実体経済なしに、資産経済は存在し得ませんよ。

その実体経済が資産経済を利用して、より高付加価値にシフトしており、それに追従できない実体経済は、衰退したり淘汰されますが。
むしろ高付加価値化に成功している実体経済は、活況を呈してて・・。
その結果、日本人にとっても、縁の薄い「狭き門」になっちゃってるだけではないですかね?

たとえば近年は、メガバンクなども海外展開に積極的ですが、実体経済の方は、半世紀近く前から、海外展開を進めており、国内のグローバル人材や、海外の優秀な人材を獲得しています。
判り易いところでは、日系自動車メーカーでは、日産,マツダ,三菱などは、既に外国人経営者を迎えていますが、メガバンクやIT業界の日系では、そんな事例はほぼ無いかと。

おまけに、海外展開したメガバンクのターゲットは、既進出の日系企業ですが、その日系企業は、海外顧客をターゲットとして、既に海外の金融機関と取引しているのです。

言い換えれば、金融やらITなら、まだ国内の一流大卒と言うだけで採用されますが、高付加価値化に成功している実体経済の世界では、国内外の一流大卒者に門戸を開いて優秀な人材を募っているので、単なる国内の一流大卒と言うだけでは、採用されない可能性が出てきているワケです。

一方では、先進国でも、「製造業が衰退した国は弱体化する」と言う危惧を持って、国策的に製造業の保護に努めていますけど・・。
高付加価値化に成功している製造業側は、そんな保護は、さほど必要としていません。
まあ、「補助金をくれるなら、貰っとく」くらいの感じですかね?

衰退や淘汰されてる製造業や、必死に保護を求めている企業を見て、「もう製造業は終わり?」なんてのは、ちょっと早計ではないですかね?

「第〇次産業」の話ではなくて、「実体経済」と「資産経済」の話でしょ?

現在は、「資産経済なしに、実体経済が語れない時代」に突入していることは確かですけど。
実体経済なしに、資産経済は存在し得ませんよ。

その実体経済が資産経済を利用して、より高付加価値にシフトしており、それに追従できない実体経済は、衰退したり淘汰されますが。
むしろ高付加価値化に成功している実体経済は、活況を呈してて・・。
その結果、日本人にとっても、縁の薄い「狭き門」になっちゃってるだけではないですかね?

た...続きを読む

Q大河ドラマの歴史

今回の大河ドラマはなんか普通でほっとしました。
自分が最初に見た大河ドラマは竹中直人さんが演じていた豊臣秀吉です。それからというもの大河ドラマをしっかり見ていません。
なので知ってる大河ドラマの題名は、「利家と松」「武蔵」「新撰組」「義経」「豊臣秀吉」しか知りません。
豊臣秀吉から武蔵か利家と松までの大河ドラマの名前を順に教えていただけませんか?
それと出きれば、豊臣秀吉から前の大河ドラマの名前を教えてくれれば幸いです。
皆様の回答お待ちしております!

Aベストアンサー

下記URLに詳しく出ています。

もう18年度のまで決まってるんでびっくりしました。

平均視聴率が一番良かったのは、独眼竜政宗だそうです。

参考URL:http://kurau4gms.at.infoseek.co.jp/history.htm

Q【製造業】製造業の「IE手法」、「JIT生産」って何ですか? 分かりやすく説明してください。

【製造業】製造業の「IE手法」、「JIT生産」って何ですか?


分かりやすく説明してください。

Aベストアンサー

http://www.qcd.jp/pdf/corporateActivuty/IE-Manual.pdf

Q「大河ドラマ」の名前について

なぜ大河ドラマは「大河」と呼んでいますか?その由来は誰かが教えてくだされば有難いです。

Aベストアンサー

フランスで主張された長編小説形式で「一個人を時代の流れの中にとらえた小説」の事を大河小説といいます。
この形式のドラマである事から「大河ドラマ」と呼ぶようになったのではないかと思います。

Q製造業の棚卸

ふと思ったので、ふいっと答えていただければと思います。
言い方が正確ではありませんが、ニュアンスで解釈ください。

製造業の仕掛品は、そこまでにかかった原材料費などの直接原価を単価として、
棚卸の金額を計算している場合・・・
これが、製品に仕上がったときの棚卸の単価は、
①仕掛品と同じように、直接原価のみ。
②直接原価に間接原価を足す。
③小売価格に対して、○%の金額にする。

④こうするのがベター。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

これが、製品に仕上がったときの棚卸の単価は、

①仕掛品と同じように、直接原価のみ。

とするのが普通です。これが「在庫」ということです。まだ出荷していないので「仕掛品」と同じ扱いです。

社外に出荷(販売)するときには「売価」になりますから、この時点で「間接費用」や「利益」を加えて「売価」を決定します。(社内で販売部門などに「移管」しても「在庫」であることには変わりませんので、あくまで「社外」に「販売」する時点です)

企業によっては、独自の基準で会計管理しているところもあると思いますが、それはそれで、その企業内では一貫した基準である必要があります。(工場や部門ごとに異なるのはNG)

Q大河ドラマはオワコン!?

こんばんは。

現在放送中のNHK大河ドラマ『黒田官兵衛』。久しぶりに毎週欠かさず楽しく見ています。近年お世辞にも面白いといえる作品のなかった大河ですが、『官兵衛』は脚本も演出もとても面白いと思います!

実際、見ている人たちには好評なようですが、視聴率は散々なようですね…。これはもう面白い、面白くないに関わらず大河ドラマという枠自体に昔のような吸引力がないのではないかと思うのです。また1年という長丁場ドラマの形も今の時代にあっていないのではないかと。

ネタ切れ感もありますし、そろそろ大河ドラマのあり方をNHKも考え直した方がいいように思います。

みなさまは大河ドラマについてどう思いますか?

Aベストアンサー

正直なところ、大河ドラマもネタが尽きているというのが実感です。

かつては大河ドラマの主人公といえば、誰しもが知っている歴史上の人物だったと思います。
またドラマとしてのストーリーの盛り上がりから考えると、歴史的な大きな変化のある時代にせざるをえないでしょう。
そうなると大きく分ければ、時代は「源平合戦」「戦国時代」「幕末・明治維新」というのが多くならざるを得ません。
どうしても歴史上の主要な人物も限られます。
最近の大河ドラマはどうしても歴史上ではバイプレイヤーの話が多く、なかなかとっつきにくいのも事実でしょう。

また、古い時代や出生が明らかでない人物になるとどうしても史実が残っていなかったり少なかったりするのも仕方ないので、かなりフィクションというか想像によるものが多いように思えます。

個人的には、あらためて歴史上の主要な人物(源平の時代なら源頼朝、戦国時代なら信長、秀吉、家康など)を主人公にしてもいいのではと思っています。

Q製造業の海外生産について

私は繊維関係の製造業で働いています。最近の繊維製品の価格低下は、すさまじいものがあり、国内で生産していては到底そんな価格で売ることはできない状況です。
弊社でも次々と海外に生産拠点を移し、国内は縮小していくばかりです。
ここからが本題なのですが、繊維、衣料品は中国や東南アジアで生産し、国内に帰ってきて安く売られるというのが、一般的になっているのに、どうして自動車関係は、国内生産で価格が大きく下がらないのでしょう?トヨタや日産も海外に工場を出していますが、基本的に現地で販売され、日本国内に戻ってくるということはほとんどありません。
アメリカとの貿易摩擦のこともあり、アメリカでの現地生産、現地販売は理解できるのですが、中国や東南アジアに進出した工場で作られる自動車は現地で販売されているようです。日本に戻して、繊維製品のように価格が大幅に下げるということはできないのでしょうか?
繊維製品なんかは20年前に比べ、かなり安くなっており、購入しやすくなっているにもかかわらず、自動車は相変わらず新車でも200万円以上かかってしまいます。人件費の安い国で製造し、安くしてもらうと一般庶民は助かるのですが、どなたかわかる人はいらっしゃいますか?

私は繊維関係の製造業で働いています。最近の繊維製品の価格低下は、すさまじいものがあり、国内で生産していては到底そんな価格で売ることはできない状況です。
弊社でも次々と海外に生産拠点を移し、国内は縮小していくばかりです。
ここからが本題なのですが、繊維、衣料品は中国や東南アジアで生産し、国内に帰ってきて安く売られるというのが、一般的になっているのに、どうして自動車関係は、国内生産で価格が大きく下がらないのでしょう?トヨタや日産も海外に工場を出していますが、基本的に現地で販売...続きを読む

Aベストアンサー

 #2さんお答えのように実際の品質にも問題は生じるでしょうし、それ以上に、生産国のイメージが品質のイメージに直結してしまうからでしょう。
 輸入車の例ですが、最近のメルセデス・ベンツはアフリカ、フォルクスワーゲンは中南米の工場で製造されたものがモデルによっては輸入されています。やはりヨーロッパで製造されたものに比べて若干品質は劣るという人もいます。メーカーもディーラーも、実際の製造国のことはあまり知らせないようにしているようにも見受けられます。
 また、韓国のヒュンダイなどは国産車に比べても低価格ですが、あまり日本では売れていません。

Qオススメ大河ドラマ

質問失礼します

大河ドラマで一番面白いと思う作品を教えて下さい

今現在放送中のものから過去放送のものまで、あなたがこれは見なければ損とゆうような大河ドラマを教えて下さい


大河ドラマじっくり見た事ないので見てみようかと思いまして

Aベストアンサー

自分がちゃんと観ているのは、
「龍馬伝」「天地人」「篤姫」「風林火山」「功名が辻」「新選組!」「八代将軍 吉宗」「独眼竜政宗」
だけですが、この中では、「新選組!」「独眼竜政宗」がよかったです。

Q製造業ですがこの度作業工程監査を受けます

この度新規取引先よりウチの会社に5日後、工程監査5人ほど来られます。
私はこの度現場課長になり、作業仕様書作成又はそれに基づいた作業の説明などをすることになってるのですが、
私は口下手ですので、どう説明したらいいかわかりません。
ただ、作業を作業仕様書の順番にしたらいいのでしょうか?
それともポイントを説明したらいいのでしょうか?余計なことをしゃべってヤブヘビになりそうもしくは失敗しそうで
不安です。
経験ある方いらしたら説明のアドバイスください。

Aベストアンサー

 私は仕事で工程監査をたくさんやってきましたし、本業では工場に出向いて審査をしています(製造工程も見ます)。工程監査を受ける立場になって心得るべきことは…

(1)可能な限りQC工程図を用意しておくことです。これは監査員から見せろと言われない限り見せないで、課長であるあなたが現場では忠実にQC工程図どおりに仕事をしているかを点検しておくべきものです。「あるか」と言われたら、あって提示できるのが望ましいのですが、内容が貧弱だったり、QC工程図の内容と実際が異なっているとヤブヘビになることがあります。

(2)QC工程図を知らない、QC工程図がないときは、ネット検索して勉強し、早急に自分の管理用に作ってみてください。管理の抑えどころは確実にそこに書き込むことです。

(3)その工程の「手順書」も用意しておくことです。内容が曖昧だったりするのはよくありません(5W1Hが明確で判断基準が入っていること)。これも監査員から見せろと言われない限り見せませんが、「ないのか」と言われて「ない」のは好ましくないので、必要なら提示します。課長であるあなたは、事前に現場では忠実に手順どおりに作業をしているか、仔細に観察してください。

(4)その作業をしたら、どこでどんな記録を残すことになっているかを自分なりに把握し(QC工程図に書き込む)、その記録がちゃんと残されていて、記録の内容をすべて点検し、異常な内容がないことを事前に確認しておきます。

(5)その作業工程で、作業をするのに特別な力量(たとえば半田付け)がいるものはないか確認し(これもQC工程図に書き込む)、作業者の力量がどうなっているか(生半可な技量のまま作業させていないか)確認することです。

(6)その工程で測定や検査をするのはどこで、何をどう検査し、検査の合否判定基準がどうなっているか、確認することです(これもQC工程図に書き込むことです)。計測器の校正がどうなっているかも確認しておいてください。

 全体として、工程監査を受けるときは、監査員の指示や要求に応じて言動っしてください。言われもしないのに自分から積極的に説明したりすると、墓穴を掘ることになります。
 あお、通常は作業工程の上から順番に見て行きます。

 私は仕事で工程監査をたくさんやってきましたし、本業では工場に出向いて審査をしています(製造工程も見ます)。工程監査を受ける立場になって心得るべきことは…

(1)可能な限りQC工程図を用意しておくことです。これは監査員から見せろと言われない限り見せないで、課長であるあなたが現場では忠実にQC工程図どおりに仕事をしているかを点検しておくべきものです。「あるか」と言われたら、あって提示できるのが望ましいのですが、内容が貧弱だったり、QC工程図の内容と実際が異なっているとヤブヘビ...続きを読む


人気Q&Aランキング